コンサルティング業界

激務?KPMG FAS転職組の年収・ボーナスと働き方

こんにちは。転職ノート編集部です。

KPMG FASはKMPGインターナショナルのメンバーファームで、国内で企業のM&Aや事業再生を支援するディールアドバイザリーファームとして有名な企業です。特にBig4のなかでは年収水準が非常に高いことで有名です。

実際にKPMG FASはリフィニティブ発表の2020年M&A市場リーグテーブル(日本企業関連 中規模公表案件)にて6位にランクインしており、M&A領域の支援では有名な企業です。

実績の多さから、KPMG FASはM&Aの戦略立案から契約締結後のPMIまでの全フェーズで専門的なアドバイザリーサービスを提供した実績が多く、守備範囲の広さを活かした幅広いサービス提供と各分野の専門性の高さが特徴の企業です。

今回は、そんなKPMG FASで働くコンサルタントの年収水準と実現できる生活、実際の働き方(激務なの?)を具体的なイメージを持ってもらえるように御紹介します。

KPMG FASへの転職を成功させる!

KPMG FASへの転職ではコンサルティング業界への転職に特化して長年支援してきたアクシスコンサルティングが最も内情に詳しく、過去の支援実績も豊富です。

KPMG FASやPwCアドバイザリー等、アドバイザリー系のファームパートナーや人事から直接話を聞いて、求人意欲(未経験者はOK?など)や各種条件、非公開求人を詳しく教えてくれます。

私達が話した経験では、コンサル業界に特化して支援している為、早期退職による信頼関係がなくなることも嫌うので、無理矢理転職させることもありませんでした。

転職はまだ考えていなくても、最新の求人紹介やキャリアの相談に乗ってくれるので気軽に相談してみてください。

1分以内で簡単登録!/

アクシスコンサルティング公式サイト

<1分で終わる登録方法はコチラ>

Big4でも最高峰クラス!KPMG FASの年収

KPMG FASはコンサルティングファームのため、年収水準はBig4やアクセンチュア等の総合系ファームよりも高いです。また、全体の景気が良くないときほど、M&Aの件数が増え、業績が伸びる傾向にあり、KPMG FASでは年収水準を上げて採用を強化したり、ボーナスでの還元も増えていました。

戦略ファーム並み!KPMG FASの年収水準

KPMG FASの年収水準は、アソシエイトやシニアアソシエイトの職位でも非常に高いです。MckinseyやBCGといった戦略ファームに近い水準です。

転職ノート
編集部

20代~30代で転職する場合に最も多いタイトルであるアソシエイト~マネージャーで800~1,800万円程度になります。私達の友人からは『賞与の割合が高いので「会社の業績>部署の業績>個人の評価」の順で、それぞれが高い水準であればシニアアソシエイトで2,000万弱まで年収を上げることもできる』とのことです。
総合系ファームのシニアアソシエイトは現場でこき使われても年収1,000万に届かない割に合わないタイトルになりがちですが、この水準をもらえたら文句も減る気がします。

監査法人トーマツのアドバイザリー部門の年収はシニアスタッフで650~900万、PwCのアドバイザリーはもう少し上な給与水準ですが、KPMGFASはその中でもかなり高い水準であることが分かります。

賞与の割合が高いので、会社の業績や個人の評価次第で多少の変動はありますが、ベースでもシニアアソシエイトで800~950万円の年収になるのであれば、生活の固定支出を上げなければ問題ないと思います。

KPMG FASのボーナス制度

賞与は年に1回7月・8月に開催される評価会議の評価で決まり、評価結果に準じたボーナスが9月末に入金されます。多くの総合系ファームは5月~8月に評価会議→評価→9月末入金というスケジュールです。

ベース給与が1,000万前後、業績と評価次第でベース給近くの給与が入るので、若い時にスキルを獲得して年収を上げたい人には魅力的な職場ですね。

KPMG FASで実現できる生活水準

アソシエイト(独身)のライフスタイル

26歳 女性 独身
コンサル

年収800-900万ぐらいがボリュームゾーンだと思います。ボーナスで全体が上がってるので月の手取りは40万強ですね。
家賃は10~12万ぐらいで東西線・半蔵門線・千代田線沿いが多いと思います。門前仲町や清澄白川、下北沢あたりで1R・1Kが多いと思います。
友達と飲みに行くのは大衆店も含めて候補にあがります。
最近は、リモートワークで自炊も増えましたが、テイクアウトも良く使いますね。

水天宮前 徒歩5分 家賃13万円/1DK/5F


DDなどでデリバリが忙しい時は、深夜まで働くことも多いので大手町のオフィスからタクシーでスグに帰れるエリアが多いと思います。半蔵門線だと水天宮前・清澄白河、東西線だと茅場町・門前仲町あたりですね。

最近はリモートも増えたので1K・1Rから1DKや1LDK等で寝る部屋と仕事する部屋を分けられる部屋に引越している人も多いと思います。

シニアアソシエイト(独身)のライフスタイル

29歳 男性 独身
シニアコンサル

年収1,200-1,400万ぐらいがボリュームゾーンだと思います。手取りは月60-70万ぐらいです。
もう部屋に関して心配することはあまりないです。都心でも2-30万出せば50㎡以上のマンションに住めます。時計や靴、ワインや食事等、それぞれの趣味を楽しんでいる人が多いと思います。

神楽坂 徒歩5分 家賃17万円/1DK/5F


仕事の都合で深夜まで働くことも多いので大手町のオフィスからタクシーでスグに帰れるエリアが多いのはシニアアソシエイトでも同じです。

コンサルタントとして働ける期間が体力的に短いと見切って、家を買ってローンを返すことを優先している人もいますね。最近はペットを飼いたいのでペット可の物件に引越した人の話を聞きました。

マネージャー(独身)のライフスタイル

32歳 男性 独身
マネージャー

年収1,600-1,800万ぐらいがボリュームゾーンだと思います。税金の負担も高額で節税対策を始める年収帯でマンション投資や法人を設立したりと個々で色々とやってます。
結婚のことと将来もこの業界にい続けるか分からないので、都内で1K~1DKで家賃15万前後の部屋に住んで、デートで行くお店は15,000円~が多く、会員制や予約が取れない等の東カレに出てくるお店にも良く行きます。

日本橋 徒歩5分 家賃19万円/1DK/5F

仕事の都合で深夜まで働くことも多いので大手町のオフィスからタクシーでスグに帰れるエリアが多いのはシニアアソシエイトでも同じです。マネージャーになっても広さが40㎡を超えるとあまり使えないので、部屋のサイズより立地やマンションのブランドが上がる感じですね。

KPMG FASの最新情報を集める

年収水準が高く、20代後半~30代前半で1,500万前後を超えます。
(多くの総合系ファームはマネージャーで2-3年、多くはシニアマネージャークラスで実現できる年収です)

かなり高い水準の年収を実現できますが「どういう経験が必要なの?」「今出ている求人は?」「活躍する人のキャリアって?」等、分からないことも多いのがFASやアドバイザリー部門だと思います。

そういう方は、コンサル業界に特化して転職を支援しているアクシスコンサルティングに相談すれば、KPMG FASを始め各ファームのパートナー・人事と情報交換しており、最新のコロナ禍での採用意向を把握しています。

「転職を考えてみたい」「まずは情報招集したい」という方でも問題ないので気軽に相談してみてください。

1分以内に無料登録!/

公式サイトでオンライン相談

KPMG FASの働き方

26歳 女性 独身
コンサル

ホワイトという話は、あまり信用しないほうがいいです。
というかDD等で期限が決まっているなかでアウトプットを出さないといけないので徹夜がある時期があります。
ただ、続くわけではないのでプロジェクトの時期によっては休みを取ったり、早く帰ることも可能です。
上司・プロジェクト・働き方と年齢に関係なく、自分で判断・行動することが必要です。

29歳 男性 独身
シニアコンサル

どこのファームでも同じだと思いますが、上司の暗黙的な圧で、残業申請しないで働くことはあります。Twitterとか見ればネット記事が幻想なのは良くわかると思いますよ。
ただ、プロジェクトの合間で長期休暇がとれます。これは一般的な事業会社では実現できない数週間~1ヵ月以上でとれるのでガッと働いて、長期で休む働き方が受け入れられるなら良い職場だと思います。

32歳 男性 独身
マネージャー

残業という概念はないですよ(笑)
どこで働くかはあまり関係ないですが、品質責任を持つのでチームのアウトプットやクライアントの期待値次第では、曜日・時間関係なく働きますし、そうやって成果を出してきた人がマネージャー以上になっているとは思います。
それでも休みたい時は休みます。休日に合わせたプロジェクトの調整も自分の仕事です。

KPMG FASへの転職を成功させるポイント!

年収水準が非常に高く、案件の幅が広く、1件1件に深く関われるKPMGのFASはM&Aアドバイザリー業務でのキャリアを目指す方には、非常に魅力的な職場といえます。

人によっては、制約しなかった案件を含めると3年で50件以上のM&A関連のプロジェクトに携わる等、短期間で非常に多くの経験を積むことができます。全く同じ案件の無いM&A業界では、豊富な経験を持つことがその人の引き出しの数を増やすことになり、将来的なキャリアにおける価値の源になります。

KPMG FASを始めアドバイザリー部門への転職では、情報収集が転職成功のポイントになります。

そもそもネットや本を含めて情報が少ないにもかかわらず、転職の選考では「どういう仕事がしたいか」「KPMG FASで何をしたいか」という質問が来ます。要は、簡単なネット検索だけでなく、どれだけ自分なりに調べて考えられているかを見られます。

その為、新しい生の情報を得ることがキャリアを考える、転職を受けて成功させるのに重要です。

そこで、KPMG FASへの転職では、コンサル業界に専門性があり、企業との信頼関係構築ができている社歴の長い企業と情報交換をして、自分が実現したいキャリアに向けた準備をしていってください。

コンサル業界への支援実績No1:アクシスコンサルティング

1分以内に無料登録!/

公式サイトでオンライン相談

<1分で終わる登録方法はコチラ>

アクシスコンサルティングはKPMG FASやPwCアドバイザリーなど、コンサル・IT業界への転職に特化した転職エージェントです。同業界への転職支援で豊富な実績があります。

各ファームのパートナーや人事から話を直接聞いており、コンサル業界全体の転職動向から各ファームで必要なスキルや経験をよく理解しています。特に、FAS各社の情報はインターネット上に少ないため、業界各社の情報収集に苦労されている方も多いのではないでしょうか?その点、業界特化した転職エージェントとの定期的な情報交換は必須です。

また、転職を日々支援するなかで、転職後に失敗してしまう方の傾向やコンサルタントの次のキャリアを含めて提案ができるのは業界特化の転職エージェントならではです。

  • 気軽にKPMG FASの年収や働きに方等、情報交換したい
  • KPMG FASやPwCアドバイザリー等のキャリアを相談したい
  • KPMG FASに転職した人が評価された経験やスキルを知りたい
  • KPMG FASの戦略や求人部署に合わせた職務経歴書の添削や面接対策をして欲しい

こういう方は、転職活動していなくても気軽にアクシスコンサルティングに相談してみてください。

企業・ヘッドハンターと直接連絡:ビズリーチ

公式サイトでオンライン相談

ビズリーチの名前は多くの方が御存じだと思いますが、ダイレクトリクルーティングサイトだということは知っていましたか?

ビズリーチは企業やヘッドハンターと求職者を直接結ぶサイトです。
登録するとビズリーチから求人提案が来るのではなく、登録している企業やヘッドハンターから連絡があります。興味がある求人を紹介されたら、その企業やヘッドハンターと電話やオンラインで面談する流れです。

また企業や官公庁が求人を掲載しているので、自分で直接応募することが出来ます。企業は転職エージェントに支払う手数料よりも採用コストが低いビズリーチの活用に積極的になっており、KPMG FASを始めPwCアドバイザリー等のコンサルティングファーム各社も掲載しています。(転職関連のサイトで掲載企業数が最も多いと言われています)

  • KPMG FASを始めコンサル・アドバイザリー業界に直接転職したい
  • コンサル業界への転職支援に強いヘッドハンターに出会いたい
  • KPMG FAS以外にも自分の転職市場価値を幅広く知りたい

こういう方は、ビズリーチに登録しましょう。

転職サポートが手厚い:doda

公式サイトでオンライン相談

1~2回目で職務経歴書や面接に自信が無い方には、dodaはオススメです。
類似経験が書かれた職務経歴書のフォーマットを送ってくれたり、個別相談や自己分析支援など、中長期的に転職活動を手厚くサポートしてくれます。

手続きのシステム化が進んでおり、マイページを持つと求人の提案が続々と来ます。興味ある案件を「お気に入り登録」していくと、だんだん希望に沿った求人が届くようになります。

KPMG FASへの転職を相談すると同時に、近い年収や条件の提案をもらえるので、早めに登録しておきましょう。

  • 初めての転職で職務経歴書や面接準備を手厚く準備したい
  • KPMG FASを中心にコンサルキャリアの可能性を広げたい
  • 自分のペースを大切にしつつ、色々と相談したい

dodaは紹介求人数が多く、サイトで自分で探すこともできます。
また連絡やサポートが丁寧で、営業っぽくしないので編集部メンバーも毎回使うメンバーが多いです。こういう方はdodaに登録してみてください。

私達は転職活動の時に、複数の転職エージェントに登録します。複数に登録すると「比較と評価」ができるので、メイン1社・サブ2社で合計3社は登録しておきましょう。

2社登録すれば、それぞれの対応や紹介求人を比較して、よりよい求人に応募することができます。また、どちらの方が自分が動きやすいようにサポートしてくれるかが分かります。

多くの人が1社だけ衝動的に転職活動をしていますが、「同じ会社でも転職エージェントによって年収やポジションが違った」なんてこともよくあり、本当は年収100万上げて転職できたのに・・・なんてことにもなりかねません。

よって、転職エージェントは3社以上に登録して、紹介求人が魅力的で対応が丁寧なエージェントさんと関係を作っていくことをやってみてくださいね。

まとめ

転職ノート
編集部

KPMG FASで働かれた方の経験をもとに、転職で実現できる年収や生活のイメージ、働き方のイメージは持てましたか?

KPMG FASは、CFの部署であればMAのディールに数多く携わることができ、FAとしてのハンドリングから、モデル構築、バリュエーション、DDまで一連の流れを細部まで経験することができます。

投資銀行よりは案件数が劣りますが、様々なディールに関与する経験は将来的にIBDやPEに転職するメンバーも多く、将来に向けた経験という意味でも魅力的な職場ですね。

新型コロナ流行後、リモートワークで「複数の部屋がある家に住みたい」という声もよく聞こえてきますが、都内でも実現できるでしょう。

シニアコンサルタント・マネージャーになると他のファーム・IBD・PEへの転職、事業会社に出戻りも年収を上げて転職できるので、一度ファームでの経験をしておくのもいいでしょう。

KPMG FASへの転職ではアクシスコンサルティングへの相談が必須です。
コンサルティング業界への転職に長年特化して支援してきた実績があり、FASへの転職方法やFASから次のキャリアまで、丁寧に説明してくれます。

転職市場全体では、もちろんよくないですが、こういう時期ほどM&Aが増え、FASやアドバイザリー部門は忙しくなるので、漠然と興味があるのであれば専門家にKPMG FASへの転職可能性や必要な経験を知ることで、具体的な将来の選択肢を得ることができます。

KPMG FAS外にも高年収な求人を提案してもらえる可能性もあるので、是非登録して相談してみましょう。

KPMGコンサルティングへの転職に興味がある方は、コチラでも紹介しているので、参考にしてみてください。