MENU
FAS

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの平均年収とDTFAの激務な働き方lデロイトFAS部門のリアルな評判と転職難易度

こんにちわ。転職note編集部です。

今回はBig4系FASのデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー(DTFA)への転職に向けて「年収と働き方(激務?ホワイト?)の実態」を御紹介します。

Big4系のFAS各社は大手総合コンサルファームより年収水準が高いことで有名です。

また企業財務スキルを学べる環境として、将来的なアップサイドの可能性もあり、M&A等のIBD業務に携わりたい方に人気のキャリアです。

今回は、Big4系FASのデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの年収や働き方(激務?ホワイト?など)について、実際に働いている方へのインタビューを通して御紹介しているので、是非参考にしてみてくださいね!

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの平均年収

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの平均年収

1,031万円

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの平均年収は1,031万円と一般的な事業会社に比べて非常に高いことが分かります。

外資系IBD>戦略ファーム>FAS(デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー)>総合系コンサルファーム(AccentureやDTC・PwCコンサルティング等)という順になります。

賞与による振り幅がありますが、職位別の年収水準(参考)は次の通りです

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの職位別年収水準

  • ジュニアアナリスト/アナリスト:500〜800万円
  • シニアアナリスト:1,000〜1,200万円
  • VP:1,200〜1,600万円
  • SVP:1,600〜2,000万円
  • MD:2,800万円以上
  • パートナー:3,500万円以上

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの平均年収は高く、コンサルティング部門よりも100~200万ほど、高い年収水準になっています。

これはBig4系FASファームだと、どこも同じでKPMG FASやPwCアドバイザリー等もコンサル部門よりもFASの方が年収水準が高くなっています。

また、FASファームの中ではKPMGFAS>デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー(DTFA)>PwCアドバイザリー>EYTASという順で年収水準が高くなっています。

Big4系FAS:デロイトトーマツFA(DTFA)とは

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー(DTFA)は世界的にも権威のある4大会計事務所のうちの一つであるデロイトグループの日本におけるメンバーファームのうちの一員として日本のFAに関するサービスを提供しております。

1,000名規模のファイナンシャルアドバイザーが、国内では東京・大阪・名古屋・福岡を拠点に活動し、海外ではデロイトの各メンバーファームと連携して、世界中のあらゆる地域で最適なサービスを提供しています。

DTFAはM&Aとクライシスマネジメントの2本を柱として成長してきましたが、さらなる成長に向けて2018年にイノベーションビジネスを新設し、成長を加速しています。

大企業などが買収候補となる中小やスタートアップ企業を探しやすくする為に、これまで会計士や地方銀行などの専門家向けに提供してきた「M&Aプラス」というインターネットサービスを利用できる範囲を拡大しました。

最近では、「令和2年度補正持続化給付金審査等事務事業」の受託先としても話題になりましたね。

デロイトトーマツFA(DTFA)の年収事例と評価制度

そんなデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーで働く方に、高水準な年収事例を伺いましたので御紹介します。

本サイトの中心読者である20代・30代の方に向けて、ジュニアアナリスト/アナリスト、シニアアナリスト、VPクラスの年収事例を御紹介します。

実際に自分が転職した時に、どの程度の年収になるか、参考にしてもらえたらと思います。

Big4系FAS:デロイトトーマツFA(DTFA) の年収・賞与事例

20代
シニアアナリスト

年収が1,060万です。
シニアアナリストになると1,000万を超えると思います。
みなし残業が基本給に含まれているのと、色んな空気で深夜残業や土日勤務をチャージしづらいのは正直なところです。

まぁ「みなし残業を引いて、適切な残業である」と証明することに割く体力が残されていないぐらいは働いているので、あんまりこだわりはないですが・・・

20代
シニアアナリスト

シニアアナリストで年収1,100万円(賞与含む)です。
年収水準は戦略ファームよりは若干低いですが、総合ファームよりは明らかに高いです。

評価は上司の裁量次第です。アサイン率やアサインされた案件の規模等が評価指標と言われていますが、”上司次第”です。

30代
VP

VPで年収1,300万円(賞与含む)ほどです。
VPは基本給で1,000万、賞与で300~500万ほどだと思います。残業代はほとんどないと思います。

賞与は個人の評価で基本的な賞与額は決まりますが、部署の業績で高い評価が付きやすいかどうかという差が部署間では生じます。

また会社の業績賞与が、個人賞与以外に支払われます。

30代
VP

VPで年収1,500万円(賞与含む)です。

評価が比較的、古いというか昔ながらのコンサルファームという感じです。評価制度は毎年改善されるものの、基本的にはパートナーに評価されたら昇進する。以上。

「パートナー次第だから悪い」というわけではなく、パートナーも人の能力と実績を本当によく見ていて評価してくれる人も当然います。

ただ、「その人?」という評価をする方もいますが、そんなのどこも50歩100歩である話なので気にはしていません。

Big4系FAS:デロイトトーマツFA(DTFA) の評価制度

今回、デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの様々な方に年収や評価制度を伺った結果、以下のように評価が決まることが分かりました。

  • 定量評価(稼働率)と定性評価(仕事への姿勢など)で評価
  • パフォーマンスを出して、上司にパフォーマンスを認めてもらうことが高い評価を得る為に必須
  • プロジェクト毎の評価をもとに年間で評価がつく

まずは、アサインされたプロジェクトでパフォーマンスを発揮し、評価を取ることが大前提であり、その実績を評価会議で認められて(他のアナリスト・シニアアナリストよりもパフォーマンスが高いことが認められて)高い評価が付くと、高い賞与が支払われるようになっています。

上振れがあれば下振れもあり、プロジェクト評価が低い場合は、賞与が1ヶ月分やそれに満たない額になる場合もあるようです。

結構、多くの方から「上司の覚えが全て」といった声があり、上司から低評価が付くと噂と共にアサイン機会が減るなど、デメリットもあるようですね。

どこのファームでも同じですが、各プロジェクトで1つずつ評価を得ていくことが大切ですね。

デロイトトーマツFA(DTFA) への転職はアクシスコンサルに相談

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーへの転職では、コンサル業界に特化して転職を支援しているアクシスコンサルティングへの相談がオススメです。

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーだけでなく、KPMG FASやPwCアドバイザリー、EYTAS等、各FASのパートナー・人事と情報交換しており、最新の採用動向を把握しています。

過去の選考通過者や書類選考・転職面接で聞かれた質問等、「どうすれば選考に通過できるか」も詳しく手ほどきをしてくれます。

将来のキャリアに向けてFASで経験を積みたい、更に年収水準を上げたいと思ったら、「まずは気軽に転職を考えてみたい」「まずは情報招集したい」という動機でも問題ないので気軽に相談してみてください。

デロイトトーマツFAとFAS各社の年収ランキング

続いてはデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー(DTFA)と他のFASファームとの年収をランキング形式で比較した記事を御紹介します。

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー(DTFA)の他にもFAS企業への転職を考えたい!年収水準を知りたい!という方はコチラから御確認ください。

DTFAとFAS各社の年収ランキング

Big4系FAS各社と中堅FAS各社の年収水準をランキング形式で見たい方はコチラを御確認ください。

KPMG FASの給与水準と働き方

PwCアドバイザリーの給与水準と働き方

EY TASの給与水準と働き方

Comming Soon

日本M&Aセンターの給与水準と働き方

デロイトトーマツFA(DTFA)の働き方(激務?)

続いてはデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー(DTFA)に実際に勤める方に伺った働き方(激務?ホワイト?)を御紹介しますね!

20代
シニアアナリスト

コンサルタントとして入社した時点で、プロジェクト期間中の激務かどうかは、そもそも気にしていない。

プロジェクト稼働が低い時は纏まって休みを取ることは全く問題なく、出社や稼働時間もやることをやっていれば、特に文句を言われることも無い。

むしろ他の大手ファームが稼働時間の管理等を声高に叫んでいるが、スタッフクラスの育成や戦闘力がどうなっているのかが気になる。

20代
シニアアナリスト

プロジェクト期間中は激務と言っても過言ではないほどは働きます。プロジェクト期間外では自由に過ごすことができます。

ただし、プロジェクト期間中の忙しさは、パートナーやマネージャー、クライアントやプロジェクトテーマ次第であり、毎日夜中2-3時まで働く激務ジョブもあれば、定時近くで買えるプロジェクトもあります。

30代
VP

昔に比べると有給休暇の取得や育児休暇の取得がしやすくなり、実際に休んでいる社員が増えてきている。
ただし、基本的にプロジェクトアサイン期間中は激務です。過酷な案件に連続でアサインされると体力的にも精神的にもかなり削られるのは事実です。

30代
VP

そもそも論、ワークライフバランスを望むならコンサル業界が志望先にならないように思うが、近年は各ファームが働き方改革を声高に叫んでいることもあり、古新聞なそもそも論なのかもしれないが・・・

弊社は引続き前者のノリで働いている数少ないところだとは思います。

それでも昔に比べればかなり楽になりました。

30代
SVP

昔に比べたらPやMDからの直接的な圧も減り、かなり楽になったと思います。ただ、他業界と比べたら忙しい業界であることは変わりないでしょう。

デロイトトーマツFAへの転職はアクシスコンサルに相談

Big4系FASのデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー(DTFA)への転職では、コンサル業界に特化して転職を支援しているアクシスコンサルティングへの相談がオススメです。

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー(DTFA)だけでなく、KPMG FASやPwCアドバイザリー、EYTAS等、各FASのパートナー・人事と情報交換しており、最新の採用動向を把握しています。

過去の選考通過者や書類選考・転職面接で聞かれた質問等、「どうすれば選考に通過できるか」も詳しく手ほどきをしてくれます。

将来のキャリアに向けてFASで経験を積みたい、更に年収水準を上げたいと思ったら、「まずは気軽に転職を考えてみたい」「まずは情報招集したい」という動機でも問題ないので気軽に相談してみてください。

デロイトトーマツFAに中途入社しやすいキャリア

  • 監査法人の公認会計士が転職
  • コンサルタントが転職
  • 外銀IBDバンカーが転職
  • メガバンク・保険・事業会社の転職

最も典型的なFASへの転職キャリアは、Big4系の監査法人の公認会計士です

監査業務を経験して終了考査も無事合格した後に、IBD的な業務にキャリアチェンジすることを目指してFASに異動・転職してくるケースは多いです。

Big4系のファームでは組織内での異動扱いとなり、新たに転職をするよりも選考ハードルが低いことが多いです。

2つ目のコンサルタントが転職する場合も似た場合が多く、Big4系の総合コンサルファームで働き、各種DDやPMI、アドバイザリー業務の経験を積み、グループ内で異動する形です。


今は採用が難しいので、社内での異動にも以前より前向きなので、毎年数名は耳にするキャリアですね。(逆に言うと数名~十名いるかどうか程度の人数だと思います)

逆に業務の親和性は高いものの、それほど多くないのが外銀IBDバンカーの転職です

外銀IBDとFASとを比べると、年収水準は全く違う(外銀IBDが高い)し、M&A界隈では、外銀IBDの方がFASよりステータスが高いからです。

とはいえ、リストラによって外銀IBDからFASに来る場合も多く、リーマンショックの頃は、リストラされた外銀IBDバンカーがFASに多く押し寄せ、吸収されました。

最後に、メガバンク・保険会社・事業会社からの転職です。

金融機関で専門的なスキルと経験を身に着け、メガバンクや保険会社などの国内系金融機関からFASに挑戦してくるパターンもあります

大手金融機関といえども、ビジネスマンとしての高い能力や経験がないとFASへの転職は難しくなっています。

当然ですが、一定の学歴や英会話力は必要だと思っておきましょう。

特に、監査法人系であるBig4のFASではUSCPA(米国公認会計士)を結構評価してもらえるので、大手金融機関の職歴と米国CPAがあれば、採用してもらえる可能性は高まります。

また、事業会社で財務・IRなどの部門にいる人達も金融関連の専門的な知識・経験を評価してもらいFASに転職できる場合もあります。

今のキャリアでFASへの転職が可能か、仮に転職する場合には、どこのFASがありうるのか等、自分のキャリアの選択肢を知りたい方は、 アクシスコンサルティング等、FAS・アドバイザリー・コンサルティング業界への転職支援に強い転職エージェントに確認してくださいね。

過去に転職して活躍している方の経験やスキルを知っていますので、転職を希望している方に向いている転職先か?実際に転職は可能か?等、踏み込んだ情報を教えてもらうことができます。

興味のある方は無料ですので、気軽に相談してみてくださいね。

デロイトトーマツFA(DTFA)への転職成功法

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー(DTFA)の年収水準と働き方(激務?)を御紹介してきました。

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー(DTFA)は年収水準が非常に高いことが分かりましたね。更に高い年収を実現するための評価制度もお伝え出来たかと思います。

一方で、スタッフクラスであればプロジェクト期間中に激務になることはあっても、プロジェクトの合間に長期で休むこともできることが分かりました。

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー(DTFA)への転職といっても様々なサービスを提供しているので、どの領域のどのポジションで転職したいのか、事前に十分な情報収集が欠かせません。

転職活動の情報収集では、コンサル業界に詳しい転職エージェントの情報交換が欠かせません。

確かに、転職エージェントというと「メールや電話がめんどくさい」「求人を紹介するだけでサポートが雑」等、ネガティブなイメージがある方も多いかもしれません。

そこで今回は、私達が転職で実際に相談したなかで信頼して相談できる転職エージェントを御紹介したいと思います!

自分が目指せる/目指したいデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー(DTFA)でのキャリアや年収・働き方といった情報から、部署・職位別の書類選考や面接対策で何を準備したらいいのか、第三者の目線で安心して相談してみてください。

FASやコンサルの支援実績No1:アクシスコンサルティング

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://www.axc.ne.jp/

アクシスコンサルティングはデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー(DTFA)やKPMG FAS、PwCアドバイザリーなど、FAS・コンサル業界への転職に特化した転職エージェントです。同業界への転職支援で豊富な実績があります。

各ファームのパートナーや人事から話を直接聞いており、コンサル業界全体の転職動向から各ファームで必要なスキルや経験をよく理解しています。

特に、FAS各社の情報はインターネット上に少ないため、業界各社の情報収集に苦労されている方も多いのではないでしょうか?その点、業界特化した転職エージェントとの定期的な情報交換は必須です。

また、転職を日々支援するなかで、転職後に失敗してしまう方の傾向やコンサルタントの次のキャリアを含めて提案ができるのは業界特化の転職エージェントならではです。

  • DTFAをはじめ、FAS各社の年収や働きに方等、情報交換したい
  • FAS業界へのキャリア、DTFAからのキャリアを相談したい
  • FASに転職した人が評価された経験やスキルを知りたい
  • FAS各社の戦略や求人部署に合わせた職務経歴書の添削や面接対策をして欲しい

こういう方は、転職活動していなくても気軽にアクシスコンサルティングに相談してみてください。

外資系企業への転職支援に強い:JACリクルートメント

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp

JACリクルートメント』は日系大手企業や外資系企業の「役職ポジション」の求人が多い転職エージェントです。

転職エージェントとしては、リクルート・dodaに続く第3位で、外資・内資問わずコンサルティングファーム各社への転職支援実績も多く、過去の選考通過者に聞かれた質問・回答例を豊富に教えてくれたのが印象的でした。(もうそれに従っておけばOKという感じです)

更に、キャリアコンサルタントを務める担当者のレベルが高く、会社全体で選考の通過率の高さを目標に掲げています。

その為、求人企業の採用ニーズを役員・人事・面接官レベルで熟知していて「次の面接官の●●さんは、■■の経歴で▲▲の観点で深堀されます」など、人事や面接官に合わせた超具体的なアドバイスがもらえます。

その結果、書類・面接の選考通過率が非常に高かったです。

JACリクルートメントの社内組織は業界担当制で、採用企業と転職希望者を同じ人が担当します(リクルートやdodaは採用企業担当と転職希望者担当を別の人が担当しています)。

その結果、私達(=転職希望者)への説明が、実際に採用企業から直接聞いた話をもとに話しているので、的確で具体的な転職アドバイスができます。

コンサルファームからの転職・転職の支援では、各ユニットやインダストリー別に担当する面接官がどういう人で、どういう質問をするかを知っておくことが非常に大切です。

実際に私達がJACリクルートメント経由で選考を受ける時でも、JACリクルートメントのキャリアコンサルタントの方は、過去の面接通過者が受けた質問と通過した回答を実績として蓄積しており、具体的にどういう回答をすればよいかを事前に教えてくれました。

転職支援が手厚いのでコンサル・FAS・アドバイザリーファームへの転職支援でも、かなり高い選考通過率を実現できます。限られた時間でハイキャリアを目指す方にはとてもよい転職エージェントだと思います。

  • や他FAS各社の年収や働き方等の話を聞きみたい
  • 外資系を中心に中長期的なキャリアを相談したい
  • コンサルファームへの転職、事業会社への転職など幅広く求人を知りたい
  • デロイトトーマツFAを中心にコンサルキャリアの可能性を広げた

公認会計士のキャリア支援に特化したマイナビ会計士

おすすめ度:★★★★☆(5点満点中 4点)
【公式サイト】https://cpa.mynavi.jp/

マイナビ会計士は、会計士/試験合格者/USCPA保有者に特化した転職エージェントです。

会計士に特化している為、会計士や資格保有者の転職の悩みに詳しく、同時にBig4や中堅のFASで活躍する会計士の方の特徴にも精通しています。

当然ですが、デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー(DTFA)を始め、各FASでのキャリア支援実績も豊富にあるので過去の転職成功事例や会計士のキャリア事例をもとに様々な要望にあわせたキャリアパスや転職先を紹介できます。

「FASへの転職」や「FASの年収」「年収はどこが高い?」と思ったら登録して情報収集をしてみると比較して、自分の志向性にあったキャリアが見つかると思います。

  • 様々な会計士のキャリア事例や就職・転職先を知りたい
  • 過去の公認会計士やUSCPA取得者が評価された経験やスキルを知りたい
  • 監査法人の次としてデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー(DTFA)への転職を見据えたキャリアを考えたい

こういう方はマイナビ会計士に登録しましょう。

私達は転職活動の時に、複数の転職エージェントに登録します。複数に登録すると「比較と評価」ができるので、メイン1社・サブ2社で合計3社は登録しておきましょう。

2社登録すれば、それぞれの対応や紹介求人を比較して、よりよい求人に応募することができます。また、どちらの方が自分が動きやすいようにサポートしてくれるかが分かります。


多くの人が1社だけ衝動的に転職活動をしていますが、「同じ会社でも転職エージェントによって年収やポジションが違った」なんてこともよくあり、本当は年収100万上げて転職できたのに・・・なんてことにもなりかねません。

よって、転職エージェントは3社以上に登録して、紹介求人が魅力的で対応が丁寧なエージェントさんと関係を作っていくことをやってみてくださいね。

まとめ:DTFAの年収と働き方(激務?)

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー(DTFA)に関する年収水準や働き方(激務?)はいかがでしたか。

大手Big4系と主要な中堅のFAS企業の年収水準をランキング形式で比較した記事も一緒に御紹介しましたが、他のファームと比べた給与水準等に興味がある方は、そちらも見てみてくださいね。

最後に纏めとして、おさらいをしておきましょう。

  • デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー(DTFA)の年収水準は1,031万円です
  • デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー(DTFA)の職位別年収水準は、ジュニアアナリスト/アナリスト:500〜800万円、シニアアナリスト:1,000〜1,200万円、VP:1,200〜1,600万円、SVP:1,600〜2,000万円になります
  • KPMG FASやPwCアドバイザリーと同じように、同じグループのデロイトグループのコンサルティング部門よりも職位にもよりますが数百万円単位で年収が高い
  • 一方で、戦略ファームや外資IBDには劣る年収水準でもあり、激務な働き方が続く中で、今一歩抜きんでることができない年収水準(それでも十分、世間的には高いのだが)
  • 転職は監査法人からの転職や総合系コンサルファームからの転職が多く、新卒のレべルは総じて高いので中途組は覚悟を持って勉強する気概が必要
  • ただファームによってはグループ内の異動の通り安さがまちまちなので、事前にファーム内異動の可能性を転職エージェント等に聞いておくことを忘れずにやっておいてください

納得のいく就職活動・転職活動をするには、転職エージェントのような第三者のコメントや過去の会計士のキャリアを知ることも非常に参考になります。

様々な情報を比較して、満足のいくキャリアを実現してもらえたらと思います。

微力ながら応援しています。