本ページは一部に広告を含みます

すごい!ベイカレントコンサルティングの特徴と強み・弱み|ベイカレの仕事内容と将来性を支える営業部隊

こんにちは、転職note 編集部です。

今回は日本発の総合系コンサルティングファームとして急成長を遂げているベイカレント・コンサルティングの強みと弱み、仕事内容の魅力や将来性をご紹介します。

ベイカレントは、もともと有限会社ピーシーワークスという経営・業務・ITに関するコンサルティングとシステムインテグレーション及びアウトソーシングを担う企業として設立されました。

その後、MBO(経営陣が参加する買収)などを経て2016年に東証マザーズへの上場を果たします。

昨年発表した26年2月期までの中期経営計画では、「国内最大級の総合コンサルティングファームとして実績を積み上げる」としており、売上・利益とも「年率20%目安」の成長を実現し、26年2月期に売上高1,000億円という目標を掲げています。

人材採用も積極的で事業拡大に必須のコンサルタント人数は4,761名(2024年4月時点)を達成しており、今後もポテンシャル採用を含めて積極的な姿勢を発表しています。

急成長・積極的な採用がすすめられるなかで転職を検討する方から、他のITコンサルティングファームの何がすごいのか?特徴・強み/弱みは何か?仕事内容の魅力は?と様々な疑問がよせられています。

そこで今回は次のような疑問に答えていきたいと思います。

本記事で得られる情報・解決する悩み


  • ベイカレント・コンサルティングの特徴は?
  • ベイカレント・コンサルティングの強み/弱みは?
  • ベイカレント・コンサルティングってどんな会社?何がすごいの??
  • ベイカレント・コンサルティングの仕事内容の魅力は?
  • 急成長を遂げるベイカレント・コンサルティングの将来性は?

本記事では、ベイカレントコンサルティングの特徴・強み/弱みをもとに中途採用の転職に向けた対策方法をご紹介していきます。

今回は、実際にベイカレントコンサルティングので働いたことのあるコンサルタントの方へのインタビューを行い、私達転職note編集部の実体験を交えてご紹介していきます。

事業会社からベイカレントでのキャリアを目指す方の参考になる内容だと思うので、是非、最後まで読んでみてくださいね。

コンサル転職では専門的なサポートが必須



ベイカレント・コンサルティングへの転職を考えている方は、ベイカレントの特徴や強み/弱みだけでなく、具体的な仕事内容はなにか?ベイカレントの次のキャリアの選択肢を詳しく知っておくことが大切です。

どの部署でどんな案件に入るかでプロジェクト期間や積める経験が変わり、年収にも大きく影響します。

ベイカレント・コンサルティングの特徴や強み/弱み、案件・年収を詳しく知りたい方は、アクシスコンサルティングに相談してみてください。

アクシスコンサルティングはコンサルティングファームで働くコンサルタントのキャリア支援に特化した転職エージェントであり、豊富な転職支援実績があります。

長年コンサルティング業界へのキャリア支援をしている為、昔からの経緯を含めてどのような経験・スキルが求められているのか?具体的にはどのような転職求人やキャリアパスがあるか?を詳しく教えてくれます。

ベイカレント・コンサルティングへの転職を考えている方は、まずは話を聞くだけ等、気軽に相談してみてくださいね。

目次

ベイカレントコンサルティングの会社概要と仕事内容

株式会社ベイカレント・コンサルティングは1998年3月設立で、現在の従業員数4,761名(2024年4月時点)を抱える日本発の総合系コンサルティングファームです。

もともとはシステム開発やアウトソーシングに強みのある企業でしたが、近年は戦略から実行までDXを絡めた経営改革支援に注力しています。

「ワンプール制の組織形態」と「営業とコンサルタントの分業」という特徴を持っています。

「ワンプール制」はアナリストからパートナーまで、全てのコンサルタントが同じ部門に所属し、プロジェクトによってアサインが決まる組織形態です。

また営業部隊を持つのも特徴的で、一般的なコンサルティングファームではマネージャー~パートナーがクライアントに提案して営業活動をしますが、ベイカレントコンサルティングでは営業部隊が担います。

特徴的な組織形態を持つからこそ、他のファームと異なる強みや弱み、キャリアに与える将来性の違いがある為、順番に御紹介しますね!

株式会社ベイカレント・コンサルティングの会社概要

商号株式会社ベイカレントコンサルティング
英文商号BayCurrent Consulting , Inc.
設立年月日1998年3月25日
従業員数4,761名(2024年4月時点)
資本金282百万円
売上高761億円(2023年2月期)
代表者代表取締役社長 阿部 義之
事業内容コンサルティングサービス
出典:ベイカレントコンサルティングHP

プロジェクト事例|ベイカレントコンサルティングの仕事内容

ベイカレントコンサルティングでは様々なプロジェクトがすすめられています。

一昔前は人材派遣的な仕事が多かったのですが、最近では様々なコンサルティングファームからコンサルタントが転職してきており、徐々にナレッジが社内にたまり、プロジェクトも多様化してきています。

特に戦略プロジェクトでは新しい取組みが増えており、IRで紹介されているプロジェクトではエネルギー企業の再エネ事業戦略の策定が紹介されています。

他にも製造業のデジタルを活用したカーボンニュートラルソリューション戦略の推進に向けた戦略策定等も紹介されています。

もともとシステム開発や運用保守がメインだった(有)ピーシーワークスの色が残っていましたが、徐々にコンサルティングファームに成長しています。

特に市場成長が年4%と見込まれているデジタル関連コンサルティング市場において、デジタル技術を活用した事業戦略の策定や実行支援、業務改革で高成長の実現を目指しています。

実際にベイカレント・コンサルティングで働く友人達にもヒアリングをしたところ「ただの人材派遣のように働く社員も一定数いるが、コンサルティング案件も増えてきている」とのことでした。

こうしたプロジェクトの多様化が、ベイカレント・コンサルティングで働くコンサルタントの仕事の多様化にもつながっているそうです。

例えば、「急成長を目指さない人はこういう案件」「コンサルタントとして高いビジネススキルを身に着けたい人はこういう案件」等、アサインの多様化につながっているという話でした。

ベイカレントコンサルティングへの転職を相談する転職エージェント

ベイカレントコンサルティングをはじめ、多くのコンサルティングファームへの転職では各企業の特徴や強み/弱みを把握して「自分が活躍できるか?」「得たい経験を積めるか?」を事前に考えておくことが大切です。

自分の経験やスキルが活かせる≒転職後の活躍につながり、評価や報酬・更なる経験やスキルの獲得にもつながっていきます。

ベイカレントコンサルティングをはじめとした各コンサルティングファームの特徴や強み/弱みを知りたい方は、コンサル業界に特化してキャリア支援をしているアクシスコンサルティングに相談してください。

アクシスコンサルティングは、ベイカレントへの転職支援実績が豊富で、パートナーや人事と常に情報交換しており、最新の情報を教えてくれます。

また過去に転職を支援したコンサルタントの方も多いので、プロジェクト現場の課題や活躍する人の特徴にも精通しており、皆さんにあったポジションを提案してくれます。

ベイカレントコンサルティングへの転職を考えている方は、情報交換だけでも大丈夫ですので、気軽にアクシスコンサルティングに相談してみてくださいね!

公式サイト:https://www.axc.ne.jp/

ベイカレントコンサルティングの特徴と働く魅力

最後にベイカレントコンサルティングを働く環境の観点から特徴を御紹介したうえで、ベイカレで働く魅力をご紹介したいと思います。

会社としてのベイカレントコンサルティングは確かに急成長を遂げていますが、働く人は疲弊して早期離脱を繰り返すような会社には転職したくないですよね?

働く環境として魅力的な点は何か?そしてどのようなところに魅力があるのか?を確認していただき、実際に皆さんが働きたいと思えるかを確認してもらいたいと思います。

働く特徴と魅力1|ワンプール制

ベイカレントコンサルティングは、コンサルティングファームとしては珍しく「ワンプール制」を採用しています。

ワンプール制とは、アナリストからパートナーまで全てのコンサルタントが同じ部門に所属する制度のことです。

他にはデロイトトーマツコンサルティングの新卒がアサイン先が決まるまでの間にワンプール制を取っていることがありますが、パートナーまでワンプールというのは他のファームにないベイカレントコンサルティングの特徴です。

このワンプール制によりベイカレントコンサルティングのコンサルタントは、所属部門に関係なく、様々なプロジェクトに参加することができます。

様々なプロジェクトに参加することで、プロジェクトテーマを比較できるようになり、その結果、プロジェクトテーマ毎の違いや自分の好き嫌いが分かるようになります。

ベイカレントコンサルティングで働く魅力は、このワンプール制のなかで様々なプロジェクトを経験できることがあげられます。

働く特徴と魅力2|転職組が多く、複数ファームの流儀を知れる

ベイカレントコンサルティングは他のコンサルティングファームから多くのコンサルタントを採用しています。

コンサルタントは一緒に働く上司によって、教え込まれる働き方や身に着くスキルが異なります。

コンサルティングファームとしての歴史が他のファームより浅く、様々なファームから転職してきているコンサルタントの元で働けるのはベイカレントコンサルティングの特徴でしょう。

様々なファームで鍛えられたコンサルタントからBCGの流儀、アクセンチュアの流儀、Big4ファームの流儀等、各ファームの仕事の流儀や作法を学ぶことができます。

その結果、プロジェクトやクライアントに合わせて、自分なりに効果的なアプローチを考えることが出来るようになり、仕事の進め方の幅を広げることができるでしょう。

働く特徴と魅力3|1千万!転職後も活きる高年収

ベイカレントコンサルティングで働く大きな魅力の1つには、年収の高さがあるでしょう。

役職年収水準目安年次
アナリスト500-650万円1~3年目
コンサルタント700-900万円3~7年目
シニアコンサルタント900-1,150万円6~10年目
マネージャー(orエキスパート)1,100-1,400万円10~15年目
シニアマネージャー(orシニアエキスパート)1,300-1,600万円15~20年目
パートナー(orチーフエキスパート)2,000万円~20年目~
エグゼクティブパートナー実力次第実力次第

ベイカレントコンサルティングの若手20代だと年収水準で500-1,000万円を実現できる企業は、やはり少ないでしょう。

成果を出していれば昇進スピードもはやく、「〇歳にならないと年収が上がらない」という事もありません。

評価次第で20代でより高い年収を実現することも期待でき、バリバリ働けるうちに年収水準を上げたい!稼ぎたい!という方には非常に魅力的ではないでしょうか。

またコンサルティング市場は、どのファームも採用に積極的であり、ベイカレントコンサルティングで働いた経験は他のファームでも評価され、業界内での転職も比較的簡単です。

こうした次のキャリアを含めた観点でも年収水準が高いことは、ベイカレントコンサルティングで働く魅力の1つといえるでしょう。

働く特徴と魅力4|独立ファームならでは!低コストでの経営体制

ベイカレントコンサルティングは「日系の独立系コンサルティングファーム」な為、他の外資系ファームのようにグローバル本国へのロイヤリティを払う必要がありません。

他の外資系ファームは一定のロイヤリティを払うことで、世界中のグローバルメンバーファームの実績やプロジェクトアプローチを知ることができます。例えば「北米で売上があがっている新しいアプローチを日本に導入しよう」「豪州の問題解決アプローチで経験した失敗ポイントを日本のプロジェクトで活かそう」といったことが可能になります。

こうしたメリットを受けることはできませんが、ロイヤリティを払っていない分、日本国内に利益を投資することができます。

この投資分が採用やプロジェクト受注時のフィー交渉で活かすことができ、他ファームより案件受注をしやすくしている側面があります。ベイカレントコンサルティングの平均年収が高い1つの要因もここにあります

働く特徴と魅力5|キャリアサポートや支援の充実

ベイカレント・コンサルティングでは、3つのトレーニングと2つのキャリアサポートを社員のコンサルタントに提供しています。

多くのコンサルティングファームは社内向けのキャリアサポートを充実させていますが、ベイカレントコンサルティングでは人材育成プランを明確かつ緻密に構築し、中長期的に活躍できる人材の育成に注力しています。

3つのトレーニングと2つのキャリアサポートは次の内容になっています。

トレーニング概要
Selection Program
(選抜プログラム)
・高難度プロジェクトやプロジェクトテーマへの参画を志望するコンサルタントに対して、社内で行うオーディション制度
・オーディションに合格したコンサルタントは、対象となる戦略をはじめとした高難度プロジェクトやテーマに参加することができる
専門知見トレーニング・必要知識と最先端トレンドを各産業やテーマのエキスパートが指導
・専門的な知見により、コンサルタントのプロジェクトの付加価値を向上させる
コアスキルトレーニング・職位や役割に応じて、豊富なトレーニングを受けられる
・コンサルタントの成長とプロジェクトの付加価値の向上に寄与する

SelectionProgramはベイカレントコンサルティングの特徴的なトレーニング制度でしょう。他ファームでは社内営業や社内転職で実現する場合が多いですが、制度として持っているのが特徴的だと思います。

戦略系のプロジェクトはコンサルタントのプロジェクトと言っても求められる水準が高く、クライアントに請求する単価も高いため、より高いプロフェッショナルとしての成果が求められます。

これを知らずに戦略を専門とするパートナーや上司の元で働くと厳しくて心が折れてしまうことも多いので、事前にこうした制度のなかで、疑似体験をしたり、訓練を受けることができるのは貴重な経験になるでしょう。

キャリアサポート概要
キャリア担当制度・コンサルタント1人ひとりに専任のキャリア支援担当が付きます
キャリアサポート制度・語学力向上補助、社外研修補助等の自己研鑽をサポート

ベイカレントコンサルティングの特徴にワンプール制があり、様々な経験を積むことができます。

一方で、自分のキャリアの志向をしっかりとファーム側に伝えないと「なんでも屋の専門性なし」にもなりかねません。しっかりとキャリア担当に「どういう経験を積みたいのか」「前回のプロジェクトの反省は何で、どう克服したいか」といった意思を伝えていくことが大切です。

ただ、ベイカレントコンサルティングでのキャリアをベイカレント社内の人に相談するのが難しい場合もあるでしょう。自分の評価に関わるのでは?と心配になるのが現場のコンサルタントの心情だと思います(実際に社内にいると身に染みるでしょう・・・)

そういう時は社外の転職エージェントに相談してみるのもオススメです。ファーム内での動き方や昇進される方の特徴、皆さんの状況にあわせたアドバイスをもらうこともできます。

もし自分のキャリアを客観的に見直してみたい、転職後の活躍を相談することも見越して転職エージェントを選びたいという方はコンサルティング業界を専門にキャリア支援しているアクシスコンサルティングに相談してみてください。

ベイカレントコンサルティングへの転職を相談する転職エージェント

ベイカレントコンサルティングは急成長を遂げており、働き方改革やアサイン、人材育成等がどんどんと改善されていっています。

コンサルタントとして様々な経験を積み、ビジネススキルを身に着けるとともに、高い年収を実現したい方は、ぜひ最新の情報で一度検討してみて良いファームだと思います。

ベイカレントコンサルティングをはじめとした各コンサルティングファームの特徴や強み/弱みを知りたい方は、コンサル業界に特化してキャリア支援をしているアクシスコンサルティングに相談してください。

アクシスコンサルティングは、ベイカレントへの転職支援実績が豊富で、パートナーや人事と常に情報交換しており、最新の情報を教えてくれます。

また過去に転職を支援したコンサルタントの方も多いので、プロジェクト現場の課題や活躍する人の特徴にも精通しており、皆さんにあったポジションを提案してくれます。

ベイカレントコンサルティングへの転職を考えている方は、情報交換だけでも大丈夫ですので、気軽にアクシスコンサルティングに相談してみてくださいね!

公式サイト:https://www.axc.ne.jp/

ここがすごい!
ベイカレントコンサルティングが提供するサービス

ベイカレントコンサルティングは着々と事業を広げており、様々なコンサルティングサービスを提供しています。具体的な事例をもとに御紹介させていただきます。

テーマ(オファリング)|Stragtegy

ベイカレントでは、昨今の産業の境界線の曖昧さが増す市場環境の中で、事業ドメインにとらわれない経営戦略の発想がこれまでよりも求められている為、クロスボーダーな経験を通じて培われたビジネスとテクノロジーのケイパビリティを基に、揺るぎない構造的競争優位をクライアントとともに追い求めています。

これまでのベイカレントが培ってきた現場に入り込んだ経験をもとに、Strategyといえど抽象的な絵だけではなく、解像度の高い打ち手への落とし込みを特徴としています。

廃プラスチック加工技術の活用によるケミカルリサイクル事業グローバル戦略

グローバルで資源循環に向けた動きが加速する中、廃プラスチック加工技術を活用した新規事業を立案。廃プラスチック排出上位国の動向を捕捉し、地域特性を踏まえた優先国を導出。そして各優先国のプレイヤー動向に基づき、事業コンセプトを描画。市場形成が激化する中、パートナリングに向けた海外企業へのタッピングやビジネスモデル精緻化をリードし、事業化の礎を形成

テーマ(オファリング)|Digital

ベイカレントでは、DXが企業経営の中核テーマとなる中、経営戦略の拠り所である戦略論とDXの取り組みが切り離されている実情にいち早く問題意識を抱き、戦略論と融合した「強い」DXの姿を追求してきました。

加えて、個別のDX施策ではなく、デジタル部門全体あるいは全社規模のDX支援実績が多いのも我々の特長です。経営の視座を持つと同時に、クライアントの隅々に入り込む我々のDXコンサルティングは、デジタル変革にダイナミズムをもたらします。

スマートシティ事業の中長期ビジネスロードマップ策定

テクノロジーの進展や社会課題、未来の顧客ニーズを踏まえ、近未来のスマートシティ像を描画。マクロトレンド分析により中長期的な事業機会を概観し、有望領域として「サーキュラーエコノミー」と「防災・減災」にフォーカス。既存事業との親和性などに鑑みたクライアントが提供しうるソリューションを検討し、全体の実行計画としてビジネスロードマップを策定

テーマ(オファリング)|Operations

最もチェンジマネジメントが困難なものの一つに、オペレーションがあげられます。

理論的に目指す姿を描いても、事業現場で現行のやり方に慣れ親しんだ従業員にとって、その方法を変えることは心理的な障壁が大きいものです。

我々は具体的な成果の創出を徹底追求することをポリシーに、変革後の姿の企図に留まらず、実際の変革実現まで事業の現場に入り込みます。これはベイカレントコンサルティングが現場の業務プロセスに入り込み、様々な業務の効率化や高度化を行ってきた経験を元に実現できる1つの特徴ともいえます。

変革の実現にこだわるベイカレントコンサルティングは、クライアントの現場のオペレーション変革に成果を実現するまでコミットできるのも特徴の1つでしょう。

デジタルを活用した業務効率化・高度化に向けた従業員マインドチェンジの推進

デジタル変革が進まない大手製造企業において、グローバルを含む同業他社における先進事例の紹介や、 同社で実現可能なデジタルによる業務改革案のブレスト等を含むワークショップを、経営層から各事業部のリーダー陣を含め繰り返し実施。デジタル変革の重要性・必要性の理解から、自分ごとへの昇華を達成し、各事業部の至近の定量目標とアクションプラン策定にまで落とし込み

ベイカレントコンサルティングへの転職を相談する転職エージェント

ベイカレントコンサルティングは急成長を遂げており、働き方改革やアサイン、人材育成等がどんどんと改善されていっています。

コンサルタントとして様々な経験を積み、ビジネススキルを身に着けるとともに、高い年収を実現したい方は、ぜひ最新の情報で一度検討してみて良いファームだと思います。

ベイカレントコンサルティングをはじめとした各コンサルティングファームの特徴や強み/弱みを知りたい方は、コンサル業界に特化してキャリア支援をしているアクシスコンサルティングに相談してください。

アクシスコンサルティングは、ベイカレントへの転職支援実績が豊富で、パートナーや人事と常に情報交換しており、最新の情報を教えてくれます。

また過去に転職を支援したコンサルタントの方も多いので、プロジェクト現場の課題や活躍する人の特徴にも精通しており、皆さんにあったポジションを提案してくれます。

ベイカレントコンサルティングへの転職を考えている方は、情報交換だけでも大丈夫ですので、気軽にアクシスコンサルティングに相談してみてくださいね!

公式サイト:https://www.axc.ne.jp/

ここがすごい!ベイカレントコンサルティングの強み

続いてはベイカレントコンサルティングの強みをご紹介します。

コンサルティング業界を未経験だと各ファームの強みや弱みは分かりにくいと思います。

どのコンサルティングファームも基本的にはフルラインのコンサルティングサービスを提供しており、違いは無いように見えますよね。

しかし、実際にコンサルティングファームで働いてみるとファーム毎に実績の多寡やクライアントとの関係性からくる強み/弱みがあることがよくわかります。

コンサルティングファームとして強いテーマ、金融業界や自動車業界等の特定業界に強いファーム、戦略と言っても事業部単位までで会社全体の戦略策定プロジェクトは事例が少ないファーム等、様々です。

そこで今回は改めてベイカレントコンサルティングの強みは何かをご紹介しますね!(弱みは次の章で御紹介しています)

ベイカレントの強み1|低単価で着実な成果物の納品

「ベイカレントコンサルティングの強み」の1つは、他のコンサルティングファームに比べてクライアントが低コストで依頼できる価格競争力でしょう。

ベイカレントコンサルティングは日本発のコンサルティングファームの為、外資系企業に比べて本国へのロイヤリティーを払う必要がありません。

その為、コンサルタント1人あたりの単価を低く設定しても同程度の利益率を実現出来ます。

確かに、もちろん高い金額を払っても確実で高品質な成果物が欲しいプロジェクトもありますし、MckinseyやBCGがそうしたプロジェクトを主戦場にしているのも事実です。

ただ、クライアントには安くても着実に実行してほしいプロジェクトもあり、そうしたプロジェクトではベイカレントコンサルティングの低単価で人数が用意でき、成果物をしっかりと納品してくれる会社も重宝されます。

特にコロナ禍を経てリモートワークが進み、働き方改革で社員が働ける時間が制限され、IT人材の不足が顕著になっているクライアントにとっては非常に助かる存在となっています。

このように「低単価で着実な成果物の納品」を担えるところが急激な成長を継続的に実現しているベイカレントコンサルティングの強みの1つと言えるでしょう。

ベイカレントの強み2|戦略から実行まで一気通貫で提供可能

もともとベイカレントコンサルティングはシステム開発やPMOを中心とした受託企業でしたが、徐々に様々なコンサルティングファームから優秀な人材を獲得し、今では戦略から実行まで一気通貫で包括的に担えるケイパビリティを持つようになりました。

もちろん外資系コンサルティングファームは戦略から実行まで一気通貫で担えるところが多く、特に海外支社を含めてグローバルに対応できるところは大手の外資系コンサルティングファームの方が強いでしょう。

ただ、日本国内の話においては、他のブティック系ファーム(特定の専門領域に特化したファーム)に比べると戦略から実行まで担えるケイパビリティを持つようになりました。

こうした受注できるプロジェクトの幅が広がったことがベイカレントコンサルティングが継続的にプロジェクトを受注出来ている強味の1つにあげられるでしょう。

ベイカレントの強み3|営業とコンサルタントの分業

ベイカレントコンサルティングは他の大手コンサルティングファームと異なり、コンサルタントの他に営業部隊がいます。

一般的にはコンサルタントのうちマネージャー以上がパートナーやMDと共にクライアントに提案し、プロジェクトを受注します。

当然、プロジェクトのデリバリと営業が並行稼働するので負荷が高く、クライアントへの提案頻度や提案内容が落ちてしまうこともあります。

ベイカレントコンサルティングでは専任の営業部隊がいる為、クライアントの需要に即座に反応して提案をすることができ、その結果として安定してプロジェクトを獲得できています。

こうした営業活動とコンサルティング活動の分業が結果としてクライアントへの提案機会を最大限獲得することにつながり、ベイカレントコンサルティングの急拡大の一助となっています。

その為、営業とコンサルタントの分業がベイカレントコンサルティングの強みの1つと言えるでしょう。

ベイカレントコンサルティングへの転職を相談する転職エージェント

ベイカレントコンサルティングをはじめ、多くのコンサルティングファームへの転職では各企業の特徴や強み/弱みを把握して「自分が活躍できるか?」「得たい経験を積めるか?」を事前に考えておくことが大切です。

自分の経験やスキルが活かせる≒転職後の活躍につながり、評価や報酬・更なる経験やスキルの獲得にもつながっていきます。

ベイカレントコンサルティングをはじめとした各コンサルティングファームの特徴や強み/弱みを知りたい方は、コンサル業界に特化してキャリア支援をしているアクシスコンサルティングに相談してください。

アクシスコンサルティングは、ベイカレントへの転職支援実績が豊富で、パートナーや人事と常に情報交換しており、最新の情報を教えてくれます。

また過去に転職を支援したコンサルタントの方も多いので、プロジェクト現場の課題や活躍する人の特徴にも精通しており、皆さんにあったポジションを提案してくれます。

ベイカレントコンサルティングへの転職を考えている方は、情報交換だけでも大丈夫ですので、気軽にアクシスコンサルティングに相談してみてくださいね!

公式サイト:https://www.axc.ne.jp/

ベイカレントコンサルティングの弱み

続いてはベイカレントコンサルティングの弱みをご紹介します。

確かに急成長を遂げているベイカレントコンサルティングですが、大手外資系コンサルティングファームや国内の大手ファームに比べると弱い部分があります。

転職活動をする際には、そうしたベイカレントコンサルティングの特徴をしっかりと理解しておくことが大切な為、皆さんの参考にしてもらえたら嬉しいです。

それでは改めてベイカレントコンサルティングの弱みをご紹介しますね!

ベイカレントの弱み1|組織サイズの制限

どのコンサルティングファームと比べるかもありますが、総合的にフルラインでサービスを提供する大手コンサルティングファームと比べるとベイカレントコンサルティングは規模で劣る場合があります。

コンサルティングファームは昔から大規模なプロジェクトを受注し、複数年に渡って運営するプロジェクトで高い収益をあげてきました。

アクセンチュアやBig4等の大規模プロジェクトを受注できるコンサルティングファームに比べるとリソースや専門知識の面で制限がある場合があります。

例えば、大手企業のグローバル展開支援やERPの導入、グループ会社を含めた大規模な業務効率化のような、多数の専門家を必要とする大規模なプロジェクトを受注するには、他の大手コンサルティングファームに比べて競争力が低下する場合があるでしょう。

ベイカレントの弱み2|ブランド力や知名度の相対的な不足

ここは新興ファームなので仕方ないところもあるでしょうが、ブランド力や知名度が相対的に低いのは仕方ないと思います。

ブランド力や知名度が低いため、一部の企業やクライアントにとっては、信頼性や実績が不十分と感じる場合があります。

またコンサルティングファームは、大型のプロジェクトになるとクライアントからRFPという提案依頼をもらいますが、クライアントの認知や印象が悪いと提案依頼先にあげられない場合もあります。

特に、大手戦略系コンサルティングファームのような世界的に有名なブランドに依頼したいクライアントの場合、ベイカレントコンサルティングが不利になる可能性はあるでしょう。

こうした知名度やブランド力の相対的な不足は、ベイカレントコンサルティングの弱みの1つといえるでしょう。

ベイカレントの弱み3|地理的な制限

ベイカレントコンサルティングは、特に外資系の大手コンサルティングファームに比べると国内でのサービス提供に限定されるでしょう。

そのため、プロジェクトスコープがグローバルをまたぐようなプロジェクトでは、各国にメンバーファームや現地支社があるファームに比べると弱いでしょう。

コンサルティングファームに依頼するのは基本的には大企業であり、多くの企業はグローバルに事業を展開しています。

例えば、M&Aで買った東南アジアの向上との人事制度の標準化や北米支社との基幹システムの統一等だと現地にも支社があり、各国の法令や商習慣に精通している大手外資系コンサルティングファームの方が強いといえるでしょう。

こうした地理的な制限はベイカレントコンサルティングの弱みの1つと言えます。

ベイカレントコンサルティングへの転職を相談する転職エージェント

ベイカレントコンサルティングをはじめ、多くのコンサルティングファームへの転職では各企業の特徴や強み/弱みを把握して「自分が活躍できるか?」「得たい経験を積めるか?」を事前に考えておくことが大切です。

自分の経験やスキルが活かせる≒転職後の活躍につながり、評価や報酬・更なる経験やスキルの獲得にもつながっていきます。

ベイカレントコンサルティングをはじめとした各コンサルティングファームの特徴や強み/弱みを知りたい方は、コンサル業界に特化してキャリア支援をしているアクシスコンサルティングに相談してください。

アクシスコンサルティングは、ベイカレントへの転職支援実績が豊富で、パートナーや人事と常に情報交換しており、最新の情報を教えてくれます。

また過去に転職を支援したコンサルタントの方も多いので、プロジェクト現場の課題や活躍する人の特徴にも精通しており、皆さんにあったポジションを提案してくれます。

ベイカレントコンサルティングへの転職を考えている方は、情報交換だけでも大丈夫ですので、気軽にアクシスコンサルティングに相談してみてくださいね!

公式サイト:https://www.axc.ne.jp/

ベイカレントへの転職はコチラもチェック

ベイカレントコンサルティングへの転職を考えている方は、是非、コチラの記事も併せて読んでみてくださいね。

ベイカレントの中途転職を相談すべき転職エージェント

新型コロナウイルスが流行してから、多くの企業が事業環境の変化をまのあたりにして、様々なDXや働き方改革、事業転換等、様々な改革が求められています。

その為、多くの事業会社でコンサルタントの問題解決能力を持つ人材が必要とされていますし、そうした企業からプロジェクトを受注するコンサルティングファーム各社は採用を強化しています。

もしコンサルティングファームでのキャリアやコンサルタントとしての活躍を考えているのであれば、ここまで御紹介してきた通り「自分がキャリアで何を実現したいのか」「今の転職で何を実現すべきなのか」は、目先の転職だけでなく、転職後も頑張り続ける為に非常に大切です!

そこで将来、コンサルタントとしてのキャリアを考えている方に向けて、コンサルタントのキャリアに詳しく、キャリア支援(棚卸→ゴール設定→実現に向けたアクションプラン策定等)で評判の高い転職エージェント・転職サービスをご紹介しますね。

転職note編集部

転職エージェントに営業として捌こうとしてくる人も多いのも実態です。

私達もよく出会いますが、面接日程調整の丸投げやどのエージェントでも見るような求人しか出してこないエージェントには「他社との差がないこと」「●●をしてほしい」と自分の意思を伝えています

転職市場の動向で「有効求人倍率」など、一般論を話してくる転職エージェントは要注意です。

*有効求人倍率はハローワークの求人数と応募数の割合です。ハローワークで紹介される警備員や建築現場作業員の求人倍率が、コンサルタントに紹介される求人の動向として参考に足る情報とはいえないでしょう。

企業から直接聞いた具体的な話やキャリアアドバイザー本人の体験談、過去に支援した人の実績など、実態のある話なのか?本当に役に立つ話をしているか?はアドバイスを受ける方もきちんと確認しましょう。

皆さんも転職エージェントとはお互いに敬意を持てる誠実な関係が築けるといいですね。

コンサルテイング業界への転職支援実績No1
アクシスコンサルティング

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
公式サイト:https://www.axc.ne.jp/

<1分で終わる登録方法はコチラ>

アクシスコンサルティングはベイカレントコンサルティングをはじめとしたコンサルティング業界への転職に特化した転職エージェントです。同業界への転職支援で豊富な実績があります。

各ファームのパートナーや人事から話を直接聞いており、コンサル業界全体の転職動向から各ファームで必要なスキルや経験をよく理解しています。

また、転職を日々支援するなかで、転職後に失敗してしまう方の傾向やコンサルタントの次のキャリアを含めて提案ができるのは業界特化の転職エージェントならではです。

  • ベイカレントコンサルティングの特徴や強み/弱みをもっと具体的に知りたい
  • ベイカレントコンサルティングの年収や働き方などの話を気軽に聞いてみたい
  • 各ファームコンサルタントのキャリアを相談したい(転職は未定)
  • 過去に転職した人が評価された経験やスキルを知りたい
  • 各ファームに合わせた職務経歴書の添削やケース面接対策をして欲しい

こういう方は、転職活動していなくても気軽にアクシスコンサルティングに相談してみてください。

転職前から“転職後”まで手厚くサポート
アサインエージェント(ASSIGN AGENT)

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://assign-inc.com/

アサインエージェント(ASSIGN AGENT)』は、キャリアを真剣に考える20~30代の方の転職を支援する特にコンサルや有名企業への転職支援に強い転職エージェントです。

実際にお話を伺いましたが「最初の面談で求人は紹介しない」「転職よりもキャリアのゴールが大事」「面接対策は何回でも」「転職後も一人立ちするまでサポート」と本当に手厚いサポートを実際にやっていることに驚きました。

(こんなにやってくれるエージェントさん他にいますか?)

様々なンサルティングファームへの転職を支援した実績も豊富なのと、実際に支援してくれるエージェントの方が元コンサルタントの方が多いので、ファーム内で求められるレベルや視点・視座の高さをよく理解されているので、業界未経験の方は会話を通して”何を準備しないといけないのか”がよくわかると思います。

決して「上から目線」ということはなく、転職を検討されている方の1人1人のキャリアにコミットしてくれるので、過去の意思決定の棚卸から、目指すべきゴール、今選ぶ選択肢とロジカルに言語化してくれます。(コーチングに近い部分も多いように思います)

また転職後もサポートして定着化・独り立ちまでをサポートしてくれるので、コンサルティングファーム側からも高い評判を得ている転職エージェントです。

コンサルタントとしてプロフェッショナルのキャリアを考えている方は、必ず登録しておいた方がよいエージェントだと思います。

▼アサインエージェントへの相談がオススメの方

  • まずは自分のキャリアのゴールを相談したい
  • ベイカレントコンサルティングへの転職に向けて十分な選考対策をしたい
  • 多くの企業を受けてる余裕は無いので高い選考通過率で転職したい
  • ベイカレントコンサルティングに入社した人(未経験を含む)が評価された経験やスキルを知りたい
  • ベイカレントコンサルティングに転職した後も継続的に相談できるパートナーが欲しい

企業から高年収スカウトを直接もらう
Bizreach(ビズリーチ)

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://www.bizreach.jp

ビズリーチの名前は多くの方が御存じだと思いますが、ダイレクトリクルーティングサイトだということは知っていましたか?

ビズリーチは企業やヘッドハンターと求職者を直接結ぶサイトです。
登録するとビズリーチから求人提案が来るのではなく、登録している企業やヘッドハンターから連絡があります。興味がある求人を紹介されたら、その企業やヘッドハンターと電話やオンラインで面談する流れです。

また様々なコンサルティングファームや官公庁が求人を掲載しているので、自分で直接応募することが出来ます。

企業は転職エージェントに支払う手数料よりも採用コストが低いビズリーチの活用に積極的になっており、戦略ファームや金融・不動産各社も求人掲載しています。(転職関連のサイトで掲載企業数が最も多いと言われています)

  • コンサルファームから直接話を聞いてみたい
  • コンサル業界への転職支援に強いヘッドハンターに出会いたい
  • ベイカレントコンサルティングでのキャリアを相談したい(転職は未定)
  • 自分のキャリアでコンサルファームからスカウトが来るか試したい(市場価値を知りたい)

実際に応募するかは別にして、ビズリーチに登録して連絡がきた企業から話を聞いてみるのをオススメします。1次情報より確実な情報はないので、その機会を得る為にもビズリーチに登録しておいてください。

また、少数精鋭ながらコンサル業界に強いヘッドハンターとのパイプも重要です。
転職は本当に転職エージェント・ヘッドハンター毎に紹介できる求人が違います。

業界に強い転職エージェント・ヘッドハンターとの縁は大切にしてくださいね。

私達は転職活動の時に複数の転職エージェントに登録して各社を「比較・評価」します。比較することで、より良い転職エージェント・求人を探せるのでメイン1社・サブ2社の合計3社は登録しておきましょう。

多くの人が1社だけ衝動的に登録して転職活動をしていますが、「同じ会社でも転職エージェントによって年収やポジションが違った」なんてこともよくあり、本当は年収100万上げて転職できたのに・・・なんてことにもなりかねません。

よって、転職エージェントは3社以上に登録して、紹介求人が魅力的で対応が丁寧なエージェントと関係を作っていくことをやってみてくださいね。

まとめ|すごい!ベイカレントコンサルティングの特徴と強み・弱み

いかがでしたか?

ベイカレントコンサルティングの特徴と強み/弱みを実際のプロジェクト事例を踏まえて御紹介してきました。

ベイカレントコンサルティングはデジタルに軸足をおいたコンサルティングに強く、様々なファームから多くのコンサルタントを採用して、専門的知見を持つコンサルタントが在籍しています。

また、ワンプール制のなかで様々なプロジェクト経験を積める環境があり、自分が興味を持てるプロジェクトを実際に経験しながら、見極めることもできます。

他のコンサルティングファームに比べても高い年収水準であり、特にスタッフ(管理職未満)のあいだは労働時間の管理もしっかりとされていて、ワークライフバランスを保ちながら高い年収を実現することができます。

コンサルティングファームはどこも似ていて「何がすごい」のか、分かりにくいことも多いと思います。

今回のようにファームとしての強み・弱み、働く環境としての特徴・魅力をファーム毎に理解していくと転職を考える時に非常に参考になると思います。

「ワンプール制のなかで様々なプロジェクトを経験したい」「デジタル領域でコンサルタントとしての経験をつみたい」「ワークライフバランスと高年収を実現したい」という方には、非常に魅力的な企業だと思います。

より具体的な企業やプロジェクト、社内異動等の可能性を知りたい方は、コンサルティング業界への転職支援実績が豊富な転職エージェントに相談してみてください。

私達も様々な方の体験談や私達がコンサルティング業界で働いた経験をもとに、情報を御紹介していきたいと思っています。

様々な情報ソースを使い、皆さんが目指すキャリアを実現される実現されることを願っています!頑張ってくださいね!!

目次