コンサルティング業界

【企業研究】ベイカレントコンサルティングへ転職!業績は?

こんにちは。転職ノート編集部です。
私達は、全員で20回以上の転職経験があり、様々な業界で働いた経験を持つ年収1千万を超えるコンサルタントを中心とした執筆チームです。

私達の経験と現職コンサルタントへのインタビューをもとに最新の転職状況や対策を御紹介しています。

今回は、上場して急成長を遂げているベイカレントコンサルティングへの転職を考えている方に、同社の業績や注力業界やプロジェクト傾向(ITが多いの?戦略やってるの?)を御紹介します。

私達のメンバーでも面接を受けて内定を獲得したり、逆にベイカレントからの転職者の面接経験など、実体験も交えて御紹介したいと思います。

ベイカレントへの転職を成功させる確実な方法は?

新型コロナの流行を受けて、DXによる効率化・新たな付加価値を創るニーズが強くなりベイカレントコンサルティングは業績を伸ばし、採用を強化しています。

最新の求人意向や年収などの各種条件は、コンサルティング業界への転職を長年支援してきたアクシスコンサルティングに相談しましょう。

ベイカレントのパートナーや人事から話を直接聞いた求人意欲(未経験者はOK?など)や各種条件、非公開求人の他、退職が早い方の傾向など、詳しく教えてくれます。

転職はまだ考えていなくても、最新の求人紹介やキャリアの相談に乗ってくれるので気軽に相談してみましょう!

<1分で終わる登録方法はコチラ>

会社概要・業績推移・注力分野

 会社概要

社名株式会社ベイカレント・コンサルティング
BayCurrent Consulting , Inc.
資本金282百万円
売上高330億円(2020年2月期)
従業員2,058名(2020年4月時点)
代表者名代表取締役 阿部 義之
創業1998年3月25日

 サービス内訳(単位:百万円)

出典:ベイカレントコンサルティング第6期第3四半期報告

ベイカレントコンサルティングは3つのサービス名称で説明しています。(事業セグメントは、全てコンサルテイング)

  1. 戦略・ビジネスプロセスコンサルティング
  2. ITコンサルティング
  3. システムインテグレーション

各名称からの推察ですが、①戦略・ビジネスプロセスは、企業や事業の戦略策定と業務改革系の案件が含まれるのだと思います。

②ITコンサルティングと③システムインテグレーションの違いが分からないのですが、ITの構想策定や要件定義が②ITコンサルで、③は②で決まったシステムの導入・保守、といったわけではないかと思います。

いずれにせよ、②と③のITの上流から導入・保守までが全体案件の65%を占めていることが分かります。

第3四半期累計期間(自 2019年3月1日 至 2019年11月30日)
出典:ベイカレントコンサルティング第6期第3四半期報告

更に、サービス別の業界別売上が記載されていたので御紹介します。

金融と情報通信やメディアへのITコンサルティングが収益の柱になっていることが分かります。
*情報・メディアには、NTTやソフトバンクが情報通信、楽天やテレビ局がメディア、日立やパナソニック等がハイテクに含まれていることが一般的には多いです。

先ほどの業界×サービスの売上を昨年対比で成長率を見てみると、システムインテグレーションが規模は小さいものの伸びていることが分かります。

逆に戦略・ビジネスプロセスの情報通信・メディア、その他も伸びており、次の注力分野で紹介している通り、ベイカレント社が注力していることが分かります。

 注力分野

ベイカレント社では中期経営計画達成に向けた取り組みの中で、「1.戦略案件獲得による高付加価値化」「2.デジタル関連案の強化」を掲げています。

「2.デジタル関連案の強化」は5G等の新技術のサービス企画やAI・RPA等による業務改革があげられています。

デジタル関連の新技術への興味や経験・スキル等があると転職時の面談でも魅力的にご自身をプレゼンテーションできると思います。

Withコロナ時代のベイカレントキャリアを相談する

ベイカレントへの転職を考えている方は、業界特化のアクシスコンサルティングに無料登録してコロナ流行後の案件状況を確認しておきましょう。

アクシスは業界に特化しているだけあり、各ファームの最新のプロジェクト受注状況と求人状況を把握しています。

新型コロナ流行後も引き続き高い年収条件の提示が期待できるベイカレントですので、アクシスコンサルティングに登録して高年収求人を確認しておきましょう。

業績の推移と見通し

出典:ベイカレント社HP Financial Highlights

ベイカレント社は毎年10~20%程度の成長を遂げてきましたが、20年2月には昨年対比で32%を超える成長を掲げています。

コロナがここまで世界的大流行をもたらすことは見通しの前提に無かったと思います。

これはベイカレント社に限った話ではないですが、各企業はこのコロナの影響で変わった人・物の流れと新しい価値観への適応が必要になっています。

コンサルティング会社は、その改革支援にどれだけ関われるかで今後の盛衰が大きく変わることは予想に難くありません。

評判(激務?年収は上がる?)

働き方・激務度

プロジェクト次第、と言ってしまうとそれまでですが、OpenWorkのクチコミを見てみると、上場と法令改正にあわせて労務管理をかなり厳しくやっているようです。

こちらの記事(Big4とアクセンチュアの激務度比較)のように今度、他社とも比較してみますが、コンサル各社が働き方改革に力を入れているのは事実です。

ただ、改善はされていても各現場では残業も引き続き多く、OpenWorkには実際の社員の声が多く掲載されています。

ベイカレントコンサルティングのクチコミでは、「激務で深夜までオフィスで仕事している」といった声は、ほとんど見受けられませんでした。(炎上案件は別とのこと)

これは、ベイカレントコンサルティングの特徴が影響していると思います。
1.IT系のプロジェクトが多い
2.コンサルタントと営業担当の分業

1.IT系のプロジェクトが多く、クライアント先が定時で業務を終えるのに合わせてベイカレントの社員も会社を出る為、業務終了時間が明確になっていること。

2.この分業は、多くのコンサルティングファームでは現場でプロジェクトに従事しているコンサルタント(マネージャー以上)が提案を活動を一緒にしています。

当然、日中はクライアントとの会議や各種連絡、進行中プロジェクトの資料作成に追われています。

業務終了後に提案資料を作成し、上司に確認を依頼して修正する等を進める為、業務が深夜に及ぶことも多くなります。

ベイカレントコンサルティングは営業とコンサルタントが分業している為、この提案活動をコンサルタントが負わない為、業務時間が少なくなっています。(営業との会議や情報連携はありますが、全部やるよりは少ない)

年収は上がる?

コンサルタントやSI等の経験がある場合は、年収200~400万の年収UPも多いそうです。

4月に入ってから、ムービンやアクシスコンサルティング等、コンサルタント向けのエージェントと会話しましたが、提示年俸は引き続き高く、前職+200~400万は出ているとのことでした。

元々、ベイカレントコンサルティングは他社から大幅に年収を上げて人材を引き抜き、急成長を遂げてきた会社です。

Big4・アクセンチュアを始めとしたコンサルティング会社やSIer等に勤め、ITや業務系のプロジェクトに専門性がある年収を上げたい方は、必ず検討候補に入る会社と言えます。

Withコロナ時代の転職活動成功のポイント!

新型コロナウイルスの流行により、転職市場は1次的に止まりましたが、顧客のデジタル化や働き方改革のニーズはより強まり、ベイカレントをはじめデジタルに強いコンサルティングファームは採用を強化しています。

私達にも、各転職エージェントから求人の提案が届いています。
特にDX系案件やBPO推進役などが多いですね。

こうした状況での転職活動では、転職エージェントの力を借りて効率的に進めることがとても大切になります。

ポイント1:プロジェクトが取れている部署を知る
新型コロナウイルスの流行後、プロジェクトが取れている/取れていない部署の明暗が如実に出るようになりました。

入社後に長期アベイラブルになることを避けるために、求人元の部署が案件を取れているか、事前に確認が必要です。

ポイント2:求人意欲を確認する
求人にも様々な背景があります。
経験者採用のみ、マネージャー以上の採用のみなど、求人票に書かれていない企業の求人意欲を事前に確認しておくことが大切です。

ポイント3:最新の転職成功者の経験やスキルを知る
最後に、新型コロナ流行後の転職成功者の経験やスキルを知っておくことが大切です。

完全に同じ経歴になることは難しいですが、評価されたポイントと近い経験や能力を伝えることで転職可能性を上げることができます。

この3つのポイントを転職エージェントに確認することで効率的に成功確率
を高めて転職活動を進めることができます。

ただし、専門性がない・営業活動として捌きにくる転職エージェントには、以下の条件を明確に伝えましょう。

  • 目的を明確に伝える(情報収集・転職活動など)
  • 企業から直接聞いた生の求人情報を知りたいこと
  • 直近の転職成功者の経験やスキルを知りたいこと

有効求人倍率など、一般論しか話さないエージェントは要注意です。
*有効求人倍率はハローワークの求人数と応募数の割合です。ハローワークで紹介される警備員や建築現場作業員の求人倍率が、コンサルタントに紹介される求人の動向として参考に足る情報とはいえないでしょう。

企業から直接聞いている具体的な生の話を確認しましょう。

転職ノート
編集部

転職エージェントに営業として捌こうとしてくる人も多いのも実態です。
私達もよく出会いますが、面接日程調整の丸投げやどのエージェントでも見るような求人しか出してこないエージェントには「他社との差がないこと」「●●をしてほしい」と自分の意思を伝えています
皆さんも転職エージェントとはお互いに敬意を持てる誠実な関係が築けるといいですね。

コンサル業界への支援実績No1:アクシスコンサルティング

<1分で終わる登録方法はコチラ>

アクシスコンサルティングはベイカレントをはじめ総合系ファームなど、コンサル・IT業界への転職に特化した転職エージェントです。同業界への転職支援で豊富な実績があります。

各ファームのパートナーや人事から話を直接聞いており、コンサル業界全体の転職動向から各ファームで必要なスキルや経験をよく理解しています。

また、転職を日々支援するなかで、転職後に失敗してしまう方の傾向やコンサルタントの次のキャリアを含めて提案ができるのは業界特化の転職エージェントならではです。

  • ベイカレントの年収や働き方などの話を気軽に聞いてみたい
  • ベイカレントをはじめコンサルタントのキャリアを相談したい(転職は未定)
  • 過去に転職した人が評価された経験やスキルを知りたい
  • ベイカレントに合わせた職務経歴書の添削やケース面接対策をして欲しい

こういう方は、転職活動していなくても気軽にアクシスコンサルティングに相談してみてください。

求人数と転職支援実績No1:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、言わずと知れた転職エージェントの最大手です。

リクルートの圧倒的な営業力で企業から多くの求人を獲得しています。
また、企業側から見ても紹介数が多い企業を雑には扱えないので、年収や入社日などの条件交渉も強く、転職者に代わって交渉してくれます。

比較的に短期で転職を決めようとする傾向にはあるので、出来るだけ短期間に転職を決めたい方にオススメです。

  • 初めての転職で職務経歴書や面接準備を手厚く準備したい
  • Big4系やアクセンチュアなど幅広く求人を知りたい
  • 転職活動を引っ張ってもらい短期で転職先を決めたい

こういう方は、リクルートエージェントに登録しましょう。

転職サポートが手厚い:doda

1~2回目で職務経歴書や面接に自信が無い方には、dodaはオススメです。類似経験が書かれた職務経歴書のフォーマットを送ってくれたり、個別相談や自己分析支援など、中長期的に転職活動を手厚くサポートしてくれます。

手続きのシステム化が進んでおり、マイページを持つと求人の提案が続々と来ます。興味ある案件を「お気に入り登録」していくと、だんだん希望に沿った求人が届くようになります。

ベイカレントの転職を相談すると同時に、近い年収や条件の提案をもらえるので、早めに登録しておきましょう。

  • 初めての転職で職務経歴書や面接準備を手厚く準備したい
  • ベイカレントを中心にコンサルキャリアの可能性を広げたい
  • 自分のペースを大切にしつつ、色々と相談したい

dodaは紹介求人数が多く、サイトで自分で探すこともできます。
また連絡やサポートが丁寧で、営業っぽくしないので編集部メンバーも毎回使うメンバーが多いです。こういう方は、dodaに登録してみてください。

私達も転職活動の時に、複数の転職エージェントに登録します。
複数に登録すると転職エージェントが手元にある求人だけ提案してきている(=他のエージェントと案件がかぶっている)かが分かります
他社と差がない、魅力がない、ということをキチンと伝えて転職エージェントにやる気を出してもらうことも転職活動で大切なポイントになります。
全部に全力投球する必要はありませんが、メイン1社・サブ2社ぐらいは登録しておきましょう。

まとめ

ベイカレントコンサルティングの業績・評判・転職ポイントはコチラです。

・サービスは3つに分かれる

  1. 戦略・ビジネスプロセスコンサルティング
  2. ITコンサルティング
  3. システムインテグレーション

・全体の65%が②ITコンサルティングと③システムインテグレーション

・会社は戦略案件とデジタル案件の拡大に注力

・業績は毎年20~30%の成長

・営業とコンサルタントの分業

・コンサルタントがプロジェクトの推進と提案活動を兼務しないため、比較的ホワイト(但し、プロジェクトによる)

・中途の場合、年収は数百万単位で上がる(特に、ITやコンサルティング経験者)

興味のある方は転職エージェントに登録して、ご自身の経験での転職可能性や年収の上がり幅を確認してみると良いでしょう。

他にもベイカレントコンサルティングへの転職に向けた記事をコチラに纏めていますので、御確認ください。

厳しい時期が続きますが、皆さんの転職活動のお役に立てれば嬉しく思います。