監査法人

監査法人の公認会計士の非常勤!年収(時給)と求人の探し方3選

会計士の非常勤勤務の求人はジャスネットキャリアで探す!

非常勤勤務の求人は、公認会計士・税理士・経理専門の転職エージェント”ジャスネットキャリア”に相談するのが確実です。

業界専門なため、常勤→非常勤/非常勤→常勤とどちらの転職も支援した実績から、両方の立場のメリット/デメリットを教えてくれます

求人の確認だけでなく、中長期的なキャリア形成を先人の実績をもとに相談できるので、ちょっと今のキャリアに不安がある方は相談してみると安心できると思います。

公式サイト:https://career.jusnet.co.jp/

こんにちは。転職note編集部です。

私は大手監査法人で5年以上勤務して、現在は退職して先輩と独立しています。まさかコロナで大変なことになるとは思っていませんでしたが、何とか先輩・友人と協力して逞しく生きています!

私の友人には同じように独立したり転職、非常勤バイトをしている友人も多いので、そんな友人達の声も含め、実際に働いている立場から御紹介したいと思います。

合格者数減少と働き方改革、また近年の不正に伴う手続きの増加等によって、どの監査法人も人手不足の状況であることは会計士の皆さんも身をもって経験されていると思います。(それはもう本当に)

一方、人手不足を受けて非常勤勤務の会計士の時給も上がっており、非常勤で監査をしながら独立する方も増えています。

今回は「非常勤勤務の会計士」と「常勤の会計士」を報酬・ワークライフバランス・キャリアの観点から比較して、「監査法人の非常勤がオススメの理由」と「非常勤のできる監査法人の探し方」をご紹介します。

本記事の想定読者

  • 公認会計士として独立する方(又は既に独立されている方)
  • 仕事をセーブしつつも、ストレスなく高収入を得たい方
  • お子さんのいる、女性会計士の方

監査法人の非常勤勤務を探されている方、ワークライフバランスを高めたい方には、参考になる記事だと思います。

監査法人の非常勤って何?

普通に常勤の人と同様に監査をします。
大手では、上場企業の監査をすることが多いでしょう。

雇用形態が業務委託契約というだけで、多くの場合が1年毎に契約を更新となります。

だったら「常勤の方がいいのでは?」と思うかもしれませんが、”非常勤だからこそのメリット”を御紹介します!

会計士に監査法人での非常勤がお勧めな5つの理由

私達の立場から見て、監査法人の非常勤バイトに5つのメリットがあります。

  1. 給料(時給)が2倍になる
  2. 拘束時間が短い
  3. 人間関係のストレスが少ない
  4. 主査(インチャージ)を任されない
  5. 人脈が広がる

メリット①. 給料(時給)が2倍になる

聞いたことのある方も多いかもですが、監査法人の非常勤勤務は給料が非常に高いです。

その情報が本当なのか、実際にJICPA Career NAVIで調べてみました。
平均で時給4,500円~8,500円程度(2020年4月2日時点)です。

出典:JICPA Career NAVI)

監査法人毎に時給に幅(例:時給6,000円~8,000円等)を持たせて掲載していますが、今回は低い方の時給で集計しました。

グラフからも分かる通り、各社5,000円弱~9,000円弱と幅がありますが平均時給は6,450円でした。

専門的な知識や経験を用いたお仕事ですので時給水準も高いですね。
念の為に、一般的な会計士の時給と比較してみましょう。

私の場合は、監査法人5年目(シニア)だった時、年収は600万強でした。
月間の営業日22日×1日稼働時間8H=176H
176H×1.3倍(残業分)=228H
228H×12ヶ月=2,745Hが年間の稼働時間になります。

仮に年収650万円として650万÷2,745H=2,367円(端数切捨て)です。

実給与の時給2,745円と4,500~8,500円の比較なので2~3倍の差になります。

給与は2~3倍になりますが、その分の福利厚生や退職金等の積立はなくなりますので、その点は覚えておきましょう。

メリット②.拘束時間が短い

監査法人と非常勤勤務の契約をする場合、拘束時間を短くすることが可能です。私が他の監査法人と面談した時に出た話を紹介しますね!

面談では、勤務日数・残業・業務内容を確認します。
今の求人を見ても、6時間勤務や週2~の勤務等、勤務時間が短い法人があります。

求人と働き方の事例

■監査業務
・会社法監査 株式公開準備の監査
・財務諸表などの社会的信頼性を獲得するための監査

■支援業務株式公開
・中小企業サポート(事業計画作成等)、
 内部統制構築・整備、
 財務調査、事業承継、グループ会社の再編、事業再生、
 M&A又はMBO、IFRS導入支援

■想定年収
・500~800万円(勤務時間による)
*出社時間等は適時ご相談

■非常勤の一日の働き方(例)
<閑散期の場合>
・10時:出社・業務開始(責任者より業務内容の指示を受けます)
・12時:お昼休憩
・13時:業務再開
・18時:退社

<繁忙期の場合>
・10時:出社・業務開始(同上)
・12時:お昼休憩
・13時:業務再開
・19時~20時:退社
※決算期には監査のサポート業務が集中し2~3時間ほどの残業になる場合があります。

拘束時間を短くできることは、会計士にとっても非常にありがたいですよね!

私の友人達も独立や結婚、短期的に稼ぐ等、様々な理由で非常勤を考えたと言っていました。

転職note
編集部

私が契約させてもらった監査法人も繁忙期以外は6時間勤務でした。
(9時半~16時半までの6時間勤務)

ランチ代(1,200円)は別途支給されます。
私は独立志向だったので、1日の決まった時間で生活費を稼がせてもらい、残った時間で独立の準備を進めることが出来ました。

時間があることで、自分のやりたいことができますし、急用にも対応できるのでありがたかったです。

実際、私が勤めさせていただいた監査法人では、ママさん会計士が多く活躍されていました。皆さん非常に働きやすそうでした。


監査法人出身の方は皆さん身に染みて感じていると思いますが、どうしても繁忙期は纏まった勤務時間が必要になります。

肉体的にも精神的にもきついですよね。
働き過ぎて「身体を壊す」ことが頭をよぎったこともあると思います。

非常勤であれば、そうした激務から距離を取り、短期的に収益をあげられるのが大きなメリットだと思います。

メリット③.人間関係のストレスが少ない

正規雇用で働いていると、上司やパートナー、同僚等、「人間関係」でストレスを感じることも多いですよね。

特に監査法人での業務はチームで動き、「コミュニケーション」が必要になり、人間関係で悩まれた方も多いのではないでしょうか。

非常勤で勤務する場合、人間関係のストレスはほとんどありません。

実際に働いていたのでよくわかりますが、「非常勤」なので監査法人内部の上下関係とは無縁になります。

もちろん仕事上の体制はあり、作業の指示をもらう方はいますが、常勤の時のように”必要以上に気を遣う”必要はなくなります。

私が働いた時は、パートナーとの距離も非常に近く、大手監査法人時代(常勤時代)に比べて、人間関係のコンフリクトが起きづらく、とても働きやすかったです。

非常勤職員は「業務を委託される側」ですが、非常勤だからといって雑な扱いをされるわけでもありません。

そもそも人手が足らなくて募集をされているので、非常勤でも簡単に止められたら困るのは雇っている方も同じです。

立場の違いはありますが、お互いに「気持ちよく働きたい」という点は同じです。

人間関係にストレスを持たずに働きたい!という方には、非常勤はオススメです。

メリット④.主査(インチャージ)を任されない

基本的に、主査は常勤の会計士が担当します。

非常勤会計士は、1人の作業者(スタッフ)として監査に従事することになります。

これはとても楽な気持ちでいられますよね!

例えば、次のような業務は任されません。

  • パートナーの日程調整
  • チームメンバーのアサイン調整
  • 監査計画の立案
  • 監査調書のレビュー
  • 審査
  • 飲み会
  • 必要以上のコミュニケーション


社内調整等の中間管理職的な業務が一切不要になります。

基本的には、振られた作業だけをしていれば大丈夫です。

ありがちですが、帰宅後や休日に「あれ大丈夫かな?」と心配になることもなくなり、精神的にも安心できます。

転職note
編集部

新人時代に戻ったような感覚もあり、「こんな仕事で、こんなに給料もらって良いのかな?(しかも超高給)」という感覚もありました。

ただ「サボっていい」というわけではありません。

働きぶりが悪ければ、当然ですが非常勤の方が雇用契約の見直しという話にもなります。

当然ですが、社会人としての信頼関係を大事にしたうえで、短時間に高い時給で働けるのでオススメしています。

メリット⑤.人脈が広がる

「非常勤」を多く採用している法人は、特に中小の監査法人に多いです。

中小の監査法人は長く非常勤を続けている方もいますが、多くの方は2・3年単位で入れ替わります。

その為、(望まなければ深く関わることも無いのですが)これまでにない新しい出会いに恵まれる勤め方です。

こうした非常勤で出会う方というのは、子育て等のプライベートの事情か、独立準備で時間とお金に自由を求める方が多いです。

非常勤で勤める者同士、境遇が似ており悩みも同じなので、他の方がどういう気持ちなのか、何を目指しているのかなど、お互いの状況や意見交換をすることで普段できない話をすることができます。

(なかなか独立の話を常勤で会社勤めをしている方に話しても話が通じない、育児の話を独身の方に話しても話が通じないということも多いものです)

実際、私の場合は、非常勤の方とつながることができたので独立後も情報交換をしたり、最近ではインターネットでの集客方法等の相談を受けました。

会計士が非常勤の仕事を探すならジャスネットキャリアがオススメ!

監査法人会計士の年収と時給!常勤/非常勤を徹底比較

年収・時給の比較対象ですが、非常勤では、インチャージやマネジメントをするケースはあまりありません。

その為、常勤はシニアクラスを比較対象とします。

非常勤の場合も5年程度監査経験を積んだ方に提示される時給と時給から仮定される年収を想定します。

大手監査法人の会計士の時給と年収を常勤/非常勤で徹底比較

大手の場合、常勤のシニアクラスだと残業をしない場合だと600万~700万程です。
残業がない場合の月給は35万~40万程度です。

非常勤の場合は、大手の場合は中小よりも時給が低いことが多く5,000~6,000円程度が相場になります。

仮に時給5,000円と仮定すると1日7時間勤務で日給35,000円です。
1カ月を20営業日とすると月給が70万程になります。

仮に大手監査法人の概ねの年間休日120日程度を除いて年収を試算すると、(365日-120日)*7時間*5,000円=857万円程度になります。

常勤のシニアクラスの600万~700万に比べると150~250万円(3割~4割)程度、非常勤の方が年収が高いです。

中小監査法人の会計士の時給と年収を常勤/非常勤で徹底比較

中小監査法人の場合は、クライアントの報酬水準が低いことが多く、固定費である常勤の会計士を雇う余裕がないケースがあり、非常勤の会計士の方が多い監査法人もあったりします。

通常の時期は最低限の人員で業務を回して、繁忙期の稼働分を非常勤勤務の会計士を雇用して監査するのです。
中小監査法人の常勤では、報酬面で大手に劣ることが多く、600万程度のケースが多いです。

一方で非常勤は、短期的でも雇わないと仕事が回らなくなるので、大手以上に高いことが多いです。
その為、時給は6000円以上、日給は5万円以上が相場です。なかには時給8,000円~10,000円といった案件もあります。

仮に時給8,000円と仮定すると1日7時間勤務で日給56,000円です。
1カ月を20営業日とすると月給が112万程になります。

大手監査法人と同様に年間休日120日程度を除いて年収を試算すると、(365日-120日)*7時間*8,000円=1,344万円程度になります。

常勤のシニアクラスの600万~700万に比べると150~250万円(3割~4割)程度、非常勤の方が年収が高いです。


だた、上記に記載したように繁忙期のみの稼働が多く、年間を通じて働ける場合は少ないかと思います。

常勤と非常勤を比較すると7割程度非常勤の方が高く、圧倒的に非常勤の方が報酬面は高いです。

上記のように単に時給という面だけ比較すると常勤よりも非常勤の方がよいようにみえます。

ただ、常勤の会計士のように組織に守られているわけではなく、自分で払う様々な経費が必要になるなど注意が必要になります。

その点を次の「非常勤のデメリット」で御紹介しますね。

監査法人の公認会計費の非常勤求人を紹介

監査法人の非常勤求人①

■仕事内容
・監査、保証業務
・株式公開支援業務
・FAS業務
・その他コンサルティング業務

■想定報酬
1日(概ね実働7時間)につき、公認会計士 51,000円(消費税込)
日曜日、祝祭日において勤務した場合、59,000円(消費税込)
※年間概ね60日程度の勤務を予定しております(要相談)
※交通費等は別途当法人所定の規定による。

監査法人の非常勤求人②

■仕事内容
単体経理業務・決算業務の支援(売上・総勘)
売上・AR、単体決算手続きにかかる以下の業務
(請求伝票のレビュー、仕訳帳票のレビュー、決算値レビュー、連結パッケージのレビュー、法定開示資料の作成・レビュー、役員報告資料の作成・レビュー、会計監査対応、税務調査対応など)

■想定報酬
時給 ¥7,000 〜
月収例 112万0000円(7,000円 × 8時間 × 20日)+残業代
*交通費支給

監査法人の非常勤求人③

■仕事内容
(1)コンサルティング業務補助
株式公開を目指しての内部管理体制の構築支援
(2)税務顧問
決算書の作成から法人税申告書・消費税申告書・地方税申告書の作成
(3)株価評価
税務的な株価評価DCF法などによる法人の株価評価業務
(4)連結決算支援
連結決算のスピードアップを行うため問題点の抽出から実際の業務支援
(5)企業再生支援業務
企業の経営改善のための資産査定から「経営改善計画」作成、月次決算までのフォロー

■想定報酬
時給 ¥8,000 〜
月収例 128万0000円(8,000円 × 8時間 × 20日)+残業代
*交通費支給

会計士が非常勤の仕事を探すならジャスネットキャリアがオススメ!

非常勤をはじめとした会計士のキャリア相談は基本的に大手の転職エージェント(リ●ルートやdda)は止めておいた方がいいでしょう。私達の経験では専門性が低く、アドバイスや対策が不十分なことが多いです。

会計士の方々には監査法人でのキャリアの他にも事業会社やFAS・戦略ファーム、独立等の様々な選択肢があります。年齢やライフスタイル、志向性に合ったキャリアのアドバイスをするには、会計士のキャリアに対する専門性が必要です。

特にジャスネットキャリア等の会計士へのキャリア支援に専門性の高い転職エージェントは非常勤のキャリア選択肢の他にもコンサル・独立と様々なキャリアに対して過去実績をもとにしたアドバイスができます。

業界や職種を絞ることで、会計士のキャリアを支援した実績を積むとともに転職先企業に対する知識も積み重ねているからこそできることです。

ジャスネットキャリアは1996年の創業以来、公認会計士や税理士などのプロフェッショナルに向けたキャリア支援を続け、登録者数は57,000名を超えています。

一度の転職ではなく、「プロフェッショナルの生涯価値の向上」を掲げて相談者の満足度にこだわって責任感のあるサポートをしてくれます。

会計士で非常勤をはじめ、次のキャリアを考えている方は登録して相談してみてくださいね!

監査法人で会計士が非常勤をするデメリット2つ

非常勤のデメリット

  • 非常勤契約が有期雇用なので長期的に安定しにくい
  • 公認会計士協会の会費や社会保険料等の出費が増える

デメリット①.非常勤契約が有期雇用なので長期的に安定しにくい

引続き新型コロナウイルスの流行が続きますが、明らかな人材不足で非常勤アルバイトの求人も潤沢にでています。

ただ、かつてリーマンショク(2009年頃)の時には、日本経済の大幅な低迷に合わせて、非常勤勤務者の契約は打ち切られ、常勤勤務者にも希望退職が募られたという話も聞きます。

このように、非常勤での雇用契約は、景気に左右されます。

また、大きな失敗をしたり、雇用先企業になじめない場合に、契約を継続してもらえないことがあります。

その為、中長期的な視点で非常勤勤務を続けるというのは難しい場合もあります。

ただ、そもそも非常勤勤務事態をずっと続けたいという方よりは、一時的な選択肢として考えている方の方が多いと思いますので、あまり大きな問題ではないでしょう。

現実的に考えて、一人で非常勤だけを頼りに生活するよりは、独立していて軌道に乗るまでの1次的な選択肢、旦那さんの年収も期待できる、等が前提にある方がおおいのではないでしょうか。

なにより(会計士の皆さんは重々御存じだと思いますが)どの監査法人も人手不足なので、よほどの失敗や不正をしない限りは契約を切られたり次の契約先が無くなることはないでしょう。

デメリット②.公認会計士協会の会費や社会保険料等の出費が増える

非常勤で働くもう一つのデメリットは「自己負担が増える」ことですね。

常勤時代には勤めていた監査法人に負担してもらっていた費用を自分で払わなければいけません。

例えば、「公認会計士協会の会費」や「社会保険料」です

まず「公認会計士協会の会費」ですが、皆さんご存じのとおり、公認会計士は公認会計士協会への登録が必要で、入会金と年会費(本部会費・地域会費)を支払わなければなりません。

入会時に入会金を支払えば、年会費のみになります。

常勤の間は、入会金・年会費のどちらも監査法人が負担してくれるケースが少なくありません。

非常勤になるとその費用は自分で払うしかありませんから、年間で12万円ほどの出費が必要になります。

その他にも、「社会保険料」や「国民健康保険」も自分で支払うことになります。

時給が高いメリットがある一方で、自分で支払うお金も増えることも知っておきましょう。

非常勤の仕事・働き方を知りたいならジャスネットキャリアに相談しよう!

非常勤をはじめとした会計士のキャリア相談は基本的に大手の転職エージェント(リ●ルートやdda)は止めておいた方がいいでしょう。私達の経験では専門性が低く、アドバイスや対策が不十分なことが多いです。

会計士の方々には監査法人でのキャリアの他にも事業会社やFAS・戦略ファーム、独立等の様々な選択肢があります。年齢やライフスタイル、志向性に合ったキャリアのアドバイスをするには、会計士のキャリアに対する専門性が必要です。

特にジャスネットキャリア等の会計士へのキャリア支援に専門性の高い転職エージェントは非常勤のキャリア選択肢の他にもコンサル・独立と様々なキャリアに対して過去実績をもとにしたアドバイスができます。

業界や職種を絞ることで、会計士のキャリアを支援した実績を積むとともに転職先企業に対する知識も積み重ねているからこそできることです。

ジャスネットキャリアは1996年の創業以来、公認会計士や税理士などのプロフェッショナルに向けたキャリア支援を続け、登録者数は57,000名を超えています。

一度の転職ではなく、「プロフェッショナルの生涯価値の向上」を掲げて相談者の満足度にこだわって責任感のあるサポートをしてくれます。

会計士で非常勤をはじめ、次のキャリアを考えている方は登録して相談してみてくださいね!

監査法人の会計士の転職事情

続いては監査法人に勤める会計士の転職事情を御紹介します。

株式会社CPAコンパスが発行している「会計士白書2019年」版をもとに、監査法人に勤める会計士が歩むキャリアを御紹介します。

どれぐらいの人数の会計士がいつ退職して、非常勤という形態を選んでいるのか?と実態に迫って御紹介できればと思います。

会計士が監査法人を退職した後のキャリアは?

会計士の方は監査法人を退職後、約78%の方が転職して、別の会社でキャリアを積み上げています。

皆さんも感覚的にあると思いますが、50%以上の方が入社2~4年以内と終了考査のタイミングで転職を考えています。

よって、退職時の職階もスタッフやシニアスタッフ等が全体の72%と大半を占めます。

会計士が監査法人を退職した理由は?

監査法人を退職した理由はコチラに纏めていますので、興味がある方はコチラも御確認ください。

会計士が監査法人の非常勤求人を探す方法

非常勤監査法人の探し方には、次の3種類があります。

非常勤を募集している監査法人の探し方
  1. JICPA Career Naviで探す
  2. 知人の会計士の紹介
  3. 【おすすめ!】会計士のキャリア支援に強いエージェントに相談する

①.JICPA Career NAVIで探す

こちらは、日本公認会計士協会(JICPA)が提供するサービスです。
公認会計士または公認会計士準会員(会計士補)であれば、無料で利用できます。

手順は、以下の通りです。

  1. JICPA Career Naviにアクセス
  2. 左のメニューにある「登録がまだの方」というボタンをクリック
  3. 「個人情報保護」の確認項目にチェックを入れ、次に進む
  4. 各種情報を入力し、完了

これで、日本公認会計士協会が提供する求職情報を閲覧できます。
ただ、会計士協会は休職案内が本業ではないため、紹介している求人が非常に少ない、という側面があります。

会計士協会は求職案内が本業ではないので、しかたないのですが、「時給の良い求人がない」「家から近い法人がない」など、必ずしも希望に合った求人を見つけることができない場合があります。

②.知人の会計士に紹介してもらう

特に、大手監査法人では表立った募集をしていません。
組織が大きいので辞める人も多く、辞める方のなかから非常勤で再雇用することができるからです。

監査法人に勤められている方であれば、元同僚から声がかかったり、同僚が声をかけられたという話を聞いたりすることもあると思います。

大手監査法人は顧客も多く、既に繁忙期はかなり激務に働いている関係で、非常勤の人員を求めているのも実情です。

こうした大手監査法人は、紹介から面接を経て契約となります。

ただ、この方法も実現するのに、いくつかの難しい点があります。

  • そもそも、大手監査法人に知人がいて、知人が紹介できないとダメ
  • 紹介はイレギュラーなので、非常勤の契約締結までに時間がかかる
  • 友人との関係があるので、面接に進んだ後に断りづらい
    (更に自己都合で辞めにくい)

友人との関係性が必要になるのと、友人の顔は立てないといけないのは難しいですよね。

③.会計士のキャリア支援に強い転職エージェントを使う(おすすめ)

一番、オススメなのは”転職エージェントで探す”です。

非常勤の求人を探すのに、転職エージェントを使うのは、あまりイメージがないかもしれませんが、監査法人は「常勤」「非常勤」変わらず、転職エージェント経由で募集しています。

私も登録してお話を伺った感想をもとに会計士のキャリア支援に強く、非常勤の求人にも強い転職エージェントを御紹介します。

非常勤の仕事・働き方を知りたいならジャスネットキャリアに相談しよう!

非常勤をはじめとした会計士のキャリア相談は基本的に大手の転職エージェント(リ●ルートやdda)は止めておいた方がいいでしょう。私達の経験では専門性が低く、アドバイスや対策が不十分なことが多いです。

会計士の方々には監査法人でのキャリアの他にも事業会社やFAS・戦略ファーム、独立等の様々な選択肢があります。年齢やライフスタイル、志向性に合ったキャリアのアドバイスをするには、会計士のキャリアに対する専門性が必要です。

特にジャスネットキャリア等の会計士へのキャリア支援に専門性の高い転職エージェントは非常勤のキャリア選択肢の他にもコンサル・独立と様々なキャリアに対して過去実績をもとにしたアドバイスができます。

業界や職種を絞ることで、会計士のキャリアを支援した実績を積むとともに転職先企業に対する知識も積み重ねているからこそできることです。

ジャスネットキャリアは1996年の創業以来、公認会計士や税理士などのプロフェッショナルに向けたキャリア支援を続け、登録者数は57,000名を超えています。

一度の転職ではなく、「プロフェッショナルの生涯価値の向上」を掲げて相談者の満足度にこだわって責任感のあるサポートをしてくれます。

会計士で非常勤をはじめ、次のキャリアを考えている方は登録して相談してみてくださいね!

管理部門特化型のキャリア支援に強いMS-Japanに相談

創業から約30年にわたり管理部門の転職に特化した深い専門性に裏打ちされた手厚い転職サポートが特徴的な転職エージェントです。

私達も相談しましたが、転職の希望条件や実現したいキャリアに対して、的確なキャリア相談と求人提案をしてくれるので、非常勤も含めて紹介される求人が「こういう求人が欲しかった!」という納得感がすごかったです。

実際に非常勤・常勤に関わらず、非常に高い転職決定率を誇っており、大企業からベンチャー企業まで幅広い企業から信頼を得ています。

一人一人のオーダーメードの転職支援が売りなので、「他の転職エージェントでは満足のいく求人が紹介されない」「内定が出そうな求人ばかり紹介される」「年収は高いけど希望の働き方ができる求人が無い」という方はぜひ一度、登録してみてください。

会計士/試験合格者/USCPA特化型の大手エージェント:マイナビ会計士

マイナビ会計士は、会計士/試験合格者/USCPA保有者に特化した転職エージェントです。

領域に特化している為、会計士や資格保有者の転職の悩みに詳しく、同時に大手・中小の監査法人の特徴にも精通しています。

当然ですが、 会計士の非常勤勤務や常勤勤務のキャリア支援実績も豊富にあるので過去の成功事例をもとに様々な要望にあわせたキャリアパスや転職先を紹介できます。

「そろそろ転職活動も考えておこう」と思ったら登録して情報収集から初めてみてください。

どの転職エージェントも会計士のキャリア支援に強みを持っています。

逆に全方位型の転職エージェントでは、会計士の独立や非常勤といったキャリアには知識や経験が足らないことも多く、満足のいくサポートを得るのは難しでしょう。

業界専門のキャリアアドバイザーは会計士の経験や悩み、将来設計にも精通しているので、ゼロから色々と説明しなくても「1を言えば10伝わる」のもコミュニケーションストレスが無く、魅力的なポイントです。

転職note
編集部

個人的に良いなと思うのは、常勤→非常勤/非常勤→常勤のキャリアを支援しているので、両方の立場でメリット/デメリットを話せたことですね。
自分のキャリアにとってどちらがよいかをフェアに考えることができたのが良かったと思っています。

私達は転職活動の時に複数の転職エージェントに登録して各社を「比較・評価」します。比較することで、より良い転職エージェント・求人を探せるのでメイン1社・サブ2社の合計3社は登録しておきましょう。

多くの人が1社だけ衝動的に登録して転職活動をしていますが、「同じ会社でも転職エージェントによって年収やポジションが違った」なんてこともよくあり、本当は年収100万上げて転職できたのに・・・なんてことにもなりかねません。

よって、転職エージェントは3社以上に登録して、紹介求人が魅力的で対応が丁寧なエージェントと関係を作っていくことをやってみてくださいね。

まとめ:監査法人の公認会計士の非常勤!求人の探し方3選

  • 非常勤での勤務では、簡単に給与を2~3倍に上げられる
  • 勤務時間の自由度を上げられる(深夜まで激務をしなくてよくなる、休日の心配事が減る)
  • エージェントを使うと、非常勤の求人を幅広く見つけられる

以上となります。
一方で、景気動向に一時的には左右されるので、ご自身の給与・自由度・リスクのバランスを見て、試してみるといいと思います。

また、実際の案件や情報収集を兼ねて、エージェントに登録だけしてみると具体的な話が聞けて良いと思います。

働き方を自由に選択できるのは、公認会計士の特権だと思います。

私も家族(というかまず結婚ですが、、、)と体調とのバランスを見ながら情報収取をしたいと思います!

参考:監査法人を辞めたい!