監査法人

激務?EY新日本監査法人を辞めたい!やりがい重視の退職理由を徹底調査

EY新日本監査法人からのキャリアを成功させる!

監査法人に勤めていた編集部メンバーが最も使っていたのは、業界に特化した転職エージェントのマイナビ会計士でした。

業界に特化しているので公認会計士やUSCPA取得者のネクストキャリアの選択肢や希望するキャリアに合った求人を教えてくれます。

専門性が高いので話していて余計な説明をする必要もないですし、多くの実績から具体的なエピソードと共にどういうキャリアパスがあるのかを提示してくれました。

求人はいつも出ているわけではなく、企業の採用スケジュールがあったり欠員に応じて出たりするので転職を考えている人は早めに登録して、定期的な情報交換をしておいてくださいね!

転職note
編集部

こんにちは。転職note編集部で公認会計士・税理士のアヤカです。
Big4監査法人で勤務し、FAS系コンサルティングファームへの転職を経て、現在は先輩と開業しています。会計士や資格取得者の転職やキャリアは私の経験も交えて御紹介できればと思います!

今回は、EY新日本監査法人を退職された会計士の方の退職理由を転職を成功させるために必要な準備とあわせて御紹介します。

監査法人ではスタッフ・シニアスタッフ・マネージャーと職階毎に退職理由や職場での悩みは違います。

近年、事業会社でもコンサルティング業界でも公認会計士資格を保持されている方への期待は高まっており、Withコロナ時代でも満足のいく年収や条件を実現できるように、転職のタイミングと準備の仕方を御紹介します。

この記事で皆さんが転職を考えるお手伝いができれば嬉しいです。

Contents

調査内容:EY新日本有限責任監査法人の退職理由

それではEY新日本有限責任監査法人を退職した方の退職理由を御紹介します。

今回はインターネット上の調査と私達編集部が実際に転職した際の経験も交えて御紹介しますね!

EY新日本有限責任監査法人の退職理由
  • 調査方法 :インターンネットリサーチ
  • 調査エリア:全国
  • 調査母数:131人
  • 調査対象:EY新日本有限責任監査法人に就労経験のある公認会計士・会計士
  • 調査年代:20~50代

調査結果:EY新日本有限責任監査法人の退職理由Best3

EY新日本有限責任監査法人を退職した方の退職理由で多かった理由Best3を御紹介します。

実際に勤務した経験がないと気づけないかもしれませんが、どれも EY新日本有限責任監査法人に勤めた経験があるからこその退職理由になっています。是非、参考にしてみてください。

圧倒的に多かったのは、「激務・ブラック」という長時間におよぶ労働時間に関する退職理由でした。特に新卒で入社した方々が多く回答しました。

次いで、「前向きな退職/不満はない」が続きます。
EY新日本有限責任監査法人での経験をある程度積み、今の職場への不満ではなく、新しいチャレンジに向けた転職理由が続きました。

最後に「単純作業(やりがいがない)」といった仕事の内容や仕事に対するやりがいに対する不満が続きます。
これはBig4監査法人ではどこでもBest3に出た退職理由でした。

本記事の後半では、各社の退職理由を紹介していますので併せて御確認ください。

ちなみに、トーマツは「単純作業(やりがいがない)」が1位、PwCあらたも「激務・ブラック」が1位でした。ただ、コメントで語られる内容は同じ「激務」でも内容が少しずつ違うので、興味がある方は各記事を御確認くださいね!

EY新日本監査法人の退職理由 第1位:激務・ブラック

20代・男性
シニア

勤務時間が圧倒的に長く、疲れました。
周囲の上司も長時間労働が常態化しており、この働き方を将来も続けることは不可能だし、私はやりたいと思えませんでした。

ワークライフバランスという言葉はほぼなく、ライフイズワークです。

もちろんそれなりのお給料はもらいますが、上のポジションは詰まり、中途半端なシニマネも多く、退職金もさして多くないことを考えると、プライベートをある程度犠牲にするほど監査業務が好きでプライドのある人でないと続けていくのは難しい業務だと思います。

あと好きを支える圧倒的に強い体力とメンタルが必要です。

30代・女性
シニア

あまりに残業が多いと思います。
特に管理職は、非管理職の労働時間の規制から規定時間内に終わらなかった業務を巻き取ることも多く業務負荷が集中しています。

体調を崩す同僚なども結構いるので、給料が下がってでも、もう少しワークライフバランスを大事にした生き方をしたいと思いました。

お子さんのいない女性は、男性と同じくらい深夜や休日にもバリバリと働かないと評価もされません。

そのため、繁忙期にダウンするのは女性が多いのが実態です。

ただ、それに対するフォロー体制も基本的にないため、ダウン=根性なし、自己管理不足と思われてしまうチームもあります。

30代・男性
マネージャー

基本的に監査に特化しており、監査責任者たるパートナーを目指すのでなければ、何年も職業経験を積む意義は見つからないと思います。

東芝の不正会計を見抜けなかったのは我々の責任なので大きな声では言えませんが、業界として規制が厳格化され続け、士業としての立場の旨みは薄れつつあり、働き方改革の影響もあって管理職はハードワークとなる場合が多く、休職者も珍しくありません。

一方で非管理職は手厚く保護されるため、管理職への昇進を待たずに転職する事を考えている人も多いと思います。

EY新日本監査法人の退職理由 第2位:前向きな退職/不満はない

30代・男性
シニア

会計及び監査の知識を活かして、自分が興味のある業界を盛り上げることに役立てる会計士になりたいと思い、他業界への転職を決めた。

外部企業への出向制度等により監査業務以外に挑戦できる機会はあります。

ただ、基本的には会計監査業務に従事することになるので、幅広い業務経験を積むことは期待しない方が現実的だと思います。

一方で会計監査業務に関するナレッジは社内に蓄積されているので、会計監査業務に対する専門性を身に着け、その経験と知識を活かして次のキャリアにステップアップをしたい方にはよい環境だと思います。

20代・女性
スタッフ

監査する側ではなく、企業での経理業務をやりたくて転職しました。

転職先の企業は、業界のなかでもトップランナーでより多くの方にこのサービスを広めたいと思いました。

自分の経験を活かすことで、このサービスが世に広まる一助になるのが今ではやりがいになっています。

30代・男性
マネージャー

新卒で入った方々は、良くも悪くも次のキャリアを考えて働いている方が多いように思う。

ここので経験をふまえて、それぞれがチャレンジしたい業界・企業に転職する人が多い傾向にあるように思う。決して退職する理由がマイナス面だけというわけではない(と思いたい)を。

一定の経験を経て、やりたいことがアカウンティングファームで達成できないから、転職するといった前向きな転職理由が多い。

私も労働時間・給与条件だけでなく、企業の取組みやポジションで期待される役割等も含めて期待していたオファーを貰えたので転職することにした。

EY新日本監査法人の退職理由 第3位:単純作業(やりがいが無い)

20代・男性
スタッフ

監査業務は、誰が実施しても同じ結果になることが求められ、クライアントに対して付加価値を提供するのが難しい。

近年は東芝問題もあり、法人内でのモニタリングが年々厳しくなり、要求事項も増え続けています。

最近ではこのようなモニタリング対応のための調書作成も多く、クライアントに付加価値を提供できる業務は更に減ってしまいました。

転職で事業会社に転職される方もいれば、コンサル/アドバイザリー会社へ転職してスキルアップを狙う方もいます。

新日本監査法人はリーマンショック前に積極的採用したにもかかわらず、リーマンショック後に400人の早期退職者を募集したこともあり、安定とは言い難い職場であるとも思います。

30代・女性
シニア

監査に限界を感じました。

基本的にはクライアントに資料を依頼して提出されたものをチェックしていきます。この作業の繰り返しにやりがいを見つけることが難しかったです。

主査を数年勤めれば自然と飽きがきてしまう人をたくさん見てきました。

さらに社内外の要請で資料作成が膨大になっており、それがシニア層を苦しめている大きな要因になっていると感じます。

また、監査法人でのキャリアのゴールにあたるパートナーへの昇進は年々厳しさを増す一方で、現場で激務を一手に引き受けるマネージャー・シニアマネージャー層の辛い感じは非常に憂鬱に映る。

戦略ファームやFAS系のファームなど次のキャリアに挑戦するシニアが多いのも実態です。

EY新日本監査法人の退職理由 その他

EY新日本監査法人の退職理由:長期的なキャリアが描けない

30代・男性
スタッフ

監査業務は業務内容的にも必要な体力・メンタル的なタフネス的にも一生続けるのは自分にはできないなと思いました。

監査法人という組織も特殊で、入社した時から次のキャリアを考えている人も多く、優秀な人程早く辞めてしまいます。

その中で残った人達と監査業務で背負うべき責任を共に、かつ長期的に背負うのは、かなりリスクが高いと判断しました。

EY新日本監査法人の退職理由:成長できない

20代・男性
スタッフ

修了考査が終わりシニアに上がるか、外に出るかの選択のタイミングで退職を決めました。

恐らく社内に残ってシニアに上がっても給与が少しあがるだけで積める経験はそこまで変わらないだろうなと。実際当時の同期と話をしていてもその仮説は正しかったと考える。

また、転職してから一般的なビジネスの場で詰んだ経験は、監査法人では経験できなかったことですし、新しい環境に飛び込むのも若いうちでないとできないので良い判断だったと思っています。

EY新日本監査法人の退職理由:社風が合わない

30代・男性
シニア

最近は業務を効率化して稼働時間を減らす方針が掲げられています。

形式的には効果が表れているように見えていますが、現場が稼働時間が少なく見えるように工夫しているだけで、本質的な改革とはかなり乖離があるのが実態です。

寧ろ、デジタルツールの導入が原因となって、新たな工数が増えるなど効率化を逆に阻害することにも繋がっていることを経営陣は理解していないように考えました。

もちろん、将来的な効率化に向けてデジタルを用いた改革を掲げるのはいいことだと思いますが、日々の業務を担う現場の業務負荷をまず本質的に減らさないと意味がないと思います。

こうしたお題目と現場の乖離が大きく、品質よりも効率化を求めるような改革施策が嫌になってきてしまい、退職を考えるようになりました。

EY新日本監査法人の退職理由:報酬不足

30代・男性
シニア

1.最初の頃の待遇は他の企業に比べて高いが、マネージャー以上の年次になると、商社・金融・不動産等の高待遇な企業の新卒総合職に抜かされます。

せっかく会計士の資格を取得して彼等よりも激務な環境で働いていても割に合わない金額です。パートナーにならない限り、上記のような業界に行った方が生涯年収は確実に高いのが実態です。

退職金もパートナー以外は微々たる額で、大した手当てもありません。待遇面の競争優位は上位企業と比較すると確実に劣ります。

2.リーマンショク後に400人の早期退職を募るなど、実は不況の影響を受けることもある業界で終身雇用が保証されません。プロフェッショナルとして仕方ないとも思いますが、パートナーにならない限り長く居れません。

労働時間と報酬のバランスが悪く、長期的に働ける環境ではないので早めに見切りをつけることにしました。

EY新日本監査法人の会計士に転職で人気の転職エージェント

マイナビ会計士は公認会計士・試験合格者・USCPAの方の転職サポートを行なう転職エージェントです。

監査法人に勤めていた編集部メンバーが最も使っていたのは、業界に特化した転職エージェントのマイナビ会計士でした。

業界専門のキャリアアドバイザーが転職希望者に合わせたキャリアプランを提案してくれるので、昔から会計士業界では信頼の厚い転職デージェントです。

一昔前は、口コミや人づてでの転職が多かった会計士業界ですが、近年では専門性の高い転職エージェントも増え、転職エージェント経由で希望に合ったキャリアを実現される方が増えています。(ただし、様々な職種をまとめて扱う大手転職エージェントは、会計士の専門性を転職先にうまく伝えられなかったり、一般的な求人しかない場合も多いので避けた方が良いと思います)

会計士の方は、専門性が高い反面、転職先に専門的な内容を魅力的に伝えきれていないことが多いです。

会計業界に特化してキャリア支援をしているマイナビ会計士であれば、過去の転職成功者の実績から、どこになんといえば最も内定がとりやすいかをよく理解しているので、職務経歴書の添削や面接対策も手厚くサポートしてくれます。

また、私達の経験では求人(ファンドやベンチャー、商社など)によっては、タイミングを合わせないと求人自体が出ないこともあります。定期的に情報交換をしておくことが希望するキャリアを実現する第1歩ですので、無料ですのでまずは登録して情報交換してみてくださいね。

監査法人 会計士の離職率と離職率が上がるタイミング

出典:会計士白書2019年度版

会計士の方を対象に、会計士の過去・現在・未来に関する実態と意識調査をした「会計士白書2019年度版」では、監査法人の離職率は非常に高く、5年以内で50%、7年以内に68%が離職したと紹介されています。

特に若手のうち、終了考査のタイミング、そしてマネージャーに昇進したタイミングでの退職が多く、離職率が上がるタイミングとなっています。

最も転職した割合が高い4年目というのはまさに終了考査のタイミングですよね。

最後に、パートナー昇進もしくはパートナー昇進手前に離職率が上がる傾向にあります。
これは経験が十分になり、顧客との信頼関係ができ、独立しても十分にやっていける準備が整って退職するパターンですね。

それぞれ異なる離職タイミングを詳しく御紹介しますね。

監査法人 会計士の離職率が上がるタイミング:終了考査

公認会計士を目指している方は、論文試験に合格後、実務経験を積むために監査法人で会計士補として就職する方がほとんどですよね。

監査法人で実務経験2年と実務補習で必要単位取得を経て修了考査に合格し、晴れて公認会計士として登録ができます。

この修了考査後に離職する人が最も多く15.9%となっています。
離職理由には、他の監査法人への転職や、一般事業会社への転職が多いです。

なれない?離職率が上がるマネージャー昇進前後のタイミング!

出典:会計士白書2019年度版

監査法人では、早ければ入社7年目30歳前後でマネージャーになっているか、マネージャーに昇格する直前ぐらいになり、そのタイミングで同期のおよそ半数程度が退職していると思います。

いくつかの会社で主査を務め、様々な調整とマネジメントの業務を担うようになっています。

主査を務めると、計画立案や意見形成など今まで経験できなかった業務を担当することになるので、業務のやりがいも出てきます。それと同時に、監査法人でやり切った感も強くなり、このタイミングで新たな環境へのチャレンジやワークライフバランスの見直しをする方も多いタイミングです。

年齢的にもプライベートで結婚や出産というタイミングになる方も多いです。

会計士白書2019年でも約8割がマネージャー以前に転職を決めています。
更にマネージャーで16.6%が退職しています。

更にマネージャーから先のキャリアを真剣に考えた結果、「パートナーまでは目指さなくてもいいか」と新たな自分のゴールを見据える方も多いタイミングです。

なれない?離職率が上がる パートナー昇進前後のタイミング!

監査法人におけるポジションとしては、勤続20年程度ありパートナーもしくはベテランのシニアマネージャーになっているタイミングです。

このタイミングだと、監査法人内でも顔が知られている立場になっています。

一見、辞める理由がなさそうですが、20年法人で経験すると、独立志向の方は準備をしていきます。
組織のなかで働くよりも自分の城を作ることに意義を感じる方もいますし、より自分の意思を優先した働き方が出来るようになります。また、平均寿命が延びる中で早めに自分が長く働ける環境を作っておこうと判断される方もいらっしゃいます。

監査法人でさまざまな経験を積み、信頼を得て、ほかの道を選択するタイミングです。
事業会社の役員クラスへの転身もありますが、税務会計業務やコンサルティング業務、アドバイス業務を自ら行う方も多いタイミングです。

EY新日本監査法人の会計士に転職で人気の転職エージェント

マイナビ会計士は公認会計士・試験合格者・USCPAの方の転職サポートを行なう転職エージェントです。

監査法人に勤めていた編集部メンバーが最も使っていたのは、業界に特化した転職エージェントのマイナビ会計士でした。

業界専門のキャリアアドバイザーが転職希望者に合わせたキャリアプランを提案してくれるので、昔から会計士業界では信頼の厚い転職デージェントです。

一昔前は、口コミや人づてでの転職が多かった会計士業界ですが、近年では専門性の高い転職エージェントも増え、転職エージェント経由で希望に合ったキャリアを実現される方が増えています。(ただし、様々な職種をまとめて扱う大手転職エージェントは、会計士の専門性を転職先にうまく伝えられなかったり、一般的な求人しかない場合も多いので避けた方が良いと思います)

会計士の方は、専門性が高い反面、転職先に専門的な内容を魅力的に伝えきれていないことが多いです。

会計業界に特化してキャリア支援をしているマイナビ会計士であれば、過去の転職成功者の実績から、どこになんといえば最も内定がとりやすいかをよく理解しているので、職務経歴書の添削や面接対策も手厚くサポートしてくれます。

また、私達の経験では求人(ファンドやベンチャー、商社など)によっては、タイミングを合わせないと求人自体が出ないこともあります。定期的に情報交換をしておくことが希望するキャリアを実現する第1歩ですので、無料ですのでまずは登録して情報交換してみてくださいね。

Big4監査法人各社の退職理由の違いをチェック

各監査法人の退職理由の違いを御紹介します。

Big4監査法人全体の退職理由

有限責任監査法人トーマツの退職理由

PwCあらた有限責任監査法人の退職理由

有限責任あずさ監査法人の退職理由

EY新日本有限責任監査法人からの人気転職先と退職金

Big4監査法人の人気転職先と退職金はコチラの記事で御紹介しています。
興味のある方は御参照ください。

EY新日本監査法人からの転職を成功させる転職エージェント

キャリアのプロ!転職エージェントと相談する大切さ

同じような仕事を毎年やる、上が詰まっていて昇進ができない、給与形態として年収が上がりづらい等、監査法人でのキャリアを考え直したい方も多いと思います。

新型コロナウイルスの流行後、先行きが見通せない業界も多いすが、業績を回復・成長させている業界・企業もあります。

求人状況も業界・企業毎に異なるので、転職エージェントに業界毎の求人状況を確認してみましょう。

特に、新型コロナの流行で顧客企業のニーズも変わり、求人で求める経験やスキルが変わっている場合があります。そうした最新の情報を入手するうえでも転職エージェントは役に立ちます。

昔は、転職をする時だけ転職エージェントに登録する方が多かったです。

最近は求人情報がよく変わるので中長期的に情報交換して、次のキャリアに向けた簡単な情報交換から応じてくれます。

会計士/試験合格者/USCPA特化型:マイナビ会計士

マイナビ会計士は、会計士/試験合格者/USCPA保有者に特化した転職エージェントです。

領域に特化している為、会計士や資格保有者の転職の悩みに詳しく、同時に大手・中小の監査法人の特徴にも精通しています。

当然ですが、 EY新日本監査法人からの転職実績も豊富にあるので過去の転職成功事例をもとに様々な要望にあわせたキャリアパスや転職先を紹介できます。

「そろそろ転職活動も考えておこう」と思ったら登録して情報収集から初めてみてください。

  • コロナ後の求人ニーズと背景を具体的に知りたい
  • 過去の公認会計士やUSCPA取得者の転職先を知りたい
  • 過去の公認会計士やUSCPA取得者が評価された経験やスキルを知りたい

公認会計士やUSCPA取得者向けの最新の求人内容、転職成功者の情報を知りたい方マイナビ会計士に登録しましょう。

公認会計士・税理士の求人掲載数最大級:ジャスネットキャリア

ジャスネットキャリアは、公認会計士・税理士・経理色の求人掲載数で最大級を誇る会計業界に特化したプロフェッショナルキャリアの転職に強みを持つ転職エージェントです。

会計職の方の転職ニーズ、採用する側の採用ニーズをよく理解しているので転職後のミスマッチが圧倒的に少ないことで有名です。

会計、税務、経理・財務分野に特化していることにより得た情報と磨いた情報収集力は、ジャスネットキャリアの強力な武器になっています。私達も何度か相談したことがありますが、専門性が高い分、情報は性格ですし、会計職に深い理解があるので、会話がスムーズです。

この求人では、こういう経験ができます。過去に転職された方は、転職後にこういうキャリアを歩まれています、とこれまでの転職支援実績をもとにしたサポートは本当に安心感があるなと思いました。

  • 監査法人から次のキャリアの選択肢を知りたい
  • ゆくゆくは経営に携わりたいがキャリアパスが分からないので相談したい
  • 過去の転職成功者が評価された経験やスキルを知りたい

監査法人での経験を活かしたキャリアを考えたい、自分の選択肢を広げたいという方はジャスネットキャリアに登録しましょう。

経理・人事・法務の転職に強い上場企業:MS-Japan

創業から約30年にわたり管理部門の転職に特化した深い専門性に裏打ちされた手厚い転職サポートが特徴的な転職エージェントです。

私達も相談しましたが、転職の希望条件や実現したいキャリアに対して、的確なキャリア相談と求人提案をしてくれるので、紹介される求人が「こういう求人が欲しかった!」という納得感がすごかったです。

実際に非常に高い転職決定率を誇っており、大企業からベンチャー企業まで幅広い企業から信頼を得ています。

転職回数が1回~5回以上まで幅広い転職回数の方のキャリアサポートが可能です。

一人一人のオーダーメードの転職支援が売りなので、「他の転職エージェントでは満足のいく求人が紹介されない」「内定が出そうな求人ばかり紹介される」「年収は高いけど希望の働き方ができる求人が無い」という方はぜひ一度、登録してみてください。

  • 監査法人での経験を活かした求人を知りたい
  • 管理部門でワークライフバランスを意識した働き方を実現したい
  • 他の転職エージェントでは得られないオーダーメイドな転職支援をしてほしい

こういう方は、MS-Japanに登録してください。

私達は転職活動の時に複数の転職エージェントに登録して各社を「比較・評価」します。比較することで、より良い転職エージェント・求人を探せるのでメイン1社・サブ2社の合計3社は登録しておきましょう。

多くの人が1社だけ衝動的に登録して転職活動をしていますが、「同じ会社でも転職エージェントによって年収やポジションが違った」なんてこともよくあり、本当は年収100万上げて転職できたのに・・・なんてことにもなりかねません。

よって、転職エージェントは3社以上に登録して、紹介求人が魅力的で対応が丁寧なエージェントと関係を作っていくことをやってみてくださいね。

EY新日本有限責任監査法人から非常勤という選択肢

私達、編集部メンバーにも監査法人と契約して非常勤で監査を担っているメンバーがいます。

楽に!楽に!!稼ぎたい方は、非常勤での監査業務が最もオススメです。

例えば、私の場合は、次の条件で働いています。

  • 時給:7,000円
  • 残業:なし
  • 業務:スタッフ業務のみ

月に10日働くと7,000円×8時間×10日×12ヶ月で年収672万になります。(しかも残業なし)

「とにかくストレスから解放されたい」という方は、非常勤を試してみてください。

主査を任されることもなく、与えられた作業をこなすだけでOKなのでストレスはありません。

非常勤を試してみたい!という方はマイナビ会計士に登録すると無料で求人を紹介してくれます。
ぜひ試してみてください。

まとめ

転職note
編集部

EY新日本有限責任監査法人からの退職では、第1位が 激務・ブラック、第2位が長期的なキャリアが描けない、第3位が報酬・年収の低さになりました。
実際に働いていた方々の生の声なので、かなりEY新日本監査法人の特徴をとらえた退職理由になっていると思います。
マネージャー陣や経験豊富なシニアが激務になり、結果的に長期的なキャリアがえがけなかったり、労働時間に見合う報酬が得られないという悪循環になっているようですね。

転職note
編集部

各職位とも「激務・ブラック、長期的なキャリアが描けない、報酬」が転職を考える最大の要因だな。
2019年の会計士白書では4年目の終了考査のタイミングで全体の5割が退職している。
ただ同調査では転職活動を3ヶ月で終えている人が多いが、出来れば転職エージェントとは定期的に情報交換をしておいた方が、転職したい企業の採用スケジュールに合わせて活動が出来るようになるのでオススメだ。

転職note
編集部

一般の事業会社やベンチャー企業、コンサルティング会社では公認会計士という専門資格は、非常に希少価値が高く、重宝されるそうですね。
転職エージェントに相談すると、具体的な企業ニーズをイメージできるようになりますね!

公認会計士からの転職であれば「マイナビ会計士」に登録しましょう。
キャリアのステップアップに向けて、Withコロナ時代の転職成功者やキャリア設計の話を詳しく聞けます。

今は無料登録後にオンラインや電話などで相談できるので、気軽に始めてみてはどうでしょう?

コロナ禍でも求人は出ていますので、まずは情報収集です!