MENU
外資系(一般論)

転職対策!PwCコンサルティング中途組の傾向と通過率:書類選考・webテスト・1次面接・2次面接(ケース面接)・最終面接を受けた体験談と難易度

こんにちは。転職note編集部です。

PwCコンサルティングは、世界4大会計事務所(Big4)のひとつ、プライスウォーターハウスクーパースの日本法人であるPwC Japanグループに属するコンサルティングファームです。

母体となるPwCグループは「社会における信頼を構築し、重要な課題を解決する」というPurpose(存在意義)を掲げており、世界で最も信頼され、存在感のあるプロフェッショナルサービスネットワークになることを目指しています。

実際に社内でもPurpose(パーパス)は繰り返し、社員にメッセージとして伝えられ、の価値観と行動を一人ひとりが意識し、仕事で実践することが求められています。

PwCコンサルティングは組織内に「前身がブーズ・アンド・カンパニーのStrategy&」を持っていますが、今回はPwCコンサルティングの選考プロセスと面接内容、そして対策方法を御紹介します。

PwCコンサルティングは様々な業界やコンサルティングサービスを提供しており、特に近年ではデロイトに迫る勢いで急成長を遂げているコンサルティングファームです。

一方で、デロイトやEY、KPMGとは異なる特徴を持っていますので本記事で御紹介したいと思います。

転職面接を受ける際には「なぜコンサルティング業界か?」「なぜPwCコンサルティングか?」というよく聞かれる質問に答える準備になると思います。

PwCコンサルティングのことを競合他社の研究も含めて理解していただき、転職エージェントに社内事情やプロジェクトの傾向や転職難易度を聞いておくと最新情報をもとに準備ができます。

PwCコンサルティングは国内の各業界における主要企業に、戦略から業務・IT・組織人事までフルラインでサービスを提供する総合ファームです。

コロナで事業環境が大きく変わり、クライアントのコンサルティングニーズが高まり、積極的な採用を続けています。

面接では、ケース面接もあると共に「Whyコンサル?」「WhyPwCコンサルティング?」という質問があります。

PwCコンサルティングをはじめコンサル業界への転職では、よくある質問ですが、他のファームも含めて各社の特徴を把握して、比較し、自分の言葉に落とし込む必要があります。

そこで各ファームの特徴を把握するには、コンサル・IT業界のキャリア支援に特化したアクシスコンサルティングに相談するのが確実です。

長年コンサルティング業界へのキャリア支援をしている為、昔からの経緯を含めて各ファームの特徴を教えてくれ、PwCコンサルティングへの転職相談もすることができます。

まずは話を聞くだけといった気軽な気持ちでも問題ないので、話を聞いてみてください▼

1分で終わる簡単な登録ですPwCコンサルティングへの転職に興味がある方は気軽に相談してみてください!

PwCコンサルティング中途面接の流れ・面接回数

PwCコンサルティング転職組の面接の流れ
(1次→webテスト→2次→最終)

選考は書類選考→Webテスト→1~2次面接→最終面接で進むことが多いです。
(面接の回数は適正や面接内容によって変動する場合があります)

面接官は「1次面接はマネージャークラス」「2次と最終面接は役員クラス(パートナー)」が面接官を担当します。

多くのコンサルティングファームと同じです。

PwCコンサルティング中途面接の内容傾向

ケース面接では、「詰める」ということは少ないようですが、論理的な整合性の綻びについては説明が求められる場合もあります。

人格否定のレベルまでいくことはないようですが「ストレス耐性を見る意味でも、正確さに欠ける点は、しっかりと質問される」という声も一定数あったので、ケース面接の準備は怠らないようにしてくださいね。

短い時間の中で「自分の考えを整理し、質問されても整合性があるように論理を組み立てて説明する」必要があります。

面接の中で聞かれる質問は一般的な内容が多いようです。

  • なぜ転職を考えているのか?
  • なぜコンサルティング業界を志望するのか?
  • なぜコンサルタントになりたいのか?
  • なぜコンサルファームのなかでPwCなのか?
  • PwCに転職して何をしたいのか?
  • 前職で最も出した成果、なぜその成果を出せたのか?
  • 前職で苦労した経験は?
  • PwCコンサルティングでどのようにその経験を活かせるか?
  • 自分の強みは?どのように伸ばしていくか?
  • コンサルタントの仕事には泥臭い仕事もあるが問題ないか?
  • 希望以外のアサインになった時にどうするか?


赤文字以外の質問は他の面接でも準備する内容だと思います。

PwCコンサルティングの特徴を自分なりに他ファームと比較して言語化し「Why?PwC」に答えられるように準備してもらえればと思います。

大事なのは「これまでの経験から何を学び、次にどう活かそうとしているか」と「PwCコンサルティングでのキャリアをどのように捉えて活かそうとしているか」です。

過去の成功や失敗を自分の糧にして次の職場でも再現性高く、仕事で成果を出せるかをきちんと伝える必要があります。

その傾向にもとづいて、実際に聞かれた質問をもとに想定問答を用意していただければと思います。

PwCコンサルティングの中途面接準備

PwCコンサルティングの特徴という意味では、こうした若手社員の座談会などの動画も参考になると思います。

PwCは他のファームよりも「人の優しさ」「ハートウォーミングな関係」が特徴として挙げられることも多いですが、よくわかるエピソードがいくつも紹介されていると思います。

*昔はこうした動画での情報発信をファームがやることは無かったので今の環境が羨ましいですね

PwCコンサルティングのクライアントは銀行・商社・海運・通信・製薬医療・メーカー等、全業界にわたり、誰でもが知っている超大手企業を多数クライアントとして持ちます。

現PwCジャパンの全身はベリングポイントというIT系のコンサルファームですが、2016年以降に急成長を遂げてきました。

その要因は大きく2つあると言われています。

①PwCあらた監査法人が持つ監査クライアント数が他のBig4ファームよりも少ないこと

Big4と呼ばれる監査法人をグループに持つコンサルティングファームは、監査先の企業にコンサルティングサービスを提供することを厳しく制限されています。

提案時には社内のチェックチームに「監査クライアントか?過去に提供したサービスは何か?」等、様々なチェック項目を申請して提案の許可を取る必要があります(これはどのBig4系ファームでも同じです)。

会計系のコンサルティングファームがこうした制約を持つようになった歴史はコチラの記事で御紹介していますので、興味のある方は御覧ください。

PwCジャパンのグループにおける監査法人は、PwCあらた監査法人ですが「Big4監査法人のなかで最も監査クライアント数が少ない」のが実態です。

逆いうとPwCコンサルティングはPwCあらたとの関係性を気にせず、コンサルティングサービスを提供しやすかったという一因があります。実際、監査法人が大きいデロイトやEYは監査クライアントへのコンサルティングサービスの提供がしづらくなっています。

②PwCグループ内の連携が強いこと

PwCグループはPwCコンサルティングファーム内でも部門を横断して連携・協業を良くしています。

更に監査法人の非監査チームやPwCアドバイザリー、Strategy&等、様々な組織とも連携をしてサービスを提供します。

多くのファームが”コラボレーション”や”協力”と言っていますが、実際は売上がどの部門に付くか、クライアントとの関係性を壊したくない等、様々な理由で連携が進んでいないファームが多いのも実態です。

PwCコンサルティングは、2016年当時は所帯が小さかったこともあり、変なしがらみが無く、組織・部門を超えて1つの提案に複数のパートナーが出る等、協業を推進してきました。

クライアントの様々かつ複雑なニーズに、多様な経験や知識を持つパートナーが協力して提案を行い、クライアントを拡大してきました。

こうした特徴を理解して、他のコンサルティングファームと比較することで「Why?PwC?」という質問にも答えられるようになります。

更に面接準備としては、自分が応募するPwCコンサルティングの部署のメインクライアントや注力サービスを把握しておくことをお勧めします。

自分の経験が活かしやすい領域のプロジェクトが無い”完全未経験”でのチャレンジはなかなか大変です。

PwCコンサルティングの主要顧客や主要サービス事前に転職エージェントに聞いて、自分がPwCに転職後にどのように活躍できるのか、自分の力を活かせるかを説明できるようにしておいてださいね。

PwCコンサルティングへの中途面接対策

PwCコンサルティングへの中途面接対策は、コンサル業界への転職支援に特化しているアクシスコンサルティングに相談してみてください。

過去の転職支援実績が豊富で、過去に聞かれた面接の質問を転職先の部署・面接官別に記録していて面接前に教えてくれます。

想定回答も事前に納得感があるか、不足している場合はどういう観点を足したらいいかを具体的にアドバイスしてくれます。一度、客観的な人の目を通すことで、想定問答がブラッシュアップされますので一度相談してみてください。

コンサル業界に特化しているだけあって、他の転職エージェントが持っていない非公開求人を多数持っています。

同じファームでもアクシスコンサルティング経由で応募した方が同じポジションでも年収が高い、そもそもポジションが高い、ということもあるので情報収集だけでも一度相談してみてくださいね!

体験談!PwCコンサルティング中途1次・2次面接の質問

Q.なぜPwCコンサルティングなのか?

A.若手として未経験でコンサルティングファームに転職するにあたり、当然即戦力として活躍しないといけないという思いはあります。

ただ、至らない部分が数多くあるのも事実だと思いますので、キャッチアップする為に努力できる環境がある場所がいいなと思っていた時に、コチラの動画を見て「PwCなら!」と思えたのが動機です。

Q.なぜPwCのHISを希望するのか?

A.グローバルとの連携が他のファームよりも強いように感じました。

この動画を見ていたのですが、国内のクライアントへのサービス提供でもグローバル全体でナレッジを集めてベストな提案ができる環境がありそう、というところに魅力を感じました。

他ファームのHISチームに知り合いもいるのですが、HIS領域だと国内事例に閉じていたり、プロジェクト単位で海外法人と連携する機会はかなり少ないと聞いていたので自分が海外で培ってきた経験とHIS領域の経験の両方を活かせるのではと考えました。

Q.転職を考えた経緯を教えてください

A.前職ではITの開発をしていましたが、仕事をしているなかで「このシステムは本当に必要なのか?」「この要件は何であるのか?」と思っても、なかなか改善や変更の提案ができない状況が続いていました。

あるクライアント様で「流石にコレは・・・」となった時に、ビジネスインパクトを含めて
丁寧に説明して提案を受け入れていただいた時に、大きなやりがいを感じ、そうした体験を最大化してもっとお客様の為になる仕事がしたいと思いコンサルティングファームへの転職を考えるようになりました。

Q.転職後に実現したいことは?

A.まずは前職での経験を活かしつつ、1人前のコンサルタントになりたいとお答えしました。

考え方・説明のし方等、まだまだ身につけないといけないスキルが沢山あると思います。

1日も早くスキルを身に着け、更にプロジェクトのなかで大きな役割を果たせるようになりたいと思います。

Q.希望と違ったプロジェクトにアサインされたらどうする?

A.まずはアサインされたプロジェクトで、最大限パフォーマンスを出すことを考えたい。

まだまだ若手で経験が豊富なわけではないので、希望はあるが、希望自体が正しいかを判断するには判断軸自体の精度が正しいかも定かではないので経験を優先したいと思います。

ただ、やりたいテーマもあったので、そこは質問にお答えした後にお伝えしておきました。

PwCコンサルティングへの中途面接対策

PwCコンサルティングへの中途面接対策は、コンサル業界への転職支援に特化しているアクシスコンサルティングに相談してみてください。

過去の転職支援実績が豊富で、過去に聞かれた面接の質問を転職先の部署・面接官別に記録していて面接前に教えてくれます。

想定回答も事前に納得感があるか、不足している場合はどういう観点を足したらいいかを具体的にアドバイスしてくれます。

一度、客観的な人の目を通すことで、想定問答がブラッシュアップされますので一度相談してみてください。面接で見られるポイント、どの程度の難易度なのかがよくわかると思います。

コンサル業界に特化しているだけあって、他の転職エージェントが持っていない非公開求人を多数持っています。

同じファームでもアクシスコンサルティング経由で応募した方が同じポジションでも年収が高い、そもそもポジションが高い、ということもあるので情報収集だけでも一度相談してみてくださいね!

公式サイト:https://www.axc.ne.jp/

PwCコンサルティングの中途ケース面接対策

PwCコンサルティングを始めコンサルファーム各社のケース面接対策は2つあります。

PwCコンサルティングの中途ケース面接を受ける可能性がある方はどちらも大切な対策ですので、両方頑張ってみてくださいね。

1.本での自主練
2.転職エージェントとの事前ケース対策

1.本での中途ケース面接対策

ケース面接対策は多くの対策本が出ています。毎日1問でもいいので定期的にケース面接を解く訓練をしておくと頭の使い方と基礎的な知識が身に着きます。

ケース面接は年齢別の人口や市場規模など、基礎的な数値を持っているほうが、思考を進めやすいです。

基礎的な知識は、日々の積み重ねで身に着きますし、頭の使い方も徐々に慣れていきますので最初は大変でも少しずつ訓練することで自信がついていきます。

2.転職エージェントとの事前ケース対策

アクシスコンサルティングやコトラ(KOTORA)、JACリクルートメントなど、コンサル業界への専門性が高い転職エージェントは、ケース面接前に希望すれば十分なケース面接対策をしてくれます。

想定外の質問対策や回答内容の納得感を確認してもらうには、コンサル業界での就業経験があり、面接の通過傾向をしっている転職エージェントに相談するのが、実は最も適格なアドバイスをもらえます。

例えば、コトラ(KOTORA)の奈良さんという方は、Twitterやnoteでケース面接の問題やケース面接対策を発信しています。

新卒で外資コンサルファームに就職し、コトラ(KOTORA)に転職してコンサルファームへの転職支援実績が豊富(コトラでは2年連続No1エージェント)です。

こういう就業経験×転職支援経験の豊富な方に、ケース面接対策をしてもらうことで、思考力×説得力(プレゼン力)を客観的に確認してもらうことができます。

同様にコンサル業界専門で転職支援をしているアクシスコンサルティングもケース面接対策には定評があります。

コトラ(KOTORA)もアクシスも一般知名度はないのですが、コンサル業界で勤めたことがある人は、たいてい知っているサービスです。

コンサル業界未経験で大手転職エージェントに相談する人も多いのですが、実は大手だとケース面接対策等を十分に行えない、ファームとの関係が薄くて面接内容を把握できていないという事故が良く発生しています(私達も面接官で行ったら「今日はケース無いって言われてました」と困惑する転職希望の方と何度お会いしたことか・・・)

皆さんの転職活動を成功させるためにも、コンサル業界への専門性が高いコトラやアクシスコンサルのような転職エージェントに相談するようにしてくださいね!

面接で見られるポイント、難易度が高いのか?等、よくわかると思います。

PwCコンサルティングの中途ケース面接の流れ

  • ケース問題の提示
  • 20~30分間で自分の考えを纏める
  • プレゼンテーションして説明
  • 面接官から、問いに対する回答の根拠やなぜそう考えたのか?等、いくつか質問を受ける
  • 質問に対する回答までのスピード感と回答の納得感がみられる

ケース問題は、「お題を渡されて一人で考えてからプレゼン形式」が多いようです。

ただ面接官によってケース問題のテーマや形式がバラバラなので、本で自主練をしつつ、オンラインでの面接形式を含めて事前に転職エージェントと練習をしておくことが大切なようです。

部署や面接官によって、過去にどういうケース面接がだされたかは、転職エージェントに確認すれば分かりますので、1次選考を通過したタイミングで確認しておきましょう。(準備が必要な場合は、面接日程を少し先で調整することも可能です)

PwCコンサルティングの最終面接

多くのコンサルティングファームで最終面接までくると、ちゃんと準備していれば基本的には通過します。

ちゃんと選考を受けている部署の顧客や主要サービス等を転職エージェントに確認して、その部署・ポジションを志望する理由が明確であれば、あまり深堀されることは少ないでしょう。

*パートナーの人達は、中にいる我々から見ても本当に忙しいので、面接を受ける人の書類や質問内容を事前に用意するような時間がないので、基本的には職務経歴書などを読んで基本的な確認をするだけというのが大半です

それでも選考に落ちる人が一定数いるのは、経歴と志望動機が選考を受けている部署の特性や採用要件とズレていたりといった基本的なロジックの欠陥が見える人です。

聞かれる質問も多くなく、次の一般的な内容がほとんどです。

  • 前職の業務内容(困難な状況を乗り越えた経験など)
  • PwCコンサルティングでやりたいこと(←所属部署やポジションとの齟齬が無いように)
  • なぜコンサル?なぜPwCコンサルティング??

面接官を務めるディレクターやパートナークラスの方が見るのは、多くの場合は事実確認です。入社する自分の部署に、この経歴や志望動機で来て活躍できるか?が分かれば多くの場合は大丈夫です。

一方で、パートナーやディレクタークラスの方は、非常に忙しいので自分の時間をムダにされることを極端に嫌う方が多いです。

端的に要点だけを回答するようにしてくださいね。

これは相手への対処という意味もありますが「コンサルタントを目指す=普段から1Hいくらをクライアントにチャージするだけのバリューを出す」という意識は当然のように持っておいた方が良いと思います。

一通りの質問を受けた後は、20-30分ほどで逆質問の時間になります。

ここまでのやり取りが問題なければ、比較的、穏やかな雰囲気で行われます。

通過した場合、オファー連絡は翌日~2・3営業日と早いタイミングで連絡をいただけます。

特に近年は、各ファームで優柔な人材の採用合戦となっていますので、オファーをもらってからチャンスがあれば転職エージェント経由で年収交渉をしてみるのも良いと思います。

100-200万ぐらいなら変わる業界なので、転職エージェントと相談のうえチャンスがあればお願いしてみてください!

PwCコンサルティングの転職面接対策

コンサル業界に特化して転職支援をしているアクシスコンサルティングも1次・2次(ケース面接)・最終面接対策に評判があります。

アクシスコンサルティングは大手転職エージェントほどの一般知名度はないのですが、コンサル業界で勤めたことがある人は、たいてい知っている業界特化の有名転職エージェントです。

大手転職エージェントだとケース面接対策等を十分に行えない、ファームとの関係が薄くて面接内容を把握できていないという事故が良く発生しています(私達も面接官で行ったら「今日はケース無いって言われてました」と困惑する転職希望の方と何度お会いしたことか・・・)

皆さんの転職活動を成功させるためにも、コンサル業界への専門性が高いコトラやアクシスコンサルのような転職エージェントに相談するようにしてくださいね!

面接で見られるポイント、難易度が高いのか?等、よくわかると思います。

PwCコンサルティングの企業理解

PwCコンサルティングは大手Big4コンサルティングファームのなかでもグローバルなキャリアパスとPwCグループ内の異動制度等に高い評判があるコンサルティングファームです。

そこで、PwCコンサルティングの異動制度やキャリアパスを御紹介したいと思います。

また、PwCコンサルティングのビジネスコンサルタント職が求める人物像(Strategy&は別にある)を他のファームと比較して御紹介します。

他ファームと比較することで”PwCらしさ”がより分かりやすくなると思います。

PwCコンサルティングのグローバルモビリティ制度

PwCコンサルティングでは海外のPwCメンバーファーム(PwCジャパンと同様にPwCUSやUK、オーストラリア等、世界中にPwCメンバーとのあるファームがあります)への出向やプロジェクトのアサイン等、一定期間の海外就労機会があります。

当然、国内で評価を得ることが大前提ですが、他のファームよりも海外で働く機会が多いことでも有名です(部署によって差はあります)

そんなPwCコンサルティングのグローバルモビリティ制度を御紹介します。

  • グローバルモビリティの意義
    グローバル規模でのビジネス展開が進み、「世界」の概念が狭くなる中、私たちのビジネスや成長の機会は海外に向けて拡大しています。

    クライアントにいち早く寄り添い、価値を提供するためには、PwCグローバルネットワークのメンバーと知見や経験を共有しながら問題解決に貢献することが必要です。

    グローバルモビリティ制度は、単に言葉だけではなく、異なるカルチャーやマインドセットを経験によって身に着け、インターナショナルな環境で成長し、新たなキャリアパスに挑戦する機会を創出しています。
  • さまざまなアサインの機会
    グローバルモビリティの機会にはプロジェクトベースでのアサインや2、3年の長期出向、3カ月から1年程度の短期交換アサインなどさまざまなケースがあります。

    メンバーが日本から世界各国に赴任し、現地の日本法人や現地企業の幅広いクライアントをサポートします。

    PwCグローバルネットワークの現地法人メンバーと協力してプロジェクトを遂行し、不慣れな環境で直面する困難を乗り越えることで、新たなスキルや価値観を身につけたグローバルな人材として活躍することができます。

    そこで構築した現地スタッフとのネットワークもかけがえのない財産となり、グローバルニーズがさらに高まる中、プロフェッショナルにとって非常に重要な差別化要素となっています。

    PwCコンサルティング合同会社では、全社員の10%がグローバルモビリティ経験者となることを目標としています。
  • PwCグローバルネットワークとの交流機会
    インバウンドの観点では、PwCグローバルネットワークの海外法人から多数のメンバーが日本に赴任しており、主に日本におけるビジネス展開を図るグローバル企業をサポートしています。

    彼らとのネットワークを通じて海外との距離を感じることなく、最先端の知見やソリューションに触れることができます。

    また、仕事以外の場も含めて、多様な考え方から生まれる新たなアイデアやイノベーションを経験することで、国内にいながらも自らのスキルアップが可能です。

    グローバルモビリティの経験は、PwCコンサルティングとしての差別化だけではなく、個人としての成長機会に直接つながる取り組みです。

    多様性を受容しつつ異なる環境のメンバーと協力しあえるような組織文化の醸成を目指しています。

PwCコンサルティングの求める人物像

「クライアントのビジネスパートナーとして共に企業変革を実現したい」という思いを持ち、幅広い領域の中から専門的なコンサルティングスキルを身につけていくことで、企業や社会における価値創造を成し遂げたい方。

「思い」と「コンサルティングスキル」で「企業や社会における価値創造」を成し遂げたい、と抽象度の高い求める人物像ですね。

他のファームの「求める人物像」と比較して、PwCコンサルティングの特徴が分かりやすくなります。

アクセンチュアの求める人物像

「多様な文化、相違する意見の中にこそ宝石があると知っている」等は、意味合い的には「協働できる人」に近いですよね。似ているところもあります。

ただ、より言い回しが貪欲というか・・・

「目標へ手を伸ばさずにはいられない」とか、あまり使わない表現です。

それだけ成長や成果への意識と行動力が高い人を求めているのだと思います。

デロイトトーマツコンサルティングの求める人物像

デロイトだと「日本企業への強い想い」や「グローバルなマインドセット」が言語化されています。

このように必要な能力が近くても、どのような言葉・表現で何を強調するかが各ファームの特徴になっています。

PwCコンサルティングの特徴を抑え、他のファームと比較し、自分なりに”PwCの特徴と魅力」を見つけてもらいたいと思います。

また、私達も転職活動する時に「情報を集めて比較する」のが大変だったので、こうした記事の中で皆さんが考えるお手伝いが出来たら幸いです。

PwCコンサルティングの転職を成功させる

コンサル業界に特化して転職支援をしているアクシスコンサルティングも1次・2次(ケース面接)・最終面接対策に評判があります。

アクシスコンサルティングは大手転職エージェントほどの一般知名度はないのですが、コンサル業界で勤めたことがある人は、たいてい知っている業界特化の有名転職エージェントです。

大手転職エージェントだとケース面接対策等を十分に行えない、ファームとの関係が薄くて面接内容を把握できていないという事故が良く発生しています(私達も面接官で行ったら「今日はケース無いって言われてました」と困惑する転職希望の方と何度お会いしたことか・・・)

皆さんの転職活動を成功させるためにも、コンサル業界への専門性が高いコトラやアクシスコンサルのような転職エージェントに相談するようにしてくださいね!

面接で見られるポイント、難易度が高いのか?等、よくわかると思います。

PwCコンサルティングの転職難易度

PwCコンサルティングの転職は、転職先となる部署の業界やサービスに何かしらの経験があれば転職難易度は「ちゃんと準備すれば受かる」と思います。

転職難易度を定めた理由は次の3つです。

1.中途採用を積極的に通期で行っている

これは当然ですが”通期”で行っているところが大切です。退職で空きポジションが出た時だけ募集するファンドや戦略ファーム、上期/下期の採用スケジュールに合わせないといけない総合商社などに比べると、いつでも応募ができるのはありがたいですよね。

2.未経験者専用の採用枠もある

MBBをはじめとした「MBA取得者のみ」や「コンサル業界経験者のみ」の採用もあるなかで、未経験者にも門戸が開かれているのは応募しやすいですよね。

3.ケース面接やプレゼン面接等の比重が重くない

ケース面接はある場合がありますが、コンサルファームでは比較的一般的な面接形式す。テーマを渡されて一人で考えていくのも転職後はよくある場面なので、クリアできるように準備しておきましょう。

こう書くと「簡単では?」と思われてしまいますが、PwCコンサルティングが選考で見るレベルは十分高いので、あくまで「ちゃんと準備すれば」という転職難易度とさせていただきました。

上を見ればMckinseyやBCG等のMBA保持者や海外留学経験者が数多く応募するファームもありますので、そこに比べれば「ちゃんと準備すれば受かる」難易度と言えるでしょう。

PwCコンサルティングへの転職成功のポイント!

新型コロナウイルスの流行により、転職市場は1次的に止まりましたが、コンサルティング業界は顧客のデジタル化や働き方改革のニーズが強く、各社業績と共に採用数を伸ばしています。

PwCコンサルティングへの転職を成功させるポイントを御紹介します!

ポイント1:プロジェクトが取れている部署を知る
新型コロナウイルスの流行後、プロジェクトが取れている/取れていない部署の明暗が如実に出るようになりました。

入社後に長期アベイラブルになることを避けるためにも、求人元の部署が案件を取れているか、事前に確認が必要です。

ポイント2:求人意欲を確認する
求人にも様々な背景があります。
経験者採用のみ、マネージャー以上の採用のみなど、求人票に書かれていない企業の求人意欲を事前に確認しておくことが大切です。

ポイント3:最新の転職成功者の経験やスキルを知る
最後に、新型コロナ流行後の転職成功者の経験やスキルを知っておくことが大切です。

完全に同じ経歴になることは難しいですが、評価されたポイントと近い経験や能力を伝えることで転職可能性を上げることができます。

この3つのポイントは、転職エージェントに相談することで実現することができます。

コンサルタントのキャリア支援実績が豊富な転職エージェントに相談することで独りでは実現できないスピードで具体的な情報収集ができます。ただし、専門性がない・営業活動として捌きにくる転職エージェントには、以下の条件を明確に伝えましょう。

  • 目的を明確に伝える(情報収集・転職活動など)
  • 企業から直接聞いた生の求人情報を知りたいこと
  • 直近の転職成功者の経験やスキルを知りたい事

有効求人倍率など、一般論だけを話してくる人は要注意です。
*有効求人倍率はハローワークの求人数と応募数の割合です。ハローワークで紹介される警備員や建築現場作業員の求人倍率が、コンサルタントに紹介される求人の動向として参考に足る情報とはいえないでしょう。

企業から直接聞いている具体的な生の話を確認しましょう。

転職note
編集部

転職エージェントに営業として捌こうとしてくる人も多いのも実態です。
私達もよく出会いますが、面接日程調整の丸投げやどのエージェントでも見るような求人しか出してこないエージェントには「他社との差がないこと」「●●をしてほしい」と自分の意思を伝えています
皆さんも転職エージェントとはお互いに敬意を持てる誠実な関係が築けるといいですね。

コンサル業界への支援実績No1:アクシスコンサルティング

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://www.axc.ne.jp/

<1分で終わる登録方法はコチラ>

アクシスコンサルティングはPwCコンサルティングをはじめコンサル・IT業界への転職に特化した転職エージェントです。同業界への転職支援で豊富な実績があります。

各ファームのパートナーや人事から話を直接聞いており、コンサル業界全体の転職動向から各ファームで必要なスキルや経験をよく理解しています。

特に、コンサルファーム各社の情報はインターネット上に少ないため、業界各社の情報収集に苦労されている方も多いのではないでしょうか?その点、業界特化した転職エージェントとの定期的な情報交換は必須です。

また、転職を日々支援するなかで、転職後に失敗してしまう方の傾向やコンサルタントの次のキャリアを含めて提案ができるのは業界特化の転職エージェントならではです。

  • 気軽にPwCコンサルティングの年収や働き方などの話を聞いてみたい
  • PwCコンサルティングを始め総合系コンサルタントのキャリアを相談したい(転職は未定)
  • PwCコンサルティングに転職した人が評価された経験やスキルを知りたい
  • PwCコンサルティングに転職するのが難しいのか?難易度を知りたい
  • PwCコンサルティングに合わせた職務経歴書の添削やケース面接対策をして欲しい

こういう方は、転職活動していなくても気軽にアクシスコンサルティングに相談してみてください。

高年収スカウトをもらう:Bizreach(ビズリーチ)

おすすめ度:★★★★☆(5点満点中 4点)
【公式サイト】https://www.bizreach.jp

ビズリーチ』は、常に登録をしておいて様々なエージェントや企業から情報収集をしておくのに最適なサイトです。

また数多くのコンサル業界に専門性のあるヘッドハンターが在籍しています。コンサルは戦略・総合・IT・業務とプロジェクトのテーマ×インダストリーで分かれており、どこに転職するかで必要な経験やスキルが大きく違います。

自分に合った部署に転職しないと転職しても活躍できないどころか、長期間アベイラブル(≒放置)になり、短い期間で退職を余儀なくされる場合もあります。

更にビズリーチでは、レジュメ(職務経歴)を掲載しておくとコンサルティングファームから直接スカウトが来ることもあり、ファームの生の情報を知ることができる数少ない場所です。

企業も最初の連絡では「最初から転職!面接!」という感じではなく、「情報収集や採用背景の説明」を目的に色々と説明してくれるので、緊張したり無下に断る必要はありません。

実際に使った編集部メンバーの画面ですが、三菱商事やエムスリー、EYやDeloitte等のコンサルファームから連絡が来ます。

特に年収500万を超えたあたりから『面接確約のスカウト』や『転職サイトや転職エージェントでは見かけない求人』が届くようになります。企業からの直接スカウトは、企業が本当に欲しいと思っているということなので書類や面接の選考通過率が非常に高いです。

正直なところ転職エージェントからのDMは多いのですが、企業のレベルや求人の質は高いです(この画面でも伝わりますかね)。公式サイトでは年収1,000万円を超える求人案件が全体の3割以上と紹介されています。

レジュメの内容を充実させることが有名企業から連絡をもらう為のポイントです。
時間がかかってもレジュメを充実、経験に合わせて更新するようにしておきましょう。

▼Bizreach(ビズリーチ)で紹介される求人傾向

  • 年収750~1,500万
  • 企業からの直接スカウト(企業が直接採用したいと思っているスカウト)
  • 外資・内資は問わず、戦略・総合・ITコンサルティングファーム
  • 企業がキャリアを見て欲しいと思った人に直接スカウトが送られる

金融・IT・コンサル業界の転職支援に強い:コトラ(KOTORA)

【公式サイト】https://www.kotora.jp/

コトラ』は全業界のなかで最も平均年収が高いコンサルティング業界に加えて、金融業界・製造業に特化した転職エージェントです。コンサルティング業界に加えて、近年活発なM&Aやアドバイザリー業界にも詳しく、コンサル・金融業界への転職を考えている場合は、登録しておきましょう。

特に、最近はこの奈良さんという方がTwitterやnoteで積極的に情報発信していて業界未経験の方は参考になると思います。

実際にコトラ(KOTORA)のウェビナーに参加しましたが、各ファームの実態をしっかりと説明していて「本気でミスマッチを起こさないよう丁寧な説明をしてるんだな」と思える内容でした。コンサルも金融も経験や年収面では魅力的な業界ですが、短期で離職してしまう方も多い業界でもあります。(実際に私達もチームに明らかなミスマッチで入社して苦労した人を何人も見てきたので)

転職を考えている方は、自分がそうならないように業界に特化した転職エージェントには相談するようにしてくださいね!

  • 年収750~2,000万(コンサル業界・金融業界でスタッフ~役員クラスまで提示、条件面はかなり良いです)
  • 外資・内資のコンサル・金融業界が中心、IT・製造業も強い
  • ポストコンサルで有名なユ●クロ・パナ●ニック・大手ベンチャーは網羅
  • 企業から特命で預かっている非公開求人が多数

私達は転職活動の時に複数の転職エージェントに登録して各社を「比較・評価」します。比較することで、より良い転職エージェント・求人を探せるのでメイン1社・サブ2社の合計3社は登録しておきましょう。

多くの人が1社だけ衝動的に登録して転職活動をしていますが、「同じ会社でも転職エージェントによって年収やポジションが違った」なんてこともよくあり、本当は年収100万上げて転職できたのに・・・なんてことにもなりかねません。

よって、転職エージェントは3社以上に登録して、紹介求人が魅力的で対応が丁寧なエージェントと関係を作っていくことをやってみてくださいね。

まとめ: PwCコンサルティング転職組の中途面接対策

PwCコンサルティングへの転職面接は一般的なことを聞かれるからこそ、基本的な業界研究・企業研究が大切になります。

業界動向や競合情報、各ファームの注力領域は本サイトでもしっかりと紹介していますので、参考にしてもらえればと思います。

最後に、如何に企業のニーズに合わせて自分を伝えるか、という部分では業界に特化しているアクシスコンサルティングに相談するのがオススメです。

1次・2次(ケース面接)・最終面接と、転職先の部署・ポジションにあわせて、アピールする部分を明確に準備しておきましょう。

アクシスコンサルティングは過去の転職エージェントは過去の選考通過者の実績をもとに具体的なアドバイスをしてくれるので安心して相談してみてください。面接で見られるポイント、難易度が高いのか?等、よくわかると思います。

転職活動は転職エージェントとの二人三脚です。
逆に知りたいことに応えられなかったら他の大手転職エージェントにも確認しながら確実な準備をしていきましょう。

それでは皆さんの転職活動がうまくいくことを祈っています。

他のコンサルティングファームへの転職対策

他のコンサルティングファームも受けている方に向けて、他のファームへの転職対策記事はコチラから御覧ください。

アクセンチュアへの転職対策はコチラ

デロイトトーマツコンサルティングへの転職対策はコチラ

EYSCへの転職対策はコチラ

KPMGへの転職対策はコチラ

アビームコンサルティングへの転職対策はコチラ

ベイカレントコンサルティングへの転職対策はコチラ

コンサルファームへの転職で頼りになる転職エージェント一覧