戦略系

年収と採用!BCG DigitalVenturesの転職|ボストンコンサルティングデジタルベンチャーズのTokyoOfficeで築くCareersとは

こんにちは。転職note編集部です。

最近、デジタル領域にかなり力を注いでいるBCGこと、ボストンコンサルティンググループではコンサルティングビジネスの拡大・成長に向けたデータサイエンティスト等のコンサルタントの採用を拡大させています。

BostonConsultingGroupではデジタルBCGのなかにBCG Digital Venturesという組織があります。

急速なデジタルチームの強化に伴い「BCG Digital Venturesと他組織の違いが分からない」「通常のBCGと年収やキャリアは違うの?」といった声が聞こえてくるようになりました。

そこで本記事ではボストンコンサルティンググループのなかでも「BCG Digital Venturesへの転職」に向けて、デジタルBCGにおけるBCGデジタルベンチャーズの立ち位置から仕事内容や年収水準等を実際にコンサルタントとして働いた経験がある私達編集部メンバーの経験を踏まえて御紹介していきます。

私達の就業経験の他、デジタルBCGでコンサルタントとして活躍された方へのインタビューも踏まえた執筆した記事となっています。

本記事で得られる情報・解決する悩み

  • BCG DigitalVenturesの概要と組織図
  • BCG DigitalVenturesで想定される仕事内容
  • BCG DigitalVenturesとデジタルBCGの違い
  • BCG DigitalVenturesに転職してもコンサルタントとして活躍できる?
  • BCG DigitalVenturesへの転職を相談できる転職エージェントはどこ?

コンサル転職ではキャリアの目標設定が大事

BostonConsultingGroupを始め多くのコンサルティングファームでは、一昔前よりも多くの人数を採用しています。

採用数の増加に合わせて、世の中にコンサルティングファームに関する情報が増えましたが、実際とは異なったイメージも広がってしまっていると思います。

その為、ファームに入社後、仕事内容やイメージにミスマッチを感じてしまう、想像よりもキツイと考えてしまう方がいらっしゃるのも事実です。

コンサルティング業界への転職では最初にファーム・部署・仕事内容を詳しく理解することと、「そもそも自分が実現したいキャリアは何か」を具体的に理解しておく必要があります。

アサイン(ASSIGN)は、デジタルBCG・BCG DigitalVenturesへの転職事情にとても詳しいだけでなく、キャリアのゴール設計と達成にフォーカスしたエージェントです。

アサインではキャリアのゴールを言語化して、そこから逆算して今回の転職で目指す目標を定めてから求人を紹介してくれます。

さらに転職後もBostonConsultingGroupで入るべきプロジェクトや独り立ちまでに必要なスキル・ノウハウをどのように獲得していくかまで、本当に親身にアドバイスしてくれます(転職までの平均面談回数が5~6回と多く、”親身”を有言実行してくれます)

BostonConsultingGroupを始めコンサルタントのキャリアを考えてるけど「活躍できるか心配」「自分のキャリアを真剣に考えたい」という方は、全部無料でサポートしてくれるので気軽に相談してみてください。

BCGDigitalVenturesの組織図と立ち位置

BCG DigitalVenturesはデジタルBCGに属する4つの組織のうちの1つです。

  • BCG GAMMA
  • BCG Degital Ventures
  • BCG PLATINION
  • BCG Technology Advantage

そのなかでもBCG Digital Venturesは「デジタル事業のアントレプレナー、事業立ち上げのエキスパート」です。

BCGの中でも、合弁会社の設立など出資機能を持つ唯一の組織です。

昨今、デジタル文脈のコンサルティングではサイバーエージェントやアクセンチュアをはじめとして、これまでのクライアント企業と合弁会社を設立して、共にリスクをとって協業する取り組みが増えてきています。

例えば、アクセンチュアは資生堂と資生堂インタラクティブビューティー株式会社を設立し、資生堂のDXの推進を推し進めています。

実際に資生堂の新たな中期経営計画である「WIN2023 and Beyond」のなかでDXの戦略パートナーシップをアクセンチュアと締結していることが発表されています。

さらに、DXによる事業モデルの革新に向けて、アクセンチュア(株)と広範囲にわたる戦略パートナーシップを締結しました。マーケティングモデルを転換するとともに、DX基盤の構築とデジタル人材の獲得・育成を加速し、組織能力を強化していきます。さらに日本事業だけでなく、全社的に業務推進上のプロセス、システム、データの標準化、統一化に向けたプロジェクトでも協働しています。

出典:資生堂「WIN2023 and Beyond

BCGでも同様の取組みを企図した取組みを進められるように、出資機能を持った組織を作ったのだと考えられます。

また、この出資機能をもってデジタル事業のアントレプレナーになる為に、カスタマー中心デザインからのアイディエーションや既存サービスの改善、実際のプロダクト開発、組織を含めた立上げと運用等を一貫してワンストップで実施できることに強みを持っています。

​特にスタートアップライクなスタンドアローン型サービスの早い立上げを得意としており、そうした取組みで得た知見を大企業のコア事業の改善等にも役立てています。

もちろんクライアントの多くはBCGの既存クライアントであることも多く、BCGのコンサルタントとも連携することも非常に多くなっています。

新事業の創出プロジェクトでは、クライアント企業の担当者やBCGのコンサルタントを含むチームでコンセプトを創るところから事業化までを主体的に行っていきます。

こうした取り組みもこれまでにない新しい存在であることがわかると思います。

デジタル領域というとWebやスマートフォンを想像する方が多いかもしれませんが、BCGデジタルベンチャーズの生み出すサービスはWebやスマートフォンに閉じたものばかりではありません。

世の中もスマートフォンの中で完結するような新規サービスが次々とヒットしていた時代から、リアルな世界でどうデジタルを活用し、イノベーションを起こすかが問われる時代に移行しました。

今後新しく生まれるサービスに「デジタルが絡まないものはない」世の中に突入したと言っていいと思います。

BCGデジタルベンチャーズが一緒に新事業・プロダクトを作り出せる領域、チャンスがどんどん広がっており、デジタル✖️事業創出の文脈に興味がある方には非常にエキサイティングな環境が用意されています。

BCG DigitalVenturesの職位別年収(目安)

役職名年次(目安)給与(推定)
アソシエイト1年目700~750万円
シニアアソシエイト2年目~800~1,200万円
コンサルタント3~5年目1,200~2,000万円
プロジェクト・リーダー実力次第2,100~2,600万円
プリンシパル実力次第3,000万円~
パートナー実力次第6,000万円~

出典:転職note編集部調査

BCG Digital Venturesの募集職種は現在「ベンチャーアーキテクト」「プロダクトマネージャー」「エクスペリエンスデザイナー」「ストラテジックデザイナー」「エンジニア」「グロースアーキテクト」の6職種となっています。

組織自体が若く、転職組が大半を占める為、基本的には前職給与をベースにして決まっていきます。

入社後は評価や実績次第での昇進・昇給スピードは早いとの声もあり、新しい組織のなかで自分なりの価値を出し、クライアントや社内からの信用を勝ち取ることが大切になります。

これは私達の推察も入りますが、BCGのように長い年月が経っている組織ではないので、ソリューション開発や社内の評価・昇進の規定等、未整備の部分も多いのではないかと思います。

その為、過去のノウハウを活かしてレバレッジを効かせる、社内の評価や昇進事例をもとに決めるというよりは、1つ1つの局面で個別解を出さざるを得ないのだと思います。

その分、レガシーな大手コンサルティングファームのように上位職者が詰まっていて昇進ができないといったようなことはなく、実績と評価次第で昇進・昇給できるのではないでしょうか。

BCGの給与制度は、職位によって決まっているベース給と、年末に支給されるボーナスから構成されています。

ボーナスは、BCGの業績、日本法人の業績、個人のパフォーマンスによって決まります。

BCGに限らず、ほぼ全てのコンサルティングファームでは職位が上がるほど年収に占めるボーナスの割合は上昇していくので、BCGDigital Venturesも同様ではないかと思います。

もちろん社内の政治や力関係はありますが、基本的には実力・実績主義であり、成果を出した人には報酬で報いる実力主義の世界です。

昇進をしていくほど、実力・成果次第でボーナスで年収の金額が大きく変わるようになることは覚えておきましょう。

BCGのコンサルタントとして定年まで働こうという方は少ないと思いますが、転職を考える際にはBCGでのキャリアで何を得て、どういうキャリアを目指すのか、しっかりと考えてから転職することが大切です。

特に最近は多くのファームが採用数を増やしている分、転職市場に「元コンサルタント」が増えています。

その為、コンサルタントの次のキャリアでは「どのファームにいたか」だけでなく、「何をしたか」が非常に大切になっています。

コンサルティング業界への転職を真剣に考えたい方は、アサイン(ASSIGN)という転職エージェントに相談してみてください。

アサインが他の転職エージェントと大きく異なるのは「転職」ではなく「キャリアの実現」にフォーカスをあててる点です。

「キャリアで何を実現したいか」を重視しているので、最初の面談では会社や求人の話をしません。

転職を希望する方が「キャリアを通して何を実現したいのか」を最初に明らかにして、その実現の為に必要であればコンサルティングファームの求人を紹介してくれます。

IT・コンサル領域でのヘッドハンターを務め、同領域のチームリーダーを務める龍崎氏もForbesのインタビューで次のように答えています。

「価値観が最初から明確な方はいません。対話を通し、私が持つ業界や職種の知見と紐付けながら徐々に形にする。目指すものが明らかになれば、次はどのように到達するか。キャリア戦略を練る。最後のステップで、到達手段としてようやく転職がある」

出典:ForbesCAREER インタビュー記事「転職後の定着率、驚異の100%」より

転職対策もかなり手厚く、内定までに5~7回の面談をして、ケース面接をはじめ選考対策をしてくれるので選考通過率が非常に高く、上記の龍崎氏は60%(他の大手転職エージェントの平均内定率は4~5%)と圧倒的です。

また特にオススメをしている理由が、内定獲得後もファーム内でどういう動き方をしたらいいのか、最初に何を身につけないといけないのかをサポートしてくれるからです。


私達も数多くの転職エージェントに登録しましたが、内定獲得後に転職して活躍するまでをサポートしてくれる転職エージェントは、他にほとんどありません。

コンサルティングファームへの転職を目指しているけど、「自分は何を目指したいのか分からない」「選考対策だけではなく転職後の活躍まで手厚くサポートしてほしい」という方は是非相談してみてください。

BCG DigitalVenturesの中途年収

BCGDigitalVenturesをはじめ、ボストンコンサルティンググループ(BCG)に中途で転職入社する場合、シニアアソシエイトかコンサルタント(プロジェクト・リーダー未満)での転職になることが多いでしょう。

ただ、基本的には前職年収をベースに決まりますので、BCGグループの一員になったから給与が一気に上がるというわけでもないことは先にお伝えしたとおりです。

BCGはデジタルベンチャーズを含めて、年齢ではなく職位毎に年収レンジが決待っています。厳密にはシニアアソシエイト・コンサルタントのなかにも3~4の内訳があり、1つずつに大枠の年収水準があります。

他のコンサルティングファームも同様ですが、基本的には前職の年収水準をベースにして、近い年収水準の職位やクラスで入社をオファーすることが多いです。

とはいえ全体的にBCGの年収水準は高いのですが、高い報酬をもらえるのはクライアントに高い請求をしているからで、その分、毎日・毎週・毎月、事業創出・事業成長という答えのないイシューに向き合い、高い品質のアウトプットを出していくことが求められます。

もちろんスタッフ(非管理職)から全てを任されることはありませんが、クライアントの前に出るからには1人前のコンサルタントとして振る舞い、アウトプットを出す努力をし続けないといけません。(少なくともクライアントには1人前のコンサルタントの料金で請求しています)

作業の難しさをイメージするのは難しいかもしれませんが、経産省等のHPにBCGの最終報告資料が掲載されています。

こうした資料から自身ならどのようにまとめるか、より良くするには何が変えられるか、どういうプロジェクトなのかを考えてみるのも良いでしょう。

BCG 経済産業省 H29商取引適正化・製品安全性に係る事業 最終報告資料

出典:経済産業省 H29商取引適正化・製品安全性に係る事業

実際のプロジェクトや働き方のイメージを知りたい方はアサイン(ASSIGN)に相談してみてください。

アサインでは多くの転職エージェントのように求人紹介から始めるのではなく、キャリアのゴールから逆算して今回の転職で目指すゴールを定めてから求人を紹介してくれます。

転職後もBCG(Digital Ventures含む)で入るべきプロジェクトや独り立ちまでに必要なスキル・ノウハウをどのように獲得していくかまで、本当に親身にアドバイスしてくれます(転職までの平均面談回数が5~6回と多く、”親身”を有言実行してくれます)

実際に自分が目指すキャリアのゴール何か?ゴールまでの選択肢としてBCG Digital Venturesで良いのか?と不安がある方はゴール設計から実態を踏まえた具体的なアドバイスをしてくれるアサイン(ASSIGN)に相談してみてくださいね!

ボストンコンサルティング デジタルベンチャーズの福利厚生

ボストンコンサルティンググループ(BCG)をはじめ戦略系コンサルティングファームの福利厚生は、総合ファームや日系大手事業会社に比べると項目の数だけ見るとやや少ないでしょう。

中途採用ページには次の項目が掲載されています。

福利厚生
社会保険完備、退職金制度
研修制度
各種トレーニング(国内/海外)、ナレッジ・シェアリング・プログラム (国内/海外)、海外オフィス派遣制度、 MBA留学支援制度等
休日・休暇
週休2日制(土 ・ 日)、祝日、年末年始休暇、年次有給休暇、夏季休暇、 慶弔休暇、その他特別休暇(産前・産後休暇、育児休暇等)

BCG中途採用HP



数は少なくとも質は非常に高く「MBA留学支援制度」や「各種トレーニング」等は非常に充実しています。

特にBCGのグローバルネットワークに蓄積された「ナレッジ・シェアリング・プログラム」は、非常に勉強になる情報が多いでしょう。

また多くの大企業やベンチャー企業、国際機関等で活躍される方が多いので、BCGを退職した後も先輩やOBとの繋がりで次のキャリアを探しやすいという側面もあります。

もちろんBCGのつながりを使う以上は、BCG在籍時にしっかりと評価を得ている必要もありますが、BCGで働いた経験は年収以上に次のポジションで「自分がやりたいことを実現する」ためにも有効に働くことが多いでしょう。

コンサルティングファームで定年まで働きたいと思う方は少ないと思います。

だからこそコンサルティングファームの次のキャリアを具体的にイメージして「自分は何がしたいのか」「キャリアのゴールをどこにおくか」をしっかりと考えて、定期的に更新しておくことは非常に大切です。

”自分のキャリアのゴール”や”自分が経験したいキャリア”から、しっかりと考えたい方はアサイン(ASSIGN)に相談してみてください。

アサインでは多くの転職エージェントのように求人紹介から始めるのではなく、キャリアのゴールから逆算して今回の転職で目指すゴールを定めてから求人を紹介してくれます。

転職後もBCG(Digital Venturesを含む)で入るべきプロジェクトや独り立ちまでに必要なスキル・ノウハウをどのように獲得していくかまで、本当に親身にアドバイスしてくれます(転職までの平均面談回数が5~6回と多く、”親身”を有言実行してくれます)

実際に自分が目指すキャリアのゴール何か?ゴールまでの選択肢としてBCGで良いのか?と不安がある方はゴール設計から実態を踏まえた具体的なアドバイスをしてくれるアサイン(ASSIGN)に相談してみてくださいね!

BCG DigitalVentures TokyoOfficeの転職面接対策

BCGデジタルベンチャーズ/BCG Digital Venturesは上記でご紹介した通り、ただのITコンサルティングではなくBCGのコンサルタントと共に事業創出・事業成長の観点から経営とITを交えて課題を提言し、時には新事業のコンセプトから実装までをリードする役割を担います。

それにもかかわらず中途採用に募集する多くの方は、これまでの職場での経験からCxOイシューではなく、実行や現場レベルの課題解決だけを語ってしまいお祈りされてしまうことがあります。

そのため、BCGが取組むイシューの抽象度に合わせて「自分の魅力や実力を伝えられる」ように、しっかりとした転職面接対策が大切です。

そこで今から出来るBCGへの転職対策をご紹介しますね!

BCGデジタルベンチャーズ転職対策1|本・動画で出来るだけ学ぶ

現在ではBCGも中途採用に力をいれていますからYoutube等の動画にも多くのコンテンツが出ています。

また毎年定期的に出版物も出ているので読んでみると良いでしょう。

私達としては「コンサルを超える 問題解決と価値創造の全技法」は一読をオススメしています。

著者がMckinseyでディレクター/シニアパートナーを務め、BCGのシニアアドバイザーにも就任した名和高司(なわ たかし)さんです。

本の”はじめに”にも次のように書かれています。

詳しくは、第一章で述べるが、ひとことで言えば、問題をひとつずつクライアント自身が素手で解いていくように促すのがボスコン流、誰がやっても同じ答えが出るように型にはめていくのがマッキンゼー流だ。

まったく異なる方法のため、たとえばマッキンゼー流に固まってしまった人はマッキンゼーのやり方がいいと思い、ボスコン流に固まっている人はボスコンのやり方のほうがいいと思ってしまう。その両方で活動したコンサルタントはごくわずか。

ましてや両方の頂点を見た者となると、いまのところ、私が唯一の「証人」となってしまう。それが、私が本書を書かなければならないと判断した理由でもある。

出典:コンサルを超える 問題解決と価値創造の全技法

このようにBCGとMckinseyの両方のトップを務めた名和さんだからこそ書ける内容が書かれている数少ない本です。

BCGを始めコンサルティングファームでのキャリアを考えている方は、一度読んでみてはいかがでしょうか。

出典:コンサルを超える問題解決と価値創造の全技法

BCGデジタルベンチャーズ転職対策2|BCGで働く友人や知合いを持つ

体系的に歴史や仕事内容、技法を知るには本や動画が良いと思いますが、最新のファーム毎の動きやリアルな実態は「直接人に聞く」のが面白いと思います。

話を聞きながら興味を持った内容に質問をして深ぼったり、思いもよらなかったプロジェクトやプロジェクトで起こった事件を知ることができます。

プロジェクトをしていると事件や事故、笑い話になるような失敗はよくあるのですが、そうした話は流石に本で紹介されることはありません。

そうした一歩踏み込んだ話を聞けるのは人との会話の良いところです。

「知り合いや友人にコンサルタントがいない」という人もいるかもしれませんが、SNSで質問することもできますし、ココナラやTimeTicketでインタビュー時間をもらうこともできます。

今あるリソースで判断するのではなく、必要なアクションを如何に実行するかという視点で行動することはコンサルタントになってからも大切です。

実体験にはなってしまいますが、意外と親切に話してくれることも多いですよ。

是非、知り合いにいないか探すところから初めてみてもらえればと思います。

BCGデジタルベンチャーズ転職対策3|実現したいキャリアゴールを持つ

最後にコンサルタントとして働こうとしている皆さんが準備した方が良いのが「コンサルタントキャリアのゴールを持つ」ことです。

コンサルタントとしてパートナーとなりコンサルティングファームの経営に関わりたいという方もいると思いますが、多くの方はスキルと経験を身に着けてステップアップしたいと思っているのではないでしょうか。

その場合、コンサルタントの次のキャリアをどのように考えるのか、そのためにコンサルティングファームで何年以内に何を経験しないといけないのかを明確にすることをオススメします。

なんとなくファームに入ってなんとなくアサインされて、なんとなく数年いると「転職前に期待していた経験やスキルが全く身に付かない」という事が往々にしてあります。

特に転職1年目の経験が非常に大切です。

転職1年目はある程度、パフォーマンスが低くて評価が悪くても許してもらえます。2年目は1年目でアサインされたプロジェクトの経験をもとに、その経験が活かせるプロジェクトにアサインされることが増えていきます。

もちろん希望を出して「経験の無い新しいテーマのプロジェクト」にアサインしてもらうこともできますが、同時に「経験の無いテーマで成果を出さないといけない」という制約が付きます。

その為、転職した最初の1年で何を経験するか、そこから自分がコンサルタントキャリアに期待していた経験をどのように獲得するかは意図をもって行動しないといけません。

もしコンサルタントとしてのキャリアゴールが明確ではない場合は、アサイン(ASSIGN)という転職エージェントに相談してみてください。

アサイン(ASSIGN)は価値観を重視する転職エージェントで、初回の面談では求人紹介をしません。

その代わりに、転職を希望する皆さんがキャリアを通して何を実現したいのか?一人一人の価値観を紐解き、一緒にゴールを設定してくれます。

ゴールが明確なので転職先企業と求人が明確になり、志望動機で迷うことが無くなります。

選考対策も手厚く、初回の面談から内定獲得まで5~6回の面談が普通(他のエージェントはそんなに時間割いてくれないところが多いんですよ・・・)で、結果的にアサイン経由での内定率は60%を超えています。

大手転職エージェントの平均内定率が3~4%なので、アサイン(ASSIGN)の内定率は大手の約15倍の高さです。

担当してくれる方も元コンサルタントの方が多いので、「転職失敗しない準備2|コンサル業界で働く友人や知り合いを持つ」で御紹介した『実際に働いた経験談』を聞くこともできます。

また転職後の独り立ちもサポートしてくれるので「コンサルタントに転職したいけど失敗して後悔したくない」「ついていけるか不安」という方は是非、相談してみてくださいね!

コチラもチェック!BCG・デジタルBCGの中途採用対策

BCG Digital Venturesへの転職を相談するべき転職エージェント

新型コロナウイルスの流行により、様々なクライアントがDXや働き方改革、事業転換等、様々な改革が求められるなかでBCGは積極的に中途採用を強化しています。

ただ、これまでも御紹介してきたように専門性のない転職エージェントに押し込まれるような転職だけは絶対に避けなければいけません。

もしBCGへの転職を考えているのであれば、ここまで御紹介してきた通り「自分がキャリアで何を実現したいのか」「今の転職で何を実現すべきなのか」は、目先の転職だけでなく、転職後も頑張り続ける為に非常に大切です!

そこで将来、コンサルタントとしてのキャリアを考えている方に向けて、コンサルタントのキャリアに詳しく、キャリア支援(棚卸→ゴール設定→実現に向けたアクションプラン策定等)で評判の高い転職エージェント・転職サービスをご紹介しますね。

転職note
編集部

転職市場の動向で「有効求人倍率」など、一般論を話してくる転職エージェントは要注意です。

*有効求人倍率はハローワークの求人数と応募数の割合です。ハローワークで紹介される警備員や建築現場作業員の求人倍率が、コンサルタントに紹介される求人の動向として参考に足る情報とはいえないでしょう。

企業から直接聞いた具体的な話やキャリアアドバイザー本人の体験談、過去に支援した人の実績など、実態のある話なのか?本当に役に立つ話をしているか?はアドバイスを受ける方もきちんと確認しましょう。

転職前から転職後まで手厚くサポートしてくれるASSIGN(アサイン)

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://assign-inc.com/

ASSIGN(アサイン)』は、キャリアを真剣に考える20~30代の方の転職を支援する特にコンサルや有名企業への転職支援に強い転職エージェントです。

実際にお話を伺いましたが「最初の面談で求人は紹介しない」「転職よりもキャリアのゴールが大事」「面接対策は何回でも」「転職後も一人立ちするまでサポート」と本当に手厚いサポートを実際にやっていることに驚きました。

(こんなにやってくれるエージェントさん他にいますか?)

様々なコンサルファームへの転職を支援した実績も豊富なのと、実際に支援してくれるエージェントの方が元コンサルタントの方が多いので、ファーム内で求められるレベルや視点・視座の高さをよく理解されているので、業界未経験の方は会話を通して”何を準備しないといけないのか”がよくわかると思います。

決して「上から目線」ということはなく、転職を検討されている方の1人1人のキャリアにコミットしてくれるので、過去の意思決定の棚卸から、目指すべきゴール、今選ぶ選択肢とロジカルに言語化してくれます。(コーチングに近い部分も多いように思います)

また転職後もサポートして定着化・独り立ちまでをサポートしてくれるので、コンサルティングファーム側からも高い評判を得ている転職エージェントです。

コンサルタントとしてプロフェッショナルのキャリアを考えている方は、必ず登録しておいた方がよいエージェントだと思います。

  • まずキャリアのゴールを相談したい
  • コンサルティングファームへの転職に向けて十分な選考対策をしたい
  • 多くの企業を受けてる余裕は無いので高い選考通過率で転職したい
  • BCGに入社した人(未経験を含む)が評価された経験やスキルを知りたい
  • BCGに転職した後も継続的に相談できるパートナーが欲しい

コンサルティング業界への支援実績No1:アクシスコンサルティング

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://www.axc.ne.jp/

アクシスコンサルティング』は、全業界のなかでも平均年収が高いコンサルティング業界に特化した転職エージェントです。

私達、編集部メンバーにはコンサルタントも多いので、コンサルティングファームやIT企業への転職で入社を考えている方には、よくオススメする転職エージェントです。

ボストン・コンサルティング・グループへの転職を支援した実績はかなり昔からあり、多くの支援実績があります。

各コンサルティングファームのパートナーやMDクラスとの親交が深く、アクシスコンサルティングにだけ先に依頼した非公開求人の紹介などの紹介をいただくこともあります。

コンサル業界でのキャリアを考えている方には、オススメできる転職エージェントだと思います。

  • BCGデジタルベンチャーズの年収や働き方などの話を気軽に聞いてみたい
  • BCG DigitalVenturesをはじめコンサル・IT業界でのキャリアを相談したい
  • 過去にBCG DigitalVenturesに入社した人(未経験を含む)が評価された経験やスキルを知りたい
  • BCG DigitalVenturesに合わせた職務経歴書の添削や面接対策をして欲しい

高年収オファーを企業から直接もらう:ビズリーチ(Bizreach)

おすすめ度:★★★★☆(5点満点中 4点)
【公式サイト】https://www.bizreach.jp

ビズリーチの名前は多くの方が御存じだと思いますが、ダイレクトリクルーティングサイトだということは知っていましたか?

ビズリーチは企業やヘッドハンターと求職者を直接結ぶサイトです。
登録するとビズリーチから求人提案が来るのではなく、登録している企業やヘッドハンターから連絡があります。興味がある求人を紹介されたら、その企業やヘッドハンターと電話やオンラインで面談する流れです。

BostonConsultingGroupを始め多くのコンサルティングファームはBizreach内で採用を定期的に募集しており、BostonConsultingGroupに直接応募して募集部署や採用求人の特徴を直接知ることができます。

BCG デジタルベンチャーズとはどういう組織で、どういう仕事をするのか、実際に働いている人の雰囲気は?を知るには、実際に話すことが一番確実です。

今は転職後もリモートワークが続く可能性が高いので、転職前に「オンラインで会っておく」のは転職後の疑似体験という意味でも大切です。

最近は、様々なコンサルティングファームや官公庁が求人を掲載しているので、自分で直接応募することが出来ます。(最近ではMckinseyやBCGも求人を掲載しています)

企業は転職エージェントに支払う手数料よりも採用コストが低いビズリーチの活用に積極的になっており、戦略ファーム・総合ファームだけでなく金融・不動産各社も求人掲載しています。

  • 金融・IT・コンサルファームから直接話を聞いてみたい
  • 金融・IT・コンサル業界への転職支援に強いヘッドハンターに出会いたい
  • 採用に積極的なBostonConsultingGroup等の企業から直接話を聞いてみたい


こういう方はビズリーチの登録もオススメです。1次情報より確実な情報はないので、その機会を得る為にもビズリーチに登録しておいてください。

*実際の応募は面接対策が出来る業界特化の転職エージェントも”併用”した方が良いと思います

私達が転職を考える時は、複数のエージェントに登録して各社を「比較・評価」することをオススメしています。

比較することで、より良いエージェント・求人を探せるのでメイン1社・サブ2社の合計3社は登録しておきましょう。

多くの人が1社だけ衝動的に登録して転職活動をしていますが、「同じ会社でも転職エージェントによって年収やポジションが違った」なんてこともよくあり、本当は年収を上げて入社できたのに・・・なんてことにもなりかねません。

よって、3社以上のエージェントに登録して、紹介求人が魅力的で対応が丁寧なエージェントと関係を作っていくことをやってみてくださいね。

まとめ|年収と採用!BCG DigitalVenturesの転職

いかがでしたか?

BCG Digital VenturesはデジタルBCGの4つの組織の内の1つで、既存のBCGのコンサルタントだけでなく、「ベンチャーアーキテクト・プロダクトマネージャー・クスペリエンスデザイナー・ストラテジックデザイナー・エンジニア・グロースアーキテクト」といった様々な職種方々と共にプロジェクトに望みます。

近年のBCGはデジタルBCGを中心にデジタル領域のケイパビリティを強化しており、BCG DigitalVenturesでも積極的に中途採用をしています。

最近は、過去の質問例や対策本が沢山でていますので、しっかりと準備して皆さんが希望するキャリアを実現していただきたいと思います。

特にGCG DigitalVenturesでは6つの職種で募集していますが、例えば「ベンチャーアーキテクト」といっても職務内容は幅広く、転職を考えている方も本当に「自分の前職経験が活かせるのか?」は分かりにくいことも多いと思います。

ボスコン/BCGに関する情報は、本記事でも御紹介したようにYoutube等にもたくさん掲載されているので参考にしつつ、実際にBCGで働かれた方に具体的なプロジェクトテーマや仕事内容を聞くことは非常に大切だと思います。

そういう意味でもコンサルティングファーム、特にBCG・デジタルBCGへの転職支援実績が豊富な転職エージェントへの相談は「自分の経験やスキルが活かせるか?」「逆に足らない部分をどう補えばいいのか?」を知るために非常に大切なステップになります。

私達も様々な方の体験談や私達がコンサルティング業界で働いた経験をもとに、情報を御紹介していきますが、是非、信頼できる転職エージェントとも情報交換をして皆さんが思い描くキャリアを実現していってくださいね!

皆さんが目指すキャリアを実現される実現されることを願っています!