戦略系

BCG|ボストンコンサルティンググループの中途転職年収!コンサルタントのアソシエイト・シニアアソシエイト・プロジェクトリーダの年収とボーナス

こんにちは。転職note編集部です。

最近、デジタル領域にかなり力を注いでいるBCGこと、ボストンコンサルティンググループではコンサルティングビジネスの拡大・成長に向けたコンサルタントの採用を拡大させています。

今回はそんなボストンコンサルティンググループに転職しようと考えている方に向けて、ボストンコンサルティンググループのコンサルタントの年収水準をご紹介します。

BCGは急速にデジタルチームの強化もすすめており「BCG」だけでなく「Digital BCG」等、新しい組織も出来ており「組織の違い」や「年収やボーナスは違うの?」といった声が聞こえてくるようになりました。

そこで本記事ではボストンコンサルティンググループで働かれているコンサルタントの方の仕事内容や年収水準・ボーナス等を実際にコンサルタントとして働いた経験がある私達編集部メンバーの経験を踏まえて御紹介していきます。

私達の就業経験の他、デジタルBCGでコンサルタントとして活躍された方へのインタビューも踏まえた執筆した記事となっています。

本記事で得られる情報・解決する悩み

  • BCGのコンサルタントとして想定される仕事内容
  • BCGのコンサルタントの年収水準とボーナス
  • BCGのコンサルタントの職位別年収水準
  • BCGのコンサルタントとして活躍する為に必要な準備とは?
  • BCGへの転職を相談できる転職エージェントはどこ?

コンサル転職ではキャリアの目標設定が大事

BostonConsultingGroupを始め多くのコンサルティングファームでは、一昔前よりも多くの人数を採用しています。

採用数の増加に合わせて、世の中にコンサルティングファームに関する情報が増えましたが、実際とは異なったイメージも広がってしまっていると思います。

その為、ファームに入社後、仕事内容やイメージにミスマッチを感じてしまう、想像よりもキツイと考えてしまう方がいらっしゃるのも事実です。

コンサルティング業界への転職では最初にファーム・部署・仕事内容を詳しく理解することと、「そもそも自分が実現したいキャリアは何か」を具体的に理解しておく必要があります。

アサイン(ASSIGN)は、ボストンコンサルティンググループへの転職事情にとても詳しいだけでなく、キャリアのゴール設計と達成にフォーカスしたエージェントです。

アサインではキャリアのゴールを言語化して、そこから逆算して今回の転職で目指す目標を定めてから求人を紹介してくれます。

さらに転職後もBostonConsultingGroupで入るべきプロジェクトや独り立ちまでに必要なスキル・ノウハウをどのように獲得していくかまで、本当に親身にアドバイスしてくれます(転職までの平均面談回数が5~6回と多く、”親身”を有言実行してくれます)

BostonConsultingGroupを始めコンサルタントのキャリアを考えてるけど「活躍できるか心配」「自分のキャリアを真剣に考えたい」という方は、全部無料でサポートしてくれるので気軽に相談してみてください。

ボストンコンサルティング(BCG)の年収制度とボーナス内訳

それでは早速ですがボストンコンサルティンググループの年収制度と残業代、賞与・ボーナスについてご紹介します。

デジタルBCG等の新しい組織ができ、エンジニアやデザイナー等の様々な職種を採用していますが、基本的には年収水準は統一しているとのことです。

ぜひ参考にしてくださいね。

ボストンコンサルティング(BCG)の年収制度

ボストンコンサルティンググループ(BCG)の年収制度は、実力主義の年棒制がベースです。

他のファームに比べて基本給が高めに設定されています。

ただプロジェクト等の評価によりボーナスで差がつくようにはなっており、昇進していくほどボーナスによる増減の幅は大きくなります。

現役社員曰く「目安としては年収1500万円の社員(コンサルタントクラス)で月給が100万円と賞与300万程度」とのことでした。(職種別の年収水準は次章に詳述しています)

また評価制度だけでなく、プロジェクトリーダークラスからのフィードバックも豊富で、他のファームに比べて評価制度に対する満足度が高いファームだと思います。

年収水準が高いので、ジュニアと呼ばれるアソシエイト職から昇進すると20代でも年収1000万円を軽く突破することができます。

ただ、ケース(プロジェクト)毎に難易度やパートナー・プロジェクトリーダーが異なり、どのパートナー・プロジェクトリーダーの元で働いているかで評価や昇進に対する満足度が異なるというコンサルファームあるあるはBCGにもあるそうです。

そこは各個人が自分がどういう評価を得たいのか、そして上司の期待値がどこにあるのか、を見極める必要があります。

ボストンコンサルティング(BCG)の残業時間と残業代

ボストンコンサルティンググループ(BCG)では毎月見込み残業時間として30時間が含まれており、超過分は残業代が支払われます。

近年の働き方改革が進んだことでリモートワークが浸透し、新卒のアソシエイトは20時で帰れたり、コンサルタントも22時頃には帰宅できる等、残業時間時間はかなり減っています。

ただケース(プロジェクト)の中間や最終報告前は流石に、遅くまで働くこともあります。

また、ケースによってクライアント常駐の程度や労働時間、残業代の支払等は大きく異なるのは、どのファームも同じです。

そもそもコンサルタントと言う職種が、時間労働ではなく成果労働のプロフェッショナル職のはずなので「残業代で稼ごう」という意識で入社を検討しない方が良いでしょう。

「クライアントの成果に必要である」ならば適切なリソースを割いてやるだけです。

ボストンコンサルティング(BCG)の賞与・ボーナス

ボストンコンサルティンググループのボーナスは、グローバルでのBCGの業績、日本法人の業績、個人のパフォーマンスによって決まります。

他の戦略系コンサルティングファームと同様に、年俸に締めるボーナスの割合は、職位が上がるほど上昇していきます。

職位別にみると次のような給与とボーナスの内訳になることがあるようです。

職位(タイトル)年収基本給賞与(年)
シニアアソシエイト1,100万円70万円260万円
コンサルタント1,600万円100万円200万円
プロジェクトリーダー2,100万円125万円600万円

賞与は評価で変わるので、個人個人で差が付くところですが、総じて多くの方の年収水準よりは高くなっていますね。

BCGのコンサルタントへの転職はアサイン(Assign)に相談!

BCGへの転職を考えたい!BCGのコンサルタントの年収を詳しく知りたい方は、アサイン(ASSIGN)という転職エージェントに相談してみてください。

アサイン(ASSIGN)はBCG・Digital BCGへの転職支援実績が豊富なので、かなり具体的なところまで説明してくれます。

また、転職対策がかなり手厚く、内定までに5~7回の面談をして、ケース面接をはじめ選考対策をしてくれます。

その為、選考通過率が非常に高く、上記の龍崎氏は60%(他の大手転職エージェントの平均内定率は4~5%)と圧倒的です。

また特にオススメをしている理由が、内定獲得後もファーム内でどういう動き方をしたらいいのか、最初に何を身につけないといけないのかをサポートしてくれるからです。


特に戦略ファームだと独り立ちできるまでの期間を如何にサバイブするかがとても大切になってきます。我慢・勉強・勝負するところを客観的に相談できるパートナーは非常に心強い存在になると思います。

私達も数多くの転職エージェントに登録しましたが、内定獲得後に転職して活躍するまでをサポートしてくれる転職エージェントは、他にほとんどありません。

コンサルティングファームへの転職を目指しているけど、「自分は何を目指したいのか分からない」「選考対策だけではなく転職後の活躍まで手厚くサポートしてほしい」という方は是非相談してみてください。

BCGコンサルタントの役職別・年齢別年収

続いてはボストンコンサルティンググループ(BCG)の役職別、年次別の目安年収をご紹介します。

BCGではアソシエイト・シニアアソシエイト・コンサルタント・プロジェクトリーダーと職位が上がっていきます。

コンサルタント職位になると年収が1,000万円を超えることになります。

中途で転職組だとシニアアソシエイトやコンサルタントで転職する人が多いと思いますので、転職すると早々に年収1,000万を超えるでしょう。


この水準は、総合コンサルファームと比較しても総合コンサルティングファームの年収水準の1つうえに設定されています。

総合コンサルティングファームのコンサルタント年収が、BCGのシニアアソシエイト年収が近いと思います。

目安年収|BCGコンサルタントの役職別・年齢別

BCGの役職年次(目安)年収(目安)
アソシエイト1年目~650~800万円
シニアアソシエイト3~5年目800~1,200万円
コンサルタント4~7年目1,200~1,800万円
プロジェクトリーダー5年目~1,800~2,500万円
プリンシパル実力次第3,000万円~
パートナー実力次第5,000万円~

BCGのコンサルタントの役職別・年齢別の目安年収一覧がコチラです。

業績や評価による賞与・ボーナスもあるので、あくまで目安ではありますが、基本的にはこうした水準の年収になると想定されます。

戦略ファーム間で比較すると同等程度かやや劣りますが、総合系やIT系のコンサルティングファームに比べると1タイトル上の給与水準になっています。

BCGシニアアソシエイトの年収事例

年収:1,100万円
—内訳
ベース年俸:840万円
ボーナス :260万円

BCGコンサルタントの年収事例

年収:1,500万円
—内訳
ベース年俸:1,200万円
ボーナス :300万円

BCGプロジェクトリーダーの年収事例

年収:2,000万円
—内訳
ベース年俸:1,500万円
ボーナス :500万円

BCGプリンシパル・パートナーの年収事例

年収:3,000万円~

BCGのコンサルタントへの転職はアサイン(Assign)に相談!

BCGへの転職を考えたい!BCGのコンサルタントの年収を詳しく知りたい方は、アサイン(ASSIGN)という転職エージェントに相談してみてください。

アサイン(ASSIGN)はBCG・Digital BCGへの転職支援実績が豊富なので、かなり具体的なところまで説明してくれます。

また、転職対策がかなり手厚く、内定までに5~7回の面談をして、ケース面接をはじめ選考対策をしてくれます。

その為、選考通過率が非常に高く、上記の龍崎氏は60%(他の大手転職エージェントの平均内定率は4~5%)と圧倒的です。

また特にオススメをしている理由が、内定獲得後もファーム内でどういう動き方をしたらいいのか、最初に何を身につけないといけないのかをサポートしてくれるからです。


特に戦略ファームだと独り立ちできるまでの期間を如何にサバイブするかがとても大切になってきます。我慢・勉強・勝負するところを客観的に相談できるパートナーは非常に心強い存在になると思います。

私達も数多くの転職エージェントに登録しましたが、内定獲得後に転職して活躍するまでをサポートしてくれる転職エージェントは、他にほとんどありません。

コンサルティングファームへの転職を目指しているけど、「自分は何を目指したいのか分からない」「選考対策だけではなく転職後の活躍まで手厚くサポートしてほしい」という方は是非相談してみてください。

ボストンコンサルティング(BCG)に転職!年収は?

ボストンコンサルティンググループ(BCG)へ中途入社する場合、基本的にはプロジェクトリーダーよりも下の職位で中途入社することになると思います。

BCGでは年齢で年収が決まるのではなく、役職によって年収レンジが決められています。

その場合、新卒・第二新卒と同程度で入社(アソシエイト)すると700万円前後となり、シニアアソシエイトやコンサルタントだと1,000~2,000万円程度になるでしょう。

ただ初年度から高い評価を得て賞与をたくさんもらえると思わず、まずは着実な成果を出して年俸分をもらうことと、次の1年に向けて前向きなフィードバックをもらえるように1つ1つのケースで全力を出すことが大切でしょう。

私達の友人にも総合系コンサルティングファームからBCGに転職した方がいますが「総合コンサルとBCGでは同じ役職でも年収が大きく異なる。BCGに転職してタイトルは変わらないが、年収が1.5倍(1000万円→1500万円)になった」という方もいました。

コンサルティング業界の経験が無い方は、前職で高いパフォーマンスを発揮していても職種が違うので、上記のような年収水準での転職になるでしょう。

そのため、30代前半で金融や大手デベロッパー、総合商社からなどからの転職であれば年収が下がる可能性もあります。

ただ、異なる職種への転職ではあるので、まずは1つ1つ周囲からの評価を得られるように努力していってもらいたいと思います。

BCGのコンサルタントの方がどのようなアウトプットを出しているかは、経産省等のHPにBCGの最終報告資料が掲載されています。

こうした資料から自身ならどのようにまとめるか、より良くするには何が変えられるか、どういうプロジェクトなのかを考えてみるのも良いでしょう。

BCG 経済産業省 H29商取引適正化・製品安全性に係る事業 最終報告資料

出典:経済産業省 H29商取引適正化・製品安全性に係る事業

BCGのコンサルタントへの転職はアサイン(Assign)に相談!

BCGへの転職を考えたい!BCGのコンサルタントの年収を詳しく知りたい方は、アサイン(ASSIGN)という転職エージェントに相談してみてください。

アサイン(ASSIGN)はBCG・Digital BCGへの転職支援実績が豊富なので、かなり具体的なところまで説明してくれます。

また、転職対策がかなり手厚く、内定までに5~7回の面談をして、ケース面接をはじめ選考対策をしてくれます。

その為、選考通過率が非常に高く、上記の龍崎氏は60%(他の大手転職エージェントの平均内定率は4~5%)と圧倒的です。

また特にオススメをしている理由が、内定獲得後もファーム内でどういう動き方をしたらいいのか、最初に何を身につけないといけないのかをサポートしてくれるからです。


特に戦略ファームだと独り立ちできるまでの期間を如何にサバイブするかがとても大切になってきます。我慢・勉強・勝負するところを客観的に相談できるパートナーは非常に心強い存在になると思います。

私達も数多くの転職エージェントに登録しましたが、内定獲得後に転職して活躍するまでをサポートしてくれる転職エージェントは、他にほとんどありません。

コンサルティングファームへの転職を目指しているけど、「自分は何を目指したいのか分からない」「選考対策だけではなく転職後の活躍まで手厚くサポートしてほしい」という方は是非相談してみてください。

ボスコン/BCGの年収はコチラもチェック

こちらにもボストンコンサルティンググループ(BCG)で働く方へのインタビューをふまえた情報をご紹介しています。

御興味がある記事があれば読んでみてくださいね!

BCGへの転職や年収を相談するべき転職エージェント

新型コロナウイルスの流行により、様々なクライアントがDXや働き方改革、事業転換等、様々な改革が求められるなかでBCGは積極的に中途採用を強化しています。

ただ、これまでも御紹介してきたように専門性のない転職エージェントに押し込まれるような転職だけは絶対に避けなければいけません。

もしBCGへの転職や年収をしりたいのであれば、コンサルティングファーム各社に詳しい転職エージェントに相談する必要があります。

BCGはデジタルBCGを立ち上げ、エンジニアやデザイナ-などの新しい職種も含めて、様々な募集が増えています。

この動きは総合系コンサルティングファームも同様で、コンサルティング業界に専門性のない転職エージェントは実態を知らないのでエンジニア職をコンサルタント職と言ったり、色々と混同していることもあります。

そこでBCGをはじめコンサルタントのキャリア形成に詳しく、コンサルティングファームへの転職や年収水準に詳しく、キャリア支援(棚卸→ゴール設定→実現に向けたアクションプラン策定等)で評判の高い転職エージェント・転職サービスをご紹介しますね。

転職note
編集部

転職市場の動向で「有効求人倍率」など、一般論を話してくる転職エージェントは要注意です。

*有効求人倍率はハローワークの求人数と応募数の割合です。ハローワークで紹介される警備員や建築現場作業員の求人倍率が、コンサルタントに紹介される求人の動向として参考に足る情報とはいえないでしょう。

企業から直接聞いた具体的な話やキャリアアドバイザー本人の体験談、過去に支援した人の実績など、実態のある話なのか?本当に役に立つ話をしているか?はアドバイスを受ける方もきちんと確認しましょう。

転職前から転職後まで手厚くサポートしてくれるASSIGN(アサイン)

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://assign-inc.com/

ASSIGN(アサイン)』は、キャリアを真剣に考える20~30代の方の転職を支援する特にコンサルや有名企業への転職支援に強い転職エージェントです。

実際にお話を伺いましたが「最初の面談で求人は紹介しない」「転職よりもキャリアのゴールが大事」「面接対策は何回でも」「転職後も一人立ちするまでサポート」と本当に手厚いサポートを実際にやっていることに驚きました。

(こんなにやってくれるエージェントさん他にいますか?)

様々なコンサルファームへの転職を支援した実績も豊富なのと、実際に支援してくれるエージェントの方が元コンサルタントの方が多いので、ファーム内で求められるレベルや視点・視座の高さをよく理解されているので、業界未経験の方は会話を通して”何を準備しないといけないのか”がよくわかると思います。

決して「上から目線」ということはなく、転職を検討されている方の1人1人のキャリアにコミットしてくれるので、過去の意思決定の棚卸から、目指すべきゴール、今選ぶ選択肢とロジカルに言語化してくれます。(コーチングに近い部分も多いように思います)

また転職後もサポートして定着化・独り立ちまでをサポートしてくれるので、コンサルティングファーム側からも高い評判を得ている転職エージェントです。

コンサルタントとしてプロフェッショナルのキャリアを考えている方は、必ず登録しておいた方がよいエージェントだと思います。

  • まずキャリアのゴールを相談したい
  • コンサルティングファームへの転職に向けて十分な選考対策をしたい
  • 多くの企業を受けてる余裕は無いので高い選考通過率で転職したい
  • BCGに入社した人(未経験を含む)が評価された経験やスキルを知りたい
  • BCGに転職した後も継続的に相談できるパートナーが欲しい

コンサルティング業界への支援実績No1:アクシスコンサルティング

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://www.axc.ne.jp/

アクシスコンサルティング』は、全業界のなかでも平均年収が高いコンサルティング業界に特化した転職エージェントです。

私達、編集部メンバーにはコンサルタントも多いので、コンサルティングファームやIT企業への転職で入社を考えている方には、よくオススメする転職エージェントです。

ボストン・コンサルティング・グループへの転職を支援した実績はかなり昔からあり、多くの支援実績があります。

各コンサルティングファームのパートナーやMDクラスとの親交が深く、アクシスコンサルティングにだけ先に依頼した非公開求人の紹介などの紹介をいただくこともあります。

コンサル業界でのキャリアを考えている方には、オススメできる転職エージェントだと思います。

  • BCGの年収や働き方などの話を気軽に聞いてみたい
  • BCGはじめコンサルティング業界でのキャリアを相談したい
  • 過去にBCGに入社した人(未経験を含む)が評価された経験やスキルを知りたい
  • BCGに合わせた職務経歴書の添削や面接対策をして欲しい
  • BCGの次のキャリアもあわせて話を聞ききたい

高年収オファーを企業から直接もらう:ビズリーチ(Bizreach)

おすすめ度:★★★★☆(5点満点中 4点)
【公式サイト】https://www.bizreach.jp

ビズリーチの名前は多くの方が御存じだと思いますが、ダイレクトリクルーティングサイトだということは知っていましたか?

ビズリーチは企業やヘッドハンターと求職者を直接結ぶサイトです。
登録するとビズリーチから求人提案が来るのではなく、登録している企業やヘッドハンターから連絡があります。興味がある求人を紹介されたら、その企業やヘッドハンターと電話やオンラインで面談する流れです。

BostonConsultingGroupを始め多くのコンサルティングファームはBizreach内で採用を定期的に募集しており、BostonConsultingGroupに直接応募して募集部署や採用求人の特徴を直接知ることができます。

BCGとはどういう組織で、どういう仕事をするのか、実際に働いている人の雰囲気は?を知るには、実際に話すことが一番確実です。

今は転職後もリモートワークが続く可能性が高いので、転職前に「オンラインで会っておく」のは転職後の疑似体験という意味でも大切です。

最近は、様々なコンサルティングファームや官公庁が求人を掲載しているので、自分で直接応募することが出来ます。(最近ではMckinseyやBCGも求人を掲載しています)

企業は転職エージェントに支払う手数料よりも採用コストが低いビズリーチの活用に積極的になっており、戦略ファーム・総合ファームだけでなく金融・不動産各社も求人掲載しています。

  • 金融・IT・コンサルファームから直接話を聞いてみたい
  • 金融・IT・コンサル業界への転職支援に強いヘッドハンターに出会いたい
  • 採用に積極的なBostonConsultingGroup等の企業から直接話を聞いてみたい


こういう方はビズリーチの登録もオススメです。1次情報より確実な情報はないので、その機会を得る為にもビズリーチに登録しておいてください。

*実際の応募は面接対策が出来る業界特化の転職エージェントも”併用”した方が良いと思います

私達が転職を考える時は、複数のエージェントに登録して各社を「比較・評価」することをオススメしています。

比較することで、より良いエージェント・求人を探せるのでメイン1社・サブ2社の合計3社は登録しておきましょう。

多くの人が1社だけ衝動的に登録して転職活動をしていますが、「同じ会社でも転職エージェントによって年収やポジションが違った」なんてこともよくあり、本当は年収を上げて入社できたのに・・・なんてことにもなりかねません。

よって、3社以上のエージェントに登録して、紹介求人が魅力的で対応が丁寧なエージェントと関係を作っていくことをやってみてくださいね。

まとめ|BCG ボストンコンサルティンググループの中途転職年収

いかがでしたか?

ボストンコンサルティンググループ(BCG)で働くコンサルタントの年収や給与・ボーナス事情を実際に働いているコンサルタントの方にのヒアリングも含めて詳しく御紹介させていただきました。

コンサルティングファームのなかでも高い年収水準であり、働くことで高度なビジネススキルが身に着くのでキャリアのなかで1度、様々な経験を積める時間になることは間違いないでしょう。

BCGへの転職は、過去の質問例や対策本が沢山でていますので、しっかりと準備して皆さんが希望するキャリアを実現していただきたいと思います。

またコンサルティング業界への転職支援に強みをもつ転職エージェントの方に相談するのもコンサルティングファームのなかだけでなく、「これから転職する人」「コンサルから次に行く人」のキャリアの話を聞けるので、とても有意義な時間になると思います。

転職先としてボスコン/BCGを考えている方は、就業経験があるからこそ、新しい見方・理解が出来る場合もあると思います。

転職エージェントだけでなく、最近はYoutubeや書籍など、様々な情報があるので、ぜひ積極的に見てみてくださいね!

私達も様々な方の体験談や私達がコンサルティング業界で働いた経験をもとに、情報を御紹介していきたいと思っています。

様々な情報ソースを使い、皆さんが目指すキャリアを実現される実現されることを願っています!