IT系

年収・求人は?アクセンチュアの福島県会津若松スマートシティAiCTの採用を徹底紹介

アクセンチュア/イノベーションハブ福島への
転職を成功させる!

新型コロナの流行を受けて、働き方やデジタル化の更なる推進等、アクセンチュアが求める採用候補の経験やスキルは多様化しています。

私達がアクセンチュアへの転職をした時に、一番、アクセンチュアの採用動向や年収情報、社内のキャリアパスなどを具体的に把握していたのは、コンサルティング業界への転職を長年支援してきたアクシスコンサルティングでした。

アクシスコンサルティングは、アクセンチュアのパートナーや人事から話を直接聞いた求人意欲(未経験者はOK?など)や各種条件、非公開求人を詳しく教えてくれます。

転職はまだ考えていなくても、最新の求人紹介やキャリアの相談に乗ってくれるので気軽に相談してみましょう!


1分以内で無料登録!/

<1分で終わる登録方法はコチラ>

こんにちは。転職note編集部です。

私達は、自分達の転職や副業経験を通して知りたかったのに手に入らなかった情報や手に入れるのに苦労した情報を纏めて御紹介しています。

今回はアクセンチュア株式会社が入居している、福島県会津若松市のICTオフィスビル「スマートシティAiCT(アイクト)」と同拠点でアクセンチュアが推進する「アクセンチュア・イノベーションセンター福島」を御紹介します。

同拠点では、データサイエンティストやシステムエンジニアをはじめとする次世代高度人材の配置を進めるほか、地元教育機関の卒業生やU、I、Jターン人材の採用を強化しています。

そんな、「スマートシティAiCT(アイクト)」と取り組み事例、そこでの採用や年収を御紹介します。
コンサルティング業界各社が進める社会課題解決でも、先進的かつ大規模な取り組みとなる為、是非確認してください!

アクセンチュア・イノベーションセンター福島

アクセンチュアが2011年8月、会津若松市内にアクセンチュア・イノベーションセンター福島を開設しました。

アクセンチュア同拠点において、産業振興と雇用創出を目的とする会津若松市の政策立案(復興計画の策定や魅力のある地域づくりのためのスマートシティ計画や地方創生総合計画など)を会津若松市や会津大学とともに支援してきました。

そして2019年、アクセンチュア・イノベーションセンター福島を、先端デジタル技術の実証フィールドとして位置づけ、さまざまな人材の交流や育成、地域経済活性化に向けた取り組みを推進する拠点として発展すると発表しました。

スマートシティAiCT(アイクト)って?

出展:会津若松市HP

まず、「スマートシティAiCT(アイクト)」は会津若松市が整備したオフィスです。

このオフィスは、様々な企業に入居してもらうことで、新たな人の流れや雇用の場を創出し、若者の地元定着や地域活力の向上を期待して開設されました。

元々、会津若松市は製造業などの大規模工場が海外に移転してしまうと共に、会津大学等の県内の若者の多く(会津大学の8割)が県外へ就職してしまい、県内の「生産年齢人口の減少」が大きな課題でした。

一方で、会津若松市は「12万人という都市の規模」と「地方都市としての典型的な産業構造と課題」は、ICTを使った実証実験をするのに適した環境を持っていました。

そこで、強みを活かした実証実験を通して「地方創生のモデル都市となり、他の地域への展開可能なモデルとなる」方向性を定め、「スマートシティAiCT(アイクト)」を設立したそうです。

アクセンチュアが福島県会津若松AiCTで担う2つの役割

福島県会津若松地域のスマートシティ化と地方創生

東日本大震災から5か月後の2011年8月から、アクセンチュアは会津若松市の 産官学金労言(産業界・官公庁・大学・金融機関、労働団体、言論界)” による震災復興・地方創生を支援しているそうです。

出典: 産業構造審議会 新産業構造部会 ご説明資料

資料内にもあるように、会津若松市は“産官学金労言”一体となった地方創生を推進する取組みとして「会津若松市まち・ひと・しごと創生包括連携協議会」を17年7月に発足しました。

アクセンチュアも同協議会に入っており、「市民中心の次世代社会の創造」を目指して、AI、ビッグデータ、IoTなどの先端デジタル技術を駆使した会津若松市の都市づくりを推進しています。

先進デジタル技術の実証実験

デジタル実証フィールドとして、市・大学・協議会・商工会議所・各医療機関、交通機関等、多くの地元組織と密に連携し、先進的な技術やアイデアを持つ企業と社会課題解決型の実証実験を行っています。

出典: 産業構造審議会 新産業構造部会 ご説明資料

この取組みは産業構造審議会 新産業構造部会の資料にも「官民データ利活用推進基本法案」の成立を経て、オープン・パーソナル・ビッグ・ディープデータを会津でためて、会津に集めて、適正に使える仕組みを国と共同作っていくとあり、国・地域とアクセンチュアが密接に連携した地域創生かつ復興活動の支援であることが分かります。

アクセンチュアのスマートシティ・実証事業の事例

地域情報ポータル「会津若松+」(市民向け総合窓口)

出典: 産業構造審議会 新産業構造部会 ご説明資料

一つ目の事例は、市民等にとって必要な地域情報をワンストップで取得可能なウェブサイト「会津若松+」があります

このサイトでは、個人の属性情報(年齢・性別・家族構成・趣味嗜好等)をふまえ、その人にとって必要な情報をレコメント表示する機能があり、市民と行政のコミュニケーション率が上昇しているそうです。

具体的には、除雪車位置情報サービス「市民ニーズの高い除雪車のリアルタイム位置情報を地図上に掲載」し、除雪される/したタイミングを分かるようにしています。雪深い会津地域では、通勤通学における重要な情報がリアルタイムで見れ、とても重宝されています。

他にもFreeWiFiの位置情報や店舗情報やイベントカレンダーを掲載する等、様々なサービス提供を行っているそうです。

IoTヘルスケアプラットフォーム事業(医療×IoT)

出典: 産業構造審議会 新産業構造部会 ご説明資料

事後対処(治療)から予防医療(ヘルスケア)へをテーマに「データに基づく健康アドバイス」の提供をしています。

本サービスでは、健康情報を個人の意思で提供し、健康サービスを受けることができます。

ウェアラブル端末やセンサー付きベッド/薬箱等を活用し、あやふやになりがち(特にお年寄り等)な自己申告による健康データに「客観性を担保する仕組み」を構築しています

この取組みにより、「予防医療の発展による医療費(さらには膨大な社会保障費)の削減」とともに、「会津発の革新的な健康サービス産業を創出する」ことを目標にされています。

アクセンチュアの会津若松での採用に応募する

アクセンチュアの会津若松採用では、コンサル業界に特化した転職エージェントのアクシスコンサルティングに相談するのがオススメです。

アクセンチュアの人事部やパートナーとの情報交換を通して、活躍できる人の特徴や必要な能力を細かく理解しています。また、長年業界に特化した転職支援をしている為、過去に転職した方との情報交換から、働き方やライフスタイルもよく理解しています。

「私でも転職できる?」や「転職した後の生活って?」「激務じゃないの?」といった本当に聞きたい疑問にも、生の情報で答えてくれます。

興味がある方は、是非相談してみてください。

1分以内で簡単登録!/

<1分で終わる登録方法はコチラ>

アクセンチュアの福島県会津若松の採用!求人と年収

アクセンチュア福島県会津若松での採用条件

アクセンチュア・イノベーションセンター福島の採用ページでは「テクノロジーコンサルティング本部の日本国内におけるデリバリー拠点の一つ」としている為、テクノロジーコンサルティング本部所属になります。

次にお仕事の内容や必要な能力を御紹介します。

アクセンチュア・イノベーションセンター福島(AIF)で提示された求人

ITテクノロジーのスペシャリストとして、様々な企業の課題を解決するシステム企画・開発を上流工程から担い、お客さまの事業変革からその実行までの全てを支えています。

多様化・複雑化を極めるビジネスの世界で、大きな存在価値を発揮できるエンジニアを目指してアクセンチュアでキャリアを構築できます。

本ポジションの勤務地である「 アクセンチュア・イノベーションセンター福島(AIF)」では、地方にいながらにして東京採用と同じく先端技術を活用したプロジェクトや、国境をまたぐグローバルなプロジェクトに参画することができます。

充実したトレーニングや、資格取得支援制度が整っているため、一層エンジニアとしてのスキルを磨くことができます。

一方で、自然に囲まれた暮らしやすい環境の中で腰を据えて働くことができるのも魅力です。

Big Data, Analytics、IoTなど、次代のキーとなる技術を身に着けて、ここ会津若松から世界に通じるキャリアを切り拓きましょう!

[会津]ソリューションエンジニア/ Accenture Technology

【募集要項】
・Javaを中心としたオープン系開発言語を用いたシステム開発経験
・iOS, Androidでのアプリケーション開発経験
・SAP, Oracle EBS, Hybris, Intramart等のパッケージ製品の導入経験
・ソフトウェア工学に基づいた品質管理経験
・一定のビジネススキル

転職ノート
編集部

テクノロジーコンサルティング本部所属なだけあって、システム開発・保守・運用経験が必要になるようですね。
ただ、規模や人数、また言語やプラットフォームは”不問”なので幅広いIT経験で応募が可能みたいですね。

アクセンチュア転職組が福島県会津若松で働く時の年収

アクセンチュアのテクノロジーコンサルティング本部ですとマネージャー職で1,000万円を超える年収になります。

年収が1,000万円を超えると都内でも余裕のある生活ができます。
アクセンチュアのスマートシティAiCT(アイクト)での採用では、生活の拠点を福島県会津若松市に置くことが出来ます。

物価水準が下がるのでか・な・り余裕のある生活ができます。

また、アクセンチュアは家賃補助が出ます。
他の総合ファームより160万前後(月家賃10万円×12ヶ月÷0.75)は額面が高い計算になります。

実際に具体的に賃貸物件を例に比較してみましょう。

アクセンチュアに転職して福島県会津若松で実現できる生活

当然ですが福島の物価は東京よりも低いので、コサンルタントで500万~900万の年収でもかなり余裕のある生活ができます。

例えば年収600万円だとアクセンチュアは年俸制なので12分割した50万円の月収、手取り40万円程度になります。

家賃は手取りの4分の1として10万円前後が現実的だと思います。
また家賃補助がスタッフレベルだと月3万円でるので13万円の物件に住むとします。

東京都白金・家賃13万円


家賃13万円だと広尾エリアで32㎡の物件に住むことが出来ます。

ただ駅近は難しく、都心部に住む場合は駅から10分以上離れたエリアになることも多いと思います。

独身であれば十分かもしれませんが、家族や子供がいると厳しいかもしれません。

また、ボーナスが無いので毎月貯金をしていくことを考えると、もう少し都心から離れる必要があります。

福島県会津若松・家賃7万円

会津若松で家賃13万円の物件が見つかりませんでした・・・

50㎡で家賃7万円!!
とても魅力的ですね。
しかも駅徒歩10分以内です。

家族や子供・貯金や将来への積立などを考えても余裕ができます。

アクセンチュア/テクノロジー本部での中途採用と転職対策

アクセンチュア/テクノロジー本部での中途採用と転職対策はコチラにまとめています。

福島以外にもテクノロジー本部での採用を知りたい方、転職に向けて準備をしたい方はコチラも御確認ください。

イノベーションセンター福島への転職成功ポイント

新型コロナウイルスの流行により、転職市場は1次的に止まりましたが、顧客のデジタル化や働き方改革のニーズはより強まり、アクセンチュアは業績と採用数を伸ばしています。

そんなアクセンチュアへの転職を成功させるポイントを御紹介します!

ポイント1:プロジェクトが取れている部署を知る
新型コロナウイルスの流行後、プロジェクトが取れている/取れていない部署の明暗が如実に出るようになりました。

入社後に長期アベイラブルになることを避けるために、求人元の部署が案件を取れているか、事前に確認が必要です。

ポイント2:求人意欲を確認する
求人にも様々な背景があります。
経験者採用のみ、マネージャー以上の採用のみなど、求人票に書かれていない企業の求人意欲を事前に確認しておくことが大切です。

ポイント3:最新の転職成功者の経験やスキルを知る
最後に、新型コロナ流行後の転職成功者の経験やスキルを知っておくことが大切です。

完全に同じ経歴になることは難しいですが、評価されたポイントと近い経験や能力を伝えることで転職可能性を上げることができます。

この3つのポイントは、転職エージェントに相談することで実現することができます。

コンサルタントのキャリア支援実績が豊富な転職エージェントに相談することで自分では実現できないスピードで具体的な情報収集ができます。

ただし、専門性がない・営業活動として捌きにくる転職エージェントには、以下の条件を明確に伝えましょう。

  • 目的を明確に伝える(情報収集・転職活動など)
  • 企業から直接聞いた生の求人情報を知りたいこと
  • 直近の転職成功者の経験やスキルを知りたい事

有効求人倍率など、一般論だけで話してくる人は要注意です。
*有効求人倍率はハローワークの求人数と応募数の割合です。ハローワークで紹介される警備員や建築現場作業員の求人倍率が、コンサルタントに紹介される求人の動向として参考に足る情報とはいえないでしょう。

企業から直接聞いている具体的な生の話を確認しましょう。

アイコン名を入力

転職エージェントに営業として捌こうとしてくる人も多いのも実態です。
私達もよく出会いますが、面接日程調整の丸投げやどのエージェントでも見るような求人しか出してこないエージェントには「他社との差がないこと」「●●をしてほしい」と自分の意思を伝えています
皆さんも転職エージェントとはお互いに敬意を持てる誠実な関係が築けるといいですね。

コンサル業界への転職支援No1:アクシスコンサルティング

<1分で終わる登録方法はコチラ>

アクシスコンサルティングはアクセンチュアをはじめとしたコンサル・IT業界への転職に特化した転職エージェントです。同業界への転職支援で豊富な実績があります。

各ファームのパートナーや人事から話を直接聞いており、コンサル業界全体の転職動向から各ファームで必要なスキルや経験をよく理解しています。

また、転職を日々支援するなかで、転職後に失敗してしまう方の傾向やコンサルタントの次のキャリアを含めて提案ができるのは業界特化の転職エージェントならではです。

  • 気軽にアクセンチュアの年収や働き方などの話を聞いてみたい
  • アクセンチュアをはじめコンサルタントのキャリアを相談したい(転職は未定)
  • 過去に転職した人が評価された経験やスキルを知りたい
  • アクセンチュアに合わせた職務経歴書の添削やケース面接対策をして欲しい

こういう方は、転職活動していなくても気軽にアクシスコンサルティングに相談してみてください。

外資系企業への転職支援に強い:JACリクルートメント

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)

【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp

JACリクルートメント』は日系大手企業や外資系企業の転職支援に強い転職エージェントです。

転職エージェントとしては、リクルート・dodaに続く第3位で、外資・内資問わずコンサルティングファーム各社への転職支援実績も多く、過去の選考通過者に聞かれた質問・回答例を豊富に教えてくれたのが印象的でした。(もうそれに従っておけばOKという感じです)

更に、キャリアコンサルタントを務める担当者のレベルが高く、会社全体で選考の通過率の高さを目標に掲げています。

その為、求人企業の採用ニーズを役員・人事・面接官レベルで熟知していて「次の面接官の●●さんは、■■の経歴で▲▲の観点で深堀されます」など、人事や面接官に合わせた超具体的なアドバイスがもらえます。その結果、書類・面接の選考通過率が非常に高かったです。

JACリクルートメントの社内組織は業界担当制で、採用企業と転職希望者を同じ人が担当します(リクルートやdodaは採用企業担当と転職希望者担当を別の人が担当しています)。その結果、私達(=転職希望者)への説明が、実際に採用企業から直接聞いた話をもとに話しているので、的確で具体的な転職アドバイスができます。

アクセンチュアへの転職・転職の支援では、ビジネスコンサルティングやテクノロジー等の本部、インダストリー別に担当する面接官がどういう人で、どういう質問をするかを知っておくことが非常に大切です。

実際に私達がJACリクルートメント経由で選考を受ける時でも、JACリクルートメントのキャリアコンサルタントの方は、過去の面接通過者が受けた質問と通過した回答を実績として蓄積しており、具体的にどういう回答をすればよいかを事前に教えてくれました。

転職支援が手厚いのでコンサルファームへの転職支援でも、かなり高い選考通過率を実現できます。限られた時間でハイキャリアを目指す方にはとてもよい転職エージェントだと思います。

▼JACリクルートメントに相談した方がいい方

  • アクセンチュアの年収や働き方などの話を気軽に聞いてみたい
  • 外資系を中心に中長期的なキャリアを相談したい
  • アクセンチュアの他にBig4など幅広く求人を知りたい

企業からも高年収スカウトが来るBizreach(ビズリーチ)

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)

【公式サイト】https://www.bizreach.jp

ビズリーチの名前は多くの方が御存じだと思いますが、ダイレクトリクルーティングサイトだということは知っていましたか?

ビズリーチは企業やヘッドハンターと求職者を直接結ぶサイトです。
登録するとビズリーチから求人提案が来るのではなく、登録している企業やヘッドハンターから連絡があります。興味がある求人を紹介されたら、その企業やヘッドハンターと電話やオンラインで面談する流れです。

アクセンチュアはBizreach内で中途採用を定期的に募集しており、アクセンチュアに直接応募して募集部署や採用求人の特徴を直接知ることができます。

最近は、様々なコンサルティングファームや官公庁が求人を掲載しているので、自分で直接応募することが出来ます。(最近、Mckinseyの掲載を見つけて驚きましたw)

企業は転職エージェントに支払う手数料よりも採用コストが低いビズリーチの活用に積極的になっており、戦略ファームや金融・不動産各社も求人掲載しています。(転職関連のサイトで掲載企業数が最も多いと言われています)

  • コンサルファーム・IT・金融企業から直接話を聞いてみたい
  • コンサル・IT・金融業界への転職支援に強いヘッドハンターに出会いたい
  • 採用に積極的なアクセンチュア等の企業から直接話を聞いてみたい

実際に応募するかは別にして、ビズリーチに登録して連絡がきた企業から話を聞いてみるのをオススメします。1次情報より確実な情報はないので、その機会を得る為にもビズリーチに登録しておいてください。

*実際の応募は面接対策が出来る業界特化の転職エージェントも”併用”した方が良いと思います

私達は転職活動の時に複数の転職エージェントに登録して各社を「比較・評価」します。比較することで、より良い転職エージェント・求人を探せるのでメイン1社・サブ2社の合計3社は登録しておきましょう。

多くの人が1社だけ衝動的に登録して転職活動をしていますが、「同じ会社でも転職エージェントによって年収やポジションが違った」なんてこともよくあり、本当は年収100万上げて転職できたのに・・・なんてことにもなりかねません。

よって、転職エージェントは3社以上に登録して、紹介求人が魅力的で対応が丁寧なエージェントと関係を作っていくことをやってみてくださいね。

まとめ

アクセンチュアは今後も同拠点での活動を広げ、地域創生とともに新たなテクノロジーの開発と蓄積、そして効果が出た施策の会津発展開を見据えています。

これまでの実績をもとに、経産省・会津若松市、そしてグローバルな大企業と共に新たなイノベーションを生み出す下地ができています。

地域拠点をコスト削減ではなく、イノベーションセンターとしていく動きは今後も注視していきたいと思います。

年収も20代~30代の転職組が多くなるシニアアナリストで550~650万(別途、家賃補助あり)がでると考えると、余裕を持った生活ができるでしょう。

先日、ロサンゼルスで開催されたCESでTOYOTAが静岡県での実証実験都市を発表していましたが、支社・地方=左遷・衰退といったイメージを覆し、地方を活性化するとともに地方からの新たなイノベーションが生まれてくることにもとても期待が持てました。

アクセンチュアで先進的な地方創生とイノベーションに関わりたい方は、転職エージェントに登録して、実際の取組みを確認してみてください。

皆さんが望むキャリアが実現されることを願っています。