MENU
外資系(一般論)

誰でも入れる大量採用でもアクセンチュア中途転職は厳しい!?多すぎて採用難易度が下がった?入社前に注意するべき”3つのなぜ”

こんにちは。転職note編集部です。

今回は、急成長を遂げているアクセンチュアがすすめる大量中途採用の実態を御紹介します。

アクセンチュアは「多すぎる」と思われるほど、大量採用をしていますが中途採用で転職する難易度は”誰でも入れる”ほど本当に下がったのか?転職事情を詳しく御紹介します。

また大量採用時代のコンサルタントキャリアは本当に転職する価値があるのか?どんなメリットがあるのか?転職すると時の注意点をコンサルティングファームで実際に働いた経験をもとに御紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

私達の就業経験の他、現在もコンサルティングファームで活躍するコンサルタントへのインタビューも踏まえて執筆した記事となっています。

本記事で得られる情報・解決する悩み

  • アクセンチュアって本当に大量採用しているの?
  • どんな人がアクセンチュアに転職してるの?
  • アクセンチュアはなぜ大量採用しているの?
  • アクセンチュアに転職するメリットって?
  • アクセンチュアの次のキャリアってどうなるの?

コンサル転職ではキャリアの目標設定が大事

アクセンチュアを始め多くのコンサルティングファームでは、一昔前よりも多くの人数を採用しています。

同時に、世の中にコンサルティングファームに関する情報が増えた一方で、実際とは異なったイメージも広がってしまっていると思います。

その為、ファームに入社後、仕事内容やイメージにミスマッチを感じて早期退職してしまう人が多いのも事実です。

コンサルティング業界への転職では最初にファーム・部署・仕事内容を詳しく理解することと、「そもそも自分が実現したいキャリアは何か」を具体的に理解しておく必要があります。

多くの転職エージェントが、この2つの深堀をせず、求人紹介や選考通過対策だけをしてしまっているのも、ミスマッチにつながる原因の一つとも思います。

コンサルティング業界を中心にキャリア支援をしているアサイン(ASSIGN)では多くの転職エージェントのように求人紹介から始めません。

まず転職を考えている方のキャリアゴールを設定し、ゴールから逆算して今回の転職で何を目指すのかを明確にしてから求人を紹介してくれます。

アサインではキャリアのゴールを定めてくれるだけでなく、転職後にコンサルタントとして独り立ちするまでに必要なスキル・ノウハウをどのように獲得していくかまで、本当に親身にアドバイスしてくれます(転職までの平均面談回数が5~6回と多く、”親身”を有言実行してくれます)

今は多くのファームが大量に中途採用をしていますが、その中でも1歩抜き出て、早くに成長して成果をだしたい!自分のキャリアを1段上にレベルアップしたい!という方は、全部無料でサポートしてくれるので気軽に相談してみてください。

Contents

なぜ!?アクセンチュアが大量採用する理由

アクセンチュアが大量採用している理由は大きく3つあります。

  • 稼働人数×人月単価のビジネスのみを運営している
  • プロジェクトを数多く受注できている(結果、人手不足)
  • 働き方改革で1人あたりの稼働時間を厳しく制限している

稼働人数×人月単価のビジネスのみを運営している

アクセンチュアが展開するビジネスはコンサルティングやSI事業です。

収益モデルは「稼働人数×人月単価」で、人月単価は市場相場がある為、相場よりも大きく上げることはできません。

結果的に売上を上げ続けるには「稼働人数」を増やすしかありません。

一人の人が働ける時間は限られているので、外部から人材を採用せざるを得ないのはアクセンチュアをはじめ多くのコンサルティングファームが抱えるビジネス拡大における課題です。

更にアクセンチュアは「プロジェクトの継続的な受注」と「1人当たりの稼働時間制限」があるので、他ファームよりも積極的に採用する構造になっています。

それぞれ詳細を次で御紹介しますね!

プロジェクトを数多く受注できている(結果、人手不足)

新型コロナウイルスの流行に伴い、多くの企業が事業環境が変わり、事業計画などの方向転換に迫られています。

またクライアント企業が社内に目を向けるとDX人材の採用・育成や新たな働き方の実現、それに伴う人事制度の見直しなど、様々なテーマで改革が必要になりました。

その改革の担い手としてプロジェクトを請け負う、戦略から実行まで幅広く請け負える多くのコンサルティングファームは、プロジェクトを担う人材の採用を強化しています。

特にアクセンチュアは戦略から実行までを一気通貫で担えること、更にデジタル領域の豊富な知見に基づき、数多くのプロジェクトを受注しています。

その結果、現場は数年前から常に人手不足と言われており、特に管理職未満のスタッフクラスは大量採用が続いています。

働き方改革で1人あたりの稼働時間を厳しく制限している

先日、アクセンチュアのスタッフの長時間労働による書類送検がニュースになりました。

それ自体は良いことではありませんが、アクセンチュアではプロジェクトPrideという働き方改革を進めており、多くのプロジェクトで労働時間は厳しく管理されています。

私達編集部メンバーの友人や知り合いが何人も務めていますが、スタッフクラスのコンサルタントは、プロジェクトの繁忙期や閑散期等の時期の問題もありますが、基本的には法令に違反するような長時間労働は無いと聞いています。

ただ、これまでアクセンチュアのコンサルタントが超長時間労働で実現していたアウトプットの品質を担保する為、1つのプロジェクトに多くの人員をアサインして稼働を分散させる等、より人手が必要になっているとも聞いています。

もちろん、マネージャーが仕事を巻き取って長時間労働で担保している面もあります。

ただ、労働時間を管理しているがゆえに、受注するプロジェクトあたりに必要な人数は多くなっているので積極的な採用をせざるをえなくなっています。

アクセンチュアへの中途転職は相談相手が大切です

最近はコンサルティングファームが採用数を増やしている為、「かっこいいから」「経営に関わりたい」「年収を上げたい」となんとなくコンサルティングファームに転職する方が増えています。

また、転職希望者のキャリアを考えず、紹介できるファームの求人だけを紹介する転職エージェントがいることも事実です。

その結果、ファーム転職後に期待やイメージと違いますし、仕事で求められる水準も高いので「なんとなく」の転職では、転職後に後悔してしまうことも多くなっています。

コンサルティング業界への転職を「なんとなくで失敗」しない為にも、アサイン(ASSIGN)という転職エージェントに相談してみてください。

アサインが他の転職エージェントと大きく異なるのは「転職」ではなく「キャリアの実現」にフォーカスをあててる点です。

「キャリアで何を実現したいか」を重視しているので、最初の面談では会社や求人の話をしません。

転職を希望する方が「キャリアを通して何を実現したいのか」を最初に明らかにして、その実現の為に必要であればコンサルティングファームの求人を紹介してくれます。

IT・コンサル領域でのヘッドハンターを務め、同領域のチームリーダーを務める龍崎氏もForbesのインタビューで次のように答えています。

「価値観が最初から明確な方はいません。対話を通し、私が持つ業界や職種の知見と紐付けながら徐々に形にする。目指すものが明らかになれば、次はどのように到達するか。キャリア戦略を練る。最後のステップで、到達手段としてようやく転職がある」

出典:ForbesCAREER インタビュー記事「転職後の定着率、驚異の100%」より

転職対策もかなり手厚く、内定までに5~7回の面談をして、ケース面接をはじめ選考対策をしてくれるので選考通過率が非常に高く、上記の龍崎氏は60%(他の大手転職エージェントの平均内定率は4~5%)と圧倒的です。

また特にオススメをしている理由が、内定獲得後もファーム内でどういう動き方をしたらいいのか、最初に何を身につけないといけないのかをサポートしてくれるからです。

私達も数多くの転職エージェントに登録しましたが、内定獲得後に転職して活躍するまでをサポートしてくれる転職エージェントは、他にほとんどありません。

コンサルティングファームへの転職を目指しているけど、「自分は何を目指したいのか分からない」「選考対策だけではなく転職後の活躍まで手厚くサポートしてほしい」という方は是非相談してみてください。

注意!大手コンサル各社でも転職難易度が下がっている

アクセンチュアだけでなく、大手のコンサルティングファームでは新卒・第二新卒・中途採用と大量に採用をしているファームは多くなっています。

理由は先ほど御紹介したとおり、新型コロナウイルスの流行に伴って多くの企業が事業環境が変わり、事業計画などの方向転換に迫られています。

またクライアント企業の社内に目を向けるとDX人材の採用・育成や新たな働き方の実現、それに伴う人事制度の見直しなど、様々なテーマで改革が必要になりました。

その改革の担い手としてプロジェクトを請け負う、戦略から実行まで幅広く請け負える多くのコンサルティングファームは、プロジェクトを担う人材の採用を強化しており、昔に比べて転職難易度は下がっているファームも多いでしょう。

転職後に如何に経験を積んで成長するかも注意して十分検討をふまえて転職をするなら、コンサルティングファームでの経験はオススメできると思います。

多すぎ?誰でも入れる!?アクセンチュアに転職すべき人

アクセンチュアに転職するべき人は次の3つの経験がある人には強くオススメできます。

  • 前職でIT・デジタル系の仕事を経験している
  • 高学歴の20~30代若手(コンサル業界未経験も可)
  • 前職がアクセンチュアのクライアントになるような大手企業勤務

それぞれ御紹介しますね。

前職でIT・デジタル系の職を経験している

まず前職でITやデジタル系の業界・職種についていた方にはオススメです。

アクセンチュアでは旧来型のコンサルティングファームが得意とするIT領域を構想策定~実装、保守・運用まで担うことができます。

更に、他のコンサルファームが苦手とするデジタル広告の運用や改善提案についても、以前にIMJというインターネット広告代理店を買収したことで、かなりの知見が溜まっておりインタラクティブを中心に得意としています。

こうしたIT・デジタル領域では他のファームよりも1歩も2歩も進んだケイパビリティを持っており、様々なプロジェクトを獲得している為、転職して活躍する機会が豊富にあるでしょう。

高学歴の20~30代若手(コンサル業界未経験も可)

学歴が高く、20~30代の若手であればコンサル業界での就業経験が無くても転職して活躍できる方が多いでしょう。

高学歴と言ってもMARCHや日東駒専でも活躍されている方はいらっしゃるので、特に中途で転職する場合は、学歴<<<”仕事で何をしてきたか・何が出来るか”が大事です。

また転職後に如何に努力して、周囲にキャッチアップしていくかが大事になる為、年齢が若く、コンサルティング業界で経験を積み、成長したい!より経営にかかわる仕事がしたい!という方は是非、チャレンジしてみて欲しいと思います。

前職がアクセンチュアのクライアントになるような大手企業勤務

前職がアクセンチュアのクライアントになるような大手企業勤務の場合は、アクセンチュアに転職できる可能性は”誰でも入れる”というほどではないですが、非常に高いでしょう。

アクセンチュアに転職しても、自分が在籍した会社や部署、競合他社のプロジェクトにアサインされる可能性も高いです。

コンサルタントとしてのスキルが足らない間は、業界の慣習や会社内の事情や力学等、これまで会社員として培ってきた経験や知識でバリューを出すことが大切です。

もちろんコンサルスキルを早くに身に着ける必要がありますが足らないところを経験で補うことができるので転職もしやすいですし、入社後に活躍もしやすいでしょう。

こういう方は大学時代の同期や友人にアクセンチュア勤務の方がいたら直接話を聞いてみるのも良いと思います。

組織構造や最近のプロジェクト事例など、同年代で今働いている距離の近い友人だからこそ聞ける話もあると思います。

アクセンチュアへの中途転職は相談相手が大切です

最近はコンサルティングファームが採用数を増やしている為、「かっこいいから」「経営に関わりたい」「年収を上げたい」となんとなくコンサルティングファームに転職する方が増えています。

また、転職希望者のキャリアを考えず、紹介できるファームの求人だけを紹介する転職エージェントがいることも事実です。

その結果、ファーム転職後に期待やイメージと違いますし、仕事で求められる水準も高いので「なんとなく」の転職では、転職後に後悔してしまうことも多くなっています。

コンサルティング業界への転職を「なんとなくで失敗」しない為にも、アサイン(ASSIGN)という転職エージェントに相談してみてください。

アサインが他の転職エージェントと大きく異なるのは「転職」ではなく「キャリアの実現」にフォーカスをあててる点です。

「キャリアで何を実現したいか」を重視しているので、最初の面談では会社や求人の話をしません。

転職を希望する方が「キャリアを通して何を実現したいのか」を最初に明らかにして、その実現の為に必要であればコンサルティングファームの求人を紹介してくれます。

IT・コンサル領域でのヘッドハンターを務め、同領域のチームリーダーを務める龍崎氏もForbesのインタビューで次のように答えています。

「価値観が最初から明確な方はいません。対話を通し、私が持つ業界や職種の知見と紐付けながら徐々に形にする。目指すものが明らかになれば、次はどのように到達するか。キャリア戦略を練る。最後のステップで、到達手段としてようやく転職がある」

出典:ForbesCAREER インタビュー記事「転職後の定着率、驚異の100%」より

転職対策もかなり手厚く、内定までに5~7回の面談をして、ケース面接をはじめ選考対策をしてくれるので選考通過率が非常に高く、上記の龍崎氏は60%(他の大手転職エージェントの平均内定率は4~5%)と圧倒的です。

また特にオススメをしている理由が、内定獲得後もファーム内でどういう動き方をしたらいいのか、最初に何を身につけないといけないのかをサポートしてくれるからです。

私達も数多くの転職エージェントに登録しましたが、内定獲得後に転職して活躍するまでをサポートしてくれる転職エージェントは、他にほとんどありません。

コンサルティングファームへの転職を目指しているけど、「自分は何を目指したいのか分からない」「選考対策だけではなく転職後の活躍まで手厚くサポートしてほしい」という方は是非相談してみてください。

アクセンチュアへの中途転職が厳しい!の秘密

大量採用!誰でも入れる!と言われる一方で「厳しい」という声も多く、注意が必要なのがアクセンチュアをはじめコンサルティングファームへの転職選考です。

何が厳しいのか?転職にチャレンジする人がつまずくポイントと対策を御紹介します。

ここに注意!ケース面接等の特別な選考プロセスがある

アクセンチュアでの選考ではストラテジー&マネジメントコンサル、インタラクティブ等の選考ではケース面接があります。テクノロジーやオペレーションでは、あまり実施されないと言われています。

このケース面接は日系の一般的な事業会社では、ほとんど行われない面接形式です。

「ある企業の成長戦略を考えよ」「●●業界の新事業を考えよ」等、テーマを与えられて15~30分で自分の考えを纏め、残りの時間で面接官とディスカッションしながら意見を纏めていく形で進みます。

短時間で思考の幅を広げ、自分の意見に纏める思考力と面接官と適切に意見交換をして一度まとめた考えをより高めるていくコミュニケーション力が求められます。

こうした鋭い思考力が求められる為、選考が厳しいと言われることがあります。

ただケース面接も様々なノウハウが溜まっており、しっかりと準備すれば通過率を上げることが出来るようになっています。

コンサルティングファームへの転職支援実績が豊富で、選考対策に十分な時間を取ってくれる転職エージェントに相談するようにしましょう。

アクセンチュアへの選考対策はコチラも一緒に御確認ください。

アクセンチュアは中途入社後が厳しい

またアクセンチュアの転職で「厳しい」と言われるのが転職後です。

特に転職自体が初めての若手の方で、コンサル業界未経験の方には難しいと感じる点が多いと思います。

例えば、こんな点は転職して焦ると思います。

  • プロジェクト形式で特定の上司・同僚がいない
  • プロジェクト毎にクライアントや扱うテーマが違うのでインプットが大変
  • フルリモート(が多い)のでプロジェクトメンバーとすら話す機会が少ない
  • 議事録等、資料のアウトプットのレビューが厳しい

特に仕事がプロジェクト形式なのは、明らかに働き方が変わる点だと思います。

プロジェクト毎にチームを組成してアサインされるので、特定の上司や同僚というのが分かりにくくなります。

転職後に社内で人間関係を上手く作らないと、会議の予約や簡単なツールの使い方にも困ることがあるかもしれません。

またプロジェクト毎にクライアントや扱うテーマが異なるので、毎回、新しい業界や企業、プロジェクト内容を理解しないといけません。

だからこそ急成長ができるのですが、始めて転職した方は「大変・厳しい」と感じる方も多いでしょう。

このように転職後に新しい環境になじむまで、資料のクオリティを含めて訓練して成長するまでの時間が必要です。

この点は、転職する前に転職先となる部署について、よく調べておいてくださいね。

アクセンチュアへの中途転職は転職後も相談できるパートナーが大事

最近はコンサルティングファームが採用数を増やしている為、「かっこいいから」「経営に関わりたい」「年収を上げたい」となんとなくコンサルティングファームに転職する方が増えています。

また、転職希望者のキャリアを考えず、紹介できるファームの求人だけを紹介する転職エージェントがいることも事実です。

その結果、ファーム転職後に期待やイメージと違いますし、仕事で求められる水準も高いので「なんとなく」の転職では、転職後に後悔してしまうことも多くなっています。

コンサルティング業界への転職を「なんとなくで失敗」しない為にも、アサイン(ASSIGN)という転職エージェントに相談してみてください。

アサインが他の転職エージェントと大きく異なるのは「転職」ではなく「キャリアの実現」にフォーカスをあててる点です。

「キャリアで何を実現したいか」を重視しているので、最初の面談では会社や求人の話をしません。

転職を希望する方が「キャリアを通して何を実現したいのか」を最初に明らかにして、その実現の為に必要であればコンサルティングファームの求人を紹介してくれます。

IT・コンサル領域でのヘッドハンターを務め、同領域のチームリーダーを務める龍崎氏もForbesのインタビューで次のように答えています。

「価値観が最初から明確な方はいません。対話を通し、私が持つ業界や職種の知見と紐付けながら徐々に形にする。目指すものが明らかになれば、次はどのように到達するか。キャリア戦略を練る。最後のステップで、到達手段としてようやく転職がある」

出典:ForbesCAREER インタビュー記事「転職後の定着率、驚異の100%」より

転職対策もかなり手厚く、内定までに5~7回の面談をして、ケース面接をはじめ選考対策をしてくれるので選考通過率が非常に高く、上記の龍崎氏は60%(他の大手転職エージェントの平均内定率は4~5%)と圧倒的です。

また特にオススメをしている理由が、内定獲得後もファーム内でどういう動き方をしたらいいのか、最初に何を身につけないといけないのかをサポートしてくれるからです。

私達も数多くの転職エージェントに登録しましたが、内定獲得後に転職して活躍するまでをサポートしてくれる転職エージェントは、他にほとんどありません。

コンサルティングファームへの転職を目指しているけど、「自分は何を目指したいのか分からない」「選考対策だけではなく転職後の活躍まで手厚くサポートしてほしい」という方は是非相談してみてください。

多すぎ?大量採用でもアクセンチュアをお勧めする理由

大量採用でもアクセンチュアへの転職は、特に若手の方にはオススメできます。

身に着く経験やスキル、年収等、様々な観点があるので、順番に御紹介しますね!

会社・組織全体を見る視点や高いビジネススキルが身に着く

コンサルティングファームで働くと、事業会社での仕事とは異なる視点が身に着く方が多いと思います。

もちろん全員ではないですが、営業や事務職だと組織全体を考えて経営課題を考える機会は少ないと思います。

アクセンチュアのコンサルタントになるとある企業のIT構想を作成したり、要件定義をしたりする際に、組織全体を見て課題を定義し、解決策を考えます。

これまでの視座を一気に上げて、より会社・組織全体を外部環境をふまえて見て考えることが多くなります。

また言語化するなかで上司とディスカッションしたり資料に落とす中で、自分の考えやドキュメンテーション能力が高まるのを実感する機会も多いと思います。

こうしたビジネススキルや考え方を短期間で身に着けることが出来るのはコンサルティングファームならではなので、「身に着けたい」と思える方にはオススメの転職先だと思います。

1千万越え!アクセンチュアの年収水準は高い

年収水準が高いのもアクセンチュアへの転職をオススメできる理由です。

管理職未満のスタッフクラスでも評価が良ければ年収1,000万を超えることがあります。

シニアコンサルタントであれば20代でなれるので20代~30代前半で年収1,000万、マネージャーに昇進すると1,200~1,600万程度でしょうか。

昔のようにスタッフが残業代で荒稼ぎすることはなくなったと思いますが、給与水準が多くの一般的な事業会社より高いので年収水準を上げることができます。

また家賃補助がある数少ないコンサルティングファームなので、毎月の固定費が浮くのも助かります。

年収水準が高いのはファームに在籍している時だけでなく、アクセンチュアから転職する時も基本的には前職の年収を考慮してくれるので、コンサルタントから転職する時も高い年収水準で転職することができます。

年収を上げるのは今だけではなく、将来にわたって皆さんの生活水準を高めることなので、アクセンチュアへの転職をオススメできる理由の1つに年収水準の高さを上げています。

アクセンチュアへの中途転職は転職後も相談できるパートナーが大事

最近はコンサルティングファームが採用数を増やしている為、「かっこいいから」「経営に関わりたい」「年収を上げたい」となんとなくコンサルティングファームに転職する方が増えています。

また、転職希望者のキャリアを考えず、紹介できるファームの求人だけを紹介する転職エージェントがいることも事実です。

その結果、ファーム転職後に期待やイメージと違いますし、仕事で求められる水準も高いので「なんとなく」の転職では、転職後に後悔してしまうことも多くなっています。

コンサルティング業界への転職を「なんとなくで失敗」しない為にも、アサイン(ASSIGN)という転職エージェントに相談してみてください。

アサインが他の転職エージェントと大きく異なるのは「転職」ではなく「キャリアの実現」にフォーカスをあててる点です。

「キャリアで何を実現したいか」を重視しているので、最初の面談では会社や求人の話をしません。

転職を希望する方が「キャリアを通して何を実現したいのか」を最初に明らかにして、その実現の為に必要であればコンサルティングファームの求人を紹介してくれます。

IT・コンサル領域でのヘッドハンターを務め、同領域のチームリーダーを務める龍崎氏もForbesのインタビューで次のように答えています。

「価値観が最初から明確な方はいません。対話を通し、私が持つ業界や職種の知見と紐付けながら徐々に形にする。目指すものが明らかになれば、次はどのように到達するか。キャリア戦略を練る。最後のステップで、到達手段としてようやく転職がある」

出典:ForbesCAREER インタビュー記事「転職後の定着率、驚異の100%」より

転職対策もかなり手厚く、内定までに5~7回の面談をして、ケース面接をはじめ選考対策をしてくれるので選考通過率が非常に高く、上記の龍崎氏は60%(他の大手転職エージェントの平均内定率は4~5%)と圧倒的です。

また特にオススメをしている理由が、内定獲得後もファーム内でどういう動き方をしたらいいのか、最初に何を身につけないといけないのかをサポートしてくれるからです。

私達も数多くの転職エージェントに登録しましたが、内定獲得後に転職して活躍するまでをサポートしてくれる転職エージェントは、他にほとんどありません。

コンサルティングファームへの転職を目指しているけど、「自分は何を目指したいのか分からない」「選考対策だけではなく転職後の活躍まで手厚くサポートしてほしい」という方は是非相談してみてください。

要注意!採用難易度の低さと入社後の活躍は別

確かにアクセンチュアを始め、多くのコンサルティングファームは昔に比べて採用数を大量に増やして、入社自体は戦略部門を除いてそこまで転職難易度が高いファームではなくなったかもしれません。

しかし、大切なのは入社後の活躍です。

コンサルティングファームに転職すると、最初~3つ目のプロジェクトぐらいまでは、仕事の仕方の違いや求められる水準の高さに苦労することがあるでしょう。

私達も転職当時に「自分にあっていないかも?」「実力が足らない・・・」と思ったことがあります。

当時を振り返って「自分に合っていない」「実力が足らない」と思った時に3つが必要だったと思います。

  1. 頑張るモチベーション(苦労の先に何を求めるのか)
  2. 何が足らないのかを客観的に言語化する
  3. 足らない能力を埋める為に取るべき適切なアプローチを見つける


特に①があるか無いかはモチベーションの源泉なので重要です。

自分で言語化できている方は頑張れると思います。ただ、自分でもうまく言語化できていない方は、是非アサイン(ASSIGN)という転職エージェントに相談してみてください。

アサインが他の転職エージェントと大きく異なるのは「転職」ではなく「キャリアの実現」にフォーカスをあててる点です。

「キャリアで何を実現したいか」を重視しているので、面談のなかで皆さんの価値観とキャリアで実現したいゴールを明確にしてくれます。

転職前であればこのゴールがあるからこそ「どこのどういうポジションに転職するべきか」が分かりますし、転職後も”ゴールに向かって頑張り続ける”ことができます。

もちろん②と③についても”転職後なのに!”サポートしてくれます。(ここまで転職ではなくキャリアにフォーカスした転職エージェントさんをほとんど見たことがありません・・・)

コンサルティングファームへの転職を目指しているけど、「自分は何を目指したいのか分からない」「選考対策だけではなく転職後の活躍まで手厚くサポートしてほしい」という方は是非相談してみてください。

コンサルファームへの転職を相談すべきエージェント

新型コロナウイルスの流行により、様々なクライアントがDXや働き方改革、事業転換等、様々な改革が求められるなかでアクセンチュアは積極的に中途採用を強化しています。

ただ、これまでも御紹介してきたように専門性のない転職エージェントに押し込まれるような転職だけは絶対に避けなければいけません。

またアクセンチュアは直接採用を強化しており、多くの転職エージェント経由の中途採用を行っていません。(外資系企業ではGoogleやMicrosoft等も同様で珍しいことではなく、日本での採用費用が高騰して海外本社からコスト低減の指示が出ることはよくあります)

もしアクセンチュアへの転職を考えているのであれば、ここまで御紹介してきた通り「自分がキャリアで何を実現したいのか」「今の転職で何を実現すべきなのか」は、目先の転職だけでなく、転職後も頑張り続ける為に非常に大切です!

そこで将来、コンサルタントとしてのキャリアを考えている方に向けて、コンサルタントのキャリアに詳しく、キャリア支援(棚卸→ゴール設定→実現に向けたアクションプラン策定等)で評判の高い転職エージェント・転職サービスをご紹介しますね。

転職note
編集部

転職市場の動向で「有効求人倍率」など、一般論を話してくる転職エージェントは要注意です。

*有効求人倍率はハローワークの求人数と応募数の割合です。ハローワークで紹介される警備員や建築現場作業員の求人倍率が、コンサルタントに紹介される求人の動向として参考に足る情報とはいえないでしょう。

企業から直接聞いた具体的な話やキャリアアドバイザー本人の体験談、過去に支援した人の実績など、実態のある話なのか?本当に役に立つ話をしているか?はアドバイスを受ける方もきちんと確認しましょう。

転職後まで手厚くサポートしてくれるASSIGN(アサイン)

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://assign-inc.com/

ASSIGN(アサイン)』は、キャリアを真剣に考える20~30代の方の転職を支援する特にコンサルや有名企業への転職支援に強い転職エージェントです。

実際にお話を伺いましたが「最初で求人は紹介しない」「転職よりもキャリアのゴールが大事」「面接対策は何回でも」「転職後も一人立ちするまでサポート」と本当に手厚いサポートを実際にやっていることに驚きました。

(こんなにやってくれるエージェントさん他にいます?)

様々なコンサルファームへの転職を支援した実績も豊富なのと、実際に支援してくれるエージェントの方が元コンサルタントの方が多いので、ファーム内で求められるレベルや視点・視座の高さをよく理解されているので、業界未経験の方は会話を通して”何を準備しないといけないのか”がよくわかると思います。

決して「上から目線」ということはなく、転職を検討されている方の1人1人のキャリアにコミットしてくれるので、過去の意思決定の棚卸から、目指すべきゴール、今選ぶ選択肢とロジカルに言語化してくれます。(コーチングに近い部分も多いように思います)

また転職後もサポートして定着化までをサポートしてくれるので、コンサルティングファーム側からも高い評判を得ている転職エージェントです。

コンサルタントとしてプロフェッショナルのキャリアを考えている方は、必ず登録しておいた方がよいエージェントだと思います。

  • まずキャリアのゴールを相談したい
  • コンサルティングファームへの転職に向けて十分な選考対策をしたい
  • 多くの企業を受けてる余裕は無いので高い選考通過率で転職したい
  • アクセンチュアに入社した人(未経験を含む)が評価された経験やスキルを知りたい
  • アクセンチュアに転職した後も継続的に相談できるパートナーが欲しい

コンサルティング業界への支援実績No1:アクシスコンサルティング

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://www.axc.ne.jp/

アクシスコンサルティング』は、全業界のなかでも平均年収が高いコンサルティング業界に特化した転職エージェントです。

私達、編集部メンバーにはコンサルタントも多いので、コンサルティングファームやIT企業への転職を考えている方には、よくオススメする転職エージェントです。

アクセンチュアへの転職を支援した実績はかなり昔からありコンサルタント・エンジニアのどちらでも多くの支援実績があります。(アクセンチュアが転職エージェント経由の採用を止めていますが、ファーム内のキャリアやポストコンサルポジションの相談をするのに十分な実績と知見を持っています)

各コンサルティングファームのパートナーやMDクラスとの親交が深く、アクシスコンサルティングにだけ先に依頼した非公開求人の紹介などの紹介をいただくこともあります。

コンサル業界でのキャリアを考えている方には、オススメできる転職エージェントだと思います。

  • アクセンチュアの年収や働き方などの話を気軽に聞いてみたい
  • アクセンチュアをはじめコンサル・IT業界でのキャリアを相談したい
  • 過去にアクセンチュアに入社した人(未経験を含む)が評価された経験やスキルを知りたい
  • アクセンチュアに合わせた職務経歴書の添削や面接対策をして欲しい

高年収オファーを企業から直接もらう:ビズリーチ(Bizreach)

おすすめ度:★★★★☆(5点満点中 4点)
【公式サイト】https://www.bizreach.jp

ビズリーチの名前は多くの方が御存じだと思いますが、ダイレクトリクルーティングサイトだということは知っていましたか?

ビズリーチは企業やヘッドハンターと求職者を直接結ぶサイトです。
登録するとビズリーチから求人提案が来るのではなく、登録している企業やヘッドハンターから連絡があります。興味がある求人を紹介されたら、その企業やヘッドハンターと電話やオンラインで面談する流れです。

アクセンチュアを始め多くのコンサルティングファームはBizreach内で採用を定期的に募集しており、アクセンチュアに直接応募して募集部署や採用求人の特徴を直接知ることができます。

最近は、様々なコンサルティングファームや官公庁が求人を掲載しているので、自分で直接応募することが出来ます。(最近、Mckinseyの掲載を見つけて驚きましたw)

企業は転職エージェントに支払う手数料よりも採用コストが低いビズリーチの活用に積極的になっており、戦略ファーム・総合ファームだけでなく金融・不動産各社も求人掲載しています。

  • 金融・IT・コンサルファームから直接話を聞いてみたい
  • 金融・IT・コンサル業界への転職支援に強いヘッドハンターに出会いたい
  • 採用に積極的なアクセンチュア等の企業から直接話を聞いてみたい

こういう方はビズリーチの登録もオススメです。1次情報より確実な情報はないので、その機会を得る為にもビズリーチに登録しておいてください。

*実際の応募は面接対策が出来る業界特化の転職エージェントも”併用”した方が良いと思います

私達が転職を考える時は、複数のエージェントに登録して各社を「比較・評価」することをオススメしています。

比較することで、より良いエージェント・求人を探せるのでメイン1社・サブ2社の合計3社は登録しておきましょう。

多くの人が1社だけ衝動的に登録して転職活動をしていますが、「同じ会社でも転職エージェントによって年収やポジションが違った」なんてこともよくあり、本当は年収を上げて入社できたのに・・・なんてことにもなりかねません。

よって、3社以上のエージェントに登録して、紹介求人が魅力的で対応が丁寧なエージェントと関係を作っていくことをやってみてくださいね。

まとめ:大量採用でもアクセンチュア中途転職は厳しい

いかがでしたか?

アクセンチュアが実際に大量採用している実態から、本当に”誰でも入れる”ほど転職難易度が下がったのか?まで纏めて御紹介させていただきました。

最近は、過去の質問例や対策本が沢山でていますので、しっかりと準備して皆さんが希望するキャリアを実現していただきたいと思います。

業界・企業という観点で情報収集をしたり、対策を練られると良いかと思います。

例えば「会社四季報」や「コンサルティング業界大研究」等で業界全体の動きや特徴を把握します。

またアクセンチュアに関する情報は、Youtube等にもたくさん掲載されています。
転職先としてアクセンチュアを考えている方は、就業経験があるからこそ、新しい見方・理解が出来る場合もあると思います。

様々な情報を積極的に見てみてくださいね!

情報収集では、アクセンチュアの役員や社員のインタビュー記事を日経新聞やビジネス情報誌で探して読んだり、エージェントに相談してアクセンチュアの生の情報を教えてもらうこともできます。

エージェントから求人票をもらうことで、求人要件として「どういう人・能力」を欲しているかを知ることができます。

更に、個人の選考対策では記事中で紹介したmotoさんの「転職と副業のかけ算」等で、何を準備するべきかを知ることができます。

私達も様々な方の体験談や私達がコンサルティング業界で働いた経験をもとに、情報を御紹介していきたいと思っています。

様々な情報ソースを使い、皆さんが目指すキャリアを実現される実現されることを願っています!