コンサルティング業界

年収低いの?体験談!クニエのコンサル中途採用組の給料と福利厚生(住宅補助はある?)

クニエはNTTデータ100%子会社として盤石な顧客基盤と共に、これまでの製造業向けの経営改革支援に加えてIT領域の支援にも注力して安定した成長と積極的な採用を続けています。

ファームへの転職を考えている方は噂に惑わされず、最新の状況・情報を知ることが最も大切です。コンサル・IT業界のキャリア支援に特化したアクシスコンサルティングなら簡単な登録で相談できます。

まずは話を聞くだけといった気軽な気持ちで話を聞いてみてください▼

1分で終わる簡単な登録で、転職難易度、実現できる年収モデル、活躍できる方の経験・キャリアを知ることができます。QUNIE(クニエ)への転職に興味がある方は気軽に相談してみてください!

転職note
編集部

こんにちは。転職ノート編集部です。
今回は、「国民の公益に資する心」「日本経済への貢献進」を志として、日本企業に真に役立つコンサルティングを少数精鋭で提供しているQUNIE(クニエ)中途入社組の年収と福利厚生を御紹介します。


QUNIE(クニエ)は2009年に設立されたNTTグループのコンサルティングファームとして知られ、もともと自動車業界や重工業、機械といった日本の高度経済成長を支えた製造業へのコンサルティングを得意としていました。その為、他のコンサルティングファームだとなかなか入りこめていない、巨大製造業のコア業務である、研究開発・設計・生産領域の改革が得意です。

またNTTデータ100%子会社であり、NTT系の会社からの仕事が多くなっています。システム開発は基本無く、上流のお手伝いが多くなっています。

そんなクニエで働くコンサルタントの年収水準と実現できる生活を具体的なイメージを持ってもらえるように御紹介します。

低い!?クニエ中途転職組の平均年収と福利厚生

クニエはコンサルティングファームのため、年収水準は一般企業よりも高いです。近年はコンサルティング業界全体が年収水準を上げて採用を強化していたこともあり、クニエも年収水準を上げていました。

若い時に年収水準を上げて他業界に転職、更に年収を上げる目的で他のBig4やアクセンチュア、戦略系ファームへの転職も可能です。

低い!?クニエの平均年収水準

クニエの年収水準は、20代~30代で転職する場合に最も多いタイトルであるコンサルタント~マネージャーだと450~1,200万円程度になります。

昔から製造業に強く、NTTグループになったことで強い顧客基盤があるため、企業としても安定しています。NTTグループとなって増えるDX系の案件で培う経験は、転職市場でも非常にニーズが高い貴重な経験を積めます。

成果を出せば昇進スピードが速く、各タイトルを3-4年で昇進していくので、20代後半~30代でマネージャーまで昇進することも可能です。インセンティブによっては大きく変わりますが、平均年収ではデロイトをはじめとするBig4より多少低くなっているようです。

ただ、Big4勤務の編集部メンバーの同僚にもクニエ出身者がおり、クニエからBig4やアクセンチュアへの転職は容易なようです。

クニエのボーナス制度

コンサルティングファームで一般的な年間評価に応じたインセンティブ(ボーナス)が評価に応じて月の1~3か月分支払われます。近年は、業績が好調で業績賞与も支払われています。

評価制度は、年に1回の評価会議で決まります。
評価は評価者が決められて評価会議で行われますが、評価者がプロジェクトの上司であるとは限らないので評価内容の納得感が比較的低いようです。

ただ、評価会議とプロジェクト上司以外の人による評価という制度は、多くのコンサルティングファームで取り入れられています。評価会議の内情は、コサンル業界ではないですが元P&Gで現在は株式会社 刀を創業した森岡毅さんの「マーケティングとは「組織革命」である。 個人も会社も劇的に成長する森岡メソッド」で具体的に書かれているので、興味のある方は読んでみてください。

クニエの福利厚生(住宅補助は?)

  • 住宅補助・寮は無し
  • ベネフィットステーション
  • 有給休暇が年10日、リフレッシュ休暇が3日付与
  • NTTグループとしてNTTの企業年金

ベネフィットステーションの利用や各種休暇の付与は、一般的な大手企業と同じようにあります。特にプロジェクトの合間で長期休暇も取りやすいので、連休は一般企業より取りやすいでしょう。

逆にNTTデータと同じような住宅補助や寮の制度はありません。

クニエに転職するための最新情報を集める

クニエは一般的な事業会社よりも年収水準が高く、評価次第でマネージャーで1,000万円を超えます。多くの総合系ファームより数百万円下回りますが、クニエでの実績をもとに様々なファームや事業会社にキャリアップしている人が多いです。

実際に私達編集部の同僚にもクニエ出身の方が多いですが、ファームでの経験があるので他の中途入社者よりも着実に昇進している印象があります。

クニエでのキャリアを実現するのに「どういう経験が必要なの?」「今出ている求人は?」「活躍する人のキャリアって?」等、分からないことも多いのがコンサルティング業界だと思います。

そういう方は、コンサル業界に特化して転職を支援しているアクシスコンサルティングに相談すれば、クニエを始め各ファームのパートナー・人事と情報交換しており、最新のコロナ禍での採用意向を把握しています。

「転職を考えてみたい」「まずは情報招集したい」という方でも問題ないので気軽に相談してみてください。

公式サイトでオンライン相談

【体験談】クニエで実現できる生活水準

コンサルタント(独身)のライフスタイル

25歳 女性 独身
コンサル

年収500-600万ぐらいがボリュームゾーンだと思います。
手取りは月30万前後ぐらいです。
独身だと都心は難しい気がします。清澄白河や月島など、山手線の外側近くに住んでいる人が多いと思います。
友達と飲みに行くのは大衆店も含めて候補にあがります。
最近は、リモートワークで自炊も増えましたが、テイクアウトぐらいなら値段を気にせずに買うことができます。

清澄白河 徒歩5分 家賃9万円/1K/3F

オフィスが大手町なので半蔵門線・千代田線沿いが多いと思います。
丸ノ内線や東西線は今はリモートワークが多いですが、通勤時は非常に混雑するため、あまり住む人が少ないと思います。

半蔵門線だと清澄白河が物価も安く、適度に静かで住みやすいと思います。
家賃も10万円前後で綺麗な物件に住めるので、Big4系のファーム含めてスタッフクラスだと住んでいる人が多いと思います。

シニアコンサルタント(独身)のライフスタイル

28歳 男性 独身
シニアコンサル

年収700-800万ぐらいがボリュームゾーンだと思います。
手取りは月40万前後ぐらいです。
独身だと都内で1R30㎡前後で家賃10万強の部屋に住んでる人が多いです。デートでも月に数回なら全額奢っても困りません。
ただ、港区や千代田区の一等地だと部屋が狭くなり、リモートワークが多い最近は少し遠くに引越す人も多いです。

水天宮前 徒歩5分 家賃13万円/1DK/5F

大手町のオフィスから半蔵門線・千代田線沿いでタクシーを使うことも考えると、水天宮前・人形町・小伝馬町あたりが多くなります。
丸ノ内線や東西線は今はリモートワークが多いですが、通勤時は非常に混雑するため、あまり住む人が少ないと思います。

ご飯屋さんも多く様々な駅へのアクセスもいいので、水天宮前や人形町あたりは住んでいる人が多いです。最近はリモートワークが増えて1Kや1Rから1DKや1LDK等で寝る部屋と仕事をする部屋を分けられる部屋に引越している人も多いです。

マネージャー(独身)のライフスタイル

32歳 男性 独身
マネージャー

年収1,100万ぐらいがボリュームゾーンだと思います。
手取りは月40~50万円ぐらいです。

結婚のことと将来もこの業界にい続けるか分からないので、都内で1K~1DKで家賃15万前後の部屋に住んでる人が多いです。デートで行くお店は8,000円~が多いと思います。お金の使い方は人によると思いますが、時計や車など大きくお金を使わなければ自然と溜まっていく年収だと思います。

人形町 徒歩4分 家賃14万円/1LDK/10F

マネージャーになると年収も1千万を超えてくるので、マンションのグレードも多少は上がるように思います。年齢的にも家やマンションの購入を考える人も多いですね。

エリアは大手町のオフィスから半蔵門線・千代田線沿いでタクシーを使うことも考えると、水天宮前・人形町・小伝馬町あたりが多いのは変わらないです。丸ノ内線や東西線は今はリモートワークが多いですが、通勤時は非常に混雑するため、あまり住む人が少ないと思います。

最近はリモートワークをすると1DKや1LDK等で寝る部屋と仕事をする部屋仕事とプライベートを分けている人が多いです。地方に引越したい気持ちもありますが、クライアントワークで出張になる場合があるので、極端に地方に引越せないのが悩みどころですね。

クニエに転職する最新情報を集める

クニエは一般的な事業会社よりも年収水準が高く、評価次第でマネージャーで1,000万円を超えます。多くの総合系ファームより数百万円下回りますが、クニエでの実績をもとに様々なファームや事業会社にキャリアップしている人が多いです。

実際に私達編集部の同僚にもクニエ出身の方が多いですが、ファームでの経験があるので他の中途入社者よりも着実に昇進している印象があります。

クニエでのキャリアを実現するのに「どういう経験が必要なの?」「今出ている求人は?」「活躍する人のキャリアって?」等、分からないことも多いのがコンサルティング業界だと思います。

そういう方は、コンサル業界に特化して転職を支援しているアクシスコンサルティングに相談すれば、クニエを始め各ファームのパートナー・人事と情報交換しており、最新のコロナ禍での採用意向を把握しています。


「転職を考えてみたい」「まずは情報招集したい」という方でも問題ないので気軽に相談してみてください。

1分以内に無料登録!/

公式サイトでオンライン相談

激務なの?クニエの働き方

26歳 女性
コンサルタント

ファーム全体として実行系・業務系の長期プロジェクトが多いです。その為、プロジェクトにアサインされると長期化して「プロジェクトの合間に長期休暇」というのが難しいのも実情です。
逆いうとアサインが安定しているので「リリース後にアベイラブルが長期化する」といった心配をする必要は少ないように思います。

25歳 男性
コンサルタント

マネージャーはスタッフ(マネージャー未満)の稼働時間をコントロールする責任があるので、スタッフクラスの労働時間で深夜や休日に稼働することは少ないように思います。あまりに仕事一辺倒な人は少ないと思います。
ただ、事業会社と比較したら労働時間は長いですし、会社に報告していなくても仕事をしている時間もあります。

28歳 女性
シニア
コンサルタント

他のファームも同じだと思いますが、やることをやっていれば有給の取得も問題ありません。ただ、プロジェクト次第ですし、上司次第なので自分が望む働き方が出来るクライアントのハンドリングが上手い上司との関係性を作る・信頼関係を作ることも自分の仕事だと思っています。

32歳 男性
マネージャー

マネージャーは継続で大きなプロジェクトを発注してくれるクライアントがいる人は良いと思います。
ただ数字が足りないマネージャー、プロジェクトの状況がひっ迫しているマネージャーは深夜・休日問わず働いています。これはどのファームも同じだと思いますが、全体の品質管理を担う中間管理職は激務になりガチです。

30歳 女性
シニア
コンサルタント

私は素晴らしいリーダーのものとで働ける経験を多くさせてもらいましたが、なかにはパワハラ・セクハラ気質のリーダーも居ました。そういう人の下につくと本当に長時間労働ですし、資料のレビューも厳しかったです。
ビジネスマンとしての成長は出来ますが、長く働くことは難しい(もともとコンサルってそういう業界ですが)と感じています。

26歳 男性
コンサルタント

企業自体は安定しているものの、日系企業的な社内の付き合いが多く、ゴルフやバーベキューがあった。最近はコロナでないものの仕事が休日に入ることもあり、デロイトやPwCの方が年収面でも良いオファーが提示されるので、転職は良く考える。

クニエへの転職活動を成功させるポイント!

NTTグループという分厚い経営の土台があり、2020年3月末の第16期決算では、純利益14億(+16.8%)と引続き成長しています。

新型コロナウイルスの流行により、転職市場は1次的に止まりましたが、顧客のデジタル化や働き方改革のニーズはより強まり、業績と共に採用数を伸ばしています。

クニエへの転職を成功させるポイントを御紹介します!

クニエを始めコンサルティング業界への転職では、情報収集が転職成功のポイントになります。そもそもネットや本を含めて情報が少ないにもかかわらず、転職の選考では「どういう仕事がしたいか」「クニエで何をしたいか」という質問が来ます。要は、簡単なネット検索だけでなく、どれだけ自分なりに調べて考えられているかを見られます。

その為、新しい生の情報を得ることがキャリアを考える、転職を受けて成功させるのに重要です。そこで、クニエへの転職では、コンサル業界に専門性があり、企業との信頼関係構築ができている社歴の長い企業と情報交換をして、自分が実現したいキャリアに向けた準備をしていってください。

コンサル業界への支援実績No1:アクシスコンサルティング

1分で簡単登録!/

公式サイトでオンライン相談

<1分で終わる登録方法はコチラ>

アクシスコンサルティングはクニエなど、コンサル・IT業界への転職に特化した転職エージェントです。同業界への転職支援で豊富な実績があります。

各社・各ファームのパートナーや人事から話を直接聞いており、コンサル業界全体の転職動向から各ファームで必要なスキルや経験をよく理解しています。ポストコンサルも支援しているので、クニエの次のキャリアを見据えた長期的なキャリアサポートをしてくれます。

また、転職を日々支援するなかで、転職後に失敗してしまう方の傾向やコンサルタントの次のキャリアを含めて提案ができるのは業界特化の転職エージェントならではです。

  • 気軽にクニエの年収や働き方などの話を聞いてみたい
  • クニエやBig4等、コンサルタントのキャリアを相談したい(転職は未定)
  • クニエに転職した人が評価された経験やスキルを知りたい
  • クニエの戦略や求人部署に合わせた職務経歴書の添削や面接対策をして欲しい

こういう方は、転職活動していなくても気軽にアクシスコンサルティングに相談してみてください。

求人数と転職支援実績No1:リクルートエージェント

公式サイトでオンライン相談

リクルートエージェントは、言わずと知れた転職エージェントの最大手です。

リクルートの圧倒的な営業力で企業から多くの求人を獲得しています。
また、企業側から見ても紹介数が多い企業を雑には扱えないので、年収や入社日などの条件交渉も強いのが特徴です。

比較的に短期で転職を決めようとする傾向にはあるので、出来るだけ短期間に転職を決めたい方にオススメです。

  • 初めての転職で職務経歴書や面接準備を手厚く準備したい
  • 監査法人系や大手コンサルなど幅広く求人を知りたい
  • 転職活動を引っ張ってもらい短期で転職先を決めたい

こういう方はリクルートエージェントに登録しましょう。

転職サポートが手厚い:doda

公式サイトでオンライン相談

1~2回目で職務経歴書や面接に自信が無い方には、dodaはオススメです。
類似経験が書かれた職務経歴書のフォーマットを送ってくれたり、個別相談や自己分析支援など、中長期的に転職活動を手厚くサポートしてくれます。

手続きのシステム化が進んでおり、マイページを持つと求人の提案が続々と来ます。興味ある案件を「お気に入り登録」していくと、だんだん希望に沿った求人が届くようになります。

クニエの転職を相談すると同時に、近い年収や条件の提案をもらえるので、早めに登録しておきましょう。

  • 初めての転職で職務経歴書や面接準備を手厚く準備したい
  • クニエを中心にコンサルキャリアの可能性を広げたい
  • 自分のペースを大切にしつつ、色々と相談したい

dodaは紹介求人数が多く、サイトで自分で探すこともできます。
また連絡やサポートが丁寧で、営業っぽくしないので編集部メンバーも毎回使うメンバーが多いです。こういう方はdodaに登録してみてください。

私達は転職活動の時に複数の転職エージェントに登録して各社を「比較・評価」します。比較することで、より良い転職エージェント・求人を探せるのでメイン1社・サブ2社の合計3社は登録しておきましょう。

多くの人が1社だけ衝動的に登録して転職活動をしていますが、「同じ会社でも転職エージェントによって年収やポジションが違った」なんてこともよくあり、本当は年収100万上げて転職できたのに・・・なんてことにもなりかねません。

よって、転職エージェントは3社以上に登録して、紹介求人が魅力的で対応が丁寧なエージェントと関係を作っていくことをやってみてくださいね。

まとめ

クニエは、NTTグループに入ったことで顧客基盤が厚くなりました。
また、近年の採用強化に伴い年収水準がBig4と変わらなくなり、マネージャーになることで年収1,000万を超えることが可能になります。

家賃補助や寮の制度はありませんが、1,000万を超えれば都内の賃貸でも生活には大きく困ることは無いでしょう。

新型コロナ流行後、リモートワークで「複数の部屋がある家に住みたい」という声もよく聞こえてきますが、都内でも実現できるでしょう。

シニアコンサルタント・マネージャーになると他のファームへの転職、事業会社に出戻りも年収を上げて転職できるので、一度ファームでの経験をしておくのもいいでしょう。

クニエへの転職ではアクシスコンサルティングへの相談が必須です。
コンサルティング業界への転職に強みがあり、転職エージェントがコロナ禍での市場動向と過去の求人条件を理解して説明してくれます。

転職市場全体では、もちろんよくないですが業界・業種によっては業績を回復・成長しているところがあります。

漠然と不安に思うぐらいであれば、自分の市場価値を知り、クニエへの転職可能性や必要な経験を知ることで、具体的な将来の選択肢を得ることができます。

クニエ以外にも高年収な求人を提案してもらえる可能性もあるので、是非登録して相談してみましょう。