IT系

どっち?経験者がアクセンチュア・デロイト・PwCを比較

こんにちは。転職ノート編集部です。
私達は、全員で20回以上の転職経験があり、様々な業界で働いた経験を持つ年収1千万を超えるコンサルタントを中心とした執筆チームです。

今回は特に強い人気を誇る、知名度の高さや採用人数、平均年収の高さと就職後のキャリアの多様性等で引き続き人気の転職先であるコンサルティング業界から人気の企業を御紹介します。

本記事では、IT系のアクセンチュア、会計系のデロイト トーマツ コンサルティング(以下、デロイト)、PwCコンサルティング/アドバイザリー(以下、PwC)を比較してご紹介します。

各社共にデジタル領域や社会課題解決、働き方改革等、Withコロナ時代にこれまでにない新しい取組みを進めています。

個別にある各社の情報を纏めて比較・整理し、転職活動を始める方や活動中の皆さんの役に立てば幸いです。

Withコロナ時代にコンサル業界への転職を成功させる!

新型コロナの流行を受けて、働き方やデジタル化の更なる推進等、アクセンチュアやBig4が中途採用に求める採用候補の経験やスキルも変わってきています。

最新の求人意向や年収などの各種条件はコンサルティング業界への転職を長年支援してきたアクシスコンサルティングに確認しましょう。

各ファームのパートナーや人事から直接聞いた求人意欲(未経験者はOK?など)や各種条件、非公開求人を詳しく教えてくれます。

行動しないと何も変わらないので、転職を考えている人は早めに登録して、自分にあった求人の有無と条件を確認しておきましょう!

1分以内で無料登録!/

アクシスコンサルティング公式サイト

<1分で終わる登録方法はコチラ>

コンサルティング業界の仕事と企業分類

コンサルティング業界の仕事

マッキンゼー&カンパニーやBostonConsultingGroup等、名前が知れたファームを始め、「経営コンサルタント」のクライアントは主に企業のトップや経営幹部の方々になります。

百戦錬磨のビジネス経験を持つ彼等に助言を与え、納得させられるだけの知識・情報力やノウハウ・理論を持った「専門家」になることは容易ではありません。

コンサルティング会社が請負う仕事のテーマは多岐に渡ります。

例えば、「他社との競争に勝ち、自社の成長を確かなものにする中長期的な経営戦略を立案したい」「ある商品の効率的な販売システムを構築したい」「海外子会社の人事制度を見直したい」「生き残りをかけコストカットをしたい」等、様々です。

2010年1月に倒産した日本航空(JAL)の再建には、ボストン・コンサルティング・グループ*1やPwCアドバイザリ、経営共創基盤等*2、複数社が関わり、JALの不採算路線の撤退や大型機の売却、人員削減等を経営改革として断行しています。

他にも、郵政民営化ではMckinsey&Company*3、ファーストリテイリング社のデジタル改革におけるアクセンチュアとの協業等 *4、名だたる企業の経営改革をコンサルティングファーム各社が支援してきました。

*1.出典 ボストン コンサルティング グループ リリース資料「ボストンコンサルティングと契約=日航、外部の目で営業改革
*2.出典 国土交通省PressRelease「JAL再生タスクフォース」の設置について
*3.出典 内閣官房郵政民営化「郵政民営化に関する有識者会議メンバー」
*4.出典 ファーストリテイリング社リリース「ファーストリテイリング、デイタルイノベーション推進のための新会社を設立」

コンサルティング業界の企業分類

そんなコンサルティング業界の各社は、明確な決まりはないですが、過去の経緯や扱うプロジェクトのテーマから「戦略系・会計事務所系(監査法人系) ・IT(システム)系」の3つに分類されることが多いです。

戦略系は戦略分野、会計系は会計・財務分野、IT系はIT分野でコンサルティングサービスを提供していました。

そこから会計やIT系が戦略領域のサービスを提供するようになり、一部の戦略系が規模拡大とともに戦略以外の分野でもサービスを提供するようになり、各社の提供サービス領域に大きな違いがなくなってきました

更に近年はクライアントのデジタル化ニーズが高まり、各ファームは旧来的なITシステムの導入に限らず様々なデジタル化を支援する為の買収や新会社の設立等、新たな取り組みを推進しています。

特に新型コロナウイルスの流行後、リモートワークの拡大に伴い、人事や各種制度・オフィスの見直しなど、そもそもの働き方の見直しなども進んでいます。

戦略系

企業全体に関わる経営課題を発見・解決したり、経営上重要な事業が成功する為の戦略を立案・遂行するファームです。

クライアントは先に御紹介したとおり、大手企業が中心になります。

扱うプロジェクトテーマは、先に御紹介した郵政民営化や企業再建等、企業の命運を左右する経営課題を扱います。

近年はクライアントのDXニーズが高まり、デジタル領域への取組みを進めています。

代表的な戦略系ファームは、The Firmと言われるMckinsey&ComapnyやBoston Consulting Group、ベイン&カンパニーが有名です。

会計事務所系(総合系)

大手会計事務所(監査法人)を母体とするコンサルティング・ファームを指します。

会計事務所の本来の業務内容は、企業の財務書類を関係法令に基づいてチェックし、信頼性を付与することにあります。

会計事務所がもとから有していた財務・金融に対する専門性を活用する新たなビジネスとして、経営コンサルティングを加えた歴史があります。

主要な企業はデロイト・PwC・EYACC・KPMGの4社になり、各社は4大会計事務所(BIG4)の各系列に属しています。

各社共に様々な業界に戦略・業務・ITと多様なテーマで支援している為、所謂、総合系とも言われます。

IT系(システム系)

IT関連に強みを持つコンサルティングファームを指します。

本来の業務はコンピュータ等ハードウェアの製造やITシステムの設計・構築でしたが、企業活動にITが不可欠になるにつれ、新システムの導入という目的を持ちつつ経営コンサルティングへと手を広げるようになりました。

特に90年代以降、IT技術の飛躍的な進歩により企業が様々なイノベーションを迫られ、IT系ファームへの需要が急速に高まっています。

主なファームは、アクセンチュアやIBM・NRI(野村総合研究所)になります。

ファーム毎の特徴と違いはアクシスコンサルに相談

1分以内で無料登録!/

公式サイトで無料相談

<1分で終わる登録方法はコチラ>

コンサルティング業界への転職では、ファーム毎の違いを面接対策、志望動機作成のために整理したい方々多いと思います。そうした方はコンサル業界に特化し、数多くの転職支援実績があるアクシスコンサルティングに相談しましょう。

コンサルティング業界への転職では、各ファームの特徴だけでなく、採用動向の流れを把握することも特に大切です。例えば、新型コロナの流行で2020年秋にFAS系が一時的に採用を止めた後にスグ再開したことがありました。

時期を合わせないと退職のタイミングと合わない等、チャンスを逃しかねません。最新の情報をふまえた各ファームの特徴の把握が大切なので、
コンサル業界に精通したアクシスコンサルティングへの相談は必須です。

当然、ファームに通る職務経歴書の添削やケース面接対策など、過去の選考通過者の回答を基に選考の対策もしてくれます。気になることは気軽に聞いてみてください。

<アクシスコンサルティングに相談する>

主要5社の業績比較(推計値含む)

アクセンチュア・デロイト・PwC・EYAAC・KPMGの業績比較

グローバルに展開する各社は、日本国内のコンサルティングに絞った売上を開示しておらず、前提を揃えた比較がなかなか困難でした。

しかし、グローバルで数百億ドル(アクセンチュアは18年度のグローバル全体売上が416億米ドル)と言われても、日本国内で転職を考えている皆さんにはあまり有意義な情報とは言えないとのではないと考え、前提を整理しつつ規模感だけでもわかるようにしました。

*1.出典 TSR調査資料より18年度概算値
*2.参考 デロイト社HP及び「会社四季報」業界地図のDeloitteトーマツの売上約709億より推計
*3.参考 PwCコンサルティングHPより
*4.参考 EY社HPよりEYJapanの売上約1,200億から「会社四季報」業界地図のEY新日本監査法人の売上約1,000億を引いた額
*5.出典 KPMG社HPより(アドバイザリーには、コンサルティングの他、FAS、KPMGヘルスケアジャパン、KPMGあずさサステナビリティを含む)

やはりグローバルで最も大きいコンサルティングファームを自負するアクセンチュアは、他の会計系ファームとは3倍近い差があります。

個人的に纏めていて興味深かったのは、会計系と括りつつもデロイト一強のイメージが強かったBig4でしたが、デロイトとPwCの規模感がかなり近くなっています。

設立年度で見ると、PwCとEYAACが設立年度が新しいです。

PwCコンサルティングはベリングポイントを買収して2016年2月に設立されました。
EYAACは複数組織で提供していたアドバイザリー業務を17年1月に設立しています。

どちらも組織は新しいですが、PwCの方が成長していることが分かります。

詳細な分析は各社毎(デロイト、PwC、EYACC、KPMG等)のページやテーマ別(働き方改革、研修制度、給与・賞与等)に御紹介していきますので、そちらを参照ください。

アクセンチュア・デロイト・PwCの特徴を紹介

アクセンチュア:ITに強みを持つ、世界最大のコンサルティングファーム

アクセンチュアはアイルランドに本社を持つ、世界最大のコンサルティングファームです。全世界で47.7万人の従業員数を擁し、52カ国・200都市に拠点を構えています(アクセンチュア「会社概要・地図」より)。

アクセンチュアは「ビジネス コンサルティング本部」「インタラクティブ本部」「テクノロジー コンサルティング本部」「オペレーションズ コンサルティング本部」を持っており、クライアントニーズに合わせて様々な案件に対応できる体制を実現しています。

出典:2020年10月アクセンチュア経営方針説明会

出典:2020年10月アクセンチュア経営方針説明会

アクセンチュアの強みはとにかくIT分野です。
ただ、システム導入やPMOと呼ばれるシステム導入のプロジェクト管理といったIT案件が多く、デロイトやPwC等の会計系ファームに転職する人も多いのは覚えておきましょう。

近年では、16年にインターネット広告代理店のIMJ社を買収(デジタルユニットに含む)し、最近では複数のAI(人工知能)サービスを束ねて効果的に活用するツールである「AI Hubプラットフォーム」を独自開発する等、「ITコンサル」の枠を超えた活動も目立っています。

アクセンチュア自体がGoogleやIBMのような自社サービスを持つ企業としての側面が出てきたことも、他のファームに比べて大きな違いです。

アクセンチュアといえば5年ぐらい前まで、体育会系のイメージが強かったのですが、近年ProjectPrideという働き方改革を急速に進めており、パワハラや残業の見直し(詳細はコチラ)を進めています。

その結果、2020年10月の経営方針説明会では、2014年比で女性社員数が5.1倍、男性社員数が2.4倍になり、より多様な人材が、より多く働ける環境ができたようです。(昔は本当に激務のイメージありましたが・・・)

同社は、「デジタルトランスフォーメーション(DX)」「ダイバーシティー(多様性)」「ナショナルアジェンダ(国家的課題)への対応」を中心に成長を続けています。

引続き業績を伸ばすとともに、採用を強化していくので、コンサルタントとしてのキャリアを目指す方には魅力的な会社だと思います。

アクセンチュア・Big4の転職はアクシスコンサルティング

1分以内で無料登録!/

公式サイトで無料相談

<1分で終わる登録方法はコチラ>

アクセンチュアへの転職では、コンサルティング業界に特化し、数多くの転職支援実績があるアクシスコンサルティングに相談しましょう。

全産業に対して戦略~IT・実行支援・BPOまで幅広くサービスを提供するアクセンチュアでは、様々な部署から求人が出ています。

アクシスコンサルならコロナ後の最新のファームの違いや注力サービスを理解して、皆さんに合わせた提案をしてくれるます。

転職をしないで情報収集だけでも快く対応してくれるので、コンサル業界への転職を考えている人は、気軽に登録してみてください。

また、ファームに通る職務経歴書の添削やケース面接対策など、過去の選考通過者のQAをふまえて対策してくれのはありがたいですね。

<アクシスコンサルティングに相談する>

デロイト:会計系で最大。デジタル領域やベンチャー支援、社会課題解決と様々なテーマにチャレンジ

監査法人デロイト・トウシュ・トーマツ(デロイト)のグローバルメンバーファームの中で、日本国内でサービスを提供しているのが「デロイト トーマツ グループ」です。

その中で、コンサルティングサービスを提供しているのが「デロイトトーマツコンサルティング」となります。

国内の会計系コンサルティングファームでは最も規模が大きく、近年は東芝の不正会計問題があったEY新日本監査法人を監査先数でも抜き、監査業務・コンサルティングの両方で国内最大規模となりました。

外資と思われがちですが、資本は国内の個人や企業が出資している為、内資です。ただし、デロイトのメンバーファームとして人事等を含む各種制度は他国のデロイトメンバーファームに近い形態をとっているので所謂外資系企業の働き方になります。

同社のスローガンは「100年先に続くバリューを日本から。」であり、日本国内の企業を主なクライアントとしています。

しかし、支援内容は日本企業の海外進出や海外グループ会社の各種支援等、戦略から実行まで同グループが持つ総合力を生かしたサービスを提供しています。

最新のデロイトの特徴としては、ITにかなり注力しているところです。
もともとデロイトのIT部門をアビームとして外に切り出した歴史から「デロイト自体は非IT=戦略や業務のコンサルティングに注力」してきました。(多くの方も同様の認識だと思います)

しかし、アメリカやオーストラリアではIT企業として認知されるほど、IT領域に強いファームです。そうしたグローバルの要請に加えて、日本国内のDXニーズの高まりを受けてIT領域のプロジェクト受注拡大に注力しています。

以前のようにピュアコンサルだけでなく、ITプロジェクトの増加に伴い転職先部署と注力プロジェクトは事前に転職エージェントに確認しておかないとシステムジョブに塩漬けになる可能性もあるので気を付けましょう。

また、近年はビジネスの成功や果実だけを成功とするのではなく、「ビジネスの枠を越えて、持続可能な社会の構築そのものへの貢献」にフォーカスし、社会貢献活動にも積極的に乗り出しています。

これは各ファームが積極的に取り組んでいるテーマであり、働き方改革と共に別記事で詳細をご紹介したいと思います。

*1.参考 デロイト トーマツ コンサルティング「コーポレート情報」

PwC:世界でも有数の強いブランドと実績を持ち、複数の専門家が協力して社会・企業の課題解決に向き合う

PwC(プライスウォーターハウスクーパーズ)はロンドンに本拠地を置き、PwCのブランドは「Brand Finance Index2017」においてプロフェッショナルサービス分野のナンバーワンブランド、「Brand Finance Global 500(2018)」ではTop50の評価を得るグローバルで評価の高い企業(Deloitte66位、EY84位、Accenture87位、KPMG119位)です。

世界158カ国に25万人以上のスタッフを擁し*1、「BIG4」の一角として世界中で会計・監査・税務・コンサルティングサービスを提供しています。

その日本におけるメンバーファーム「PwC Japanグループ」は主に13もの企業で構成*2されます。

PwCコンサルティングが経営戦略の立案から実行までのコンサルティングサービスを提供し、PwCアドバイザリーがM&Aや事業再生等のディールアドバイザリーを提供しています。

そんなPwCコンサルティングはPwCネットワークのPurpose(存在意義)「社会に信頼を構築し、重要な課題を解決する」の元、コンサルティング・監査・税務・ディールズと様々な部門に加えて、海外PwCオフィスのメンバーも含めたチームプレーで、クライアント目線に立った長期的な支援を特徴としています。

また、他ファームとの違いではOEP(OpenEntryProgram)の制度もあります。

この制度では、PwC内の他組織・部署で募集があった場合、自ら手を挙げてキャリアチェンジすることが可能です。実際に毎年、コンサルからアドバイザリーやコンサル内の別部署に異動するメンバーも多くいます。

また、もちろん社内での実績や英語能力も必要ですが、グローバルでの人材交流も徐々に増やしています。

このグローバルでの多様性ある連携と組織間異動は、自社サイト上で強く打ち出しているとおり同社の特徴といえます。実際に私達の友人もグローバルプロジェクトにアサインされたりと海外と関係する仕事をしています。(ただし、どのファームでも同じですが「望むなら結果」の世界なので、まずは評価を得ることが大切です)

業界内でよく言われるところでは、デロイトよりも組織間の壁がなく、部署間のコラボレーションに積極的でクライアントの課題解決為に最適なメンバー(パートナー~スタッフまで)でプロジェクトを組成します。

どのファームもコラボレーションを推進と言いますが、実際に実現して規模を拡大している数少ないファームです。

アクセンチュア・Big4の転職はアクシスコンサルティング

1分以内で無料登録!/

公式サイトで無料相談

<1分で終わる登録方法はコチラ>

デロイト・PwCへの転職でも、コンサルティング業界に特化し、数多くの転職支援実績があるアクシスコンサルティングへの相談は大切です。

全産業に対して戦略~IT・実行支援まで幅広くサービスを提供する両ファームでは、様々な部署から求人が出ています。自分が経験したいプロジェクトがあるか、アサインされる可能性があるか/プロジェクトの規模やチーム運営など、より最新のファームの状況を踏まえて事前に確認しましょう。

アクシスコンサルならコロナ後の最新のファームの違いや注力サービスを理解して、皆さんに合わせた提案をしてくれるます。転職をしないで情報収集だけでも快く対応してくれるので、コンサル業界への転職を考えている人は、気軽に登録してみてください。

また、ファームに通る職務経歴書の添削やケース面接対策など、過去の選考通過者のQAをふまえて対策してくれのはありがたいですね。

<アクシスコンサルティングに相談する>

コンサル転職を成功させる転職エージェント

新型コロナウイルスの流行により、転職市場は1次的に止まりましたが、顧客のデジタル化や働き方改革のニーズはより強まり、業績と共に採用数を伸ばしています。

アクセンチュア・デロイト・PwCへの転職を成功させるポイントを御紹介します!

ポイント1:プロジェクトが取れている部署を知る
新型コロナウイルスの流行後、プロジェクトが取れている/取れていない部署の明暗が如実に出るようになりました。

入社後に長期アベイラブルになることを避けるために、求人元の部署が案件を取れているか、事前に確認が必要です。

ポイント2:求人意欲を確認する
求人にも様々な背景があります。
経験者採用のみ、マネージャー以上の採用のみなど、求人票に書かれていない企業の求人意欲を事前に確認しておくことが大切です。

ポイント3:最新の転職成功者の経験やスキルを知る
最後に、新型コロナ流行後の転職成功者の経験やスキルを知っておくことが大切です。

完全に同じ経歴になることは難しいですが、評価されたポイントと近い経験や能力を伝えることで転職可能性を上げることができます。

この3つのポイントは、転職エージェントに相談することで実現することができます。

コンサルタントのキャリア支援実績が豊富な転職エージェントに相談することで自分では実現できないスピードで具体的な情報収集ができます。

ただし、専門性がない・営業活動として捌きにくる転職エージェントには、以下の条件を明確に伝えましょう。

  • 情報収集が目的であること
  • 企業から直接聞いた生の求人情報を知りたいこと
  • 直近の転職成功者の経験やスキルを知りたい事

有効求人倍率など、一般論で話してくる人は要注意です。
*有効求人倍率はハローワークの求人数と応募数の割合です。ハローワークで紹介される警備員や建築現場作業員の求人倍率が、コンサルタントに紹介される求人の動向として参考に足る情報とはいえないでしょう。

企業から直接聞いている具体的な生の話を確認しましょう。

転職ノート
編集部

転職エージェントに営業として捌こうとしてくる人も多いのも実態です。
私達もよく出会いますが、面接日程調整の丸投げやどのエージェントでも見るような求人しか出してこないエージェントには「他社との差がないこと」「●●をしてほしい」と自分の意思を伝えています
皆さんも転職エージェントとはお互いに敬意を持てる誠実な関係が築けるといいですね。

コンサル業界への支援実績No1:アクシスコンサルティング

1分以内で無料登録!/

公式サイトで無料相談

<1分で終わる登録方法はコチラ>

アクシスコンサルティングはコンサル・IT業界への転職に特化した転職エージェントです。

特にアクセンチュアやデロイト・PwCをはじめとしたBig4への転職支援に強く、豊富な実績があります。過去の選考通過者の経歴や面接回答をもとに職務経歴書の添削やケース面接対策を丁寧にサポートをしてくれます。

企業担当と求職者担当が同じ人なので、企業から直接求人ニーズを聞いており、必要なスキルや経験をよく理解しています。

コンサルティングファーム各社とは長年の信頼関係を築いているので、過去の多くの転職成功事例から希望する方の転職を成功に導いてくれます。(無理に転職を勧めることは無いので安心してください)

  • 気軽にアクセンチュアやBig4の年収や働き方などの話を聞いてみたい
  • アクセンチュア・Big4のコンサルタントのキャリアを相談したい
  • アクセンチュア・Big4に転職した人が評価された経験やスキルを知りたい
  • 各ファームに合わせた職務経歴書の添削やケース面接対策をして欲しい

こういう方は、転職活動していなくても気軽にアクシスコンサルティングに相談してみてください。

高年収スカウトをもらう:ビズリーチ

公式サイトで無料相談

ビズリーチの名前は多くの方が御存じだと思いますが、ダイレクトリクルーティングサイトだということは知っていましたか?

ビズリーチは企業やヘッドハンターと求職者を直接結ぶサイトです。
登録するとビズリーチから求人提案が来るのではなく、登録している企業やヘッドハンターから連絡があります。興味がある求人を紹介されたら、その企業やヘッドハンターと電話やオンラインで面談する流れです。

「年収600万円以上」と謳っているだけあり、紹介される求人も高年収案件が大半を占めます。

また企業や官公庁が求人を掲載しているので、自分で直接応募することが出来ます。企業は転職エージェントに支払う手数料よりも採用コストが低いビズリーチの活用に積極的になっており、デロイトやPwC、アクセンチュア等のコンサルティングファーム各社も掲載しています。(転職関連のサイトで掲載企業数が最も多いと言われています)

  • アクセンチュアやBig4系ファームを始めコンサル業界に直接転職したい
  • コンサル業界への転職支援に強いヘッドハンターに出会いたい
  • アクセンチュアやBig4以外にも自分の転職市場価値を幅広く知りたい

こういう方は、ビズリーチに登録しましょう。

転職サポートが手厚い:doda

公式サイトで無料相談

1~2回目で職務経歴書や面接に自信が無い方には、dodaはオススメです。類似経験が書かれた職務経歴書のフォーマットを送ってくれたり、個別相談や自己分析支援など、中長期的に転職活動を手厚くサポートしてくれます。

手続きのシステム化が進んでおり、マイページを持つと求人の提案が続々と来ます。興味ある案件を「お気に入り登録」していくと、だんだん希望に沿った求人が届くようになります。

アクセンチュアやBig4の転職を相談すると同時に、近い年収や条件の提案をもらえるので、早めに登録しておきましょう。

  • 初めての転職で職務経歴書や面接準備を手厚く準備したい
  • ITやBig4を中心にコンサルキャリアの可能性を広げたい
  • 自分のペースを大切にしつつ、色々と相談したい

dodaは紹介求人数が多く、サイトで自分で探すこともできます。
また連絡やサポートが丁寧で、営業っぽくしないので編集部メンバーも毎回使うメンバーが多いです。こういう方は、是非、登録してみてください。

<dodaの手厚いサポートのもと幅広い求人をもらう>

私達は転職活動の時に複数の転職エージェントに登録して各社を「比較・評価」します。比較することで、より良い転職エージェント・求人を探せるのでメイン1社・サブ2社の合計3社は登録しておきましょう。

多くの人が1社だけ衝動的に登録して転職活動をしていますが、「同じ会社でも転職エージェントによって年収やポジションが違った」なんてこともよくあり、本当は年収100万上げて転職できたのに・・・なんてことにもなりかねません。


よって、転職エージェントは3社以上に登録して、紹介求人が魅力的で対応が丁寧なエージェントと関係を作っていくことをやってみてくださいね。

まとめ

コンサルティング業界の全体について概要をふまえ、戦略系・会計事務所系・IT系をそれぞれ紹介させていただきました。

各社取組みの幅が広い為、詳細な取り組み(給与・働き方・社会課題への取組み等)は、また改めて纏めますので楽しみにしてもらえればと思います。

  • ITに特に強く、コンサルティング以外にも積極的に取り組むAccenture(アクセンチュア)
  • 戦略から実行まで幅広く日本企業に向けてサービス提供し、近年はIT領域に注力しているDTC(デロイト)
  • 戦略から実行までを様々な専門家が組織や部署の垣根を越えて連携し、サービス提供するPwCコンサルティング

各社の特徴は伝わりましか。就職・転職を考えている方に向けて、特に20~30代の方に該当するマネージャー前の年収と賞与(ボーナス)の比較をしました。よろしければコチラも役に立てば嬉しいです。

今後も皆さんの転職活動やキャリア形成に役立てるように情報を集め、整理し、ご紹介していきたいと思います。楽しんでいただけたら嬉しいです。