日系

アビームの年収・ボーナス・キャリアパスを徹底比較~クニエ・PwCとの違いは?~

アビームコンサルティングは新型コロナウイルスが流行するなかでも、着々と成長を遂げ、積極的な採用を続けています。

アビームはコンサルタントとしてのキャリア・経験を積めるだけでなく、マネージャーになれば1,000万円を超える年収が実現できます。

最新の求人・年収条件を知るには、コンサル・IT業界のキャリア支援に特化したアクシスコンサルティングに相談してください。

無料で気軽に相談に乗ってくれますし、業界に特化している分、他の転職エージェントでは聞けない実態(昇進スピードは?どんなプロジェクトが多い?など)を聞くことができます▼

1分で終わる簡単な登録ですアビームコンサルティングへの転職や年収、キャリアに興味がある方は気軽に相談してみてください!

こんにちは。転職ノート編集部です。

アビームコンサルティングに転職を検討されている20代~30代の方に、アビームコンサルティングの年収やボーナス、キャリアパスをIT領域としてアクセンチュア(以下、AC)、BIG4のPwC、BPR領域でクニエと比較して、年収やキャリアパスの違いを御紹介します。

各ファームに在籍中・在籍経験のある私達の同僚や編集部メンバーの経験も交えて記事を執筆させていただきました。

ぜひ最後まで読んでいただき、転職活動のお役に立てれば幸いです。

アビームコンサルティングのキャリアパスと職位ランク

アビームコンサルティングの会社概要

アビームは1981年4月1日設立で従業員数5,915名(2019年4月時点)を抱える日本初、アジア発のグローバルコンサルティングファームです。

企業変革を戦略・IT・業務・組織と全般にわたって支援しています。
企業改革を実現する「Real Partner」を経営理念として掲げ、社会やお客様に対して約束する価値や企業姿勢を表しています。

クライアントの変革を実現する“真のパートナー”として、どんな困難に直面しても、どんなに道のりが長く険しくとも、クライアントと共に歩み、苦楽を共にすることを約束しています。

商号アビームコンサルティング株式会社
英文商号ABeam Consulting Ltd.
設立年月日1981年(昭和56年)4月1日
従業員数5,915名(2019年4月時点 連結)
資本金62億円
代表者代表取締役社長 岩澤 俊典
営業内容マネジメントコンサルティング
(経営診断・戦略立案・M&A・アライアンス)
ビジネスプロセス コンサルティング
(業務改革・組織改革・アウトソーシング)
ITコンサルティング
(IT戦略・企画立案・システム開発・パッケージ導入・保守)
アウトソーシング
出典:アビーム社HP https://www.abeam.com/jp/ja/about/company

アビーム コンサルティングでのキャリアパス

アビームでは「コンサルタント職」「スペシャリスト職」「プランニング&オペレーション職」の3つのキャリアパスがあります。

コンサルタント職のキャリアパス

まずアビームコンサルティングのコンサルタント職のキャリアパスを御紹介します。

出典:アビームコンサルティングHP キャリア・研修・評価

本サイトから転職を考えられている20~30代の方は、コンサルタント~シニアコンサルタントが転職時のキャリアになる場合が多いでしょう。

コンサルタントは、ITスキル・業界知識の基礎スキルを養成し、業務プロセス改善の担当者としてプロジェクトに関与します。
シニアコンサルタントは、ITスキル・業界知識の深化を図り、一定領域の業務改革をリード、チームリーダーとしてメンバーを指導することになります。

アビームコンサルティングは、①マネジメントコンサルティング、②ビジネスプロセスコンサルティング、③ITコンサルティング、④アウトソーシングの4つの事業展開をしていますが、どの部署でも共通で身に着けるスキルです。

アビーム社は案件の8-9割がIT関連であり、SAP導入に非常に強い会社です。
その為、どの部署でもスタッフクラス(管理職未満)となるコンサルタント・シニアコンサルタント職位では、共通して「ITスキルの習得・進化」と「業務改善・改革」を身に着けることにあります。

会計系Big4のデロイトやPwCのキャリアパスと比べると違いが分かりやすいです。
(以下、PwC社のキャリアパス)

出典:PwC社HP https://www.pwcconsultingcareers.com/work/careerpass.html

PwCやデロイトではプロフェッショナルとしての行動を求められますが、扱うプロジェクトテーマがIT以外の領域も多く、ITを前提にしたキャリアプランはありません(IT領域部署での採用であれば違います)。

アビーム社では、アサインされるプロジェクトがITやITを駆使した業務改革のプロジェクトが多く、必然的に身に着くスキルもITに関連する領域になることは理解しておきましょう。

ただ、昨今のコロナの影響化でITやデジタルを駆使した新たなビジネスの創出、業務の効率化は、どの企業でも求められるスキルになります。ITはビジネスにとって不可欠な領域ですし、ITに興味がある人には非常に魅力的な職場だと言えます。

スペシャリスト職のキャリアパス

まずアビームコンサルティングのスペシャリスト職のキャリアパスを御紹介します。

出典:アビームコンサルティングHP キャリア・研修・評価

スペシャリスト職になると、特定領域の専門家としての活躍を目指すキャリアパスになっています。
スタッフ職(=管理職未満)のスペシャリスト・ジュニアスペシャリスト職は、特性領域の基礎スキルや専門性を学び、確立・深化させていくことになります。

ただ、アビーム内でコンサルタント職とスペシャリスト職で、担う仕事内容は大きく変わりません(最新の情報は、アクシスコンサルティング等、コンサル業界専門の転職エージェントに確認するのが確実です)。

その代わり一昔前は、コンサルタント職とスペシャリスト職で、プロモーションスピードが違いました。
コンサルタント職は3-5年でプロモーションしていましたが、スペシャリスト職は早くても5年かかるのが一般的でした。

「やることが同じで、昇進スピードが違う」というので、キャリア形成に強い想いが無い場合は、コンサルタント職での転職入社がオススメです。

プランニング&オペレーション職のキャリアパス

まずアビームコンサルティングの”プランニング&オペレーション職”のキャリアパスを御紹介します。

出典:アビームコンサルティングHP キャリア・研修・評価

プランニング&オペレーション職になると、クライアントサービスを間接的にサポートするスキルを身に着けます。職位は「ジュニアアソシエイト」から始まり、担当業務を遂行することで業務知識を習得します。次に「アソシエイト」に昇格し、担当業務を独力でスピーディに対応していきます。更に昇進すると「シニアアソシエイト」となり、担当領域の専門性を持ち、現場責任者としてチームリードする役割が求められます。

”クライアントサービスを間接的にサポート”するというのは、所謂「管理部門(経営企画スタッフ・監査スタッフ)」を指します。

アビームコンサルティングの職位別ランク

アビームコンサルティングでは、各タイトルのなかに3~4つのランクがあります。
各ランクは1年毎に昇進していくのが一般的です。例えば、シニアコンサルタントDから昇進するとマネージャーAになります。

1ランク上がると基本給が30~50万円ほど上がります。

次に、各タイトルの年収を他社と比較してみましょう。

アビームコンサルティングのキャリアを相談する転職エージェント

アビームコンサルティングをはじめ、多くのコンサルティングファームは組織体制や年収・教育体制などが多くの頻度で変わっていきます。クライアントを変えるなら、まずは自社から変えていく、という姿勢の表れなのかもしれません。

そういう意味では、実際に働いたことのある方の声を確認することは大切ですが、最新の情報を確認することも非常に大切です。コンサル業界に特化してキャリア支援をしているアクシスコンサルティングは、アビームコンサルティングのパートナーや人事と常に情報交換しているので、最新の情報を教えてくれます。

転職・キャリアチェンジでは、年収や昇進スピードは非常に重要な情報です。
最新の情報を確実に確認していただければと思います。

アビームコンサルティングの年収・ボーナスを徹底比較

アビームコンサルティングの年収とボーナスをアクセンチュア(=AC)とPwC、クニエと比較します。
各社共に業績は好調で、新型コロナ流行後も安定して賞与が出ていますが、ベースとなる年収水準と賞与の金額イメージを実際に働いている方の評判や口コミから御紹介したいと思います。

アビームコンサルティングの年収をAC・PwC・クニエと比較

アビームコンサルティングの年収をアクセンチュア・PwC・クニエと比較してみると、アクセンチュアやBig4のPwCと変わらない水準であることが分かりました。
 
中途入社の場合、コンサルタントもしくはシニアコンサルタントで入社になる可能性が高いです。その場合、600~700万円程度の年収になると考えられます。

唯一、ストラテジーセクターでの採用の場合、各タイトルで50~100万円程、年収が高くなっています。
社内で一定の評価を得て、順当に昇進していけば年収1,000万円は多くの社員が到達できます。

アビームコンサルティングは、日本で創業された日系企業です。もともとは等松・青木監査法人(現、有限責任監査法人トーマツ)からと独立して設立された会社です。(余談ですが、トーマツはアビームにITコンサル部門を切り出したので、日本でIT領域に注力していませんでしたがグローバルではIT売上が高く、グローバルからの要請で、ここ数年はかなりIT二流力しています。)

日系企業としての年功序列的な評価・昇進制度とコンサルティングファームらしい成果主義的な面の両方を持っています。

転職note
編集部

アビームコンサルティングは他のファームの年俸制と違い、月給制です。
年俸制の企業から転職する場合、月々の給与に注意が必要です。
例えばシニアコンサルタントで年収720万円の場合
– 年俸制:月々60万円
– 月給制:月々45万円、賞与160万円


年俸制の企業から転職する場合、賞与は別途支給されるとしても月収だけでとらえると低くなる可能性があります。年俸制の場合は、家賃の支払いなど、月々のキャッシュフローは事前に確認してくださいね。

アビームコンサルティングのボーナス(賞与)

アビームコンサルティングでは、他のファームと同様に成果で評価し、社員はクラスで分けらます。年2回(6月・12月)支給される基準賞与のほかに、年間を通して「低評価」「標準評価」「高評価」の3つの評価が下され、評価によって変動する<評価賞与>があります。
 
また、マネージャー以降は基本的に賞与が評価賞与のみになるため、評価により大きく年収総額が変動するようです。評価賞与の低評価と高評価の差を参考までに御紹介します。

  • コンサルタントクラス   :低評価、高評価⇒約50万円差
  • シニアコンサルタントクラス:低評価、高評価⇒約100万円差
  • マネージャークラス    :低評価、高評価⇒約200万円差
  • シニアマネージャークラス :低評価、高評価⇒最大500万円差程

アビームコンサルティングの残業代と住宅手当

アビームコンサルティングでは40時間分のみなし残業を込みの金額でオファーレターに年収が提示されます。
(ファームによって”みなし残業”時間は30時間や50時間と異なるので、ちゃんと見ておきましょう)

マネージャークラス以下は40時間を超えた範囲で別途残業代が支給されます。
ただ、残業代が出るかどうかはプロジェクト次第です。コンサルティングファームでは、プロジェクト毎にプロジェクトコードというコードが発行されています。どのプロジェクトで何時間働いたかは、そのプロジェクトコードに記録して稼働時間を管理します。

よってプロジェクト以外の活動をプロジェクトコードに稼働時間として記録したりすることはできません。
またプロジェクト毎に採算を管理するので、予算が少ないプロジェクト(会社で決められた利益確保ラインがあります)では、残業代をコードに記録することを嫌がられることもあります。


また、アビームコンサルティングでは住宅手当は出ません。
野村総研やアクセンチュアでは出ますが、Big4(デロイト・PwCなど)では出ません。
月々のキャッシュフローに地味に影響があるため、転職先を検討する際には住宅手当があるファームよりも月々数万円は少ない金額にはなります。

アビームコンサルティングの年収・ボーナス(賞与)の評判・口コミ

ここでは実際にアビームコンサルティングで働くコンサルタントの方に、実際の生活スタイルや年収・ボーナスに関する評判・口コミをヒアリングしたので御紹介します。

20代 前半
アナリスト

私は上司に恵まれたので、固定の基本給に加えて、残業代は残業した分だけ支給されています。賞与は年2回で半期の評価に応じた額が支給されています。
個人的には「コンサルファーム!」で想像していた金額よりは、良い評価をとってもそこまで多くは支払われないんだなという感じでした。
評価はプロジェクトの上司が評価者となり絶対評価で評価されます。上司と合わないとプロジェクト期間中は耐える必要があり、万が一喧嘩でもしようものなら評価と賞与は諦めた方が良いですし、後々のアサインにも響くので気を付けた方が良いです・・・どのファームでも一緒だと思いますが・・・

20代 後半
コンサルタント

給与は、それなりにもらえますが所詮はそれなりです。
同じような職務内容でも一部の独立系ファームや外資系ファームの方がもらえます。アビームで3~5年頑張ると、他ファームに転職する際に100~200万円近く高い年収でオファーしてくれるところもかなりあります。
評価は、プロジェクトのマネージャーが評価します。
その後、評価会議で誰がどれだけパフォーマンスしたかをManager以上が話し合って決めるので、他のマネージャーよりもプレゼン力が高いマネージャーに推してもらわないと昇進が難しいことがあります。
マネージャー以上への昇進はプロジェクトワーク外に社内活動などに取組み、ファームへの貢献を果たす必要があります。

30代 前半
女性
シニアコンサル

数年前に月給の金額があがり、代わりに賞与の金額が少なくなるという制度変更がありました。それ自体は、評価によるふり幅が減り、毎月安定した収入になるので良かったと思います。ただ、他ファームに比べると年収水準は微妙に少ないので、数年アビームで頑張って他ファームに転職する人が後を絶ちません。
賞与は年に2回(6・12月)あり、昇給は年1回です。
各タイトル(コンサル、シニアコンサルなど)のなかにランクがあり、評価会議で順当にいけば1ランクアップ、とても良ければ2ランクアップすることもあります。

30代 後半
マネージャー

実際のところ上位職のポジションがどんどん埋まっているので、マネージャーから上の昇進が難しくなっています。
管理職になるまでは残業代の依存度が高く、残業代が出ないプロジェクトだと年収で期待しているほどは支払われないと思います。多くのプロジェクトでは残業代が出ますが、残業代+良い評価を取れば同ランクでも2-300万は年収に差が付きます。
ただ、近年の働き方改革の影響で残業をバリバリやるという方向から、短時間で効率的に高パフォーマンスを出すという方向に会社が舵を切っています。これまでのように残業で稼ぐというのはドンドン難しくなっているように思います。

アビームコンサルティングのキャリアを相談する転職エージェント

アビームコンサルティングをはじめ、多くのコンサルティングファームは組織体制や年収・教育体制などが多くの頻度で変わっていきます。クライアントを変えるなら、まずは自社から変えていく、という姿勢の表れなのかもしれません。

そういう意味では、実際に働いたことのある方の声を確認することは大切ですが、最新の情報を確認することも非常に大切です。コンサル業界に特化してキャリア支援をしているアクシスコンサルティングは、アビームコンサルティングのパートナーや人事と常に情報交換しているので、最新の情報を教えてくれます。

転職・キャリアチェンジでは、年収や昇進スピードは非常に重要な情報だと思いますので、最新の情報を確実に確認していただければと思います。

アビームへの転職で年収を上げる転職エージェント活用法

転職を始めるキッカケは現職に対する強い不満や不安がある時だと思います。
その結果、思い立った時に1社の転職エージェントだけに相談して転職活動を終えてしまう人が多いと思いますが、1社の転職エージェントにしか相談しないのは非常にもったいないです。

アビームコンサルティングを始め、コンサルファームへの転職で年収を上げたいなら複数の転職エージェントを使うことが必須です。その3つ理由をそれぞれ御紹介します!

  1. 転職エージェントの良し悪しが比較しないと分からない
  2. 転職エージェント毎に紹介できる求人が違う
  3. ハイキャリア専門の転職エージェントに担当してもらう

転職エージェントの良し悪しは比較して決める

転職エージェントと言っても担当者によって対応の良し悪しがバラバラです。営業職が非常に強く転職をごり押ししてくる人もいれば、丁寧なキャリアカウンセリングと転職サポートをしてくれる人に明らかに分かれます。

1社の転職エージェントにしか登録しないと、比較ができないので転職エージェントの担当者が丁寧かどうか、紹介されている求人が良いのか悪いのかを主観でしか判断できません。2社・3社を登録しておくと具体的に「何が良いのか」「どこが悪いのか」を比較して評価し、最も信頼のおける転職エージェントを見つけることができます。

多くの転職エージェントと会い、信頼できる方を見つけてほしいと思っています。

コンサル転職は特に注意!転職エージェント毎に紹介できる求人が違う

特にコンサルティングファームの求人は、一般的な転職サイトに掲載されるのではなく、企業からヘッドハンターや各転職エージェントに転職希望者の紹介を個別に依頼されています。所謂、非公開求人のことです。

その為、転職エージェントを1社しか登録しないと、同じ企業でも条件が悪かったり、求人を持っていなかったりします。実際に私達も転職活動のなかで、同じ企業の求人が「転職エージェントA社にはなかったがB社にはあった」もしくは「B社の方が年収が100~200万ほど高かった」ということが何度もありました。そもそも求人を持っていないと転職できないですし、同じ企業に転職するなら良い条件で転職したいと思いますよね!

1回の転職活動でより多くのチャンスを得るためにも、複数の転職エージェントに相談して、より自分が興味の持てる求人・条件のよい求人と出会えるように複数の転職エージェントに相談してください!

コンサル業界への専門性が高い転職エージェントに相談する

アビームコンサルティングを始め、コンサルティングファームへの転職はコンサル業界への専門性が高い転職エージェントに相談することが内定オファーを獲得するのに必須です。大手転職エージェントは専門性<<<数(=転職支援数)で収益を上げるモデルなので、ケース面接などがあるコンサル業界への転職支援には不十分なことはいなめません。

本記事で紹介している転職エージェントは、コンサル業界専門の部署があるか、コンサル業界に特化して転職を支援している転職エージェントです。またハイキャリア専門に扱うヘッドハンティングサイトでも、同様にコンサル業界に専門性の高いヘッドハンターと出会うことができます。

実際に私達は、アクシスコンサルティングとコトラ(KOTORA)、Bizreach(ビズリーチ)やキャリアカーバー経由で連絡をもらいました。Bizreach(ビズリーチ)やキャリアカーバーは、スカウトをもらう時に連絡をくれたヘッドハンターの企業や所属部署が分かるので「普段からハイキャリアのサポートをしているか」を知ることができます。

コンサル業界は平均年収が高い(=転職支援で転職エージェントに入るフィーが高い)ので、どの転職エージェントでも転職を推められますが、十分な転職支援を受けようと思ったら専門性が高い転職エージェントかハイキャリア向けのヘッドハンティングサイト経由で転職活動を進めるようにしてください。

アビームへの転職で相談すべき転職エージェント

それではアビームコンサルティングへの転職で相談すべき転職エージェントを御紹介します。
先でも御紹介した通り、アビームコンサルティングをはじめコンサル業界への転職では、コンサル業界に特化しているか、専門の部署がある専門性の高い転職エージェントやヘッドハンターに転職を支援してもらうことが大切です。

そうでないとファームで求められる能力や経験、そのレベルなど、十分な情報を得て準備することができません。ここで御紹介している転職エージェントやヘッドハンターは、元コンサルタントなど、ファームの実情にも非常に詳しいです。

興味のあるところに是非相談してみてください!

コンサル業界への転職実績No1:アクシスコンサルティング

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)

公式サイト:https://www.axc.ne.jp/

<1分で終わる登録方法はコチラ>

アクシスコンサルティングはアビームやBig4をはじめとしたコンサル・IT業界への転職に特化した転職エージェントです。同業界への転職支援で豊富な実績があります。

各ファームのパートナーや人事から話を直接聞いており、コンサル業界全体の転職動向から各ファームで必要なスキルや経験をよく理解しています。

また、転職を日々支援するなかで、転職後に失敗してしまう方の傾向やコンサルタントの次のキャリアを含めて提案ができるのは業界特化の転職エージェントならではです。

  • 各ファームの年収や働き方などの話を気軽に聞いてみたい
  • 各ファームコンサルタントのキャリアを相談したい(転職は未定)
  • 過去に転職した人が評価された経験やスキルを知りたい
  • 各ファームに合わせた職務経歴書の添削やケース面接対策をして欲しい

こういう方は、転職活動していなくても気軽にアクシスコンサルティングに相談してみてください。

高年収スカウトをもらう:Bizreach(ビズリーチ)

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)

【公式サイト】https://www.bizreach.jp

ビズリーチの名前は多くの方が御存じだと思いますが、ダイレクトリクルーティングサイトだということは知っていましたか?

ビズリーチは企業やヘッドハンターと求職者を直接結ぶサイトです。
登録するとビズリーチから求人提案が来るのではなく、登録している企業やヘッドハンターから連絡があります。興味がある求人を紹介されたら、その企業やヘッドハンターと電話やオンラインで面談する流れです。

またコンサルティングファームや官公庁が求人を掲載しているので、自分で直接応募することが出来ます。(最近、Mckinseyの掲載を見つけて驚きましたw)企業は転職エージェントに支払う手数料よりも採用コストが低いビズリーチの活用に積極的になっており、戦略ファームや金融・不動産各社も求人掲載しています。(転職関連のサイトで掲載企業数が最も多いと言われています)

  • IT・コンサルファームから直接話を聞いてみたい
  • IT・コンサル業界への転職支援に強いヘッドハンターに出会いたい
  • DTCやBig4等、コンサルタントのキャリアを相談したい(転職は未定)
  • 自分のキャリアでコンサルファームからスカウトが来るか試したい(市場価値を知りたい)

実際に応募するかは別にして、ビズリーチに登録して連絡がきた企業から話を聞いてみるのをオススメします。1次情報より確実な情報はないので、その機会を得る為にもビズリーチに登録しておいてください。

また、少数精鋭ながらコンサル業界に強いヘッドハンターとのパイプも重要です。
転職は本当に転職エージェント・ヘッドハンター毎に紹介できる求人が違います。

業界に強い転職エージェント・ヘッドハンターとの縁は大切にしてくださいね。

外資系・ハイキャリア転職支援に強いJACリクルートメント

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)

公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは、昔から外資系企業・国内企業の海外部門でのキャリア形成に強い転職エージェントです。業界担当制なのでコンサル業界専門の方が各ファームのパートナーや人事から直接聞いた話を私達に教えてくれます。

JACリクルートメントではIT・コンサル業界毎に担当が割り振られており、それぞれの担当者が最新の求人情報や転職後の働き方を教えてくれます。グローバルで活躍するキャリアを目指す方は、登録すべき転職エージェントです。

  • 気軽に転職の相談をしたい
  • IT・コンサルと各業界でのキャリアを相談したい(転職は未定)
  • IT・コンサルの業界に合わせた職務経歴書の添削や面接対策をして欲しい

私達の経験では、最も多くの過去の質問や選考通過者の回答事例を持っていて面接前に何を準備しないといけないのかを手厚く教えてくれたのがJACリクルートメントでした。

私達も転職活動の時に、複数の転職エージェントに登録します。
複数に登録すると転職エージェントが手元にある求人だけ提案してきている(=他のエージェントと案件がかぶっている)かが分かります
他社と差がない、魅力がない、ということをキチンと伝えて転職エージェントにやる気を出してもらうことも転職活動で大切なポイントになります。
全部に全力投球する必要はありませんが、メイン1社・サブ2社ぐらいは登録しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?アビームコンサルティングへの転職を考えられている方には、他社と比べた年収やキャリアパスが参考になれば幸いです。

最近は転職市場も流動的になっていて、転職活動も大変だと思います。

今までは転職する時に転職エージェントに登録する方が多かったのですが、ここまで市場が流動的だと、定期的に情報交換してキャリアを作っていく必要があります。

転職市場・企業のニーズを知り、市場価値の高い経験やスキルを身に付けるためにも、転職エージェントと相談してもらえればと思います。

皆さんの転職活動をはじめとしたキャリア形成のお役に立てれば嬉しく思います。