コンサルティング業界

転職組の激務体験:山田コンサルティングの評判と中途採用の選考対策

Withコロナ時代にYCGへの転職を成功させる!

事業再生やM&Aなど不景気にニーズが高まる事業に強みがある山田コンサルティンググループへの転職では、コロナ禍で変わった最新の求人ニーズを把握する必要があります。

最新の求人意向や年収などの各種条件は、コンサルティング業界への転職を長年支援してきたアクシスコンサルティングに確認しましょう。

山田コンサルティンググループのパートナーや人事から話を直接聞いた求人意欲(未経験者はOK?など)や各種条件、非公開求人を詳しく教えてくれます。

転職はまだ考えていなくても、最新の求人紹介やキャリアの相談に乗ってくれるので気軽に相談してみましょう!


1分で簡単登録!/

<1分で終わる登録方法はコチラ>

こんにちは。転職note編集部です。

私達は、自分達の転職や副業経験を通して知りたかったのに手に入らなかった情報や手に入れるのに苦労した情報を纏めて御紹介しています。

今回は、会計士・税理士事務所を起源に持ち、中堅・中小企業へのコンサルティング事業に強みを持つ、山田コンサルティンググループへの転職を考えている方に、同社の”激務度”や”面接内容”を体験談をもとに御紹介します。

私達の友人に同社に勤務している方がいらしたので、その方にも実際にお話を聞いてきました

たしかに、コロナ禍で採用を厳しくしてしている会社もありますが、山田コンサルティンググループの職員の方に話を聞いてみると、中途で即戦力が期待できる方の採用は強化しているとのことです。

書類や面接で活躍できそうと思ってもらえるかが大切になります。
しっかりと準備して望んでくださいね。

山田コンサルティンググループの中途面接

募集職種

山田コンサルティングの中途採用では、以下の募集が出ています。

・企業の課題を解決するコンサルタント/ポテンシャル採用(企業HP)
・M&Aアドバイザリー(FAチーム)(パソナ)

・事業再生コンサルタント(doda)
・データリサーチ職(20代専門の転職サイト)

選考の流れ

中途採用では適性検査を受けた後、1次面接と最終面接で2回の面接を行うことが多いです。

リサーチ職では1次面接の前にWEBテストを設ける場合があるようです。
不安な方はWEBテスト用の対策本などを購入して準備しておきましょう。

中途面接の内容傾向

中途面接で見られるポイントは3つです。
1.仕事の深堀(困難な局面を如何に切り抜けたか/何を学んだか)
2.応募理由の深堀
3.今後のキャリアプラン

1.と2.はよくある質問ですね。

特に2.は製造業や卸売・小売業の中堅・中小企業を主要顧客とする山田ビジネスコンサルティングを志望する理由を準備しておきましょう。

同社の決算資料(2020年3月期決算説明資料)でも売上の87.5%を占める経営コンサルティング事業では、上位2業界が製造業と卸売・小売業で、63%が売上50億円以下の顧客です。

そうした中堅・中小企業で何をしたいか、どういう背景で志望するに至ったかを説明できると良いでしょう。

3.は中堅中小企業の社長・役員クラスの方とディスカッションをする機会も豊富で、面接をする社員の方々も成長意欲の高い方が多いので、将来を見据えたキャリアビジョンを持っておくようにしましょう。

【体験談】中途面接で聞かれた内容

Q.前職で最も苦労したことと乗り越え方

前職も中小企業向けにIT関係のコンサルティング業務をしていました。

クライアントの意向を正確に理解できていないままサービスを導入してしまったため、導入後に厳しいクレームをいただくことになった。

改めて、ニーズをヒアリングし、社内のリソースを確保、具体的なスケジュール作成と進捗を細かく報告することで、カスタマイズを行い関係は維持できた。

この経験から、担当者だけでなく決裁者や背景にある思いをしっかりと把握すること、プロジェクト期間中に意向が変わる可能性を考慮して、繰り返し確認する重要性を学びました。

Q.なぜ中堅・中小の事業再生がしたいか

たしかに、1社の規模は小さいかもしれない。
しかし、プロジェクトが細分化されず企業全体を見て様々なテーマで経営者と議論する力が身に着けられると考えた。

特に少子高齢化が進む日本では、地方を支える中堅・中小企業の事業再生やM&Aの重要性は今後も高まると考えた。

実家がまさに地方で工場を運営しており、将来は実家を支える力を身に着けたいため、山田コンサルティングでの経験を得たいと思った。

コンサンディングをする上で一番大事だと思うことは?

まだ未経験なので甘いかもしれませんが、プロジェクトベースで支援し、最終意思決定者はクライアントであるため、必ずしも最後まで結果に責任が負えるわけではないと思います。

しかし、自らが提案する以上は仮に最後まで取組みを行っても結果が出せるか、クライアントの為になるかを自らに問い続けることだと思っていることを伝えました。

転職したらどういう面で活躍できると思うか

事業再生やM&Aでは財務的観点での支援は当然必要になると考えます。

私は銀行出身の為、財務面でのアドバイスや銀行側の力学を理解した銀行との折衝ができると思うことを伝えました。

事業再生やM&Aの他、様々なコンサルティングサービスを提供しており、YCGの事業内容を見て活かせる経験を伝えればいいと思います。

山田コンサルティンググループの転職経験談

28歳男性
中途入社

若手のうちから責任ある仕事を任せてもらえるので、成長意欲がある人にはとてもいい職場だと思います。
その分、忙しい時はとことん忙しいです。
休日も自分で資格の勉強をしている人が多いので、自分がどういう経験を積みたいかは考えておいた方がいいと思います。

29歳女性
中途入社

大量のタスクをこなして、更に自己研鑽を求められるので、20代・30代をこの会社で過ごせば他で十分やっていける経験を積めます。
子供を育てながらコンサルタントとして前線で働くのは難しいですが、相談したら受け入れてくれる風土はあります。

36歳男性
中途入社

税務と財務の知識レベルはかなり高いレベルで身に着けることができると思います。
事業再生や事業承継では、この知識にビジネススキルを加えてサービス提供する為、他社に転職する際にもかなり専門性のある人材として見えると思います。

25歳女性
中途入社

OJTという名の放置プレイで若手コンサルタントはバシバシ鍛えられます。
そういう環境で急成長を望む方には、とてもいいと思います。
会社は働き方や評価制度など、変えようとしているようですが、なかなか変わらない部分もあるのが実態です。

Withコロナ時代の転職活動成功のポイント!

業績は成長しており、更なる成長に向けた改革がまさに進んでいる会社です。

新型コロナウイルスの流行により、転職市場は1次的に止まりましたが、顧客のデジタル化や働き方改革のニーズはより強まり、業績と共に採用数を伸ばしています。

山田コンサルティンググループへの転職を成功させるポイントを御紹介します!

山田コンサルティンググループ(以下、YCG)について調べて面接の準備することは大切です。

一方で、新型コロナの流行後はリモートワークが進み、YCGの受注案件や求人で求める能力が変わってきています。

そこで、企業に直接求人ニーズを聞いている転職エージェントに最新の求人ニーズを具体的に確認しておく必要があります。

YCGへの転職では、企業担当と求職者担当が同一であり、企業との信頼関係構築ができている社歴の長い企業がオススメです。

最近は求人情報がよく変わるので中長期的に情報交換して、次のキャリアに向けて現職でも継続的に経験を積んでいくことが大切です。

コンサル業界への支援実績No1:アクシスコンサルティング

1分で簡単登録!/

<1分で終わる登録方法はコチラ>

アクシスコンサルティングは山田コンサルティンググループ(以下、YCG)など、コンサル・IT業界への転職に特化した転職エージェントです。同業界への転職支援で豊富な実績があります。

各社・各ファームのパートナーや人事から話を直接聞いており、コンサル業界全体の転職動向から各ファームで必要なスキルや経験をよく理解しています。

また、転職を日々支援するなかで、転職後に失敗してしまう方の傾向やコンサルタントの次のキャリアを含めて提案ができるのは業界特化の転職エージェントならではです。

  • 気軽にYCGの年収や働き方などの話を聞いてみたい
  • YCGや船井総研等、コンサルタントのキャリアを相談したい(転職は未定)
  • YCGに転職した人が評価された経験やスキルを知りたい
  • YCGの戦略や求人部署に合わせた職務経歴書の添削や面接対策をして欲しい

こういう方は、転職活動していなくても気軽にアクシスコンサルティングに相談してみてください。

求人数と転職支援実績No1:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、言わずと知れた転職エージェントの最大手です。

リクルートの圧倒的な営業力で企業から多くの求人を獲得しています。
また、企業側から見ても紹介数が多い企業を雑には扱えないので、年収や入社日などの条件交渉も強いのが特徴です。

比較的に短期で転職を決めようとする傾向にはあるので、出来るだけ短期間に転職を決めたい方にオススメです。

  • 初めての転職で職務経歴書や面接準備を手厚く準備したい
  • 監査法人系や大手コンサルなど幅広く求人を知りたい
  • 転職活動を引っ張ってもらい短期で転職先を決めたい

こういう方は、リクルートエージェントに登録しましょう。

転職サポートが手厚い:doda

1~2回目で職務経歴書や面接に自信が無い方には、dodaはオススメです。
類似経験が書かれた職務経歴書のフォーマットを送ってくれたり、個別相談や自己分析支援など、中長期的に転職活動を手厚くサポートしてくれます。

手続きのシステム化が進んでおり、マイページを持つと求人の提案が続々と来ます。興味ある案件を「お気に入り登録」していくと、だんだん希望に沿った求人が届くようになります。

山田コンサルティンググループの転職を相談すると同時に、近い年収や条件の提案をもらえるので、早めに登録しておきましょう。

  • 初めての転職で職務経歴書や面接準備を手厚く準備したい
  • 山田コンサルティングを中心にコンサルキャリアの可能性を広げたい
  • 自分のペースを大切にしつつ、色々と相談したい

dodaは紹介求人数が多く、サイトで自分で探すこともできます。
また連絡やサポートが丁寧で、営業っぽくしないので編集部メンバーも毎回使うメンバーが多いです。こういう方は、dodaに登録してみてください。

私達も転職活動の時に、複数の転職エージェントに登録します。
複数に登録すると転職エージェントが手元にある求人だけ提案してきている(=他のエージェントと案件がかぶっている)かが分かります
他社と差がない、魅力がない、ということをキチンと伝えて転職エージェントにやる気を出してもらうことも転職活動で大切なポイントになります。
全部に全力投球する必要はありませんが、メイン1社・サブ2社ぐらいは登録しておきましょう。

まとめ

転職ノート
編集部

山田コンサルティンググループで働かれた方の経験をもとに、面接対策や働くイメージは持てましたか?

転職活動では、基本的な業界研究・企業研究が大切です。
本サイトでもしっかりと紹介していますので、参考にしてもらえればと思います。

山田コンサルティンググループは事業再生やM&Aなど、専門性の高いコンサルティングサービスを提供しています。

そんな同社への転職活動では、最新の求人を把握して求められる能力や経験に合わせて自分が即戦力であることを伝えることが絶対に必要です。

アクシスコンサルティングやリクルートエージェント、dodaなど、大手の転職エージェントと相談すると安心です。

どのエージェントも転職後の業界内の転職も含めて、中長期的なキャリア形成支援をしてくれます。

転職に失敗しないように、山田コンサルティングGに務めた方の退職理由と年収や評判もコチラに纏めていますので、ぜひ参考にしてくださいね!

皆さんの転職活動がうまくいくことを願っています