コンサルティング業界

転職面接対策:船井総合研究所の事業・年収・仕事内容

こんにちは。転職ノート編集部です。
私達は、全員で20回以上の転職経験があり、様々な業界で働いた経験を持つ年収1千万を超えるコンサルタントを中心とした執筆チームです。

国内のコンサルティング会社として有名な「船井総合研究所」への転職に向けて、主要事業や仕事内容、年収を纏めました

コンサルティング会社と言っても、Deloitte(デロイト)やアクセンチュア等の外資系コンサルティングファームとは仕事の仕方や評価内容が大きく違います

多くの方が転職前に疑問に思うだろう点を纏めました。

船井総研への転職を考えている方のお役にたてば嬉しいです!

Withコロナ時代に船井総研への転職を成功させる!

新型コロナの流行を受けて、DXによる効率化・新事業の検討や採用の強化などのニーズが強くなり、船井総合研究所は業績を伸ばし、採用を強化しています。

最新の求人意向や年収などの各種条件は、コンサルティング業界への転職を長年支援してきたアクシスコンサルティングに相談しましょう。

求職者の担当者が企業から直接話を聞いてるので、求人意欲(未経験者はOK?など)や各種条件、非公開求人を数多く教えてくれます。

転職はまだ考えていなくても、最新の求人紹介やキャリアの相談に乗ってくれるので気軽に相談してみましょう!

1分以内で無料登録!/

<1分で終わる登録方法はコチラ>

船井総合研究所の会社概要と組織図

 船井総研は何をやっている会社?

船井総合研究所は、2014年にホールディングス体制に変更しています。

ホールディングスの会社概要です。

会社名株式会社 船井総研ホールディングス
代表取締役代表取締役社長 グループCEO
 高嶋 栄(Sakae Takashima)
取締役取締役専務執行役員
 小野 達郎(Tatsuro Ono)
 取締役専務執行役員
 中谷 貴之(Takayuki Nakatani)
 取締役常務執行役員
 奥村 隆久(Takahisa Okumura)
 社外取締役
 砂川 伸幸(Nobuyuki Isagawa)
 社外取締役
 光成 美樹(Miki Mitsunari)
 取締役(監査等委員)
 百村 正宏(Masahiro Hyakumura)
 社外取締役(監査等委員)
 中尾 篤史(Atsushi Nakao)
 社外取締役(監査等委員)
 小林 章博(Akihiro Kobayashi)
資本金3,125百万円
グループ従業員数1,209名(2019年12月末時点)
創業1970年(前身の日本マーケティングセンターとして創業)

1970年に創業者の船井幸雄氏が設立した(株)日本マーケティングセンターという会社がはじまりです。

創業期から中小企業向けにコンサルティングサービスを提供してきました。

1980年にコンサルティング業で初めて、大阪証券取引所(第2部)に上場しました。

2014年にホールディングス化し、経営コンサルティング事業を(株)船井総合研究所へ、営業サポート事業を(株)船井総研コーポレートリレーションズへ事業承継しました。

船井総研は、中小企業向けのコンサルティング会社として有名ですが、現在の事業は多角化しています。

また、コンサルティング事業も複数のサービスがある為、正しく理解しておかないと、期待していたコンサルティング業務ができない可能性があります。

 船井総研とホールディングスの分担は?

人事や全体戦略を纏める「船井総研ホールディングス」があります。
その下に、4つの事業があり、8社のグループ会社が位置しています。

全社戦略や人事・法務などをホールディングス、各事業の運営をグループ会社各社、という分担ですね。

グループ会社各社の分担です。

●経営コンサルティング事業
 (株)船井総合研究所
 (株)船井総研コーポレートリレーションズ
 船井(上海)商務信息咨詢 有限公司

●ロジスティクス事業
 船井総研ロジ(株)

●ダイレクトリクルーティング事業
 (株)HR Force

●その他 事業
 (株)船井総研ITソリューションズ
 (株)プロシード
 新和コンピュータサービス(株)

個人的には、ダイレクトリクルーティング事業等の採用支援やシステム開発等もやり、経営が多角化していることに驚きました。

船井総合研究所の業績推移とセグメント情報

船井総研は成長してるの?

船井総研ホールディングスは売上高・営業利益共に、毎年110~120%の成長を達成しています。

コンサルティング事業の他に何をやっている?

先ほど、組織図で御紹介しましたが、コンサルティング事業を含めて4つの事業を運営しています。

出典:2019年12月期決算報告より

売上・営業利益共に、経営コンサルティング事業が主軸となっています。

既存事業で得た収益や顧客基盤を活かして、新たな事業への展開を進めています。

この経営コンサルティング事業ですが、顧客と提供サービスの2点で他の大手コンサルティングファームと異なり、仕事の仕方も異なります。

船井総合研究所でコンサルタントとしての活躍を期待される方は、具体的に御紹介していますので、ご自身のイメージに合っているか、よくご確認ください。

船井総合研究所の顧客

船井総研は「住宅・不動産」「医療・介護・福祉」「仕業(会計士や税理士、等)」を3大顧客としています。

船井総合研究所への転職は「ポジションマッチ採用」と「部門別採用」があり、「ポジションマッチ採用」の場合は、この3業界の担当になる可能性が高いでしょう。

船井総合研究所の事業内容

 コンサルティング事業って何をやってるの?

コンサルティング事業は大きく6つのサービスに分かれます。
各サービスの19年度の売上高と構成比(売上高/構成比)は以下の通りです。

  • 月次支援   (125億/64%)
  • リスティング (25億/13%)
  • 経営研究会会費(22億/11%)
  • プロジェクト (15億/7%)
  • 公開型セミナー(7億 /4%)
  • その他    (2億 /1%)

コンサルティング事業は全体の7割が月次支援です。

●月次支援とは
月額20万円前後の年間契約サービスです。
月に1度、契約先に訪問して経営者の悩みを聞き、経営課題に他社事例を交えてパッケージサービスを紹介します。

出典:船井総合研究所運用 病院・クリニック経営.com HP 月次支援より

1人のコンサルタントは、この月次支援の契約者数が最初のノルマになり、まずは1人で10社との契約を持つことが目標となります。

 コンサルティング事業はどんな仕事をするの?

具体的な仕事のイメージを御紹介します。

船井総合研究所は全国の中小規模事業者が主要顧客です。

中小企業庁の定義では、「小規模企業者」は「製造業その他:従業員20人以下」「商業・サービス業:従業員5人以下」となります。

例えば、医療・介護分野の部署に所属の場合ですが、数人~20人程度の介護事業者や老人ホーム運営会社に毎月訪問して、「在宅医療強化型医院ソリューション」や「老人ホーム紹介サービス」等のソリューションパッケージを紹介します。

出典:船井総研お勧めのビジネスモデルより

こうしたサービスは、船井総研の中でパッケージ化されており、業界や事業に対する高い専門性が無くても、紹介が可能です。

もちろんパッケージサービス以外に、オーダーメイドでコンサルティングサービスを紹介することもできます。(大手のコンサルティングファームでは、オーダーメイド型で3~6ヵ月のプロジェクト型での契約が大半です)

そうしたサービスは「プロジェクト」で全体の7%程度と主力ではないことが分かります。船井総合研究所では、こうしたサービスパッケージを「ズバリソリューション」と呼んでいます。

全国の中小事業者との関係が強い船井総合研究所だからこそ、全国に分散している優良なビジネスモデルを知っています。

その優良なビジネスモデルをパッケージ化して、未導入エリアに展開していくことができます。

中小事業者が全国区でリサーチをすることは難しく、手間がかかります。
こうした優良なビジネスモデルと成功のポイントを知ることができる点で、船井総研は高く評価されているのでしょう。

船井総合研究所への転職を検討されている方は、アクシスコンサルティングに登録しておきましょう。

コンサルティング業界への転職であれば、直近の採用動向や過去の経験に基づいた現在の求人情報を紹介してもらえます。

転職は思い切って短期勝負をするより、1~3年のスパンで求人動向と経験を積み重ねていくものです。今後、求人情報はかなり高い頻度で動いていきますので、数年以内に転職の可能性がある人は、早めに登録して準備を始めておきましょう。

<1分で終わる登録方法はコチラ>

 ロジスティクス事業って何をやっているの?

4つのサービスを提供しています。

●コンサルティングサービス
 -物流企業コンサルティング
 -荷主企業コンサルティング
 -ソリューションコンサルティング

●コミュニティサービス
 -物流企業経営研究会
 -CLOコミュニティ
 -パートナーミーティング

●ネットワーク
 -物流ネットワーク
 -購買
 -IT・AI・ロボティクス・マテハン

●データベース
 -Logiiiii!
 -相場
 -ノウハウ・事例・事例

 ダイレクトリクルーティング事業って何をやっているの?

HR force社が提供するRecruiting Cloudというサービスの提供による収益が該当します。

基本的に、船井総研にコンサルタントとして転職を検討されている方の対象にはならないかもしれませんが、御紹介します。

このサービスは、人がやると手間がかかり、最適化が難しいGoogleやindeedに掲載する求人単価を自動化することができます。

その他 事業って何をやっているの?

事業規模は、全体の中でもまだ小さい新事業ですので簡単に御紹介します。

船井総研ITソリューションズという会社で、「デジタルマーケティング」や「IT導入支援」を中小企業向けに提供しています。

近年は、新型コロナの影響を受け、中小企業向けにリモートワークの実現に向けた支援も実施しています。

船井総合研究所の平均年収と他社比較

船井総合研究所の平均年収

出典:2015~19年12月期 有価証券報告書

会社全体での平均年収は最新で678万円です。

国内独立系で中堅・中小企業向けにコンサルティングサービスを提供している「山田コンサルティングサービス」は637万円なので、同業界の競合よりは年収が高いことが分かります。

船井総合研究所の年収モデル

出典:住宅・不動産分野 採用ページ  キャリアパス・モデル年収より

契約数にもよりますが、入社10年目を目安に1千万を超える年収モデルのようです。

25歳で転職して、入社5年目30歳で80~920万円だと比較的高い給与水準といえます。

外資系コンサルティング会社でも30歳でManagerになるかどうか、ぐらいの年収水準になり、そこまで大きく下回っているわけではないようです。

会計系4社とアクセンチュアの年収水準をコチラに纏めています。
併せてご確認ください。

Withコロナ時代の転職活動成功のポイント!

業績は成長しており、平均年収も689万円と高い企業です。

また新型コロナウイルスの流行により、転職市場は1次的に止まりましたが、顧客のデジタル化や働き方改革のニーズはより強まり、業績と共に採用数を伸ばしています。

そこで、船井総合研究所への転職を成功させるポイントを御紹介します!

ポイント1:プロジェクトが取れている部署を知る
新型コロナウイルスの流行後、プロジェクトが取れている/取れていない部署の明暗が如実に出るようになりました。

入社後に長期アベイラブルになることを避けるために、求人元の部署が案件を取れているか、事前に確認が必要です。

ポイント2:求人意欲を確認する
求人にも様々な背景があります。
経験者採用のみ、マネージャー以上の採用のみなど、求人票に書かれていない企業の求人意欲を事前に確認しておくことが大切です。

ポイント3:最新の転職成功者の経験やスキルを知る
最後に、新型コロナ流行後の転職成功者の経験やスキルを知っておくことが大切です。

完全に同じ経歴になることは難しいですが、評価されたポイントと近い経験や能力を伝えることで転職可能性を上げることができます。

この3つのポイントは、転職エージェントに相談することで実現することができます。

コンサルタントのキャリア支援実績が豊富な転職エージェントに相談することで自分では実現できないスピードで具体的な情報収集ができます。

ただし、専門性がない・営業活動として捌きにくる転職エージェントには、以下の条件を明確に伝えましょう。

  • 目的を明確に伝える(情報収集・転職活動など)
  • 企業から直接聞いた生の求人情報を知りたいこと
  • 直近の転職成功者の経験やスキルを知りたい事

有効求人倍率など、一般論だけを話してくる人は要注意です。
*有効求人倍率はハローワークの求人数と応募数の割合です。ハローワークで紹介される警備員や建築現場作業員の求人倍率が、コンサルタントに紹介される求人の動向として参考に足る情報とはいえないでしょう。

企業から直接聞いている具体的な生の話を確認しましょう。

転職ノート
編集部

転職エージェントに営業として捌こうとしてくる人も多いのも実態です。
私達もよく出会いますが、面接日程調整の丸投げやどのエージェントでも見るような求人しか出してこないエージェントには「他社との差がないこと」「●●をしてほしい」と自分の意思を伝えています
皆さんも転職エージェントとはお互いに敬意を持てる誠実な関係が築けるといいですね。

コンサル業界への支援実績No1:アクシスコンサルティング

<1分で終わる登録方法はコチラ>

アクシスコンサルティングは船井総研をはじめコンサル業界への転職に特化した転職エージェントです。同業界への転職支援で豊富な実績があります。

船井総研の役員や人事から話を直接聞いており、コンサル・IT業界全体の転職動向から各ファームで必要なスキルや経験をよく理解しています。

また、転職を日々支援するなかで、転職後に失敗してしまう方の傾向やIT人材の次のキャリアを含めて提案ができるのは業界特化の転職エージェントならではです。

  • 気軽に船井総研の年収や働き方などの話を聞いてみたい
  • コンサルタントのキャリアを相談したい(転職は未定)
  • 船井総研に転職した人が評価された経験やスキルを知りたい
  • 船井総研に合わせた職務経歴書の添削や面接対策をして欲しい

こういう方は、転職活動していなくても気軽にアクシスコンサルティングに相談してみてください。

求人数と転職支援実績No1:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、言わずと知れた転職エージェントの最大手です。

リクルートの圧倒的な営業力で企業から多くの求人を獲得しています。
また、企業側から見ても紹介数が多い企業を雑には扱えないので、年収や入社日などの条件交渉も強いのが特徴です。

比較的に短期で転職を決めようとする傾向にはあるので、出来るだけ短期間に転職を決めたい方にオススメです。

  • 初めての転職で職務経歴書や面接準備を手厚く準備したい
  • シンクタンクや大手コンサルなど幅広く求人を知りたい
  • 転職活動を引っ張ってもらい短期で転職先を決めたい

こういう方は、リクルートエージェントに登録しましょう。

高年収スカウトをもらう:キャリア・カーバー

キャリア・カーバーは、リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントからのスカウトサービスです。

登録すると多くの転職エージェントから様々なスカウトオファー連絡が来るので、キャリア・カーバーを使うメリットは多いです。

キャリア・カーバーに登録している転職エージェントは、コンサルタントなどのハイキャリア向け専門の部署のエージェントです。

例えば、dodaに普通に登録した場合に担当になる人とは別に、ハイキャリア向けの担当者が付きます。この人達が担当になった場合のメリットは色々とあります。

  • 一人一人に丁寧なキャリアカウンセリングや求人紹介をしてくれる
  • 企業側のCEOやCOOクラスと直接話をしていて、より生の具体的な企業ニーズを教えてくれる
  • 通常のサイト登録とは別の高年収・好条件の非公開求人を紹介してくれる
  • 興味のある求人紹介をゆっくりと待てる

要は「高年収=エージェント側の収益が高い担当」は丁寧に対応して内定率を高める体制になっています。これはどこの転職エージェントも一緒です。

もちろんdodaやリクルートエージェントとの併用も可能です。
船井総研を中心に”様々な企業かつ年収が高い求人”を知りたい方は、キャリア・カーバーに登録しましょう。

<キャリア・カーバーで高年収スカウトをもらう>

転職サポートが手厚い:doda

1~2回目で職務経歴書や面接に自信が無い方には、dodaはオススメです。
類似経験が書かれた職務経歴書のフォーマットを送ってくれたり、個別相談や自己分析支援など、中長期的に転職活動を手厚くサポートしてくれます。

手続きのシステム化が進んでおり、マイページを持つと求人の提案が続々と来ます。興味ある案件を「お気に入り登録」していくと、だんだん希望に沿った求人が届くようになります。

船井総合研究所の転職を相談すると同時に、近い年収や条件の提案をもらえるので、早めに登録しておきましょう。

  • 初めての転職で職務経歴書や面接準備を手厚く準備したい
  • 船井総合研究所を中心にコンサルキャリアの可能性を広げたい
  • 自分のペースを大切にしつつ、色々と相談したい

dodaは紹介求人数が多く、サイトで自分で探すこともできます。
また連絡やサポートが丁寧で、営業っぽくしないので編集部メンバーも毎回使うメンバーが多いです。こういう方は、dodaに登録してみてください。

私達も転職活動の時に、複数の転職エージェントに登録します。
複数に登録すると転職エージェントが手元にある求人だけ提案してきている(=他のエージェントと案件がかぶっている)かが分かります
他社と差がない、魅力がない、ということをキチンと伝えて転職エージェントにやる気を出してもらうことも転職活動で大切なポイントになります。
全部に全力投球する必要はありませんが、メイン1社・サブ2社ぐらいは登録しておきましょう。

まとめ

船井総合研究所の事業内容からコンサルティング事業の具体的な内容まで、かなり踏み込んで具体的に御紹介できたと思います。

大手外資系ファームとの違いを含めて、纏めます。

●船井総研の事業内容
 ・中小企業向けにコンサルティング事業を中心に4事業を提供
 ・他には、採用支援サービスを提供
 ・毎年平均110~120%は売上高・利益共に成長

●船井総研の顧客
 ・中小企業(製造業:20人以下、商業・サービス:5人以下)
 ・特に「住宅・不動産」「医療・介護」「士業」が主要顧客

●コンサルティングサービスの内容
 ・月次支援(毎月定額で年間契約。月1回訪問するスタイル)
 ・訪問した際には、船井総研にある他社で成功した
  ビジネスモデルやサービスのパッケージを提案
 ・他にもリスティング広告の提案や運用サービスを提供

●大手外資系ファームとの違い
 ・サービス
  -大手外資:数か月単位のプロジェクト型
  -船井総研:月次支援
 ・顧客
  -大手外資:国内・国外大手企業
  -船井総研:国内中小企業
 ・評価
  -大手外資:プロジェクト期間中のパフォーマンス評価
  -船井総研:月次支援等の契約数や獲得した粗利

●船井総研で経験できる事
 ・中小事業者であるが為、全社横断で具体的に見られる
 ・全国の中小事業者の経営課題
 ・全国で実証済みの稼げるビジネスモデルや改善方法

船井総研は給与も高く、中小規模でビジネスを始めたい人や日本で圧倒的に多い中小事業者からボトムアップで経済を活性化したい方には魅力的な職場だと思います。

皆さんの転職活動がうまくいくことを祈っています。