MENU
日系

Sier?リッジラインズの転職評判!事業と人材育成

こんにちは。転職note編集部です。

今回は、富士通グループで新たに日本初のDX(デジタルトランスフォーメーション)を担うコンサルティングファーム、リッジラインズの事業内容(SIはやるの?)や人材育成方針・実際の求人を御紹介します。

リッジラインズはWithコロナ時代により一層高まるデジタル化のニーズを捉えて、富士通の技術や顧客基盤を活かし急成長を目指す会社です。

本記事は、一般的なインターネット・書籍の他に、私達に直接来た求人・年収の提案をもとに執筆しています。求人は、デジタル化に向けたあるべき姿の策定~PoCの作成など、様々な人材を募集しています。

リッジラインズは新会社なので、コンサルタントの他に社内の広報や経営企画室の人材も募集しています。興味がある方は是非ご確認ください。

Withコロナ時代にリッジラインズへの転職を成功させる!

新型コロナの流行を受けて、働き方やデジタル化の更なる推進等、DXによる効率化・新たな付加価値を創り出すニーズがより強くなりました。

こうした環境で日本初のデジタル化を担うリッジラインズは採用を強化しています。

最新の求人意向や年収などの各種条件は、コンサルティング業界への転職を長年支援してきたアクシスコンサルティングに相談しましょう。

リッジラインズのパートナーや人事から話を直接聞いた求人意欲(未経験者はOK?など)や各種条件、非公開求人を詳しく教えてくれます。

転職はまだ考えていなくても、最新の求人紹介やキャリアの相談に乗ってくれるので気軽に相談してみましょう!

1分以内で簡単登録!/

<1分で終わる登録方法はコチラ>

Ridgelinez(リッジラインズ)の基礎知識

Ridgelinez(リッジラインズ)の会社概要

商号Ridgelinez(リッジラインズ)株式会社
Ridgelinez Limited
設立2020年1月15日
代表者今井 俊哉
本店東京都千代田区丸の内二丁目6番1号
丸の内パークビルディング
資本金1億円
事業内容お客様の根源的な課題を構造化し目指す姿を描き、
価値創造を起点に国内外の様々なパートナーや
最適なテクノロジーを活用して、事業変革の実現を支援。

SIerとは違うの?

「Ridgelinezは、SIerになろうとしているわけではないため、SIはやらない。その部分は、富士通グループをはじめとした他社の力を利用する。つまり、プロダクトアウトの立場で提案するのではなく、顧客の経済価値から見て、顧客のトランスフォーメーションを手伝うことができる。ここでは、アライアンスも積極的に活用していく。こうした仕組みによって、日本の企業のトランスフォーメーションのお手伝いをしたい」

リッジラインズ 今井CEO

今井CEOも「SI事業はやらない」と明言しています。
当然、富士通と事業がカニバってしまうので、立ち位置的にもやれないのだと思います。

近年、デロイトもIT案件が多くなっており、アクセンチュアやアビームなどの総合・中堅コンサルファームでのIT経験を積んでる人も多いと思います。

その経験を活かして、より抽象度の高いコンサルティング業務に就くのに、とても良い環境になっています。

リッジラインズへの転職を成功させる!

新型コロナウイルス流行後でも当初の採用計画に基づき、リッジラインズは積極的な採用を継続しています。

ただ、新企業かつ各種インタビューでは、今のところ各エージェントに非公開求人として人材の紹介を依頼しているようです(一般的なネット検索では出ない)

そのため、コンサル業界に特化した転職エージェント(アクシスコンサルティングなど)に求人の紹介をお願いしましょう。

1分以内で簡単登録!/

アクシスコンサルティングは、リッジラインズ社の今井CEOが在籍していたPwCをはじめ日常から各ファームの人事担当と信頼関係を築き、コンサルタントの転職支援をしています。

リッジラインズをはじめ各ファームの最新の求人状況(どの部門/役職が採用を強化している、など)を知ることができるので相談してみましょう。

転職面接では必須!経営ビジョンと求人・評判

富士通 時田社長が話した注力領域

まずは、DXが進んでいる金融や製造、流通を最初のターゲット分野として定め、十分にアプローチできていなかった顧客にも積極的に提案する。

自立した企業ではあるが、富士通グループ各社のビジネスにも一定の波及効果があると考えており、連結ベースで3000億円規模のDXビジネス創出を目指す

富士通 時田隆仁社長 記者会見コメント

時田社長は、DXが進んでいる金融や製造、流通業を最初のターゲットにしているとしています。

DX支援の経験に加えて金融や製造・流通業などでの経験を持つ方も活躍できる環境であることが分かります。

リッジラインズ 今井CEOメッセージ

2020年4月1日に事業をスタートしたリッジラインズが20年8月6日・7日の2日間にオンラインで開催したプライベートイベント「TRANSFORMATION SUMMIT 2020」での今井CEOのメッセージです。

コロナ禍でスタートを切ることになり、キックオフはリモートで行った。まだ設立4カ月であり、赤子のような会社。

だが、主業は日本企業のトランスフォーメーションという大それたものである。日本初のDX専門会社として、日本の企業のために、日本の文化や歴史に根ざした提案ができる企業になりたい。

Ridgelinezの役割は、DXにかかわるコンサルティングビジネスと、プロトタイピングである。

プロトタイピングとは、新たなビジネスを試そうと思ったり、新しい人事制度を試そうと思ったりした場合、ビジネスをITの世界に落とし込んで、プロトタイプを作るところまでを担当しているということ。

具体的になにをするかというところまで踏み込むことができる。

TRANSFORMATION SUMMIT 2020レポート

このメッセージからも分かるように、リッジラインズは日本企業のDXを実現するために、「コンサルティングビジネスとプロトタイピング」を担います。

コンサルティングで課題の特定やあるべき姿の策定だけでなく、プロトタイプを作成し、実行に近いところまで支援することが分かります。

リッジラインズのコンサルタント3種と強み

3種類の違った役割を持ったタレントを組み合わせることができるのが、Ridgelinez(リッジラインズ)の特徴です。

中立的な立場で、顧客に最適なテクノロジーを提案でき、どのテクノロジーが最適であるかをジャッジし、提案を具体化できるチームがいます。

そして、最後の実装部分までをコンサルタントが提案できる点が強みです。

●Industry DX Strategy Consultant
課題やトランスフォーメーションの戦略的ターゲットの設定を、経営陣と一緒に考えるコンサルタント

●DX Competency Consultant
設定した課題に対するソリューションを考えるコンサルタント

●DX Technology Consultant
実装をイメージした具体的な技術を提案し、アジャイルで開発を行い、顧客に肌感覚で変革を体験してもらう役割を担う

人材採用・育成計画

リッジラインズは新型コロナ流行後も積極的に採用を続けています。

基本的な体制は、元PwCの今井CEOの他、多くを富士通グループよりリーダー陣を組成しています。


富士通の時田社長は、「独自の仕組みや社内制度を整え、機動力に優れた会社とする」と語っています。

小回りの利く約300人の体制で事業を始め、顧客のDX施策を短期間で形にすることを目指されています。

転職note
編集部

私達にも実際の求人が提案されていますが、パートナー・ディレクタークラスは揃われ、企業戦略・方針は固まっている。
しかし、シニアマネージャー・マネージャー以下、現場でクライアントワークを担える人材の募集をされているそうです。
(セールス責務はディレクター以上が持つようです)

スタッフクラスも富士通や富士通総研から人を引っ張ってきています。
同時に、DXコンサルタントとしてトレーニングをしなおしており、リッジラインズ自らのトランスフォーメーションを進めています。

新しい組織で、他の多くのスタッフと共にDXコンサルタントになる経験を積むチャンスですね。

リッジラインズの求人内容と評判

マネージャークラスからコンサルタントクラスまで、様々な求人が出ています。同時に社内SEや経理部門の採用も募集されています。

転職エージェントに登録して経験にマッチした求人を確認しましょう。

「Strategic Allianceによるエコシステムの企画・実践をリードするコンサルティング・マネージャー」

仕事内容

DX実現に必要となるStrategic Alliance によるエコシステムの企画・実践をリードするコンサルティング・マネジャー業務をお任せいたします。

■組織としての役割(Architecture Design)

お客様の経営・事業変革に向けたデジタルトランスフォーメーション(DX)構想の実現を支える、最新及び最適なデジタルテクノロジーに関する戦略策定、アーキテクチャーデザイン、アジャイル開発およびDevOps実現方法等のコンサルティングを実施する

■期待するミッションや役割

コンサルティング・マネージャーとして、Strategic Allianceによるエコシステムの企画・実践をリードする

  • DX実現に必要なエコシステムのブループリント策定および継続的な更新をリードする
  • Strategic Allicance企業の選定、協業方法・体制などの交渉(調整)をリードする

応募資格

必須スキル/経験(以下”1項目以上の経験/能力要件”必須)

  • お客様への業務改革を支援するテクノロジー構想立案や提案の経験(スタッフとしても可)
  • アジャイル開発プロジェクト実践、クラウドネイティブな環境でのアプリケーション開発経験
  • フロントエンドの実装テクノロジについての提案・評価・導入・改善の経験

歓迎スキル/経験
以下の経験/能力要件 (ないものは、参画後に学んでいただきたいです)

  • 海外の技術・論文など最新情報を調査・キャッチアップする習慣
  • アイデアソン・ハッカソン・デザイン思考ワークショップなどの企画~ファシリテーションの経験
  • 最新技術の調査・検証と社内外への情報公開経験(技術ブログ、社外コミュニティなど)
  • AWS、Azure、GCP、アジャイル、クラウドネイティブな技術やモダンな開発に関する上位資格

マーケティング部門でのブランディング・マーケティング活動の企画・推進(コンサルタントクラス)

仕事内容

・今年度設立された新会社での広報・PR業務
・コーポレートのマーケティング部門で広報・PR活動の企画・推進業務、および部門メンバーの育成

■組織としての役割(Architecture Design)

・自社の経営企画および社内への各種支援サービス提供

■期待するミッションや役割

・戦略的な広報・PRプランの策定と発信活動の企画、対応
・プレスリリースやWebサイト、SNS等への発信内容の文章化
・部門メンバーの指導、育成

転職note
編集部

コンサルタントクラス(マネージャーの指示の元、作業ができる)で社内の広報・PR業務を担うお仕事ですね。
リッジラインズは新会社の為、広報の他にも経理やリッジラインス自体の経営企画部門など社内の人材も積極的に採用しています。
ただ、社内職種の場合は、年収水準がコンサルタントの100~200万円程度は下がります

リッジラインズの年収・給与・ボーナス

リッジラインズの年収・給与・ボーナスはコチラの記事にまとめていますので、御確認ください。

リッジラインズへの転職活動成功のポイント!

富士通の盤石な顧客基盤に加えて市場が拡大しているDX事業に注力するリッジラインズは、創業からの急成長に向けた採用・改革がまさに進んでいる企業です。

新型コロナウイルスの流行により、転職市場は1次的に止まりましたが、顧客のデジタル化や働き方改革のニーズはより強まり、創業メンバーの採用を強化しています。

そんなリッジラインズへの転職を成功させるポイントを御紹介します!

ポイント1:求人意欲を確認する
求人にも様々な背景があります。
経験者採用のみ、マネージャー以上の採用のみなど、求人票に書かれていない企業の求人意欲を事前に確認しておくことが大切です。

ポイント2:最新の転職成功者の経験やスキルを知る
最後に、新型コロナ流行後の転職成功者の経験やスキルを知っておくことが大切です。

完全に同じ経歴になることは難しいですが、評価されたポイントと近い経験や能力を伝えることで転職可能性を上げることができます。

この2つのポイントは、転職エージェントに相談することで実現することができます。

コンサルタントのキャリア支援実績が豊富な転職エージェントに相談することで自分では実現できないスピードで具体的な情報収集ができます。

ただし、専門性がない・営業活動として捌きにくる転職エージェントには、以下の条件を明確に伝えましょう。

  • 目的を明確に伝える(情報収集・転職活動など)
  • 企業から直接聞いた生の求人情報を知りたいこと
  • 直近の転職成功者の経験やスキルを知りたい事

有効求人倍率など、一般論だけを話してくる人は要注意です。
*有効求人倍率はハローワークの求人数と応募数の割合です。ハローワークで紹介される警備員や建築現場作業員の求人倍率が、コンサルタントに紹介される求人の動向として参考に足る情報とはいえないでしょう。

企業から直接聞いている具体的な生の話を確認しましょう。

転職note
編集部

転職エージェントに営業として捌こうとしてくる人も多いのも実態です。
私達もよく出会いますが、面接日程調整の丸投げやどのエージェントでも見るような求人しか出してこないエージェントには「他社との差がないこと」「●●をしてほしい」と自分の意思を伝えています
皆さんも転職エージェントとはお互いに敬意を持てる誠実な関係が築けるといいですね。

コンサル業界への転職支援No1:アクシスコンサルティング

おすすめ度: ★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://www.axc.ne.jp/

<1分で終わる登録方法はコチラ>

アクシスコンサルティングはリッジラインズやBig4等、コンサル・IT業界への転職に特化した転職エージェントです。同業界への転職支援で豊富な実績があります。

各社・各ファームのパートナーや人事から話を直接聞いており、コンサル・IT業界全体の転職動向から各ファームで必要なスキルや経験をよく理解しています。

また、転職を日々支援するなかで、転職後に失敗してしまう方の傾向やコンサルタントの次のキャリアを含めた相談ができるのは業界特化の転職エージェントならではです。

  • 気軽にリッジラインズの年収や働き方などの話を聞いてみたい
  • リッジラインズやBig4等、コンサルタントのキャリアを相談したい(転職は未定)
  • リッジラインズに転職した人が評価された経験やスキルを知りたい
  • リッジラインズの戦略や部署に合わせた職務経歴書の添削や面接対策をして欲しい

こういう方は、転職活動していなくても気軽にアクシスコンサルティングに相談してみてください。

ハイキャリア転職の支援に強いJACリクルートメント

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp

JACリクルートメント』は日系大手企業や外資系企業のハイキャリア求人が多い転職エージェントです。

転職エージェントとしては、リクルート・dodaに続く第3位で、外資・内資問わずコンサルティングファーム各社への転職支援実績も多く、過去の選考通過者に聞かれた質問・回答例を豊富に教えてくれたのが印象的でした。(もうそれに従っておけばOKという感じです)

更に、キャリアコンサルタントを務める担当者のレベルが高く、会社全体で選考の通過率の高さを目標に掲げています。その為、求人企業の採用ニーズを役員・人事・面接官レベルで熟知していて「次の面接官の●●さんは、■■の経歴で▲▲の観点で深堀されます」など、人事や面接官に合わせた超具体的なアドバイスがもらえます。その結果、書類・面接の選考通過率が非常に高かったです。

JACリクルートメントの社内組織は業界担当制で、採用企業と転職希望者を同じ人が担当します(リクルートやdodaは採用企業担当と転職希望者担当を別の人が担当しています)。

その結果、私達(=転職希望者)への説明が、実際に採用企業から直接聞いた話をもとに話しているので、的確で具体的な転職アドバイスができます。

コンサルファームへの転職支援では、業界・各ファーム・部門・面接官に対する専門性が非常に大切です。書類選考や面接の対策でも一般論では乗り切れない部分が多く、ファーム・部門・面接官に合わせた対策が必要なので、コンサル業界専門の担当者がいるJACリクルートメントは信頼して相談することができました。

実際に私達がJACリクルートメント経由で選考を受ける時でも、転職支援できる業界の幅広さと各業界・企業に対する専門性の高さから、コンサルファームへの転職支援でも、かなり高い選考通過率を実現できます。限られた時間でハイキャリアを目指す方にはとてもよい転職エージェントだと思います。

  • 転職後年収500万円以上を実現したい方
  • 外資系企業や大手企業などの求人を知りたい方
  • リッジラインズ等、コンサルファーム各社の内情を詳しく知りたい方
  • 企業から特命で預かっている極秘求人を知りたい方

高年収オファーを企業から直接もらう:ビズリーチ(Bizreach)

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://www.bizreach.jp/

ビズリーチの名前は多くの方が御存じだと思いますが、ダイレクトリクルーティングサイトだということは知っていましたか?

ビズリーチは企業やヘッドハンターと求職者を直接結ぶサイトです。
登録するとビズリーチから求人提案が来るのではなく、登録している企業やヘッドハンターから連絡があります。興味がある求人を紹介されたら、その企業やヘッドハンターと電話やオンラインで面談する流れです。

リッジラインズを始め、様々なコンサルティングファームはBizreach内で中途採用を定期的に募集しており、企業に直接応募して募集部署や採用求人の特徴を直接知ることができます。

最近は、アマゾンやマイクロソフト、コンサルファームや官公庁等、様々な企業が求人を掲載しているので、自分で直接応募することが出来ます。(最近、Mckinseyの掲載を見つけて驚きましたw)

企業は転職エージェントに支払う手数料よりも採用コストが低いビズリーチの活用に積極的になっており、戦略ファームや金融・不動産各社も求人掲載しています。(転職関連のサイトで掲載企業数が最も多いと言われています)

  • 外資・内資のコンサルティングファームから直接話を聞いてみたい
  • コンサル業界への転職支援に強いヘッドハンターに出会いたい
  • 採用に積極的なリンクアンドモチベーション等の企業から直接話を聞いてみたい

実際に応募するかは別にして、ビズリーチに登録して連絡がきた企業から話を聞いてみるのをオススメします。1次情報より確実な情報はないので、その機会を得る為にもビズリーチに登録しておいてください。

*実際の応募は面接対策が出来る業界特化の転職エージェントも”併用”した方が良いと思います

私達は転職活動の時に、複数の転職エージェントに登録して各社を「比較・評価」して、より良い転職エージェント・求人を探せるのでメイン1社・サブ2社の合計3社は登録しておきます。

多くの人が1社だけ衝動的に登録して転職活動をしていますが、「同じ会社でも転職エージェントによって年収やポジションが違った」なんてこともよくあり、本当は年収100万上げて転職できたのに・・・なんてことにもなりかねません。

よって、転職エージェントは3社以上に登録して、紹介求人が魅力的で対応が丁寧なエージェントと関係を作っていくことをやってみてくださいね。

まとめ:Sier?リッジラインズの転職評判

富士通グループのリッジラインズへの転職に向けて、事業内容(SIはやるの?)や人材育成方針・実際の求人を御紹介しました。

SI事業は富士通と事業領域がかぶることもあり、今井CEOも取り組まないことを明言しています。求人は一般的なコンサルタント職の他に、社内の経営企画室や広報職など、幅広く募集しています。

リッジラインズへの転職活動では、最新の求人を把握して求められる能力や経験に合わせて自分が即戦力であることを伝えることが絶対に必要です。

アクシスコンサルティングやリクルートエージェント・dodaなど、大手の転職エージェントと相談すると安心です。また、キャリアカーバーのエージェントも非公開求人を提案してくれます。

どのエージェントも転職後の業界内の転職も含めて、中長期的なキャリア形成支援をしてくれます。

ただ、まれに営業職の強い転職エージェントもいるので、複数のエージェントに登録して比較・検証できるようにしておきましょう。

皆さんの転職活動がうまくいくことを願っています