●●万円違う!転職エージェント

ポストコンサル:成功する転職エージェントとヘッドハンター

こんにちは。転職ノート編集部です。
私達は、全員で20回以上の転職経験があり、様々な業界で働いた経験を持つ年収1千万を超えたコンサルタントを中心とした執筆チームです。

今回は、私達の転職経験をもとにコンサルティングファームからの転職経験(所謂、ポストコンサルの転職活動)の始め方とお勧めできる転職エージェントを御紹介します。

私達のメンバーは2-3回の転職活動を経験しているメンバーが多いのですが、それぞれが納得できる転職先・年収含む各種条件で転職しています。

一方で、私達の周囲でプロジェクトに疲弊して半ば自暴自棄に転職した人達の話を聞いていると、転職時の年収やキャリアで足元を見られていたり、転職エージェントに言いように使われる人達も多いように思いました。

そこで今回は、「転職活動の始め方」と「進むキャリアに合わせた頼りになる転職エージェント・ヘッドハンター(特に、他社では見ない求人が出る、天使職活動の支援が丁寧など)」を紹介する記事を書きました。

一般的な内容もありますが、皆さんが望むキャリア形成のお役に立てれば嬉しいです。

Withコロナ時代にポストコンサルの転職を成功させる!

新型コロナの流行を受けて、転職市場は1次的に止まりました。確かに有効求人倍率は下がっていますが、私達が転職活動をした経験ではポストコンサルで求められる人材ニーズは逆に高まっていると思います。(一部、業界にもよります)

企業各社はこれまでのゲームルールが大きく変わり、様々な経営改革ニーズが高まっています。改革の担い手としてコンサルタントの能力を持つ人材には多くの求人が紹介されています。

そんな転職マーケットの最新動向や年収などの各種条件は、コンサルティング業界に特化して転職を長年支援してきたアクシスコンサルティングに確認してください。

多くのコンサルタントの転職を支援した実績から、皆さんのプロジェクト経験をよく理解したうえで、皆さんが進みたいキャリアに合致した求人を紹介してくれます。

転職はまだ考えていない人でも、最新の求人紹介やキャリアの相談に乗ってくれるので気軽に相談してみてください。

1分以内で簡単登録!/

<1分で終わる登録方法はコチラ>

転職活動を始めるタイミング

入社時から情報収集を始める

コンサルタントの方は、転職エージェント+スカウトサイト(ビズリーチかキャリアカーバー)は入社するタイミングで登録しておくのが良いと思います。

コンサルティングファームで働く多くの方はパートナーまで昇進してキャリアを終える前提の方は少ないのではないでしょうか。

事業会社に行くにも、別のファームでポジションや年収を上げるにはも、自分に合ったポジションが空くかはタイミング次第です。

「いつ辞めるか分からない」のであれば「常に情報収集」しておく。
逆に、いつ自分が望むキャリアに合致したポストが紹介されても動けるように日頃から準備しておく、というのがコンサルタントの方が取るべき転職活動だと思います。

求人ポストは常時空いているわけではなく、組織改編や人事異動・人の退職などによりポストが空いた時に求人が出ます。

タイミングを逃さないように、毎年キャリアを棚卸をして、自分が進みたいキャリアの方向を見据え、プロジェクト毎に鍛錬しながら求人が出たらスムーズに転職することが大切です。

リクルートエージェントやdodaは基本的に登録しなくてよいと思います。

求人数が多いのは良いのですが、多すぎて探す負担が大きいです。更に、転職エージェント社内でクライアント担当と求職者担当が分かれているので、求職者担当が転職先に詳しくなかったりするので非効率です。

限られた時間で効率的に転職活動を進めたい方には、自分にあった求人(その方が書類通過率も高いです)を紹介してくれ、企業の求人ニーズをよく理解している転職先の業界特化かヘッドハンターと会話するのが鉄板です。

年末年始や休暇の時にキャリアを棚卸

先ほど御紹介した時に、まずは現時点で自分が進みたいキャリアの方向性を言語化しておくことが大切です。

社内でもキャリア面談など、積極的に取組むファームが多いと思います。
ただ、そういう場ではカウンセラーやコーチなどの相談相手への話しやすさ、次のアサインの可能性、ファーム内のプロジェクト傾向に思考が偏ってしまうこともあるのではないでしょうか。

年末年始や休暇など、まとまった時間がある時は日頃の疲れを取りつつ、普段の制約を除いて「本当に自分が望むキャリアは何か?」を考えてみるといいでしょう。

一般的な話ですが、直近のプロジェクトで得た経験や次の課題を言語化し、次にアサインを希望するプロジェクトや部署の異動を考えておくことが大切です。

特にシニアコンサル(シニアアソシエイト)の場合はよく考えましょう。
マネージャーに昇進すると専門性を求められる為、キャリアの幅を出すプロジェクトアサインが次第に難しくなります。

シニコンとマネージャーのどちらで転職がいいの?

よくシニアコンサル(シニアアソシエイト)とマネージャーのどちらで転職するのが良いの?という相談を受けます。

私達の転職経験では、転職先の候補企業に大きな差は無いと思います。
ただ、転職先にもよりますが、年収面ではシニアコンサルタント(年収600~900万円)の方が年収ステイか多少のUPで転職しやすいです。

例えば、事業会社でいうとアマゾンのL5ポジションだと900~1,100万程度が水準です。リクルートも同様の年収水準で、コンサルが転職しやすい大手企業だと900~1,000万が目安になり、シニアコンサルタントの転職の方が年収水準を維持しやすいです。

もちろん中には1,000万を超える求人も多くあるのは事実なので、自分のキャリアで候補となる求人はIT・コンサル業界の転職支援に特化しているアクシスコンサルティングに相談してください。

ポストコンサル転職の支援実績も多いので、戦略やIT・業務などプロジェクト経験をもとに、キャリアの相談や今出てるコンサルタント向けの求人を紹介してくれます。ただの相談だけでも快く情報提供をしてくれるので、気軽に登録する先として良いと思います。

1分以内で簡単登録!/

ポストコンサル:転職エージェントの使い方

続いては、ポストコンサルで相談する転職エージェントや転職サービスを御紹介します。

転職活動を通じて私達も様々なサービスを使いますが、サービス毎に向き/不向きがあります。効率的・効果的に転職活動を進める為の「基本的な考え方」と「転職エージェントに伝えるべき項目」を御紹介します。

基本的な考え方

まず、転職に関するサービスでは大きく3つあります。
1.転職エージェント・2.スカウトサービス・3.転職サイトの3つです。

結論を先にお伝えすると、ポストコンサルの転職の場合でやることは2つだけです。職務経歴書の準備も不要です。
1.ポストコンサル転職支援実績が多い転職エージェントと情報交換
2.スカウトサイトに登録して、興味のあるスカウトを待つ


また、「3.転職サイト」は自分で求人を探して情報収集・面接日程調整など、こまごまとした作業に時間が取られてしまうので使う必要はないです。
*興味があれば登録自体は問題ありませんが、工数に対して有用な情報を得られる確率が下がると思います。

転職エージェントやヘッドハンターは、皆さんに合った/もしくは向こうが合致していると思った求人を探して無料で提案してくれます。また、日程調整や年収交渉も任せられるので、メインで使うのはコチラのサービスです。

1.ポストコンサル転職支援実績が多い転職エージェントと情報交換

転職ノート
編集部

ポストコンサルの転職支援実績が多い転職エージェントへの相談は、「最新の転職動向」や「自分のプロジェクト経験で提案される求人候補」を具体的に知れます。

Withコロナ時代となり求人が出る業界・職種と全くなくなった業界の趨勢が大きく変わりました。こうした時代の流れに合った最新の情報を仕入れることが大切です。

また、戦略・業務・IT・組織など、プロジェクト経験に合わせた求人内容を知っておくことが大切です。例えば、「ITプロジェクトの経験しかない場合、自分にどういう求人が紹介されるか」、更には「事業会社で事業・経営企画というキャリアに進みたい場合、経験すべきプロジェクトは何か」という話をしておけば、転職や次のアサインに向けた社内での動き方が見えてきます。

「最新の転職動向」や「自分のプロジェクト経験で提案される求人候補」を知るには、ポストコンサルの転職支援実績の多い転職エージェントに相談するのが一番効率的です。

2.スカウトサイトに登録して、興味のあるスカウトを待つ

転職ノート
編集部

次に、ビズリーチ・キャリアカーバー・Linkedinといったスカウトサイトに登録しましょう。但し、ビズリーチとキャリアカーバーは大量のメールが届くので、たまに「興味のあるスカウトが来た時だけ対応する」で十分です。

特に外資系大手はこうしたサイトで直接連絡してきます。
背景には、日本の転職市場の特徴があります。海外ではダイレクトリクルーティングと言って直接応募・採用が主流のため、グローバル本社から「日本の転職エージェントに支払う採用費用が高い」と指摘されている為、転職エージェントではなく直接採用に積極的になっていることが多いです。

特にマイクロソフトやGoogle等、転職エージェントをほとんど使わない企業も、極一部のヘッドハンターに依頼してスカウトしています。

国内大手商社や大手IT企業は上期・下期に決まった選考スケジュールでしか採用しないことも多いです。またベンチャーの経営ポジションも事業拡大等、ポジションが空いた時にしか求人が出ません。

人気や希少性が高い求人ほどタイミングが大切なので、スカウトサイトには早めに登録してタイミングを逃さない為の情報の窓口を持っておくことが大切です。

転職エージェントに伝えるべき5項目

但し、転職エージェントやヘッドハンターは転職が決まらないと報酬が発生しないので、コチラの都合を無視して転職活動を進めたり、キャリアの志向と関係ない求人を勧めてくることがあります。

そんな転職エージェントやヘッドハンターの食い物にならないように、転職活動の状況に合わせて次の内容を伝えるようにしてください。

転職検討中(実際に転職するかは未定)

  1. 情報収集が目的であること
  2. 自分が経験したプロジェクトと進みたいキャリア
  3. 現在の経験で提案できる求人
  4. 進みたいキャリアを想定した時に不足しているプロジェクト経験
  5. 自分の所属ファーム内別部署で同様の経験をした人の転職を支援したことがあるか/他ファームだと経験できるポジションはあるか

まず最初に情報収集が目的であることは、ハッキリさせておきましょう。
情報収集目的で面談することに、後ろ向きな転職エージェントやヘッドハンターはほとんどいません。

仮にいても目の前の売上数字を上げたいだけ(逆に言えば、転職を支援できていない)未熟な転職エージェントやヘッドハンターなので、ガツガツ迫ってきたらスッと引いた方がいい場合が多いです。

まずは「キャリアの相談」があり、自分に合った転職事例や求人の情報を収集して、社内で模索すべきか転職するか、転職するならいつ頃がいいか、計画を練りましょう。

・・・当然の話なので、あくまで参考ですが「とにかく早く転職」と言ってくる人達は、基本的に無視してくださいね。私達もたまに遭遇しますが、どんだけ数字足らないんだろうと・・・メールを返しません。

転職活動を開始後

  1. 他の転職エージェントでも活動していること
  2. 他の転職エージェントと平仄を併せたスケジュール調整をして欲しいこと
  3. 自分のキャリアや希望に合わせた求人の提案
  4. 企業の採用ニーズと過去の転職者をふまえた面接対策やアピールポイントの事前開示
  5. 転職活動計画を作成すること

これは全部大切なのですが、特に大切な①・②・④を御紹介します。転職活動をする場合は、必ずやることをお勧めします。

➤①.他の転職エージェントでも活動していること

この①には2つの効果があります。
効果1.「他社で好条件が出ている」ことを理由に年収交渉できる
転職面接をしていくなかで他社の選考状況は常に聞かれます。
その時に、競争相手がいないと足元を見た提案して出てきません。
入札と一緒で競争相手がいて、より良い条件が出ていることを示すことで、より良い条件をあなたに出すか真剣に考えてもらえます。

効果2.面接などの日程を他社の選考があることを理由に調整できる
面接の日程調整は大切で、仕事も理由になりますが他社の選考が入っていることも調整する理由に使うことが出来ます。

➤②.他の転職エージェントと平仄を併せたスケジュール調整をして欲しいこと

②.は自分が納得できるオファーを選ぶのに非常に大切です。

転職活動は最終面接後にオファーが出て、初めて転職した場合の年収や職位が出ます。それまでは年収や職位もなんとなくでしか分かりません。

しかし、オファーが出た後は1~2週間で回答しないといけません。
よって、他社の選考と足並みをそろえないと、先に1社で結果が出てしまった場合、残りの会社の面接を年収や職位が分からないまま断らないといけなくなります。

納得した転職先に入社するには、「オファーが出そろい比較して決めること」が大切です。そのためには、スケジュール調節が肝なので転職エージェントには常に他社の選考スケジュールを意識して転職先にも無理のない調整をしてもらえるように繰り返し伝えるようにしてください。

これを先に伝えておくことで、後から「他社も選考を受けたいし、評価をしているけど、今決めないといけない」等で悩まなくなります。

➤④.企業の採用ニーズと過去の転職者をふまえた面接対策やアピールポイントの事前開示

転職活動では、面接の質問傾向を知ることも大切ですが、それよりも質問の背景にある企業の採用ニーズ(採用したい経験・能力・年齢・人柄など)を詳しく知ることの方が大切です。

その点、企業は採用したい人材を獲得する為に、転職エージェントやヘッドハンターに採用説明会などを繰り返し行っています。また信頼している転職エージェントやヘッドハンターほど、社内の悩みや課題を相談しています。

要は企業の採用ニーズを知っている人=企業から信頼されている人です。
どちらから紹介や面接対策を受けた方が通過率が高いかは一目瞭然です。

この採用ニーズを”具体的に教えてくれるように頼む”ことで、その転職エージェントやヘッドハンターがどれだけ企業に信頼されているか、サポートしてくれようとしているかが分かります。

どの会社にもあてはまるような杓子定規な話をしてくる転職エージェントやヘッドハンターは、話すだけ時間の無駄です。通過率も下がります。

よって、「④.企業の採用ニーズと過去の転職者をふまえた面接対策やアピールポイントの事前開示」も転職活動を進める時には、早い段階で依頼してください。

ポストコンサルでお勧めする転職サービス

さていよいよ、実際に私達が使ったポストコンサルでお勧めする転職エージェント・ヘッドハンティングサイトを御紹介します。

繰り返しですが、転職エージェント・ヘッドハンターは複数使うことで、日程調整や年収交渉がしやすくなります。メイン1社+サブ1~2社を使って進みたいキャリアにあった転職サービスに登録してもらいたいと思います。
*但し、どこにでもポンコツはいるので、その場合はスっとメールを閉じてください

コンサル業界特化の転職エージェント

他社コンサルティングファーム(戦略系)への転職

1分以内で簡単登録!/

戦略系のコンサルティングファームへのキャリアアップを目指す方は、ムービン・ストラテジック・キャリアに相談しましょう。

20年以上にわたり日本初のコンサル転職支援特化エージェントとして転職支援とその実績を積み重ねてきた同社は、特に戦略系のコンサルティングファームやファンドなどのプロフェッショナルポジションへの転職支援に数多くの実績を持ちます。

当然、企業からの信頼も厚く、同社にしか紹介を依頼していないポジションも数多く保有しています。

戦略系ファームはケース面接をはじめとした選考も当然厳しいです。
同時に、学歴やプロジェクト経験、英語能力等の足切り基準もあるので、無暗に選考を受けてもなかなか通過しません。

事前に戦略系ファームへのポストコンサル支援実績の多いムービン等のエージェントに必ず相談しましょう。

他社コンサルティングファーム(総合・IT系)への転職

1分以内で簡単登録!/

<1分で終わる登録方法はコチラ>

総合・IT系のコンサルティングファームへの転職では、アクシスコンサルティングに相談しましょう。今は各ファームで積極的に採用を進めており、タイトルやクラス、年収を上げて転職する方も多いです。

ムービン同様にコンサル・IT業界に特化して転職支援をしている為、ポストコンサル支援の実績も多く、各ファームの部署毎にプロジェクトや活躍する方の特徴を理解しています。

パートナーとプロジェクトによって働き方や生き死にが決まることは、皆さんご存じだと思います。特に総合・IT系ファームの内情に詳しいので、総合・IT系ファームへの転職ではアクシスコンサルティングに相談しましょう。

事業会社(外資大手)への転職

1分以内で簡単登録!/

JACリクルートメントは外資系や日系企業のグローバルポジションへの転職支援に強みを持つ転職エージェントです。転職支援業界ではリクルート、dodaに次ぐ第3位の大手で、JAC社内が業界担当制になっている為、転職の相談をした時に転職先業界について詳しい話を聞けます。

AmazonのLoop面接やセールスフォースのプレゼン等、外資系は企業毎にしっかりとした面接対策が必要です。その点、過去の転職者に聞かれた面接の質問と回答例をしっかりと蓄積しており、面接対策のサポートが手厚いです。

スグに転職というわけではないが、外資系事業会社への転職に向けて「転職情報を詳しく教えて欲しい」「面接対策を手厚くしてほしい」という方はJACリクルートメントに相談しましょう。

ヘッドハンティングサイト

敏腕ヘッドハンターのスカウトをもらう

キャリア・カーバーは、リクルートが提供するハイクラス向けの転職エージェントからのスカウトサービスです。

登録すると多くのヘッドハンターから様々なスカウトが来るので、キャリア・カーバーを使うメリットは多いです。

キャリア・カーバーに登録している転職エージェントは、コンサルタントなどのハイキャリア向け専門の部署のエージェントです。

また、小規模ながらもITや医療、金融などの業界に特化し、特定の業界から厚い信頼を獲得しているヘッドハンターからスカウトを受けることが出来ます。

なかにはスカウトという名前の付いたチラシのようなメールも来るので中身で選ぶ必要はありますが、本物がいるのは間違いありません。

また、興味があって話を聞いたら、希望のキャリアに近い求人を持ってる別のヘッドハンターを紹介してくれたりもします。

大手商社やファンド、超有名IT企業など、人気の高い有名企業・高年収・高ポジションの求人を探すなら、ヘッドハンターだけのスカウトサイト「キャリアカーバー」に登録しましょう。

実際にヘッドハンターからもらったスカウトは、コチラの記事で種類毎に紹介していうるので、御確認ください。

ベンチャー・大手事業会社のSランクスカウトをもらう

ビズリーチもキャリアカーバー同様に、ヘッドハンターからスカウトが来ます。キャリアカーバーとの違いは、企業からも直接スカウトが来る点です。

そもそもビズリーチは海外のLinkedin等を活用したダイレクトリクルーティングをコンセプトにしたサービスです。その為、ヘッドハンターと転職者だけでなく、企業と転職者が直接連絡が出来るようになっています。

企業は転職エージェントに払うエージェントフィー(おおよそ転職者の年収の30-40%)を削減できるので、気軽に求人を掲載することができ、かなり多くの求人が掲載されています。

リクルートエージェントやdodaも求人掲載数は多いのですが、年収が低い求人も多いです。その点、ビズリーチは年収600万円以上を謳っている通り、高年収求人が多くなっています。

実際に登録すると、キャリアカーバーと同様にヘッドハンターからスカウトが来ます。また「ダイレクトリクルーティングに積極的な外資系企業」や「採用費用を抑えたいベンチャー企業」からのスカウトが多いです。

ユニコーンベンチャーや大手商社、超有名IT企業など、人気の高い有名企業・高年収・高ポジションの求人を探すなら、ダイレクトリクルーティングサイト「ビズリーチ」に登録しましょう。

キャリアカーバー・ビズリーチはどちらも登録した情報を基にヘッドハンターからスカウトが来ます
登録するレジュメ内容によってスカウトの来る頻度・内容に差が出ます。そのため、休暇中や年末年始に情報の肉付け、新しい情報に更新をしておくことが、自分の期待するスカウトをもらうポイントです。

まとめ

よく「コンサルタントは専門性が付かない」と悩んでいるスタッフを見かけますが、確かに事業会社の業界・職種は付きにくいと思います。

一方で、コンサルタントとして身に付く「複雑な状況を言語化して整理する能力」「背景の違う人材とコミュニケーション/ファシリテーションする能力」「携わったプロジェクト領域の知識・経験(戦略やITなど)」は多くの企業で求められる能力でもあります。

Withコロナでも同様の能力は、転職市場で高く評価されますので、時間のある時に転職エージェント・ヘッドハンターと情報交換を始めることをお勧めします。

私達編集部メンバーもプロジェクトの合間や年末年始に、プロジェクトで得た経験や次に身に着けたい能力、自分がありたい姿を言語化して次の目標設定をします。

優秀な転職エージェントやヘッドハンターから得られる情報は、皆さんのキャリアの方向性を具体的にする一助になるはずです。多くの方が自ら望む・納得できるキャリアを歩まれることを願っています。