ソフトウェア開発

日本マイクロソフトの中途採用!転職組の選考フロー別の面接内容と対策:カジュアル面談・Webテスト・1次・最終面接の選考フロー別の通過ポイントと年収交渉術

日本マイクロソフトへの転職を成功させる

日本マイクロソフトへ転職するには5つ方法があります。

  1. LinkedIn(リンクトイン)で日本マイクロソフトから直接オファーをもらう
  2. HPから自分で日本マイクロソフトに直接応募
  3. 日本マイクロソフトの社員から紹介(リファラル)で入社
  4. 日本で3社しかいない公認ヘッドハンターに出会う
  5. ビズリーチから直接応募する

私達編集部メンバーは、 Bizreach(ビズリーチ) などのスカウトサイトに登録して日本マイクロソフト公認のヘッドハンターからオファーをもらったことがあります。(自分で応募したメンバーもいます)

直接応募だとマイクロソフトの方から直接情報を教えていただくので、正確な情報をもとに判断できますし、日程調整などもスムーズに進みます。

Bizreach(ビズリーチ)なら企業から直接情報収集することもできますし、マイクロソフトの公認ヘッドハンターに出会える可能性もあります。

人気かつ知名度の高い企業は応募数が多いので、企業の公開情報に加えて、信頼できるヘッドハンターは転職サポートに加えて年収交渉にも強く、心強い存在になります。

転職を考えている人は早めに登録して、日本マイクロソフトが出す求人を逃さないように!そして年収交渉ができる強い転職エージェントに出会いましょう!

また、過去に出ている公開求人から募集条件を事前に確認しておくことも非常に大切です。


5分以内で無料登録!/

こんにちは。転職note編集部です。

私達は、自分達の転職や副業経験を通して知りたかったのに手に入らなかった情報や手に入れるのに苦労した情報を纏めて御紹介しています。

今回は、パソコン用OS「Windows」やビジネススタンダードである「Office」製品(Word、Excel、Outlookなど)で有名な日本マイクロソフトへの転職準備に向けて会社情報と企業文化、面接内容を御紹介します。

一般的なインターネット・書籍の他に、日本マイクロソフトの現役社員へのヒアリングや編集部メンバーの経験と共に日本マイクロソフトを御紹介します。

転職面接では、企業文化や製品・働き方に関する理解が求められますので、
転職を考えている方は是非チェックしてください。

日本マイクロソフトの中途転職面接の内容傾向

中途面接で見られるポイントは3つです。
1.仕事の深堀(技術職も営業職も困難な局面を如何に切り抜けたか)
2.応募者の人間性(成長意欲、
3.コミュニケーションスキルやチームワーク力、職種で必要なITスキル

4.今後のキャリアプラン

1.はよくある質問ですね。

2.は本記事の後半でも紹介していますが「求める人物像」にある「決して諦めない前向きな姿勢」「学習意欲が高く、あくなき好奇心がある」「誠実である」ことを理解して、そういう人物であると伝えられるエピソードを用意しておきましょう。

3.は基本的なビジネススキルに加えて、職種毎に必要とされるITスキルが見られるようですね。営業とエンジニアで必要なスキルとレベルは違うので、ここは求人票を見て「何が求められているのか」を知ることが大切ですね。

4.は日本マイクロソフトでは、会社の方針が数年単位で大きく変わることがあるため、自らのキャリアの目標をしっかりと持っておくことが必要です。
一方で、自らの目標に対してはチャレンジさせてくれるので、主体性を大事にしてもらえればと思います。

日本マイクロソフトへの転職はBizreach(ビズリーチ)がオススメ

Bizreach(ビズリーチ)は企業と転職希望者を直接マッチングするハイキャリア向けのダイレクトリクルーティングサービスです。サイトに登録すると様々な企業からスカウトが来ますし、企業の公開公募に応募することができます。

企業が開示している正確な情報を入手できる数少ないサイトです。

特に外資系企業は、海外ではLinkdin(リンクトイン)や自社サイトを使ったダイレクトリクルーティングが主流です。日本のように転職エージェントを使うことの方が少ないので、グローバルから転職エージェントへの支出を減らすように指示を受けている企業も少なくありません。

その為、日本マイクロソフトやセールスフォースといった大手IT企業は特に積極的にBizreach(ビズリーチ)を使っています。

またビズリーチには多くの転職エージェントも登録しており、年収交渉に強い転職エージェントやヘッドハンターに出会うこともできます。

こうしたサイトに情報を登録・更新して提案を待つ、公開求人を調べることが、私達を含めて皆さんが望むキャリアを実現するうえで非常に大切です。

無料で登録できるので、まずは登録してみてくださいね。

日本マイクロソフトの選考フロー:中途面接回数と通過率の上げ方

日本マイクロソフトへの転職!中途面接の選考フロー

自社サイトやイベント、Bizreach(ビズリーチ)等での直接採用が多いため、「イベントや説明会→カジュアル面談→1次面接→最終面接→オファー面談」の流れで進むことが多いようです。

職種によってはカジュアル面談のあとに「Webテスト(特定のツールを用いた分析ワーク等)」が行われる場合もあります。

日本マイクロソフトの募集職種

マイクロソフトのサイトには募集中の職種が一覧で紹介されています。
アマゾンやマイクロソフト等の外資系企業は各職種で求める能力や経験を明記してくれています。

多くは英語ですが、日本マイクロソフトの応募職種には、採用後のミスマッチを防ぐため、ジョブディスクリプションが明確に記載されているので確認しておきましょう。

事前に読んでおくと職種毎で求められている能力や経験の違いから、その仕事の特徴が見えてくるのでオススメです。

  • ビジネス ディベロップメント
  • ビジネス プログラム & オペレーションズ
  • カスタマー サクセス
  • データ センター
  • エンジニアリング
  • エヴァンジェリスト
  • ファイナンス
  • ハードウェア開発
  • 人事
  • IT オペレーションズ
  • 政策渉外・法務
  • マーケティング
  • リサーチ
  • リテール
  • 営業
  • サービス
  • サプライ チェーン マネジメント
  • テクニカル

日本マイクロソフトは自社サイトでの採用やBizreach(ビズリーチ)での直接採用がほとんどです。

採用実績にマイクロソフトやGoogleを書いている転職エージェントは大半が嘘ですし、むしろ名前を書かないと転職の相談に乗れないことの証明なので相手にするのは止めておきましょう。(たまに本当に実績のある実力豊富な方もいるので、見極めが難しいのですが最初は疑ってかかるぐらいで良いと思います)

日本マイクロソフトへの転職はビズリーチで探す!

マイクロソフトはほぼ転職エージェントを使って中途採用をしていません。

ただ、Bizreach(ビズリーチ)等の企業と転職希望者のマッチングサイト(ダイレクトリクルーティングサイト)では定期的に募集しています。

まずはどういう募集が出ているか見てみたい!注力領域を知りたい!という方は登録してみてください。

過去の求人も含めてみることが出来るので、日本マイクロソフトが自社で出している間違いのない情報収集になります。

登録・閲覧は無料なので気軽に登録してみてくださいね!
*応募しない限り個人情報は企業やヘッドハンターに開示されないので安心してください

日本マイクロソフトの中途面接通過率をSTAR手法で上げる

続いては、面接で効果的に伝えたいことを伝えるSTAR手法の御紹介です。
STARは、Situation(状況)、Task(タスク)、Action(行動)、 Result(結果)の頭文字です。

この順番で面接の質問に回答すると、端的に必要な情報を回答できると言われています。

転職エージェントでは、転職先に関係なく、このフレームワークで回答することを推奨したりします。

日本マイクロソフトに限らず、面接では話の全体観を最初に伝え、端的で具体的に回答することで、言いたいことが伝えやすくなります。

このフレームワークの詳細を御確認いただき、皆さんの想定回答例もブラッシュアップしてみてください。

また、質問によってはYes/Noや結論だけシンプルに回答する方が良い場合も多いです。

必要以上に長くならないように、端的に定量的な回答をするように心がけてもらえればと思います。

STAR手法の詳細

STAR手法は、次の内容で構成されます。

Situation:その時の状況について
あなたが説明しようとしている状況を説明します。
複雑な状況を面接官に伝わるように、分かりやすく伝えるので事前に伝えたいことを整理しておく必要があります。例えば、

・その時はどんな部署の体制でしたか
・その組織の中でのあなたの役割は何でしたか
・どんな責任や権限を持ってましたか

Task:その時の課題について
課題は現状と目標の差分なので、それが分かるように目標と状況と差分を伝えます

・どのような目標へ向けて動いていましたか
・その時に生じた問題や課題(差分)はどんなことでしたか
・なぜそれが問題や課題なんですか

●Action:その時とった行動について
その状況に対してあなたがどのような行動をしたか、あなたに焦点を当て、適切な量の詳細を含みながら説明します。具体的にどのようなステップを踏みましたか?どんな貢献をしましたか?プロジェクトについて話すとき、チームやグループが行ったことを説明しないように注意します。あなたが実際に何をしたかを適切に伝えます。あなた自身のパフォーマンスや行動を知りたいので主語は「私は」になります。

・その問題に気付いた時にどのように行動しましたか
・解決のためにどんな手順で進めましたか
・チームに対してどう関わりましたか/働きかけましたか

Result:その結果について
あなたの行動の結果を説明します。
自分の成果を説明することに躊躇しないでください。ただ、目線は自分の結果や成果ではなく会社にとってどういうインパクトがあったのかという「会社」単位で答えることが大切です。

・問題は解決しましたか
・計画通りに解決へ向けて進められましたか
・足りなかった部分は何ですか

想定回答例はBizreach(ビズリーチ)等でクラウド・IT業界に強いヘッドハンターに事前に確認してもらうことで通過率を上げることができます。(日本マイクロソフトはヘッドハンターや転職エージェント経由では紹介を受けることが難しいかもしれませんが、クラウド・IT業界への転職支援実績があるヘッドハンターの面接対策は貴重な経験になるでしょう)

特に日本マイクロソフトやセールスフォース等の外資IT企業は組織が大きく、様々な部署・職種・タイトルの求人があり、応募する求人の部署・職種・タイトルを想定した言い回しが大切です。

要は求められる能力に対して「十分な能力がある」と面接の回答で伝えないといけません。その為には、「何を求められているか」と「適切に回答できているか」は第三者の目線でチェックすることが大切です。

自分では「ちゃんと説明できている」と思っても、他の人が見たら「よくわからない」といった事態にならないように、事前にチェックしてもらうようにしてください。

きっと気づかなかった修正点が見つかり、通過率を上げることにつながるでしょう。

日本マイクロソフトのイベントや中途面接で聞かれた質問

日本マイクロソフトのイベント・説明会

日本マイクロソフトでは転職エージェント経由ではなく、自社の採用イベントやBizreach等を活用した直接採用が多いので、人事部主催の採用イベントや説明会が多く開催されています。

ここではそうした採用イベントで聞かれた内容や形式を御紹介します。

イベント形式:人事部主催の採用イベント
イベント内容:職務や職場の説明、社員との質疑応答
イベントの雰囲気:選考というよりは情報提供という雰囲気

日本マイクロソフトの中途カジュアル面談

カジュアル面談も日本マイクロソフトの選考プロセスで特徴的な選考フローの1つです。

基本的には応募したチームのマネージャーの方とのカジュアル面談になります。

「転職を考え出したキッカケ」や「転職を通して実現したい事」を確認していく形になります。

当然、『「転職を通して実現したい事」の先にマイクロソフトの職場がある』という話でないと、マイクロソフトの方にお時間をいただく必要がありません。

中途採用イベントや説明会で集めた情報をもとに、転職理由→転職で実現したい事→日本マイクロソフトで実現できる、というストーリーを用意するようにしましょう。

面談自体はカジュアルな雰囲気で行われ、あまり深堀されることもありませんので、ちゃんと準備していってくださいね。

体験談!日本マイクロソフトの中途1次面接/一次面接の内容

Q.売上目標は達成できそうですか?(営業)

【20代後半 男性の回答】
昨年の営業実績と案件単価など、営業活動の基礎的な数値を確認して、自分だったらどのように達成するかを回答した。

奇抜な質問というよりは、現実的な質問に対して具体的に回答できるかを見られているように感じた

Q.分析ツールを用いてどのように顧客データを分析しますか?(営業企画)

【30代前半 男性の回答】
実際に業務で行った顧客データの解析手順を回答しました。
そのうえで、マイクロソフトの場合に想定される分析方法の課題や必要な変更点をお伝えしました。

Q.新製品の販売計画をどのように立てますか?(マーケティング)

【20代後半 男性の回答】
質問自体はよくある質問ですが、具体的にどの製品の話かをまず面接官と確認してから話を進めました。

特にグローバルの意向等もあるので、前提として確認すべき事と一般的な進め方を分けて説明しました。

Q.転職した経緯と今回の転職の意図

【30代前半 男性の回答】
これまでの仕事内容をもとに、次に期待する役割や立ち位置、経験したいことを回答しました。

特に、「自分が経験したい」という話ですが、「如何に貢献できるか」という文脈で伝えられるように努力しました。

変な質問はなく、矛盾があれば事実確認として質問されることもありますが、コンサルのように根掘り葉掘り聞かれることはありませんでした。

体験談!日本マイクロソフトの中途最終面接

面接官:所属部署のマネージャー1~2名
面接形式:30分~1時間
面接の雰囲気:淡々とした雰囲気
面接内容:

  • 職務経歴書にそった経歴
  • 志望動機(なぜマイクロソフト、なぜこの職種か)
  • 自己PR
  • 前職で頑張ったこと/出した成果
  • 転職理由と転職で実現したい事

日本マイクロソフトへの転職はビズリーチで探す!

マイクロソフトはほぼ転職エージェントを使って中途採用をしていません。

ただ、Bizreach(ビズリーチ)等の企業と転職希望者のマッチングサイト(ダイレクトリクルーティングサイト)では定期的に募集しています。

まずはどういう募集が出ているか見てみたい!注力領域を知りたい!という方は登録してみてください。

過去の求人も含めてみることが出来るので、日本マイクロソフトが自社で出している間違いのない情報収集になります。

登録・閲覧は無料なので気軽に登録してみてくださいね!
*応募しない限り個人情報は企業やヘッドハンターに開示されないので安心してください

日本マイクロソフト転職組の中途面接対策!

日本マイクロソフトの会社概要

会社名称日本マイクロソフト株式会社
会社設立年月日1986年2月
本社所在地東京都港区港南2-16-3
品川グランドセントラルタワー
代表者代表取締役 社長 吉田 仁志
資本金4 億 9950 万円
事業内容ソフトウエアおよびクラウドサービス、
デバイスの営業・マーケティング
従業員数2,485 名 (2020年7月1日 現在)

日本マイクロソフトの転職前に見るべき動画

日本マイクロソフトの業績を決算書をもとに全体のレベリューから、セグメント別の業績動向まで説明してくれます。

マイクロソフトの事業は、ビジネスツールの「Productivity and Business Processes」、クラウドの「Intelligent Cloud」、個人向けPCの「More Personal Computing」の3つの事業から構成されていて、それぞれの業績や事業の特徴を把握することで、どういう企業なのかを全体観を持って理解することができます。

最初に、決算書を自分でも読んでおくことは大切ですが、最初にこうした解説動画を見ておくことで理解を早めることができます。

マイクロソフトのことを知らない人は少ないと思いますが、逆に思い込みで部分的な理解にとどまっていることも多いので、全体を抑える意味でもこうした動画を見ておくことをお勧めします。

Microsoftの2021年度Q4 決算説明会資料はコチラ
https://view.officeapps.live.com/op/view.aspx?src=https%3A%2F%2Fc.s-microsoft.com%2Fen-us%2FCMSFiles%2FSlidesFY21Q4.pptx%3Fversion%3D3c95c4e6-14b6-32fb-dacc-1eb433854f3e

日本マイクロソフトの事業内容

Microsoft Corporationは1975年、ビル・ゲイツらにより創業された、米ワシントン州に本社を置くソフトウェアの開発・販売を行う会社です。

日本マイクロソフトはその日本法人で1986年に設立されました。
日本人社長とアメリカ本社から派遣される社長とを数年単位で後退しながら、HeadQuarterとも緊密な連携を取って経営されています。

Microsoftのパソコン用OS「Windows」やビジネススタンダードである「Office」製品(Word、Excel、Outlookなど)は、皆さんもなじみがあると思います。

特に新型コロナウイルスの流行により、リモートワークが増えたことで、Teamsなどの利用もかなり増えたのではないでしょうか。

近年はMicrosoft Azure、Office 365、Dynamics 365といったクラウドサービスに注力しています。

日本マイクロソフトの社風

マイクロソフトは、ダイバーシティを推進しており、性別や国籍・バックグラウンドなど、多種多様なメンバーを受け入れるフラットな社風です。

特に中途採用者を活かす環境は、同業他社よりも強く、転職者にも魅力的な会社です。

外資系らしく、責任と裁量を個人に渡し、成果には報酬で返してくれます。一方で、成果に対する評価は厳しく、自ら主体的に仕事に取り組む姿勢が求められます。

日本マイクロソフトの求める人物像

ロールファンクションやポジションによって求められるスキルはさまざまです。しかし、人物像でいえば共通することが三つあります。

一つ目は、決して諦めない前向きな姿勢。それによってお客様や社会にポジティブなエネルギーを伝染してくれる人です。

二つ目は、ラーニングアジリティ。学習意欲が高く知識を消化する能力を持ち、飽くなき好奇心があること。

三つ目がインテグリティ。つまり誠実さです。

この三つを持っている方を歓迎します。

出典:日本マイクロソフト 採用HP
日本マイクロソフト代表取締役社長/平野拓也氏 インタビュー

このインタビューのとおり

  • 決して諦めない前向きな姿勢
  • 学習意欲が高く、あくなき好奇心がある
  • 誠実である

こうした人物が求められています。

日本マイクロソフトの競合分析

出典:「会社四季報」業界地図2021

競合分析もマイクロソフトの事業セグメントを前提に整理する必要があります。

様々なサービスを提供する大きな企業ほど、企業単位で考えると様々な競合が存在していて比較対象が分からなくなります。

比較対象を特定できないと転職の面接で聞かれる「なぜマイクロソフト?」の質問に答えることができません。(マイクロソフトがいい=他の企業では実現できない、もしくは、実現が難しい、ということなので競合の特定が必要になります)

シバタさんの動画でも紹介されていますが、 マイクロソフトの事業は、ビジネスツールの「Productivity and Business Processes」、クラウドの「Intelligent Cloud」、個人向けPCの「More Personal Computing」の3つの事業から構成されています。

このどの事業に関わるのかを理解すると、競合企業が定義できます。

また競合企業を特定するには「会社四季報」の業界地図(冒頭の画像)等、業界単位で企業が整理されている本を見ると簡単に特定できます。

業界全体の動向や注力テーマも分かると思います。

改めて競合分析の流れは次のようになると思います。

1.動画と決算書で事業セグメントを理解
2.特定セグメントが属す業界を会社四季報などで理解
3.特定セグメントの業界動向と競合企業を特定
4.競合企業を決算書や動画で理解
5.求人を見て募集中の部署や職種で求められている能力や経験を整理

日本マイクロソフトへの転職はビズリーチで探す!

マイクロソフトはほぼ転職エージェントを使って中途採用をしていません。

ただ、Bizreach(ビズリーチ)等の企業と転職希望者のマッチングサイト(ダイレクトリクルーティングサイト)では定期的に募集しています。

まずはどういう募集が出ているか見てみたい!注力領域を知りたい!という方は登録してみてください。

過去の求人も含めてみることが出来るので、日本マイクロソフトが自社で出している間違いのない情報収集になります。

登録・閲覧は無料なので気軽に登録してみてくださいね!
*応募しない限り個人情報は企業やヘッドハンターに開示されないので安心してください

日本マイクロソフトへの転職活動成功のポイント!

Withコロナ時代でもTeamsなどオンライン製品の需要が高まり、業績好調で年収も高い日本マイクロソフトは転職先としても非常に魅力的ですよね。

「週勤4日週休3日」制をトライするなど働き方改革にも意欲の高い企業です。

そんな日本マイクロソフトへの転職では、冒頭にお伝えした通り「特定のヘッドハンターにビズリーチやキャリア・カーバーなどのスカウトサイトでつながる」、もしくは「Bizreach(ビズリーチ)等の公開募集に直接応募する」しか方法がありません。

*もちろんLinkedInなどに情報を載せることは忘れずにしておきましょう。

私達の編集部メンバーが転職活動をした時は、Bizreach(ビズリーチ)で情報収集をしていた際に、マイクロソフト公認のヘッドハンターの方に声をかけてもらえたので対策込みで、その方に相談させてもらいました。

基本的な転職活動は以下の順をオススメしています。

1.Bizreach(ビズリーチ)に登録して情報収集&ヘッドハンター探し
日本マイクロソフトの公開公募を探せる数少ないサイトです。
microsoftの採用HPと共によく読んで、募集職種や欲しい人物像、会社が目指す方向性等を徹底的に調査していきます。

また「この人は!!」と思えるヘッドハンターの方とは定期的に情報交換しておくと良いと思います。

2.キャリア・カーバーでもヘッドハンター探し
登録をすると様々なヘッドハンターの方からスカウトが来ます。

その中から「ITやクラウド業界に詳しそうだな」「興味のある企業への支援実績が多そうだな」と思える方から情報交換をすると良いと思います。

ビズリーチと同様に、あまり気張らずに興味が湧いた時に連絡を取り始めればよいと思います。

3.外資系の転職支援に強いJACリクルートメントに選考対策をしてもらう
ビズリーチやキャリア・カーバーだと難しいのが、職務経歴書の添削や面接対策です。

JACリクルートメントは、外資系企業への転職支援実績が豊富でアドバイスが的確です。

サポートが手厚いことでも有名なので、職務経歴書や面接対策をしてもらうのにオススメです。

また、様々な求人を持っているので外資系やIT企業で様々な求人を紹介してもらうのもオススメです。

日本マイクロソフトの転職で年収交渉をするには!?

皆さんは「交渉術」という学問があることは御存じですか?

海外では「交渉」も一つの学問として体系があり、一部を知っているだけでも年収交渉に使えます。

今回は、本当に1部ですが使える部分を御紹介するので、是非参考にしてみてください。

交渉では「BATNA」を持っておく

交渉学では非常に基本的なことなのですが、1つずつ紹介しますね。

まず「BATNA」はBest Alternative To a Negotiated Agreement(不調時対策案)です。

簡単に言うと、合意できなかった時の最善の選択肢、交渉がまとまらなかった時の代替案です。

例えば、オファー年収が850万だったけど年収900万までは上げたい!と思っていた時に、マイクロソフトと交渉してダメだった時に、マイクロソフトよりは志望度が落ちるけど年収900万円の他のオファーがあれば、それがBATNA(代替案)になります。

そんなことか、と思うかもしれませんが、この代替案があることで交渉がかなり有利になります。

交渉相手(この場合はマイクロソフト)には、「他社で年収900万のオファーが出ている」=「それだけ価値がある人材である」ことを客観的に証明できます。

また、獲得したい人材の場合は、「他社のオファー年収と同等かそれ以上のオファーを出さないと入社してもらえない」と転職先企業に思ってもらうことができます。

転職活動をしていると最終面接前後で他社の選考状況や提示年収水準を聞かれることが良くあります。

これは、皆さん(転職希望者)に提示する年収水準を計っているのです。

この質問を聞かれた際に「他社からオファーが出ていない」「(期待年収は900万なのに)850万の年収提示しか出ていない」と回答してしまうと、転職先企業(マイクロソフト)は「年収900万円を提示する理由がなくなる」ことは御理解いただけると思います。

直接「年収を上げてください!」と言わなくても、このBATNA(代替案)を持っておき、面接や前後のやり取りでチラっと伝えることで年収交渉はかなりやりやすくなります。

年収交渉をするタイミングと年収上限は理解しておきましょう。

年収交渉は1次面接等で出てくる現場の面接官と話してもあまり意味がありません。

年収水準が決まってくるのは、意思決定者が出てくる最終面接の前の場合が多いです。

要は役員に「この人はほぼ内定水準に達していて年収はコレぐらいですが、最後にOKするか見てください」というのが最終面接です。

よって最終面接の前か最終面接で、ある程度、決裁権のある人と年収を交渉するのが無難です。

「年収を気にしています!」と言いにくい人は、「ありがたいことに恐縮ではありますが、他社では●●万円程度でオファーはいただいています」と伝えることもできます。

ここで、もう一つ注意したいのは、その会社の年収上限です。

基本的に年収は職位や等級毎に給与テーブルが会社毎にあり、その給与テーブル以上の金額は出せません。

30代前半で課長職だと6~700万と決まっている会社で、年収1,000万欲しい!と主張しても通じないです。

無理なことを主張するのも転職希望先に失礼なので、転職先に交渉して実現できる年収水準なのかは事前に調べておきましょう。

いかがでしたか?

このBATNAを持っておくことと、年収交渉をするタイミングと年収上限を理解しておくだけでも年収交渉のしやすさが変わると思いますので、参考にしてみてくださいね。

高年収オファーをマイクロソフトから直接もらう:ビズリーチ

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://www.bizreach.jp/

ビズリーチの名前は多くの方が御存じだと思いますが、ダイレクトリクルーティングサイトだということは知っていましたか?

ビズリーチは企業やヘッドハンターと求職者を直接結ぶサイトです。
登録するとビズリーチから求人提案が来るのではなく、登録している企業やヘッドハンターから連絡があります。興味がある求人を紹介されたら、その企業やヘッドハンターと電話やオンラインで面談する流れです。

日本マイクロソフトはBizreach内で中途採用を定期的に募集しており、日本マイクロソフトに直接応募して募集部署や採用求人の特徴を直接知ることができます。

 

最近は、様々な外資系IT企業やコンサルティングファームが求人を掲載しているので、自分で直接応募することが出来ます。(最近は、アマゾンやAWS、Mckinsey等の掲載を見つけて驚きましたw)

企業は転職エージェントに支払う手数料よりも採用コストが低いビズリーチの活用に積極的になっており、戦略ファームや金融・不動産各社も求人掲載しています。(転職関連のサイトで掲載企業数が最も多いと言われています)

  • IT・クラウド・コンサルファームから直接話を聞いてみたい
  • IT・クラウド・コンサル業界への転職支援に強いヘッドハンターに出会いたい
  • 採用に積極的な日本マイクロソフト等の企業から直接話を聞いてみたい

実際に応募するかは別にして、ビズリーチに登録して連絡がきた企業から話を聞いてみるのをオススメします。1次情報より確実な情報はないので、その機会を得る為にもビズリーチに登録しておいてください。

*実際の応募は面接対策が出来る業界特化の転職エージェントも”併用”した方が良いと思います

高年収スカウト!リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリア・カーバー)は、リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントからのスカウトサービスです。登録すると多くの転職エージェントから様々なスカウトオファー連絡が来るので、リクルートダイレクトスカウトを使うメリットは多いです。

また、日本マイクロソフトへの転職では、こうしたスカウトサイトから日本マイクロソフト公認の転職エージェントとつながるしかありません。

リクルートダイレクトスカウトに登録している転職エージェントは、コンサルタントや大手外資系IT企業などのハイキャリア向け専門の会社/部署のエージェントです。

例えば、dodaに普通に登録した場合に担当になる人とは別に、ハイキャリア向けの担当者が付きます。この人達が担当になった場合のメリットは色々とあります。

  • 一人一人に丁寧なキャリアカウンセリングや求人紹介をしてくれる
  • 企業側のCEOやCOOクラスと直接話をしていて、より生の具体的な企業ニーズを教えてくれる
  • 通常のサイト登録とは別の高年収・好条件の非公開求人を紹介してくれる
  • 興味のある求人紹介をゆっくりと待てる

要は「高年収=エージェント側の収益が高い担当」は丁寧に対応して内定率を高める体制になっています。これはどこの転職エージェントも一緒です。

もちろんdodaやリクルートエージェントとの併用も可能です。
未経験の業界や職種は、dodaやリクルートエージェントに登録した方が広げやすいです。

何を求めるかですが、年収や役職が高い超人気企業の求人は、大手転職サイトには出ないので、”様々な企業かつ年収が高い求人”を知りたい方は、キャリア・カーバーに登録しないと期待する求人を得られない可能性が高いです。

<リクルートダイレウトスカウトで高年収スカウトをもらう>

外資系企業への転職に強い:JACリクルートメント

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp

JACリクルートメント』は外資系企業を中心に大手ITやクラウド企業の求人が多い転職エージェントです。

転職エージェントとしては、リクルート・dodaに続く第3位で、JACの担当者が採用企業と求職者の両方を担当することが特徴の企業です。

各社への転職支援実績も多く、転職サポートが手厚いことが有名で、私達が利用させてもらった時は過去の選考通過者に聞かれた質問・回答例を豊富に教えてくれたのが印象的でした。(もうそれに従っておけばOKという感じです)

更に、キャリアコンサルタントを務める担当者のレベルが高く、会社全体で選考の通過率の高さを目標に掲げています。

その為、求人企業の採用ニーズを役員・人事・面接官レベルで熟知していて「次の面接官の●●さんは、■■の経歴で▲▲の観点で深堀されます」など、人事や面接官に合わせた超具体的なアドバイスがもらえます。その結果、書類・面接の選考通過率が非常に高かったです。

JACリクルートメントの社内組織は業界担当制で、採用企業と転職希望者を同じ人が担当します(リクルートやdodaは採用企業担当と転職希望者担当を別の人が担当しています)。その結果、私達(=転職希望者)への説明が、実際に採用企業から直接聞いた話をもとに話しているので、的確で具体的な転職アドバイスができます。

IT企業への転職支援では、各部署や職位毎に求めらる能力や上司の方がどういう人かを把握しています。その為、どういう質問をするかを知っておくことができます

実際に私達がJACリクルートメント経由で選考を受ける時でも、JACリクルートメントのキャリアコンサルタントの方は、過去の面接通過者が受けた質問と通過した回答を実績として蓄積しており、具体的にどういう回答をすればよいかを事前に教えてくれました。

転職支援が手厚いのでコンサルファームへの転職支援でも、かなり高い選考通過率を実現できます。限られた時間でハイキャリアを目指す方にはとてもよい転職エージェントだと思います。

▼JACリクルートメントに相談した方がいい方

  • 求人で想定されている社内での役割や立ち位置を知りたい
  • グローバルに活躍する求人を幅広く知りたい
  • 過去の転職成功者が評価された経験やスキルを知りたい

こういう方は、JACリクルートメントに登録しましょう。

私達は転職活動の時に複数の転職エージェントに登録して各社を「比較・評価」します。比較することで、より良い転職エージェント・求人を探せるのでメイン1社・サブ2社の合計3社は登録しておきましょう。

多くの人が1社だけ衝動的に登録して転職活動をしていますが、「同じ会社でも転職エージェントによって年収やポジションが違った」なんてこともよくあり、本当は年収100万上げて転職できたのに・・・なんてことにもなりかねません。

よって、転職エージェントは3社以上に登録して、紹介求人が魅力的で対応が丁寧なエージェントと関係を作っていくことをやってみてくださいね。

まとめ:日本マイクロソフト中途転職組の面接傾向と対策

いかがでしたか。

日本マイクロソフトへの転職に向けて、業界の動向から会社概要、面接内容をもとに競合調査や年収交渉のやり方まで紹介させていただきました。

転職活動では、どこに情報があるか分からず、偏った情報収集になりがちです。

今回、御紹介したシバタさんの動画や会社四季報、決算書等で企業の全体観を理解しつつ、業界・競合分析をおこなったうえで、志望動機や面接対策をしてもらうと準備がしやすくなると思います。

本サイトでもしっかりと紹介していますので、参考にしてもらえればと思います。

最後に、繰り返しですが日本マイクロソフトへの転職では、Bizreach(ビズリーチ)やマイクロソフトの採用イベントんどで情報収集しつつ、JACリクルートメント等の外資系企業への転職に強い転職エージェントに選考対策をしてもらい職務経歴書や志望理由のブラッシュアップをしていくのが良いと思います。

本当に実力のあるヘッドハンターとつながるのは難しいですが、まずはBizreach(ビズリーチ)に登録して情報収集をしたり、ヘッドハンターに情報提供をしないと始まりません(登録自体は無料です)。

また、転職エージェントは強み/弱みがあり、網羅的な情報収集は大手転職エージェント、高年収・有名企業の人気求人はBizreach(ビズリーチ)などのスカウトサイトで探すようにしましょう。

皆さんの転職活動がうまくいくことを願っています。