JACリクルートメント

年収UP?JACリクルートメントを使った評判と口コミ!1,000人以上の体験談をガチ調査!

JACリクルートメントは、外資系や英語を使ったグローバルなキャリアを中心に手厚い転職サポートが評判の転職エージェントです。

多くの口コミでは、年収や条件のよい求人を紹介してもらった、求人を厳選して提案してくれるので選考通過率が高かったという声が多くありました。一方で、厳選される分、紹介数が大手に比べて少ないのは仕方ないですね。

私達もよく相談しますが、過去の選考通過者に聞かれた面接の質問や回答例を数多く持ち、面接サポートが手厚いのが印象的な転職エージェントです。

新型コロナウイルスの影響でデジタル化を推し進める企業の採用が活発化しています。今しかない求人も数多くあるので、JACリクルートメントに早めに登録しておきましょう▼

5分以内で無料登録!/

こんにちは。転職ノート編集部です。

今回は、外資系企業への転職や管理職・エグゼクティブクラスの転職を中心に、高年収キャリアの支援に強いJACリクルートメントの評判を私達編集部の実体験と共に纏めました。

高年収キャリアに特化しているからこそ、過去の転職支援者の実績から、ハイキャリア人材の転職の次のキャリアを見据えたキャリアアドバイスができます。

また転職先企業の求人ニーズや転職に成功する人の経験・スキルをよく把握しているので、充実した書類の添削や面接対策を受けることが出来ます。

もちろん良いことばかりではないので、様々な評判を包隠さず御紹介したうえで、向いている方・向いていない方を御紹介します。

JACリクルートメントの基礎知識

JACリクルートメントは20代後半~50代の外資系企業への転職や管理職・エグゼクティブクラスの転職に強い東証1部に上場している転職エージェントです。

転職を支援するキャリアコンサルタントのレベルが高く、対応も丁寧で、無理やりな営業することもありません。むしろ実力に見合わない希望には明確に「紹介できる求人がない」と回答があります。

JACリクルートメントの転職支援では、過去に転職支援した人の実績をもとにした職務経歴書の添削と面接対策が他の転職エージェントの追随を許さないほどに手厚いと私達は思っています。

例えば、Amazonのループ面接やSalesforceのプレゼンテーション、外資系コンサルティングファームのケース面接、エグゼクティブクラスの抽象的な面接等、特殊な面接を過去実績を基に傾向と対策を具体的に教えてくれるので、外資系やエグゼクティブクラスへの転職を目指す方は信頼できる転職エージェントです。

会社概要

会社名株式会社ジェイエイシーリクルートメント
本社所在地東京都千代田区神田神保町1-105番地
神保町三井ビルディング14階
Tel. 03-5259-9221
設立1988年3月7日
資本金6億1,950万円
代表取締役社長松園 健
従業員数1,433名
事業内容人材紹介業
国内拠点東京本社
北関東支店
横浜支店
名古屋支店
静岡支店
大阪支店
京都支店
神戸支店
中国支店
海外拠点シンガポール
マレーシア(クアラルンプール/ジョホール/ペナン)
インドネシア(ジャカルタ)
タイ(バンコク/チョンブリ)
中国(上海/香港特別行政区)
韓国(ソウル)
ベトナム(ホーチミン/ハノイ)
インド(グルガオン)
英国(ロンドン)
ドイツ(デュッセルドルフ)

体験談!JACリクルートメントの評判と口コミ

それではJACリクルートメントを利用した方の評判・口コミを御紹介します。今回はインターネット上の調査と私達編集部が実際に転職した際の経験も交えて御紹介しますね!

JACリクルートメントの評判・口コミ 調査概要

今回の評判・口コミはインターネット調査を中心にご紹介しています。

【口コミ】の調査概要

  • 調査方法 :WEBアンケート(クラウドワークス)
  • 調査エリア:全国
  • 調査母数:102人
  • 調査対象:JACリクルートメントの利用経験者
  • 調査年代:20~50代

JACリクルートメントの良い評判・口コミ

JACリクルートメントの高評価な評判・口コミで見られた特徴を4つの観点で御紹介します。実際に利用した経験がないと気づけないかもしれませんが、どれもJACリクルートメントならではの特徴であり、利用するメリットです。是非、参考にしてみてください。

  • 求人:ハイクラス求人が多い!外資・グローバル企業に強い
  • 転職サポート:手厚い!書類選考・面接の通過率が高い
  • コンサルタント:”業界別・両面型”の担当制で専門性が高い
  • 会社:選考通過率を重視し、通過率の低いムダな転職活動をさせない

求人:ハイクラス求人が多い!外資・グローバル企業に強い

まずハイクラス求人とは何か?ですが、企業知名度、年収の高さ、職位の高さ(管理職も多数)など、様々な軸でも希望に近い求人を紹介してくれます。

そもそも求人数自体が少ないので、企業名をピンポイントで指名したりすると紹介が難しいかもしれませんが、一般的な年収水準(1千万円以上)や管理職・経営幹部といった求人は紹介してもらうことはできます。

もちろん希望する本人のキャリアが紹介する条件に満たない場合は断られてしまうこともあります。ただ、大手転職エージェントのように何から何まで紹介されるのではなく、経験と希望に合った年収が高く、知名度の良い、求人を紹介してもらえることが多いようです。

30代・男性
転職前
年収650万円

案件の紹介は各アドバイザーから求人の紹介を受けます。
自分のキャリア(過去の経験と将来の希望)に合わせて提案されるので、人によって数は違うかもしれませんが10件弱の提案をもらいました。
大手企業が中心で一般的な金額より高かい年収の求人が多かったです。

30代・男性
転職前
年収840万円

紹介いただいた5社の求人案件の質が全て高かった点は良かったです。
業績やビジネスの伸びしろが大きい企業ばかりでしたし、今後の事業展開として何に取組もうとされているのか等、私に提案してくれた背景を説明してくれました。
もちろん、私が希望する今後のキャリアプランに、なぜ合致するかもちゃんと考えて教えてくれましたし、納得感の高い御説明でした。
ただ、担当いただいたコンサルタントの方が私よりも年下で、終始、私に対して受け身な姿勢だったのが残念でした。これだけ調べて提案してくれるなら、もっと前向きに背中を押すような提案をしてくれても良かったかなと思います。

20代・女性
転職前
年収550万円

大学時代の留学経験を活かした転職を考えていました。大手の転職エージェントさんだと聞かない企業の求人も紹介してもらえました。
また、「世間的には有名ではないのですが特定の業界ではグローバルで地位が高い企業」等、ここでしか知ることが出来ない求人に出会えたので満足しています。

30代・男性
転職前
年収620万円

外資専門というより、今は大手企業はグローバル展開していて英語を使えてビジネススキルのある人材を必要としているので、国内大手企業の求人も普通に紹介してもらえました。
国内企業でもJACでしか紹介してもらえない(私の実力不足かもですが)求人もありました。

外資系企業・外国語を使ったキャリア支援に強い理由

JACリクルートメントは元々、海外に進出した日本企業の人材採用を支援するために1975年にロンドンで創業して日本にきた逆輸入企業です。

その後も日本から海外に進出する日系企業に日本語人材を紹介する専門エージェントとして事業を拡大してきました。その結果、英語を中心とした外国語を使う企業・職種への転職支援を得意とし、外資系企業とも独自の強いパートナーシップを築いています。

その為、実際に利用した方の評判でも外資系企業や英語を使ったポジションへの転職で大いに助けになったという声が多数ありました。
ハイキャリア、外資系や外国語を使ったキャリアを目指したい方はJACリクルートメントに気軽に相談してみてくださいね!

JAC公式サイトでオンライン相談

転職サポート:手厚い!書類選考・面接通過率が高い

転職サポートは恐らく他の転職エージェントよりも圧倒的に手厚いです。過去の面接通過者の経歴、面接通過者が聞かれた質問、通過した方の回答例、面接官のキャリアをデータベースとして蓄積しています。

その情報を基にしっかりと対策をしてくれるので、これは私達編集部の体感ですが他の転職エージェントよりも圧倒的に通過率が高いと思います。

20代・男性
転職前
年収570万円

大手外資系企業への転職で相談しました。
大手外資系企業は、どこも面接で見られる観点が特殊だったり、Amazonのループ面接など、面接の形式が特殊だったりします。その対策を相談できる数少ない転職エージェントだと思います。

30代・男性
転職前
年収650万円

大手外資系メーカーへの転職を希望していたのでJACリクルートメントを使わせてもらいました。評判通り、書類選考や面接に対するアドバイスが手厚かったです。
他の転職エージェントでは比べ物にならないぐらい、メールにビッシリと情報を書いてくれました。独学だとなかなか気づかない部分を客観的に、かつ、応募企業に合わせて改善点を指摘してくれたので助かりました。

30代・女性
転職前
年収720万円

外資系コンサルティングファームに勤めていましたが、結婚を機に外資系の事業会社への転職で相談しました。
働き方や育児周りの制度に関する社内事情にも詳しくて、ビックリしました。
先方の面接官のキャリアや過去の面接でのフィードバックをもとに私の経験のどこをアピールするかと具体的なサポートをしてくれたので、面接もすんなりと受かることができ、感謝しています。

40代・男性
転職前
年収780万円

キャリアコンサルタントの方自身が担当する業界に専門性があり、業界・企業に合わせた職務経歴書や面接でアピールすべきポイントを熟知されています。面接官の方が何を求めているかを詳しく教えてくれるので、忙しい中でも効率的な転職活動ができました。

コンサルタント:”業界別・両面型”の担当制で専門性が高い

出典:JACリクルートメントHP

JACリクルートメントは、業界毎に企業と転職希望者を担当します。
例えば、コンサルティング業界担当の方は、コンサルファーム各社に求人をもらいに行き、人事と情報交換をしつつ、コンサルへの転職希望者にファームの情報を紹介します。

  • 業界毎に担当が分かれている
  • 担当業界は顧客企業と転職希望者の両方を同じコンサルタントが担当する

この両方を行っている転職エージェントはほとんどないです。
転職エージェント企業自体がIT特化、医療特化、ということはありますが社内で担当が分かれて企業と転職希望者を両方担当する企業は少ないです。

メリットは、企業から直接聞いた生の話を直接教えてくれますし、企業文化や事業戦略、求人を出している事業部で活躍する人の傾向など、情報の信頼と鮮度が非常に高く、情報を信じても外れることがほとんどないです。

20代・男性
転職前
年収610万円

私の経験なので、そんなに数はないですが、大手の転職エージェントよりも圧倒的に企業や面接官のことに詳しいです。
業界毎に担当が違うので、様々な業界を受けようとすると、複数のキャリアエージェントと会話するのが大変ですが、そんな手間よりも信頼性の高い情報をもらえることが何よりもありがたかったです。

30代・男性
転職前
年収1,100万円

転職した後のキャリアにも詳しいので相談する価値を感じました。転職は入社して終わりではなく、次にどういうキャリア(社内異動や次の転職先)があるかが大事だと思っていました。
JACの方は業界・企業を何年も担当しているので、その企業に勤めている方が歩むキャリアにも詳しく、転職した後に自分がどういうキャリアを進むのかイメージがわきました。

30代・女性
転職前
年収820万円

医療機器業界での転職を考えていましたが、比較的閉じた世界で情報も少なく、噂だけで転職するのも怖いなと思っていました。
JACリクルートメントの方は、医療の中でも細かく担当が分かれていて、業界人の私が聞いていても「あ、この人詳しいな」と思える話ぶりだったので信頼できました。
上辺だけの話って聞いてると時間の無駄に思えるので苦手なんですが、おかげさまできちんと気持ちを決めて転職できましたし、転職後も違和感なく働けています。

転職note
編集部

この両面型の転職エージェントは大手ではJACリクルートメントだけです。一長一短ありますが、両面型は顧客企業の採用ニーズを詳しく理解して転職希望者に具体的な情報提供ができ、選考通過率が上がります。一方で、紹介できる求人数は限定されます。
分業型は効率的に動いて紹介できる求人数は増えますが、顧客ニーズを転職希望者の担当者が詳しいわけではないので、選考通過率が落ちます。
量より質を高めて、確実な転職活動をしたいのであればJACリクルートメントに相談してみてください。

JAC公式サイトで無料相談

会社:選考通過率を重視し、通過率の低いムダな転職活動をさせない

JACリクルートメントは会社の経営指標として、求人成約率を重要視しており、通るかどうかわからない博打のような求人を紹介しません。1件1件の通過を重要視して、顧客企業と転職希望者のニーズに合致した求人を紹介し、内定までのプロセスを手厚くサポートしてくれます。

大手の転職エージェントを使うと分かると思いますが、メールやシステムで大量に求人が紹介されます。そのなかから興味のある求人にシステム経由で応募希望を出すことができます。非常に簡単で手間はかかりませんが、通過率が非常に悪いのが大手転職エージェントの特徴です。

JACリクルートメントを実際に使った方の評判・口コミでは、通過率の高さが満足度の高さにつながったエピソードが多かったので御紹介します。

20代・男性
転職前
年収600万円

キャリア面談が丁寧で、希望に合わせた求人を紹介してもらえました。
また求人に合わせて書類・面接対策をしっかりとしてくれるので、選考の通過率が非常に高かったです。たくさんの会社を受けると、その分だけ準備に時間がかかりますし、面接対策も必要になります。
本業をこなしながら、その時間を捻出するのは難しいので、希望の2-3社からオファーをしっかりともらえたので、非常に満足のいく転職活動をすることが出来ました。

30代・男性
転職前
年収750万円

最初はリクルートエージェントやdodaで転職活動していたのですが通過率がメチャクチャ低くて・・・
もちろん私の実力不足ということもあるんでしょうけど、落ちると凹むんですよね。JACでは、書類も面接も事前にしっかりと準備できるので数社しか受けなかったですが、ほぼ全社から内定(1社は第1希望で内定が出たので辞退)をもらうことが出来ました。

40代・男性
転職前
年収1,020万円

年齢とともに経験を積むと、相対してもらう転職エージェントの方も話しているウチに実力が透けてきますよね。「あ、この人は想像で適当に話してるな」とか(笑)
JACリクルートメントの方は転職先候補の企業が、なぜこのポジションで募集しているのか、どんな人が欲しいのかをしっかりと理解されていて、アドバイスいただいたとおりに面接対策をすると、数社から内定をいただけたので、とても効率的でした。

30代・女性
転職前
年収880万円

仕事や家庭もあり限られた時間での転職活動なので、ムダな時間を使いたくなかったので、ビズリーチやキャリアカーバー経由で連絡のあったヘッドハンター数名とJACリクルートメントの方と話しました。
そのなかで、希望の業界に最も詳しかったJAC経由で転職活動をしました。
以前に転職活動をした時、大手のシステム経由で応募を出していましたが、とても通過率が悪かった反省から、この方法にしましたが大正解でした!
JAC経由の応募は通過率が高くて、限られた時間での転職(特に求人の少ない管理職など)では、とても有効だと思います。

JAC公式サイトで無料相談

JACリクルートメントの悪い評判・口コミ

JACリクルートメントの低評価な評判・口コミで見られた特徴を2つ御紹介します。記事を執筆している方が実際に利用した経験がないと気づけない観点を交えて御紹介しますね。

  • 転職希望者にも高いレベル(年収や経験)が求められる
  • 転職希望者にも行動力・準備力が求められる

転職希望者にも高いレベル(年収や経験)が求められる

ここまで御紹介してきた通り、JACリクルートメントは管理職や外国語を使った職種など、ハイキャリアの求人紹介を得意としています。逆に言えば、よくある500万円未満の求人や経験の浅い20代前半の方の支援は、得意としていません。(そもそも扱う求人数が少ない・・・)

競合となる大手転職エージェントとの棲み分けですが、自分に合った転職エージェントに相談するのが現実的です。

20代・男性
転職前
年収450万円

新卒3年目での転職で求人の質が高く、サポートが手厚いということで登録しましたが、全然ダメでした。紹介いただいた求人数も少なくて、お呼びではない感が否めなかったのでdoda経由での転職に切り替えました!

20代・男性
転職前
年収600万円

御紹介いただいた求人はどれも魅力的だったのですが、求人が求める水準も高く、自分の実力では難しいかなと思うものが多かったです・・・
実力不足なので仕方ないですが、魅力的な企業・職業のレベルはやっぱり高いんだなと現実を見ました(苦笑)

30代・女性
転職前
年収650万円

バリキャリ系の求人が多くて、結婚を機に家庭との両立を考えていた私の転職先候補に合致した求人は少なかったように思います。
どの求人も仕事を第一にバリバリ働きたい方にはいいと思うのですが、私には合わなかったかな・・・

転職希望者にも行動力が求められる

JACリクルートメントは転職希望者をしっかりとサポートして、内定までのサポートをしてくれますが、同時に提供される情報を元にちゃんと準備する行動力が求められます。

これは顧客企業に紹介した後に「全然、希望と違った」「求めるレベルに対して未熟すぎる」と信頼を損なわないようにするためにも大切です。書類の添削、面接のアドバイスと多くの情報をもらったら、ちゃんと読んで、自分なりに理解して改善するようにしてくださいね。

20代・男性
転職前
年収550万円

本業が忙しくて、メールをしっかりと呼んで準備が出来なかったので面接で落ちてしまったのですが、そのあとに求人の紹介が止まってしまいました。
自業自得ですが20代で色々と転職活動で可能性を探したかったので残念でした。

20代・女性
転職前
年収610万円

面談をした際に、まだ転職は本格的に考えてなくて、情報収集の段階であることを伝えるとパタっと連絡がなくなりました。
情報収集なので全然良かったのですが、かなりあっさりした会社なんだなと・・・ただ、その後も転職を考える時に連絡すると情報交換にはのってくれ、情報は確かなので定期的に連絡を取ろうとは思っています。

実際に使った体験談!JACリクルートメント4つの特徴

JACリクルートメントは500万円以上の高年収、エグゼクティブクラスを中心としたハイキャリアの求人を中心に紹介している転職エージェントです。

また転職成功率を高めるための手厚い書類添削や面接対策の支援をしてくれます。私達、編集部メンバーも転職する時は必ず登録しますが、他の転職エージェントでは受けられない手厚いサポートをしてくれるのは事実です。

転職note
編集部

JACリクルートメントのサポートは本当に手厚く、書類・面接通過率が非常に高いです。私達も実際にJACリクルートメントに相談しますが、提供される情報をもとにしっかりと対策すると、かなり自信がつきました
私達が実際に登録して相談した体験もふまえて受けられるサポートの4つの特徴を御紹介しますね!

1.転職者の希望を重視したキャリアカウンセリング

JACリクルートメントに応募すると、キャリア面談が組まれ、過去のキャリアを棚卸し、目指す方向性・実現したいライフスタイルをヒアリングを受けます。そのあと、目指す姿を実現できる会社とポジションをキャリアコンサルタントに相談します。

転職は目先の転職だけが大切なのではなく、転職の次にどういう人生や可能性があるのかを見据えることが大切です。

その点、JACリクルートメントはハイキャリアに特化して転職を支援している為、各キャリアコンサルタントがハイキャリアに精通しており、今回の転職が成功したら次にどんなポジションがあるかを教えてもらえます。

例えば、AmazonのL5ポジションで転職した後、Amazon内の異動とAmazonの外への転職がありますが、「本当に社内の異動が出来るのか?」や「Amazonの外への転職では具体的にどんなところに転職するの?」等を知っておくことでAmazon内でどういうことに注力すべきかが分かります。

これは同様の外資系企業(セールスフォース等)やコンサルティングファーム、ベンチャーや事業会社の管理職でも同じです。常に外に出られる市場価値を上げる転職になっているかを確認する為にもハイキャリアの転職支援実績の多いJACリクルートメントに相談する意味は大きいです。

2.キャリアコンサルタント(JAC社員)の質が高い

転職を支援する方がエグゼクティブ等のハイキャリア人材な為、JAC社員の方々も質が高いです。ここでの質は、事実を把握していること、論理的かつ端的な説明が出来ることを指しています。

私達も様々な転職エージェントと会話してきましたが、イメージ先行で実態の無い話をする方、求人を紹介した理由が良く分からない方、ただただ現職にいる不安を煽る方など、本当に多いなと思います。

JACリクルートメントの方々は、ハイキャリア向けに転職成功率を高める為に全力を投じてくれるので、説明も分かりやすく、成功確率の高い求人が無い場合は転職を止めてくれる場合もあります。

参考.転職成功率は経営指標として重視

出典:JACリクルートメント 20年12月期上期決算説明資料

JACリクルートメントは、決算説明資料でも成約率を重視していることを明示しています。成約率を上げるには、転職希望者に合った求人の紹介・徹底した入社サポートが必要です。

そのため、無理な求人をゴリ押して成約率を落としたり、応募したのに面接対策を放置して成約率を落としたりするようなことはしません。

転職可能性が高い求人を紹介し、応募する時は全力でサポートしてくれる。そういう信頼のおける転職エージェントであることが分かります。

3.高収入の求人が多い(特に非公開求人)

JACリクルートメントは全体の60%が非公開求人です。
この非公開求人というのはサイトに掲載すると応募が殺到して、求人企業が選考しきれないので、「JACリクルートメントに、紹介する転職希望者の目利きを任せている求人」です。

よってJACリクルートメントからも面談をして「この人なら通過可能性が高いな」「紹介したら企業からも喜ばれるな」と思える方にだけ紹介する求人です。

逆に言えば、こうした世に出回っていない求人こそ、皆さんが転職したい企業・ポジション・条件の求人であることが多いです。

そうそうたる企業の非公開求人を預かれる信頼があることもJACリクルートメントの特徴です。

4.過去の転職成功者の実績記録を使った転職支援

実際にJACリクルートメントで転職活動をすれば分かりますが、書類選考が通過し、面接に進むとキャリアコンサルタントが過去の転職者が受けた質問と通過した回答例を面接官別に教えてくれます。

要は入試の過去問を配ってくれますし、不安があれば事前に想定回答例をキャリアコンサルタントに相談することもできます。

そこでもキャリアコンサルタントの方が「この面接官の方は、前職がxxで特に●●の部分を重要視して質問をされているので、回答は~~の部分を強調するといいですよ」とものすごく具体的なアドバイスをしてくれます。

正直、ここまで具体的な面接対策をしてくれるのは、企業専属や特定業界に特化した転職エージェント・ヘッドハンターしかいないのではないかと思います。

特に外資系やエグゼクティブクラスになると面接形式も一般的なものとは異なりますし、見られる観点も厳しくなります。

そこを面接官の方と直接面識のあるJACのキャリアコンサルタントの方が過去実績を基にサポートしてくるからこそハイキャリアでも求人成約率23%を実現できるんですよね。

5分以内で無料登録!/

JAC公式サイトで無料相談

JACリクルートメントを使うべき人【登録基準】

JACリクルートメントは、外資系や管理職などのハイキャリア層向けの転職エージェントです。JACリクルートメントを有効活用できる方は、このような方々です。

1.現時点で年収が500万円以上ある方
これが何より大切です。学歴や英語能力等もあることが望ましいですが、JACリクルートメントをはじめとした転職エージェントは支援した方が転職した場合、転職した方の年収の30-50%を報酬としてもらうビジネスです。

特にJACリクルートメントは転職成功率を重視しており、業界・年収を絞って支援していることから第2新卒や非正社員等の方は、求人紹介を断られることもあります。

参考:JACリクルートメント 20年12月期上期決算説明資料

この資料から「コンサルタント一人当り月間成約額」を重要視していることが分かります。目標が240万円で、報酬割合は一般的に30%前後なので年収800万円の方を月に1人支援することが求められます。

もちろん年収800万円の方は、そんなに多くないのでもっと年収が低い方も支援します。月に1~2人前後の支援するとして年収500万円ぐらいから転職支援をしてもらえます。(上半期実績が176万円=年収550万円の方を月に1名転職支援する計算)

また注力領域も明確にしています。

  • 職位:管理職以上
  • 業界:Digital(デジタル)、病院・医療関係、食品、流通、小売
  • 資本:外資系

このどれかに属している、もしくは転職したい方には特に相談先としてオススメできる転職エージェントです。他にも次に該当する方は、JACリクルートメントに相談すると魅力的な転職先を提案してもらえる可能性が高いです。

  • 1.現時点で年収が500万円以上ある方
  • 2.高学歴(早慶上同旧帝大レベル以上)
  • 3.英語あるいは別言語の能力がある(TOEIC700以上など)
  • 4.技術職など特定スキルに関するスペシャリスト
  • 5.マネジメント経験がある
  • 6.海外勤務経験がある

全部に該当する必要はなく、特に1.に該当すれば基本的にサポートしてくれます。大手の転職エージェントよりも求人の質が高く、サポート体制が手厚いのは間違いが無いので、どれかに該当したらコチラから気軽に相談してみてください。

JAC公式サイトで無料相談

JACリクルートメントから断られる?その理由は?

残念ながらあります。
先ほど御紹介した通り、年収水準が高い求人を中心に紹介している為、年収が300万円~400万円ですと紹介できる求人がないため御断りとなってしまうことがあるようです。

また、アルバイトやパートなどの雇用形態の求人も取り扱っていません。

体験したから言えるJACリクルートメントがオススメな人

JACリクルートメントは年収が500万円を超えた方は、かならず登録した方がよい転職エージェントです。キャリアの相談、紹介される求人、選考のサポートとどれも質の高い情報・サポートを得ることができます。

年収以外は、次のどれかの条件に合致していると、JACリクルートメントに登録するのを更にオススメできます。

  • 現時点で年収が最低でも500万円はある方(必須)
  • MARCH以上の学歴
  • (TOEIC700以上など)英語・外国語の能力がある
  • 技術職など特定スキルに関するスペシャリスト
  • マネジメント経験・海外勤務経験の保有

特にJACリクルートメントが注力している業界に勤めている方、または転職を考えている方は、転職先候補企業の最新情報と自分の今の市場価値を知ることができるので、キャリアを考える時に必ず相談しておくべきです。

JACリクルートメント組織図

出典:JACリクルートメントHPより

  • エナジー&インフラストラクチャー
    資源・エネルギー業界、プラントエンジニアリング・建設コンサルタント業界
  • ケミカル
    日系・外資系の化学・素材メーカーや、化学商社
  • ファーマスーティカル
    医薬品メーカー・バイオベンチャー・CRO・SMOなど
  • 医療機器&ライフサイエンス
    日系・外資系の医療機器メーカーや、理化学機器・分析機器など
  • マニュファクチャリング
    外資系の機械・自動車・電機・電子・半導体メーカー
  • 日系製造業
    日系の機械・自動車・電機・電子・半導体メーカー
  • コンシューマーグッズ
    食品・飲料・化粧品などのFMCGや、ファッション・アパレル業界
  • サービス
    人材・教育、広告、商社・物流、不動産・建築、小売・流通など
  • 金融
    銀行・投資銀行・ファンド・証券・保険・不動産金融など
  • コンサルティング
    コンサルティングファーム・監査法人・シンクタンク
  • IT
    日系・外資系の通信キャリア・SIer・ソフトウェア業界
  • WEB
    インターネット・EC・プラットフォーム・デジタルマーケティング・ゲームなど

各部門には業界に精通したエキスパートが在籍していますので、業界毎の転職動向や非公開求人、自分だったらどこに・いくらで転職できるのか(逆にいつまでしか転職できないか)等、様々な情報を知ることができます。興味がある方は、無料ですので気軽に相談してみてください。

5分以内で無料登録!/

JACリクルートメント公式サイトで相談 >>

体験談!利用前に知っておくべきJACリクルートメントの注意点

JACリクルートメントはハイクラス求人が充実しており、転職でキャリアアップを目指す方にぴったりの転職エージェントです。

おすすめのエージェントであることは変わりありませんが、利用前に知っておくべき注意点もあるので、以下3点はよく確認しておいてください。

  1. 現在の年収・経歴によっては求人を紹介されない
  2. 大手と比較して求人が少ない
  3. 担当者と合わない可能性がある

注意点1.現在の年収・経歴によっては求人が紹介されない/紹介が少ない

JACリクルートメントはハイキャリア転職に非常に強い転職エージェントです。
一方で、転職市場価値(≒年収)が低いとサービスを利用できなかったり、紹介される求人が少ない場合があります。

専門職や管理職、外資系企業などの「豊富なスキルやマネジメント経験が必要な求人」に特化している為、相応の能力がないと紹介できる求人が無い場合があります。

実際に公式サイトの求人検索の「現在の年収」選択欄が500万円からしかない為、「年収500万円からが利用基準」と考えられます。

公式サイトのQ&Aにも、現時点で紹介できる求人がない場合は、その旨のメールが届くことが言及されています。ただ、メールが届いても求人動向が変化し、希望に合致した求人が出た場合には、改めて提案が来るようです。

JACリクルートメントは、自分のキャリアに自信がある場合にこそ、使いやすい転職エージェントと言えます。

注意点2.大手と比較して公開求人が少ない

JACリクルートメントはハイキャリア向けの求人紹介・キャリア支援に特化しています。
逆に言うと、年収が低かったり誰でも希望すれば採用される求人の扱いはありません。
その為、全方位的に求人を扱う大手転職エージェントに比べると保有する求人数は、多くありません。

実施に、JACリクルートメントと大手転職エージェント「リクルートエージェント」「doda」の公開求人数を比較すると、次のような結果になります。

大手エージェントと比較すると、求人数に大きな差があることが分かります。JACリクルートメントのコンサルタントはあなたの経歴や志向に合わせた求人を厳選するため、実際に紹介してもらえる案件はさらに少なくなります。

「出来るだけ多くの求人を比較したい」「転職の視野を広げたい」という場合は、JACリクルートメントだけでなく、次に紹介している「JACリクルートメントと併用すべき転職エージェント」を一緒に使うのがオススメです。

Bizreach(ビズリーチ)アクシスコンサルティング等、を同時に使うことで、より多くのキャリアの選択肢を広げることができます。

注意点3.担当者と合わない可能性がある

在籍するコンサルタントが優秀なことで評判のJACリクルートメントですが、なかには稀に対応が悪かったり、相性が合わないキャリアコンサルタントにあたる場合もあります。

相性が合わない状態でサポートを受けても、良い結果は得られません。
自分に合わないなと感じた場合は、アドバイザーを早めに変えてもらうようにしてください。
担当アドバイザーの変更は、電話やメールで依頼することで可能です。

ただ理由なく変更を申し出た場合、「気まぐれで変更している?」「仕事もすぐ変えてしまうのでは?」と思われて、その後の紹介求人数が減ったり、求人内容が悪化されては元も子もありません。

誤解されないように、『アドバイザーを変更して欲しい理由』も併せて担当キャリアコンサルタントの変更希望を伝えるようにしましょう。理由を伝えることで、JACリクルートメント側の印象も悪くならないでしょう。

<変更メールの文面例>

■相性・価値観が合わない場合

お世話になっております。
●●と申します。

現在、貴社の●●様に転職活動を支援していただいております。

○○様はとても丁寧にサポートをしていただき感謝しているのですが、少々価値観や考え方のズレを感じており、何度か私の希望もお伝えしたのですが状況の改善が難しいように感じております。

差し支えなければ、他の担当者の方にも
転職活動のご相談させていただきたいのですが、ご相談可能でしょうか。
大変お手数おかけしまして申し訳ありませんが、
ご検討よろしくお願いいたします。

■担当者の知識が不足している場合

お世話になっております。
●●と申します。

現在、貴社の●●様に転職活動を支援していただいております。

ただ、私自身はじめての業界への転職なので、
「もう少し詳しい業界情報を知りたい」と思っております。
もし可能であれば、○○業界の情報に詳しい担当者の方にもご相談させていただけますと幸いです。

大変お手数おかけしまして申し訳ありませんが、
ご検討よろしくお願いいたします。

JACリクルートメントと併用すべき転職エージェント

有名企業でポジションや年収が高く、魅力的な求人が多いJACリクルートメントですが、私達編集部は次の理由から複数の転職エージェントの併用を推奨しています。

  1. 複数の転職エージェントを比較して良い/悪いを判断する
  2. より良い求人を取りこぼさない

1.複数の転職エージェントを比較して良い/悪いを判断する
JACリクルートメントは全体的に非常に質が高いのですが、担当者によっては未熟だったり、相性が合わなかったりします。そもそも1社しか使っていないと、比較ができないので、JACが良いのか/悪いのかが分かりません。

複数の転職エージェントと会話するから、比較ができて良し/悪しが分かるので、メイン1社・サブ2社ぐらいで進めると、自分にとって動きやすい転職エージェントの方と一緒に進めることができると思います。

2.より良い求人を取りこぼさない
知らない方も多いのですが、転職エージェントによって同じ企業でも紹介できる求人の条件やポジションが異なります。同じ企業でもA社よりB社の方が年収もポジションも高かった、ということが実際にあります。

転職希望先の企業があれば、複数の転職エージェントに求人を確認しないと、より条件の良い求人に応募し損ねるので複数の転職エージェントに相談することは必須です。

JACを活用する方は、比較的、キャリアのレベルが高いので併用するなら次の転職エージェント・ヘッドハンターに登録してください。

コンサル・IT業界の転職支援No1:アクシスコンサルティング

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)

【公式サイト】https://www.axc.ne.jp/

アクシスコンサルティング』は、コンサル・IT業界に特化して転職支援をしており、コンサル業界・IT業界への転職支援実績が豊富な転職エージェントです。JACリクルートメントと同様に外資系企業各社への転職、エグゼクティブクラスの転職に強いので、JACと同様に手厚いサポートを受けることができます。

私達、編集部メンバーにはコンサルタントも多いのでファームへの転職とポストコンサルの両方で、よく相談する転職エージェントのうちの1社です。

各企業・ファームの役員や人事から話を直接聞いており、コンサル・IT業界全体の転職動向から各社で必要なスキルや経験をよく理解しています。また、JACと同様に中長期でのキャリア支援をしているので、「転職後の次のキャリア」まで相談できる転職エージェントです。

近年、戦略系ファームの求人も多かったですし、ポストコンサルでは事業会社の経営陣の求人など、1,000~2,000万の年収で定期的に紹介してくれます。

コンサルティング業界やIT業界でのキャリアを考えている方は、必ず登録しておいた方がよい転職エージェントです。ただし、なかには営業一辺倒で実力もさしてない転職エージェントさんとお会いしたこともあります。御紹介いただける求人は良かったので、登録して求人を紹介してもらいつつ、実力を見極める必要はあると思います。

▼アクシスコンサルティングで紹介される求人傾向

  • 年収750~2,000万(コンサル業界・IT業界でスタッフ~役員クラスまで提示、条件面はかなり良いです)
  • 外資・内資のコンサル・IT企業が中心
  • ポストコンサルで有名なユ●クロ・パナ●ニック・大手ベンチャーは網羅
  • 企業から特命で預かっている非公開求人が多数

無料登録(公式サイト)はコチラ >>

転職note
編集部

アクシスコンサルティングの転職エージェントの方は、コンサル業界・IT業界に対する専門性の高さが印象的でした。例えば、コンサル業界は戦略・総合・ITとあり実態が分かりにくい業界ですが、各ファームの各部門で強い領域や主要顧客を把握しているので、なんとなく入社して期待値とのギャップに悩むことが少ない印象です。

またITもアマゾンだとループ面接、セールスフォースだとプレゼンなど、特殊な選考形態が多いですが、業界特化しているだけあって過去の選考通過者の記録から適切な面接対策をしてくれました。

業界特化ではありますが、ポジションは若手~エグゼクティブクラスまで紹介できるので、転職希望者のレベルに合った求人を紹介してくれます。私達が提案をもらった求人では年収が1,000~2,000万前後でした。特にコンサルの求人でどういう背景で出た求人なのか、ボスになるパートナーやディレクターの志向を事前に聞くことができたのは良かったです。(戦略やITなど、どういう案件で成長しようとしているかが分かり、自分が経験できる内容に想定がつくので)

20代 後半
女性

コンサルティングファームに新卒で入社し、ポストコンサルのキャリアを考えだした時に相談させていただきました。結婚して家庭の重要度が自分の中で上がっているのを感じつつ、これまで努力してきたキャリアを諦めるような選択はしたくないと思っていました。

当時はプロジェクトが忙しくてフワっとした状態で相談に行ったのですが、キャリアカウンセリングをしてくれた方も、元コンサルタントの方で私の悩みをロジカルに整理してくれ「確かに!」と思える転職先企業のポジションを3,4社紹介してくれました。どれも年収は800万前後でしたが事業会社の全社俯瞰で改革推進役なので仕事にやりがいもあり、労働時間も改善されたので満足しています。

今は転職先で働いていますが、年に1回は定期的に相談して今年はどんな経験を積むべきか自分なりに昨年からの成長も感じつつ、定期的に相談させてもらっています。

30代 後半
男性

アクシスコンサルティングの方は、コンサルに入社する時とコンサル業界から転職する時の両方で相談しました。年収が高いので押し込もうとする転職エージェントさんも多いコンサル業界への転職ですが、アクシスコンサルティングの方は「ミスマッチしてスグに退職される方が弊社の信用を損なう可能性がある」と言って各ファームの主要サービスやクライアントのことを(守秘義務に反しない範囲で)教えてくれました。

総合系でもITに注力していたり、戦略でも業務主流の部門など、外からだと分からない内情を理解して転職したので、比較的早い段階でプロモーションも出来たと思います。

無料登録(公式サイト)はコチラ >>

金融・コンサル・ファンド系への転職に強い:コトラ(KOTORA)

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)

【公式サイト】https://www.kotora.jp/

無料登録(公式サイト)はコチラ >>

コトラは金融機関出身者が作ったサービスの為、転職エージェントにも金融機関出身者が多く、金融機関やFAS・ファンド、大手コンサルティングファームの金融系部門への転職をよく理解しています。

金融業界やファンドは平均年収が高いので人気の業界ですが、業界情報が少なく、選考が厳しいので、過去に転職を成功させた方の能力や経験をよく理解しておかないといけません。

コトラには金融機関出身者やコンサルティングファームやFAS・M&Aアドバイザリー経験者も多く在籍しており、私達もお世話になっていますが、無理強いをせず着実な提案をしてくれる印象があります。

特に、最近はこの奈良さんという方がTwitterやnoteで積極的に情報発信していて業界未経験の方は参考になると思います。

実際にKOTORAのウェビナーに参加しましたが、各ファームの実態をしっかりと説明していて「本気でミスマッチを起こさないよう丁寧な説明をしてるんだな」と思える内容でした。コンサルも金融も経験や年収面では魅力的な業界ですが、短期で離職してしまう方も多い業界でもあります。(実際に私達もチームに明らかなミスマッチで入社して苦労した人を何人も見てきたので)

転職を考えている方は、自分がそうならないように業界に特化した転職エージェントには相談するようにしてくださいね!

▼KOTORA(コトラ)で紹介される求人傾向

  • 年収750~2,000万(コンサル業界・金融業界でスタッフ~役員クラスまで提示、条件面はかなり良いです)
  • 外資・内資のコンサル・金融業界が中心、IT・製造業も強い
  • ポストコンサルで有名なユ●クロ・パナ●ニック・大手ベンチャーは網羅
  • 企業から特命で預かっている非公開求人が多数

無料登録(公式サイト)はコチラ >>

転職note
編集部

KOTORA(コトラ)の転職エージェントの方は、コンサル業界や金融業界でミスマッチを起こさないように、事実をちゃんと伝えようという姿勢が紳士的で好印象でした。業界に特化して支援しているだけあり専門性が高いのは当然なのですが、「よくある勘違い」や「コンサル業界・金融業界への転職で失敗する事例」など、多くの人が陥りやすい点をしっかりとカバーされようとしていました。

またコンサル・金融・ITと各業界の経験者の方が多く、話していると本当に業界のことを良く知っているんだな、というのが伝わる納得感の高い説明をされる方が多かったです。(奈良さんとかは、まさにファームで働いて実体験をもとにキャリア支援をされています)

20代 後半
女性

コトラは新しい職場でのスタートダッシュを応援する独自の価値観診断ツール「KOTORA25」というのがあります。仕事の価値観を診断するストレングスファインダーのようなツールですね。このツールの結果をもとに入社後の職場環境を想定し、新しい仕事との向き合い方や同僚との付き合い方に関するヒントをアドバイスしてもらいました。

新しい職場は私も不安が多かったのですが、注意すべきポイントが分かったり自分の新たな側面に気づけたのは面白かったです。また、こうしたツールを通して転職先の職場を見ると自分が気づかなかった職場の特徴も見えました。

今は転職先でストレスなく働けていますが、KOTORA(コトラ)経由で転職された方は入社半年後の定着率が97%と非常に高いのも、こうした事前のミスマッチを防ぐ取組みの結果なんだと思います。

30代 前半
男性

コトラの方から紹介された求人は他社では見たことない求人が多かったのが印象的でした。
独自ルート感というかw、求人の背景や欲しい人の特徴を細かく把握されていたので、企業側からもニーズをしっかりとヒアリングして私に提案してくれているんだなと思いました。
扱っている求人案件のうち約8割が「非公開案件」とのことでした。

金融・コンサル業界でハイクラス転職を狙っている方におすすめです。キャリアアップをしたいと考えているなら、とりあえず登録しておくといいかもしれません。

金融といっても投資銀行・不動産金融・投資ファンド系、また投資ファンドが投資した先の事業会社ポジションなどがありました。業界で経験された方がキャリアアドバイザーに多いので、憶測ではなく体験に基づく説明に説得力がありました。(激務だよwとか)

企業・ヘッドハンターと直接連絡:ビズリーチ

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)

【公式サイト】https://www.bizreach.jp

高年収スカウトはビズリーチ

ビズリーチ』の名前は多くの方が御存じだと思いますが、ダイレクトリクルーティングサイトだということは知っていましたか?

ビズリーチは企業やヘッドハンターと求職者を直接結ぶサイトです。
登録するとビズリーチから求人提案が来るのではなく、登録している企業やヘッドハンターから連絡があります。興味がある求人を紹介されたら、その企業やヘッドハンターと電話やオンラインで面談する流れです。

また外資系企業や官公庁が求人を掲載しているので、自分で直接応募することが出来ます。(最近、MckinseyやLINE、大手商社、外資大手製薬会社などの掲載を見つけて驚きましたw)

正直なところ転職エージェントからのDMは多いのですが、企業のレベルや求人の質は高いです(この画面でも伝わりますかね)。公式サイトでは年収1,000万円を超える求人案件が全体の3割以上と紹介されています。

レジュメの内容を充実させることが有名企業から連絡をもらう為のポイントです。
時間がかかってもレジュメを充実、経験に合わせて更新するようにしておきましょう。

▼Bizreach(ビズリーチ)で紹介される求人傾向

  • 年収750~1,500万
  • 企業からの直接スカウト(企業が直接採用したいと思っているスカウト)
  • 外資・内資の各業界Top企業(コンサル・商社・化粧品・金融・ユニコーンベンチャー等)
  • 企業から特命で預かっている極秘求人

実際に応募するかは別にして、ビズリーチに登録してヘッドハンティングがきたら話を聞いてみるのをオススメします。1次情報より確実な情報はないので、その機会を得る為にもビズリーチに登録しておいてください。

無料登録(公式サイト)はコチラ >>

転職note
編集部

実際に私達に来たDM画面を御紹介しましたが、企業のレベル・求人の質が高いことはお判りいただけたかと思います。ただ、転職エージェントの質はピンキリでレベルが高い人もいれば低い人もいます。こればかりは面談を通して実力を図る必要があります。

ビズリーチやキャリアカーバー経由で連絡をくれるリクルートやdoda(パーソル)の担当者は、エグゼクティブ向けの転職支援を担当する部署の方です。通常登録して担当される方とは違い、サポートも手厚く、紹介される求人の質も高いので、リクルートやdoda(パーソル)を使うにしてもビズリーチやキャリアカーバー経由で声をかけてくれた方と会話するのが最もいいです。

20代 後半
男性

私は複数の転職エージェントさんとお話をさせていただきました。
本当に中小のヘッドハンターさんは玉石混合だと思います。、少数精鋭で有名企業の採用を一手に引き受けている企業もあれば、(恐らくですが)紹介されている企業のことを詳しくないんだな、という感じの企業さんまでいらっしゃいました。
DM(ダイレクトメール)は沢山来ますが、興味がないのは開かないので、メール内容が良い・興味を持てたヘッドハンターのメールを時々開いて情報収集していました。
例えば「一度、お話しできませんか?」「様々な御紹介を・・・」といった具体的な提案がないメールは私のレジュメを見て提案してくれてないのかなと思い、無視していました。

30代 前半
女性

私は登録だけして、ふとした時にDMを見るぐらいの使い方をしていました。
登録しているメールアドレスにも通知が来るのですが、興味のあった企業から連絡が来ているのをメールで知ってビズリーチから連絡を取らせてもらいました。
別の転職エージェントさんにも登録していたのですが、人気企業で求人を持っていないと言われていたので、まさか直接連絡をもらえるとは(笑)と驚きでした。
実際の選考でもビズリーチの企業から直接声をかけているので、転職エージェントがしている選考サポートがないのかと思いましたが、人事の方から色々と直接説明いただき、選考対策もしっかりと準備することが出来ました。むしろ社内からのサポートなので、転職エージェントよりも具体的な対策だったかもしれません。
その辺は、使う人の悩みにしっかりとサポートされてるんだなと思いました。

無料登録(公式サイト)はコチラ >>

年収を上げる転職活動!業界と職種の決め方

<本の購入はコチラ(Amazon)>

転職活動を通して年収を上げる方法は、5回の転職を通して、サラリーマン年収1,000万円、副業収入5,000万(現在は会社経営の役員報酬で1億越え)を達成したmotoさんの著書「転職と副業のかけ算」で紹介されていますが、年収は業界と職種で決まります。

会社四季報には業界別平均年収が載っています。

出典:会社四季報 業界地図 2021年版

こちらを見ると分かる通り、上場企業の平均年収は6百万円ほどですが、業界トップのコンサルティング業界では1,359万円、次の商社は1,290万円と平均の倍以上の平均年収になります。実際にコンサル業界・商社業界では20代後半で年収1千万円を超える人も多いです。(アクセンチュアやBig4の新卒5年目28歳で900万・1,000万は珍しくありません)

企業には給与テーブルがあり、給与テーブルの水準は業界単位で大枠が決まっています。
年収を上げたいのであれば平均年収の高い業界に転職するのが最も具体的で実現性の高い方法です。

またコンサルティングファームでもコンサルタントとバックオフィスでは年収が違います。これが職種による年収の違いになります。「同じ職種で年収の高い別の業界に転職する」、もしくは「同じ業界で年収の高い職種に転職する」のが、年収を上げていくために大切な基本方針です。

JACリクルートメントは、特に高年収業界やポジションでのキャリア形成に強いですが、この「職種と業界」を意識した転職をすることで、より年収を上げた転職につなげることができます。

自分がしようとしている/するべき転職活動の具体的なイメージを持ってもらえればと思います。

まとめ

いかがでしたか。
JACリクルートメントは海外現地日本法人の採用を支援する企業としてイギリスで創業した会社なので、昔から英語を活用した転職活動支援やグローバルキャリアの支援に強いことが分かっていただけたと思います。

また、紹介される求人や転職エージェントのサポートの質が高く、特に選考では過去の面接通過者が受けた質問や通過した回答事例をもとにサポートしてくれるので、通過率がかなり高くなります。

高年収・外資系企業への転職を考えるのであれば、必ず登録しておく転職エージェントと言えますね。

実際に使った方の声でも、紹介される求人や転職エージェントのサポートの質が高さ、選考通過率の高さが上がっていました。転職活動は本業をしながら限られた時間で効率的にすすめないといけないので大変だと思います。

選考は通過するとテンション上がるので、ちゃんとサポートしてくれる転職エージェントを使って、気持ちよくすすめてくださいね。あと複数の転職エージェントに相談して、より良い求人を取りこぼしたり、ストレスを抱えながら転職活動をすることが無いようにしてくださいね!

皆さんが望むキャリアを実現できることを願っています。