フリーコンサルタント

アクシスコンサルティングが紹介:フリーコンサルBiz 案件と評判

こんにちは。転職ノート編集部です。
私達は、全員で20回以上の転職経験があり、様々な業界で働いた経験を持つ年収1千万を超えるコンサルタントを中心とした執筆チームです。

最近、編集部メンバーが転職活動をしている時に、アクシスコンサルティングからコンサルティングファームからフリーランスになる人が増えていると聞き、サービス内容を調べてみました。

今回は、コンサルタントの転職支援で業界No1の実績があるアクシスコンサルティングが提供する「フリーコンサルタントBiz」を調べました。

公開案件数も多く、またIT以外の案件も数多く紹介されていたので、是非チェックしてみてください。

皆さんがキャリアを考える時の参考になれば嬉しいです。
スグに話を聞いてみたい、具体的な案件を知りたい方はコチラから登録してみましょう。案件の紹介やアサインに私達からアクシスに払う費用は無いので安心してください。

アクシスコンサルティング公式サイト

会社概要と実績

 会社概要

社名アクシスコンサルティング株式会社
設立2002年4月
資本金・資本準備金118百万円
事業内容人材紹介業
フリーコンサル事業
グローバルアライアンス事業
研修事業
役員【取締役・監査役】
代表取締役社長 山尾 幸弘
取締役 伊藤 文隆
取締役 宋 安東
取締役 所 芳正
取締役 吉越 利成
監査役 山尾 幸久
従業員61名(2019年11月現在)
平均年齢36歳

 実績

アクシスコンサルティングは、現役コンサルタントの転職支援数 No1の実績を持つコンサルティング業界に特化した転職エージェントです。

2002年の創業から17年菅で5,000人のコンサルタントの転職を支援した実績を持ちます。

キャリアの相談も短期的な売上重視ではなく、中長期的にキャリアをサポートすることに重きを置いており、とても丁寧なサポートが評判の転職エージェントです。

長年の実績から転職先となる大手コンサルティングファームや大手事業会社(ポストコンサルとしての転職先)の経営層や役職者と強い関係を築いています。

フリーランスBizとは

アクシスコンサルティングが、過去に転職を支援したマネジメント層から直接の依頼を受け、フリーのコンサルタントに案件を紹介するサービスです。

フリーのコンサルタントは、高単価かつ時間の自由度の高さから、近年、非常に増えてきていました

業界大手のみらいワークス社では既に9,500名のプロフェッショナルがフリーのコンサルタントとして登録しています。

案件は、世の中の案件数に比例する為、仕方ないですが「IT系のコンサルティング案件」が過半数を占めています。

ただ、みらいワークス社のフリーコンサルティング.jpの公開案件も基本的にはIT案件(SAPの導入支援など)ですので、市場傾向に比例すると思っていれば間違いないと思います。

案件単価は80~280万円で、最頻出金額帯は120~130万円/月です。
単純に8ヶ月強の稼働で1,000万円は超えるので、額面ベースで多くの方が年収UPを見込めます。

この御時世で常駐等するとコロナウイルスへの感染リスクが高まりますが、アクシスコンサルティングではポストコロナを見据えて、リモートワークスタイルの確立と推進を進めており、そういうサポートが手厚いのも嬉しいですね。

アクシスコンサルティングで正社員としての転職を考えている方は、コチラに転職エージェントとしての評判を纏めています。参考にしていただければと幸いです。

フリーのコンサルタントになるメリット/デメリット

フリーランスのコンサルタントになるメリットとデメリットを考えてみたいと思います。

メリット

まず年収が上がります。
高年収に魅力を感じて新卒で入られたコンサルタントの方も多いと思いますが、マネージャーになるまでは1,000万円に満たないファームも多いと思います。(大体4~6年程度が必要でしょうか)

家賃補助もなく、残業代も厳しく管理されている昨今、期待していた以上には手取りが残らない方も多いでしょう。

そういう方は、年収に魅力を感じてフリーに転じている方が多いです。

また、時間を自由に使えるようになります。
新卒がアサインされがちな、案件の営業や社内行事のお手伝い等は必要ありません
また、稼働率を気にせずに休めるのも嬉しいですよね。

デメリット

税金や年金対策等、自身で対応しないといけなくなります。
お金があれば外注もできますが、上がった年収に対して必要な経費も増えることは、よく理解しておきましょう。

また、社会的な信用は減る場合が多いので、ローンを組んだり、クレジットカードを作ったりは会社に在籍するうちに済ませておきましょう。

コロナ後にフリーランスが心配なこと3つ

自分のスキルが活きる案件はあるの?

案件の割合では、50%がIT案件でしたが、個別にはDX関連案件やビジネスDDと事業計画策定等もありました。

また4月以降も案件情報が更新されており、コロナ後に途端に案件がクローズするような状況ではないことも安心できますね

いくつか公開案件を御紹介します。

プロジェクト:ヘルスケア業界におけるDX推進支援
報酬 :150-200万円/月
要件 :ヘルスケア領域での新規事業立案経験
    デジタル化支援に関する知識・経験
稼働率:20~100%

プロジェクト:CMOに対するマーケティング分析支援
報酬 :100-180万円/月
要件 :B2Cにおけるマーケティング組織分析経験
    コンサルティングスキル
    CxOクラスへの折衝経験
稼働率:80~100%

プロジェクト:HR業界向け セキュリティ体制構築支援
(コロナショック対応)
報酬 :80-130万円/月
要件 :IT及びセキュリティにおける業務知見
    プロジェクトマネジメントスキル
稼働率:80~100%

その他、数が多いのでプロジェクト名のみで御紹介します。

【戦略系】
✓大手飲食サイトの新規事業企画支援
✓コネクテッドカー新規ビジネス構築

【業務支援系】
✓新規事業の投資判断における資料作成支援
✓社長室における経営目標の推進

【IT系】
✓業務改善及びシステム導入支援
✓食品業界向けSAP導入支援

【コロナ対策系】
✓小売流通における新型コロナウイルス対策の推進

他、多数

いかがでしょうか。
個人的には、みらいワークスのフリーコンサルタント.jpやINTROOP社のサービスの公開案件は、かなりIT系が多いように見受けました。

アクシス社は、テーマ・クライアント業種ともに、かなり多様にあることが分かります。

コロナによってプロジェクトが安定しない方も多いと思います。

一方で、この状況は長期化することを前提に、各社が対応を進めており、リモートワークツールの導入や社員の出社を強要できない企業も多いのが実態です。

そうした企業が、コンサルティング会社に外注して目の前の改革を進めています。社内の副業制度との兼ね合いもあると思いますが、まずはアクシスに登録して情報収集してみましょう。

感染リスクがあるけど常駐なの?

アクシスコンサルティングでは、アフターコロナを見据えて、フルリモートでコンサルティングサービスを提供する体制を構築しています。

これは各大手コンサルティングファームの状況をよく知り、対応の必要性を理解しているからこその、素早い一手だと思います。

ファームによっては常駐を続けるところもあると聞いています。
働く側として特にお子さんや家族がいる方にとっては安心できますよね。

孤立しないか心配。困った時に誰に相談したらいい?

アクシスコンサルティングでは、フリーのコンサルタントのキャリアをサポートする為に、税理士さんの講演やコンサルタント同士の交流会を定期的に開催しています。

また、案件でトラブルが起こった時も担当が付き、迅速に対応ができる体制を作っています。

これはアクシスコンサルティングがコンサルタントの派遣業でクライアントともめると本業の転職支援にも悪い影響が出る為です。

こうしたサポートがあることは、フリーを考える方の安心材料ですね。

フリーコンサルBiz 案件と評判 まとめ

フリーのコンサルタントを聞いたことはあるし、年収も上がることはわかっている。

ただ、具体的にどういう案件があり、年収がどれほど上がるか分からない方
は案件のイメージが沸いた
のではないでしょうか。
*再頻出が120~130万円/月です。大体8ヶ月前後の稼働で経費分を含めても回収できる可能性があります(経費の額によりますが)

また、サポート体制やコロナ後に一人で常駐は不安、という方にも十分なサポートがあることが分かりました。

具体的な案件や皆さんのスキルや経験にマッチした案件は、実際に登録してエージェントに聞いてみるとよいでしょう。

今は、面談はなく電話で気軽に相談することが可能です。
まずは、気軽に登録して、電話のやり取りを進めてみましょう。

皆さんの転職やフリーとしての活躍がうまくいくことを願っています!