MENU
日系

スカイライトコンサルティング転職組の中途採用内容と対策!面接回数は?1次・2次・最終面接を受けた実際の体験談と難易度

こんにちは。転職note編集部です。

スカイライトコンサルティングは、「いい未来を、共に生みだす。」のVisionを掲げ、主に事業開発や戦略策定、情報システムの開発・活用に関するコンサルティングサービスを提供しているファームです。

今回は、そんなスカイライトコンサルティングへの転職に向けて、選考プロセスと面接内容、そして対策方法を御紹介します。

スカイライトはサービス・インフラ系の業界や通信・IT・メディア(TMT)の業界のクライアントが主要クライアントです。

様々な業界やコンサルティングサービスを提供していますが、野村総研やベイカレントのように金融業界はそこまで強くはありません。

ファーム毎の強み/弱みを理解しておくことが、転職面接で聞かれる「なぜコンサルティングか」「なぜスカイライトか」「スカイライトで何をしたいか」という質問に答える準備になると思います。

スカイライトのことを競合他社の研究も含めて理解していただき、転職エージェントに社内事情やプロジェクトの傾向や転職難易度を聞いておくと最新情報をもとに準備ができます。

スカイライトコンサルティングは様々な顧客・サービスラインをもとに事業開発や情報システムの開発・活用に関するサービスを提供しています。

コロナで事業環境が大きく変わる中でクライアントニーズが高まり、積極的な採用を続けています。

面接では、ケース面接もあると共に「Whyコンサル?」「Whyスカイライト?」という質問があります。

スカイライトをはじめコンサル業界への転職では、よくある質問ですが、他のファームも含めて各社の特徴を把握して、比較し、自分の言葉に落とし込む必要があります。

そこで各ファームの特徴を把握するには、コンサル・IT業界のキャリア支援に特化したアクシスコンサルティングに相談するのが確実です。

長年コンサルティング業界へのキャリア支援をしている為、昔からの経緯を含めて各ファームの特徴を教えてくれ、スカイライトへの転職相談もすることができます。

まずは話を聞くだけといった気軽な気持ちでも問題ないので、話を聞いてみてください▼

1分で終わる簡単な登録ですスカイライトコンサルティングへの転職に興味がある方は気軽に相談してみてください!

Contents

スカイライト中途面接の流れ・面接回数

スカイライト転職組の選考の流れ(1次→webテスト→2次→最終)

選考は書類選考→1次面接→Webテスト→2次面接→最終面接で進むことが多いです。
(面接の回数は適正や面接内容によって変動する場合があります)

面接官は「1次面接はマネージャークラス」「2次と最終面接は役員クラス(パートナー)」が面接官を担当します。

多くのコンサルティングファームと同じです。

スカイライトコンサルティング中途面接の内容傾向

ケース面接では、「詰める」というよりは「意見や思考の根拠を会話で確認していく」ように進んでいくという声がありました。

短い時間の中で「自分の考えを整理し、後から聞かれても整合性があるように論理を組み立てる」必要があります。

逆に1次面接と最終面接では、志望理由や経験を聞かれます。

これまでの経験から何を学び、次にどう活かそうとしているか、を見られます。

過去の成功や失敗を自分の糧にして次の職場でも再現性高く、仕事で成果を出せるかをきちんと伝える必要があります。

その傾向にもとづいて、実際に聞かれた質問をもとに想定問答を用意していただければと思います。

スカイライトコンサルティングの中途面接準備

クライアントは様々な業界にわたり、誰でもが知っている超大手企業も多数います。

ただ、業界やプロジェクトの中でも強い領域/弱い領域はあり、自分の経験が活かしやすい領域のプロジェクトが無い”完全未経験”でのチャレンジはなかなか大変です。

スカイライトの主要顧客や主要サービス事前に転職エージェントに聞いておくようにしてくださいね。

スカイライトコンサルティングへの中途面接対策

スカイライトコンサルティングへの中途面接対策は、コンサル業界への転職支援に特化しているアクシスコンサルティングに相談してみてください。

過去の転職支援実績が豊富で、過去に聞かれた面接の質問を転職先の部署・面接官別に記録していて面接前に教えてくれます。

想定回答も事前に納得感があるか、不足している場合はどういう観点を足したらいいかを具体的にアドバイスしてくれます。一度、客観的な人の目を通すことで、想定問答がブラッシュアップされますので一度相談してみてください。

コンサル業界に特化しているだけあって、他の転職エージェントが持っていない非公開求人を多数持っています。

同じファームでもアクシスコンサルティング経由で応募した方が同じポジションでも年収が高い、そもそもポジションが高い、ということもあるので情報収集だけでも一度相談してみてくださいね!



体験談!スカイライト中途面接の質問

Q.なぜスカイライト?

A.スカイライトは他のファームに比べて組織内の風通しがよく、成果を出せば様々なプロジェクトにアサインしてもらえるというところが魅力に感じていました。

他の総合系大手ファームもマトリクス組織という組織形態は同じですが、サービスラインチームやインダストリーチーム等、特定の部署に入ると、その中で経験と評価を高めていくことになると思います。

業務改革やコールセンター構築等、特定の領域の専門性を高めるのは、もう少し経験を積んで「自分がやりたい」と思えてからが良かったので、スカイライトの風通しの良さ・自由度の高さが魅力的でした。

Q.なぜスカイライト?

A.将来的な独立を考えていましたが、スカイライトの「専属コントラクター制度」を魅力に感じて応募しました。

シニアマネージャー以上のコンサルタントが希望すると個人時事業主としてスカイライトと専属契約を結んで仕事をすることができる制度ですが、実際に同制度を利用して独立している方が知り合いにいたので自分も似たキャリアを進みたいと思いました。

独立は昔から考えていましたが、いきなり顧客や仲間探しから自分でするのは大変だと思っていたので、自分の経験とスキルを伸ばし、スカイライトにも貢献しながら独立も考えられることは魅力的に思いました。

Q.転職を考えた経緯を教えてください

A.前職ではITの営業をしていましたが、クライアントとの信頼関係が深まるほど、より上流の戦略や方針の相談を受けるようになりました。

しかし、前職では戦略策定等の上流工程にはナレッジやリソースが乏しく、クライアントの期待に応えることができませんでした。

そこで自分がより成長して、クライアントの期待に応えられるようになるために転職を考えるようになりました。

Q.転職後に実現したいことは?

A.私の会社では旧来的なシステムを使っていたことにより、各部署の業務がかなり非効率でした。
背景にあるのは、「非効率さ」とシステム刷新によるROIが言語化されていないことにあると考えていることを伝えました。
他の経営イシューの中で優先順位が落ちてしまい、言語化に必要な時間がなかったので、コンサルタントの立場で提案したいと答えました。

Q.希望のプロジェクトにアサインされなかった場合はどうする?

A.アサインの際には事前に面談がありプロジェクトの期待値を確認できると聞いている。
事前に情報を集め、読み込み、期待値に応えられるように努力したい。
希望ではなくても自分の経験にしてプロジェクトに貢献できるように頑張りたい、と答えました。

スカイライトコンサルティングへの中途面接対策

スカイライトコンサルティングへの中途面接対策は、コンサル業界への転職支援に特化しているアクシスコンサルティングに相談してみてください。

過去の転職支援実績が豊富で、過去に聞かれた面接の質問を転職先の部署・面接官別に記録していて面接前に教えてくれます。

想定回答も事前に納得感があるか、不足している場合はどういう観点を足したらいいかを具体的にアドバイスしてくれます。

一度、客観的な人の目を通すことで、想定問答がブラッシュアップされますので一度相談してみてください。面接で見られるポイント、どの程度の難易度なのかがよくわかると思います。

コンサル業界に特化しているだけあって、他の転職エージェントが持っていない非公開求人を多数持っています。

同じファームでもアクシスコンサルティング経由で応募した方が同じポジションでも年収が高い、そもそもポジションが高い、ということもあるので情報収集だけでも一度相談してみてくださいね!

公式サイト:https://www.axc.ne.jp/

スカイライトコンサルティングの中途ケース面接対策

スカイライトを始めコンサルファーム各社のケース面接対策は2つあります。

スカイライトの中途ケース面接を受ける可能性がある方はどちらも大切な対策ですので、両方頑張ってみてくださいね。

1.本での自主練
2.転職エージェントとの事前ケース対策

1.本での中途ケース面接対策

ケース面接対策は多くの対策本が出ています。毎日1問でもいいので定期的にケース面接を解く訓練をしておくと頭の使い方と基礎的な知識が身に着きます。

ケース面接は年齢別の人口や市場規模など、基礎的な数値を持っているほうが、思考を進めやすいです。

基礎的な知識は、日々の積み重ねで身に着きますし、頭の使い方も徐々に慣れていきますので最初は大変でも少しずつ訓練することで自信がついていきます。

2.転職エージェントとの事前ケース対策

アクシスコンサルティングやコトラ(KOTORA)、JACリクルートメントなど、コンサル業界への専門性が高い転職エージェントは、ケース面接前に希望すれば十分なケース面接対策をしてくれます。

想定外の質問対策や回答内容の納得感を確認してもらうには、コンサル業界での就業経験があり、面接の通過傾向をしっている転職エージェントに相談するのが、実は最も適格なアドバイスをもらえます。

例えば、コトラ(KOTORA)の奈良さんという方は、Twitterやnoteでケース面接の問題やケース面接対策を発信しています。

新卒で外資コンサルファームに就職し、コトラ(KOTORA)に転職してコンサルファームへの転職支援実績が豊富(コトラでは2年連続No1エージェント)です。

こういう就業経験×転職支援経験の豊富な方に、ケース面接対策をしてもらうことで、思考力×説得力(プレゼン力)を客観的に確認してもらうことができます。

同様にコンサル業界専門で転職支援をしているアクシスコンサルティングもケース面接対策には定評があります。

コトラ(KOTORA)もアクシスも一般知名度はないのですが、コンサル業界で勤めたことがある人は、たいてい知っているサービスです。

コンサル業界未経験で大手転職エージェントに相談する人も多いのですが、実は大手だとケース面接対策等を十分に行えない、ファームとの関係が薄くて面接内容を把握できていないという事故が良く発生しています(私達も面接官で行ったら「今日はケース無いって言われてました」と困惑する転職希望の方と何度お会いしたことか・・・)

皆さんの転職活動を成功させるためにも、コンサル業界への専門性が高いコトラやアクシスコンサルのような転職エージェントに相談するようにしてくださいね!

面接で見られるポイント、難易度が高いのか?等、よくわかると思います。

スカイライトコンサルティングの中途ケース面接の流れ

  • ケース問題の提示
  • 会話重視
  • 問いに対してMECE感のあるフレームの切り方や論理的に整合性のある根拠を考えられるか
  • 質問に対する回答までのスピード感と回答の納得感がみられる

ケース問題は、「お題を渡されて一人で考えてからプレゼン形式」ではなく、「テーマを基にディスカッションしながら進めていく形式」が多いようです。

コミュニケーション力を通して、思考力の精度やスピード感を見られるようですね。

部署や面接官によって、過去にどういうケース面接がだされたかは、転職エージェントに確認すれば分かりますので、1次選考を通過したタイミングで確認しておきましょう。(準備が必要な場合は、面接日程を少し先で調整することも可能です)

スカイライトコンサルティングへの最終面接

多くのコンサルティングファームで最終面接までくると、ちゃんと準備していれば基本的には通過します。

ちゃんと選考を受けている部署の顧客や主要サービス等を転職エージェントに確認して、その部署・ポジションを志望する理由が明確であれば、あまり深堀されることは少ないでしょう。

*パートナーの人達は、中にいる我々から見ても本当に忙しいので、面接を受ける人の書類や質問内容を事前に用意するような時間がないので、基本的には職務経歴書などを読んで基本的な確認をするだけというのが大半です

それでも選考に落ちる人が一定数いるのは、経歴と志望動機が選考を受けている部署の特性や採用要件とズレていたりといった基本的なロジックの欠陥が見える人です。

聞かれる質問も多くなく、次の一般的な内容がほとんどです。

  • 前職の業務内容(困難な状況を乗り越えた経験など)
  • スカイライトでやりたいこと(←所属部署やポジションとの齟齬が無いように)
  • なぜコンサル?なぜスカイライト??

面接官を務めるディレクターやパートナークラスの方が見るのは、多くの場合は事実確認です。入社する自分の部署に、この経歴や志望動機で来て活躍できるか?が分かれば多くの場合は大丈夫です。

一方で、パートナーやディレクタークラスの方は、非常に忙しいので自分の時間をムダにされることを極端に嫌う方が多いです。

端的に要点だけを回答するようにしてくださいね。

これは相手への対処という意味もありますが「コンサルタントを目指す=普段から1Hいくらをクライアントにチャージするだけのバリューを出す」という意識は当然のように持っておいた方が良いと思います。

一通りの質問を受けた後は、20-30分ほどで逆質問の時間になります。

ここまでのやり取りが問題なければ、比較的、穏やかな雰囲気で行われます。

通過した場合、オファー連絡は翌日~2・3営業日と早いタイミングで連絡をいただけます。

特に近年は、各ファームで優柔な人材の採用合戦となっていますので、オファーをもらってからチャンスがあれば転職エージェント経由で年収交渉をしてみるのも良いと思います。

100-200万ぐらいなら変わる業界なので、転職エージェントと相談のうえチャンスがあればお願いしてみてください!

スカイライトコンサルティングの転職面接対策

コンサル業界に特化して転職支援をしているアクシスコンサルティングも1次・2次(ケース面接)・最終面接対策に評判があります。

アクシスコンサルティングは大手転職エージェントほどの一般知名度はないのですが、コンサル業界で勤めたことがある人は、たいてい知っている業界特化の有名転職エージェントです。

大手転職エージェントだとケース面接対策等を十分に行えない、ファームとの関係が薄くて面接内容を把握できていないという事故が良く発生しています(私達も面接官で行ったら「今日はケース無いって言われてました」と困惑する転職希望の方と何度お会いしたことか・・・)

皆さんの転職活動を成功させるためにも、コンサル業界への専門性が高いコトラやアクシスコンサルのような転職エージェントに相談するようにしてくださいね!

面接で見られるポイント、難易度が高いのか?等、よくわかると思います。

スカイライト コンサルティングの企業理解

スカイライトは大手コンサルティングファームとは一味違った、様々な制度を持っています。

どういう人物の採用を望んでいるのか、またどういうキャリアがあり、制度があるのかを知ってもらい、自分なりに「スカイライトで働きたい理由」を探してもらいたいと思います。

スカイライト コンサルティングの求める人物像

「顧客の成功を創造し、顧客と成功体験を共有する」という経営理念と
「いい未来を、共に生みだす」というVisionを実現するための仲間を、私たちは求めています。

  • 志のある人
    新しいことに取組むことや今までのやり方を変えることは、大きなチャレンジを伴います。少しでも「いい未来」に向けてチャレンジしたい。そういう志のある仲間を求めています。
  • 自分で考え、自分で行動できる人
    膨大な情報が得られる現代だからこそ、まず自分の頭で理解することが大切です。そして自分で考え、それを他人に伝え、さらに自分で率先して行動できれば、大きな価値を生みだせます。そうした自立した仲間を求めています。
  • 協同出来る人
    多彩な人が集い、協働し、お互いの強みが活きることで、限りなく高い成果を得ることができます。チームで協働し、共に高みを目指すことのできる仲間を求めています。

「志のある人」「自分で考え、自分で行動できる人」「協働できる人」というのはコンサルティングファームに勤める人には、総じて大切な価値観ですね。

高い”志”があることで、現状とのギャップができ、ギャップを埋めることで成長につながります。

プロジェクトでも社内活動でも、自ら考えて課題を定義し、解決することにやりがいを感じられないとコンサルタントとして活躍するのは難しいでしょう。

更に、近年は経営課題が複雑化している為、多くのファームで様々なスペシャリストとの協働やコラボレーションが行われています。多彩な人が集まり、様々な知識や経験を集めることで複雑化した経営課題を解決し、さらなる成長をもたらします。

多くのコンサルティングファームで必要な素養ですが、他のファームの「求める人物像」と比較することでスカイライトコンサルティングの特徴が分かりやすくなります。

アクセンチュアの求める人物像

「多様な文化、相違する意見の中にこそ宝石があると知っている」等は、意味合い的には「協働できる人」に近いですよね。似ているところもあります。

ただ、より言い回しが貪欲というか・・・

「目標へ手を伸ばさずにはいられない」とか、あまり使わない表現です。

それだけ成長や成果への意識と行動力が高い人を求めているのだと思います。

デロイトトーマツコンサルティングの求める人物像

デロイトだと「日本企業への強い想い」や「グローバルなマインドセット」が言語化されています。

このように必要な能力が近くても、どのような言葉・表現で何を強調するかが各ファームの特徴になっています。

スカイライトの特徴を抑え、他のファームと比較し、自分なりに”スカイライトの特徴と魅力」を見つけてもらいたいと思います。

また、私達も転職活動する時に「情報を集めて比較する」のが大変だったので、こうした記事の中で皆さんが考えるお手伝いが出来たら幸いです。

スカイライトの”個を活かす制度・活動”

スカイライトでは多様な価値観・志向性を持った個人が集まり、協働することで、より高いバリューを発揮するカルチャーが大切にされています。

その為、社員一人一人がやりたいことを会社が後押しする文化や制度が設けられ、実際に多くの社員の方が活用しています。

今回はそんなスカイライトの”個を活かす制度・活動”を御紹介します。

  • BU(ビジネスユニット)制度
    5人集まれば独立採算のチームを有志で作ることができます。チームで共通のテーマを持って専門性を深めたり、サービス開発を行うなど独自の活動をしていくことができます。
  • 専属コントラクター制度
    シニアマネジャー以上のコンサルタントが希望すれば、コンサルタントとして独立し、個人事業主としてスカイライトと専属契約を結んで仕事をしていくことができます。
  • ゼミ活動
    社員の自主的な学びを促進するためにゼミを運営しています。有志の社員がゼミ長となり、知識・経験を共有・深めていく活動です。経営・マーケティング・教育・国際協力・スポーツビジネスなどさまざまなテーマがあり、社員は興味のあるゼミに自由に参加可能です。
  • R&D活動
    創業後早い段階から、個人またはグループによるサービス研究・開発活動を制度 化し運営してきました。アイディアと情熱があれば、社員は誰でもR&D活動を始 めることができます。経営会議で承認を得ることにより、予算がついたり、業務時間を使って活動に注力することができるようになり、事業化に向けた本格的な活動につなげていきます。
  • オープンな経営会議
    週に2回行っている経営会議には社員は誰でも参加可能。経営会議の議事録も社員にオープンにされます。海外での子会社設立、地方支店設立、自社資本での新規ビジネスなど、社員が経営会議に自身の企画を持ち込み提案することからはじまっています。

スカイライトコンサルティングの転職を成功させる

コンサル業界に特化して転職支援をしているアクシスコンサルティングも1次・2次(ケース面接)・最終面接対策に評判があります。

アクシスコンサルティングは大手転職エージェントほどの一般知名度はないのですが、コンサル業界で勤めたことがある人は、たいてい知っている業界特化の有名転職エージェントです。

大手転職エージェントだとケース面接対策等を十分に行えない、ファームとの関係が薄くて面接内容を把握できていないという事故が良く発生しています(私達も面接官で行ったら「今日はケース無いって言われてました」と困惑する転職希望の方と何度お会いしたことか・・・)

皆さんの転職活動を成功させるためにも、コンサル業界への専門性が高いコトラやアクシスコンサルのような転職エージェントに相談するようにしてくださいね!

面接で見られるポイント、難易度が高いのか?等、よくわかると思います。

スカイライトコンサルティングの転職難易度

スカイライトコンサルティングの転職は、スカイライトが強い業界やサービスに何かしらの経験があれば転職難易度は「ちゃんと準備すれば受かる」と思います。

転職難易度を定めた理由は次の3つです。

1.中途採用を積極的に通期で行っている

これは当然ですが”通期”で行っているところが大切です。退職で空きポジションが出た時だけ募集するファンドや戦略ファーム、上期/下期の採用スケジュールに合わせないといけない総合商社などに比べると、いつでも応募ができるのはありがたいですよね。

2.未経験者専用の採用枠もある

MBBをはじめとした「MBA取得者のみ」や「コンサル業界経験者のみ」の採用もあるなかで、未経験者にも門戸が開かれているのは応募しやすいですよね。

3.ケース面接やプレゼン面接等の比重が重くない

ケース面接はある場合がありますが、会話形式で双方の意思疎通を図りながら進んでいきます。テーマを渡されて一人で考える形式よりは、一段受けやすいと言えます。

こう書くと「簡単では?」と思われてしまいますが、歴戦かつ少数精鋭で運営されるスカイライトコンサルティングが選考で見るレベルは十分高いので、あくまで「ちゃんと準備すれば」という転職難易度とさせていただきました。

上を見ればMckinseyやBCG等のMBA保持者や海外留学経験者が数多く応募するファームもありますので、そこに比べれば「ちゃんと準備すれば受かる」難易度と言えるでしょう。

スカイライトへの転職成功のポイント!

新型コロナウイルスの流行により、転職市場は1次的に止まりましたが、コンサルティング業界は顧客のデジタル化や働き方改革のニーズが強く、各社業績と共に採用数を伸ばしています。

スカイライトコンサルティングへの転職を成功させるポイントを御紹介します!

ポイント1:プロジェクトが取れている部署を知る
新型コロナウイルスの流行後、プロジェクトが取れている/取れていない部署の明暗が如実に出るようになりました。

入社後に長期アベイラブルになることを避けるためにも、求人元の部署が案件を取れているか、事前に確認が必要です。

ポイント2:求人意欲を確認する
求人にも様々な背景があります。
経験者採用のみ、マネージャー以上の採用のみなど、求人票に書かれていない企業の求人意欲を事前に確認しておくことが大切です。

ポイント3:最新の転職成功者の経験やスキルを知る
最後に、新型コロナ流行後の転職成功者の経験やスキルを知っておくことが大切です。

完全に同じ経歴になることは難しいですが、評価されたポイントと近い経験や能力を伝えることで転職可能性を上げることができます。

この3つのポイントは、転職エージェントに相談することで実現することができます。

コンサルタントのキャリア支援実績が豊富な転職エージェントに相談することで独りでは実現できないスピードで具体的な情報収集ができます。ただし、専門性がない・営業活動として捌きにくる転職エージェントには、以下の条件を明確に伝えましょう。

  • 目的を明確に伝える(情報収集・転職活動など)
  • 企業から直接聞いた生の求人情報を知りたいこと
  • 直近の転職成功者の経験やスキルを知りたい事

有効求人倍率など、一般論だけを話してくる人は要注意です。
*有効求人倍率はハローワークの求人数と応募数の割合です。ハローワークで紹介される警備員や建築現場作業員の求人倍率が、コンサルタントに紹介される求人の動向として参考に足る情報とはいえないでしょう。

企業から直接聞いている具体的な生の話を確認しましょう。

転職note
編集部

転職エージェントに営業として捌こうとしてくる人も多いのも実態です。
私達もよく出会いますが、面接日程調整の丸投げやどのエージェントでも見るような求人しか出してこないエージェントには「他社との差がないこと」「●●をしてほしい」と自分の意思を伝えています
皆さんも転職エージェントとはお互いに敬意を持てる誠実な関係が築けるといいですね。

コンサル業界への支援実績No1:アクシスコンサルティング

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://www.axc.ne.jp/

<1分で終わる登録方法はコチラ>

アクシスコンサルティングはスカイライトをはじめコンサル・IT業界への転職に特化した転職エージェントです。同業界への転職支援で豊富な実績があります。

各ファームのパートナーや人事から話を直接聞いており、コンサル業界全体の転職動向から各ファームで必要なスキルや経験をよく理解しています。

特に、コンサルファーム各社の情報はインターネット上に少ないため、業界各社の情報収集に苦労されている方も多いのではないでしょうか?その点、業界特化した転職エージェントとの定期的な情報交換は必須です。

また、転職を日々支援するなかで、転職後に失敗してしまう方の傾向やコンサルタントの次のキャリアを含めて提案ができるのは業界特化の転職エージェントならではです。

  • 気軽にスカイライトの年収や働き方などの話を聞いてみたい
  • スカイライトを始め総合系コンサルタントのキャリアを相談したい(転職は未定)
  • スカイライトに転職した人が評価された経験やスキルを知りたい
  • スカイライトに転職するのが難しいのか?難易度を知りたい
  • スカイライトに合わせた職務経歴書の添削やケース面接対策をして欲しい

こういう方は、転職活動していなくても気軽にアクシスコンサルティングに相談してみてください。

高年収スカウトをもらう:Bizreach(ビズリーチ)

おすすめ度:★★★★☆(5点満点中 4点)
【公式サイト】https://www.bizreach.jp

ビズリーチ』は、常に登録をしておいて様々なエージェントや企業から情報収集をしておくのに最適なサイトです。

また数多くのコンサル業界に専門性のあるヘッドハンターが在籍しています。コンサルは戦略・総合・IT・業務とプロジェクトのテーマ×インダストリーで分かれており、どこに転職するかで必要な経験やスキルが大きく違います。

自分に合った部署に転職しないと転職しても活躍できないどころか、長期間アベイラブル(≒放置)になり、短い期間で退職を余儀なくされる場合もあります。

更にビズリーチでは、レジュメ(職務経歴)を掲載しておくとコンサルティングファームから直接スカウトが来ることもあり、ファームの生の情報を知ることができる数少ない場所です。

企業も最初の連絡では「最初から転職!面接!」という感じではなく、「情報収集や採用背景の説明」を目的に色々と説明してくれるので、緊張したり無下に断る必要はありません。

実際に使った編集部メンバーの画面ですが、三菱商事やエムスリー、EYやDeloitte等のコンサルファームから連絡が来ます。

特に年収500万を超えたあたりから『面接確約のスカウト』や『転職サイトや転職エージェントでは見かけない求人』が届くようになります。企業からの直接スカウトは、企業が本当に欲しいと思っているということなので書類や面接の選考通過率が非常に高いです。

正直なところ転職エージェントからのDMは多いのですが、企業のレベルや求人の質は高いです(この画面でも伝わりますかね)。公式サイトでは年収1,000万円を超える求人案件が全体の3割以上と紹介されています。

レジュメの内容を充実させることが有名企業から連絡をもらう為のポイントです。
時間がかかってもレジュメを充実、経験に合わせて更新するようにしておきましょう。

▼Bizreach(ビズリーチ)で紹介される求人傾向

  • 年収750~1,500万
  • 企業からの直接スカウト(企業が直接採用したいと思っているスカウト)
  • 外資・内資は問わず、戦略・総合・ITコンサルティングファーム
  • 企業がキャリアを見て欲しいと思った人に直接スカウトが送られる

金融・IT・コンサル業界の転職支援に強い:コトラ(KOTORA)

【公式サイト】https://www.kotora.jp/

コトラ』は全業界のなかで最も平均年収が高いコンサルティング業界に加えて、金融業界・製造業に特化した転職エージェントです。コンサルティング業界に加えて、近年活発なM&Aやアドバイザリー業界にも詳しく、コンサル・金融業界への転職を考えている場合は、登録しておきましょう。

特に、最近はこの奈良さんという方がTwitterやnoteで積極的に情報発信していて業界未経験の方は参考になると思います。

実際にコトラ(KOTORA)のウェビナーに参加しましたが、各ファームの実態をしっかりと説明していて「本気でミスマッチを起こさないよう丁寧な説明をしてるんだな」と思える内容でした。コンサルも金融も経験や年収面では魅力的な業界ですが、短期で離職してしまう方も多い業界でもあります。(実際に私達もチームに明らかなミスマッチで入社して苦労した人を何人も見てきたので)

転職を考えている方は、自分がそうならないように業界に特化した転職エージェントには相談するようにしてくださいね!

  • 年収750~2,000万(コンサル業界・金融業界でスタッフ~役員クラスまで提示、条件面はかなり良いです)
  • 外資・内資のコンサル・金融業界が中心、IT・製造業も強い
  • ポストコンサルで有名なユ●クロ・パナ●ニック・大手ベンチャーは網羅
  • 企業から特命で預かっている非公開求人が多数

私達は転職活動の時に複数の転職エージェントに登録して各社を「比較・評価」します。比較することで、より良い転職エージェント・求人を探せるのでメイン1社・サブ2社の合計3社は登録しておきましょう。

多くの人が1社だけ衝動的に登録して転職活動をしていますが、「同じ会社でも転職エージェントによって年収やポジションが違った」なんてこともよくあり、本当は年収100万上げて転職できたのに・・・なんてことにもなりかねません。

よって、転職エージェントは3社以上に登録して、紹介求人が魅力的で対応が丁寧なエージェントと関係を作っていくことをやってみてくださいね。

まとめ:スカイライト転職組の中途面接内容と対策

スカイライト コンサルティングへの転職面接は一般的なことを聞かれるからこそ、基本的な業界研究・企業研究が大切になります。

業界動向や競合情報、各ファームの注力領域は本サイトでもしっかりと紹介していますので、参考にしてもらえればと思います。

最後に、如何に企業のニーズに合わせて自分を伝えるか、という部分では業界に特化しているアクシスコンサルティングに相談するのがオススメです。

1次・2次(ケース面接)・最終面接と、転職先の部署・ポジションにあわせて、アピールする部分を明確に準備しておきましょう。

アクシスコンサルティングは過去の転職エージェントは過去の選考通過者の実績をもとに具体的なアドバイスをしてくれるので安心して相談してみてください。面接で見られるポイント、難易度が高いのか?等、よくわかると思います。

転職活動は転職エージェントとの二人三脚です。
逆に知りたいことに応えられなかったら他の大手転職エージェントにも確認しながら確実な準備をしていきましょう。

それでは皆さんの転職活動がうまくいくことを祈っています。

他のコンサルティングファームへの転職対策

他のコンサルティングファームも受けている方に向けて、他のファームへの転職対策記事はコチラから御覧ください。

アクセンチュアへの転職対策はコチラ

デロイトトーマツコンサルティングへの転職対策はコチラ

PwCコンサルティングへの転職対策はコチラ

coming soon

EYSCへの転職対策はコチラ

KPMGへの転職対策はコチラ

アビームコンサルティングへの転職対策はコチラ

コンサルファームへの転職で頼りになる転職エージェント一覧