フリーコンサルタント

みらいワークス:フリーコンサルタント.jpの案件と評判

こんにちは。転職ノート編集部です。
私達は、全員で20回以上の転職経験があり、様々な業界で働いた経験を持つ年収1千万を超えるコンサルタントを中心とした執筆チームです。

最近、コンサルティングファームからフリーランスになる人が増えていると聞き、どんなサービスがあるか調べてみました。

前回は、みらいワークス社の会社概要やサービス、業績を調べました。
順調に成長しており、登録しているコンサルタントへのサポートも充実していることが分かりましたね。

今回、調べて思ったことを先にお伝えすると、年収は上がるけど、その分、やることも増えるようなので、まずは登録して情報収集をしています。

実際、スキルによって非公開案件もいくつか紹介してもらった時には、確かに会社員の給与よりも圧倒的に高単価でした。

皆さんがキャリアを考える時の参考になれば嬉しいです。

会社概要とビジネスモデル

会社概要

詳細は、前回の記事に纏めましたのでソチラを御確認いただけますか。

こちらでは簡単に御紹介します。

株式会社みらいワークスは、2012年に設立された専門知識やスキルを有するプロフェッショナル人材(コンサルタント等)を企業に派遣もしくは再委託によって提供する企業です。

2017年にマザーズに上場しており、急成長中の会社です。

出展:みらいワークス株式会社 2018年9月期 決算説明資料

コンサルテイング会社出身の個人事業主や経営者、もしくは現職で副業しているプロフェッショナル人材が、みらいワークス社が提供する「フリーコンサルタント.jp」に登録します。

みらいワークス社は、クライアント(大企業やコンサルティング会社)に登録している人材を労働力として提供しています。

出展:みらいワークス株式会社 HP

たしかに、リクルートグループは正社員をリクルートエージェントでやり、派遣をリクルートスタッフィングで行っていますが、コンサルティング関係の業務委託は事業に無いですね。

より高単価のコンサルタントを業務委託・正規雇用・派遣のいずれかの契約形態でクライアントに提供する事業を行い2017年に上場しています。

サービス概要

出展:みらいワークス株式会社 2019年 有価証券報告書

個人や独立系コンサル会社に勤めるコンサルティング会社を顧客企業に提供するモデルであることが分かります。

要は、個人や独立系コンサル会社で稼働が余っているコンサルタントの営業機能の代行業という立ち位置が近いと思います。

大きく3種類の事業を展開しており、「プロジェクト紹介サービス」「転職・(フリーランスからの)再就職支援」「キャリアコンサルティングサービス」があります。

プロジェクト紹介サービス

プロジェクト紹介サービスは、FintechやRPA等の特定プロジェクトやヘルスケア等の業界特化等でサイトが分かれています。

多くのコンサルタントの方は、まず「フリーコンサルタント.jp」に登録すれば、スキルや経験に合わせた提案をしてくれます。

Skill Shift(スキルシフト)は特徴的なサービスで、都市部人材を地方企業に副業でマッチングするサービスです。
みらいワークスは、このサービスによる地方活性化にも注力しています。

就職・再就職支援サービス

就職・再就職支援サービスは2つのサービスがあります。

「大人のインターン」は、最初に業務委託契約で就職し、社風や業務内容、労働環境を理解したうえで、双方合意の場合に転職するサービスです。

双方で転職のミスマッチが減らすことができるのでいいですね。

「プロフェッショナルキャリア」は、プロフェッショナル人材に特化した転職支援サービスです。ムービンやアクシス等の類似サービスと考えれて良いでしょう。

キャリアコンサルティングサービス

人生100年時代を迎え、転職も活発になり、時代が変わる中で「独立」「起業」「転職」のどの選択肢を今取るのがいいのか、様々なコンサルタントのキャリアを見ているプロが相談に乗ってくれます。

活用のメリット/デメリット

今回はプロジェクト紹介サービスでフリーのコンサルタントとして活用する時のメリット/デメリットを整理しました。

●メリット
まずは年収ですね。
みらいワークスでは、100~200万/月の案件が多く、10ヶ月稼働で1,000万を超えることも可能です。

また、仕事を選ぶこともできる為、休日等を自身でコントロールすることが、よりやりやすくなるでしょう。

コンサルティングファームだと、部署や上司によっては、複数のプロジェクトで抱えて長期休暇が取れないこともあると思います。

手っ取り早く年収を上げて、自分で時間をコントロールする権利を得ることができるでしょう。

●デメリット
当然、自身で税金や年金等の手続きをする必要があります。

お金に余裕があれば、税理士さんや各種手続きを業務委託で外注することもできますが、稼働時間と使えるお金のバランス次第ですね。

明確なのは社会的信用は落ちる場合が多いので、クレジットカードを作ったり、ローンを組むのは先にやっておくべきでしょう。

会社が提供している研修等の機会は減るので、自身で学習機会を創り続けないといけない。

●個人的な感想
目先のお金だけで判断するのではなく、自分でも1次情報を集めて自身のライフスタイルや目指している姿にとって良い方法を選ぶのが良いでしょう。

デメリットで上げた経費精算や手続き、研修はお金で解決できます。

一方で、当然ですが、必要になるお金をフリーランスになって上がった年収で稼げるのか、実現したいライフスタイルを実現できるのか、という検討が必要です。

年収は上がったが、出ていくお金も増えて結局、手元で使えるお金は変わらない、という本末転倒な結果になっては元も子もないです。

皆さん、エクセルは得意だと思いますので、一度、登録して具体的に話を聞き、シュミレーションしてみると良いと思います。

公開案件(2020年4月時点)と評判

公開案件(2020年4月時点)

みらいワークス社のFreeConsultant.jpに公開されている案件です。
非公開案件もある為、興味ある方は、一度問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

案件:某食料品メーカー向けSAPコンサル
報酬:120~130万円/月
期間:2020年4月下旬~(長期想定)
クライアント業種:製造/メーカー
人材要件    :Add-on設計ができるコンサルタント
        :SAPのロジ領域に造詣が深いコンサル
        :ABAPをある程度理解できるコンサル

案件:グローバル企業でのファイナンス業務支援
報酬:150万円~/月
期間:2020年5月or6月~(3か月間)
クライアント業種:製薬/ヘルスケア
人材要件    :ファイナンス関連の業務知識
        :ビジネスレベルの英語力
        :BIToolに関する知識

アサインされた方の評判

登録している友人の評判を実際に登録してみた感想を交えて御紹介します。

1.ITを中心に案件が豊富
売上の10%前後を社長の出身である、アクセンチュア社から受注しており、営業体制を強化していることから、コンサルティングファーム・大手事業会社・ベンチャー企業まで、幅広い案件の紹介があった。

ただ、案件の数自体は、市場に出てる案件母数の影響もあると思うが、IT中心だったと記憶しています。

2.スコープが明確
コンサルティング会社のマネージャー以上のように、エーシェント(みらいワークスの社員)が案件を組成する。

みらいワークス社は、社員がスコープを明確にしており、納期や完了基準が明確で、安心してアサインされることができるという話をよく聞きます。

アサインまでの流れ

未登録から全体で5Stepになります。

登録→面談→案件紹介→エントリー→契約して参画
この流れです。

案件の紹介を受けてから、選べるので、まずは登録して面談してみると具体的な案件を紹介してもらえます。

まずは、ご自身のスキルや経験で紹介される案件の金額と内容、案件の種類を確認して、どれぐらい注力するかを可処分時間・給与を元に判断するのが良いと思います。

フリーのコンサルタント求人を確認する

アクシスコンサルティング

<1分で終わる登録方法はコチラ>

コンサルタントの転職に注力していたアクシスコンサルティングもコンサルタントの独立やフリーとしての活動支援に注力しています。

個人的にはコチラの方が手軽に情報収集ができてオススメです。
アクシスに登録して、電話で確認ができます。

フリーコンサルタント.jpは職務経歴書を送らないと、案件の紹介が無いので、入口の敷居が高いように感じました。

アクシスコンサルティングに登録して、エージェントと電話すれば詳細を教えてもらえます。

もちろん必要であれば面談も可能です。

INTLOOP社 HighPerformer

INTROOP社もフリーのコンサルタント向けに案件を紹介しています。

公開案件が多いので、サイトで案件を確認してみると良いと思います。

SAP関連の案件が多いようでした。

まとめ

みらいワークスは、フリーや独立系のコンサルタント向けに案件を紹介して、プロフェッショナル人材が挑戦するエコシステムを創造する会社です。

年収や自由な時間を得たいコンサルタントの方は、一度検討してみてはいかがでしょうか。

●みらいワークス社
✓フリーや独立系のコンサルタントにコンサルティングプロジェクトを紹介する会社
✓2012年に設立され、2017年にマザーズに上場した急成長中の会社
✓サービスは「プロジェクト紹介」「転職・再就職支援」「キャリアコンサルティング」の3つがあります。

●フリーランスになるメリット/デメリット
メリット
✓年収は上がる
✓休日など、自由に働く権利を得られる

デメリット
✓当然、自分でやること(税金や将来的な備えなど)は増える
✓社会的な信用は会社勤めの時より下がるのが一般的なので、会社員時代にやっておく

メリット/デメリットを考える時の準備
✓お金で解決できることも多いが、必要なお金、その為に必要な稼働時間等、事前にシュミレーションしておくこと

●案件
SAP等のIT系プロジェクトが多め

●アサインまでの流れ
✓全部で5ステップ
✓登録したら必ずアサインされるわけではない(断れる)

●競合サービス
✓アクシス社とINTROOP社のサービスがあり、どちらもチェックしておく

プロジェクトがあれば年収は確実に上がります。
時間の自由度は単価と稼働率、プロジェクト難易度はスキルや経験、で変わりますので、まずは登録をして案件を確認するのが第一歩だと思います。

また、独立や開業の前、もしくは本業が軌道にのるまでのつなぎとして活用される方も多いとのことでした。

まずは登録して非公開案件を含めて情報収集するのがお勧めです。