フリーコンサルタント

年収は?経営コンサルタントの独立開業成功法と起業失敗例

こんにちは。転職note編集部です。

今回は、多くの起業家を輩出するコンサルティングファームから独立・開業するまでの成功法とよくある失敗例を御紹介したいと思います。

特に近年では戦略・総合・IT系コンサルティングファームを退職後に、コンサルタントがフリーランスとして活躍する為のプラットフォームが充実してきており独立・開業しやすくなっています。

同時にアクセンチュアが月百人単位で採用する等、多くのファームで大量採用をしていることも合わさって「コンサルティングファームの経験を活かして起業できるのか?独立開業の準備は何をしたらいいのか?」という御質問をいただくことも増えてきました。

そこで本記事では、私達の就業経験の他、フリーランスで活躍するコンサルタントへのインタビューも踏まえて次の疑問にお答えする記事となっています。

本記事で得られる情報・解決する問題

  • 経営コンサルタントが起業・独立する為の準備とは
  • 経営コンサルタントがフリーランスとして活躍する準備
  • 独立起業したコンサルタントの年収って?
  • 経営コンサルタントが起業・独立で失敗事例
  • 経営コンサルタントが起業・独立で失敗しない為の方法

Contents

経営コンサルタントからの起業は多いの?

出展:経団連HP

恐らく近年で最も有名な方の一人だとMckinsey出身でDeNAを創業された南場智子さんですかね。最近はデジタル庁のデジタル臨時行政調査会構成員も務められていますよね。

古くはコンサル黎明期から今も活躍を続ける大前研一さんがいらっしゃいます。株式会社ビジネス・ブレークスルーも上場を果たしています。

ラクスルの松本恭攝さんやバチェラーで話題になった久保 裕丈さんはA.T.カーニーの出身です。

アクセンチュア出身だとかなり多くの方がいらっしゃるので一部御紹介しますね!

企業名役職氏名
株式会社アイスタイル代表取締役社長 CEO吉松徹郎
RPA テクノロジーズ株式会社代表取締役執行役員社長大角暢之
株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング代表取締役会長大木塁
株式会社プロレド・パートナーズ専務取締役山本卓司
みらいワークス株式会社代表取締役岡本祥治

起業されて東証1部上場まで大きくされている方もいますし、コンサルティング業やフリーランス向けの支援サービスを展開されている方もいらっしゃいます。

コンサルファーム出身の社長さんがコンサル時代の経験が必ずしも起業に必要ではない、と発言されているのをたまに見かけますが、「経営コンサルファームから起業」というキャリアが多いのも事実です。

こうしてみると創業時の事業内容も多岐にわたりますね。

ラクスルの創業当時を振り返った松本さんの記事は面白いので興味のある方は読んでみてください。

創業期(2009年~2013年)

ラクスルは2009年、新宿御苑のマンションの一室で誕生しました。

ラクスルを始めたときには、印刷業界で何かをしようと決めてはいたのですが、何をするかが決まっていなくて、考えられる3つを同時並行でスタートさせました。

その3つというのは、まずは今の原型のような印刷EC。さらに、印刷会社に向けたECシステムの提供。そして、価格比較サイト。

その中でも2010年に「印刷比較.com」というサービスが一番売れまして、リリース当日に20万円、その翌月には百何十万円と広告が売れて、「売れるんだったらこれでいこう!」という安易な理由で比較サイトを選びました(笑)。

というのも、当時は資本金200万円でスタートしていて、主に資本金の用途は家賃と食費だったのですが、その食費も1日3食で500円という生活をしていました。そろそろ資本金が尽きそうななかでヒットした印刷比較.comをその後3年間やっていました。

出展:RAKUSUL RECRUITMENT HP

経営コンサルタントが起業・独立する為の準備

コンサルタントになる方には将来独立・起業を考えている方が多いと思います。

先に御紹介したように、諸先輩方の活躍もあり、コンサルタント→起業家というキャリアも一般的になりつつあります。

同時に多くのコンサル出身の経営者が「コンサルファームでの経験は起業には役に立たなかった」というセリフです。

そこでいきなりコンサルファームを退職して独立・起業に踏み切る前にやっておくべき準備を御紹介します。

まずは副業で始められないかを検討する

まだまだ副業を禁止するコンサルティングファームが多いのも実情ですが、申請して内容次第(競合ではない等)で承認しているファームも多くあります。

そこで自社の副業規定を確認するとともに周囲に副業をしている、または本業以外に収益を得ている人がいないかは確認しましょう。

シニコン~マネージャーぐらいから携帯が突然鳴り、マンション投資の営業がかかってくるようになります。SMやDクラスから実際にマンション投資をしたという話も耳にするようになります。

他にもパートナークラスになると自身で様々な会社を経営していたりするので、絶対にNGということは少ないはずです。

もちろん家業のお手伝いや資産の引継ぎ等、本業以外の収入源を完全にNGにするのは難しいのも実情です。

まずは自社の副業規定を確認すると共に、周囲の実態を把握して、自分もできないかを考えてみましょう。それぐらいの突破力は起業・独立を考えていくには必要です。

ローコストで始められるビジネスを自分でやってみる

ラクスルの松本さんも最初は印刷料金の比較サイトから始めていますがインターネットビジネスは、初期コストをほとんど払わずに始めることができます。

自分が実現したいサービスがある場合は、最初から大きく投資をするのではなく、一番小さい形でサービスを作り、実際に想定ユーザーに使ってもらうと想定していなかった課題や難しさ、収益化までの道のり見えてきます。

妄想ではなく、誰に何を提供して、具体的に何を解決するサービス・プロダクトなのかを実際に知っておきましょう。

空いている時間で”個人で仕事を請ける”体験をしておく

今はココナラやビザスク等、個人が仕事を請けるプラットフォームが数多く存在します。

またアクシスコンサルティング等、コンサルタントのキャリアに精通した企業がフリーランス向けの案件を紹介してくれるようになっています。

まずはアベイラブルの期間やプロジェクトの稼働が低い時期に、短時間でもフリーランスとして実際に働いて”個人で仕事を請ける”体験をしておくとよいでしょう。

もちろん課題感を感じる場合もあるかもしれません。

しかし、その課題感をファームに戻って乗越えたり、自分が戦える領域を身に着けておくことで実際に起業した後、フリーランスとして当面の収益を稼ぐことも現実的に考えることができます。

まずは話を聞く、具体的な案件情報を見る等、始められるところから行動してみることが独立・起業に向けた前進になります。

最初に相談するのであればコンサルタントのキャリア支援に特化した長年の実績のあるアクシスコンサルティングがお勧めです。

コンサルタントの経験やスキルをよく理解していますし、活躍できるマッチしたフリーランス向けの案件の紹介力でも高い評価を得ています。もし独立・起業を考えている方は相談(無料)してみてくださいね。

コンサルタントの起業で失敗しない為のポイント

大手の戦略・総合系ファームに勤めるコンサルタントの方がファーム勤務中に十分な準備時間を作ることは難しい面もあると思います。

ただラクスルの松本さんも創業当初は固定費の少ないインターネットビジネスをされていましたが「1日3食で食費500円、資本金もつきかけていた」と回顧するほど、事業が立ち上がるまでの運転資金準備は大切です。

実際、起業した時に、これまでに得た経験やスキルを活かしてフリーランスのコンサルタントとして収益を稼ぐ方が多いのも事実ですが、フリーランスとして安定的に収益を獲得していくにもファーム勤務を通して十分な経験とスキルを身に着けておく必要があります。

コンサルタントが起業・独立する為にファーム時代に得ておくべきスキルや経験、調べておくべき情報を御紹介します。

コンサルファームから起業・独立した後の収益目途を立てておく

プロダクトや独自サービスを開発するにしても、販売開始からしばらくは大きな収益確保が出来ず、得た収益は次の投資に使うことになる場合が多いです。

事業にもよりますが事業収益に目途が立つまでの間に、どのように資金繰りをするか目途を立てておくようにしましょう。

知り合いの会社でスポット的に働くこともありますが、単価が高く、短時間で収益確保をするのであればフリーランスのコンサルタントとして活躍する選択肢もあります。

一方で、自分の持つ経験やスキルで実現できる単価感やプロジェクト期間、期間中の稼働率などは正確に把握しておいた方が良いでしょう。

戦略系のプロジェクト経験や人員が不足しているシステムの導入経験等があると単価は上がりやすくなります。

どういう経験やスキルがあれば、いくらぐらいの収入が見込めるのか?どのエージェントや友人に相談したらいいのか?という目途をつけ、実際に1~2回は直接話を聞いてみることをオススメします。

可能であれば短時間でも良いのでプロジェクトの合間などで1度働いてみると実際の雰囲気や業務の流れが具体的に分かります。

一番よくないのは「(やったこともないのに)なんとなく知っている」という状態で「なんとかなるだろう」と思ってしまうことです。

例えばベンチャー企業で働くにも人数が少ないのでカルチャーに合わないと全くモチベーションが保てないこともあります。フリーランスで働く場合も同様です。

出来る限り独立後に自分が経験することを疑似的に経験してみるようにして、収益の目途を立てるようにしておいてくださいね。

コンサルタントのキャリア支援に特化しているアクシスコンサルティングは、コンサルタントの独立・開業支援もしており、フリーランス向けに案件も紹介しています。

将来に独立・開業やフリーランスとしてのキャリアを考えている方は、一度相談してみてくださいね!

コンサルティングファームでの実績を持つ

起業・独立をする場合でも最初は自分がこれまで培ってきた経験やスキルを活かして活動していくことになります。

その際に「何が出来るか」「どんな実績があるか」は非常に大切になります。

自分で起業して全く異なる事業を立ち上げる場合は関係ない場合も確かにあります。

ただ多くの場合、特に独立当初はコンサルティングファームで培った経験を活かして仕事を請ける場合が多くなります。

最近ではフリーランスのコンサルタントとして活躍する為のプラットフォームが増え、独立・起業が安定するまでの仕事を獲得しやすくなっています。

そうしたフリーランスコンサルタント向けに案件を紹介してくれるエージェントから短期でアサインしてもらうにも「コンサルティングファームでの実績」が必要です。

出来れば「スタッフとしていくつかのプロジェクトの作業を担った」というより、「シニア~マネージャークラスでプロジェクト全体の管理や特定のモジュールでタスク設計から実施までを担った」ぐらいの実績を持つようにしましょう。

フリーランスのコンサルタントは、ファームのパートナー(MD)やマネージャー等の面で向き合うのではなく、1人のコンサルタントとして点でアサインされます。

より1個人としての実力としてクライアントに貢献できるように、ファームで勤めている間に実績と実力を身に着けておくようにしましょう。

ファーム時代の同僚や知人との関係を大切にできている

独立すると途端に入ってくる情報の量や質が偏ることに気付く方も多いと思います。

コンサルティングファームで勤めている間は、プロジェクトの案件や過去事例等、ファームが組織として提供していた様々な情報が自然とインプットされていました。

独立・起業するとファームが担保していた情報が無くなるので、自分がアクセスできる情報しかインプットが無くなります。

またプロジェクトや仕事で困った時に調べられる情報も限られてきます。

もちろん守秘義務のある情報は開示できませんが、ファーム時代の同僚や上司・後輩との信頼関係はインプットの質や量をある程度維持してくれます。

なにより、困った時に同じコンサルタントとして相談できる相手を持つことは非常に大切です。

起業・独立からファームに戻る際にも元々の信頼関係や実績があるかどうかは非常に重要です。

将来の自分の身を助けると思って、ファームに在籍する時から様々な人との信頼関係を作っておくようにしておきましょう。

退職前にコンサルタントの独立・開業に詳しいエージェントに相談

最近はコンサルタントの採用数自体が多いので同時にコンサルファームを卒業する人も一定数多いのは事実です。

ファームを卒業した方とのアルムナイネットワークを作っているファームもありますが、基本的には個人でつながっていることが多いです。

その為、起業・独立した後のコンサルタントのキャリアが不透明になっており、実際に私達編集部メンバーも起業・独立したコンサルタントが直面した様々なトラブルを耳にしています。

コンサルタントの方は知っている方が多いと思いますが、コンサルタントのキャリア支援をしてきたアクシスコンサルティング社がコンサルタントの起業・独立に向けた支援をはじめました。

彼らは職業柄、多くのコンサルタントのポストコンサルを支援しており起業・独立する方やフリーランスとして活躍する方のキャリアに精通しています。

フリーランス向けのコンサル案件紹介もしてくれますし、他のコンサルタントのキャリアパターン等も熟知しているので、もし起業・独立を考えているコンサルタントの方は一度相談してみてください。

是非、退職する前に相談するようにしてくださいね!

プロジェクトがきつすぎる、上司とソリが合わない等、理由は様々ですし、退職を決めてしまう気持ちは痛いほどわかります。

ただ、退職だけ決めてしまうとフリーランスでつなぐにも事業会社に転職するにも起業・独立するにも準備する時間が足らなくなることが多いです。

(実際に私達も相談を受けて短期的に仕事を紹介したことがあります・・・)

自分が目指すゴールを明確にして十分な準備をする為にも退職する前に、起業・独立を目指す様々なコンサルタントのキャリアやフリーランス案件の情報収集などを事前に済ませておいてくださいね。

「独立したコンサルは高年収」は本当?

勤務先ファームの経営方針や管理に縛られることなく自分で意思決定して仕事をしたい、経験を積んできたコンサルとしての力を試したい、自分で法人を経営したい・・・

コンサルタントとして独立や開業を考える理由は、人それぞれタイプによって異なります。そのなかで、少なくない方々が考えるのは、「起業して収入を増やしたい」ということではないでしょうか。

コンサルティングファームで長年コンサルタントとして勤め、自分でクライアントに提案してデリバリして継続案件を取ってと動いてきた、またはそれに準ずる動きをしている方には、「独立すれば、あの請求書の金額が全部自分に入る」と考えることもあるかもしれません。

もしくは、インターネットで「コンサルタントで独立して月収100万円を実現した」といった事例を見て「自分もそんな月収を手に入れたい」という思いに駆られることもあると思います。

しかし、コンサルとして独立すれば必ず高年収を実現できるのでしょうか?

結論から言えば、高年収を実現できる案件を調べておき、その案件にたずさわれるスキルを持っておくことが必要です。

実際にコンサルタントとして起業しても、会社員の平均年収とそれほど変わらないこともあります。

一方で、1,000万円、2,000万円を超える高額の年収を実現するコンサルタントも存在します。

フリーランスとして収入を得ていくうえで非常に重要なのは、案件を安定して受注できる環境と能力を備えることです。

会社員の場合、1つのプロジェクトが終わっても(相当低いパフォーマンス出ない限り)他のプロジェクトからアサインの声がかかります。もしアサインが無くても給与が無くなるということはありません。

もちろん会社員でも、アサインがなく稼働率が低ければ評価が悪くなりまし、賞与(ボーナス)には大きく影響することも多いでしょう。

フリーランスは、評価どうこうではなく、仕事の有無が収入の有無に直結、ひいては生活のひっ迫度合いに直結します。

仕事を得られない、または案件はあるが期待したほどの単価ではない。という事態を避ける為にも事前にフリーランスのコンサルタント向けに案件を紹介しているエージェントには登録しておいてください。

自分の経験だと単価はいくらぐらいか?そもそも案件があるのか?どこのエージェントがいいのか?等は退職前に把握しておきましょう。(退職後に探したら全然単価が期待値に合わない/そもそも無い、ということにもなりかねません)

コンサルタントのキャリア支援に特化したアクシスコンサルティングは、これまでの業界特化型の転職エージェントとしての実績が豊富なため、戦略・IT・業務・人事と様々な領域・テーマの案件を紹介してくれます。

コンサルタントの独立にも詳しいので興味のある方は是非話を聞いてみてくださいね。

フリーランスコンサルタントの想定単価(タイトル別)

コンサルタントが起業・独立してフリーランスとして仕事を請ける場合のタイトル別想定単価を御紹介します。

  • アナリスト:70〜100万円
  • コンサルタント:100〜150万円
  • マネージャー:150万円〜
  • シニアマネージャー:170万円〜

もちろん戦略テーマやITで人が明らかに不足している領域では単価200万円を超えるような高額案件も存在します。

ただ、アサイン時に求められる経験やスキルも厳しいので、事前に「どういう能力・経験が必要なのか」は確認しておくようにしてください。

フリーランスコンサルタントの想定年収(タイトル別)

上記を前提として、コンサルタントが起業・独立してフリーランスとして仕事を請ける場合のタイトル別想定年収(稼働率100%)を御紹介します。

  • アナリスト:1,000万円
  • コンサルタント:1,500万円
  • マネージャー:1,800万円
  • シニアマネージャー:2,000万円~

ここで1つ注意が必要です。

会社員自体は、この金額が画面で税金や社会保険料を引いた後の金額を手取りとしてもらいました。

しかしフリーランスの場合は、ここから経費を引いていくので、多くの場合は手取り(確定申告時の課税所得)の金額は減りますが、経費として使える金額は大きくなります。

ファーム所属時とお金の流れが大きく変わります。

節税対策や確定申告、後で詳細を御紹介しますが「開業届」等は、税理士さんと相談して行います。

1個1個の手続きは難しくありませんが起業・独立後のバタバタしている中で、いきなり始めようとすると意外と大変です。

アクシスコンサルティングはフリーランスのコンサルタント向けにコンサル業に詳しい税理士さんの紹介もしているので起業・独立を考えている方は必ず相談しておいてください。

コンサルタントの起業|年収以外のメリット

最近はフリーランスのコンサルタント向けに案件を紹介してくれるエージェントも多数存在する為、案件の獲得自体に苦労することは少ないかもしれません。

ただ自分が期待した金額を稼げるか?は非常に大事です。

高い単価で稼働して会社員以上にプロジェクトの間で超長期休暇を取得することもできます。

そうした年収以外にコンサルタントが起業して、フリーランスとして働くメリットを御紹介します。

1.精神的・物理的に柔軟な働き方を実現できる

フリーランスのコンサルタントとして起業・独立する時に得られる年収以外の大きなメリットとしては「ワークライフバランスを改善し、時間や場所に縛られることなく柔軟に働くことができる」ということです。

もちろんアサインされるプロジェクトにもよります(週●回程度の常駐というプロジェクトもあります)。

より高いプロフェッショナルイズムは必要ですが、ファーム在籍当時よりも一層「やることやっていればそれでよし」となります。

最近はフルリモートのファームが多いのも事実ですが、社内向けの活動(イベントや採用、若手の育成や意見集約など)も無いですし組織間の政治や人間関係からも離れることができます。

こうした物理的・精神的な柔軟な働き方を実現できるのはフリーランスとして働く大きなメリットの1つでしょう。

2.仕事の選択や判断など、責任と同時に”自由”が手に入る

フリーランスとして起業する場合、より自分の意思で仕事を判断したり、かじ取りをすることができるようになります。

もちろんコンサルティングファームのサブコンとして入る場合は、ファームのマネージャーがいるのでファーム時代にスタッフとして働いていた時と変わらないかもしれません。

ただ、その案件を選ぶかどうかも自分次第になります。

自分がリードとしてプロジェクトを回す案件や自分一人だけで入るプロジェクトもあります。

自分の専門性を活かして自分の時間を最大限、自分が使いたいように使うというファーム在籍時代には得にくい機会を手にすることができます。

もちろん、責任も伴いますが、起業・独立して得られる大きなメリットの1つです。

慣れてくれば自分で仕事を取ってきて組織化し、法人化をしていくこともできます。

まずは第一歩として先輩コンサルタントがどのように起業・独立したのか?初期的にどのように収益を稼ぐのか?等を調べてみてください。


アクシスコンサルティングは数多くのコンサルタントのキャリア支援をしてきた実績から、コンサルタントの起業・独立や初期的なよくある悩み等に非常に精通しています。

起業・独立を考えている方は必ず相談しておいてくださいね。

経営コンサルタントの起業で必要な「開業届」とは

開業届とは、個人事業を開業したことを税務署に届け出る書類です。

事業を開始してから1ヶ月以内に提出することが推奨されていますが、提出しないことによる罰則はありません。

ただし、青色申告で確定申告をする場合は提出が必須です。

また銀行口座の開設、クレジットカードの契約、オフィスの賃貸借契約、融資の審査などの際には開業届の控えの提示を求められることがあります。

この記事では、起業・独立を目指すコンサルタントの方が、まず最初に個人事業主になる際に知っておきたい開業届の基礎知識について詳しく解説します。

「開業届」とは

開業届とは、個人事業を開業したことを税務署に申告するための書類です。正式名称は「個人事業の開業・廃業等届出書」といいます。

個人事業主は、1年間(1月1日〜12月31日)の所得を計算し、所得税を納税しなければなりません。また事業規模が大きい場合には、個人事業税や消費税の納税も必要となります。

所得税と消費税は国税として税務署に、個人事業税は地方税として各都道府県税事務所に納めます。

開業届を提出することで、各税務当局に開業と税の開始を報告することになります。

開業届を出す2つのメリット

コンサルタントが個人事業主として開業届を提出する最大のメリットは、節税効果の高い青色申告を利用して確定申告ができることです。

また、オフィスの賃貸契約や創業融資の審査の時に開業届の控えの提出を求められることがあります。

ここでは、個人事業主が開業届を提出するメリットや必要な場面をご紹介します。

青色申告には開業届の提出が必須

青色申告をするためには、「青色申告承認申請書」と「開業届」を提出する必要があります。

この2つの書類は、後述するfreee開業から、無料で簡単かつ正確に作成できます。

実際に私達もfreee経由で開業届と確定申告をしたことがありますが、非常に簡単に終えることができました。

FAQや必要書類の書き方等、かゆいところに手が届くところまで細かく説明が用意してあります。

銀行口座の開設手続き

個人事業を始める際に、屋号を名義とした銀行口座を開設できます。

個人用の口座を事業用の口座として使用しても問題はありませんが、事業用とプライベート用の口座を分けた方が経理作業がしやすくなります。

銀行口座の開設のために必要な書類は銀行によって異なりますが、「開業届の控え」が必要な場合もあります。

オフィス契約や融資の審査

個人事業の業種によっては、店舗を構えたり、事務所の契約が必要な場合があります。

また、事業の規模によっては、創業融資の申し込みを検討することもあるいるでしょう。

いずれの場合も、申し込み時や審査時には、開業届の控えの提出を求められるケースがあります。

職業を証明するのにも使える

他には、様々な手続きの際に職業を記入し、証明する必要がある場合があります。

会社員の場合は、会社から社員証や在職証明書などを発行してもらうことが可能ですが、個人事業主やフリーランスの場合はそのような証明書はありませんので、開業届の控えの提出を求められることがあります。

意外と簡単なfreeeを使った開業届提出方法

個人事業を始める際には「開業届」を、青色申告をする際にはさらに「青色申告承認申請書」を提出する必要があります。

記入項目はそれほど多くはありませんが、どうやって記入したらいいのかわからないという方も多いと思います。

そこでおすすめなのが「freee開業」です。ステップに沿って簡単な質問に答えていくだけで、必要な届出をすぐに完成することができます。

freee開業で作成可能な5つの届出

1. 個人事業の開業・廃業等届出書
開業届のことです。

2. 所得税の青色申告承認申請書
青色申告承認申請書は事業開始日から2ヶ月以内、もしくは1月1日から3月15日までに提出する必要があります。期限を過ぎた場合、青色申告できるのは翌年からになるため注意が必要です。

3. 給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書
家族や従業員に給与を支払うための申請書です。

4. 源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書
原則毎月支払う源泉所得税を年2回にまとめて納付するための手続です。毎月支払うのは手間ですので、ぜひ提出しましょう。

5. 青色事業専従者給与に関する届出・変更届出書
青色申告をする場合に、家族に支払う給与を経費にするための手続です。青色申告をして家族に給与を支払う場合は必ず提出しましょう。

転職note
編集部

私達のメンバーにもコンサルタントから独立・起業したメンバーが、一番最初は個人事業主として活動していた時に開業届を出していたメンバーがいます。最初から友人と会社を登記したメンバーもいますが、最初は収益化も難しいのでフリーランスとの複業をしていたメンバーも多いです。
freee開業は非常に簡単で(特にマイナンバーカードがあると楽でした)指示に従っていれば申請を終えることができます。
もし独立・起業を考えていて個人事業主としての期間が想定される方は、freee開業で登録だけ済ませておくのがオススメです。

経営コンサルタントの独立失敗事例

最後に経営コンサルタントがファームから独立した結果、失敗した事例を御紹介します。

様々なパターンがありますが、私達の友人も含めて特によく耳にする事例を御紹介します。

ケース1.直取引でプロジェクトスコープの合意が浅く揉めた

ファーム在籍時代の先輩が立ち上げた会社や大学時代からの友人が立ちあげた会社など、コンサルティングファームに在籍されている方は先輩や同僚が優秀で独立している場合も多いと思います。

そうした友人・知人のつながりでファーム在籍時代から独立志向があると声がかかり緩い合意形成で仕事を請けてしまう方が多いのも事実です。

本当に最後まで”緩く”できればよいのですが、中には”入口は緩く出口は厳しい”となった話もよく耳にします。

例えば事業開発や業務開発等で始まったプロジェクトが途中でプロジェクト内容が徐々に変わり業務スコープが大きく変わりだすといった場合に揉め事が多いように思います。

事業開発はピボットを繰り返して検討と実行を繰り返していくことがありますが、当初想定した事業ドメインでは自分の経験やスキルが活かせるはずだったが、ピボットした後では自分の経験が活かせず、調査工数が肥大化して当初想定した稼働時間では賄えなくなった、といった話はよく聞きます。

業務開発などでは業務量調査範囲や効率化ツールの検討範囲等の合意があまいと業務量調査終了後に当初期待された業務量の削減効果が見込めず、新たに業務量調査範囲を広げたり、新たな効率化ツールの検討を始めるとプロジェクトスコープが肥大化し、当初想定していた稼働を超えてしまうことがあります。

コンサルタントとしての経験がある方は分かると思いますが、ファーム在籍時はプロジェクト開始時にスコープを契約書と提案書に盛込み、しっかりと合意していること、またマネージャーやパートナーが組織としてクライアントコントロールをしてくれるのでこうした事態は避けられています。

しかし、個人で請ける場合は、こうしたリスクにも自分で対応をしないといけません。

もし自分でコントロールする自信が無い場合は、フリーランス向けのエージェントを挟む等、プロジェクトコントロールをしてくれる第三者を入れておくことは大切です。

ケース2.退職してから取引先を探し始めた

コンサルティングファームに勤めていて、一定の評価を得ているとプロジェクトや提案活動を常に任されるので、休暇すらなかなか取れない方も多いのが実態ではないでしょうか。

1人のコンサルタントとしては評価→仕事→成長のポジティブなサイクルが回っている良い状態なのですが、起業・独立を志す方には十分な準備の時間が取れない方も多いと思います。

ただ、ファームを退職する前に「フリーランスとして仕事を請ければいいや」「知り合いの会社から仕事を請ければいいや」等、安易に考えて”本当に仕事の発注があるか?具体的な単価・期間は?”等の詳細を確認しておかないと、実際に単価・期間を確認すると期待値と違ったということも多いです。

フリーランス向けの案件紹介エージェント業界はまだ成熟していない為、なかには「人を張れれば良い」と雑なアサインも残っています。

その為、事前に案件の具体的な単価や期間、アサインに必要な能力や経験、担当エージェントの人柄や能力をしっかりと確認しておくことが大切です。

これを退職前に確認しておかず、案件リストだけ入手しただけでは不十分です。

ファームを退職する前にフリーランス向けのエージェントを何社か確認して、案件と担当者の能力を見極めておくようにしましょう。

フリーコンサルタントにお勧めのエージェント3選

近年、フリーランス向けに様々なエージェントサービスが立ち上がっています。

各エージェントによって案件(戦略に強い/ITに強いや単価等)やサポート内容、支払いサイクルに違いがあり、自分が期待する案件があり、サポートがうけられるエージェントを利用するのが大切です。

まずは各エージェントに登録して経験と希望を伝えて、各エージェントから案件の紹介を受けて自分がアサインされる可能性の高い案件の単価やプロジェクトテーマを確認してください。(繰り返しですが、ココまでは退職前の準備でやっておきましょう)

コンサルタントのキャリア支援に強いアクシスコンサルティング

近年、フリーランス案件を紹介するエージェントは多くなりましたが、20年近くにわたって正社員のキャリア支援をしている実績があるアクシスコンサルティングもコンサルタントの起業・独立を支援しています。

アクシスコンサルティングは豊富なキャリア支援実績がある為、過去に独立・起業したコンサルタントの成功/失敗パターンを熟知していますし、起業当初に何が必要かを教えてくれます。

また、コンサルティング業界専業なのでファームでの経験にも理解が深く、フリーランス向けの案件の提案・アサインにおけるマッチング精度が高く、安心してプロジェクトに取組むことが出来ます。

独立・企業に向けて週3日前後の稼働で入れる案件等も柔軟に提案してくれます。

もちろんフリーランスとして働いた後、正社員に戻るという選択肢も支援してくれます。

もし「不安もあるけど、興味もあるんだよな」「いつかはチャレンジしたいと思っている」という方は、まず気軽に相談してみてくださいね!

登録数日本最大級みらいワークスのフリーコンサル.jp

みらいワークスはフリーランスのコンサルタント向けに求人を紹介する事業を中心事業として急成長を続ける上場企業です。

事業ドメインはアクシスコンサルティングと似ていますが、基幹事業がフリーランス向けの案件紹介事業である上場企業というのが、みらいワークスの特徴です。

フリーランスのキャリア支援が事業の軸にある為、フリーランス向けのサービスや事業が手厚いです。

例えば、フリーランスが抱える「不動産賃貸の与信がない」という悩みを解決するため、リース株式会社と業務提携してフリーランス特化型の家賃保証付きお部屋探しサービスを導入しています。

独立・起業に向けてファームを退職した瞬間に与信が無くなり部屋が借りられない、というのもよくある悩みですが、こうしたフリーランスにキャリアチェンジした際の悩みを手厚くサポートしてくれるのが「みらいワークス/フリーコンサルタント.jp」の特徴です。

単価も月150~180万が中心と高年収案件が多くなっています。

フリーランスとして、しっかりと稼いでいこう!だけど色々と生活回りも相談したい!という方は、 「みらいワークス/フリーコンサルタント.jp」 にも登録して自分が入れるプロジェクトを確認してくださいね。

最速水準の支払サイクル(翌月15日入金)intloopのハイパフォーマー

intloop(イントループ)はみらいワークスと同じように、フリーランスのコンサルタント向けに求人を紹介する事業を中心事業として急成長を続ける企業です。

自社のコンサルティング事業の他に、フリーランス向けの案件紹介、コンサルタントの転職支援、フリーランスエンジニア向けの案件紹介サービス、エンジニアの転職支援サービスの4つの事業を展開しています。

創業から16年が経ち、徐々にフリーランスから支持を得てきています。

例えば、フリーランス向けの福利厚生サービス「fukurint(フクリント)」を展開しており、ライザップやビジネスブレークスルー等の様々なサービスをかなり安い値段で利用することができます。

単価も月150~180万が中心と高年収案件が多いです。

特に月末締め翌月15日払いと業界最速水準の支払いスピードが特徴です。フリーランスを始めよう!と考えている方には現金化が早いのは非常に助かる設定ですよね。(案件や担当者との相性は必ず確認するようにしてくださいね)

フリーランスとして、しっかりと稼いでいこう!特に早めに現金で入金してほしい、福利厚生サービスも使いたい!という方は、 「intloop社/ハイパフォーマーコンサル」 に相談してみてください

まとめ:経営コンサルタントの独立開業法と起業失敗例

いかがでしたか?

今回はプロフェッショナルファームで働く経営コンサルタントが独立・開業するまでにできる準備と失敗事例を御紹介しました。

一昔前よりもファーム出身で起業し、成功している方も増えましたし、独立・開業をサポートするサービスも増えています。

大きな目標を持ちつつも次のステップとして具体的に何が出来るのかを見極め、実際にやってみると乗越えるべき課題が具体化されてきます。

特にファーム退職後の資金面は、ラクスルの松本さんのエピソードでも貯金だけでは厳しい
事も多いでしょう。

リーランスのコンサルタントとして週3~4日働くなど、具体的な収益源が確保できるようにファーム在籍時に確認しておきましょう。(できれば実際に登録して、案件を見る、実際に短期でもアサインされてみるのがオススメです)

皆さんがファーム退職後も活躍されることを強く願っています。

頑張ってくださいね!