九州で活躍!PwCコンサルティングの福岡事務所採用に転職|地元でコンサルタントとして活躍したい方におすすめ!

こんにちは。転職note編集部です。

今回は福岡でPwCコンサルティングの経営コンサルタントとして働きたい方に向けて、PwCコンサルティングの福岡オフィスでの仕事内容や求人情報をご紹介します。

福岡は、交通利便性の良いコンパクトシティ・アジア圏との近さ・市の企業への支援策による新しいビジネス創出も盛んで、政令指定都市での人口増加数・増加率トップで、とても魅力的な地域です。

これまでは大手コンサルティングファームに勤務するとなると東京や大阪勤務になる場合が多くありました。

しかし、最近ではリモートワークが普及し、福岡県で働きながらPwCコンサルティングを始め、大手コンサルティングファームに勤務する方も増えてきました。

新しい働き方をうまく使いつつ、グローバルの先進的な事例や経営改革の手法を学ぶことができ、東京や大阪エリアと同等の高い年収水準が実現できます。

  • 馴染みの深い福岡に住みながら年収を上げたい方
  • 福岡で働きながらより規模の大きな仕事をしたい方
  • 福岡でコンサルタントとして働きたい方
  • PwCコンサルティングの福岡オフィスで働いてみたい方
  • 既に経営コンサルタントとして働かれていて福岡でも同様に経営コンサルタントとして働きたいと考えている方 等

こうした方に「PwCコンサルティングの福岡オフィスで働く経営コンサルタントの仕事内容や年収、転職で頼りになる転職エージェント」等を詳しくご紹介しています。

本記事では経営コンサルタントとして複数年勤務した/勤務している編集部メンバーの実体験をもとに、一部インタビューを交えて執筆しています。

この記事を読んで福岡で働く経営コンサルタントの仕事に少しでも興味をもっていただけましたら嬉しいです。

本記事で得られる情報・解決する悩み


  • 福岡で働く経営コンサルタントの仕事内容が知りたい
  • どうやったら福岡で経営コンサルタントとしては働けるかを知りたい
  • PwCコンサルティングの福岡オフィスで経営コンサルタントとして働くための準備とは?
  • PwCコンサルティングの福岡オフィスで働いた時の年収
  • 福岡のPwCコンサルティングに向いてる人

コンサル転職では専門的なサポートが必須



近年、国内の各業界における主要企業に、戦略から業務・IT・組織人事までフルラインでサービスを提供するPwCコンサルティングは福岡エリアでも事業拡大させています。

コロナで事業環境が大きく変わり、クライアントのコンサルティングニーズが高まり、九州・福岡エリアでも積極的な採用を続けています。

特にPwCコンサルティングは福岡エリアで20年以上拠点を構えており、地域の財界とのつながりも強く、着実な実績を積み上げています。面接では、ケース面接もあり、他にも「Whyコンサル?」「(ファームで活かせる)君の強みは?」といった質問がよくあります。

コンサル業界への転職では、よくある質問ですが、他のファームも含めて各社の特徴を把握して、比較し、自分の言葉に落とし込む必要があります。

そこで各ファームの特徴を把握するには、コンサル業界のキャリア支援に特化したアクシスコンサルティングに相談するのが確実です。

長年コンサルティング業界へのキャリア支援をしている為、昔からの経緯を含めてどのような経験・スキルが求められているのか?具体的にはどのような転職求人やキャリアパスがあるか?を詳しく教えてくれます。

PwCコンサルティングへの転職を考えている方は、まずは話を聞くだけ等、気軽に相談してみてくださいね。

目次

何の会社?PwCコンサルティングの基礎知識

何の会社?PwCコンサルティングの基礎知識

それでは早速ですが経営コンサルタントの仕事内容をご紹介します。

どんな企業が経営コンサルタントのクライアントになるのか?そして経営コンサルタントはどのような悩みを相談され、解決に導いているのかを具体的にご紹介します。

PwCコンサルティングとは?

PwCの前身となる会計事務所は1849年にロンドンで発足し、合併などを繰り返しながら日本では1999年に設立されました。現在は、155カ国に28万人のメンバーが所属しており、日本のグループには約9,000人のメンバーが所属しています。

PwCコンサルティングは、PwC Japanグループ内のコンサルティングを専門とする部隊で、戦略策定から実行まで幅広くサービスを提供しています。

PwCコンサルティングの提供サービス

コンサルティング業務は、専門的な知識や過去の経験を活用しながら、顧客が抱える課題に対して、解決策を提示し、時に実行まで支援します。

PwCコンサルティングの主な提供サービスは、ストラテジーコンサルティング、マネジメントコンサルティング、テクノロジーコンサルティング、エクスペリエンスコンサルティングとなっています。(M&Aなどは別のpwcアドバイザリーチームが主に担当しています)

ストラテジーコンサルティングはStrategy&のブランドで、主に企業の戦略策定と策定した戦略の実務への落とし込みをメインで支援しています。支援する企業は多岐に渡り、日系・外資系を問わず、金融機関や自動車・機械メーカー、電子機器メーカー、石油会社、製薬会社、情報通信会社、消費財・サービス企業、政府系機関、その他公的機関など幅広いクライアントを支援しています。

マネジメントコンサルティングは、顧客企業が経営する中で直面する様々な課題に対して専門的な知識をもとに解決策を提示します。後にご紹介する組織図にある通り、各専門スキルに応じてチームが分かれており、顧客の課題解決に向けて伴走します。顧客の課題によっては、複数のチームがタッグを組んでご支援することも多くあります。

テクノロジーコンサルティングは、ITを活用した業務改革及び、最先端テクノロジーを活用したイノベーションの創出などを行います。グローバルでのシステム導入支援や、RPA・AIを活用した新しいサービスの検討などがあるかも知れません。他のコンサルティングサービスと連携してサービス提供することも多くあります。

エクスペリエンスコンサルティングは、PwC独自のビジネス変革アプローチとなるBXTを活用したサービスです。BXTとは、ビジネス・エクスペリエンス・テクノロジーの略称でPwCが推進しているデザイン思考を基盤としたアプローチです。このアプローチは、顧客体験を分析・理解したうえで、ビジネスを再編し、デジタルを活用したイノベーションを創出することを目的としています。その足掛けとして2017年にエクスペリエンスセンターを新しく新設しました。現在はデザインから顧客体験の創出・実行まで支援しています。

PwCコンサルティング全体の特徴・強み

PwCコンサルティングの特徴や強みは、監査法人が小さい分、「監査クライアントへのコンサルティングサービスの提供制限を受けにくいこと」「組織が働く人のダイバーシティ&インクルージョンを大切にしていること」「法人間のコラボレーション(連携)が強い」と言えるでしょう。

Big4と言われる監査法人をグループに持つコンサルティングファーム各社は、自社グループ企業が監査している企業にコンサルティングサービスをする際には、強い制約がかされます。提案資料を納品する際にも社内の稟議を通して資料の事前確認を得る必要があります。

その点、PwC Japanでは監査法人の組織規模がデロイトやEYに比べて小さい為、コンサルティングサービスの提供に制限を受けにくく、クライアントのニーズに対して正面からサービス提供することができます。

また、2つ目の「ダイバーシティ&インクルージョン」については人種や国籍、性別だけではなく、個人個人の価値観を大切にしており、働く場所や時間も含めて柔軟な働き方ができる環境を提供しています。今でもリモートワーク環境が充実しており、福岡をはじめ国内各地で働くことを推奨しています。

最後に「法人間のコラボレーション」ですが監査法人や税理士法人とも連携を強くしており、例えば監査法人の非監査業務のクライアントにPwCコンサルティングのサービスを一緒に提案しにいく。プロジェクトを複数法人間のメンバーでチームを組成して提供するといった、PwCグループの各法人でナレッジや人員を出し合いクライアントの課題解決に尽力できていることがPwCコンサルティングの強み・特徴の1つでしょう。

その結果、2015年頃まではBig4と言っても日本ではデロイト1強でしたが、PwCコンサルティングも組織を拡大し、デロイトとBig4で2強と言われるまで拡大してきています。豊富な実績とノウハウを持つPwCコンサルティングにはフルラインで豊富な実績とノウハウ、体制があるというのは間違いないでしょう。

日本の産業構造・国策をどうしていくのか、というテーマのプロジェクトもあり、実際のプロジェクト事例と共にご紹介しますね。

コンサルティングファームが出している実際の資料を見ると、転職した時に自分がどういうプロジェクトに関わり、どういう仕事をするのか具体的にイメージが沸くと思います。

資料を見て「よりよくするなら何を変えるか?」「なぜこの資料が必要になったのか」「自分ならどのように作成するか」等、色々と考えてみてくださいね。

PwCトーマツコンサルティングのプロジェクト事例
革新的ロボット研究開発等 基盤構築事業

出典:経済産業省 自動配送ロボットの社会実装及びサービス向上に資するルール形成等に関する調査

この資料は、自動配送ロボットによるサービス向上に資する望ましいルールの在り方及びサービス成長に向けた業界団体の有り方を調査し、WGや協議会を通じた意見の収集、認識の共有を図った際の資料です。

配色やパワポのオブジェクトがPwCらしい資料なので、PwCコンサルティングでの仕事内容を想定するにあたり、こんな資料をつくるのだなと思ってみると転職後にどんな仕事をするのか具体的にイメージできると思います。

PwCコンサルティング福岡オフィスへの転職!
相談するべき転職エージェント

PwCコンサルティング福岡オフィスの経営コンサルタントに転職するには、コンサル業界への転職支援に特化しているアクシスコンサルティングに相談するのが最もおすすめです。

過去の転職支援実績が豊富で、過去に聞かれた面接の質問を転職先の部署・面接官別に記録していて面接前に教えて対策してくれます。

想定回答も事前に納得感があるか、不足している場合はどういう観点を足したらいいかを具体的にアドバイスしてくれます。客観的な人の目を通すことで、想定問答がブラッシュアップされますので気軽に相談してみてください。

コンサル業界に特化しているだけあって、他の転職エージェントが持っていない非公開求人を多数持っていますし、コンサル業界だからこそ必要な視点でのフィードバックをしてくれます。

同じファームでもアクシスコンサルティング経由で応募した方が同じポジションでも年収が高い、そもそもポジションが高い、ということもあるので情報収集だけでも一度相談してみてくださいね!

公式サイト:https://www.axc.ne.jp/

PwCコンサルテイング福岡オフィスの組織概要

PwCコンサルテイング福岡オフィスの組織概要

PwCコンサルティング自体の特徴や強みをご紹介しましたが、続いてはPwCコンサルテイングの福岡オフィスについてご紹介しますね!

PwCコンサルティングの福岡オフィスは様々な実績を積み上げており、地場の経済界とも密接な関係を築いています。

またクライアントや案件の具体的なイメージを持つことが、面接官が納得感のある志望動機を作る役にも立つと思いますので、是非参考にしてもらえればと思います。

PwCコンサルティングの組織図
インダストリー軸とサービス軸で構成される組織

PwCコンサルティングのうち、マネジメントコンサルティングでは、顧客の業種業界に特化したチームと、顧客に提供するソリューションに特化したチームの2軸でサービスを展開しています。共創をテーマに掲げているため、チーム間やグループ会社間でのコラボレーションも積極的に行っています。

業種業界に特化したチームは、自動車・製造・エネルギー、消費財・小売・流通、ヘルスケア、情報通信及びエンタメ、金融、官公庁・公的機関に分かれています。

また、サービスに特化したチームは、エンタープライズトランスフォーメーション、ストラテジーコンサルティング、ビジネストランスフォーメーション、テクノロジー&デジタルコンサルティング、グローバルビジネスストラテジーに分かれます。

PwCコンサルティング本社と福岡オフィスについて

PwCの本社は、東京都の大手町パークビルディングにあります。PwCコンサルティングの事務所は、東京以外に大阪、名古屋、福岡にあり、監査法人のみ京都にも事務所を構えています。

福岡事務所では、PwCあらた有限責任監査法人、PwCコンサルティング合同会社、PwC税理士法人の3法人が業務を行っています。同じ事務所で業務を行うことで、法人間の連携がより強化され、顧客支援もよりスムーズに行うことが出来るようになりました。

PwCコンサルティングは2018年に福岡事務所に拠点を開設して以来、他法人と連携して財務会計や税務に関するアドバイザリーサービスや、戦略策定、新規事業支援などを行っています。福岡に事業所を構えるにあたって「地域密着」と「グローバルネットワーク」に注力して支援を行っていくことを発表しました。

他の事業所と比較して、まだ規模も小さいですが、各法人がオフィスを共同利用しているため、コミュニティが築きやすいという特徴があります。

PwCコンサルティング福岡オフィスへの転職!
相談するべき転職エージェント

PwCコンサルティング福岡オフィスの経営コンサルタントに転職するには、コンサル業界への転職支援に特化しているアクシスコンサルティングに相談するのが最もおすすめです。

過去の転職支援実績が豊富で、過去に聞かれた面接の質問を転職先の部署・面接官別に記録していて面接前に教えて対策してくれます。

想定回答も事前に納得感があるか、不足している場合はどういう観点を足したらいいかを具体的にアドバイスしてくれます。客観的な人の目を通すことで、想定問答がブラッシュアップされますので気軽に相談してみてください。

コンサル業界に特化しているだけあって、他の転職エージェントが持っていない非公開求人を多数持っていますし、コンサル業界だからこそ必要な視点でのフィードバックをしてくれます。

同じファームでもアクシスコンサルティング経由で応募した方が同じポジションでも年収が高い、そもそもポジションが高い、ということもあるので情報収集だけでも一度相談してみてくださいね!

公式サイト:https://www.axc.ne.jp/

PwCコンサルティング福岡オフィスの評判

PwCコンサルティング福岡オフィスの評判

PwCコンサルティングを始め、コンサルティング業界は、ハードワークやパワハラ気質をはじめとした体育会系のイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

しかし近年では、コンサルティングファーム各社は働き方改革を積極的に進めており、稼働時間の管理と調整、産休・育休などの制度の充実等が進んでいます。プロジェクト期間以外の有給休暇取得は昔から取りやすいのは変わっておらず、やるべきことを時間内でしっかりとやって、休む時は休むというメリハリの効いた働き方ができます。

PwCコンサルティングは、他のコンサルティングファームと比べても多様性を大切にし、個々人の成長を後押しする文化があるという声は実際に働いている方からよく聞かれます。そのため口コミサイトでも、「20代の成長環境」や「実力主義」などの点において評価が高くなっています。

また、年収の水準はここ数年で見直され、平均年収水準が900万円を超え、一般的な会社員と比較して年収が高いことも特徴です。30代でマネージャーを任され、責任感を持って仕事をすすめることができるでしょう。

またリモートワーク環境が整備されているので、福岡だけでなく鹿児島や北海道などの地方でもリモートで働くことができる環境が整備されています。

PwCコンサルティング福岡オフィスは九州・沖縄・中国エリアを広くカバーするユニットでもあります。九州・沖縄・中国エリアへの移動や出張が苦にならない方には、働く環境として評判のよいファームです。

地域経済に入り込んで、産官学の様々な方と協業・連携して盛り上げていきたいという方、地元や地域に愛着のある方からも評判が良いです。

地域や地方に特化するとノウハウや技術トレンドのキャッチアップに遅れてしまうことも確かにあります。

しかし、PwCコンサルティングの福岡オフィスでは東京本社はもちろんグローバルのナレッジを吸収することもでき、地域にいながら最新の情報を吸収できるという点でも働くコンサタントから高い評判を得ている要因です。

PwCコンサルティング福岡オフィスに転職!
コンサルタントを積極的に中途採用する理由

PwCコンサルティング福岡オフィスに転職!コンサルタントを積極的に中途採用する理由

PwCコンサルティング福岡オフィスでは、中途採用を積極的に行っています。

コンサルティングファームが福岡エリアでの中途採用に力を入れている理由は大きく2つあると考えています。

国家戦略特区の福岡
スタートアップの事業拡大期やグローバル拡大期における支援

平成26年に福岡市は国家戦略特区「グローバル創業・雇用創出特区」に選ばれました。国家戦略地区は、地域限定で規則や制度を改革しその効果を検証する指定区域のことを指します。

国家戦略特区の福岡|各企業が積極的に革新的な経営改革を推進

参照:福岡市 グローバル創業・雇用創出特区

道路法、航空法、都市公園法、バス関連規則などの特例があり、需要に合わせて地区計画の検討や敏速な試験実施などが可能です。また、近未来技術実証実験ワンストップセンターも設置しており自動走行やドローンなどの実証実験の援助を受けることが出来ます。

また、福岡はスタートアップが多いことで知られています。福岡の開業率は21大都市の中で1位となっており東京23区よりも多いです。そのため、福岡の企業は全般的にスタートアップ気質が高く、積極的に新規事業開発を行ったり、グローバル化をすすめる企業も多くなっています。

一般的にスタートアップは、資金調達をして事業を拡大することに関して課題を抱えていることが多いです。どのように収益をあげていくか、どのような事業計画とするか、社員育成や人事制度はどうするかなど、事業化に向けた課題は多くあります。福岡市は市内中小企業のコンサルティング費用を一部補助していることもあり、コンサルタントが、スタートアップの事業化に向けて伴走したり、助言することもあります。

また、福岡は創業時の外国人受け入れ促進などの取り組みもあるため、事業初期の段階から、日本のみならず海外展開に目を向けていることが多いです。企業がグローバル化をすすめる際は、他国の現状把握やマーケットサイズ、競合状況など様々な要素を検討する必要があります。自社内でのリソースやリサーチでは不十分となるため、海外展開を支援しているコンサルタントに依頼することも少なくありません。

新規事業開発拠点としての事業所設計や社内制度整備の支援

新規事業開発拠点としての事業所設計や社内制度整備の支援

福岡は東京、大阪と比較してオフィスの成約賃料が低くランニングコストを抑えることが出来ます。例えば、東京23区の土地・家賃と比較すると福岡市は25%、北九州市では12%以下で成約することができます。

また、2020年代は、「天神ビッグバン」「博多コネクティッドボーナス」の開発計画に伴い、新しいオフィスの供給が増加し、博多駅周辺を含め開発が更に増えることで町並みも変化してきています。

コロナウィルスの拡大に伴ってリモートワークも普及していますが、ハイブリッド形式で出社とリモートワークを推進する企業が一般的になりつつあることから今後もオフィスの需要は減らないでしょう。

さらに、福岡市の人口増加数は政令市の中で一番高くなっています。

また国家戦略特区として、外国人人材の受入促進、高度人材ポイント制、海外大学卒業留学生の就職活動期間延長などの特別制度を設けることで、居住する外国人人口も前年より34%増加しています。

さらに、官民の垣根を超えた人材移動の柔軟化、雇用労働センターの設置などにより、優秀な人材が適切な企業で活躍できる仕組みもあります。

福岡は、国内外双方の優秀な人材が集まり、オフィス賃料や人件費といった費用を抑えてビジネスを起こしやすい環境が整うことで新事業や既存事業の拡大に向けたコンサルティングニーズが増加しているのだと考えられます。

こうしたコンサルティングニーズに応えるべく、PwCコンサルティング福岡オフィスでも積極的に採用が進められているのだと考えられます。

PwCコンサルティング福岡オフィスへの転職!
相談するべき転職エージェント

PwCコンサルティング福岡オフィスの経営コンサルタントに転職するには、コンサル業界への転職支援に特化しているアクシスコンサルティングに相談するのが最もおすすめです。

過去の転職支援実績が豊富で、過去に聞かれた面接の質問を転職先の部署・面接官別に記録していて面接前に教えて対策してくれます。

想定回答も事前に納得感があるか、不足している場合はどういう観点を足したらいいかを具体的にアドバイスしてくれます。客観的な人の目を通すことで、想定問答がブラッシュアップされますので気軽に相談してみてください。

コンサル業界に特化しているだけあって、他の転職エージェントが持っていない非公開求人を多数持っていますし、コンサル業界だからこそ必要な視点でのフィードバックをしてくれます。

同じファームでもアクシスコンサルティング経由で応募した方が同じポジションでも年収が高い、そもそもポジションが高い、ということもあるので情報収集だけでも一度相談してみてくださいね!

公式サイト:https://www.axc.ne.jp/

PwCコンサルティング福岡オフィスで働く!
心構えとスキル

PwCコンサルティング福岡オフィスで働く!心構えとスキル

PwCコンサルティングの福岡オフィスで経営コンサルタントとして働くことは良い点ばかりではありません。

どのような仕事をするのか、その仕事をする為に必要な心構えやスキルは何かを知っておくことで「転職後の早期活躍」にもつながります。

ぜひ確認いただき、PwCコンサルティングの福岡オフィスで働くかどうか検討してみてくださいね。

PwCコンサルティング福岡事務所で働く!
大切な心構え

PwCでは、グローバルで統一して、「社会における信頼を構築し、重要な課題を解決する」ことをパーパスとして掲げています。世界中が同じ目標を掲げることで、同じ方向を向くことができ、世界で最も信頼され、存在感がある会社となることができます。

そのため、顧客と対峙する際は、個人としてではなくPwCの一員として顧客とコミュニケーションを取っていることを意識するように教えられます。信頼関係は、壊れやすく、得ることも難しいからこそ、一人ひとりが誠意を持って顧客と顧客の課題に向き合うことが大切です。

また、PwCではインクルージョン&ダイバーシティを大切にしています。性別、国籍や文化の違い、障害者などだけでなく、家庭の事情に即した柔軟な働き方も推進しています。

PwCでは、様々なバックグラウンドの方と対等に働くことが出来る方や、それぞれの違いを知り尊重出来る方を求めています。また、PwCでは、自分らしさを発揮することでより良い結果を生み出すことが出来ると考えています。この働き方に共感できる方は、PwCで働きやすさを感じることが出来るでしょう。

PwCのコンサルタントとして働く!
身に着けるべきスキル

PwCコンサルティングの福岡オフィスで働くにあたって身に着けておくのがお勧めのスキルは次の2つの観点から御紹介します。

  • コンサルタントとして活躍するために身につけるべきスキル
  • 転職する際に身につけておくと良いスキル

1.コンサルタントとして活躍するために身につけるべきスキル
活躍しているコンサルタントは、「情報収集力」「ロジカルシンキング」「アウトプット力」に長けている人が多いです。

コンサルタントの仕事は、今まで経験の無い業界や業種をクライアントとして、ヒアリングや資料を読み込んで、クライアントの抱える経営課題を認識し、解決策を提示する仕事です。

そのため、膨大な情報をインプットする力、ロジカルシンキングで整理する力、インプットした内容を体系的に整理し、重要な課題を絞り込んでクライアントに分かりやすく説明する力が必要です。

現場で使える十分な力を転職前に身に着けるのは難しいかもしれませんが、本やYoutubeなどで事前にスキルの概要を学ぶことは出来るでしょう。

今スグに出来ることから、着実に行動に移すこともコンサルタントとして重要になります。

ぜひ気になる本や動画から情報収集を始めてみてくださいね。

2.転職する際に身につけておくと良いスキル
PwCでは、新しいスキルや知識を積極的に習得しようとする人を応援する文化があります。そのため、全従業員を対象に英語を始めとする言語学習や、資格取得に向けた学習を支援しています。

コンサルタントは、様々な業種業界のクライアントが抱える多種多様な案件に配属となります。ですから、新しい案件に入るたびに、知らない知識を自らインプットし、顧客と対等に話ができることが求められます。常に向上心と探究心を持って学び続ける姿勢がPwCでは特に重視されます。もしあなたが、知らないことを学ぶことが好きな方や、変革にワクワクする方はPwCが向いているかも知れません。

また、PwCでは職階や経験年数などに関係なく自分の意見を発信することを重視しています。そのため、自分の意見を素直に、かつ根拠を持って伝えることが出来る方はPwCでは活躍しやすいでしょう。

同様に、Work Togetherというキーワードを会社のValueとしてあげており、チームで一緒に案件を遂行することを大切にしています。また人脈、アイディア、知識などをお互いに共有しあうことで、多様な視点でよりよいアイディアを検討できるようになります。チームワークスキルのある方は、PwCで活躍できるのではないでしょうか。

PwCのコンサルタントとして働く!
福岡事務所で働くメリットとデメリット

PwC福岡事務所で働くメリット

まず家賃や物価の安さは大きなメリットになるでしょう。福岡市の場合、ワンルーム4−5万円程度、2LDKで8−10万円程度となり、首都圏や関西圏と比較すると家賃が比較的安価に済みます。また、交通の便もよく、福岡空港から福岡市都心部までわずか10分で移動できるため、多くの企業が福岡に支社を設置しています。食べ物も美味しく、福岡は住む人にとって魅力的な場所と言えるでしょう。

PwC福岡事務所で働くデメリット

東京と比較すると、ネットワーキングやイベントの機会が少ないため、情報収集や出会いの場としてはおすすめではないかもしれません。東京への移動には約4時間かかるため半日がかりとなってしまい、日帰りでのイベント参加は難しいかもしれません。

ただPwCコンサルティングの社内イベントはオンラインでも参加できるようになっており、全国のどこで働いていても様々な方とネットワークを構築できるようになっています。あくまで「オフラインで東京の方と直接会いたい」と考えた時のデメリットかもしれませんね!

PwCコンサルティング福岡オフィスへの転職!
相談するべき転職エージェント

PwCコンサルティング福岡オフィスの経営コンサルタントに転職するには、コンサル業界への転職支援に特化しているアクシスコンサルティングに相談するのが最もおすすめです。

過去の転職支援実績が豊富で、過去に聞かれた面接の質問を転職先の部署・面接官別に記録していて面接前に教えて対策してくれます。

想定回答も事前に納得感があるか、不足している場合はどういう観点を足したらいいかを具体的にアドバイスしてくれます。客観的な人の目を通すことで、想定問答がブラッシュアップされますので気軽に相談してみてください。

コンサル業界に特化しているだけあって、他の転職エージェントが持っていない非公開求人を多数持っていますし、コンサル業界だからこそ必要な視点でのフィードバックをしてくれます。

同じファームでもアクシスコンサルティング経由で応募した方が同じポジションでも年収が高い、そもそもポジションが高い、ということもあるので情報収集だけでも一度相談してみてくださいね!

公式サイト:https://www.axc.ne.jp/

福岡に拠点がある大手コンサルティングファーム

福岡に拠点がある大手コンサルティングファーム

さて最後に福岡に拠点を構えている大手コンサルティングファームをご紹介します。コンサルティングファームはパっと見では同じようにみえますが、実はファーム毎に特性があります。

志望動機でも「●●のファームは■■に強みがあり、自分にあっていると思った」等で使えるので、各コンサルティングファームの特徴を理解して自分にあったファームを探してみてくださいね。

もし自分に合うコンサルティングファームがわからない!という方は、コンサルティング業界に特化した転職エージェントに相談してみてください。

業界に特化している分、かなり詳しく教えてくれますし、ちゃんと対策をすれば選考の通過率も高くなります。ぜひ気軽に相談してみてくださいね!

戦略系ファーム|BCG(ボストンコンサルティンググループ)

外資系の戦略ファームとしては最大規模で、多様な業種業界やソリューションに対する専門性を保持したメンバーが多数在籍しています。また自社内にエンジニアやアナリストを保有し、戦略だけでなく、開発実行支援まで行う案件もあります。

総合ファーム(Big4)|デロイトトーマツコンサルティング(DTC)

日本最大級の経営コンサルティングファームで、自社グループ内の会計事務所や財務アドバイザリー部門とも連携し、クロスボーダーでの案件対応が特徴的となっています。

顧客企業を長期間で支援ができるような信頼関係を構築し、コンサルティングサービス提供終了後も顧客企業自体で戦略を実行できるような体制構築を目指しています。

総合ファーム(Big4)|PwCコンサルティング

経営戦略から実行まで総合的にサービス展開をしており、グローバルチーム、監査、財務、法務などグループ会社内で連携し、異なる専門家がOne Teamとしてサービス提供することを目指しています。

女性社員も30%程度おり、女性の活躍推進にも力を入れています。

総合ファーム(Big4)|EYストラテジー・アンド・コンサルティング

他のBig4と比較するとベンチャー気質で、若手の活躍を推進する総合ファームで、グローバルとの連携体制も充実しています。

特に、海外展開する日系企業や、日本市場に参入する外資企業支援などにおいて、グローバルのメンバーと連携しながら案件を推進しています。

チームワークを重視する文化があり、業界経験や関連テーマに精通したメンバーでチームを構成します。

総合ファーム|アクセンチュア(AC)

戦略策定から実行まで一気通貫で行い、世界最大の従業員を抱える総合ファームです。

グローバル間で業界知識、スキル、最新トレンドや技術の情報を共有しており、テクノロジー分野でのコンサルティング案件が多い印象です

また、全社員の35%が女性社員で構成されており、インクルーシブな働き方ができると言われています。

総合ファーム|クニエ

日系のコンサルティングファームで、案件の半数以上が、日系企業の海外進出などを支援するグローバル案件となっています。

また、海外案件では、日本のメンバーが現地に赴き、調査や分析、戦略策定などを行うことが特徴です。

海外に携わる案件に興味のある方にはおすすめのコンサルティングファームと言えるでしょう。

PwCコンサルティング福岡オフィスへの転職!
相談するべき転職エージェント

PwCコンサルティング福岡オフィスの経営コンサルタントに転職するには、コンサル業界への転職支援に特化しているアクシスコンサルティングに相談するのが最もおすすめです。

過去の転職支援実績が豊富で、過去に聞かれた面接の質問を転職先の部署・面接官別に記録していて面接前に教えて対策してくれます。

想定回答も事前に納得感があるか、不足している場合はどういう観点を足したらいいかを具体的にアドバイスしてくれます。客観的な人の目を通すことで、想定問答がブラッシュアップされますので気軽に相談してみてください。

コンサル業界に特化しているだけあって、他の転職エージェントが持っていない非公開求人を多数持っていますし、コンサル業界だからこそ必要な視点でのフィードバックをしてくれます。

同じファームでもアクシスコンサルティング経由で応募した方が同じポジションでも年収が高い、そもそもポジションが高い、ということもあるので情報収集だけでも一度相談してみてくださいね!

公式サイト:https://www.axc.ne.jp/

まとめ|九州で活躍!PwCコンサルティングの福岡事務所採用に転職

福岡エリアは大都市で大手企業も多く、大手コンサルティングファームがオフィスを構えています。

コンサルタントは全業界のなかでも最も高い年収水準であり、マネージャー未満でも評価次第で1,000万円を超えることもあり得る世界です。

また、リモートワークや働き方改革もかなり浸透しており、福岡を拠点としながら中国・沖縄エリアまで幅広いクライアントの課題解決に取組む中で、グローバルのナレッジを吸収しながら、快適に働けるようになったのは大きな変化だと思います。

PwCコンサルティングの福岡オフィスでは、20年以上も福岡拠点での実績があり、地域経済で実績を積んでいること、地元のネットワークが出来ていることは他のファームにない大きな強みです。その強みを活かして地域経済に貢献したい!という方には、魅力的な職場だと思いますので、是非チャレンジしてみてくださいね。

転職活動では、私達も何度も「あ、この人は信用できないな」と思う方にお会いしたこともありますが、相談する転職エージェントは慎重に選んでくださいね。

実績がない、専門性が無い転職エージェントさんだと選考対策や求人票を出している企業や部署・職種に対する事前説明が薄く、本来であれば内定をもらえる求人でも対策を十分に行えずに落ちてしまうこともあります。

アクシスコンサルティングの方はコンサルティング業界のことには、かなり詳しいので安心して相談してもらえればと思います。

今後も様々な方の体験談や私達がコンサルティング業界で働いた経験をもとに、情報を御紹介していきたいと思っています。様々な情報ソースを使い、皆さんが目指すキャリアを実現される実現されることを願っています!

目次