本ページは一部に広告を含みます

激務でやめとけ?NTTデータへの転職がやばい理由5選と対処法|ひどい?実際の離職率

こんにちは。転職note編集部です。

海外事業にも本格的な拡大路線を打ち出し、SI・IT事業を中心に成長しているNTTデータですが、中期経営計画でも自社の更なる成長に向けて社員数の拡大を打ち出しています。

就活生や転職者からも人気のSI・コンサルティング会社ですが、Google検索で「NTTデータ」を調べると「NTTデータ やばい」「NTTデータ やめとけ」といったネガティブなワードも目立ちます。

Google検索結果:NTTデータ やめとけ

NTTデータはコンサルティングファームのなかでは「ホワイトに働ける」とも言われますが、『実際のところ本当にホワイトなの?やめとけってなんで??」と疑問に思っている方も多いと思います。

そこで本記事では次のように「NTTデータへの転職がやばい・やめとけ」と言われる理由と実態を実際にNTTデータで働くコンサルタントヘのインタビューを参考にしながら、実際の労働環境を御紹介しますね。

本記事で得られる情報・解決する悩み


  • NTTデータへの転職は何がヤバいのか?
  • NTTデータへの転職はなぜやめとけなのか?
  • NTTデータでの働き方は激務なの?
  • NTTデータの退職率はどのくらい?
  • NTTデータへの転職を相談するべき転職エージェントはどこ?

コンサル転職では専門的なサポートが必須


働き方やデジタル化の更なる推進等、クライアントの事業環境の変化に伴い、NTTデータが中途採用に求める採用候補の経験やスキルも変わってきています。

さらに、世の中にコンサルティングファームに関する情報が増えた一方で、実際とは異なったイメージも広がってしまっていると思います。

コンサルティング業界への転職を検討されている方も多いと思いますが、まずはファーム毎の募集ポジションとその選考プロセス、過去の選考通過事例などを具体的に知ることで適切な選考対策をすることができます。

各ファームの特徴を把握するには、コンサル業界のキャリア支援に特化したアクシスコンサルティングに相談するのが確実です。

長年コンサルティング業界へのキャリア支援をしている為、昔からの経緯を含めてどのような経験・スキルが求められているのか?具体的にはどのような転職求人やキャリアパスがあるか?年収水準はどの程度か?など、詳しく教えてくれます。

NTTデータへの転職を考えている方は、まずは話を聞くだけ等、気軽に相談してみてくださいね。

公式サイト:https://www.axc.ne.jp/

目次

NTTデータの会社概要と中期経営計画

名称株式会社NTTデータグループ
NTT DATA Group Corporation
設立1988年(昭和63年)5月23日
資本金142,520百万円(2023年3月31日現在)
従業員数195,100(グループ全体/2023年3月31日現在)
事業内容・コンサルティング
・統合ITソリューション
・SI・ソフトウェア開発
・メンテナンス・サポート
連結売上高2022年3月期 3兆4,902億円
代表取締役社長代表取締役社長 本間 洋
拠点数28拠点(2023年2月1日現在)

NTTデータは創業以来、持続的な成長を遂げ、売上高が4兆円越(内国内売上高1.6兆円)、海外売上高比率も60%を超えるIT・コンサルティングサービスを提供する超大手企業です。

今後は世界展開を加速させていく方針を打ち出しており、2023年7月から持株会社・国内事業会社・海外事業会社からなるグローバル経営体制に移行しました。

企業理念として「情報技術でより豊かで調和のとれた社会の実現に貢献する」を掲げ、深い顧客理解と高度な技術力で様々なクライアントの事業や社会のしくみを変革し、共にビジネスを成長させるパートナーであり続けるべく、更なる成長を実現させています。

実際にどんな会社か?現在の中期経営計画はどのようなものか?詳しく御紹介しますね。

NTTデータは企業理念に「情報技術でより豊かで調和のとれた社会の実現に貢献する」を掲げ、クライアント起業の戦略策定から実行支援・ITシステム導入支援まで、コンサルティングから総合ITソリューション、メンテナンスやサポートまで提供する企業です。

もともとは1967年に日本電信電話公社に設置されたデータ通信本部が事業のスタートでした。その後、1968年に全国地方銀行協会の為替交換システムである「地銀協システム」の提供を開始しました。

こうした背景から日本国内においては地方銀行の勘定系システムに強く、日本IBMと双璧をなす、国内シェアを保持しています。また国営企業だった日本電信電話の1部署ですから、官公庁向けの案件にも強い企業でうs。

1988年にNTTデータ通信株式会社が設立され、1996年に東京証券取引所市場 第一部に指定されます。

1998年8月1日から株式会社NTTデータに社名を変更し、2007年に連結売上高1兆円を達成。

海外企業のM&Aにも積極的に取組み、2022年にNTTグループの海外事業を統合し、株式会社NTT DATA, Inc.を設立し、2023年に持株会社名称を「株式会社NTTデータグループ」、国内事業会社名称を「株式会社NTTデータ」に変更しました。

NTTデータへの転職対策!
相談できる転職エージェント

NTTデータをはじめ、多くのSI企業・コンサルティングファームへの転職では各ファームの特徴や強み/弱みを把握して「自分が活躍できるか?」「得たい経験を積めるか?」を事前に考えておくことが大切です。

自分の経験やスキルが活かせる≒転職後の活躍につながり、評価や報酬・更なる経験やスキルの獲得にもつながっていきます。

NTTデータをはじめとした各コンサルファームの特徴や強み/弱みを知りたい方は、コンサル業界に特化してキャリア支援をしているアクシスコンサルティングに相談してください。

アクシスコンサルティングは、NTTデータへの転職支援実績が豊富で、パートナーや人事と常に情報交換しており、最新の情報を教えてくれます。

また過去に転職を支援したコンサルタントの方も多いので、プロジェクト現場の課題や活躍する人の特徴にも精通しており、皆さんにあったポジションを提案してくれます。

NTTデータへの転職を考えている方は、情報交換だけでも大丈夫ですので、気軽にアクシスコンサルティングに相談してみてくださいね!

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
公式サイト:https://www.axc.ne.jp/

激務?実際の残業時間
NTTデータの働き方

激務?実際の残業時間|NTTデータの働き方

激務?NTTデータの体験談

ITコンサルティング業界はどこにも似たり寄ったりだと思いますが、クライアントからの納期設定が厳しいと、おのずと仕事が多い日々になります。

クライアントにもよるのですが、現実的な期限設定をしてくれる方々だけではなく、なかには急に無茶な期限設定で振られる仕事やトラブル対応もある為、土日出社等で対応することも起こりえます。

福利厚生は流石のNTTグループなだけあり、非常によく、産休育休や家賃補助等、様々な制度があります。かなり安心して働ける制度は充実しているので、皆さんがどういう働き方をしたいか?その希望に合致しているか?を事前に検討されるのが良いと思います。

SE・中途入社・女性

NTTデータで激務になるタイミング5選

NTTデータで働いている方の体験談では、働き方改革が進んでおり、リモートワークの活用等と併せて、激務になるタイミングはかなり減ってきているという話でした。

一方で、プロジェクトや上司によって忙しくなるタイミングがあるという話もあったので、具体的に「どういうタイミングで激務になるか」を御紹介したいと思います。

事前に心づもりがあれば、対策や準備をすることもできると思います。

NTTデータが激務になるタイミング

  • クライアントの期待値が高く、通常勤務時間内で終わらない
  • プロジェクトが炎上し、仕事量が増える
  • プロジェクトの山場や納期直前
  • ITシステム導入に伴う休日出勤
  • 課長以上への昇進

NTTデータで激務になるタイミング1
クライアントの期待値が高く、通常業務時間内で終わらない

NTTデータをはじめ、多くのコンサルティングファームではプロジェクト受注前に最終成果物やを合意して、その成果物に必要な工数を見積ってメンバーをアサインし、プロジェクトをスタートします。

しかし、クライアントの期待値が当初の予想より高い場合に、プロジェクト開始前に想定していた工数ではクライアント期待値を満たすことができないようになることがあります。

更にメンバーを追加することもできないようになると、既存メンバーの労働時間を伸ばして対応せざるをえなくなり、激務になってしまいます。

PEファンド等が入っているプロジェクトだとコンサルティングファームの使い方が荒くなることもあります。

また、NTTデータだとグローバルでのシステム導入等もあり、クライアントが日本だけではなく、グローバル各社の担当者と調整が必要になると、各現地法人で期待値にズレがあり、通常業務時間内で終わらなくなることもあるでしょう。

NTTデータで激務になるタイミング2
プロジェクトが炎上し、仕事量が増える

プロジェクトが炎上することは、どのコンサルティングファームでもありえます。

もちろんどのファームも炎上しないように対策はしますが、先のクライアント社内の期待値のズレ、プロジェクト開始前の想定と開始後の実態のズレ、プロジェクト期間中のクライアントの外部環境変化等、様々な要因で炎上してしまうことがあります。

想定と実態の違いが産まれてもクライアントとも慎重に協議を重ねていきますが、一定の確率で折り合いがつかなくなってしまうことがあります。

そうした場合は、残念ながら激務を乗り越えてプロジェクトをやりきるしかない場面があることも知っておくといいでしょう。

NTTデータで激務になるタイミング3
プロジェクトの山場や納期直前

NTTデータだけでなく、コンサルティングファームではプロジェクトの山場や納期直前では、激務になってしまうことがあります。

コンサルティングファームでは、基本的にプロジェクトの納期とプロジェクト期間中に納品するべき成果物があります。この成果物が納期前に完成していない場合、納期に合わせて労働時間を伸ばして、完成させなければいけません。

また納期だけではなく、クライアントのCxOや役員などへの中間報告や個別会議等がある場合は、その会議を山場として、クライアントの重要イシューを議論できるように様々な準備を進める為、激務になることがあります。

NTTデータで激務になるタイミング4
ITシステムの導入に伴う休日出勤

NTTデータはIT系のプロジェクトがメインですが、顧客のITシステムの入替などは顧客企業の休日中に行うことが多い(平日にITシステムを変更してトラブルが起きると通常業務に支障をきたす)ため、休日に出勤して業務を行うことがあります。

ゴールデンウイークや年末年始といった長期やすみに仕事になりがちなのも、こうした仕事の特性だと思います。

ただ、休日出勤やプロジェクト期間中に高稼働になってもプロジェクト終了後に次のプロジェクトが始まるまでの間で長期休暇を取るなど、年間を通した稼働時間の調整は行われます。

NTTデータで激務になるタイミング5
課長以上への昇進

最後に課長に昇進すると現場の管理と社内的な管理業務で、かなりバタバタになります。

最近は働き方改革もあり管理職未満の職員の労働時間を管理するようになりました。残業時間が長くなり、労働時間を抑制しなければいけなくなると管理職者である課長以上が業務を巻き取ることも発生します。

その場合、課長以上の職員の労働時間が伸びてしまい、激務な勤務形態になってしまうことがあります。また、課長以上は組織開発や人材採用・育成に関わったり、プロジェクトの受注にむけた営業活動に携わることが多くなります。

採用の面接をしたり、社内向けの研修資料を作ったり、社外での講演資料や営業資料を作るなど、プロジェクト以外の業務にも従事することになります。

それだけの業務を持って労働時間が管理されない(基本的には自己管理)とかなり激務に働かざるを得ない方が存在します。

NTTデータへの転職対策!
相談できる転職エージェント

NTTデータをはじめ、多くのコンサルティングファームへの転職では各ファームの特徴や強み/弱みを把握して「自分が活躍できるか?」「得たい経験を積めるか?」を事前に考えておくことが大切です。

自分の経験やスキルが活かせる≒転職後の活躍につながり、評価や報酬・更なる経験やスキルの獲得にもつながっていきます。

NTTデータをはじめとした各コンサルファームの特徴や働き方を知りたい方は、コンサル業界に特化してキャリア支援をしているアクシスコンサルティングに相談してください。

アクシスコンサルティングは、NTTデータへの転職支援実績が豊富で、パートナーや人事と常に情報交換しており、最新の情報を教えてくれます。

また過去に転職を支援したコンサルタントの方も多いので、プロジェクト現場の課題や活躍する人の特徴にも精通しており、皆さんにあったポジションを提案してくれます。

NTTデータへの転職を考えている方は、情報交換だけでも大丈夫ですので、気軽にアクシスコンサルティングに相談してみてくださいね!

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
公式サイト:https://www.axc.ne.jp/

NTTデータへの転職
やばいと言われる理由5選

NTTデータへの転職|やばい・やめとけと言われる理由5選

NTTデータへの転職は「激務」と言われることがあっても、年間での業務時間調整やアサインの配慮などにより、一定の対策が取られていることを御紹介しました。

次は激務な働き方も変わっているなかで「何がやばいのか」を私達編集部メンバーの経験や友人達の体験談、インタビューを通して分かる範囲で御紹介したいと思います。

NTTデータはやばい・やめとけ理由1
仕事の期待値が高い(厳しい)

NTTデータでは、プロフェッショナルとして自分が全く知識のない業界や業務内容であっても期間内に問題を特定・解決に導かないといけません。

コンサルタントという仕事の面白さであり難しさでもありますが、全く知識や経験のない業界のクライアントに対して、高額な報酬をもらうだけのアウトプットを提供することはかなり難易度が高く、難しい仕事です。

もちろん研修や上司のサポートもありますし、過去にアサインされたプロジェクトや転職組なら前職の経験をふまえたアサインも考慮してくれます。

それでも仕事で求められる水準が高く、一定の期間内に期待に応えられない時に「仕事が厳しくてやばい」なと思うことはあるかもしれません。

仕事で求められる高い期待値に応えるべく、努力することは大切です。実際にやってみて厳しいと思っても上司や同僚のフィードバックを受け止めて改善することで、大きく成長できることもあるでしょう。

無理をし続ける必要はないでしょうが、それだけ期待してくれている、フィードバックをしてくれることには感謝をして真摯に努力することも忘れないでくださいね。

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
公式サイト:https://www.axc.ne.jp/

NTTデータはやばい・やめとけ理由
IT案件が非常に多い

NTTデータはITプロジェクトが非常に多く、そこが大きな強みの企業でもあります。会社内で勉強するためのコンテンツは豊富で社外資格の取得も推奨されており、会社もサポートしてくれます。IT案件を専門知識を持った豊富なメンバーで回そうとしたらNTTデータやアクセンチュア等、限られた企業になるでしょう。

大規模IT案件はプロジェクト期間も長くなり、会社には安定した収入をもたらします。

一方で、アサインされるコンサルタントは1つのプロジェクトが長くなると同時に、IT案件が多いのでプロジェクトを変えても、結局は似たようなIT案件で同じ仕事を別クライアントでやっているだけという状況になってしまうことも多くあります。

NTTデータで扱うプロジェクトは基本的に大規模案件で、求められる役割はPMが多いです。様々な取引先の業務と利害を調整して、プロジェクトを成功に導く経験を積めるのは良い経験になります。

大規模IT開発のなかで様々な関係者の利害や業務を調整し、プロジェクトを運用するを鍛えたい方には、向いていますが、より専門性が高い技術や経験、上流の課題設定・解決の経験・スキルを積みたいという方には「このままの経験ではやばい」と感じてしまう方もいるようです。

NTTデータはやばい・やめとけ理由
IT以外の案件に経験を積みたい

NTTデータが大規模ITプロジェクトが多いのは先に御紹介した通りです。

その為、延々と同じクライアントで同じシステム開発や運用・保守に関わることも多いです。様々な「経営課題の解決をしたい」と思っている方には、やりがいが見つけにくい時もあるでしょう。

コンサルタント・中途入社・男性・退職済み・在籍期間5年以上10年未満

会社としてSI事業を重要視しており、BPR系のプロジェクトもシステム開発や保守プロジェクトも人材を区別しない方針があるように感じます。プロジェクトが多い大規模IT案件では、開発・テスト・保守運用フェーズの業務も多いのですが、ベンダーでもないので技術力の獲得もできないとなってしまうように思います。

構想策定や要件定義といった上流フェーズのプロジェクトもありますが、自分のキャリア形成の志向と異なるアサイン状況が続く場合に、このままではやばいと思う人もいると思います。

NTTデータで積める経験は貴重な物ですが、個人の志向との整合性があっているかも大切です。自分が望む経験が別にあるのに、NTTデータで経験出来る経験が異なる場合に、今の環境はやばいのでやめとけと言われるきっかけになってしまうことがあるようです。

NTTデータはやばい・やめとけ理由
IT以外(特に上流)に関われる機会が少ない

コンサルタント・新卒入社・男性・退職済み・在籍期間5年未満

プロジェクトのほとんどがIT案件なので、他のマーケティングやビジネスコンサルティング等のプロジェクトに関われる機会が少ないです。

またITプロジェクトでは、かなり専門性の高い方が数多くいらっしゃいますが、それ以外のプロジェクト領域においてロールモデルにしたいと思える方を私は見つけられませんでした。


どのファームにも特徴(IT案件が多い)はあるので、自分がキャリアを積んでいく中で「やりたいこと」と相性が悪いと思わないようにすることが大切ですね。

戦略・業務・組織人事・ITなど、様々なプロジェクトテーマがあるなかで、自分がやりたい領域が明確になった時は、改めてキャリアを見直すことで「〇〇でやばい」と思う機会は減らせるでしょう。

NTTデータはやばい・やめとけ理由
競合企業に比べて年収が低い

コンサルタント・中途入社・男性・在職・在籍期間5年未満

競合となるIT系の案件を扱うSIやIT系コンサルティングファームのなかでは、中盤~すこし低い水準の年収だと思います。特に30代以降でバリバリ働いて昇進や昇給をしていく会社に比べると、安定はしていますが働いた分の金銭的メリットは少ないと思います。

残業代の支給や福利厚生は他ファームよりも同等程度か上回ると思います(かなり充実しています)。しかし、昨今の働き方改革が進むなかでどちらを好むかは個人の志向次第だとは思います。残業というよりしっかり働いてしっかりと稼ごうという方は転職する人も一定数います

NTTデータの平均年収は800~900万円程度です。

PwCコンサルティングやデロイトトーマツコンサルティングはシニアアソシエイト(シニアコンサルタント)で~1,200万程度まで出るので、年収水準は一段階低いので「やばい」という声もあがっています。

特にファーム間で転職すると、現職よりも1段高い年収水準でオファーが出されることも多いので、社内にいる方からすると「少ない」感覚を強く感じてしまうかもしれません。

ただコンサルファームは社内の人間関係等でプロジェクトを運営していく為、人間関係をゼロリセットすることになる転職は、転職エージェントに相談して、慎重に進めるようにしてくださいね。

NTTデータへの転職対策!
相談できる転職エージェント

NTTデータをはじめ、多くのコンサルティングファームへの転職では各ファームの特徴や強み/弱みを把握して「自分が活躍できるか?」「得たい経験を積めるか?」を事前に考えておくことが大切です。

自分の経験やスキルが活かせる≒転職後の活躍につながり、評価や報酬・更なる経験やスキルの獲得にもつながっていきます。

NTTデータをはじめとした各コンサルファームの特徴や強み/弱みを知りたい方は、コンサル業界に特化してキャリア支援をしているアクシスコンサルティングに相談してください。

アクシスコンサルティングは、NTTデータへの転職支援実績が豊富で、パートナーや人事と常に情報交換しており、最新の情報を教えてくれます。

また過去に転職を支援したコンサルタントの方も多いので、プロジェクト現場の課題や活躍する人の特徴にも精通しており、皆さんにあったポジションを提案してくれます。

NTTデータへの転職を考えている方は、情報交換だけでも大丈夫ですので、気軽にアクシスコンサルティングに相談してみてくださいね!

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
公式サイト:https://www.axc.ne.jp/

NTTデータはクビになる?

NTTデータでは、評価の低さを理由にクビになることは、ほぼありません。

そもそも日本国内では解雇規制が厳格で海外のように簡単に社員をクビにできません。NTTデータはNTTグループの企業であり、多少評価が悪くてもすぐには見捨てず、長期的な目線でサポートしてくれます。

また昨今の大手コンサルティングファーム各社の大量解雇のニュースは、海外法人やバックオフィス(コンサルタントではない)が対象であり、一概にNTTデータも同じ動きをするとは考えにくいです。

ただ、今までどおりセクハラやパワハラなどのコンプライアンス違反は厳格に取り締まっており、深刻なケースではクビや退職を推奨されることもあります。

安心して働ける環境を整えようとするファーム側の努力でもあり、ありがたいですね!

NTTデータの離職率

NTTデータの離職率

NTTデータは日系企業であり、NTTグループの企業でもあるので、アクセンチュアやBig4(デロイトやPwCなど)・MBBなどの外資系コンサルティングファームに比べて穏やかな人が多く、離職率は低い傾向にあります。

2020年度2021年度
離職者数455人/3.8%547人/4.2%
男性(人/割合)381人/4.1%457人/4.5%
女性(人/割合)74人/2.8%90人/3.2%

出典:NTTデータ 平均年齢等社員データ(単体/各年度3月31日現在)

NTTデータの退職理由としては、IT案件以外の経験を積みたい方やスピード感のある昇進・昇給を望む特に若い方には多いようです。アクセンチュアやベイカレントコンサルティング等、に経験を活かして比較的高い年収水準のオファーをもらい転職する方も多いです。

数字でみると女性の離職率が高く、充実した福利厚生等、結婚・出産後も安心して働ける環境を大切にして長く働いていることが多いことが分かります

NTTデータの男性の離職率が4.5%というのも他のコンサルティングファームに比べると非常に低く、外資系だと20%前後、野村総合研究所が10%前後と言われており、男性の離職率も他の同業企業に比べるとかなり低い事がわかります。

最近はNTTデータでも許可を取れば副業できるようになっており、最近では副業向けの案件紹介サービスも増えてきたので、そうしたサービスに登録して本業+月数十万円を稼ぐ方もいます。

様々なIT系の認定資格は取得に数十万単位で費用が掛かる資格もあり、認定資格を会社在籍時に取得し、一定の経験を経たのちアクシスコンサルティング等の転職やフリーコンサルのキャリア支援が可能な転職エージェントに相談すると様々なコンサルタントのキャリアパスを紹介してもらえます。

NTTデータへの転職対策!
相談できる転職エージェント

NTTデータをはじめ、多くのコンサルティングファームへの転職では各ファームの特徴や強み/弱みを把握して「自分が活躍できるか?」「得たい経験を積めるか?」を事前に考えておくことが大切です。

自分の経験やスキルが活かせる≒転職後の活躍につながり、評価や報酬・更なる経験やスキルの獲得にもつながっていきます。

NTTデータをはじめとした各コンサルファームの特徴や強み/弱みを知りたい方は、コンサル業界に特化してキャリア支援をしているアクシスコンサルティングに相談してください。

アクシスコンサルティングは、NTTデータへの転職支援実績が豊富で、パートナーや人事と常に情報交換しており、最新の情報を教えてくれます。

また過去に転職を支援したコンサルタントの方も多いので、プロジェクト現場の課題や活躍する人の特徴にも精通しており、皆さんにあったポジションを提案してくれます。

NTTデータへの転職を考えている方は、情報交換だけでも大丈夫ですので、気軽にアクシスコンサルティングに相談してみてくださいね!

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
公式サイト:https://www.axc.ne.jp/

NTTデータの転職ニュース

最近はNTTデータの社長交代がニュースになりましたね。

NTTデータへの転職でよく話題に上がるテーマについて御紹介します。

NTTデータで花形部署はどこ?

花形部署はその時々で変わりますが、最近は中計でも示されているように海外事業に注力しており、海外赴任など海外の仕事に絡むことで昇進が早くなると言われています。

NTTデータうつになる?

NTTデータは働き方改革を進めており、一昔前よりも非管理職の労働時間は管理され、長時間労働・サービス残業は減ってきています。

NTTデータに限らずクライアントワークをするコンサルティングやIT開発業界では、うつ等の精神的な病気の発症は見られます。ただ、そうした場合のサポートも同業他社に比べて充実しており、そもそも業務を抱え込まない、追い込まれない為の仕組みを用意し、万が一、辛い状況になってもサポートする体制があるのはNTTグループならではです。

NTTデータは何がひどいの?

そもそもNTTデータが”ひどい”というのは、個々人の主観的な感想でもあり、あまり悲観的に考える必要はないでしょう。

もちろんプロジェクトや上司・同僚などとの出会いや関係性によって、ひどい・つらいという瞬間はあるかもしれませんが、それはNTTデータに限ったことではなく、どの会社に行っても起こりうることです。

あまり心配をせず、各職位で求められる期待値にしっかりと答えられるように頑張りましょう。

コチラもチェック!
NTTデータへの転職対策

コチラもチェック!NTTデータへの転職対策

NTTデータへの中途面接対策はコチラの記事を参考にしてくださいね。

NTTデータへの転職!
相談すべき転職エージェント

NTTデータへの転職!相談すべき転職エージェント

様々なクライアントがDXや働き方改革、事業転換等、様々な改革が求められるなかでNTTデータは積極的に中途採用を強化しています。

ただ、専門性のない転職エージェントに押し込まれるような転職だけは絶対に避けなければいけません。

もしNTTデータへの転職を考えているのであれば、ここまで御紹介してきた通り「自分がキャリアで何を実現したいのか」「今の転職で何を実現すべきなのか」は、目先の転職だけでなく、転職後も頑張り続ける為に非常に大切です!

そこで将来、コンサルタントとしてのキャリアを考えている方に向けて、コンサルタントのキャリアに詳しく、キャリア支援(棚卸→ゴール設定→実現に向けたアクションプラン策定等)で評判の高い転職エージェント・転職サービスをご紹介しますね。

転職note編集部

転職エージェントに営業として捌こうとしてくる人も多いのも実態です。

私達もよく出会いますが、面接日程調整の丸投げやどのエージェントでも見るような求人しか出してこないエージェントには「他社との差がないこと」「●●をしてほしい」と自分の意思を伝えています

転職市場の動向で「有効求人倍率」など、一般論を話してくる転職エージェントは要注意です。

*有効求人倍率はハローワークの求人数と応募数の割合です。ハローワークで紹介される警備員や建築現場作業員の求人倍率が、コンサルタントに紹介される求人の動向として参考に足る情報とはいえないでしょう。

企業から直接聞いた具体的な話やキャリアアドバイザー本人の体験談、過去に支援した人の実績など、実態のある話なのか?本当に役に立つ話をしているか?はアドバイスを受ける方もきちんと確認しましょう。

皆さんも転職エージェントとはお互いに敬意を持てる誠実な関係が築けるといいですね。

コンサルティング業界への支援実績No1
アクシスコンサルティング

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
公式サイト:https://www.axc.ne.jp/

アクシスコンサルティング』は、全業界のなかでも平均年収が高いコンサルティング業界に特化した転職エージェントです。

私達、編集部メンバーにはコンサルタントも多いので、コンサルティングファームやIT企業への転職で入社を考えている方には、よくオススメする転職エージェントです。

NTTデータへの転職を支援した実績はかなり昔から多くの支援実績があります。

各コンサルティングファームのパートナーやMDクラスとの親交が深く、アクシスコンサルティングにだけ先に依頼した非公開求人の紹介などの紹介をいただくこともあります。

コンサル業界でのキャリアを考えている方には、オススメできる転職エージェントだと思います。

  • NTTデータの年収や働き方などの話を気軽に聞いてみたい
  • NTTデータをはじめコンサル・IT業界でのキャリアを相談したい
  • 過去にNTTデータに入社した人(未経験を含む)が評価された経験やスキルを知りたい
  • NTTデータに合わせた職務経歴書の添削や面接対策をして欲しい

転職前から“転職後”まで手厚くサポート
アサインエージェント(ASSIGN AGENT)

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
公式サイト:https://assign-inc.com/

アサインエージェント(ASSIGN AGENT)』は、キャリアを真剣に考える20~30代の方の転職を支援する特にコンサルや有名企業への転職支援に強い転職エージェントです。

実際にお話を伺いましたが「最初の面談で求人は紹介しない」「転職よりもキャリアのゴールが大事」「面接対策は何回でも」「転職後も一人立ちするまでサポート」と本当に手厚いサポートを実際にやっていることに驚きました。

(こんなにやってくれるエージェントさん他にいますか?)

様々なコンサルファームへの転職を支援した実績も豊富なのと、実際に支援してくれるエージェントの方が元コンサルタントの方が多いので、ファーム内で求められるレベルや視点・視座の高さをよく理解されているので、業界未経験の方は会話を通して”何を準備しないといけないのか”がよくわかると思います。

決して「上から目線」ということはなく、転職を検討されている方の1人1人のキャリアにコミットしてくれるので、過去の意思決定の棚卸から、目指すべきゴール、今選ぶ選択肢とロジカルに言語化してくれます。(コーチングに近い部分も多いように思います)

また転職後もサポートして定着化・独り立ちまでをサポートしてくれるので、コンサルティングファーム側からも高い評判を得ている転職エージェントです。

コンサルタントとしてプロフェッショナルのキャリアを考えている方は、必ず登録しておいた方がよいエージェントだと思います。

  • まずキャリアのゴールを相談したい
  • コンサルティングファームへの転職に向けて十分な選考対策をしたい
  • 多くの企業を受けてる余裕は無いので高い選考通過率で転職したい
  • NTTデータに入社した人(未経験を含む)が評価された経験やスキルを知りたい
  • NTTデータに転職した後も継続的に相談できるパートナーが欲しい

高年収オファーを企業から直接もらう
ビズリーチ(Bizreach)

おすすめ度:★★★★☆(5点満点中 4点)
【公式サイト】https://www.bizreach.jp

ビズリーチの名前は多くの方が御存じだと思いますが、ダイレクトリクルーティングサイトだということは知っていましたか?

ビズリーチは企業やヘッドハンターと求職者を直接結ぶサイトです。
登録するとビズリーチから求人提案が来るのではなく、登録している企業やヘッドハンターから連絡があります。興味がある求人を紹介されたら、その企業やヘッドハンターと電話やオンラインで面談する流れです。

NTTデータを始め多くのコンサルティングファームはBizreach内で採用を定期的に募集しており、NTTデータに直接応募して募集部署や採用求人の特徴を直接知ることができます。

最近は、様々なコンサルティングファームや官公庁が求人を掲載しているので、自分で直接応募することが出来ます。(最近、Mckinseyの掲載を見つけて驚きましたw)

企業は転職エージェントに支払う手数料よりも採用コストが低いビズリーチの活用に積極的になっており、戦略ファーム・総合ファームだけでなく金融・不動産各社も求人掲載しています。

  • 金融・IT・コンサルファームから直接話を聞いてみたい
  • 金融・IT・コンサル業界への転職支援に強いヘッドハンターに出会いたい
  • 採用に積極的なNTTデータ等の企業から直接話を聞いてみたい


こういう方はビズリーチの登録もオススメです。1次情報より確実な情報はないので、その機会を得る為にもビズリーチに登録しておいてください。

*実際の応募は面接対策が出来る業界特化の転職エージェントも”併用”した方が良いと思います

私達は転職活動の時に複数の転職エージェントに登録して各社を「比較・評価」します。比較することで、より良い転職エージェント・求人を探せるのでメイン1社・サブ2社の合計3社は登録しておきましょう。

多くの人が1社だけ衝動的に登録して転職活動をしていますが、「同じ会社でも転職エージェントによって年収やポジションが違った」なんてこともよくあり、本当は年収100万上げて転職できたのに・・・なんてことにもなりかねません。

よって、転職エージェントは3社以上に登録して、紹介求人が魅力的で対応が丁寧なエージェントと関係を作っていくことをやってみてくださいね。

まとめ|くび?やめとけ?
激務?NTTデータへの転職がやばい理由5選と対処法

NTTデータは急成長に伴って多くの採用を新卒・中途で進めていますが、組織が大きくなり、転職するまで社内事情がよくわからず転職後にミスマッチがわかってしまうと「やばい間違えた!という声になるのも分かります。

また最近では海外のコンサルティングファームの多くがクビや大量退職を発表したことで、「NTTデータでも同じことが起こるの?」と不安に駆られている方もいらっしゃるかもしれません。

まず海外のコンサルティングファームのクビや退職は、日本法人では起こっていません(または限定的です)。

特にNTTデータは国や自治体・金融機関のクライアント向けのシステム開発・導入を中心とした安定したSI事業を中心に、着実な成長を遂げており、クビや解雇を言い渡すことは少ないでしょう。

ただ、記事内にでも御紹介したようにIT以外の経験やより高い年収を求めて他ファームに転職する方が一定数いるのも事実です(これも自己実現に向けたステップ・経験を積めるという意味で、ネガティブな要素ではないでしょう)

大事なのはNTTデータでのキャリアを経て、どんなゴールを実現していくかです。

まずは自分が何を目指したいのかを明確にして、NTTデータでどんな経験をしたいか?どのように貢献したいか?を明確にしていくと自ずと転職先のファームや部署は明らかになっていくでしょう。

NTTデータでどんな経験ができるか?どんな求人があるか?や、その次のキャリアにどんな選択肢があるかはアクシスコンサルティング等のコンサルタントのキャリアに専門性がある転職エージェントに相談するのが確実です。

転職活動を通して、皆さんが望むキャリアを実現されることを願っています。頑張ってくださいね!

目次