コトラ/KOTORA

コトラ/kotoraの転職エージェントのリアルな評判は?金融・IT・コンサル・ハイキャリア転職に強い噂は本当?

コトラは金融・IT・コンサル・製造業で年収800万円以上のハイキャリアの実現に強みをもつ転職エージェントです。金融やコンサル業界に所属する人には比較的知名度の高い転職エージェントですね。

実際にサイトで検索すると年収1,000万以上の求人が全体の30~40%を占め、2,500件以上出てきます。実際にコトラを利用した方の評判では、「若いうちから経験を積み、実力を身に着けて年収を上げたい!という方は必ず登録すべき転職エージェント」という声も多く出ていました。

投資銀行やVC,ファンド,コンサルなど、若いうちから管理職まで、高年収ハイキャリアを目指す方は是非りようしてください▼

私達の転職体験では、コトラが強い金融やコンサル、IT業界での転職では、世に出ていない有名企業や高年収求人を知るには絶対必要なサイトです。どんな紹介が来るか楽しみに登録してみてください!

こんにちは。
転職note編集部です。私達はこれまで転職をとおして、その時々に合わせた自分達が実現したいキャリアを実現してきました。

今回は、金融(VCやPEファンドなど)やIT、コンサルファームなど、プロフェッショナルの転職に強いコトラを実際に使った方の体験をもとにした評判と口コミを御紹介します。

  • 本当に年収800万以上の求人がたくさんあるの?
  • そんなに名前も知らないししっかりした会社なの?
  • PEファンドやVC、REITやコンサル業界等、専門性の高い情報に詳しいの?

そんな疑問に答えられるように100人以上にインターネットで調査した評判と口コミを御紹介したいと思います。皆さんの参考になれば嬉しいです。

コトラ/KOTORAの評判・口コミは?

コトラは「プロフェッショナルの求人」を扱う転職エージェントです。
特に、金融やIT、コンサル・製造業の求人は他の転職エージェントよりも多くの紹介実績があります。なかでも金融業界の転職支援から事業を開始している為、金融業界の経験を活かしたキャリア支援(金融業界内の転職、金融から別業界への転職など)には高い専門性と実績を誇ります。

在籍している転職エージェントも金融やIT、コンサル・製造業業界出身の方が多く、業界の実情をふまえた転職支援・キャリアアドバイスに定評があります。実際の評判や口コミからも御紹介します。

コトラ/KOTORAの良い評判・口コミ

コトラの良い評判・口コミ まとめ

  • 希望や能力に合わせた厳選求人のみを紹介
  • 年収アップが出来る高年収求人が多い(年収1,000万以上の求人が多数)
  • コトラの方が実際に働いた経験をもとに面接対策やキャリアのアドバイス
  • 企業の検討状況など、転職希望者の不安に寄り添った手厚いサポート
  • 金融業界でも投資銀行や不動産金融などの求人が多数(近年はコンサル業界にも注力)
  • 3年・5年と長期でのキャリアサポートが可能
20代後半
男性

コトラの担当コンサルタントの方のアドバイスをもとに、登録から約1ヵ月で未経験ながらM&Aアドバイザリー企業から内定をもらうことが出来ました。コトラのコンサルタントの方は「応募者の希望や能力・属性に合わせた求人紹介」と「転職活動全体へのアドバイスや選考へのフィードバック」が徹底しています。
未経験業界への転職は、何をアピールしていいか?転職しても活躍できるか?など、不安なことが沢山ありましたが、コトラのコンサルタントの方は御自身が働いていた経験をもとに「どういうスキルが必要か」「何をアピールしたらいいか」を教えてくれました。
実際に働かれていた方の説明だったので納得感も高く、アドバイスの通りに転職活動をしたら希望の企業に1ヵ月で入れたので、とても信頼しています。

20代後半
男性

VC業界はインターネット上に情報も少なく、実際の業務内容や次のキャリアイメージが少ない業界でしたが、コトラでVC業界を経験されたコンサルタントの方とお会いすることができ、とてもありがたかったです。
その方は、アドバイスの1つ1つが非常に的確で、他社エージェントでは知ることができない情報も知ることが出来たのは良かったです。

30代前半
女性

コトラには数年前に登録して定期的に案件を紹介してもらっていました。
他のエージェントにも登録していましたが、なかなか希望条件に合う企業に出会えず悩んでいました。そんななか、コトラからは年収アップで希望条件にあった求人を紹介いただくことができました。
ちゃんと私の希望をふまえた求人を厳選して紹介してくれるので、紹介いただいた求人はどれも興味深いものでした。また、内定オファー獲得・退職サポート・転職後の定着まで、手厚くサポートいただけたのもコトラさん経由で転職したメリットだったと思います。

30代後半
男性

金融機関の財務部門で10年以上培った経験を活かして、ワークライフバランスやテレワークの体制が整備された企業への転職を希望していました。
年収も多少増やして希望の条件に合致した求人を何件か紹介いただきました。
実際に転職活動を始めると内定が出るのに時間がかかって不安でしたが、コトラのコンサルタントの方からちょうどよいタイミングで御連絡をいただくことができ、企業の検討状況などをふまえて「いつぐらいまで待ったらいいか」を教えてもらえたので安心することが出来ました。
また、金融業界での経験は専門的な知識や職種も多く、企業にうまくアピールしてもらえるか不安だったのですが、コトラの方は金融業界の内情にも詳しく、うまく転職先企業に私のことを伝えてもらえたと思っています。

30代前半
女性

奈良さんという方が、積極的にコンサル業界の情報発信をしていたのをたまたまTwitterで見つけて登録しました。実際にお会いしても御自身の経験をもとに、コンサルタントの仕事内容や求められる能力、各ファームの違いなどを詳しく教えていただきました。
実際に働かれていた経験とコンサル業界を目指す方の傾向をふまえて、何に注意しないといけないのかを具体的に教えていただけたので大変参考になりました。個別相談だと結構踏み込んだ各ファームのお話を聞くことができるので、興味ある方は相談してみるといいと思います。

30代後半
男性

コトラの担当の方には、最初にお会いしてから5年近くの年月が経ちますが、転職後も変わらず定期的に情報交換させていただいています。前回の転職でサポートいただいた時には、PEファンドへの転職にこだわり、継続的に案件を紹介いただいていました。

PEファンドは資金調達前後で人材採用の募集を始めることが多く、ファンドが資金調達をしやすい年がある為、採用の募集が出やすい年と出にくい年があり、常に募集があるわけではありません。

更に、選考自体がシビアであるため、PEファンドへの転職はある程度、中長期戦になることを覚悟して募集情報を集めながら、実力を高めておくことが必要です。情報収集という点でも必要な能力を見据えた現職でのキャリア支援という意味でも、コトラのアドバイスは随一だと感じています。

面接対策ではファンドの情報をしっかりと集めていくことが重要です。
ファンドの理念や役員情報(出身大学・保有資格・キャリアなど)、株主情報や沿革、投資先企業の概要や過去の実績など、様々な情報が必要です。

少人数で運営しているファンドが多いため、相性や人柄など、社内の方々のソフトな情報収集も欠かせません。そういう意味でも、コトラは全方位的に情報を集めて提供してくれましたし、不必要に転職を勧めることをしないので、信頼に足るエージェントさんだと思います。

転職note
編集部

コトラの評判や口コミを御紹介しましたが、金融・IT・コンサル・製造業業界やハイキャリア職種の経験を積んだキャリアコンサルタントが専門性の高い手厚いサポートを中長期でしてくれることが分かったと思います。ハイキャリアを目指す方には、オススメできる転職エージェントだと思いますので、興味のある方は無料ですので一度相談してみてくださいね。

オススメ度★★★★★

【公式サイト】https://www.kotora.jp/

コトラ/KOTORAの悪い評判・口コミ

コトラの悪い評判・口コミ まとめ

  • 紹介される求人数が少ない
  • 求められるスペック(年収・経験・能力)が高い
  • 強い業界(金融・IT・コンサル・製造業以外の求人数は他エージェントと変わらない
20代前半
男性

通信会社→キャリア相談
年収が高く、ハイキャリアの求人を紹介してもらえるのかと期待して登録しましたが、私は十分な経験をまだ積めていないということで、ほとんど求人を紹介してもらえませんでした。
また各求人で求められる能力や経験のレベルは高く、応募してもなかなか通過しなそうだなという印象がありました。

20代後半
男性

製薬→キャリア相談
私は製薬業界の所属ですが、かなり職位の高いポジションはあるようでしたが、20代後半だとコンサルファームを中心とした求人の紹介が中心になるとのことでした。転職エージェントによって強い業界には特徴があるので、コンサルや金融などに転職したい方向けの転職エージェントさんなのかなと思います。

30代前半
女性

コンサル→PEファンド
業界経験者という点で、他の転職エージェントよりは専門性のある話だったと思います。一度、前職(コンサル)に対する評価や評判を聞いたのですが、業界の中で感じた経験とは乖離もあって、ファームが転職エージェントに説明している内容は必ずしも実態を表してはいないなと思ったことはありました。
またファームは部署や上司となるパートナーによって、雰囲気やマネジメントスタイルも全く違うので、なかなか実態をつかむのも難しいなと思いました。

転職note
編集部

コトラは、業界を絞り(金融・IT・コンサル・製造業)、専門性の高い求人の紹介と転職サポートをしているからこそ、ハイキャリア求人への通過率の高い転職を実現できます。
逆に言えば、特定の業界やハイキャリア求人以外には、あまり注力しておらず、数多く・様々な業界への転職を考えたい方はリクルートやdodaなどの大手エージェントサービスの方が向いていると思います。
また、扱っている求人のほとんどがハイキャリア求人の為、転職希望者に求められる能力や経験のレベルも高くなっています。
ただ、最近はコンサルティングファームやIT企業など、積極採用している企業も多いです。
業界があっていれば一度相談してみると他の転職エージェントでは紹介されないような求人に出会える可能性があります。

【公式サイト】https://www.kotora.jp/

コトラ/KOTORAの強みは?

コトラの良い評判/悪い評判を御紹介しましたが、なぜこんなにハイキャリア求人を集められるのか、転職を成功に導くことができるのか、その背景にあるコトラの転職サービスの強みを御紹介します。

1.金融・IT・コンサル業界出身者が多く在籍して専門性高いサポートが可能

コトラを実際に活用した体験に基づく評判や口コミからも、業界出身者の専門性高いサポートが高評価の背景にあることは伝わったかと思います。実際に、コトラのサイトでも各キャリアコンサルタントの経歴が紹介されていますが、本当に金融やIT・コンサルティング・製造業業界出身の方が多いことが分かります。

公式サイトより:コトラのコンサルタント(金融/不動産)

公式サイトより:コトラのコンサルタント(コンサルタント)

多くの方が、担当業界での就業経験、もしくはそれに類する職歴を持っています。
投資銀行や投資ファンド、コンサルファームでの戦略策定やM&Aの支援などは、実際にやってみないと何がどのように大変なのかを説明するのが難しい分野だったりします。

この業界に転職をしたい場合は、出来るだけ中の情報を集めることが重要です。
コトラのキャリアコンサルタントに相談するのは、確実な方法の一つだと思います。

特に、コンサルティングファームへの転職を担当している「奈良 慎太郎」さんはTwitterやnote等のSNSでも積極的に情報は発信をされているので、興味のある方はフォローしておくと良いでしょう。

コトラ/KOTORA 奈良 慎太郎さん Twitter
コトラ/KOTORA 奈良 慎太郎さん note

コトラに登録しているとウェビナーの開催もあります。
例えば、コンサル志望の方向けには、よくある質問を元に深ぼって紹介してくれるので、かなり役に立つ内容だと思います。

【公式サイト】https://www.kotora.jp/

2.経営幹部・管理職とハイキャリアな求人を数多く紹介(年収1,000万以上多数)

コトラが扱う求人の多くは年収が1,000万円を超えるハイクラス求人です。
20代でキャリアアップを狙う人や経験を積んで新たなミッションにチャレンジしたい方には、うってつけの求人ばかりです。

更に幹部クラスや管理職専門の求人も扱っています。
経営層の転職を扱うエージェントだとJACリクルートメントやクライス&カンパニーが有名ですが、コトラも両社に双肩を並べる転職支援実績を誇ります。

コトラのサイトで求人を検索すると、1,000万円以上の求人だけでも2,496件該当します。
全部で8,000~10,000件の求人が検索できるので、全体の30-40%が年収1,0000万円を超える求人です。
非公開求人を含めると、更に多くの求人があるので「ハイキャリア向けの求人を数多く紹介」しているというのは事実です。

コトラ/KOTORA 紹介求人

参照:コトラ マイページより

3.自己診断サーベイによる自己分析ができる

コトラに登録した後には、独自の自己寝台サーベイ(KOTORA25)を受けることができます。
KOTORA25は、コトラが行動心理・経営理論に基づき、独自に開発した自己診断調査ツールです。
所謂、ストレングスファインダーのようなものですね。

皆さんが仕事において、どのような行動や考え方に、高い価値を置くのかを計測してくれます。
KOTORA25で測る価値観は、ビジネスパフォーマンスの強化、キャリア開発、自己実現に直結する仕事上の25種類の「意識と行動」に対して、何を、どれだけ、どのように重視・優先しているかという価値観を測定してくれます。

KOTORA25では、実際のビジネスシーンにおいて効果を発揮する、様々な行動や意識の持ち方を調べ、類型化します。この25の「意識と行動」は、実際の仕事場面で見られる様々な行動のなかで、仕事の効率や効果を高めるために有効なものだけを抽出しています。

例えば、目標を達成したい気持ちが強いという「達成指向」、選択と集中の戦略が大事だと思う「戦略思考」、正確で秩序ある対応をしたいという「規律性」などがあります。

これを自分の目線と他社からの目線、と異なる目線で整理してくれるため、多くのユーザーから使ってみることで新たな側面が発見できたという声があります。

30代 男性

職場で行った性格適性検査の結果は正直なところピンときませんでした。KOTORA 25は現実的な仕事場面に沿っているので検査結果が分かりやすく、自分の特徴を納得感を持って受け入れることができました。これからの仕事や職場の人たちとの関係を考えるのに非常に役に立ちました。自分にとって変えがたい価値観、大切な価値観から、自分のキャリアデザインができると思いました。

40代 男性

部署でKOTORA 25を使わせてもらいました。
KOTORA25は仕事における価値観に絞って整理されているので、非常に実践的で個人個人の違いが分かり、とても参考になりました。
確実に月次予算を達成するメンバーが意外に達成志向が低く、顧客指向と柔軟性が高かったり、予想外の結果もありました。他にも個人プレーでマイペースな人だと思っていた人が意外と「ネットワーキング」や「指示命令」に対する意識が高かったりすることもありました。

4.充実したアフターフォローサービスを受けることができる

コトラでは、コトラの紹介で転職が決まった方に対して、新しい職場でのスタートダッシュを支援する「価値観診断に基づくアフターフォローサービス」を提供しています。転職した方と新たな仕事・職場・同僚との関わり方のヒントを提供してくれるので、円滑な職場への定着と短期での活躍に向けた後押しをしてくれます。

アフターフォローサービスは先に御紹介した「価値観診断 KOTORA25」の受験と面談がセットになっています。内定応諾後から入社3ヵ月までの間に1回は無料で受けることができます。入社直後は、違う環境で不安になることも多いと思いますが、こうしたアフターフォローの手厚さで転職後半年の定着率が97%と非常に高い実績を誇っています。

出典:コトラHP

コトラ/KOTORAの弱みは?

コトラは業界(金融・IT・コンサル・製造)を絞り、転職を支援している為、転職したい業界がマッチしている方、求められる能力や経験にマッチしている方には、非常にオススメの転職エージェントです。一方で、以下の弱みもある為、合わない方も一定数いることは理解しておいてください。

  • 金融・IT・コンサル以外の求人が少ない
  • 東京近辺以外の求人は、ほとんどない
  • 求められる能力や経験のレベルが高い
転職note
編集部

コトラが得意とする業界は、各転職エージェントが個別に求人を依頼された非公開求人が多い業界でもあります。その為、転職エージェントは複数登録して様々な転職エージェントから情報収集するのが、私達編集部のオススメです。
「特別」「非公開」と言われて転職を煽るタチの悪い転職エージェントもいますが、複数登録して裏取りしておければ騙されることもなくなります。
既に年収600万円以上あり、外資系企業を含めた転職を考えている方は『Bizreach(ビズリーチ)』と『JACリクルートメント』には登録しておきましょう。

転職note
編集部

Bizreach(ビズリーチ)は企業とエージェントのヘッドハンティングサイトです。面白いのはプロフィールを登録しておくと外資系コンサルティングファームや金融機関各社から直接面談のスカウトが届きます。またMckinseyを始め戦略ファームが公開募集をすることもあり、企業から直接情報収集ができる数少ないサイトです。

JACリクルートメントは、転職エージェント業界3位の大手ながら、業界担当別に分かれておりコンサルやIT、金融業界への転職希望者は業界専任のキャリアコンサルタントの支援を受けることができます。また業界大手の組織力でコトラよりは多くの求人数を持っていますので「より様々な求人を見てみたい」という方には併用をお勧めできます。

コトラとの併用がおすすめな転職エージェント3選

JACリクルートメント
公式サイト:http://www.jac-recruitment.jp/
外資系企業への転職・ハイキャリアの実現を目指すなら必ず登録すべきサイト。
外資転職者の王道転職エージェント。

Bizreach(ビズリーチ)
公式サイト:https://www.bizreach.jp/
年収600万以上の方は必須の転職サービス。
外資内資関係なく直接スカウトが来る。転職エージェントを挟まない生の情報が集められる。もちろん実力のある転職エージェントのスカウトももらえるので一石二鳥。

●アクシスコンサルティング
公式サイト:https://www.axc.ne.jp/
コンサル・IT業界への転職ならアクシスコンサルティングも業界特化で専門性が高いです。コンサルタントへの転職、フリーランスの案件紹介など、様々なキャリア形成を手伝ってくれます。

コトラ/KOTORAの登録方法と転職支援の流れ

続いてコトラに登録して転職支援サービスをうけるまでの流れを御紹介します。
登録から全て無料で行えますので、投資銀行や不動産REIT管理会社、外資系コンサルティングファームなど、コトラに相談したい方は、登録してみてください。

コトラ/KOTORAの登録方法

公式サイトの登録はコチラからスグにできます。
Facebookアカウントでも登録できますので、登録自体は1分とかからず非常に簡単です。

コトラ/KOTORAの転職支援の流れ

コトラは登録からStep1~7の流れで終わります。

コトラの転職支援サービスは、特に登録した後の「キャリア面談」と「求人の御紹介」「面接対策」に非常に良い評判・口コミがありましたので御紹介します。

Step-2:キャリア面談の特徴

現在の転職市場についての情報提供は非常に良かったです。
特に2020年の新型コロナ流行初期に多くの転職エージェントは「全然大丈夫」しか言わない人が多かったです(メッチャ嘘)。コトラのキャリアコンサルタントの方だけ全体の市況は厳しいが「●●の職種は良い」「●●の部門は良い」など、非常に具体的な市況説明を根拠と共に説明してくれました。

余談ですが、多くの転職エージェントが有効求人倍率の話とかをしてきますが、有効求人倍率はハローワークの求職者1人あたり何件の求人があるかを示す数値です。正直、ハイキャリアの転職を考えている人とは全然違う市況です。コトラのキャリアコンサルタントの方は流石に言ってきませんでしたが、投資銀行やコンサル、IT業界でハイキャリアを目指したい人は「有効求人倍率は・・・」とか言ってくる転職エージェントは秒で切り捨てていいと思います。

参考にならない数値でワンチャン騙そうとする人と付き合う時間は無駄です。

元に戻りますが、求人を紹介する業界を絞って専門性高いキャリア支援を行っているコトラは、転職市況の説明についても非常に具体的な正確な情報提供をしてくれます。スグに転職!というわけでなくても、「一度相談したい」というスタンスでも頼りになる存在です。

Step-3:求人の御紹介

コトラは求人の希望条件(年収1,000万以上など)とキャリアの志向をあわせて厳選した求人を紹介してくれるので、数こそ多くないものの希望に沿った求人を紹介してくれます。

また中長期的な目線で●●のキャリアを目指すなら「今の職場で■■の経験をしておくことが大切」など、今の職場で重視すべき条件を聞くことができます。更に、1度相談しておくとPEファンドやVCなど、不定期でしか募集がでない求人が出たタイミングで紹介してくれるようになります。中長期戦も視野に、早めに情報交換を始めておきましょう。

Step-6:面接(対策)

コトラは業界を絞っているからこそ、面接官のキャリアや保有資格、面接で重視するポイント、過去の質問と通過回答履歴とかなりの情報を面接前に教えてくれます。更に不安な方には事前の面接対策の時間もくれるので、「ちゃんと準備しよう」という人は、かなり手厚いサポートを受けることができますし、時間の無い人にも限られた時間でなるべく多くのインプットを提供してくれます。

面接後も企業からのフィードバックが不明な場合は、ちゃんと確認してくれていて「●●の部分は疑問が残ったようなので、次回の面接では■■をアピールできるように」など、次に向けた具体的なアドバイスをしてくれます。(この辺は、転職エージェントによっては手を抜くところもあるのでコトラは信頼がおけるなと思います)

転職note
編集部

コトラの登録は本当に簡単に終わります。
登録よりは面談でしっかりと希望するキャリアやライフスタイルをヒアリングすることに重きを置いています実際に面談するとその実感も得られると思いますので、気軽に相談してみてくださいね。

オススメ度★★★★★

コトラ/KOTORAと併用すべき転職サービス

ハイキャリアの転職を成功させるには、複数の転職エージェントへの登録が必須です。
金融やコンサル、IT等のハイキャリア求人は転職エージェント各社が個別に人材の紹介を依頼されていることが多いです。コトラも多くの非公開求人を保有して人材への紹介をしていますが、それでも他の転職エージェントが持っている求人全てをカバーすることは困難です。

また、同じ会社でも転職エージェントによって開示している条件が違う場合もあります。

そういう意味でも転職エージェントは複数登録して「最もいい条件の求人を探す」ことを徹底することをオススメしています。A社とB社の発言を比較して「信憑性を確認すること」や「自分に相性の良い転職エージェントを見つける」ことにもつながりますので、是非、複数登録してみてくださいね!

高年収スカウトが届くBizreach(ビズリーチ)

ビズリーチの名前は多くの方が御存じだと思いますが、ダイレクトリクルーティングサイトだということは知っていましたか?

ビズリーチは企業やヘッドハンターと求職者を直接結ぶサイトです。
登録するとビズリーチから求人提案が来るのではなく、登録している企業やヘッドハンターから連絡があります。興味がある求人を紹介されたら、その企業やヘッドハンターと電話やオンラインで面談する流れです。

またコンサルティングファームや官公庁が求人を掲載しているので、自分で直接応募することが出来ます。(最近、Mckinseyの掲載を見つけて驚きましたw)企業は転職エージェントに支払う手数料よりも採用コストが低いビズリーチの活用に積極的になっており、戦略ファームや金融・不動産各社も求人掲載しています。(転職関連のサイトで掲載企業数が最も多いと言われています)

  • 金融・IT・コンサルファームから直接話を聞いてみたい
  • 金融・IT・コンサル業界への転職支援に強いヘッドハンターに出会いたい
  • 企業から直接話を聞いてみたい

実際に応募するかは別にして、ビズリーチに登録して連絡がきた企業から話を聞いてみるのをオススメします。1次情報より確実な情報はないので、その機会を得る為にもビズリーチに登録しておいてください。

*実際の応募は面接対策が出来る業界特化の転職エージェント経由が良いと思います

外資系・ハイキャリア転職支援に強いJACリクルートメント

JACリクルートメントは、昔から外資系企業・国内企業の海外部門でのキャリア形成に強い転職エージェントです。業界担当制で各業界担当の方が企業の役員や人事から直接聞いた話を私達に教えてくれます。

JACリクルートメントでは金融やIT・コンサル業界毎に担当が割り振られており、それぞれの担当者が最新の求人情報や転職後の働き方を教えてくれます。グローバルで活躍するキャリアを目指す方は、登録すべき転職エージェントです。

  • 気軽に転職の相談をしたい
  • 金融・IT・コンサルと各業界でのキャリアを相談したい(転職は未定)
  • 金融・IT・コンサルの業界に合わせた職務経歴書の添削や面接対策をして欲しい

私達の経験では、最も多くの過去の質問や選考通過者の回答事例を持っていて面接前に何を準備しないといけないのかを手厚く教えてくれたのがJACリクルートメントでした。

コンサル・IT業界に特化したアクシスコンサルティング

コトラと同様にIT・コンサル業界に特化して転職支援をしているアクシスコンサルティングは戦略・総合系のコンサルファームへの転職支援実績が豊富な転職エージェントです。

各ファームのパートナーや人事から話を直接聞いており、コンサル業界全体の転職動向から各ファームで必要なスキルや経験をよく理解しています。特に総合系・日系ファームへの転職では多くの求人を紹介してくれます。また、ポストコンサル支援にも力を入れている為、「コンサルタントの後のキャリア」まで相談できる中長期的な関係を作っていける転職エージェントです。

転職を日々支援するなかで、転職後に失敗してしまう方の傾向やコンサルタントの次のキャリアを含めて提案ができるのは業界特化の転職エージェントならではです。

  • IT企業・コンサルファームの年収や働き方などの話を気軽に聞いてみたい
  • エンジニア・コンサルタントのキャリアを相談したい(転職は未定)
  • 各ファームに転職した人が評価された経験やスキルを知りたい
  • IT・コンサル業界に合わせた職務経歴書の添削や面接対策をして欲しい

コンサル業界はコロナ禍でクライアント各社がビジネスモデル変革やデジタル化を進める為、採用をかなり強化しています。より高いポジションで転職したい方は業界に専門性のあるアクシスコンサルに確認しましょう。

まとめ

今回はコトラを実際に使った方の体験をもとに評判や口コミを御紹介しました。
コトラは金融・IT・コンサル・製造業を中心にハイキャリアの求人(年収800万円以上)を紹介する専門性の高い転職エージェントです。

その分、転職先として志望する業界がマッチしていれば、転職市場になかなか出てこないPEファンドやREIT運営会社、VCや戦略ファームなどの求人を紹介してもらえますし、面接や書類選考でも非常に手厚い転職のサポートを受けることができます。

転職後のキャリアもキャリアコンサルタント自身が、金融やコンサルティング業界での就業経験がある為、非常に生々しいリアルなキャリアの話を聞くことができます。何度か話をすれば、どういうライフスタイルでどのようにステップアップしていくかを具体的にイメージできると思います。

選考準備、キャリア準備という意味でも、ここまで専門性高く信頼できる情報を提供してくれる転職エージェントは少ないと思います。もし金融・IT・コンサル・製造業でのキャリアを目指すなら、必ず登録してみてください。