空輸 業界

コロナ後のグランドスタッフの転職理由とアピールポイント

こんにちは。
転職ノート編集部です。

新型コロナウイルスの流行後、大きな打撃を受けている航空業界で働かれているグランドスタッフの方々は、将来に不安を感じている方も多いのではないでしょうか。

ただ、漠然と不安になるのではなく、いくつかのレポートから回復の見通しと理解しておきましょう。

そのうえで、自分のアピールポイントと活躍できるキャリアを冷静に考えてみてはいかがでしょうか。

グランドスタッフの仕事は、シフト制で深夜や早朝に出勤することもある体力的に厳しい仕事です。また、人間関係で悩まれている方も多いですよね。

一方で、分単位での時間管理や正確な機械の操作、丁寧なコミュニケーション力など、他業界でも活躍できる能力を身に着けられる職場です。

この機会に中長期的なキャリアを見直すお役に立てればと思い、航空業界の現状と見通し、グランドスタッフの能力を活かした職種を御紹介します。

いつ戻るの?航空業界の景気見通し

マッキンゼーレポート:景気回復見通し

出典:Mckinsey&Company COVID-19ブリーフィング・ノート

世界的なコンサルティング会社のマッキンゼーが出したレポートでは、航空業界の予測される世界的な再開時期は2021年Q1/Q2(2021年4-6月/7-9月になっています。

実際に現在も緩やかに経済の回復を狙いながら、リモート会議の活用による出張の減少やGoToキャンペーンから東京を除外するなど、国内だけでも利用が増えない状況です。海外との輸出入は、ほぼ止まっています。

そういう意味では、これよりも時間がかかる可能性は予想しておかないといけません。

グランドスタッフを辞めたくなる理由

グランドスタッフ
A子さん

グランドスタッフを目指していた頃は、華やかな世界に憧れていました。
実際になってみると現実が見えてきて、将来のことを考えた時に、自分のキャリアを考え直そうと思いました。

シフト制で体調を崩してしまう

グランドスタッフは華やかなイメージで入社された方も多いと思います。
しかし実際は、体力的にも精神的にもキツイという方が多いです。

特にシフト制で早番・遅番があり、起床時間が不規則なため、女性系の病気になる方やメンタルを病んでしまう方が多くなってしまう業界であることも事実です。

もし、あなたが辛いなら、一人で悩まずに周りの人に相談しましょう

年収が低い

グランドスタッフは華やかなイメージで入社された方も多いと思います。
しかし実際は、体力的にも精神的にもキツイという方が多いです。

10年目でも4-500万程度の年収です。
飛行機代はかなり安く変えるので、休日に海外旅行に行くことも可能ですが、この時世では、そのメリットも活かしにくいですね。

人間関係が煩わしい

ぶっちゃけ女性が多い職場なので、人間関係に煩わしさを感じる方も多いですよね。

特にパイロットや社内同僚の不倫や浮気、元カレ・元カノが同僚と付き合ったなど、ネタも尽きず、人間関係が嫌になる方がとても多いです。

仕事内容がつまらない・イレギュラーが多い

仕事内容は接客が多いので、つまらなさを感じる方も多いです。

また、飛行機の発着時間が遅れたり、社内手続きのミスでイレギュラー対応が必要になったりなど、急遽対応が必要になることが多く、予定が立てづらいのも嫌になる方が多い特徴です。

景気動向に業績が左右される/将来の見通しが立たない

景気がいい時は良いのですが、リーマンショックや今回のコロナのように景気動向が悪くなると一気に企業の存続にかかわる話が出てきます。

もちろんインフラとして政府が存続させる業界ではありますが、当然のようにリストラなど、先行きが非常に不透明になります。

そういう意味でも、自分に力をつけて「どこでも働ける力をつけたい」「より様々な業界で働ける経験をつけたい」と転職をする方が多いのも事実です。

転職を相談したい時の転職エージェント

女性のための適職紹介『WomanWill』では、女性ならではの悩みや将来への不安にも親身に相談にのってくれます。

また、グランドスタッフの転職の成功事例をたくさん知っているので、今時分にどんな需要があるかを知ることができます。

ただ不安でいるのではなく、専門家と話をして、情報を集めることで、自分にどんな選択肢があるかを知って前に進むことができます。

今は無料で登録して、オンライン会議や電話で相談できるので気軽に登録してみましょう。

グランドスタッフの転職を有利にするポイント

身に着けたスキルをアピール

グランドスタッフの業務で身がいたスキルは、様々な職場で活かせます。
その中でも特に強みになるのは、以下の能力でしょう。

1.英語力
英語を使う職場に転職したい場合は、英語力をアピールできます。
最近ではベンチャーから大手企業まで、海外とのやり取りは普通に行われるようになりました。

その為、グランドスタッフとして「英検2級以上」や「TOEIC600点以上」などの資格を得ている場合は、さらに転職が有利になります。

2.タイムマネジメント力
飛行機を時間通りに飛ばすために、様々な手続きや関係者と連携する能力はグランドスタッフの方は非常に高いと言えます。

一般的な企業の仕事でも、様々な仕事の関係性を理解して納期通りに仕事を終える、何か想定外のことが起こった時の報・連・相は非常に大切です。

グランドスタッフの方々は「毎日」のことなので当然にこなしていますが、一般的な企業からは突出した能力としてアピールできるところでしょう。

3.コミュニーション
クレーム対応や周囲の人間関係の維持など、お客様だけでなく社内とも常に多くの意思疎通が必要となるグランドスタッフの方々は、とても高いコミュニケーション力を持っています

その力を活かして、営業や事務など、様々な仕事に就ける可能性があります。

転職先の業界研究・企業研究をする

業界研究や企業研究をすることで、転職の成功確率を上げられますし、何より自分の将来を守ることになります。

業界研究・企業研究が必要な4つの理由を説明します。

1.年収は「職種×業界」で大枠が決まっている

「業界と職種」でおおよその年収が決まります。
将来のことを考えた時、必要な年収が分かったら、まず平均年収が高い業界を理解し、次に自分がやりたい/やれる職種を探すことが大切です。

例えば、「金融業界大手の営業部長:年収1,600万円」とか「小売業界大手取締役:年収900万円」など、企業規模や役職(営業部長<取締役)よりも、業界(金融>小売)や職種の方が年収に大きく関係します。

年収を少しでも上げたいのであれば、そもそも業界水準として年収が高い業界での求人を探すことが大切です。

これは40歳のモデル年収の業界平均です。
コンサルや総合商社が高く、放送や携帯電話事業者と続きます。
業界の平均年収が低いと仕事に打ち込んでも年収に報われることは難しいことを知っておきましょう。

2.景気に左右される業界かどうか

業界研究・企業研究をしないといけない2つ目の理由は、景気動向に対する強さです。例えば、航空業界では2010年にJALが倒産しています。

1989年にバブル崩壊、2009年にリーマンショック、2020年に新型コロナの流行と、約10年に1度は不況はきます。その時に大きな影響が出た業界かどうかを知っておくことは、自分の将来を守るために必要です。

ちなみにJALはこの時の破綻をきっかけに財務体質をかなり改善して、新型コロナ流行前はANAよりも高い利益率を保ち、新システムへの移行も果たしました。

左右されるからダメというわけではなく、自分がいる業界、転職を希望する業界の特徴を知っておくことが大切です。

3.今の自分に合った働き方や制度があるか

業界研究や企業研究が必要な3つ目の理由は、今の自分に合った働き方や制度があるかを知る為です。

大学生から新卒で入社する時、綺麗な空に飛ぶ飛行機、超有名な企業ブランドなど、様々な憧れをもって入社した方も多いのではないでしょうか。

ただ、入社して働いてみるとシフト制や人間関係などの現実も分かってきます。そして結婚や出産、育児など、様々なライフイベントを想定した時に、どういう年収や働き方が必要なのか、仕事に対して成長した見方ができるようになっていると思います。

成長した今の自分が求める働き方ができるか、制度があるかを知る為に、転職活動を始める前、会社の採用ホームページや口コミなどは、必ず目を通しておきましょう。

4.志望動機を”転職先のニーズに合わせて”伝える

転職活動は「自分という”商品”を企業に売込む営業活動」です。

これまでの経験やスキルを「どんなことができるか」「どう役立つか」「値段はいくらか」という営業を通して買って(採用して)もらいます。

その為には、「相手が何を必要としているか」を理解して、そこで役に立つ・メリットがある、ことを伝えないといけません。

その為に、業界研究・企業研究が必要になります。
具体的には、以下の情報は見ておくことをオススメします。

  • 過去から今までの市場規模推移(「業界名+市場規模」で検索すると出てきます)
  • 転職先(候補)企業の会社概要と沿革
  • 各種決算報告書(有価証券報告書が難しい方は、「決算説明資料」というプレゼンテーション用資料を読んでおくといいです)
  • 沿革(特に1989年や2009年などの景気変動が大きかった時期)
  • 転職サイトや企業HPの「求人要項」にある「仕事内容・求める人物像・必要な能力とスキル」
  • 社長や社員のインタビュー記事
  • 実際に務めている人のクチコミ(ネガティブな情報も知っておきましょう。特に退職理由)

転職エージェントを利用する

転職エージェントは、非公開な求人を紹介してくれたり、履歴書の添削、面接対策のほか、入社日や給与等を転職先企業に交渉してくれます。

また、転職アドバイザーも在籍しており、新型コロナ流行後の市場動向をふまえた市場ニーズをもとに、皆さんの経験にあったアドバイスをしてくれます。

さらに、登録・利用に費用はかかりません。
こうした利点を持つ転職エージェントを利用すれば、転職をスムーズに進められます。

グランドスタッフにおすすめの転職エージェント

転職活動に疲弊しない為に!基本的な付き合い方

新型コロナウイルスの流行後、航空業界は回復に時間のかかる業界と言われています。

業界研究・企業研究をしたうえで、転職エージェントと面接対策や志望動機を確認しておく必要があります。

特に、新型コロナの流行で顧客企業のニーズも変わり、求人で求める経験やスキルが変わっている場合があります。そうした最新の情報を入手するうえでも転職エージェントは役に立ちます。

昔は、転職をする時だけ転職エージェントに登録する使い方が多かったです。最近は求人情報がよく変わるので中長期的に情報交換して、次のキャリアに向けて現職でも継続的に経験を積んでいくことが大切です。

求人数と転職支援実績No1:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、言わずと知れた転職エージェントの最大手です。

リクルートの圧倒的な営業力で企業から多くの求人を獲得しています。
また、企業側から見ても紹介数が多い企業を雑には扱えないので、年収や入社日などの条件交渉も強く、皆さんが実現したいライフスタイルの実現に向けて交渉してくれます。

比較的に短期で転職を決めようとする傾向にはあるので、出来るだけ短期間に転職を決めたい方にオススメです。

  • 初めての転職で職務経歴書や面接準備を手厚く準備したい
  • 他業界・他職種の求人を幅広くを知りたい
  • 転職活動を引っ張ってもらい短期で転職先を決めたい

こういう方は、リクルートエージェントに登録しましょう。

転職サポートが手厚い:doda

1~2回目で職務経歴書や面接に自信が無い方には、dodaはオススメです。
類似経験が書かれた職務経歴書のフォーマットを送ってくれたり、個別相談や自己分析支援など、中長期的に転職活動を手厚くサポートしてくれます。

手続きのシステム化が進んでおり、マイページを持つと求人の提案が続々と来ます。興味ある案件を「お気に入り登録」していくと、だんだん希望に沿った求人が届くようになります。

私達の編集部にも転職時にリクルートとdodaを併用したメンバーが多いのですが、大手の中で最も丁寧なサポートをしてくれました。

当時、ほとんど新卒のような時に転職活動で、会社の仕事をしながらも時間のなかでやりくりして転職活動をしていることに親身になってくれ、精神面でもサポートをしてもらいました。

  • 初めての転職で職務経歴書や面接準備を手厚く準備したい
  • 他業界・他職種の求人を幅広くを知りたい
  • 自分のペースを大切にしつつ、色々と相談したい

こういう方は、dodaに登録しましょう。

女性向けの転職支援に強み:マイナビ女性の転職エージェント

女性のための適職紹介『WomanWill』は、株式会社 マイナビが運営している女性向けの転職エージェントです。

女性向けの求人に特化していることもあり、事務系の求人や未経験のキャアチェンジの求人を多数保有しています。女性特化ということもあって女性のキャリアアドバイザーが多数所属しています。

そのため、女性のライフイベントに沿ったキャリア支援や育休・産休といった相談がしやすいのも嬉しいですね。

  • 初めての転職で職務経歴書や面接準備を手厚く準備したい
  • 自分のペースを大切にしつつ、色々と相談したい
  • 女性目線でキャリアを考えた求人を知りたい

こういう方は、女性のための適職紹介『WomanWill』に登録しましょう。

私達も転職活動の時に、複数の転職エージェントに登録します。
複数に登録すると転職エージェントが手元にある求人だけ提案してきている(=他のエージェントと案件がかぶっている)かが分かります
他社と差がない、魅力がない、ということをキチンと伝えて転職エージェントにやる気を出してもらうことも転職活動で大切なポイントになります。
全部に全力投球する必要はありませんが、メイン1社・サブ2社ぐらいは登録しておきましょう。

まとめ

航空業界の業績は引続き見通しは暗いものの、いくつかのレポートでは来年中旬~下旬までは、厳しい状況が続く見通しです。

また固定費が多く、リーマンショク、コロナショックと定期的に来る不況期に弱い業界です。改めて中長期的な視点でキャリアを考えてみることがオススメです。

もともと、体力的にも人間関係的にも厳しいお仕事ですが、英語力や時間管理能力、コミュニケーション能力など、身に着けた様々なスキルを活かしてキャリアを築いていってもらえればと思います。

自信をもって様々な業界と職種の可能性を調べてみてください。
きっと今のあなたが望み未来を実現できるお仕事が見つかると思います。

皆さんの転職がうまくいくことを願っています。