ベンチャー企業

転職面接対策:freeeの会社概要と今後の成長見通し

こんにちは。転職ノート編集部です。
私達は、全員で20回以上の転職経験があり、様々な業界で働いた経験を持つ年収1千万を超えるコンサルタントを中心とした執筆チームです。

「スモールビジネス向けに統合型クラウドERPを提供」しているfreee株式会社を2回に渡って御紹介します。

第1回の今回は、freee株式会社の事業内容や業界動向、業績推移と今後の見通しなど、急成長を遂げるfreee社の概要を御紹介します。

第2回は「転職面接対策:freeeの社風・選考プロセス・面接・年収」を御紹介します。

会社概要と提供サービス

 会社概要

会社名freee株式会社
設立2012年7月
代表取締役社長佐々木 大輔
資本金161億603億円(資本準備金等含む)
従業員数506名(2019年6月末時点)
支社中部支社、関西支社、九州支社
営業所札幌営業所、京都営業所、広島営業所

freeeは、Googleで日本およびアジア・パシフィック地域での中小企業向けのマーケティングチームを統括していた佐々木社長が2012年7月に設立した、スモールビジネス向けに統合型クラウドERPを提供する会社です。

 提供サービス

主な提供サービスはクラウドの「会計ソフト」と「人事労務ソフト」です。

「統合型」という点が、freee社のサービスの特徴の一つです。

出典:2020年6月期 第2四半期 決算説明会

●統合型の意味
「業務と会計処理の統合」を指しています。

例えば、freee社の会計サービス上で請求書を発行したとします。
相手も同様にfreee社の会計サービス上で請求書を受け取ると自動で支払額や期限が登録されます。
これを支払うと、自動で会計帳簿が付く、という仕組みです。

●現時点での主要導入機能
「請求書を受け取った時のシステム入力業務」や「請求管理」の”業務”が、会計処理に自動的に反映される等、こうした業務と会計処理を統合したサービスは既に導入されています。

●段階的に進んでいる導入機能
freee上で「企業間取引」や「融資などの金融機関との取引」ができるようにしたうえで、「会計処理」に自動反映させるシステムです。

こうした業務と会計処理を統合した、クラウド型のERPシステムを提供している会社ということですね。

ミッションとビジョン

 ミッション

ミッションは「スモールビジネスを、世界の主役に。」ですね。

先日、Mckinseyのコロナ後の世界に関するレポートでも御紹介しましたが、今後はフリーランスや業務委託の活用が進む、見込みが強く、時代に合ったミッションですね。

 ビジョン

ビジョンは、「アイデアやパッションやスキルがあればだれでも、ビジネスを強くスマートに育てられるプラットフォーム」です。

業界と市場動向

 会計ソフトの市場規模と主要企業

富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場 2019年版」プレスリリースでは、財務会計ソフトウェア(帳簿や伝票等の会計データを入力し、月次決算書類などの会計書類を自動的に集計・作成するソフトウェア)を含む業務システムの市場規模を参照しています。

同資料では、2018年の市場規模は約3,000億円程度です。
尚、同資料では2023年には約4,000億円まで成長する見込みです。

 freeeの立ち位置と競合

財務会計ソフトウェアは、パッケージ型での提供とクラウド型での提供があり、freeeはクラウド型でサービス提供をしています。

競合だとクラウド型でサービス提供する、パイプドビッツ(ネットde会計)、マネーフォワード(MFクラウド会計)、スマイルワークス(ClearWorks)が該当します。

 クラウド会計ソフト・給与ソフトの利用率

出典:2017年9月25日から27日 webアンケート BCN RETAIL
出典:2016年3月29日 webアンケート MM総研

会計ソフトでは35.2%、給与計算ソフトは39.8%のシェアを占めています。

クラウド型ではfreeeが業界1位にいます。

業績推移と成長見通し

業績推移

出典:2020年6月期 第2四半期 決算説明会

●ARR(Annual Recurring Revenue)
「対象月の月末時点における継続課金ユーザー企業に関わる月額料金の合計額の12倍」で算出した金額です。

この数字が伸びているのは、新規・既存の合計有料課金ユーザー数が伸びていることを示しているのだと思います。

●売上高
昨年対比で、+56.1%の成長を遂げて、15.8億(20年Q2)、第2四半期累計で30.7億となっています。

成長見通し

出典:2020年6月期 第2四半期 決算説明会

中小企業では、Excelや外注が45.9%、ソフトウェアは54.1%の利用率です。

更に、オンプレミスが大半(85.5%)を占めており、クラウドは14.5%程度しか利用されていないのが実態で、かなり少ないことが分かります。

一方で、海外ではクラウド型の会計ソフトが米国で52.5%、オーストラリアで61.2%と主流となっています。

このGapがfreeeの成長余地となります。

freeeは、ターゲット顧客を「Mix(20-1,000名)」「Small(1-19名)」「個人事業主」の3つに分類しています。

「Mix(20-1,000名)」
全社横断的なERPの活用を通して、生産性改善と内部統制強化をセールスポイントとしています。

「Small(1-19名)」と「個人事業主」
バックオフィス業務の自動化による効率性追求
ビジネスの可視化
個人事業主向け確定申告
の3つがセールスポイントになっています。

freee社への転職面接対策 まとめ

いかがでしょうか。

財務会計ソフトという成長市場、特に今後もより大きな成長が見込まれる「クラウド型」で会計・給与ソフトでfreee社は業界1位の企業です。

売上は順調に成長しており、中小・個人事業主向けに更なるサービスの展開を進めている会社です。

今後も成長が見込まれる注目企業ですね。
興味がある方は、リクルートエージェントに相談すると具体的な求人情報を紹介してらもえます。

また、事業会社から転職を検討されている方は、ビズリーチに登録すると様々な求人と共に紹介があります。

次は、freee社の選考プロセスや活躍する人の傾向、平均年収を御紹介します。