●●万円違う!転職エージェント

厳選10社!外資系企業に強い転職エージェントのランキング|20代・30代・40代とIT・金融等の業界別に一覧で徹底紹介!厳選求人が多い転職サイトのおすすめは?

こんにちは。

転職note編集部です。

今回は外資系企業への転職を考えている方へ、信頼できる転職エージェント・転職サイトを御紹介します。

外資系企業は、日本企業と比べてジョブディスクリプションがハッキリしていて、即戦力を求めている場合が多いです。

その為、外資系企業が求める能力や経験を持ち、転職後に活躍できる具体的なイメージを面接官に持ってもらうことが大切です。

その対策には、転職先企業や職種で担う仕事を具体的にイメージして、選考中に面接官に合わせて適切に自分の能力や経験を伝える為の対策が必要です。

また、当然ですが英語での面接対策が必要になる場合もあります。

そこで外資系企業への転職をサポートしてもらう転職エージェントは、転職先企業の内情や仕事内容を具体的に理解している専門性の高さと英語力が必要です。

今回は、私達の転職経験もふまえて「転職先企業で求められる能力を具体的に理解しているか」「書類選考や面接前に適切に必要な対策をしてくれるか」「高い英語力を持っているか」という観点でオススメできる転職エージェント・転職サイトをランキング形式で御紹介します。

また若手即戦力を求められる20代、管理職や管理職候補とみられる30代、部門リーダーやCxOクラスとして選考される40代・50代と年代別にも転職エージェント・転職サイトを御紹介します。

他にも外資系IT企業ではアマゾンのループ面接やセールスフォースではプレゼン面接があるなど、特徴的な選考もある為、業界毎にもおすすめの転職エージェント・転職サイトをランキング形式で一覧にしています。

きちんと実績があり専門性の高い転職エージェント・転職サイトを使っていただき、転職先の情報をしっかりと集めて期待するキャリアを築いてもらいたいと思います。

外資系企業への転職を考えている方は、JACリクルートメントに相談してみてください。

外資系企業や日本企業の海外部門への転職を専門にキャリア支援をしているので全業界の外資系企業と古くからの信頼関係があり、各社の求人意欲やポジション別に求められる能力・経験を正確に教えてくれます。

私達が転職活動でJACに相談した時には、求人で求められる能力や経験の紹介が具体的で、面接の前には「こういう質問が多いです」「こういうアピールが必要です」と非常に手厚いサポートを受けることが出来ました。

実際に選考の通過率も他の転職エージェントに比べて非常に高く、専門性の高い、信頼できるエージェントさんです。

まずは登録して外資系企業の情報収集を始めてみてくださいね▼

外資系企業は常時採用ではなく、空きポジションが出た時だけ中途採用することも多いので、定期的な情報収集が必須です。

外資系企業でのキャリアを考えている方は、JACリクルートメントに相談してみてくださいね。

Contents

外資系企業の転職で必ず登録したい転職エージェント・転職サイトの一覧とランキング

「外資系企業」と言っても、外資IT・金融・コンサル・メーカー等、様々な企業が存在します。

まず外資系企業への転職を考える時に、オススメの転職エージェントとスカウト型転職サイトをランキング形式で一覧にして御紹介します。

外資系企業は年収水準が高く、ジョブディスクリプションが具体的な為、条件に合致した人のみを紹介してくれるように転職エージェントに非公開で採用を相談している場合が多いです。

「転職エージェントA社でのみ扱っている求人」ということも多く、1社だけを利用した転職活動では、なかなか期待した求人に出会うことは難しいことが多いです。

そこで大切になるのが複数の転職エージェントに登録して、転職したい業界・企業の求人を確認することです。

実際に私達も転職活動で「A社では扱いが無かったが、B社では提案された」「B社の求人条件より、同じポジションなのにC社の方が年収が高かった」ということが度々ありました。

外資系企業への転職では「複数の転職エージェント・転職サイトに登録して、求人を探す!比較する!」が成功の秘訣です

そこで、まず最初に登録すべき外資系企業への転職に強い転職エージェント・転職サイトをランキング形式で御紹介しますね!

■外資系企業全般に強い転職エージェント7社の一覧とランキング

  • 第1位:JACリクルートメント
    業界別でキャリアアドバイザーが担当しており、外資IT・製薬・メーカー・金融と専門性の高い転職サポートを受けることができます。企業担当が企業から直接話を聞き、転職希望者に伝えてくれるので情報の正確さや企業への転職希望者のプッシュ力の高さが高いです。
  • 第2位:エンワールド
    転職は入社の「瞬間」ではなく、新たなキャリアへの一歩です。”大事なのは「入社後に活躍できるか」”という観点でキャリアを長期的な視点でサポートしてくれる転職エージェントです。
    特に外資系企業・グローバルキャリアに特化した転職サポートも手厚いオススメの転職エージェントです。
  • 第3位:アクシスコンサルティング
    コンサル業界に特化して転職を支援している為、外資系コンサルファームへの転職やコンサルの次のキャリアとして外資系事業会社への転職にも強い転職エージェントです。外資系コンサルファームへの転職では必ず登録しておいた方がよい転職エージェントです。
  • 第4位:株式会社ASSIGN(アサイン)
    20代・30代のハイエンド転職に強い転職エージェントです。Bizreachコンサル部門でMVP、外資系プロフェッショナル転職Liigaで支援実績No1を受賞する等、利用者からの満足度の高い転職エージェントです。
  • 第5位:クライス&カンパニー
    ハイキャリア転職では昔から評判の高い転職エージェントです。企業からの信頼も厚く、実際に相談した時に「他では見たことない求人の紹介が多い転職エージェント」でした。企業幹部・幹部候補のハイキャリアを外資系含めて叶えたい方は是非お勧めです。
  • 第6位:ロバートウォルターズ
    主に外資系/日系グローバル企業におけるバイリンガルの転職/採用支援を基幹事業としており、世界31か国に拠点があり、外資系企業を中心としたグローバルキャリアを目指す方にオススメの転職エージェントです。

■スカウト型転職サイト3社の一覧とランキング

  • 第1位:Bizreach(ビズリーチ)
    実は外資系企業が力を入れているのがBizreachなので、外資系企業への転職を考えている方には非常にオススメ!

    海外では企業に直接応募して転職するのが一般的なので、企業が転職候補者に直接スカウトができるビズリーチは外資系企業がかなり力を入れています。

    公開募集や説明会の案内に自分で応募も出来るので、外資系企業の情報収集にも役に立つので登録必須です。
  • 第2位:リクルートダイレクトスカウト
    企業からの直接採用はありませんが外資系企業から指名されるような敏腕ヘッドハンターに会いたいなら登録するべき転職サイトです。

    私達も転職活動を通してマイクロソフトやアップル等の外資ITやPEファンド、IBD等、大手転職エージェントに採用を任せていない企業が信頼して採用を任せているヘッドハンターに出会うことが出来ました。
  • 第3位:doda X (旧iX転職)
    年収800万円以上のハイキャリア求人に強いスカウト型の転職サイトです。ヘッドハンターからのスカウトに加えて、doda Xで外資系企業の求人を自分で探すことができます。

    doda X転職担当は、企業の採用担当者と直接コミュニケーションをとっているので、採用計画や求める人物像、職場環境などにも詳しく、一人で進めることになりがちなスカウトサービスのなかでも、しっかりとサポートを受けることができるサービスです。

複数の転職エージェントに登録するメリットは、冒頭にお伝えした通り「この転職エージェントしか持っていない非公開求人が見つかる」のと「転職エージェントや転職サイトを比較できるのでA社とB社でどちらが自分にあっているか?」が分かることです。

外資系企業は特定の転職エージェントにしか採用を依頼していないことも多いので、複数社の求人情報・担当者との相性・サービスの手厚さなどを比較して、自分が探している求人を見つける、頼りになる転職エージェントを探すことをしてもいたいと思います。

外資系IT企業・金融・コンサル等の求人に強い業界特化型転職エージェントのランキング

今回、御紹介している転職エージェントは外資系企業への転職支援に実績が豊富な企業ばかりですが、外資IT・金融・コンサル・メーカー等、業界によって相対的に強い・弱いがあります。

そこで業界毎に「●●業界の外資系企業に強い転職エージェント・転職サイト」というテーマで私達の経験もふまえてランキング上位3社を御紹介します。

御存知ではない転職エージェント・転職サイトがあるかもしれませんが、どれも各業界で豊富な実績を有する転職エージェント・転職サイトですので安心して相談してもらえればと思います。

外資系IT企業の転職求人に強い転職エージェントのランキング

外資ITへの転職に強い転職エージェント

各転職エージェントでは、実際に私達が使った際の体験をもとに良かった点・気を付けた方が良い点を御紹介します。(正直、ポンコツにも出会ったこともあり、その際は希望を明確に伝えて担当を変えてもらったこともあります)

正直な利用体験と対策と共に外資系IT企業への転職に強い転職エージェント部門のランキングを御紹介しています。

外資系IT企業への転職支援 第1位:JACリクルートメント

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp

JACリクルートメント』は外資系企業を中心に日系企業のグローバルキャリア等、「ハイクラウス転職」の求人が多い転職エージェントです。

転職エージェントとしては、リクルート・dodaに続く第3位で、外資系企業への転職支援実績は非常に多く、過去の選考通過者に聞かれた質問・回答例を豊富に教えてくれたのが印象的でした。(もうそれに従っておけばOKという感じです)

更に、キャリアコンサルタントを務める担当者のレベルが高く、会社全体で選考の通過率の高さを目標に掲げています。

その為、求人企業の採用ニーズを役員・人事・面接官レベルで熟知していて「次の面接官の●●さんは、■■の経歴で▲▲の観点で深堀されます」など、人事や面接官に合わせた超具体的なアドバイスがもらえます。

実際に私達が転職活動で相談した時も、事前のサポートが手厚いおかげで選考が厳しい外資系IT企業の書類・面接の選考でも通過率が非常に高かったです。



JACリクルートメントの社内組織は業界担当制で、採用企業と転職希望者を同じ人が担当します(リクルートやdodaは採用企業担当と転職希望者担当を別の人が担当しています)。

その結果、私達(=転職希望者)への説明が、実際に採用企業から直接聞いた話をもとに話しているので、的確で具体的な転職アドバイスができます。

外資系IT企業への転職支援では、アマゾンだとループ面接、セールスフォースだとプレゼン面接等、企業・部門・面接官に対する専門性の高い準備と対策が非常に大切です。

私達が外資系IT企業に転職活動をした時も、一般論では乗り切れない書類選考や面接が多く、企業・部門・面接官に合わせた対策を徹底的にしてもらうことが出来ました。

その結果、私達の外資系企業への転職では、かなり高い選考通過率を実現できました。

限られた時間で外資系IT企業でのハイキャリアを目指す方にはとてもよい転職エージェントだと思います。

▼JACリクルートメントで紹介される求人傾向

  • 年収750~2,000万
  • 大手外資系IT企業は、ほとんど網羅
  • 企業から特命で預かっている極秘求人

外資系IT企業への転職支援 第2位:アクシスコンサルティング

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://www.axc.ne.jp/

アクシスコンサルティング』は、コンサルティング業界・IT業界に特化した転職エージェントです。業界に特化しているからこそ、専門性が高く、ケース面接やプレゼン面接等でも非常に頼りになる転職エージェントです。

私達、編集部メンバーにはコンサルタントも多いのでファームへの転職とポストコンサル転職の両方で、よく相談する転職エージェントです。

アマゾン、セールスフォース等の大手外資系IT企業はスタッフクラスから部長以上の役職者ポジションまで幅広い求人を紹介してくれます。

外資系IT企業は、コンサルタントがファームから転職する時によく検討されるポジションなので、年収水準が1,000万円いじょうのハイクラス役職ポジションが多いのが特徴の転職エージェントです。

外資系IT企業でのキャリアを考えている方は、必ず登録しておいた方がよい転職エージェントです。

御紹介いただける求人は良かったので、求人を紹介してもらいつつ、自分にあっているか他の転職エージェントと比較してみてもらいたいと思います。

▼アクシスコンサルティングで紹介される求人傾向

  • 年収750~2,000万(スタッフ~役員クラスまで提示、条件面はかなり良いです)
  • 外資系IT企業はフロントからバックオフィスまで幅広く紹介可能
  • コンサルタントの副業やフリラーンス等、様々なキャリアのサポートが可能
  • 企業から特命で預かっている非公開求人も多数

外資系IT企業への転職支援 第3位:ビズリーチ(Bizreach)

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://www.bizreach.jp

ビズリーチ』は先に御紹介した通り、常に登録をしておいて様々なエージェントや企業から情報収集をしておくのに最適なサイトです。

また、外資系企業から直接スカウトが来るので転職エージェントの意図を取り除いた生の情報を知ることができる数少ない貴重な場所です。

外資系IT企業も最初の連絡では「最初から転職!面接!」という感じではなく、「情報収集や採用背景の説明」を目的に色々と説明してくれるので、緊張したり無下に断る必要はありません。

実際に使った編集部メンバーの画面ですが、アマゾンやセールスフォース等の外資系IT企業から連絡が来ます。

特に年収500万を超えたあたりから『面接確約のスカウト』や『転職サイトや転職エージェントでは見かけない求人』が届くようになります。

外資系IT企業からの直接スカウトは、コンサルファームが本当に欲しいと思っているということなので書類や面接の選考通過率が非常に高いです。

正直なところ転職エージェントからのDMは多いのですが、企業のレベルや求人の質は高いです(この画面でも伝わりますかね)。公式サイトでは年収1,000万円を超える求人案件が全体の3割以上と紹介されています。

レジュメの内容を充実させることが有名企業から連絡をもらう為のポイントです。
時間がかかってもレジュメを充実、経験に合わせて更新するようにしておきましょう。

▼Bizreach(ビズリーチ)で紹介される求人傾向

  • 年収750~1,500万
  • 外資系IT企業からの直接スカウト(企業が直接採用したいと思っているスカウト)
  • 外資系IT企業の説明会やカジュアル面談などへの参加も可能

外資系コンサル企業の転職求人に強いエージェントのランキング

事業の戦略策定や経営改革の実行支援を担う「外資系のコンサルファームへの転職」は、過去の採用実績の豊富さが非常に大切です。

コンサルファーム側も多忙な中で時間を取って採用をしているので、応募者の見極めをしっかりとしてくれる転職エージェントに絞って採用を依頼しています。

また、高倍率のなかで内定を勝ち取るためには、実践的な対策も必要不可欠です。

特に「マッキンゼー・アンド・カンパニー」「BCG」「ベイン・アンド・カンパニー」等の所謂MBBと呼ばれる老舗御三家やアクセンチュア・PwC・Deloitte等の大手外資系コンサルティングファームへの転職を目指しているのであれば、優秀で実績が豊富なアドバイザーが在籍している転職エージェントを選んでください。

ここで紹介する3社は、外資系コンサルティングファームへの転職支援実績が豊富で、転職対策に対する専門性も高く、質の高いサポートをすることができます。

外資系コンサルファームへの転職を御検討の方は、ぜひ利用してみてください。

外資系コンサルに強い転職エージェント

外資コンサルへの転職支援 第1位:アクシスコンサルティング

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://www.axc.ne.jp/

アクシスコンサルティング』は、コンサルティング・IT業界に特化した転職エージェントです。

業界に特化しているからこそ、専門性が高く、ケース面接やプレゼン面接等でも非常に頼りになる転職エージェントです。

私達、編集部メンバーにはコンサルタントも多いのでファームへの転職とポストコンサル転職の両方で、よく相談する転職エージェントです。

MBB等の戦略ファームはもちろん、デロイトやPwC、EYSC、KPMG等のBig4等の総合系コンサルファームをはじめ、リッジラインズやベイカレント、ドルビックスコンサルティング(伊藤忠グループ)等の新興ファームへの転職でもしっかりとサポートしてくれます。

コンサルティング業界でのキャリアを考えている方は、必ず登録しておいた方がよい転職エージェントです。

御紹介いただける求人は良かったので、求人を紹介してもらいつつ、自分にあっているか他の転職エージェントと比較してみてもらいたいと思います。

▼アクシスコンサルティングで紹介される求人傾向

  • 年収750~2,000万(コンサル業界でスタッフ~役員クラスまで提示、条件面はかなり良いです)
  • 総合系コンサルティングファームは外資・内資問わず十分なサポート
  • コンサルタントの副業やフリラーンス等、様々なキャリアのサポートが可能
  • 企業から特命で預かっている非公開求人・コンサルタント求人が多数

外資コンサルへの転職支援 第2位:JACリクルートメント

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp

JACリクルートメント』は外資系企業を中心に日系企業のグローバルキャリア等、「ハイクラウス転職」の求人が多い転職エージェントです。

転職エージェントとしては、リクルート・dodaに続く第3位で、外資系企業への転職支援実績は非常に多く、過去の選考通過者に聞かれた質問・回答例を豊富に教えてくれたのが印象的でした。(もうそれに従っておけばOKという感じです)

更に、キャリアコンサルタントを務める担当者のレベルが高く、会社全体で選考の通過率の高さを目標に掲げています。

その為、求人企業の採用ニーズを役員・人事・面接官レベルで熟知していて「次の面接官の●●さんは、■■の経歴で▲▲の観点で深堀されます」など、人事や面接官に合わせた超具体的なアドバイスがもらえます。

実際に私達が転職活動で相談した時も、事前のサポートが手厚いおかげで選考が厳しい外資系コンサルの書類・面接の選考でも通過率が非常に高かったです。



JACリクルートメントの社内組織は業界担当制で、採用企業と転職希望者を同じ人が担当します(リクルートやdodaは採用企業担当と転職希望者担当を別の人が担当しています)。

コンサル業界を志望する方には、コンサル業界への転職を専門でサポートしている担当者が私達(=転職希望者)に直接説明してくれます。

彼らは、コンサルファームから実際に自分達が聞いた話を話しているので、的確で具体的な転職アドバイスができます。

外資系コンサルファームへの転職支援では、ケース面接やプレゼン面接等、ファーム・部門・面接官に対する専門性の高い転職対策が非常に大切です。

私達が外資系コンサルティングファームに転職活動をした時も、一般論では乗り切れない書類選考や面接が多く、コンサルファーム・部門・面接官に合わせた対策を徹底的にしてもらうことが出来ました。

その結果、私達の外資系コンサルティングファームへの転職では、かなり高い選考通過率を実現できました。

限られた時間でコンサルタント等のハイキャリアを目指す方にはとてもよい転職エージェントだと思います。

▼JACリクルートメントで紹介される求人傾向

  • 年収750~2,000万
  • 大手外資系IT企業は、ほとんど網羅
  • 企業から特命で預かっている極秘求人

外資コンサルへの転職支援 第3位:リクルートダイレクトスカウト

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://directscout.recruit.co.jp/

リクルートダイレクトスカウト』は、リクルートが運営するヘッドハンターや転職エージェントからスカウトを受けることができるサービスです。

サイトに登録すると登録情報をもとにヘッドハンターや転職エージェントからスカウト連絡が来るようになります。

また自分が興味のある企業を検索して、その企業への転職支援実績が豊富なヘッドハンターを探して相談する”逆スカウト”もできます。

自分が興味のある企業の今の採用動向は?どういう人を必要としている?といった情報を聞くことができます。

ビズリーチと違うのは、企業と直接やり取りすることが無い点です。

私達、編集部としては最近、Bizreach(ビズリーチ)がマス向けのサービスになってきており、スカウト内容が玉石混合になってきているように感じています。

外資系コンサルティングファーム等のハイクラス転職を狙うのであれば、リクルートダイレクトスカウトで外資系コンサルティングファームへの転職支援実績が豊富な「本当の専門家」に相談したほうが効率的・効果的に転職活動が出来ると思います。

「企業と直接やり取りするのはちょっと・・・」
「外資コンサルに精通した敏腕ヘッドハンターに出会いたい」
「ヘッドハンターしか持っていない戦略コンサル求人を知りたい」

こういう方はリクルートダイレクトスカウトがオススメです!

外資系金融機関の転職求人に強い転職エージェントのランキング

ファンドや外銀、外資証券・保険等の年収水準が高い企業が多い外資系金融業界ですが、仕事では専門的な知識と高度なビジネススキルが必要です。

採用数も少なく、募集自体も不定期なので、外資系の金融機関と強い信頼関係がある転職エージェントやヘッドハンターとの定期的な情報収集が必須です。

また、高倍率のなかで内定を勝ち取るためには、実践的な対策も必要不可欠です。

ここで紹介する3社は、外資系金融機関への転職支援実績が豊富で、転職対策に対する専門性も高く、質の高いサポートをすることができます。

外資系金融機関への転職を御検討の方は、ぜひ利用してみてください。

逆に、一般的な大手転職エージェントでは”確実に物足りない”ので業界特化の転職エージェント・ヘッドハンターと相談するようにしてくださいね。

外資系金融機関に強い転職エージェント

外資系金融機関への転職支援 第1位:コトラ

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://www.kotora.jp/

コトラ』は金融機関を中心としたハイスペックな人材紹介で実績を積み上げている転職エージェントです。

大手金融機関(国内外銀行、国内外証券会社、国内外生命保険会社、国内外損保会社)、
アセットマネジメント会社、M&Aアドバイザリーファーム、投資ファンド(バイアウト、不動産など)、格付会社等、金融機関各社に詳しく、金融業界への転職を考えている方は、必ず登録しておきましょう。

特に、最近はこの奈良さんという方がTwitterやnoteで積極的に情報発信していて業界未経験の方は参考になると思います。

▼奈良さんのnote(https://note.com/shintaro_nara)


実際にKOTORAのウェビナーに参加しましたが、採用企業の実態をしっかりと説明していて「本気でミスマッチを起こさないよう丁寧な説明をしてるんだな」と思える内容でした。

外資系金融機関で得られる経験や年収は魅力的な業界ですが、短期で離職してしまう方も多い業界でもあります。(実際に私達もチームに明らかなミスマッチで入社して苦労した人を何人も見てきたので)

転職を考えている方は、自分がそうならないように業界に特化した転職エージェントには相談するようにしてくださいね!

▼KOTORA(コトラ)で紹介される求人傾向

  • 年収750~2,000万(金融業界でスタッフ~役員クラスまで提示、条件面はかなり良いです)
  • 外資・内資の金融業界が中心、IT・コンサル・製造業も強い
  • 企業から特命で預かっている非公開求人が多数

外資系金融機関への転職支援 第2位:アンテロープ

おすすめ度:★★★★☆(5点満点中 4点)
【公式サイト】https://www.antelope.co.jp/

『アンテロープキャリアコンサルティング』が紹介している求人の中心は投資銀行やPEファンド、FASファームや財務会計系のコンサルティングファームです。

投資銀行やPEファンド等の金融業界でもトップ・オブ・トップで採用ハードルが高い求人を扱えるのは、プロフェッショナルなクライアントからの信用を裏切らない人材を紹介をしてきた実績でもあります。

その為、手元にある求人を機械的に紹介するのではなく、転職を希望する方、一人一人に合わせた厳選した求人を紹介しています。

当然、紹介求人”数”は減りますが、キャリアや志向性に合致した求人への転職では、転職先企業へのプッシュも含めて、しっかりとサポートしてくれます。

PE投資ファンド、外資系銀行や証券、保険の他、M&Aアドバイザリー、戦略系・総合系・再生系コンサルティングファーム等、パートナーやマネージングディレクタークラスと独自のネットワークを持っているからこそ紹介できる求人があります。

当然、紹介求人”数”は減りますが、キャリアや志向性に合致した求人への転職では、転職先企業へのプッシュも含めて、しっかりとサポートしてくれます。

アンテロープは「Candidate First(長期的に個人のキャリアデザインをサポートしていくスタンスを取る)」を掲げて、本当に転職を希望する方が満足できる支援に注力してくれます。

求人のレベルが高く、転職希望者との高精度のマッチングを重視するので紹介求人数は少なくなりますが、ファンドや投資銀行・M&Aに関わるキャリアを検討されている方は必ず登録しておいた方が良い転職エージェントです。

▼アンテロープで紹介してもらえる求人

  • 外資系銀行・証券・保険・FASアドバイザリーファームに特化した転職エージェント
  • キャリアコンサルタント一人ひとりの専門領域が明確
  • 入社後までサポートしてくれる「スタートアップ・コーチング」を提供

外資系金融機関への転職支援 第3位:リクルートダイレクトスカウト

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://directscout.recruit.co.jp/

リクルートダイレクトスカウト』は、リクルートが運営するヘッドハンターや転職エージェントからスカウトを受けることができるサービスです。

サイトに登録すると登録情報をもとにヘッドハンターや転職エージェントからスカウト連絡が来るようになります。

また自分が興味のある企業を検索して、その企業への転職支援実績が豊富なヘッドハンターを探して相談する”逆スカウト”もできます。

自分が興味のある企業の今の採用動向は?どういう人を必要としている?といった情報を聞くことができます。

ビズリーチと違うのは、企業と直接やり取りすることが無い点です。

私達、編集部としては最近、Bizreach(ビズリーチ)がマス向けのサービスになってきており、スカウト内容が玉石混合になってきているように感じています。

外資系銀行・証券・保険やファンド、FASファーム等のハイクラス転職を狙うのであれば、リクルートダイレクトスカウトで外資系金融機関やコンサルファームへの転職支援実績が豊富な「本当の専門家」に相談したほうが効率的・効果的に転職活動が出来ると思います。

私達が登録した時は、ファンドの求人や外資証券ポジション等、本当に一般的な転職エージェント・転職サイトでは他では見たことない求人を定期的に紹介してもらいました。

「企業と直接やり取りするのはちょっと・・・」
「外資金融に精通した敏腕ヘッドハンターに出会いたい」
「ヘッドハンターしか持っていない外資金融の求人を知りたい」

こういう方はリクルートダイレクトスカウトがオススメです!

外資系消費財業界の転職求人に強い転職エージェントのランキング

消費財業界とは「私達が日常的に消費している商品のことです。具体的には洗剤やティッシュ、トイレットペーパー、シャンプーなどの日用品、化粧品などを製造・販売する業界」を指します。

転職市場でも人気が高い業界のため、募集が殺到して対応が大変になってしまうので、一般的な転職サイトや転職エージェントには求人があまり出ていません。

本記事で御紹介する転職エージェントを利用して非公開求人を含めて応募先を探していきましょう。

外資系消費財業界に強い転職エージェント

外資系消費財業界への転職支援 第1位:JACリクルートメント

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp

JACリクルートメント』は外資系企業を中心に日系企業のグローバルキャリア等、「ハイクラウス転職」の求人が多い転職エージェントです。

転職エージェントとしては、リクルート・dodaに続く第3位で、外資系企業への転職支援実績は非常に多く、過去の選考通過者に聞かれた質問・回答例を豊富に教えてくれたのが印象的でした。(もうそれに従っておけばOKという感じです)

更に、キャリアコンサルタントを務める担当者のレベルが高く、会社全体で選考の通過率の高さを目標に掲げています。

その為、求人企業の採用ニーズを役員・人事・面接官レベルで熟知していて「次の面接官の●●さんは、■■の経歴で▲▲の観点で深堀されます」など、人事や面接官に合わせた超具体的なアドバイスがもらえます。

実際に私達が転職活動で相談した時も、事前のサポートが手厚いおかげで選考が厳しい外資系消費財企業の書類・面接の選考でも通過率が非常に高かったです。

出典:JACリクルートメント 有価証券報告書21年3月期



JACリクルートメントの社内組織は業界担当制ですが、「消費財・サービス業界」の転職支援実績はJACリクルートメント内でも2番目に大きく、豊富な転職支援実績を持っています。

JACリクルートメントは採用企業と転職希望者を同じ人が担当します(リクルートやdodaは採用企業担当と転職希望者担当を別の人が担当しています)。

その結果、私達(=転職希望者)への説明が、実際に採用企業から直接聞いた話をもとに話しているので、的確で具体的な転職アドバイスができます。

その結果、私達の外資系企業への転職では、かなり高い選考通過率を実現できました。

限られた時間で外資系消費財業界でのキャリアを目指す方にはとてもよい転職エージェントだと思います。

▼JACリクルートメントで紹介される求人傾向

  • 年収750~2,000万
  • 大手外資系消費財企業は、ほとんど網羅
  • 企業から特命で預かっている極秘求人

外資系消費財業界への転職支援 第2位:アズール&カンパニー

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://www.azureweb.jp/

『アズール&カンパニー』は2002年の創業以来、消費財業界に特化した人材紹介にこだわり、転職支援実績を積み上げている転職エージェントです。

ラグジュアリーファッション、スポーツ・アウトドア、日系ファッション、ビューティ、FMCG&ヘルスケア等の専門チームがあり、個々のキャリアコンサルタントが専門性を磨いて消費財業界への転職を考えている方をサポートしています。

各部門のスタッフ職から管理職、役員まで幅広く求人が揃っているので、ハイクラス人材でなくとも求人を紹介してもらうことができます

外資系消費財業界への転職を考えている方は、必ず登録しておきましょう。

外資系消費財業界への転職支援 第3位:ISSコンサルティング

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://www.isssc.com/

『ISSコンサルティング』は25年間にわたって、外資系企業への転職に特化して支援してきた実績により、中途採用する企業と転職希望者からの深い信頼関係を築いてきた転職エージェントです。

その実績から、企業もISSコンサルティングにだけ多数の非公開求人を預けて、厳選した人材の紹介を依頼しています。

実際にISSコンサルティングが持つ求人の8割は非公開求人で、採用企業から人材の見極めから依頼されています。

各コンサルタントは担当業界を持って専門性を磨いており、担当業界での就業経験を持つコンサルタントの方が多数いらっしゃいます。

一度、業界で働くと商流や力関係、企業内での花形部署や詳しい業務内容が分かっているので、転職を希望する方にかなり詳しい説明をすることができます。

外資系消費財業界の内情をしっかりと把握して転職を考えたい方には、おすすめの転職エージェントです。

外資系製薬業界の転職求人に強い転職エージェントのランキング

製薬業界も仕事をする部門で様々な部門があります。

研究開発部門、生産部門、営業部門、データセンター部門、マーケティング部門等があり、一般的な営業や研究開発、マーケティングとは異なる業界特有の商習慣や法令への理解が求められる専門的な仕事が多いです。

その分、年収水準は高く、転職市場でも人気が高い業界ですが、求められる専門性の高さから、一般的な転職サイトや転職エージェントでは面接対策が難しいことも事実です。

本記事で御紹介する転職エージェントは、外資系の製薬業界への転職支援実績が豊富なので、転職を考えている方は、是非相談してみてくださいね。

外資系消費財業界に強い転職エージェント

外資系製薬業界への転職支援 第1位:JACリクルートメント

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp

JACリクルートメント』は外資系企業を中心に日系企業のグローバルキャリア等、「ハイクラウス転職」の求人が多い転職エージェントです。

転職エージェントとしては、リクルート・dodaに続く第3位で、外資系企業への転職支援実績は非常に多く、過去の選考通過者に聞かれた質問・回答例を豊富に教えてくれたのが印象的でした。(もうそれに従っておけばOKという感じです)

更に、キャリアコンサルタントを務める担当者のレベルが高く、会社全体で選考の通過率の高さを目標に掲げています。

その為、求人企業の採用ニーズを役員・人事・面接官レベルで熟知していて「次の面接官の●●さんは、■■の経歴で▲▲の観点で深堀されます」など、人事や面接官に合わせた超具体的なアドバイスがもらえます。

実際に私達が転職活動で相談した時も、事前のサポートが手厚いおかげで選考が厳しい外資系製薬業界の書類・面接の選考でも通過率が非常に高かったです。

出典:JACリクルートメント 有価証券報告書21年3月期



JACリクルートメントの社内組織は業界担当制ですが、「メディカル・医療業界」の転職支援実績はJACリクルートメント内で3番目に大きく、豊富な転職支援実績を持っています。

JACリクルートメントは採用企業と転職希望者を同じ人が担当します(リクルートやdodaは採用企業担当と転職希望者担当を別の人が担当しています)。

その結果、私達(=転職希望者)への説明が、実際に採用企業から直接聞いた話をもとに話しているので、的確で具体的な転職アドバイスができます。

その結果、私達の外資系企業への転職では、かなり高い選考通過率を実現できました。

限られた時間で外資系消費財業界でのキャリアを目指す方にはとてもよい転職エージェントだと思います。

▼JACリクルートメントで紹介される求人傾向

  • 年収750~2,000万
  • 大手外資製薬企業は、ほとんど網羅
  • 企業から特命で預かっている極秘求人

外資系製薬業界への転職支援 第2位:メディサーチ

メディサーチ」は製薬業界全体の風潮や動向を正確に把握しており、年収交渉や面接の日程調整などの交渉力も優れている転職エージェントです。

医療や製薬業界の中でも、外資系企業の求人を多く保有する転職エージェントなので、登録しておくことをおすすめします。

外資系製薬業界への転職支援 第3位:リクルートダイレクトスカウト

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://directscout.recruit.co.jp/

リクルートダイレクトスカウト』は、リクルートが運営するヘッドハンターや転職エージェントからスカウトを受けることができるサービスです。

サイトに登録すると登録情報をもとにヘッドハンターや転職エージェントからスカウト連絡が来るようになります。

また自分が興味のある企業を検索して、その企業への転職支援実績が豊富なヘッドハンターを探して相談する”逆スカウト”もできます。

自分が興味のある企業の今の採用動向は?どういう人を必要としている?といった情報を聞くことができます。

ビズリーチと違うのは、企業と直接やり取りすることが無い点です。

私達、編集部としては最近、Bizreach(ビズリーチ)がマス向けのサービスになってきており、スカウト内容が玉石混合になってきているように感じています。

外資系製薬企業等のハイクラス転職を狙うのであれば、リクルートダイレクトスカウトで転職支援実績が豊富な「本当の専門家」に相談したほうが効率的・効果的に転職活動が出来ると思います。

「企業と直接やり取りするのはちょっと・・・」
「外資系製薬企業に精通した敏腕ヘッドハンターに出会いたい」
「ヘッドハンターしか持っていない外資金融の求人を知りたい」

こういう方はリクルートダイレクトスカウトがオススメです!

20代・30代・40代の外資系転職と求人に強い!
おすすめ転職エージェント・転職サイトの一覧と口コミ

続いては年代別に管理職未満が多い20代・30代での転職と管理職以上での転職になる40代・50代で年代を分けて外資系企業への転職にオススメの転職エージェントを御紹介します。

20代・30代であれば大手転職エージェントを中心に、幅広く求人を見ながら自分が目指すキャリアを模索しながら具体化していける転職エージェントが良いと思います。

一方で、40代・50代ですと年収水準も高く、企業の要職を担うポジションになる為、ハイクラスや業界・職種に特化した転職エージェントやヘッドハンターにピンポイントな求人を紹介してもらう方が良いと思います。

使うべきサービスが全く異なりますので、是非、御自身の年代や転職意図に合った転職エージェントに相談してもらいたいと思います。

20代・30代の外資系企業転職にオススメ!
おすすめ転職エージェントとサイトの一覧と口コミ

まずは20代・30代の方が外資系企業に転職する際にオススメの転職エージェント・スカウト型転職サイトを御紹介しますね!

20代・30代であれば管理職未満でポテンシャルを含めた中途採用も可能です。

その場合、幅広い業種や職種で、自分が望むキャリアを実現できるところはどこか?を検討させてくれる転職エージェントがオススメです。

また転職回数も1~3回と少なく、転職で何を用意したらいいのか?等、基本からサポートしてくれる転職エージェントを御紹介したいと思います。

20代・30代の外資系企業転職に強い転職エージェント

20代・30代の外資系転職支援 第1位:JACリクルートメント

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp

JACリクルートメント』は外資系企業を中心に日系企業のグローバルキャリア等、「ハイクラウス転職」の求人が多い転職エージェントです。

転職エージェントとしては、リクルート・dodaに続く第3位で、外資系企業への転職支援実績は非常に多く、過去の選考通過者に聞かれた質問・回答例を豊富に教えてくれたのが印象的でした。(もうそれに従っておけばOKという感じです)

更に、キャリアコンサルタントを務める担当者のレベルが高く、会社全体で選考の通過率の高さを目標に掲げています。

その為、求人企業の採用ニーズを役員・人事・面接官レベルで熟知していて「次の面接官の●●さんは、■■の経歴で▲▲の観点で深堀されます」など、人事や面接官に合わせた超具体的なアドバイスがもらえます。

実際に私達が20代・30代の時に転職活動で相談した時も、事前のサポートが手厚いおかげで選考が厳しい外資系企業の書類・面接の選考でも通過率が非常に高かったです。

一昔前は30代後半から使うハイキャリア向けの転職エージェントというイメージがありましたが、最近は20代若手向けの「JACキャリア」というサービスも始め、若手にも手厚いサポートをしています。

20代・30代で外資系企業のキャリアを目指す方は、まず最初に登録をオススメできる転職エージェントです。

▼JACリクルートメントで紹介される求人傾向

  • 年収750~2,000万(外資系企業は、ほぼ網羅)
  • 外資系企業の中でも役職者や将来の幹部候補などのハイキャリア求人が多い
  • 企業から特命で預かっている非公開な優良求人が多数

20代・30代の外資系転職支援 第2位:エンワールド

おすすめ度:★★★★(5点満点中 4点)
【公式サイト】https://www.enworld.com/

「エンワールド」は、エンワールド・ジャパンは、1999年に世界と日本のグローバル人材をつなぐ企業として創業し、アジア諸国に拠点を構える転職エージェントです。

アジア太平洋地域に構えるオフィスや関係会社とのネットワークがある為、日本国内にとどまらずグローバルでのキャリア支援に強みを持っています。

「入社後活躍」という転職をゴールではなく、入社後に活躍することを目指すキャリア支援をミッションとしており、20代・30代の転職後のキャリアが長い方々に長期的なサポートを提供しています。

具体的には次の3つがあります。

  • 中長期でのキャリア戦略の提案
    入社後にご活躍いただくために最も重要なポイントは、ご活躍いただける職場に入社いただくことです。

    その為に、エンワールドは転職を希望する方々に、しっかりとヒアリングを行い、中長期のキャリアを見据えた求人をご紹介します。
  • 1年間の入社後サポート
    入社後、1年間アンケートベースのコミュニケーションでご支援をさせていただいています。

    このアンケートを通じて転職を支援させていただいた方々の入社後の様子を伺い、状況に応じてご連絡をさせていただいています。

    また、ご転職後のキャリア形成に役立つ記事や動画の配信、セミナーを定期的に実施しています。
  • 顧客満足度調査の実施
    より多くの方の『入社後活躍』を実現するために、転職を支援させていただいた方々の声を集め、私たちができるサービスの改善を追究しています。



20代・30代の方々は、転職で実現したいキャリア像が不確かな方も多いと思います。

エンワールドは、中長期目線でキャリアを見据えて転職希望者からヒアリングを行い、経験やスキルを含めて、どういう将来像があるのかを第三者目線を交えて具体化してくれます。

自分が5年後・10年後に”ありたい姿”をゴールとして、実現に向けた求人を紹介してくれること、更に入社後のサポートが定期的にあることから評判の高い転職エージェントです。

20代・30代でグローバルを視野に入れた外資系企業への転職を考えている方は、登録して損の無い転職エージェントです。

▼エンワールドの特徴

  • 20代・30代の方に中長期的な目線でのキャリア相談
  • 転職後の活躍を視野に入れた求人の提案
  • 転職後1年間は定期的なヒアリングによるサポート

20代・30代の外資系転職支援 第3位:ビズリーチ(Bizreach)

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://www.bizreach.jp

ビズリーチ』は先に御紹介した通り、常に登録をしておいて様々なエージェントや企業から情報収集をしておくのに最適なサイトです。

また、外資系企業から直接スカウトが来るので転職エージェントの意図を取り除いた生の情報を知ることができる数少ない貴重な場所です。

外資系IT企業も最初の連絡では「最初から転職!面接!」という感じではなく、「情報収集や採用背景の説明」を目的に色々と説明してくれるので、緊張したり無下に断る必要はありません。

20代・30代の外資系転職では、「特定の企業やポジションの決め打ち」に加えて、「自分のキャリアの選択肢を広げる検討が出来る」ことも大切です。

ビズリーチは企業に直接応募したり、説明会に参加したりすることもできます。

更に企業やヘッドハンターからスカウトも来るので「自分では気づけなかった、自分の転職市場価値を知る」ことができます。

特に年収500万を超えたあたりから『面接確約のスカウト』や『転職サイトや転職エージェントでは見かけない求人』が届くようになります。

正直なところDMの数は多いのですが、企業のレベルや求人の質は高いです(この画面でも伝わりますかね)。公式サイトでは年収1,000万円を超える求人案件が全体の3割以上と紹介されています。

レジュメの内容を充実させることが有名企業から連絡をもらう為のポイントです。
時間がかかってもレジュメを充実、経験に合わせて更新するようにしておきましょう。

▼Bizreach(ビズリーチ)で紹介される求人傾向

  • 年収750~1,500万
  • 外資系企業からの直接スカウト(企業が直接採用したいと思っているスカウト)
  • 外資系企業の説明会やカジュアル面談などへの参加も可能

40代・50代の外資系企業転職にオススメ!
おすすめ転職エージェントとサイトの一覧と口コミ

次に40代・50代の方が外資系企業に転職する際にオススメの転職エージェント・スカウト型転職サイトを御紹介しますね!

40代・50代は特定の職種や業界に強い専門性があり、マネジメントも含めた即戦力であることが求められます。

専門性の非常に高いスペシャリストか事業・組織という単位でマネジメントができる人材を求める求人を紹介できる転職エージェントやヘッドハンターは限られます。

また転職の選考や面接の対策というよりは、御自身の経験やスキルを活かせる求人を紹介できる実力の高い転職エージェントやヘッドハンターを御紹介したいと思います。

40代・50代の外資系企業転職に強い転職エージェント

40代・50代の外資系転職支援 第1位:クライスアンドカンパニー

おすすめ度:★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://www.kandc.com/

「クライスアンドカンパニー」は、ハイクラス転職に特化した転職エージェントです。

米国CCE.Inc認定資格「GCDF」・「キャリアコンサルタント技能士」などの資格を取得したプロフェッショナルから、質の高いサポートを受けられます。

高い分析力と提案力を持っているので、実践的な対策を練ることができるでしょう。

また、キャリアコンサルタントとして高い志を持って働いている方が多い印象です。

私達が転職を相談した時には、クライスアンドカンパニーから他の転職エージェントでは本当に提案されたことがない、企業のトップマネジメント案件や経営事業企画、戦略・総合・組織&人事ファーム等の求人を提案してくれました。

また、中長期でのキャリアを提案してくれるため、数年後の将来を見据えた上で転職活動をサポートしてくれます。

▼クライスアンドカンパニーの特徴

  • 国家資格を保有するプロフェッショナルなアドバイザーが在籍
  • 26年間で積み上げた実績による企業との強いパイプ
  • 3年・5年後などの中長期を見据えた転職サポートの実施

40代・50代の外資系転職支援 第2位:JACリクルートメント

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp

JACリクルートメント』は外資系企業を中心に日系企業のグローバルキャリア等、「ハイクラウス転職」の求人が多い転職エージェントです。

転職エージェントとしては、リクルート・dodaに続く第3位で、外資系企業への転職支援実績は非常に多く、過去の選考通過者に聞かれた質問・回答例を豊富に教えてくれたのが印象的でした。(もうそれに従っておけばOKという感じです)

更に、キャリアコンサルタントを務める担当者のレベルが高く、会社全体で選考の通過率の高さを目標に掲げています。

その為、求人企業の採用ニーズを役員・人事・面接官レベルで熟知していて「次の面接官の●●さんは、■■の経歴で▲▲の観点で深堀されます」など、人事や面接官に合わせた超具体的なアドバイスがもらえます。

以前、JACリクルートメントの方にお話を伺った際、40代・50代でも海外現地法人の幹部や外資系企業の経営陣や経営幹部候補の求人紹介も多いとのことでした。

外資系企業はIT・製薬・メーカー・コンサル等の業界内で転職しながらキャリアップされていく方も多いので、40代・50代でも提案できる求人があるようです。

▼JACリクルートメントで紹介される求人傾向

  • 年収750~2,000万(外資系企業は、ほぼ網羅)
  • 外資系企業の中でも役職者や将来の幹部候補などのハイキャリア求人が多い
  • 企業から特命で預かっている非公開な優良求人が多数

40代・50代の外資系転職支援 第3位:リクルートダイレクトスカウト

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://directscout.recruit.co.jp/

リクルートダイレクトスカウト』は、リクルートが運営するヘッドハンターや転職エージェントからスカウトを受けることができるサービスです。

サイトに登録すると登録情報をもとにヘッドハンターや転職エージェントからスカウト連絡が来るようになります。

また自分が興味のある企業を検索して、その企業への転職支援実績が豊富なヘッドハンターを探して相談する”逆スカウト”もできます。

自分が興味のある企業の今の採用動向は?どういう人を必要としている?といった情報を聞くことができます。

ビズリーチと違うのは、企業と直接やり取りすることが無い点です。

私達、編集部としては最近、Bizreach(ビズリーチ)がマス向けのサービスになってきており、スカウト内容が玉石混合になってきているように感じています。

40代・50代の方の外資系転職であれば、リクルートダイレクトスカウトでピンポイントで欲しい求人が提案できる「本当の実力者」に相談したほうが効率的です。

「中途半端な求人で余計な時間を取られたくない」
「外資系企業に精通した敏腕ヘッドハンターに出会いたい」
「企業の事情に精通した方と有意義な会話をしたい」

こういう方はリクルートダイレクトスカウトがオススメです。

外資系企業への転職でおすすめのスカウト型転職サイト

続いては、外資系業界に転職する時にオススメのヘッドハンティングサービスをランキングを御紹介します。

Bizreach(ビズリーチ)やリクルートダイレクトスカウト、doda X(旧iX転職)等が有名ですが、それぞれに良し悪しがあります。

各社スカウトから面談して求人紹介という流れですが、外資系企業に強いヘッドハンターであれば面談で志望している業界を伝えることで、志望するファームや企業の求人を紹介してもらえます。

外資系企業への転職でオススメのスカウト型転職サイト

ヘッドハンターが利用する”スカウト型転職サイト”とは

まずスカウト型転職サイトでBizreach(ビズリーチ)とリクルートダイレクトスカウト(旧CareerCarver・キャリアカーバー)を例に御紹介します。

どちらもコンサルタント等の高年収ハイキャリア向けのサービスではありますが、違うところも多いので使い分けてもらいたいと思います。

ビズリーチとリクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)で同じビジネスは、ヘッドハンターを介して採用企業が欲しい人材にヘッドハンティングができる点です。

ビズリーチだけで行われているビジネス(サービス)は、採用企業が転職希望者に直接連絡できることです。

特に、有名企業は転職希望者にビズリーチを通して直接採用をしています。私達の体験では、三菱商事や伊藤忠商事、LINEやエムスリー・アマゾン、コンサルファームだとベインやBCG、アクセンチュアやBig4は比較的連絡がありました。

有名外資系企業は、採用時期が決まっていたり、空きポストが出た時しか採用活動をしません。

今の会社が嫌になった時に思い付きで転職活動をすると期待した企業やポジションに転職できないのは、この企業側の採用活動に合わせた転職活動ができていないからです。

大切なのはビズリーチやリクルートダイレクトスカウト、doda Xなどのハイキャリア向けのスカウト型転職サイトに登録して、情報を集めて企業の採用活動に合わせた転職活動をすることが希望するキャリアを実現する転職活動のキモです。

それでは各サービスの特徴と使い方、私達がコンサルティング業界に転職する際に複数社を使った体験をもとに良い点/悪い点を御紹介します!

スカウト型転職サイト 第1位:ビズリーチ(Bizreach)

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://www.bizreach.jp

ビズリーチ』はこれまで御紹介した通り、常に登録をしておいて様々なエージェントや企業から情報収集をしておくのに最適なサイトです。

皆さんのキャリアにも依りますが、20代~40代・50代まで、幅広い年齢層のハイキャリア・エグゼクティブ求人が多いです。

また、海外では企業に転職希望者が直接応募するダイレクトリクルーティングが一般的です。

ビズリーチは、この企業と転職希望者が直接やり取りすることができるので外資系企業の多くが利用しています。

外資系大手製薬会社やコンサル・IT企業から直接スカウトが来るので転職エージェントの意図を取り除いた生の情報を知ることができる数少ない場所です。

最初の連絡では「最初から転職!面接!」という感じではなく、「情報収集や採用背景の説明」を目的に色々と説明してくれるので、緊張したり無下に断る必要はありません。

Bizreach(ビズリーチ)上では、外資系企業や事業開発等の求人特集が定期的に掲載されています。

また、年収500万を超えたあたりから『面接確約のスカウト』や『転職サイトや転職エージェントでは見かけない求人』が届くようになります。

外資系企業からのスカウトは、外資系企業が本当に欲しいと思っているということなので書類や面接の選考通過率が非常に高いです。

正直なところ転職エージェントからのDMは多いのですが、企業のレベルや求人の質は高いです(この画面でも伝わりますかね)。公式サイトでは年収1,000万円を超える求人案件が全体の3割以上と紹介されています。

レジュメの内容を充実させることが有名企業から連絡をもらう為のポイントです。
時間がかかってもレジュメを充実、経験に合わせて更新するようにしておきましょう。

▼Bizreach(ビズリーチ)で紹介される求人傾向

  • 年収750~1,500万
  • 外資系企業からの直接スカウト(企業が直接採用したいと思っているスカウト)
  • 外資IT・製薬・メーカー・コンサルティングファーム等のハイキャリア求人
  • 外資系企業がキャリアを見て欲しいと思った人に直接スカウトが送られる

スカウト型転職サイト 第2位:リクルートダイレクトスカウト

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://directscout.recruit.co.jp/

リクルートダイレクトスカウト』はビズリーチと違いヘッドハンターからしか連絡が来ません。

希望条件を詳しく入力することで、希望に合ったスカウトが届くようになります。



常に登録をしておいて様々ヘッドハンターから情報収集をしておくのに最適なサイトです。皆さんのキャリアにも依りますが、30代のミドルマネジメント層やエグゼクティブ案件が非常に多いです。

リクルートダイレクトスカウトの実力あるヘッドハンターは、一般的な転職エージェントでは紹介されないような求人を紹介してくれます。

多数の求人を紹介するというよりは、転職希望者に合った厳選求人を紹介してくれます。

「数<<<質」を求める現職でもバリバリ働いている時間の無い方には、無駄な求人を見る必要が無いので特にオススメです。

▼リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)で紹介される求人傾向

  • 年収750~1,500万
  • 外資系IT・製薬・メーカー・コンサル等の業界専門のヘッドハンターが多数在籍
  • 一般転職市場では見かけない求人もあり

スカウト型転職サイト 第3位:doda X(旧iX転職)

おすすめ度:★★★★・(5点満点中 4点)
【公式サイト】https://doda-x.jp/

『doda X(旧iX転職)』は転職サービス「doda」を運営するパーソルキャリアのハイクラス向け転職サービスです。転職するしないに関わらず、登録することでキャリアの相談ができます。

doda X(旧iX転職)は企業が直接利用しないサービスの為、現在勤務している企業の人事に転職活動がバレるということはありません。

またヘッドハンターも転職先候補の会社に応募する意思を伝えない限り、個人情報を開示することはないので、転職活動を水面下で進めたいときにオススメできるサービスです。

「ハイクラス転職」を謳っているだけあり、年収1,000万円を超える求人案件が多いです。

またシステム面でも大手のパーソルグループが運営するだけあって使いやすいサイトになっています。

中小のヘッドハンティング会社や転職エージェントは求人の質は良いのですが、いまだにメールでの求人管理だったりして転職活動を管理しづらいことも多いです。

その点、doda X(旧iX転職)は直感的に使いやすいサイトになっているなと思います。

外資系企業への転職にエージェントを使うべき3つの理由

外資系企業への転職を有利に進める為には、積極的な転職エージェントやスカウト型転職サイトの利用が欠かせません。

その理由を御説明しますね!

  • 外資系企業は非公開求人が多い
  • 英語の書類作成や企業への入社日・年収交渉で英語力が求められる
  • 面接対策が必須!

理由1.外資系企業の求人は非公開が多いから

外資系企業の求人は、「転職エージェントのアドバイザー経由でなければ見られない非公開求人」であることが多いです。

様々な理由がありますが、主に次の理由があります。

  • 誰でも見れる公開求人では競合他社に”人が足らないこと”や”新しい取組み”が知られてしまう
  • 条件が良い求人だと応募が殺到して社内で処理しきれない
  • 条件に合致した人材の選定からエージェントやヘッドハンターに委託している

そもそも海外では企業に転職希望者が直接レジュメを送る、LinkedInで直接採用する、リファラルで知人を紹介してもらうといった方法が一般的です。

その為、転職エージェント等の第三者を挟む(≒その分の採用コストが増える)のであれば、人材の紹介だけでなく、その前の”厳選”も含めて外部委託している面もあります。

逆に言うと、インターネットの検索では求人を探しきれない場合も多く、様々な転職エージェントと定期的に情報交換していないと、希望に沿った求人を見つけるのが難しいのが外資系企業への転職でもあります。

理由2.英語の書類作成や企業との交渉が必要

外資系企業への応募には、英語の履歴書と職務経歴書が必要です。

当然、転職をした際には社内での会話や資料が英語である企業も多いので、一定の英語力が求められるのは当然です。

その為、書類に誤字脱字があると選考通過率が下がることもあり、キャリア関係の英語表現に自信がある人にチェックしてもらった方が良いでしょう。

外資系企業への転職支援に強い転職エージェントなら、英語の履歴書や職務経歴書をチェックしてくれます。

また、過去に転職を成功させた方の成功事例をもとに、通過率が高くなる為のアドバイスをしてくれるので、「書類選考すら通らない……」という状況を避けやすくなります。

更に、企業には転職エージェントから推薦状を書いたり、面接後に企業側に皆さん(転職希望者)の魅力をプッシュしたり、年収や入社日交渉をしたりと様々な交渉が生じます。

その時に、転職エージェント自体が英語に強くないと、皆さんの魅力を伝えきれなかったり、年収や入社日の調整でモメかねません。

こうした交渉は、英語力だけではなく、企業側の事情や過去の事例をふまえた落としどころをおさえておくことが大切なので、実績のある転職エージェントの協力が必須です。

理由3.面接対策が必須!

外資系企業への転職では、面接を英語で進めることも少なくありません。

要職になれば、本国との電話面接があることもあります。

ここで求められる能力は「英語力×通過する面接対応力」です。

英語力が一定あっても、企業が求める能力やスキルに対して「私は●●の経験があるので、できます!」と意思表示する面接での対応力が必要になります。

これは英語のニュアンスも含めて、事前に第三者の目でチェックしておくことをオススメしています。

「本来は求められる能力を持っているのに、伝えることができなかった」では、非常にもったいないので、外資系転職に強いエージェントと事前に英語面接に対策し、安心して面接に臨んでもらいたいと思います。

外資系企業への転職はJACリクルートメントに相談

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp

JACリクルートメントは、外資系企業への転職や日系企業の海外現地法人・グローバルと連携するポジションへの転職に強い転職エージェントです。

20代~40代・50代まで幅広い年齢層、外資IT・製薬・メーカー・コンサル等の様々な業界への転職支援に実績があり、積み重ねてきた実績に裏打ちされた転職サポートの手厚さに評判が高いです。

私達が転職で相談した時は、「●●さんのキャリアは▲▲で、過去の選考では■■を重視されていたのでアピールできるように用意してくださいね」や「この企業は2次選考でグローバル本社で英語で電話面接があるので事前にリハーサルをしましょう」等、かなり具体的なアドバイスをもらうことが出来ました。

外資系企業への転職を考えている方は、情報交換だけでも時間を取ってくれるので気軽に相談してみてくださいね。

外資系企業への転職を成功させる転職エージェント活用

転職を始めるキッカケは現職に対する強い不満や不安がある時だと思います。

その結果、思い立った時に1社の転職エージェントだけに相談して転職活動を終えてしまう人が多いと思います

しかし、1社の転職エージェントにしか相談しないのは非常にもったいないです。

外資系企業への転職でビジネススキルを積みたい!年収を上げたい!!なら複数の転職エージェントやスカウト型転職サイトを使うことが必須です。

その3つ理由をそれぞれ御紹介します!

  1. 転職エージェントや転職サイトの良し悪しが比較しないと分からない
  2. 転職エージェントや転職サイト毎に紹介できる求人が違う
  3. ハイキャリア専門の転職エージェントや転職サイトに担当してもらう

転職エージェント・転職サイトの良し悪しは比較して決める

転職エージェントや転職サイトと言っても担当者によって対応の良し悪しはバラバラです。

営業職が非常に強く転職をごり押ししてくる人もいれば、丁寧なキャリアカウンセリングと転職サポートをしてくれる人に明らかに分かれます。

1社の転職エージェントにしか登録しないと、比較ができないので転職エージェントの担当者が丁寧かどうか、紹介されている求人が良いのか悪いのかを主観でしか判断できません。

2社・3社を登録しておくと具体的に「何が良いのか」「どこが悪いのか」を比較して評価し、最も信頼のおける転職エージェントを見つけることができます。

多くの転職エージェントと会い、信頼できる方を見つけてほしいと思っています。

外資系企業では注意!転職エージェントで紹介できる求人が違う

外資系企業のハイキャリアの求人は、一般的な転職サイトに掲載されるのではなく、企業からヘッドハンターや各転職エージェントに転職希望者の紹介を個別に依頼されています。所謂、非公開求人のことです。

その為、転職エージェントや転職サイトを1社しか登録しないと、同じ企業でも条件が悪かったり、求人を持っていなかったりします。

実際に私達も転職活動のなかで、同じ企業の求人が「転職エージェントA社にはなかったがB社にはあった」もしくは「B社の方が年収が100~200万ほど高かった」ということが何度もありました。

そもそも求人を持っていないと転職できないですし、同じ企業に転職するなら良い条件で転職したいと思いますよね!

1回の転職活動でより多くのチャンスを得るためにも、複数の転職エージェントやスカウト型転職サイトに登録して、より自分が興味の持てる求人・条件のよい求人と出会えるように複数の転職エージェントに相談してください!

外資系企業への転職は業界専門の転職エージェントに相談する

同じ転職エージェントのなかでも一般登録窓口と特定業界専門に担当する部署で分かれています。例えばリクルートは比較的、質よりも転職数で収益を上げる会社です。

ただ、グループにはRGF Professional Recruitment Japanというハイキャリア・海外キャリア向けの部門があります。

ここは元々別会社でリクルートに買収された企業ですが、年収800~1,500万の求人をメインで紹介してもらい、非常に手厚い転職のサポートをしてもらいました。

このようにリクルートやパーソル(エグゼクティブ&ハイキャリア事業部)には、ハイキャリア専門の部署やグループ会社があります。

このハイキャリア専門の部署の方々はハイキャリアを実現するノウハウと経営幹部や高い年収を払える企業の採用ニーズに精通しています。コンサル業界への転職では、こうした専門性の高い方々に意図的に担当してもらうことが非常に大切です。

私達は、Bizreach(ビズリーチ)やリクルートダイレクトスカウト、doda Xなどのヘッドハンター経由で連絡をもらいました。

Bizreach(ビズリーチ)やリクルートダイレクトスカウト、doda Xは、スカウトをもらう時に連絡をくれたヘッドハンターの企業や所属部署が分かるので「普段からハイキャリアのサポートをしているか」を知ることができます。

繰り返しですが、コンサル業界は平均年収が高いので経験の浅い転職エージェントも求人を勧めてきます。ただ、そうした転職エージェントだと選考が進まなかったり、入社後にミスマッチが起こりやすいです。

そこでスカウトをくれたヘッドハンターのキャリアや実績をよく読み、最初のMTGで専門性があるかを見定めるようにしてください。(そのための、複数登録と比較・評価ですからね!)

皆さんが満足のいくキャリアを歩めることを祈っています。

超簡単!転職エージェントを利用する流れ

転職エージェントに登録すると、以下のような流れで転職活動が進んでいきます。

1.公式サイトから会員登録

2.電話・メールでの連絡を受ける

3.キャリアアドバイザーとの面談(対面・電話・Web)

求人紹介

履歴書・職務経歴書の添削

応募

面接対策を受ける(必要に応じて複数回)

企業との面接

内定・入社決定

年収交渉・入社日交渉

退職サポート・入社後フォロー

転職エージェントは基本的に皆さんのキャリアを実現する味方です。

ぜひ気軽に登録してみてください。

どこの転職エージェント・ヘッドハンターでも利用料金はすべて無料で、次のサービスを提供してくれます。

転職エージェント・ヘッドハンターのサービス
  • 転職活動の相談
  • 履歴書・職務経歴書の作成や添削指導
    (過去選考通過者のサンプルの提供
  • 求人紹介
  • 企業への推薦
  • 面接対策のアドバイスや模擬面接の実施
  • 面接の日程調整
  • 年収交渉
  • 入社日交渉
  • 内定後のアフターフォロー

転職エージェントやヘッドハンターーは、選考を通過する為に全力を尽くしてくれます。

様々なアドバイスをくれますし、分からないことや不安なことがあれば気軽に相談にのってくれます

転職活動は迷うこと、不安に思うことがあるものです。

私達も数多くの転職をしてきたから、その気持ちもよくわかります。

そんな時に、転職エージェントやヘッドハンターは過去の事例や企業側の意向をふまえて、多くのサポートをしてくれました。

皆さんにも、そうした信頼できるキャリアアドバイザーを見つけていただき、信頼関係と築いて、安心して転職活動を進めてもらいたいと思います。

外資系企業への転職で転職エージェントを利用するメリット!

外資系企業への転職で転職エージェントを使うメリット
  • 各ファームの特徴を詳しく教えてくれる
  • 利用料金は無料なので経済的な負担が少ない
  • 希望条件に合った求人を効率的に探せる
  • 応募書類や面接に関する選考対策を行なってくれるため、合格率がアップする
  • 過去に選考に通過した人に聞かれた質問や回答例を教えてくれる
  • 企業側とのやり取りや年収交渉・入社日交渉を代行してくれる

転職エージェントやヘッドハンターとの良好な関係は、本業で忙しいなかで進める転職活動を効率的にすすめる手助けになり、過去事例・転職成功者の紹介などのサポートで転職成功率もグッと高められます。

外資系企業への転職はJACリクルートメントに相談

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp

JACリクルートメントは、外資系企業への転職や日系企業の海外現地法人・グローバルと連携するポジションへの転職に強い転職エージェントです。

20代~40代・50代まで幅広い年齢層、外資IT・製薬・メーカー・コンサル等の様々な業界への転職支援に実績があり、積み重ねてきた実績に裏打ちされた転職サポートの手厚さに評判が高いです。

私達が転職で相談した時は、「●●さんのキャリアは▲▲で、過去の選考では■■を重視されていたのでアピールできるように用意してくださいね」や「この企業は2次選考でグローバル本社で英語で電話面接があるので事前にリハーサルをしましょう」等、かなり具体的なアドバイスをもらうことが出来ました。

外資系企業への転職を考えている方は、情報交換だけでも時間を取ってくれるので気軽に相談してみてくださいね。

外資系企業への転職FAQ:よくある疑問と回答

外資系企業への転職でよくある疑問に対して答えていきます。

  • Q1.出世はしやすい?
  • Q2.給与水準は高い?
  • Q3.上下関係はどうなのか?
  • Q4.外資系企業に行くと成長しやすい?
  • Q5.年齢別の転職事情は?

Q1.出世はしやすい?

A.年功序列では無いので、一般的な日系企業よりは早いです

管理職前後までの昇進は、一般的な日系企業よりは早い場合が多いです。

ただ、経営陣クラスへの昇進は、ポジション数自体が少ないのと、相応の実力と実績が必要になります。

いずれにせよ「実力と実績、そして評価」が昇進には必要です。

バリバリ働いて実績を残していきたい!評価を得てスピード感を持って昇進したい!という方には多くの外資系企業は合っています。

Q2.給与水準は高い?

A.給料水準は高いことが多いです
ただ、賞与の割合が高い、退職金がない、福利厚生が乏しいなどのデメリットもあります。

外資系企業の年収水準は、多くの日系企業より比較的高いことが多いです。

ただ、賞与の割合が高く、評価が高ければ年収が大きく上がったりしますが、ベース給与が変わらないことも多いです。

また、退職金が無かったり、福利厚生が日系大手企業より乏しかったりするので、転職前には事前に確認しておくことが必要です。

Q3.上下関係はどうなのか?

A.上下関係はハッキリしています。ただ、自分の意見や考えはフラットな関係性で話すことができます。

日系企業の上下関係では、部長・課長・係長と役職があり「●●の指示だから」という理由で、本当にやる必要があるのか?なんでやるのか?等の議論や意見を言うことは難しかったりします。

外資系企業では、上下関係がハッキリしていますし、同じように決定権は上司にありますが、議論や意見をフラットな関係性で話すことができます。

Q4.外資系企業に行くと成長しやすい?

A.成長はしやすいです。

ただ、日系企業よりも自分で分からないことを聞いたり、確認する等、より主体性が求められる場合が多いです。

成果を出していれば、自分の意見を言うことできますし、やりたいことを主張しやすい職場が多いです。

ただ、自分が分からないことや必要な情報がある時に、自ら相談したり、確認したり、調べたりする主体性が求められます。

主体性を持って仕事が出来て、成果を出せれば、会社都合の転勤なども無く、やりたい仕事をやれるのでスピード感を持って成長できます。

また、周囲で働いている方も”即戦力として採用された中途社員”が多いので、同僚社員と話したり、資料を見ていても勉強になることが多いです。

Q5.年齢別の転職事情は?

A.最も多いのは20代後半〜40歳前後です。ただ、仕事ができれば年齢は関係ありません。

外資系企業は実力主義なので、仕事ができれば年齢にはこだわらない傾向にあります。

そもそも、海外では採用の際に年齢を聞くことが禁じられている国もあるくらいです。

若いからといって軽んじられるわけでもなく、年長者だからといって優遇されることもありません。

ちなみに、40歳以降は特別なスキルがあればエグゼクティブ転職からの需要が多くなります。

年齢はそれほど気にしなくてもいいですが、やはり40代・50代で管理職未満のスタッフとして転職することは難しいでしょう。

外資系企業への転職はJACリクルートメントに相談

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp

JACリクルートメントは、外資系企業への転職や日系企業の海外現地法人・グローバルと連携するポジションへの転職に強い転職エージェントです。

20代~40代・50代まで幅広い年齢層、外資IT・製薬・メーカー・コンサル等の様々な業界への転職支援に実績があり、積み重ねてきた実績に裏打ちされた転職サポートの手厚さに評判が高いです。

私達が転職で相談した時は、「●●さんのキャリアは▲▲で、過去の選考では■■を重視されていたのでアピールできるように用意してくださいね」や「この企業は2次選考でグローバル本社で英語で電話面接があるので事前にリハーサルをしましょう」等、かなり具体的なアドバイスをもらうことが出来ました。

外資系企業への転職を考えている方は、情報交換だけでも時間を取ってくれるので気軽に相談してみてくださいね。

まとめ:外資系に強い転職エージェントランキング

いかがでしたか。

外資系企業への転職を実現するには、外資系企業各社への転職実績が豊富で専門性が高い転職エージェントやヘッドハンターに相談するようにしてください。

その時には、複数の転職エージェントに相談し、特にBizreach(ビズリーチ)やリクルートダイレクトスカウト、doda X等のスカウト型転職サイトからハイキャリア支援に精通したヘッドハンターにもサポートしてもらうことが大切であることを御紹介しました。

何より家族を大切にしたいメンバー、独立しているメンバー、会社経営陣として活躍するメンバーと各人が目指すキャリアを実現して目標に向かっています。

転職活動は、一発勝負のギャンブルではないので、目指すゴールは何か、その為に今やるべきことは何かをヘッドハンターやハイキャリア向けの転職エージェントと定期的に相談して準備しておきましょう。

日々の努力が結果になると、また次の新しい選択肢が出てきます。

今回、御紹介した転職エージェントやヘッドハンティングサービスでは、必ず実力伯仲のキャリアアドバイザーの方に出会えると思います。

新しい出会いと次のキャリアの選択肢にワクワクしながら登録してみてくださいね!

皆さんが目指すキャリア・年収を実現できることを願っています。

参考:転職エージェント・転職サイトの評判