日系

EYストラテジーアンドコンサルティング中途組の評判と生活

こんにちは。転職ノート編集部です。
私達は、全員で20回以上の転職経験があり、様々な業界で働いた経験を持つ年収1千万を超えたコンサルタントを中心とした執筆チームです。

2020年10月にEYトランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社(以下、EYTAS)とEYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(以下、EYACC)が統合して発足したEYストラテジー・アンド・コンサルティング(以下、EYSC)で実際に働く方の体験談・評判と実現できる生活を御紹介します。

今回は、一般的なインターネット・書籍調査の他に、EYストラテジー・アンド・コンサルティングの現役コンサルタントへのヒアリングをもとにしています。

EYSCでは、デロイトトーマツコンサルティングで2011年から社長としてリードしてきた近藤 聡氏が代表取締役社長に就任し、コロナ後も積極的に採用を続けています。

近藤社長は、Withコロナ時代に3年で人員倍増!売上2.6倍を目指す超強気な「ドラゴン計画」を打ち出し、積極的な採用を続けています。

コンサルは全業界で最も平均年収が高く、論理的思考力やプレゼンテーション能力など、ビジネススキルを身に着けられる魅力的な業界です。

この記事が皆さんが転職する際の参考になれば幸いです。

Withコロナ時代にEYSCへの転職を成功させる!

新型コロナの流行を受けて、働き方やデジタル化の更なる推進等のニーズが強くなり、EYSCは業績を伸ばし、採用を強化しています。

最新の求人意向や年収などの各種条件は、コンサルティング業界への転職を長年支援してきたアクシスコンサルティングに確認しましょう。

EYSCのパートナーや人事から話を直接聞いた求人意欲(未経験者はOK?など)や各種条件、非公開求人を詳しく教えてくれます。

転職はまだ考えていなくても、最新の求人紹介やキャリアの相談に乗ってくれるので気軽に相談してみましょう!

1分以内で簡単登録!/

<1分で終わる登録方法はコチラ>

EYストラテジー&コンサルティングの年収と福利厚生

▼業界別平均年収

出典:「会社四季報」業界地図 2021年版

コンサルティング業界は全業界で最も平均年収が高い業界です。
またWithコロナの世界でデジタル化ニーズや大きくビジネスの舵を切る必要が出てきて採用が激化し、さらに平均年収が上がっています。

若い時に年収水準を上げて高いビジネススキルを身に着け、他業界に転職、更に年収を上げる目的で他のBig4やアクセンチュア、戦略系ファームへの転職する方も多くいます。

以前はMBA取得者中心でしか採用していなかったMckやBCGも戦略の実行フェーズに取組むようになり、総合系で実績ある人材の採用を広げています。

EYストラテジーアンドコンサルティングもコンサルティングファームとして、一般企業よりも相当高い年収水準になっています。

一昔前は、デロイトやPwCよりも低いことで有名でしたが、近年はグローバルとの連携を強め年収水準を他ファームと同等まで引き上げています

そんなEYストラテジーアンドコンサルティングで実現できる年収と生活水準を御紹介します。

EYストラテジー&コンサルティングの年収水準

EYストラテジー&コンサルティング(以下、EYSC)の年収水準は、20代~30代で転職する場合に最も多いタイトルであるコンサルタント~シニアコンサルタントだと500~900万円程度になり、評価次第でより高い年収を目指すことも可能です。

組織が新しく、拡大期なので競合他社よりはマネージャー以上のポストも比較的空きが出やすいので、成果を出せば昇進スピードが速いのも特徴です。

各タイトルを3-4年で昇進していくので、20代後半~30代でマネージャーまで昇進することも可能です。

競合のBig4と比較するとデロイトをはじめとするBig4より多少低くなっているようです。

EYストラテジー&コンサルティングの福利厚生

  • 住宅補助・寮は無し
  • 各種保険(健康保険、厚生年金、雇用保険、団体生命保険など)
  • 諸手当(通勤手当、出張手当など)
  • 有給休暇が年10日、リフレッシュ休暇が3日付与
  • ベネフィットワン
  • 語学やビジネススキルトレーニングなどの各種補助

ベネフィットステーションの利用や各種休暇の付与は、他のBig4ファームと同じようにあります。特にプロジェクトの合間で長期休暇も取りやすいので、連休は一般企業より取りやすいでしょう。

ただ、アクセンチュアや野村総研にある住宅補助や寮は無いことは転職前に認識しておきましょう。

EYストラテジー&コンサルティングで実現できる生活

コンサルタント(独身)のライフスタイル

26歳 女性 独身
コンサル

年収550-650万ぐらいがボリュームゾーンだと思います。手取りは月30万前後ぐらいです。
独身だと都心は難しい気がします。
最寄が日比谷駅で日比谷線・千代田線が通っている為、沿線の根津や千駄木の1Rや1Kに住んでいる人が多いと思います。
友達と飲みに行くのは大衆店も含めて候補にあがります。
最近は、リモートワークで自炊も増えましたが、テイクアウトぐらいなら値段を気にせずに買うことができます。

居住イメージ
千駄木:1K/25~30㎡/家賃8-9万円

シニアコンサルタント(独身)のライフスタイル

28歳 男性 独身
シニアコンサル

年収700-800万ぐらいがボリュームゾーンだと思います。
手取りは月40万前後ぐらいです。
独身だと都内で1R30㎡前後で家賃10万強の部屋に住んでる人が多いです。デートでも月に数回なら全額奢っても困りません。
ただ、港区や千代田区の一等地だと部屋が狭くなり、リモートワークが多い最近は少し遠くに引越す人も多いです。

居住イメージ
代々木上原:1DK/30~35㎡/家賃10-13万円

マネージャー(独身)のライフスタイル

32歳 男性 独身
マネージャー

年収1,100万ぐらいがボリュームゾーンだと思います。
手取りは月40~50万円ぐらいです。

結婚のことと将来もこの業界にい続けるか分からないので、都内で1K~1DKで家賃15万前後の部屋に住んでる人が多いです。デートだと8,000円~が多いと思います。

お金の使い方によると思いますが、時計や車など大きくお金を使わなければ自然と溜まっていく年収だと思います。

居住イメージ
広尾:1DK/30~35㎡/家賃13-16万円

EYSCでのキャリアを検討する

WithコロナとなりクライアントのDXや企業の変革が迫られるなかでEYストラテジー・アンド・コンサルティングへのニーズが高まり、積極的な採用を続けています。

EYストラテジー・アンド・コンサルティングでのキャリアを考える際には、コンサル・IT業界を専門に転職活動を支援しているアクシスコンサルティングに相談しましょう。

長年の支援実績からEYSCのパートナー陣や人事とも密に情報交換をしており最新の情報を把握しています。

また過去の転職支援者から「活躍する人/早期退職してしまう人」の傾向を把握しています。自分に転職して活躍できるステージや素地があるのか、一度相談してみてください。

1分以内で簡単登録!/

<1分で終わる登録方法はコチラ>

EYストラテジー&コンサルティングで働く評判

それではEYストラテジー・アンド・コンサルティングで働いている方から見た、EYSCで働くことに関する評判を御紹介します。

年収はコチラの記事でも詳しく御紹介しているので読んでみてくださいね!

働きがい・成長

26歳 女性
コンサルタント

これは以前から言われていたと思いますが、若手に仕事をどんどん任せてくれ、プレゼンする機会を上司が用意してくれたりしたのは、緊張しましたが働きがいを感じました。またクライアントとの質問や回答を通して成長を感じました。
自分の主張でクライアントの意思決定が進み、取組みが変わるのは、この仕事の醍醐味かなと思います。

25歳 男性
コンサルタント

どのファームも多かれ少なかれあるようですが、自分が経験したい領域に強く、かつ評価会議で意見を通すことが出来る上司の下につくと、評価が上がり年収が上がります!
未経験だと最初は自動で上司が付くのでガチャ感はありますが、、、社内の関係を作り、上位職者の得意領域やプロジェクト運営スタイルは早いうちに知った方がいいです。

ワーク・ライフ・バランス

29歳 女性
コンサルタント

採用を拡大していますが、プロジェクトが先行しており、採用しても1人前として仕事ができるようには当然時間も必要なので、結構、残業が多いのは実態だと思います。
特に仕事の出来る新卒の子達は、プロジェクトの掛け持ち等もあり、うまく休みが取れてない子もいます。

31歳 男性
コンサルタント

有給は取りやすいです。
会社もワークライフバランスを意識して色々と施策を進めていますが、他のファーム(例えば、アクセンチュアとか)ほどの徹底は無いように思います。
まだ現場に任せている部分もありますね。
新型コロナ流行後は100%在宅ワークとなり、在宅ワークをうまく進める方法をシェアする等、環境適応能力の高さは業界ならではだなと思いました。

入社理由と入社後のギャップ

28歳 女性
コンサルタント

コンサル業界に入社する方の多くが「年収アップ」と「ビジネススキルや専門知識の獲得」だと思いますし、私もそうでした。
実際に年収は上がりましたし、マネージャーになって1千万を超えてから転職してホワイトに生活しています。
業界に長いするつもりの人の方が少ない業界なので、目的を明確にして短期間にストレッチするには、とても良いと思います。

26歳 男性
コンサルタント

Big4は外資と言われがちですが、資本関係は内資でグローバルメンバーファーム間の交流が少ないファーム・部署も多い中で、比較的にグローバルで連携するプロジェクトや人材交流が多いと感じた為。
他ファームを経験していないので実際はわかりませんが、私も海外のファームと連携するプロジェクトに携われたので、あながち嘘ではなかったと思います。

Withコロナ時代の転職活動成功のポイント!

新型コロナウイルスの流行により、転職市場は1次的に止まりましたが、顧客のデジタル化や働き方改革のニーズはより強まり、業績を伸ばしています。

また新しく近藤社長を迎え、「プロジェクトドラゴン」と名付けた急成長を目指すEYSCは新型コロナウイルス流行後も積極的な採用をおこない、引続き成長しています。

EYストラテジー・アンド・コンサルティングへの転職を成功させるポイントを御紹介します!

ポイント1:プロジェクトが取れている部署を知る
新型コロナウイルスの流行後、プロジェクトが取れている/取れていない部署の明暗が如実に出るようになりました。

入社後に長期アベイラブルになることを避けるために、求人元の部署が案件を取れているか、事前に確認が必要です。

ポイント2:求人意欲を確認する
求人にも様々な背景があります。
経験者採用のみ、マネージャー以上の採用のみなど、求人票に書かれていない企業の求人意欲や過去の選考通過者(自分と似た経験の人がいるかなど)を事前に確認しておくことが大切です。

ポイント3:最新の転職成功者の経験やスキルを知る
最後に、新型コロナ流行後の転職成功者の経験やスキルを知っておくことが大切です。

完全に同じ経歴になることは難しいですが、評価されたポイントと近い経験や能力を伝えることで転職可能性を上げることができます。

この3つのポイントは、転職エージェントに相談することで実現することができます。

コンサルタントのキャリア支援実績が豊富な転職エージェントに相談することで自分では実現できないスピードで具体的な情報収集ができます。

ただし、専門性がない・営業活動として捌きにくる転職エージェントには、以下の条件を明確に伝えましょう。

  • 目的を明確に伝える(情報収集・転職活動など)
  • 企業から直接聞いた生の求人情報を知りたいこと
  • 直近の転職成功者の経験やスキルを知りたい事

有効求人倍率など、一般論で話してくる人は要注意です。
*有効求人倍率はハローワークの求人数と応募数の割合です。ハローワークで紹介される警備員や建築現場作業員の求人倍率が、コンサルタントに紹介される求人の動向として参考に足る情報とはいえないでしょう。

企業から直接聞いている具体的な生の話を確認しましょう。

転職ノート
編集部

転職エージェントには転職者のことよりも自分の営業数字を作ることを優先しようとする人が多いのも実態です。
私達もよく出会いますが、面接日程調整の丸投げやどのエージェントでも見るような求人しか出してこないエージェントには「他社との差がないこと」「●●をしてほしい」と自分の意思を伝えています
皆さんも転職エージェントとはお互いに敬意を持てる誠実な関係が築けるといいですね。

コンサル業界への支援実績No1:アクシスコンサルティング

1分以内で簡単登録!/

<1分で終わる登録方法はコチラ>

アクシスコンサルティングはEYストラテジー・アンド・コンサルティング(EYSC)など、コンサル・IT業界への転職に特化した転職エージェントです。同業界への転職支援で豊富な実績があります。

各社・各ファームのパートナーや人事から話を直接聞いており、コンサル業界全体の転職動向から各ファームで必要なスキルや経験をよく理解しています。

また、転職を日々支援するなかで、転職後に失敗してしまう方の傾向やコンサルタントの次のキャリアを含めて提案ができるのは業界特化の転職エージェントならではです。

  • 気軽にEYSCの年収や働き方などの話を聞いてみたい
  • EYSCやBig4等、コンサルタントのキャリアを相談したい(転職は未定)
  • EYSCに転職した人が評価された経験やスキルを知りたい
  • EYSCの戦略や求人部署に合わせた職務経歴書の添削や面接対策をして欲しい

こういう方は、転職活動していなくても気軽にアクシスコンサルティングに相談してみてください。

企業・ヘッドハンターと直接連絡:ビズリーチ

ビズリーチの名前は多くの方が御存じだと思いますが、ダイレクトリクルーティングサイトだということは知っていましたか?

ビズリーチは企業やヘッドハンターと求職者を直接結ぶサイトです。
登録するとビズリーチから求人提案が来るのではなく、登録している企業やヘッドハンターから連絡があります。興味がある求人を紹介されたら、その企業やヘッドハンターと電話やオンラインで面談する流れです。

また企業や官公庁が求人を掲載しているので、自分で直接応募することが出来ます。

企業は転職エージェントに支払う手数料よりも採用コストが低いビズリーチの活用に積極的になっており、EYSCを始めコンサルティングファーム各社も掲載しています。(転職関連のサイトで掲載企業数が最も多いと言われています)

  • EYSCを始めコンサル業界に直接転職を応募したい
  • コンサル業界への転職支援に強いヘッドハンターに出会いたい
  • EYSC以外にも自分の転職市場価値を幅広く知りたい

こういう方は、ビズリーチに登録しましょう。

高年収スカウトをもらう:キャリア・カーバー

キャリア・カーバーは、リクルートが提供するハイクラス向けの転職エージェントからのスカウトサービスです。

登録すると多くの転職エージェントから様々なスカウトオファー連絡が来るので、キャリア・カーバーを使うメリットは多いです。

キャリア・カーバーに登録している転職エージェントは、コンサルタントなどのハイキャリア向け専門の部署のエージェントです。

例えば、dodaに普通に登録した場合に担当になる人とは別に、ハイキャリア向けの担当者が付きます。この人達が担当になった場合のメリットは色々とあります。

  • 一人一人に丁寧なカウンセリングや求人紹介をしてくれる
  • 企業側のCEOやCOOクラスと直接話をしていて、より生の具体的な企業ニーズを教えてくれる
  • 通常のサイト登録とは別の高年収・好条件の非公開求人を紹介してくれる
  • 興味のある求人紹介をゆっくりと待てる

要は「高年収=エージェント側の収益が高い担当」は丁寧に対応して内定率を高める体制になっています。これはどこの転職エージェントも一緒です。



もちろんdodaやリクルートエージェントとの併用も可能です。
EYSC・EYパルテノンを中心に”様々な企業かつ年収が高い求人”を知りたい方は、キャリア・カーバーに登録しましょう。

<キャリア・カーバーで高年収スカウトをもらう>

転職サポートが手厚い:doda

1~2回目で職務経歴書や面接に自信が無い方には、dodaはオススメです。
類似経験が書かれた職務経歴書のフォーマットを送ってくれたり、個別相談や自己分析支援など、中長期的に転職活動を手厚くサポートしてくれます。

手続きのシステム化が進んでおり、マイページを持つと求人の提案が続々と来ます。興味ある案件を「お気に入り登録」していくと、だんだん希望に沿った求人が届くようになります。

EYSCの転職を相談すると同時に、近い年収や条件の提案をもらえるので、早めに登録しておきましょう。

  • 初めての転職で職務経歴書や面接準備を手厚く準備したい
  • EYSCを中心にコンサルキャリアの可能性を広げたい
  • 自分のペースを大切にしつつ、色々と相談したい

dodaは紹介求人数が多く、サイトで自分で探すこともできます。
また連絡やサポートが丁寧で、営業っぽくしないので編集部メンバーも毎回使うメンバーが多いです。こういう方はdodaに登録してみてください。

私達も転職活動の時に、複数の転職エージェントに登録します。
複数に登録すると転職エージェントが手元にある求人だけ提案してきている(=他のエージェントと案件がかぶっている)かが分かります。
他社と差がない、魅力がない、ということをキチンと伝えて転職エージェントにやる気を出してもらうことも転職活動で大切なポイントになります。
全部に全力投球する必要はありませんが、メイン1社・サブ2社ぐらいは登録しておきましょう。

まとめ

転職ノート
編集部

EYストラテジー・アンド・コンサルティング(以下、EYSC)で働かれた方の経験をもとに、転職したら実現できる年収や生活のイメージは持てましたか?

これまで日本ではEY新日本監査法人は有名でしたがBig4のなかでもEYのコンサル部門の規模は小さかったのは事実です。

EYSCは、近藤新社長がデロイトからジョインし、グローバルとの連携を強めて変革・急成長の時を迎え、3年で人員倍増!売上2.6倍を目指す超強気な「ドラゴン計画」を打ち出し、積極的な採用を続けています。

近年の採用強化に伴い年収水準がBig4と変わらなくなり、マネージャーになることで年収1,000万を超えることが可能になります。

家賃補助や寮の制度はありませんが、1,000万を超えれば都内の賃貸でも生活には大きく困ることは無いでしょう。

新型コロナ流行後、リモートワークで「複数の部屋がある家に住みたい」という声もよく聞こえてきますが、都内でも実現できるでしょう。

シニアコンサルタント・マネージャーになると他のファームへの転職、事業会社に出戻りも年収を上げて転職できるので、一度ファームでの経験をしておくのもいいでしょう。

EYSCへの転職ではアクシスコンサルティングへの相談が必須です。
コンサルティング業界への転職に強みがあり、転職エージェントがコロナ禍での市場動向と過去の求人条件を理解して説明してくれます。

転職市場全体では、もちろんよくないですが業界・業種によっては業績を回復・成長しているところがあります。

漠然と不安に思うぐらいであれば、自分の市場価値を知り、EYSCへの転職可能性や必要な経験を知ることで、具体的な将来の選択肢を得ることができます。

1分以内で簡単登録!/

<1分で終わる登録方法はコチラ>

EYSC以外にも高年収な求人を提案してもらえる可能性もあるので、是非登録して相談してみましょう。