コンサルティング業界

【中途面接】EYアドバイザリー&コンサル:傾向と転職対策

こんにちは。転職ノート編集部です。
私達は、全員で20回以上の転職経験があり、様々な業界で働いた経験を持つ年収1千万円を超えたコンサルタントを中心とした執筆チームです。

EYアドバイザリー&コンサルティング(EYACC)はEYトランザクション・アドバイザリー・サービス(EYTAS)と20年10月に統合し、EYストラテジー・アンド・コンサルティング(EYSC)となりました。
EYSCの紹介や面接対策は、コチラに纏めていますので御確認ください。

本記事では、EY新日本監査法人がグループに属し、BIG4の一角であるEYアドバイザリー&コンサルティング株式会社への転職に向けて、選考プロセスと面接内容、そして対策方法を御紹介します。

これまで日本でもなかなか存在感を出してこれなかったEYグループの日本におけるコンサルティングの強化に注力しており採用も強化しているファームです。

一般的なインターネット・書籍以外に同社の現役コンサルタントへのヒアリング結果、編集部メンバーの経験と共に纏めました。

EYアドバイザリー&コンサルティングは、デロイトトーマツコンサルティングで2010年から社長としてリードしてきた近藤 聡氏をJapan Advisory Partnerに迎え、コロナ後も積極的に採用を続けています。

参照:Japan Advisory Partner からのメッセージ

採用面接では、他のコンサルティングファームと同様に、「なぜコンサルティングか」「なぜEYACCか」を聞かれますので、準備しておきましょう。

他社研究は、ネット情報で調べたうえで、コンサル業界に特化したアクシスコンサルティングにコロナ後の社内事情やプロジェクト傾向を聞いて、自分の言葉で志望動機を説明できるようにするといいと思います。

Withコロナ時代にEYACCへの転職を成功させる!

新型コロナの流行を受けて、働き方やデジタル化の更なる推進等、EYアドバイザリー&コンサルティングが求める採用候補の経験やスキルも変わってきています。

最新の求人意向や年収などの各種条件は、コンサルティング業界への転職を長年支援してきたアクシスコンサルティングに確認しましょう。

求職者の担当者が企業から直接話を聞いてるので、求人意欲(未経験者はOK?など)や各種条件、非公開求人を詳しく教えてくれます。

人気の求人から埋まってしまいますので、転職を考えている人は早めに登録して、求人の有無と条件を確認しておきましょう!

<1分で終わる登録方法はコチラ>

EYACCの中途面接:傾向と対策

選考プロセス

エントリー、書類選考後、2~3回の面接が一般的な選考フローのようです。

面接担当者は、1次が人事担当、2次はマネージャー、最終面接はパートナーという場合が多くなっています。

EYACCでは他のファームと同様に経験者、もしくはSIerなどのシステム関連でコンサルティングに近い業界経験者などの採用を強化しています。

他のBig4に比べると未経験者からも引き続き採用を続けているファームのようで、実際に編集部メンバーにもビズリーチや転職エージェント経由で面談のオファーが来ています。

EYの「採用」ページには仕事内容のメンバーインタビューが掲載されているので、目を通しておくと具体的なイメージを持てるでしょう。

中途面接の内容傾向

ケース面接は無く、志望動機や「なぜEYACCか」を問われるオーソドックスな面接のようです。

現在、EYACCで働くコンサルタントは「どんなコンサルタントになりたいか?」や「仕事で乗り越えた困難は?」といった質問が多いとのことです。

コンサルタントに必要とされる「コミュニケーション能力」「論理的思考能力」「協調性」を意識し、カルチャーフィットするエピソードを複数準備した上で、落ち着いて回答できるように準備しておきましょう。

EYアドバイザリー&コンサルティング(EYACC)はEYトランザクション・アドバイザリー・サービス(EYTAS)と20年10月に統合し、EYストラテジー・アンド・コンサルティング(EYSC)となりました。
EYSCの紹介や面接対策は、コチラに纏めていますので御確認ください。

EYACCの基礎知識

EYACCの戦略「Connected(つながり)」とは?

参照:EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社 Corporate Profileより

代表取締役社長の近藤聡氏は、同社のグローバル戦略上、コネクテッド(つながり)を重要テーマとしています。

クライアントが必要とするソリューションを世界中のメンバーファームからナレッジを集め、提供していくことができます。

この海外を含めたコネクテッド(つながり)の強化が未来につながると考えており、世界で最も連携力の優れたファームの一つとして、戦略的に優位にあると信じています。

代表取締役社長 兼 会長
ビルファレル

EYアドバイザリー&コンサルティング株式会社 Corporate Profile

EYACCの社風って?

業務を開始したのが2017年1月と最も新しい組織です。

それまで①新日本有限責任監査法人のアドバイザリー事業、②EYアドバイザリー、③EYフィナンシャル・サービス・アドバイザリーが、日本でのアドバイザリー業務をそれぞれ提供してきました。

17年1月に①~③を集約して、今のEYACCを設立しました。

そのため、会社に強い社風やカルチャーがなく、むしろ個人が自由にやりたいことを主張できるという声を聞きます。(成果を出していることが前提ではありますが)

今はデロイトやPwCは数千人単位の組織になり、各ファームに傾向はありつつも組織や部署によって大きく違うので、参考程度に考えておくのが良いと思います。

社風やカルチャーマッチはベンチャーなどの小さく、新しい組織では非常に大切ですがBig4のようなコンサルファームでは、「成果が出せるか」が重要視されます。

案件の特徴(カッティングエッジソリューションズ)

EYACCでは、カッティングエッジソリューションズとして、注力テーマを定めています。

こうしたテーマで如何に貢献できるか、知識や経験が足らない領域でもキャッチアップできるかを伝えられると、より良いでしょう。

新型コロナウイルスの影響で、クライアントニーズが大きく変わり、EYACCでも注力領域が変わっているはずです。

例えば、「今のオフィススペースは不要ではないか?」「オフィスで感染を広げないためにどうしたらよいか?」「リモート環境下での評価・管理制度の検討」などです。

最新のプロジェクトの受注状況や部署毎の採用意向を知りたい場合は、長年にわたり各ファームと信頼関係を築いているアクシスコンサルティングに確認するのがオススメです。

アクシスコンサルティングの転職エージェントは、担当者が直接訪れて各ファームの人事から情報収集をしています。

EYACCはBig4のなかでも近年特に日本市場での存在感を高めているファームです。組織再編やサービス開発などを進めており、求人や年収、必要な経験・スキルがコロコロと変わるので最新情報の確認が必要です。

<1分で終わる登録方法はコチラ>

コンサルティング業界はプロジェクトベースかつ近年はフルリモートで働いたりするので、求める経験が特殊です。

また、ケース面接などもあり、通常とは違う転職対策が必須です。
その点、コンサル業界に特化しているアクシスコンサルは過去の選考通過者の実績をもとに職務経歴書の添削やケース面接対策など、手厚くサポートしてくれます。

業界未経験だと必要な対策や求められる水準が分からないと思いと思います。私達編集部メンバーも未経験でコンサル業界に転職する際は、社内のことが全く分からず、色々とアクシスの方に教えてもらいました。

ただの情報収集でも快く対応してくれるので、コンサル業界に転職を考えている方はとりあえず登録しておきましょう。

<アクシスコンサルティングに無料相談>

EYACCの中途面接で聞かれた質問

Q.なぜEYACCを志望しますか?

A.会社の設立年度が他のファームよりも浅く、良くも悪くも社内の文化やカルチャーが固まっていない自由な雰囲気であるとEYACCで働く友人から聞いたエピソードと共に回答しました。

ただ、自由だから自分がやりたいことをやりたい!ではなく、まずは様々な経験を積み、より自身の経験を活かして貢献できる!と思った時にチャレンジできると考えたことを伝えました。

Q.モチベーションが上がらない時のセルフマネージメントは?

A.社会人経験も数年あるので、「ヤル気」でやらないことは無いことは伝えました(笑)

それだと質問の回答になっていないと思ったので、相対的に「ヤル気」が少ない時にどうするかという意味で、「ヤル気」が出ない状況や要因を紙に書いて自分なりに理解するようにしていると回答しました。

Q.コンサルタントとしてどのように活躍できると思うか?

A.業界経験者ではないので、至らない点はキャッチアップさせていた抱きたいと伝えたうえで、前職での経験を活かせる分野を素直に回答しました。

また、未経験分野に関しても経験分野を活かしつつ、前向きに取り組んでいきたいことを伝えました。

結局、アサインはプロジェクトの受注状況によると思うので、経験領域でしか使えないと思われるのは良くないなと思いました。

WithコロナでのEYACCへの転職成功ポイント

新型コロナウイルスの流行により、転職市場は1次的に止まりましたが、顧客のデジタル化や働き方改革のニーズはより強まり、EYアドバイザリー&コンサルティングは業績と採用数を伸ばしています。

そんなEYACCへの転職を成功させるポイントを御紹介します!

ポイント1:プロジェクトが取れている部署を知る
新型コロナウイルスの流行後、プロジェクトが取れている/取れていない部署の明暗が如実に出るようになりました。

入社後に長期アベイラブルになることを避けるために、求人元の部署が案件を取れているか、事前に確認が必要です。

ポイント2:求人意欲を確認する
求人にも様々な背景があります。
経験者採用のみ、マネージャー以上の採用のみなど、求人票に書かれていない企業の求人意欲を事前に確認しておくことが大切です。

ポイント3:最新の転職成功者の経験やスキルを知る
最後に、新型コロナ流行後の転職成功者の経験やスキルを知っておくことが大切です。

完全に同じ経歴になることは難しいですが、評価されたポイントと近い経験や能力を伝えることで転職可能性を上げることができます。

この3つのポイントは、転職エージェントに相談することで実現することができます。

コンサルタントのキャリア支援実績が豊富な転職エージェントに相談することで自分では実現できないスピードで具体的な情報収集ができます。

ただし、専門性がない・営業活動として捌きにくる転職エージェントには、以下の条件を明確に伝えましょう。

  • 目的を明確に伝える(情報収集・転職活動など)
  • 企業から直接聞いた生の求人情報を知りたいこと
  • 直近の転職成功者の経験やスキルを知りたい事

有効求人倍率など、一般論だけで話してくる人は要注意です。
*有効求人倍率はハローワークの求人数と応募数の割合です。ハローワークで紹介される警備員や建築現場作業員の求人倍率が、コンサルタントに紹介される求人の動向として参考に足る情報とはいえないでしょう。

企業から直接聞いている具体的な生の話を確認しましょう。

転職ノート
編集部

転職エージェントに営業として捌こうとしてくる人も多いのも実態です。
私達もよく出会いますが、面接日程調整の丸投げやどのエージェントでも見るような求人しか出してこないエージェントには「他社との差がないこと」「●●をしてほしい」と自分の意思を伝えています
皆さんも転職エージェントとはお互いに敬意を持てる誠実な関係が築けるといいですね。

コンサル業界への支援実績No1:アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングは、コンサルタントの転職に強みを持つ企業です。

企業担当と求職者担当が同じ人なので、企業から直接求人ニーズを聞いており、企業の求人ニーズやその背景をよく理解しています。

コンサルティングファーム各社とは長年の信頼関係を築いており、過去の転職成功事例を多く知っています。

  • EYACCの求人ニーズと背景を具体的に知りたい
  • EYACCの転職成功者が評価された経験やスキルを知りたい
  • EYACCの戦略・インダストリー・コンピテンシーに合わせた職務経歴書の添削やケース面接対策をして欲しい

こういう方は、アクシスコンサルティングに相談しましょう。

求人数と転職支援実績No1:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、言わずと知れた転職エージェントの最大手です。

リクルートの圧倒的な営業力で企業から多くの求人を獲得しています。
また、企業側から見ても紹介数が多い企業を雑には扱えないので、年収や入社日などの条件交渉も強く、転職者に代わって交渉です。

比較的に短期で転職を決めようとする傾向にはあるので、出来るだけ短期間に転職を決めたい方にオススメです。

  • 初めての転職で職務経歴書や面接準備を手厚く準備したい
  • EYACCを中心に幅広く自分の転職可能性を広げたい
  • 転職活動を引っ張って進めて転職を早く決めたい

こういう方は、リクルートエージェントに登録して相談しましょう。

高年収スカウトをもらう:キャリア・カーバー

キャリア・カーバーは、リクルートが提供するハイクラス向けの転職エージェントからのスカウトサービスです。

登録すると多くの転職エージェントから様々なスカウトオファー連絡が来るので、キャリア・カーバーを使うメリットは多いです。

キャリア・カーバーに登録している転職エージェントは、コンサルタントなどのハイキャリア向け専門の部署のエージェントです。

例えば、dodaに普通に登録した場合に担当になる人とは別に、ハイキャリア向けの担当者が付きます。この人達が担当になった場合のメリットは色々とあります。

  • 一人一人に丁寧なキャリアカウンセリングや求人紹介をしてくれる
  • 企業側のCEOやCOOクラスと直接話をしていて、より生の具体的な企業ニーズを教えてくれる
  • 通常のサイト登録とは別の高年収・好条件の非公開求人を紹介してくれる
  • 興味のある求人紹介をゆっくりと待てる

要は「高年収=エージェント側の収益が高い担当」は丁寧に対応して内定率を高める体制になっています。これはどこの転職エージェントも一緒です。

もちろんdodaやリクルートエージェントとの併用も可能です。
未経験の業界や職種は、dodaやリクルートエージェントに登録した方が広げやすいです。

一方で、EYACCを中心に”様々な企業かつ年収が高い求人”を知りたい方は、キャリア・カーバーに登録しましょう。

<キャリア・カーバーで高年収スカウトをもらう>

転職サポートが手厚い:doda

1~2回目で職務経歴書や面接に自信が無い方には、dodaはオススメです。
類似経験が書かれた職務経歴書のフォーマットを送ってくれたり、個別相談や自己分析支援など、中長期的に転職活動を手厚くサポートしてくれます。

手続きのシステム化が進んでおり、マイページを持つと求人の提案が続々と来ます。興味ある案件を「お気に入り登録」していくと、だんだん希望に沿った求人が届くようになります。

EYACCの転職を相談すると同時に、近い年収や条件の提案をもらえるので、早めに登録しておきましょう。

  • 初めての転職で職務経歴書や面接準備を手厚く準備したい
  • EYACCを中心に幅広く自分の転職可能性を広げたい
  • 自分のペースを大切にしつつ、色々と相談したい

dodaは紹介求人数が多く、サイトで自分で探すこともできます。
また連絡やサポートが丁寧で、営業っぽくしないので編集部メンバーも毎回使うメンバーが多いです。こういう方は、是非、dodaに登録してみてください。

私達も転職活動の時に、複数の転職エージェントに登録します。
複数に登録すると転職エージェントが手元にある求人だけ提案してきている(=他のエージェントと案件がかぶっている)かが分かります
他社と差がない、魅力がない、ということをキチンと伝えて転職エージェントにやる気を出してもらうことも転職活動で大切なポイントになります。
全部に全力投球する必要はありませんが、メイン1社・サブ2社ぐらいは登録しておきましょう。

まとめ

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング(以下、EYACC)は実績豊富な新たなリーダーを迎え、新型コロナ流行後も積極的な採用をしています。

そんなEYACCの選考は、書類選考と面接を人事担当・現場マネージャー・パートナーと行います。

面接は、志望動機を「なぜコンサル?」「なぜEYACC?」の観点で答える準備をしておくという一般的なコンサルティングファームと同じですね。

また、「どんなコンサルタントになりたいか?」や「仕事で乗り越えた困難は?」といった質問の受け答えから、コンサルタントとして活躍できるかを「論理的思考力」や「チームワーク」の観点で見られるようです。

案件の特徴(カッティングエッジソリューションズ)をふまえて、自身が「どこで貢献できるか」と「未経験領域でも積極的にキャッチアップしていきたい」という2点をアピールできることが大切なようです。

EYの戦略としてConnected(つながり)を重要なテーマとして掲げています。ただ、デロイト・PwC共に、グローバルに監査法人・税理士法人・FASなどのグループ間連携を強めているので、ここに大きな違いはありません。

よって、転職エージェントやもし知り合いで働いている方がいれば直接ヒアリングをして、1次情報として他ファームとの違いを説明する準備ができるとよいと思います。

引き続き厳しい状況が続きますが、皆さんの転職活動が少しでもうまくいくことを願っています。