●●万円違う!転職エージェント

おすすめ!2回目からの効率的な転職エージェントの使い方

こんにちは。転職ノート編集部です。
私達は、全員で20回以上の転職経験があり、様々な業界で働いた経験を持つコンサルタントを中心とした執筆チームです。

本業もあり限られた時間で効率よく転職活動をしたいと思っている方も多いのではないですか。

今の時期は、信頼できる転職エージェントを見つけて、中長期的にキャリア形成を考えることが大切です。

転職エージェントは、収入モデルによって私達への提案の傾向や力を入れるポイントが違います。

転職エージェントの収益モデルを理解し、効率よく信頼できる転職エージェントを見つけ、転職活動やキャリア検討を進めてもらいたいと思います。

転職エージェントの収益モデル

そもそも、リクルートやJAC等の転職エージェントとBizreach(ビズリーチ)やCareerCorver等はサービスの種類が違います

収益モデルから各社の動き方や求人の提案傾向を把握して、使い分けないと、同じ話を何度もするような非効率な転職活動をすることになります。

転職エージェント

サイトに登録すると、運営会社の転職エージェントの担当者(基本的に1人)が求人情報を紹介してくれます。

転職エージェントは、紹介して転職した人の年収に、手数料をかけた金額が収益になります。
例えば、年収800万円で転職した人がいると、手数料30%をかけた、240万円が収益になります。

収益を増やすには、年収が高い人を転職先に紹介するか、人数を増やすか、になります。大手は「人数」、専業は「年収」を上げることに注力する傾向にあります。

転職エージェントを紹介するサービス

基本的には、サイトで紹介した転職者とエージェントの手数料に、サイト手数料をかけた金額をサイト運営企業収益としています。

例えば、年収800万円で転職した人がいると、転職エージェントの手数料30%にサイト手数料10%をかけた、24万円が「サイト収益」になります。
転職エージェントの収益は240万から24万を引いた216万円が収益です。

転職エージェントは、サイト手数料分は手取りが減ります。
その分、直接応募してきた人よりも年収が低い人は、より数として捌く傾向(手厚いサポートを受けづらい)にあることは理解しておきましょう。

ちなみにBizreach(ビズリーチ)に登録しても、Bizreach(ビズリーチ)のエージェントからは連絡が来ず、リクルートエージェントやDODA等の転職エージェントから連絡が来ます。

ダイレクトリクルーティング

最近のBizreach(ビズリーチ)は、ダイレクトリクルーティング(企業が直接、求職者にアプローチする方法)に注力しており、CarerrCorver等の競合と差別化を図っています。

よって、Bizreach(ビズリーチ)に登録すると採用企業から直接連絡を受けることがあります。

メリットは企業と直接やり取りするので、企業側のニーズが分かりやすいことです。一方で、デメリットは自分で直接年収や入社日の交渉をしたり、自分の魅力を適切に伝える必要があります。

要は転職する人のコミュニケーション力や交渉力が必要になることを理解しておきましょう。

収益モデル別:転職エージェントの提案傾向

各社は収益モデルの違いから、私達への求人情報の提案に力の入れ方が違います

同時に、転職をする側の私達も、各社の立場と収益モデルを理解することで、効率的なキャリアの検討と転職活動をすることができます。

むしろ、コレを把握していないと、ムダな連絡や会話をすることになるので、注意が必要です。

【大手】転職エージェント

求人を多く持っていて、「求人の幅を求める方」には多くの提案をもらえて、おすすめです。

全部の会社がそうではないですが、「(転職)数」を増やすことは大事にしてます。逆に私達は、数として捌きにきてないか、丁寧にキャリアの相談にのってくれているか、は早いうちの判断が必要です。

職務経歴書や面接対策等のサポートも定期的に開催しているので、そういうサービスも使わせてもらうといいと思います。

【業界専業】転職エージェント

「特定の業界への転職」と「特定の業界からの転職」で、ニーズが多い案件は、しっかりと案件情報を収集しています。

1人ずつの年収は比較的高いので、成約率を上げる為に、中長期的に手厚くサポートしてくれます。

業界専業なので、その業界から干されたら会社の業績に響くため、業界内での評判はとても大切にします。
その為、案件と求職者のマッチングを大事にします。

転職エージェント紹介サービス

転職エージェントの紹介サイト(BIZREACHやCareerCorver)は、このサイトでマッチングする転職エージェント次第です。

「スカウト」というメールで、リクルート、DODA、マイナビ、アクシス、JAC等から連絡がきます。

自分でニーズと求人を伝えて、エージェントを選ぶ必要があります。

ダイレクトリクルーティング

「スカウト」というメールで、求人企業(楽天やアマゾン、Accentureとか)から直接メッセージが来ます。これは企業からのメールが来ないと活動できないので、職経歴書を充実させて待つしかありません。

また掲載されている求人広告に直接応募することもできます。
応募は、無料の案件と有料(30日間 5,478円)の案件があります。

2回目からの効率的な使い方

感覚を多分に含みますが、各サービスを「転職の期間」と「転職者の負荷」で整理しました。

これを元に、「2回目以降の転職をする人」向けに効率的な使い方を御紹介します。

●効率的な使い方の基本方針
【専業】転職エージェントがメイン
(キャリアチェンジも視野に幅広く見るなら、【大手】を追加)
ビズリーチかcareercorverのどちらかを併用

【業界専業】転職エージェント(コンサルティング業界)

アクシスコンサルティング

1分以内で無料登録!/


<1分で終わる簡単な登録方法はコチラ>

業界専業系の転職エージェントは、業界に対する深い理解と共に求人企業と強い信頼関係を築いています。

転職先への売込み方も分かっていて、皆さんの魅力をしっかりと伝えてくれます。中長期的なキャリア相談をしてくれるのも、こうしたエージェントの特徴です。

コンサルティング業界はアクシスコンサルティングがオススメです。
戦略系やファンドも視野に入れている方はMovin’ STRATEGIC CAREER(ムービン)もいいでしょう。

どちらの会社もコンサルティング業界への転職、コンサルティング業界からの転職(所謂、ポストコンサル)も手厚く対応してくれます。

特にはオンラインの相談から始められ、中長期的なキャリア相談にものってくれるので気軽に登録してみましょう。

【業界専業】転職エージェント(外資系企業全般)

英語力を活かした転職はJACリクルートメントがオススメです。

外資系各社と長年の信頼関係を築いており、英語力を活かした転職をするなら、一度話を聞いておくべきだと思います。

アクシスコンサルティングと共に、求職者担当が企業担当を兼任しており、直接企業側のニーズを聞いているので、どういう企業に転職の可能性があるのか、具体的で的確なアドバイスをしてくれます。

近年、働き方が変わるなかで、求められる能力や人数が変わっています。

企業側のニーズを正しく把握していることは、とても重要です。

【大手】転職エージェント

「これまでの経験とは異なる求人が知りたい」「求人の業界や職種など、幅広く知りたい」という方は、サブ的に登録すると良いと思います。

各企業への求人を探してくる営業力は、特にリクルート系が強いです。
サブ登録するならリクルートエージェントがオススメです。

改めて、職務経歴書の書き方や面接対策等の充実したサポートを求める方はdodaが手厚いです。

dodaは紹介求人数が多く、サイトで自分で探すこともできます。
また連絡やサポートが丁寧で、営業っぽくしないので編集部メンバーも毎回使うメンバーが多いです。こういう方は、是非、登録してみてください。

転職エージェント紹介サービス

キャリア・カーバーは、ハイクラス向けの転職エージェントからのスカウトサービスです。登録すると多くの転職エージェントから様々なスカウトオファー連絡が来るので、キャリア・カーバーを使うメリットは多いです。

キャリア・カーバーに登録している転職エージェントは、ハイキャリア向け専門の部署のエージェントです。

例えば、dodaに普通に登録した場合に担当になる人とは別に、ハイキャリア向けの担当者が付きます。この人達が担当になった場合のメリットは色々とあります。

  • 一人一人に丁寧なキャリアカウンセリングや求人紹介をしてくれる
  • 企業側のCEOやCOOクラスと直接話をしていて、より生の具体的な企業ニーズを教えてくれる
  • 通常のサイト登録とは別の高年収・好条件の非公開求人を紹介してくれる
  • 興味のある求人紹介をゆっくりと待てる

要は「高年収=エージェント側の収益が高い担当」は丁寧に対応して内定率を高める体制になっています。これはどこの転職エージェントも一緒です。

もちろんdodaやリクルートエージェントとの併用も可能です。
未経験の業界や職種は、dodaやリクルートエージェントに登録した方が広げやすいです。

何を求めるかですが、経験業界や職種で”様々な企業かつ年収が高い求人”を知りたい場合は、キャリア・カーバーに登録しましょう。

<キャリア・カーバーで高年収スカウトをもらう>

まとめ

転職エージェントと一口に言っても、大手/専業/転職エージェントの紹介/ダイレクトリクルーティングと様々な業態が存在します。

各サービスの特性を理解して使い分けることが転職成功の秘訣です。
大手の転職エージェントは使いつつ、ビズリーチやキャリア・カーバーのようなスカウトサイトを併せて使うと、企業やヘッドハンターから完全非公開の求人を紹介してもらえるので、両方登録しておきましょう。

●2回目以降の転職 基本方針
【専業】転職エージェントがメイン
(キャリアチェンジも視野に幅広く見るなら、【大手】を追加)
ビズリーチかcareercorverのどちらかを併用

●エージェント/転職サービスの使い方
・大手転職エージェント
 -短期勝負ならリクルートエージェント
 -中長期勝負はdoda

・専業転職エージェント
 -コンサル(総合)はアクシスコンサルティング
 -コンサル(戦略)はムービン
 -英語力を生かすならJACリクルートメント

・ビズリーチかCareerCorverは、登録後に興味のある提案が来たら返答

具体的に転職先が決まっているのであれば、リクルートエージェントや専業系の力あるエージェントで決めるのがオススメです。

皆さんの転職活動がうまくいくといいですね!
頑張ってください。