監査法人

会計士が事業会社(経理)へ転職!年収・メリット・注意点

 監査法人に新卒で入社し、終了考査は合格したけど「繁忙期の激務が辛い」「業務が定型的でキャリアアップできる気がしない」。

 そんな風に不安を抱えている20代・30代の会計士は多いと思います。多くが事業会社(経理)への転職は一度、考えるのではないでしょうか。そんな方々に向けて、事業会社(経理)に転職した時の年収やメリットを御紹介します。

 また、監査法人とはカルチャーも違いますので注意点を最後に御紹介したいと思います。

 皆さんが転職を考える際の参考になれば嬉しく思います。

20代・30代の会計士の悩み

20代の会計士

 監査法人に入社後、終了考査を終え、資格を保持している方が多いと思います。監査法人では資格に関する費用を満額負担してくれる為、まずはココまでを目標に勤めていた方が多いのではないでしょうか。
 
 一方で、社内を見渡した時に「マネージャーに昇進しても管理業務を担えない」「勤務を続けても退職金が少ない」「そもそもパートナーになれる可能性がとても低い」等、社内のことが分かり、具体的な悩みが出てくる年代です。

30代の会計士

 30代になるとマネージャーになるか、なった後のキャリアの方が多いでしょう。マネージャーになり管理経験を積んだ後のキャリアとして事業会社(経理)を考えている方も多いのではないでしょうか。

 この年代の方は家族を持っている方も増え、家族との時間を大事にしたい、という思われるかたも多いです。

 マネージャーの責任とやることが増える一方、「努力をしても賞与が無いため収入で報われない」「長年の定型業務で自身のスキルが管理業務以上に伸びていない」等、経験と評価を得て仕事を任されてきたからこその悩みが多い年代です。

悩み別に事業会社(経理)での変化

事業会社(経理)で残業時間はどう変わる?

 事業会社(経理)は一般的に残業時間は少ないです。当然ですが、繁忙期に土日が祝日扱いになることはありません

 転職時にエージェントや先に転職した先輩等にもよく相談し、残業時間が少ない企業であることを確認すれば確実でしょう。

事業会社(経理)で年収はどう変わる?

 経理・財務では100万前後は年収を下げて転職する場合が多いです。特に、マネージャー昇進後に1千万円前後の年収をもらっている場合は、下がる場合が多いでしょう。

 ただ、事業会社の中でも「金融・IT・ヘルスケア・総合商社」等の平均年収が高い業界であれば下がり幅を小さくできますし、現状維持ができる場合もあります。

 一方で、M&Aや経営企画的なポジションの場合は、年収が好条件になるりますが、長時間業務であることが多いです。年収だけでなく、労働時間やスキルアップ・福利厚生等、多面的に判断しましょう。

事業会社(経理)でスキルアップはできる?

 経理・財務部門ではIFRS基準での決算書作成や海外連結決算、資金繰りなどに活躍の場が広がっています。当然、財務三表を読み、会社の状態や経営上の意思決定による影響度も具体的にイメージできるので、重宝されるでしょう。

 一方で、会社の方針や事業環境を理解した事業をよくする為の提案や運営のサポートをしないといけない点は、監査業務と異なる新たに求められる能力です。

 事業会社では事業環境や社内の状況、方針が変わる中で優先順位を理解し、様々な人とやり取りする高いコミュニケーションが必要になります。周囲と協力し、時に巻き込みながら「事業を前に進める力」は事業会社だからこそ体感できることです。

事業会社(経理)への転職 3つの注意点

  • 転職をしたが、監査対応を事業会社でしているだけ。やることが変わらない
  • 会計士資格の年会費の負担
  • 数年~数十年単位で続く人間関係(固定席)

  せっかく多忙な中で転職活動をするわけですから、どれも事前に転職エージェントと転職先の人事に希望をしっかりと伝え、確認しておくことが大切です。

 また、特に人間関係は、労働環境に対する満足度に影響するので、部署の雰囲気(「困った時に相談しやすいか」「ランチや夜の飲み会の頻度」等)は事前に確認しておきましょう。

 監査法人ではフリーアドレスで必ずしも同じ人と会話しないといけないわけではなく、チームが変わったり、人が変わったり(先輩や上司が比較的短期間で退職する)します。

 しかし、事業会社では勤続年数が長く、基本的に同じ人達と数年~長いと数十年付き合っていく必要があります。会話や仕事への姿勢、プライベートとのすみわけ等、人間関係が合わなかった時に長期間で辛くなるので、出来る限りにはなりますが事前の確認は必須です。

まとめ

 いかがでしたか。20代・30代の会計士は、労働時間のわりに経験の広がりや福利厚生を含めた年収、今後の昇進の見通し等、不安になることが多いと思います。

 事業会社の財務・経理部門は、比較的、監査法人時代の経験を高く買ってくれますし、労働環境の改善も期待できます。せっかく取得した資格を活かしながら、プライベートや家族との時間の充実を図ることは、とても大切なことです。

 事業会社によって給与水準や求められる能力も異なります。まずは会計士に強い転職エージェントに登録して、求人状況と自身の評価を知ることが大切になります。

 くれぐれも繁忙期に自暴自棄にはならず、多くの人の助けを借りながら自分のこと家族のことに思いを馳せ、満足のいくキャリアを作れることを祈っています。