MENU
外資系(一般論)

やばい?アクセンチュアへの転職をやめとけと言われる理由と対処法|実際の離職率は?書類送検されたけど大丈夫?

こんにちは。転職note編集部です。

急成長を遂げているアクセンチュアですが展開している事業がコンサルティング・SI・デジタル広告なのでビジネスの成長には社員数の拡大が必須です。

社員数が拡大すると同時に「アクセンチュアへの転職はやめとけ・やばい」という声が聞こえてくることも増えました。

また積極的に働き方改革を進めてきましたが”過重労働による書類送検”がニュースにもなり『実際のところ本当にホワイトなの?本当にコンサルタントとして成長できるの??」と不安に思っている方も多いと思います。

そこで本記事では「アクセンチュアへの転職がやばい・やめとけ」と言われる理由と実態を実際に大手コンサルティングファームでコンサルタントとして働いた経験がある私達編集部メンバーの経験も踏まえて御紹介していきます。

私達の就業経験の他、現在もコンサルティングファームで活躍するコンサルタントへのインタビューも踏まえた執筆した記事となっています。

本記事で得られる情報・解決する悩み

  • アクセンチュアへの転職で何がやばいの?
  • アクセンチュアへの転職やめとけと言われる理由は?
  • 激務とか書類送検とか不安だけど本当のところは?
  • アクセンチュアに転職してもコンサルタントとして活躍できる?
  • アクセンチュアの次のキャリアってどうなるの?

コンサル転職ではキャリアの目標設定が大事

アクセンチュアを始め多くのコンサルティングファームでは、一昔前よりも多くの人数を採用しています。

また世の中にコンサルティングファームに関する情報が増えた一方で、実際とは異なったイメージも広がってしまっていると思います。

その為、ファームに入社後、仕事内容やイメージにミスマッチを感じて「やばい・やめとけ」と短絡的に考えてしまう方がいらっしゃるのも事実です。

コンサルティング業界への転職では最初にファーム・部署・仕事内容を詳しく理解することと、「そもそも自分が実現したいキャリアは何か」を具体的に理解しておく必要があります。

多くの転職エージェントが、この2つの深堀をせず、求人紹介や選考通過対策だけをしてしまっているのも、「やばい・やめとけ」と思われてしまう原因の一つとも思います。

一方でアクセンチュアで苦労はありつつも自分が求める経験とスキルを得て、目指すキャリアを実現して活き活きと働いている方が多いのも事実です。

大事なのは自分のキャリアで何を実現したいか?何を求めるかです。アサイン(ASSIGN)は、アクセンチュアへの転職事情にとても詳しいだけでなく、キャリアのゴールキャリアのゴール設計と達成にフォーカスしたエージェントです。

アサインでは多くの転職エージェントのように求人紹介から始めるのではなく、キャリアのゴールから逆算して今回の転職で目指す目標を定めてから求人を紹介してくれます。

転職後もアクセンチュアで入るべきプロジェクトや独り立ちまでに必要なスキル・ノウハウをどのように獲得していくかまで、本当に親身にアドバイスしてくれます(転職までの平均面談回数が5~6回と多く、”親身”を有言実行してくれます)

アクセンチュアを始めコンサルタントのキャリアを考えてるけど「やばい!やめとけと言われて実態が知りたい!」「自分のキャリアを真剣に考えたい」という方は、全部無料でサポートしてくれるので気軽に相談してみてください。

アクセンチュアの会社概要

名称アクセンチュア株式会社
(Accenture Japan Ltd)
創業1962年、事務所開設
設立1995年12月
資本金3億5千万円
従業員数約19,000人(2022年9月1日時点)
事業内容・ストラテジー&コンサルティング
・アクセンチュア ソング
・テクノロジー
・オペレーションズ
・インダストリーX
代表取締役社長江川昌史
代表取締役副社長関戸亮司

アクセンチュアはアイルランドに本社を置く総合コンサルティングファームで、世界51ヵ国で事業を展開していています。

事業内容はコンサルティング事業とシステムインテグレーション事業(SI)を中心としており、近年ではデジタル広告の代理店・運用代行業も手がけています。

やばいの?アクセンチュアの書類送検では何があった?

コンサルティング会社大手の「アクセンチュア」が社員に違法な残業をさせていたとして東京労働局は8日、会社などを労働基準法違反の疑いで書類送検しました。

書類送検されたのは、東京 港区のコンサルティング会社大手の「アクセンチュア」と労務を担当するシニアマネジャーです。

東京労働局よると去年1月、ソフトウェアエンジニアとしてプログラミングなどの業務を担当する男性社員1人に1か月140時間余りの違法な残業をさせていたとして労働基準法違反の疑いが持たれています。

労働基準法では1日8時間、週40時間を超えて働かせ残業をさせる場合には労使で協定を結ぶ必要がありますが、労働局によりますと、「アクセンチュア」では協定を結ぶための手続きに不備があったということです。

また、ほかの複数の社員についても違法な残業が確認されたということです。

「アクセンチュア」は、NHKの取材に「深くお詫び申し上げます。関係法令を順守し働き方改革を進めるために取り組んでいきたい」とコメントしています。

出典:NHK

アクセンチュアの働き方は激務なの?

まず今回の件では「1日8時間、週40時間を超えて働かせる場合に必要な協定に不備があった」ことが問題になっています。

正直なところ月140時間を超えた残業自体は、月間22営業日稼働だとして1日6時間の残業です。

9-17時を基本として6時間残業だと9-23時の稼働を1ヵ月していたということになります。プロジェクトの繁忙期等、稼働が上がる時期ではあり得る稼働時間かなとは思います。

問題なのは残業時間ではなく、「必要な協定が無かった」です。

他にもサービス残業をさせていたら問題ですが、今回はそういう話ではないようです。

コンサルティングファームやエンジニアでは、プロジェクトの繁閑期で月間の稼働時間が大きく変わります。(このことは知っておいた方が良いでしょう)

プロジェクトの初期や納品前の終盤では、稼働時間が長くなります。一方で、プロジェクトの期間中で安定している時期やプロジェクトが終わった/プロジェクトをリリースされた後のアベイラブル期間は、かなり暇になる事があります。

実際に長期休暇を取る方も多く、メリハリの利いた働き方をする業界です。

ただ上司やプロジェクトでハズレを引くという運要素はあり、炎上プロジェクトや上司が優秀ではない(アクセンチュア社外から来たばかりで前職の長時間労働カルチャーをアクセンチュアに持ち込んでしまい、アサインされたプロジェクトや担当領域が長時間労働になってしまう等)場合はあります。

これはどのコンサルティングファームに転職しても起こりえるので「アクセンチュアが激務か/やばいのか」というテーマで話すべきことではないでしょう。

どのコンサルファームに転職するにしても、転職初期に社内事情に詳しい新卒や社歴の長い人との関係を築き、社内での動き方をしっかりと意識した方がよいでしょう。

アクセンチュアの働き方改革|プロジェクトPRIDE

アクセンチュアでは、これまでクライアントに提供してきたビジネスコンサルティングで培ったノウハウに基づき「制度」と「意識」の両輪で組織風土改革をすすめています。

それがアクセンチュアで働く一人ひとりがプロフェッショナルとしての在り方に自信と誇りを持てる未来を想像する全社員イノベーション活動として「Project PRIDE」という働き方改革です。

昔のアクセンチュアは体育会文化が横行しており「アクセンチュア」と検索すると「ブラック・パワハラ・激務」という単語が散見されました。(というかコンサル業界自体が長時間労働が多い業界だったという側面もあるのですが・・・)

私達編集部メンバーは当時、働いていたアクセンチュアメンバーのこともよく知っていますが、確かによく働き、バリューを出して、良く稼ぐを体現している方が多かったように思います。

同時に2014年に社長に就任された江川氏は、当時の振返って、ある人材紹介会社の方から次のように言われたことを語っています。

「アクセンチュアの評判が悪く、これ以上人材を紹介できない」

出展:日経ビジネス


コンサルティングビジネスは人が価値の源泉です。またビジネスを拡大するには優秀な人材を継続的に採用しないといけません。

このままではいけないと全社的な働き方改革を決断されたと江川社長が語っています。

ただ2014年に始まった同改革でも段階的な改善を積み重ねており、必ずしも今回のような手続きのミスや特定期間の過重労働が無くなったわけではないようです。

  • 数年で劇的に働く環境が改善した。
  • 以前は体力勝負の色が強い会社であったが、今はすごく働きやすい会社だと思う。
  • 意識改革の効果がではじめている。
  • プロジェクトによって改善されたり、道半ばだったり…。
  • 管理職レベルで、生産性向上改善意識がついてきた。
  • 本格的に現場に浸透しつつあると思います。
  • 概ね好意的に受け止められ、且つ、一定の効果は出ている。

出典:アクセンチュア Project PRIDE 社員からのコメント

アクセンチュアの社員からのコメントにあるように「働く環境が劇的に改善した」という声がある一方で、「プロジェクトによって改善されたり、道半ばだったり」と必ずしも全て良くなったわけではないことは分かります。

アクセンチュアへの転職を考えている方、特にコンサル業界が未経験の方は、求められる水準の違いも大きく、転職初期はキャッチアップで大変になることもあるでしょう。

また転職前に自分が応募するファームの部署(アクセンチュアならストラテジー・マネジメントコンサル・ソング・テクノロジー・オペレーションズ)や職階(管理職以上?コンサルタント?)のジョブディスクリプションをよく理解しておかないといけません。

もしコンサル業界への転職を考えていて、特にアクセンチュアはやばい・やめとけという声に不安を感じる方がいたらアサイン(ASSIGN)に相談してみてください。

アサインでは多くの転職エージェントのように求人紹介から始めるのではなく、キャリアのゴールから逆算して今回の転職で目指すゴールを定めてから求人を紹介してくれます。

転職後もアクセンチュアで入るべきプロジェクトや独り立ちまでに必要なスキル・ノウハウをどのように獲得していくかまで、本当に親身にアドバイスしてくれます(転職までの平均面談回数が5~6回と多く、”親身”を有言実行してくれます)

実際に自分が目指すキャリアのゴール何か?ゴールまでの選択肢としてアクセンチュアで良いのか?と不安がある方は「やばい」「やめとけ」という噂に右往左往されずに、ゴール設計から実態を踏まえた具体的なアドバイスをしてくれるアサイン(ASSIGN)に相談してみてくださいね!

アクセンチュアへの転職をやめとけと言われる理由3選

アクセンチュアへの転職では「やめとけ・やばい」と言われることがあっても、それ自体が問題ではないとご紹介させていただきました。

大事なのは、自分のキャリアゴールが何か?またゴールに対してアクセンチュアのキャリアが適切な選択肢かが明確になっていることです。

一方で、そもそも「なぜやめとけ・やばいと言われるのか」は、あらかじめ知っておきたいですよね。

そこでProjectPRIDEで働き方改革も進み、激務な働き方も変わっているなかで「なぜやめとけなのか、何がやばいのか」を私達編集部メンバーの経験や友人達の体験談、インタビューを通して分かる範囲で御紹介したいと思います。

やめとけ理由1|アクセンチュアの仕事が厳しくて活躍できない

特にコンサル業界未経験でアクセンチュアに転職した方のなかには、クライアントや上司に求められる水準が高くて思たように活躍できないと思う方も一定数います。

そうした方が入社後に自分の能力と仕事で求められる水準にギャップを感じて「アクセンチュアへの転職はやめておけ」「(仕事のレベルが高くて)やばい」と言った声が上がっている部分もあります。

コンサル業界は昔から未経験採用が多く、様々な業界から中途採用で転職される方が多い業界です。

当然ですが、ファーム入社後に一定のキャッチアップ期間は必要になります。

一昔前は長時間労働で短期間に急激な成長を実現していましたが、労働時間が制限されている昨今では、より意識的に自分の課題をとらえ、成長に向けた努力を続けないといけません。

上司や人事との課題や解決策への認識合わせのうえ、愚直な努力が必要になります。

昔から良く言われますが、プロジェクトワーク以外にプロジェクトの過去資料を読み込む、社内で評判の良い方の資料を入手して写経する(オブジェクトの使い方、概念の整理の仕方、日本語の使い方など、非常に勉強になります)

アクセンチュアだけでなく、多くのコンサルファームでは新卒入社組で社内の評判が良い子達は、地頭がよく、コンサルタントとしての能力を備えている方が多いので、そういう人達と自分の差分を明確にしていくのも課題特定には良いと思います。

上司や人事と相談すればいいのですが、評価に関わる人達と自分の課題認識を話し合うことに抵抗がある人がいるのも分かります。

そういう方は、転職エージェントのアサイン(ASSIGN)さんに相談すると、転職活動だけでなく、コンサルファームに転職した後にコンサルタントとして独り立ちするまで、元コンサルタントの方がサポートしてくれます。

そういう意味ではコンサル業界の経験があり、コンサルタントに求めらる能力を基礎~応用まで理解している第三者の存在は非常にありがたい存在だと思います。

まずはキャリア相談から!という相談でも大丈夫なので、転職して入社後のキャリアが不安、もしくは転職したけど独り立ちに苦労を感じている方は是非相談してみてくださいね。

やめとけ理由2|コンサルタントキャリアの希少性が転職市場で減った

一昔前は、MckinseyやBCGの新卒・中途採用は「良い人がいれば」もしくは「数名程度」の採用人数だったのが、今では数十名単位で採用をするようになっています。

アクセンチュアやBig4ファームでは新卒を数百名単位で採用するようになり、中途採用を含めて採用数が昔に比べて非常に多くなっています。

結果的にコンサルティングファームを卒業した方の数も増えており「●●ファームに在籍していた」というトラックレコードだけでは、転職市場での評価が”昔より”も上がりにくくなっています。

そういう観点では、在籍したことに対する価値が昔より減少し、「転職をやめておけ」という声があることも理解できます。

とはいえ世の中にある様々な仕事のなかで若くして「経営・組織・事業」という単位で構想策定や課題定義、解決策の検討に絞って経験を積める場所は限られています。

コンサルティングファームで経験できる内容は、引続き貴重な経験が出来るキャリアであることは確かです。

大事なのは「どこにいたか」ではなく、「何をやってきたか/何ができるのか」です。

「何をやってきたか」という問いに対して「経営課題・組織課題の解決」を通じて、成果を実現し、様々なスキルを身に着けるにはコンサルティングファームは魅力的なキャリアと言えると思います。

より意識的に自分が目指すゴールを明確にして経営コンサルティングファームというキャリアを選ぶこと、更に入社したコンサルファームの中でもキャリアを勝ち取る必要性が高まったということですね。

やめとけ理由3|想像した「経営コンサル」の仕事ができない

冒頭でアクセンチュアの事業内容をコンサルティング事業とSI事業があると御紹介しましたが、アクセンチュアは戦略等の上流から実装・運用の下流まで幅広くカバーできるのが会社としての特徴であり強みです。

当然、戦略策定・要件定義・開発や実装等、幅広い仕事があります。近年はデジタル広告領域の事業も運営しています。

もしアクセンチュアへの転職を考えるのであれば、入社時から数年間にかけて自分が担当する可能性が高い仕事内容を入社前に正しく把握しておく必要があります。

実際に私達も「DXに関する研修資料を作っている」「開発したシステムの使い方を客先で説明している」といった『それはコンサルなのか?』と思う仕事をされている方にお会いしたことがあります。

また入社後に期待していた仕事がやれず「アクセンチュアは辞めとけ」と後輩に諭している方にもお会いしたことがあります。

その仕事自体の良し悪しを語るつもりはありませんが”自分が何をしたいかを明らかにする”必要はあるでしょう。

またアクセンチュアで応募する求人で”自分が期待する経験ができるか”を事前に確認して、合致するのであれば「辞めとけ、やばい」とはならないと思います。

自分のキャリアのゴール設定、アクセンチュアの内部事情を含めた求人の理解、自分のゴールと求人が合致しているかを事前に確認する必要があります。

もし独力で自身のキャリアのゴール設定やアクセンチュア各部門の求人理解ができない場合は、転職エージェントのアサイン(ASSIGN)に相談してみてください。

アサインでは多くの転職エージェントのように求人紹介から始めるのではなく、キャリアのゴールから逆算して今回の転職で目指すゴールを定めてから求人を紹介してくれます。

転職後もアクセンチュアで入るべきプロジェクトや独り立ちまでに必要なスキル・ノウハウをどのように獲得していくかまで、本当に親身にアドバイスしてくれます(転職までの平均面談回数が5~6回と多く、”親身”を有言実行してくれます)

実際に自分が目指したいキャリアのゴールは何か?ゴールまでの選択肢としてアクセンチュアで良いのか?と思う方は「やばい」「やめとけ」という噂に右往左往されずに、ゴール設計から実態を踏まえた具体的なアドバイスをしてくれるアサイン(ASSIGN)に相談してみてくださいね!

アクセンチュアの中途面接対策はコチラ

アクセンチュアへの中途面接対策はコチラの記事を参考にしてくださいね。

アクセンチュアの離職率は高い?

ここまでProjectPRIDEでアクセンチュアの離職率を下げ、様々な社員が働ける職場づくりに取り組まれてきたことをご紹介しました。

実際のアクセンチュアの離職率を業界平均や競合の野村総研と比べて御紹介します。

アクセンチュアの離職率

アクセンチュアの離職率はProjecgtPRIDE(全社働き方改革)以降、プロジェクト開始前と比べて半減し、1桁台と発表されています。

実際にスタッフクラス(管理職になる前)のメンバーは、かなり労働時間を管理されており、繁忙期はあっても通年で法令違反になるような長時間労働は、ほとんど無いと言われています。

逆に忙しい時期に、残業時間が増えることはあります。

コンサル業界全体の離職率は20%前後と言われています。実際に私達はファーム経験も長いですが、確かに通年で10~20%前後の離職率というのは妥当な数字だと思います。

競合ファームの野村総研(NRI)では離職率が3%台と公表しています。

今期は新卒で約400名、中途で200人強を採用している。退職者を約200人とすると人員成長は約5%である。

出典:2022年3月期第3四半期決算説明会 質疑応答(Q&A)

野村総研の従業員数が2021年3月期で6,507人なので200名÷6,500名×100だと約3%です。

アクセンチュアの退職率はコンサル業界平均>アクセンチュア>野村総研(競合)のようになることが分かります。

やばいの?アクセンチュアの離職理由

出典:転職note編集部 インターネット調査

アクセンチュアはやばい・辞めとけと言われることもありますが、コンサルティングファームの中では比較的「前向きな退職/不満はない」という方が多いことも特徴です。

アクセンチュアでの経験をふまえて「自分が解決したい社会の課題が分かった」「より事業サイドで意思決定に関わりたい」「自分でビジネスを起こしたい」という方が多いです。

ただ働き方改革により非管理職(コンサルタント以下)が長時間労働をしなくなり、管理職層(MGR+)が仕事を巻き取る為、より管理職以上が激務になっているようです。

更に激務に働く管理職を見て「そうはなりたくない」と思って辞めていくスタッフクラス(管理職未満)が多いのは、アクセンチュアの退職理由で特徴的です。

またファーム全体でIT案件が多いので、IT以外の領域でコンサルティング経験を積みたい人には、あまり向いていなません。

コンサルティングファームは業界×サービスラインのマトリクス組織ですが、その中で強い/弱いがあります。

自分がキャリアで目指すゴールとゴールから逆算して積まないといけない経験に強いコンサルファームと部署(できれば上司も)を選ばないといけません。

自分が希望する案件が無い/少ないファームでは、当然ですが期待する経験を積むことはできません。

こうしたファーム毎、更にはファーム内の部署毎の強い/弱いは、転職前に知っておかないと自分が期待する経験ができないだけでなく、自分の強みを活かせない場合もあります。

アサイン(ASSIGN)は元コンサルタントのキャリアアドバイザーが、コンサル業界への転職希望者をサポートしてくれるのでファーム毎の強み/弱みをふまえてアドバイスしてくれます。

もしアクセンチュアを始め、コンサルティング業界への転職を考えている方はアサイン(ASSIGN)に相談してみてくださいね!

アクセンチュアの評価制度と教育制度

アクセンチュアの評価制度

アクセンチュアでは、プロジェクトでのパフォーマンスを基に評価会議で上位職者が議論し、基本的に能力のある人が評価され、昇進していく、実力主義と言えます。

また、アクセンチュアでは、評価は年2回で、昇進は年1回12月に決まります。

評価は、普段の仕事を見て評価する『SV』と呼ばれる人と、評価会議で自分の成果を話してくれる『PeopleLead』と呼ばれる役の2人によって行われます。

多くの外資系企業では、この「評価会議」制度がとられており、コンサルティング業界ではないですがP&G出身の森岡さんの本で詳しく紹介されていたので、興味がある方は読んでみてください。

評価会議による評価は、プロジェクトの規模やリードパートナーの売上や社内評価などでも微妙に変わります。

またPeopleLeadが評価会議で他の候補者よりもどれだけプッシュできるか、という点も大事になったりするので、完全に実力主義というわけではありません。

ただ多くの企業よりは昇進基準や評価基準は明確になっています。

アクセンチュアの教育制度

アクセンチュアでは積極採用を支え、社員一人ひとりが能動的に研修(トレーニング)に取組み、成長できるように豊富な教育制度を備えています。

コンサルティングスキルはもちろん、流行り廃りのサイクルが早いIT領域では24,000以上のオンライン・コース等、様々な学習コンテンツがオンライン上で学べます。

もちろんオンライン学習は、学習者側の主体性が大切になりますが、学ぶ意欲が高い人には十分なコンテンツが備えられています。

確かに転職後にキャッチアップが必要で、求められる水準が高いこともあると思います。

しかし、こうした学習コンテンツでスピード感を持ってキャッチアップできるようになっています。

アクセンチュアへの転職で相談すべき転職エージェント

新型コロナウイルスの流行により、様々なクライアントがDXや働き方改革、事業転換等、様々な改革が求められるなかでアクセンチュアは積極的に中途採用を強化しています。

ただ、これまでも御紹介してきたように専門性のない転職エージェントに押し込まれるような転職だけは絶対に避けなければいけません。

またアクセンチュアは直接採用を強化しており、多くの転職エージェント経由の中途採用を行っていません。(外資系企業ではGoogleやMicrosoft等も同様で珍しいことではなく、日本での採用費用が高騰して海外本社からコスト低減の指示が出ることはよくあります)

もしアクセンチュアへの転職を考えているのであれば、ここまで御紹介してきた通り「自分がキャリアで何を実現したいのか」「今の転職で何を実現すべきなのか」は、目先の転職だけでなく、転職後も頑張り続ける為に非常に大切です!

そこで将来、コンサルタントとしてのキャリアを考えている方に向けて、コンサルタントのキャリアに詳しく、キャリア支援(棚卸→ゴール設定→実現に向けたアクションプラン策定等)で評判の高い転職エージェント・転職サービスをご紹介しますね。

転職note
編集部

転職市場の動向で「有効求人倍率」など、一般論を話してくる転職エージェントは要注意です。

*有効求人倍率はハローワークの求人数と応募数の割合です。ハローワークで紹介される警備員や建築現場作業員の求人倍率が、コンサルタントに紹介される求人の動向として参考に足る情報とはいえないでしょう。

企業から直接聞いた具体的な話やキャリアアドバイザー本人の体験談、過去に支援した人の実績など、実態のある話なのか?本当に役に立つ話をしているか?はアドバイスを受ける方もきちんと確認しましょう。

転職後まで手厚くサポートしてくれるASSIGN(アサイン)

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://assign-inc.com/

ASSIGN(アサイン)』は、キャリアを真剣に考える20~30代の方の転職を支援する特にコンサルや有名企業への転職支援に強い転職エージェントです。

実際にお話を伺いましたが「最初の面談で求人は紹介しない」「転職よりもキャリアのゴールが大事」「面接対策は何回でも」「転職後も一人立ちするまでサポート」と本当に手厚いサポートを実際にやっていることに驚きました。

(こんなにやってくれるエージェントさん他にいますか?)

様々なコンサルファームへの転職を支援した実績も豊富なのと、実際に支援してくれるエージェントの方が元コンサルタントの方が多いので、ファーム内で求められるレベルや視点・視座の高さをよく理解されているので、業界未経験の方は会話を通して”何を準備しないといけないのか”がよくわかると思います。

決して「上から目線」ということはなく、転職を検討されている方の1人1人のキャリアにコミットしてくれるので、過去の意思決定の棚卸から、目指すべきゴール、今選ぶ選択肢とロジカルに言語化してくれます。(コーチングに近い部分も多いように思います)

また転職後もサポートして定着化・独り立ちまでをサポートしてくれるので、コンサルティングファーム側からも高い評判を得ている転職エージェントです。

コンサルタントとしてプロフェッショナルのキャリアを考えている方は、必ず登録しておいた方がよいエージェントだと思います。

  • まずキャリアのゴールを相談したい
  • コンサルティングファームへの転職に向けて十分な選考対策をしたい
  • 多くの企業を受けてる余裕は無いので高い選考通過率で転職したい
  • アクセンチュアに入社した人(未経験を含む)が評価された経験やスキルを知りたい
  • アクセンチュアに転職した後も継続的に相談できるパートナーが欲しい

コンサルティング業界への支援実績No1:アクシスコンサルティング

おすすめ度:★★★★★(5点満点中 5点)
【公式サイト】https://www.axc.ne.jp/

アクシスコンサルティング』は、全業界のなかでも平均年収が高いコンサルティング業界に特化した転職エージェントです。

私達、編集部メンバーにはコンサルタントも多いので、コンサルティングファームやIT企業への転職で入社を考えている方には、よくオススメする転職エージェントです。

アクセンチュアへの転職を支援した実績はかなり昔からありコンサルタント・エンジニアのどちらでも多くの支援実績があります。(アクセンチュアが転職エージェント経由の採用を止めていますが、ファーム内のキャリアやポストコンサルポジションの相談をするのに十分な実績と知見を持っています)

各コンサルティングファームのパートナーやMDクラスとの親交が深く、アクシスコンサルティングにだけ先に依頼した非公開求人の紹介などの紹介をいただくこともあります。

コンサル業界でのキャリアを考えている方には、オススメできる転職エージェントだと思います。

  • アクセンチュアの年収や働き方などの話を気軽に聞いてみたい
  • アクセンチュアをはじめコンサル・IT業界でのキャリアを相談したい
  • 過去にアクセンチュアに入社した人(未経験を含む)が評価された経験やスキルを知りたい
  • アクセンチュアに合わせた職務経歴書の添削や面接対策をして欲しい

高年収オファーを企業から直接もらう:ビズリーチ(Bizreach)

おすすめ度:★★★★☆(5点満点中 4点)
【公式サイト】https://www.bizreach.jp

ビズリーチの名前は多くの方が御存じだと思いますが、ダイレクトリクルーティングサイトだということは知っていましたか?

ビズリーチは企業やヘッドハンターと求職者を直接結ぶサイトです。
登録するとビズリーチから求人提案が来るのではなく、登録している企業やヘッドハンターから連絡があります。興味がある求人を紹介されたら、その企業やヘッドハンターと電話やオンラインで面談する流れです。

アクセンチュアを始め多くのコンサルティングファームはBizreach内で採用を定期的に募集しており、アクセンチュアに直接応募して募集部署や採用求人の特徴を直接知ることができます。

最近は、様々なコンサルティングファームや官公庁が求人を掲載しているので、自分で直接応募することが出来ます。(最近、Mckinseyの掲載を見つけて驚きましたw)

企業は転職エージェントに支払う手数料よりも採用コストが低いビズリーチの活用に積極的になっており、戦略ファーム・総合ファームだけでなく金融・不動産各社も求人掲載しています。

  • 金融・IT・コンサルファームから直接話を聞いてみたい
  • 金融・IT・コンサル業界への転職支援に強いヘッドハンターに出会いたい
  • 採用に積極的なアクセンチュア等の企業から直接話を聞いてみたい


こういう方はビズリーチの登録もオススメです。1次情報より確実な情報はないので、その機会を得る為にもビズリーチに登録しておいてください。

*実際の応募は面接対策が出来る業界特化の転職エージェントも”併用”した方が良いと思います

私達が転職を考える時は、複数のエージェントに登録して各社を「比較・評価」することをオススメしています。

比較することで、より良いエージェント・求人を探せるのでメイン1社・サブ2社の合計3社は登録しておきましょう。

多くの人が1社だけ衝動的に登録して転職活動をしていますが、「同じ会社でも転職エージェントによって年収やポジションが違った」なんてこともよくあり、本当は年収を上げて入社できたのに・・・なんてことにもなりかねません。

よって、3社以上のエージェントに登録して、紹介求人が魅力的で対応が丁寧なエージェントと関係を作っていくことをやってみてくださいね。

まとめ|やばい?アクセンチュアへの転職をやめとけと言われる理由と対処法

いかがでしたか?

アクセンチュアは急成長に伴って多くの採用を新卒・中途で進めていますが、組織が大きくなり、転職するまで社内事情がよくわからず転職後にミスマッチがわかってしまうと「やばい間違えた!思ってたのと違うからやめておけ!」という声になるのも分かります。

当然、未経験で転職する時にキャッチアップまで苦労することがあるのは、アクセンチュアに限らず同じです。研修制度等も充実しているので、様々な人のアドバイスを取り入れて努力していきましょう。

確かにコンサルタント自体の人数が増えて「どこに在籍していたか」は大きな問題ではなくなりつつあります。

しかし、キャリアにおいて年齢を重ねる毎に大切になるのは「何ができるか?」です。より即戦力としてパフォーマンスを発揮できるかが大事なので「人数が増えて希少性が減った」こと自体を問題にする必要はないでしょう。

大事なのは「アクセンチュアでどういう経験をするか」「何を出来るようになるか」です。

この点だけは転職前から自分なりに言語化しておき、転職した後も定期的に更新していってもらいたいと思います。

記事中でも御紹介した転職エージェントのアサイン(ASSIGN)は、キャリアゴールの設定から逆算して「次に必要なキャリア」から一緒に考えてくれます。

第三者的なコーチとして一緒に「自分は何を目指したいのか」「そのために何が必要なのか」を考えておけば、「●●はやばい」「●●はやめておけ」といった声に心配することもなくなるでしょう。

まずは自分が何を目指したいのかを明確にするのが大切です。

また自分で出来る情報収集では、アクセンチュアの役員や社員のインタビュー記事を日経新聞やビジネス情報誌で探して読んだり、転職エージェントに相談してアクセンチュアの生の情報を教えてもらうこともできます。

転職エージェントから求人票をもらうことで、求人要件として「どういう人・能力」を欲しているかを知ることができます。

更に、個人の選考対策では記事中で紹介したmotoさんの「転職と副業のかけ算」等で、何を準備するべきかを知ることができます。

私達も様々な方の体験談や私達がコンサルティング業界で働いた経験をもとに、情報を御紹介していきたいと思っています。

様々な情報ソースを使い、皆さんが目指すキャリアを実現される実現されることを願っています!頑張ってくださいね。